無料ブログはココログ

« 【おひさま】初期総評とレビュ-目次と視聴率一覧(2ヶ月分) | トップページ | 【おひさま】第49回「徳子の奇襲攻撃♪」 »

2011年5月29日 (日)

【江~姫たちの戦国~】第20回と視聴率『茶々の恋』

第20回の視聴率は、前回の17.3%より上がって、19.0%でした♪

やはり江があまり出ない方が視聴率が上がりますね(笑)

 

遂に、茶々が秀吉に落ちましたね。֥ϡ

今回は、茶々が秀吉に落ちるまでの恋愛話だけでした(^^;)

これまでも16回17回あたりから、ずっと丁寧に描いてきています。

ようやく落ちたといった感じでした(^^;)

 

最初に戻ります。

秀吉は、関白就任。家康も服従。贅の極みの聚楽第(じゅらくてい)建設。

権力の頂点についた秀吉でしたが、ただ1人の女の心が遠い。

茶々の心が思い通りにならず、秀吉は落ち込みました。

そして、諦めて、おね達と聚楽第に移り住みました。

移り住む時、もう1度、茶々に一緒に聚楽第に来ないかと誘い、「思い人になってくださらぬか」(側室になってくれという意味)と言いました。

でも、また茶々は断りました。

しばらくして、秀吉は茶々の縁談を持って来ました。

相手は、公家の名門、万里小路(までのこうじ)様。

万里小路家は、300年来続く由緒正しい家柄で、織田家ともゆかりが深く、信長の娘も嫁いでいる名家だそうです。

政とは関わりがなくて、秀吉には何の得にもならない相手だそうです。

茶々は、驚いてどうしてか聞きました。

秀吉「お茶々様には、何としてもお幸せになっていただきたいと存じますれば。

 それが父上と母上を殺めた男のせめてもの償いかと存じまする」

茶々はその縁談を受けました。

江は、その縁談、いい話だと思いました。

そして、ようやく秀吉が姉上を諦めたと喜びました。

でも、茶々は喜んでいなくて、少しそれが気になりました。

江が寝静まった頃、茶々は、以前、秀吉と一緒に月見した場所に行きました。

秀吉のことを思い出していたら、秀吉がやってきました。

そして、もう一度、茶々は聞きました。

側室にしたかったはずなのに、なぜ縁談を勧めたのか。

秀吉は、諦めきれないので、己の気持ちに、けりをつけるために縁談を持って来たとのこと。

 

茶々「未練を持つなら、いっそ持ち続けるべきではありませぬか?

 幾度か断られたぐらいで、諦めるなど、それしきの思いしかないからにございましょう」

秀吉「そのような・・・」

茶々「そうなのです」

茶々「そなたは仇じゃ。父と母の仇じゃ」

秀吉「さよう。仇にござる。ならばこそ・・・

 あなたに尽くします」と茶々の手を握る。

茶々「そのような・・・」

秀吉「尽くして尽くして、あなたさまを命懸けでお守り致します。

 この手で守り抜いてみせます」と抱きしめる。

茶々「そなたは仇じゃ」と泣く。

秀吉「守り抜きます」と一層強く抱きしめる。

茶々「仇じゃ・・・」

茶々も抱き返しました。֥ϡ

 

というわけで、遂に茶々が、“女たらし”でなかった“人たらし”で有名な秀吉に落ちてしまいました。

最後は、縁談作戦で来たとは♪(^^)

一応、作戦じゃなくて、純粋に茶々の幸せを願ってということだったから落ちたわけですが。

結局、今回は、「秀吉を好きになってしまったけれど、両親の仇だから憎さと恋の間で揺れ動く茶々」というお話でした。

特に、良くも悪くもなく、無難な展開だったと思います(^^;)

 

江は、相変わらず、最初、龍子や利休の所に、茶々が秀吉を平手打ちしたのに泣いていた訳を聞いて回っていました。

前にも見たような、同じような展開ですね(^^;)

2人とも、妬いたのだろうと言いましたが、信じたくなくて・・・

江の目だった動きはその位でしょうか?

今回も明らかに、茶々が主役の話でした。

 

来週は、「豊臣の妻」

早くも茶々が身籠るようです。

秀吉の実子は、これまでいないので、側室とはいえ、一気に、正室・おねと、力関係が変わりそうですね(^^;)

このドラマの登場人物は、いつも史実を分かっているようで、既に、おねが不安そうでした(汗)

しばらく茶々が主役かもしれませんね。

その方がいいかもしれません(^^;)

ただ、今回も大河ドラマとは思えない、純粋なラブストーリーでした(^^;)

 

【第20回粗筋】 (Yahooテレビより)

天正15年秋。江(上野樹里)は、何より茶々(宮沢りえ)のことが気がかりだった。千利休(石坂浩二)たちに相談するが、茶々に秀吉(岸谷五朗)への思いが芽生えたと指摘され、江はおもしろくない。しかし、茶々から拒絶されたと落ち込む秀吉は、思いが届かぬ茶々から離れ、京の聚楽第に住まいを移す。さらに、公家の名家と茶々の縁談を決めてしまう。けれど、茶々の恋心は募るばかり。ある夜、茶々と秀吉は二人きりになり...。

