無料ブログはココログ

« 【高校生レストラン】第1、2話と視聴率 | トップページ | 【おひさま】第38回「夢」&児玉清さん死去 »

2011年5月16日 (月)

【おひさま】第37回「奉安殿」

レビュー、遅くなってしまって、すみません。

『江』と『JIN』、明日以降になってしまうかも?(汗)

 

先日、「浅草ではぎょうさ・・・」というのを、「浅草では餃子・・・」と聞き間違えて、レビューを書いてしまったので、今回から字幕付きで録画して見ることにしました(^^)

カチャカチャ、昼の放送の時に、リモコンをいじっていたら、偶然、データ放送で、「奉安殿」の説明をみつけました。

 

「奉安殿」 (NHKデータ放送)

中には昭和天皇と皇后の御真影(写真)と教育勅語が収められています。全国の学校にありましたが、戦後GHQの指導で解体。一部、神社などに転用されました。

 

データ放送、説明もあって便利ですね♪(^^)

 

今回、今までと世の中が変わってきたので、房子が予習・復習してきて、夕陽の陽子に聞くという形で、この時代の説明がありました。

これ、分かり易くて良かったです(^^)

 

陽子が師範学校に入学したのは、昭和14年(1939年)4月。

そして、卒業して先生になったのが、昭和16年(1941年)4月。

この年の12月に、太平洋戦争が始まります。

この年度から、尋常小学校国民学校に変わりました。

この違いは何か、房子が質問しました。

夕陽の陽子によると、小学校は国民学校になり、小学生は小国民と呼ばれるようになった。

国民学校は、国が子供を将来の国の戦力にするために鍛えるという場所だった。

 

これ、初めて知りました(汗)

なんだか嫌な学校ですね(^^;)

 

昭和16年の回想ドラマに入りました。

夏子先生(伊藤歩)が陽子に言いました。

夏子「大変な時に先生になっちゃったわね。

 どうなっちゃうんだろう? 学校は」

陽子「え?」

夏子「なあんて話は絶対に駄目。2人だけの時だけね」

陽子「はい」

 

そして、学校の中にあった奉安殿に2人は深く礼をしました。

 

語り「この頃、日本中の全ての学校に奉安殿という物が建設されていた。

 その前を通る時は、教師も生徒も深く礼をすることが義務づけられた」

 

戦争ごっこをして遊ぶ子供達。

廊下に飾ってある生徒の絵も戦っている絵など戦争に関係するものばかり・・・

 

夏子「どんなに学校が変わっても世の中が変わっても、子供達は子供達だわ。

 私はそう思う」

 

そうかなあ?(^^;)

戦争美化させられた教育を受けて、怖いですが(汗)

 

陽子は職員室に行き、校長先生と他の先生に挨拶しました。

代用教員の2人の男の先生、中村(ピエール瀧)と福田(ダンカン)、嫌な感じでした。

師範学校出の女教師の夏子と陽子に嫌味を言いました。

予め、夏子先生から、師範学校出の女教師はお高くとまってると思われるから、愛想よく笑顔でいるよう助言されていて良かったですね♪(^^)

心構えがきっとできていたでしょう♪

こういう先輩の先生がいると助かります♪(^^)

 

そして、陽子は、中村から心構えを聞かれて・・・

陽子「私も一国民として、お国を愛する気持ちは、誰にも負けないと思っておりますし、教師の責任は、益々、重くなってきたのだと自覚しております」

中村「ほう~」

陽子「私の仕事は、生徒達に生きる喜びや学ぶ喜び、そして、笑顔を与えてやることだと思って参りました」

 

今の時代だと、模範的な回答ですが、校長も夏子も表情が曇りました。

福田「それは危険思想ではないかね」

陽子「え?」

中村、頷く。

福田「生きる喜びはいらねえでしょう」

中村「我々の仕事はこれを作ることだいね」と、将棋の駒の歩兵を見せる。

中村「笑顔はいらんでしょ? これに。

 ですが、たとえ、歩兵1人であってもこうすることもできる」

と歩兵を王将の前に置き、王手をかける。

驚く福田「ええ? やられましたよ」と笑う。

 

子供に生きる喜びも笑顔もいらないなんて、嫌な時代ですね。

兵隊になるためだけの教育なんて、ほんと嫌な時代です。

 

陽子は、担当する4年白組の教室に行きました。

母校なのに、間違えて行きそうになったり、

生徒達の前で、何も言えずに泣き出したり、相変わらず、プレッシャ-に弱いですね(^^;)

 

男子生徒が「先生、これあげるから、元気出しな」と言って、何かを陽子の手の平にくれました。

蛙でした!

