無料ブログはココログ

« 別館、開設しました♪よろしくお願いします♪ | トップページ | 『おひさま』第2回&初回視聴率好発進♪ »

2011年4月 9日 (土)

『おひさま』第1話&『てっぱん』最終回視聴率&主要人物表

『てっぱん』最終回の視聴率は、22.0%(関東地区)でした。

全部の平均視聴率は、関東地区17.2%で、関西地区16.2%でした。

この平均視聴率は、最近5年間の朝ドラ10作の中では、『きらり』『どんど晴れ』の19.4%、『ゲゲゲの女房』の18.6%に継ぐ、4番めの高視聴率だったそうです。

関東地区の最高視聴率は、『ゲゲゲ~』と同じ23.6%でした(3/23(水))。

関西地区での最高視聴率は、19.8%(3/31(木))で、20%を超えることができませんでした。

関西を舞台にしたのに、関西の方がいつも視聴率が低くて、変わった朝ドラでした。

その他、歴代の朝ドラ視聴率一覧は、こちら(ビデオリサーチHP)です。

今日から、新しい朝ドラ『おひさま』が始まりました♪

まさか、現代から始まり、ヒロインではない人で始まるとは思わなくて、びっくりしました。

確かに、いきなり戦前から始まるより、気持ちが入りやすいかも?

東京の主婦・房子(斉藤由貴)は、生活に疲れていて、ふと、車のラジオで、安曇野の蕎麦畑に一面花が咲いて綺麗で「人生っていいなあ」と思えると聞いて、見たくなりました。

そして、ふらりと一人で、車で安曇野へ出かけました。

よく思いつきで出かけられますね(^^;)

東京から、そんなに近いのでしょうか?

たまたま、安曇野で蕎麦屋を見つけ、そこでおいしい蕎麦を食べました。顼

房子は、蕎麦屋を営む陽子(若尾文子)に、興味を持ち、彼女の過去を聞きました。

陽子は、自分史を語り始めました。

「でも長いわよ」と言いましたが、確かに、半年かかるのでしょうね(笑)

ここから陽子の回想です。

昭和7年、10歳の陽子(八木優希)は、父・良一(寺脇康文)、母・紘子(原田知世)、兄の春樹(中川大志)、茂樹(渡邉甚平)と、東京から長野県安曇野へ引越してきました。

母・紘子は心臓が悪く、東京では殆ど入院していました。

父・良一は、東京で、飛行機の技術者をしていましたが、母のために仕事を辞めました。

病気の母との最後の時を過ごすために、一家はやってきたのでした。

でも、陽子はまだ小さいので、そんな事情は知りません。

ただお母さんと一緒にいられることが嬉しいのでした♪

一家は、蕎麦畑に行きました。

一面に花が咲いて綺麗です♪

そこで、紘子は陽子に言いました。

紘子「これからの女性はね、陽子、何でもできるようになる。どんなことでもね。

 でも、そのためには、強くならなきゃダメ。

 女のくせにと言われたら、喧嘩してもいい。

 お母さん、許す。

 だからね、自分で、女だから仕方ないって思ったらダメ。

 そうしたら、輝くことができないの」

陽子「輝く?」

紘子「おひさまを見てごらん。

 おひさまはね、誰の力も借りないで、自分の力だけで、輝いてるでしょ。

 そして、皆を世界を明るく照らすことができるのよ。

 だからね、陽子、どんなに辛いことがあっても笑うの。

 笑うの、忘れないで」

陽子「はい」

紘子「女の子はね、太陽なのよ。

 陽子の“陽”の字は、太陽の“陽”なのよ」

陽子「うん」

兄の春樹は事情を知っていたので、夜、布団の中で泣いていました。

お母さんも、自分の死を知っているそうです。

辛いですね。。。

お父さん、仕事まで辞めて、療養させるなんて、優しいですね♪

ガラスのような一家団欒でした。

「辛いことがある時は笑うんだ。ޥФ

私が太陽になって、皆を明るく照らすんだ」

幼いながらに、陽子はそう決意したようです。ɤɤϡ

ほのぼのと始まって、切ないながらも、清々しかったです♪å

若尾さん、休みの日なのに、着物姿で、花に水をやっていて、優雅でした♪

休みなのに、ちゃんとお蕎麦、作ってくれて優しかったです♪

今回は、ヒロインの陽子、若尾さんと八木優希ちゃんで、井上真央ちゃんは顔見せ程度にチラッと映っただけでした。

でも、若尾さん、素敵だし、優希ちゃん、可愛くて、良かったです♪(^^)

次回も楽しみです♪֥ϡ

<主要登場人物>

須藤陽子(井上真央、現代:若尾文子、幼少時代:八木優希)

須藤良一(寺脇康文)陽子の父

須藤紘子(原田知世)陽子の母

須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)陽子の長兄

須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)陽子の次兄

原口房子(斉藤由貴)現代の人

語り:若尾文子

<脚本>岡田惠和 (『ちゅらさん』や映画『いま、会いにゆきます』など)

『おひさま』公式HP


【送料無料選択可!】連続テレビ小説 おひさま (NHKドラマ・ガイド) (単行本・ムック) / 岡田惠和/作 NHKドラマ制作班


【送料無料選択可!】NHK連続テレビ小説 おひさま 上 (単行本・ムック) / 岡田 惠和 作 蒔田 陽平

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 別館、開設しました♪よろしくお願いします♪ | トップページ | 『おひさま』第2回&初回視聴率好発進♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/51343403

この記事へのトラックバック一覧です: 『おひさま』第1話&『てっぱん』最終回視聴率&主要人物表:

« 別館、開設しました♪よろしくお願いします♪ | トップページ | 『おひさま』第2回&初回視聴率好発進♪ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30