 

【視聴率推移】 (関東地区)

第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

 

公式HP・「空前絶後!北野大茶湯」

公式HP・「運命の決断!茶々、秀吉の側室に」

 

【アメーバ ニュース】『篤姫』脚本家・替え玉だった(2011.5.18)

 


【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編


【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 【おひさま】初期総評とレビュ-目次と視聴率一覧(2ヶ月分) | トップページ | 【おひさま】第49回「徳子の奇襲攻撃♪」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/51802525

この記事へのトラックバック一覧です: 【江~姫たちの戦国~】第20回と視聴率『茶々の恋』:

» 【江~姫たちの戦国~】第20回と視聴率『茶... [ショコラの日記帳]
【第20回の視聴率は、5/30(月)追加予定】遂に、茶々が秀吉に落ちましたね。今回は、茶々が秀吉に落ちるまでの恋愛話だけでした(^^;)これまでも16回17回あたりから、ずっと丁寧... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第二十回 茶々の恋 [レベル999のgoo部屋]
『茶々の恋』 内容 天下人となり、すべてを手に入れたハズの秀吉(岸谷五朗)だったが、 その想いは茶々(宮沢りえ)には、届かなかった。 そんななか、江(上野樹里)のもとには、 結婚したばかりの姉・初(水川あさみ)からの手紙が、連日のように届けられ 高次(斎藤...... [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国〜』 第20回「茶々の恋」 [ふるゆきホビー館]
nbsp;きょうは茶々の心が決定的に秀吉へ向かう話でした。主人公の江が脇役どころかオジャマになっていたような。小田原攻めの諸事情なども進行していると思いますが、いっこうにそういうのは無し。時代を象徴する北野の大茶会も、ウワサとラストの紀行ナレーションですみましたね。(考えてみると、これにもっとも関わるだろう利休は、今回も江の相談役のみ?)この一大天下イベントは、たしかに秀吉ならではのスケールであり、彼の人気を高めたでしょう。後年、成立したての江戸幕府が、亡き秀吉を追想する豊国大明神祭りの盛... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第20話 感想「茶々の恋」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
江〜姫たちの戦国〜ですが、京極高次(斉藤工)に嫁いだ初(水川あさみ)の幸せ満載メールが大量に届きます。初はそれだけでも足りずに全世界に向けて自分の幸福を叫びます。他人の幸せほど腹の立つこともありませんが、江(上野樹里)もウンザリです。茶々(宮沢りえ)と豊臣秀吉(岸谷五朗)のことも気がかりで、京極龍子(鈴木砂羽)は若い側室への悋気だと指摘します。千利休(石坂浩二)も同じ考えですが、江が茶々に直接聞かないのは、江自身がそのことが分かっているからだと、また説教です。 秀吉は女好きの側室コレクターにしては... [続きを読む]

» 江 〜姫たちの戦国〜 第二十話 茶々の恋 [V36スカイラインクーペが欲しい!]
今までで一番いい回だった ほめる時はほめないとね。前回に続き、月夜の夜の茶々と秀吉のやりとりは、思わず息を呑んだ。結果はわかってはいるが、どういうプロセスをたどるのか ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第20話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
「私はこの国一番の幸せ者じゃぁぁぁぁ~~♪」バカっプル丸出しの初!!ある意味このドラマでは一番しあわせな結婚をしたんだろうなぁと思える初。でも、そう毎日毎日のろけ話を手... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第20話 感想「茶々の恋」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
「私はこの国一番の幸せ者じゃぁぁぁぁ〜〜♪」 バカっプル丸出しの初!! ある意味このドラマでは一番しあわせな結婚をしたんだろうなぁと思える初。 でも、そう毎日毎日のろけ話を手紙で知らされる身は辛い。 うんざり気味の江。 だが、今はそんなことより、茶...... [続きを読む]

» 【江〜姫たちの戦国〜】第二十回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
天正15年秋。 江(上野樹里)は、何より茶々(宮沢りえ)のことが気がかりだった。 千利休(石坂浩二)たちに相談するが、茶々に秀吉(岸谷五朗)への思いが 芽生えたと指摘され、江はおもしろくない。 ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第20回 [日々“是”精進! ver.A]
はいはい・・・やっとくっつきましたね 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105290004/ 江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.05.26 日本放送出版協会 (... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「江」 #20 茶々の恋 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
体調がイマイチなので、今日は簡単レビューです。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.20茶々の恋 [Refreshing-wind-blows※別館※]
  【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第20回「茶々の恋」 【あらすじ】 江(上野樹里)のもとに、のろけばかりがつづられた初(水川あ... [続きを読む]