陽子は驚いて、ようやく緊張がほぐれて、話せるようになりました。

蛙を返して、黒板に自分の名前を書き、皆に挨拶しました。

陽子「須藤陽子です。 陽子先生って呼んでください」

陽子の掛け声のもと、皆で「陽子先生」と呼びました♪

陽子「今日からよろしくね」

やっと笑顔で、陽子らしくなって良かったです♪(^^)

 

最後を見ると、やはり子供は変わらないという感じでしたね♪(^^)

これから、どういう問題が起きるのか、楽しみです♪(^^)

 

公式HP(今週の粗筋)

公式HP(陽子の教師生活・「出席をとります」)

 

【最近の過去レビュー】

第25~28回(5/2月~5/5木)「ユキ・タエ登場&辛い夜」

第29回[5/6(金)]「ガラパゴス」&第4週週間最高視聴率

第30回[5/7(土)]「茂樹合格♪」

第31回[5/9(月)]「万歳」&『おひさまの魅力』のネタバレ

第32回[5/10(火)]「最後の笑顔」&カフェの女給

第33回[5/11(水)]「卒業」&第5週週間最高視聴率

第34回[5/12(木)]「独立戦争」

第35回[5/13(金)]&井上真央in『あさイチ』

第36回[5/14(土)]「もう先生に♪」

 


なくした駒の補充はいかがプラスチック駒(ばら売り1枚 歩兵)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 【高校生レストラン】第1、2話と視聴率 | トップページ | 【おひさま】第38回「夢」&児玉清さん死去 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/51688643

この記事へのトラックバック一覧です: 【おひさま】第37回「奉安殿」 :

» おひさま 第37回 [レベル999のマニアな講義]
『教室の太陽』内容昭和16年。教師となった陽子(井上真央)は、国民学校となった母校の小学校に赴任、恩師・高橋夏子(伊藤歩)と再会する。“とにかく、ニコニコしておけば良い... [続きを読む]

» おひさま 第37回 [レベル999のgoo部屋]
『教室の太陽』 内容 昭和16年。教師となった陽子(井上真央)は、 国民学校となった母校の小学校に赴任、恩師・高橋夏子(伊藤歩)と再会する。 “とにかく、ニコニコしておけば良い” そんな注意を受けたのだが、 同僚の中村正(ピエール瀧)福田義彦(ダンカン)らに...... [続きを読む]

» 連続テレビ小説「おひさま」第37回 [日々“是”精進! ver.A]
陽子先生と呼ばれ、嬉しそう 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105160002/ 連続テレビ小説 おひさま (NHKドラマ・ガイド) posted with amazlet at 11.05.15 NHK出版 (2011-03-25) 売り上げランキン... [続きを読む]

» 歩兵>おひさま第37話 [もう…何がなんだか日記]
成長痛というけれどキャピキャピの女学校時代とはあまりにも対照的に苦痛を伴う旅立ちをしていく白紙同盟の図ぅ?ひじゅにですが何か?「生きる喜びはいらんでしょう」... [続きを読む]

» 歩兵>おひさま第37話 [何がなんだか…ひじゅに館]
成長痛というけれど キャピキャピの女学校時代とはあまりにも対照的に 苦痛を伴う旅立ちをしていく白紙同盟 …の図ぅ? …ひじゅにですが何か? 「生きる喜びはいらんでしょう」 女学生編...... [続きを読む]

» おひさま第37回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
こちらも朝から見れなくて お昼に見ました。いよいよ教師としての第一歩を踏み出しましたね、陽子さん。雰囲気も大人っぽくなりましたね!母校に赴任した訳ですよね?そこでかつて... [続きを読む]

« 【高校生レストラン】第1、2話と視聴率 | トップページ | 【おひさま】第38回「夢」&児玉清さん死去 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31