» 「江~姫たちの戦国~」第20回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
と言うか、どうしても今日中に言いたい事がありましたので、今携帯から書いて(?)おります。まずは、今日の話の感想は明日ちゃんと書きますが、初さんと言い、江さんと言い、品が無... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第20回... [徒然”腐”日記]
携帯から手短に~今回も江はすっかり脇役この姫は脇にいてもバタバタしてるけどね(笑)秀吉に自覚なしに惚れちゃった茶々茶々にひっぱたかれ嫌われたと思った秀吉は手を引くつもり... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第20回「茶々の恋」 [みはいる・BのB]
歴史歪曲・脚本家の趣味の世界でやりたい放題ドラマ 『江』のお時間です。 あらすじ・・・・ [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第20回「茶々の恋」 [真田のよもやま話]
うわあ・・・とうとう今宵は告白の木の下で運命のドンジャラホイですかっ!!っていうかツンデレ全開ですけど茶々様!!大河ドラマの限界を振っ切る超展開の恋愛展開!!いやあ~~こうなったら腹を据えて、しっかりと正気と自分を保ちつつ、ですけどもう割り切ってこの状況を楽しみましょう!!命、尽きるまで!... [続きを読む]

» 「江~姫たちの戦国~」第二十話 [三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ]
月明かりの下で。 第二十話『茶々の恋』ネタバレです。 お江旅―大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の魅力をたずねて 浅井三姉妹姫たちゆかりの地への (CARTOP MOOK 歴史群像紀行シリーズ 4)交通タイムス社 2010-11-24 by G-Tools ...... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第20話「茶々の恋」 [坂の上のサインボード]
 天正15年(1587年)10月1日、九州征伐から帰った豊臣秀吉は、九州平定と聚楽第の完成を祝い、京都の北野天満宮において大茶会を催す。この会は、豊臣政権膝下の大名や公家はもちろん、町人でも百姓でも、身分は問わず、服装のチェックもなく、茶碗さえあれば誰でも参加することが許され、勝手に茶席を設けてもかまわないという、いかにも庶民感覚を持った秀吉らしいイベントだった。  「茶湯執心においては、また若党、町人、百姓以下によらず、釜一つ、つるべ一つ、呑物一つ、茶なきものは焦がしにても苦しからず」(定御... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第20話「茶々の恋」 [ぷち丸くんの日常日記]
茶々(宮沢りえ)のことが気掛かりだった江(上野樹里)は、龍子(鈴木砂羽) や千利休(石坂浩二)に相談に行くが、茶々の胸に秀吉(岸谷五朗)への 思いが芽生えたと指摘され、江は面白くなく、その場を離れる。 だが、最も茶々の気持ちに鈍感だったのは、秀吉だった。 茶々... [続きを読む]

» 「江 ~姫たちの戦国~」 第20回、茶々の恋 [センゴク雑記]
大河ドラマ?「江 ~姫たちの戦国~」。第20回、茶々の恋。 まあ、タイトル通りの話か。 [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第20話(5.29) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
茶々@宮沢りえと豊臣秀吉@岸谷五朗が結ばれたという話 前回が初@水川あさみで今回が茶々、次が江@上野樹里の恋バナかな。 秀吉と茶々・・・というより、 岸谷五朗と宮沢りえの語り合いが気持ち悪くて、 その気持ち悪さがよかった まだ二十歳前後の茶々が五十代の秀吉に言い寄られて 抱かれるんだからなあ、気色悪い話だよ。 この大河の秀吉は生理的に受けつけないトコがいいわ。 茶々役がもうちょっと初々しさを感じられる女優さんだったら、 もっと気色悪くなってよかったのに 新垣結衣とか堀北真希とか。年齢が合わないか。 ... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第20回 「茶々の恋」 [青いblog]
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装 [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ [ドラマQ]
江~姫たちの戦国~ 日曜 20:00 NHK 2011年1月9日~  【キャスト】 上野樹里 宮沢りえ 水川あさみ 豊川悦司 鈴木保奈美 向井理 平岳大 AKIRA 大地康雄 萩原聖人 ミムラ 鈴木砂羽 斎藤工 柴俊夫 草刈正雄 富田靖子 岸谷五朗 奈良岡朋子 市村正親 石坂浩二 大竹しのぶ 北大路欣也 他 [公式サイト] http://www9.nhk.or.jp/go/top.html 【概要】 信長の妹... [続きを読む]

» 茶々の思いは 〜江・茶々の恋〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
さて、初は好きな人と結ばれて、浮世の気分。 その思いをばしばしと手紙に書きこむ。 幸せにねー・・・とはいくまいて。 江はどうしたらいいものかわからない。 茶々が秀吉に気を向き始めていることに対し...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第21回... [徒然”腐”日記]
携帯から簡易感想ですあらすじは公式サイトから江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)と結ばれたことを知り、ショックを受ける。一方、浮かれ気分の秀吉は、帝を聚楽第に招... [続きを読む]

« 【おひさま】初期総評とレビュ-目次と視聴率一覧(2ヶ月分) | トップページ | 【おひさま】第49回「徳子の奇襲攻撃♪」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック