無料ブログはココログ

« 【おひさま】第32回「最後の笑顔」&カフェの女給 | トップページ | 【江~姫たちの戦国~】第17回と視聴率「家康の花嫁」 »

2011年5月10日 (火)

【JIN(完結編)】第4話と視聴率「江戸から消える」

昨日、頭痛で昼間から寝てたので、レビュー、遅くなってしまいました(汗)

第4話の視聴率は、前回の20.4%より少し上がって、20.7%(関東地区)でした♪

20%台キープで順調です♪(^^)å

 

最後、仁先生が消えてしまって、びっくりでした!Ӥä

最初の方の仁のナレーションを思い出しました。

「ずっと気にかかっていたことがある。

もし、俺が自分の祖先に関わってしまったら、どうなるんだろう?

別段、何も起こらないんだろうか?

それともそのことで、未来の何かが大きく変わったりするんだろうか?

ひょっとして、俺自身の手で、俺が存在しない未来を・・・作りだすことだってあるんじゃないだろうか?

あの時と同じように。

だけど、それこそがもし、このタイムスリップの目的だとしたら・・・」

 

仁先生達がペニシリンの粉末化を研究していたある日、医学館の多紀先生から幕府筋からの依頼ということで、出張の手術を頼まれました。

それは、川越藩主、松平直克の正室、恵姫(緒川たまき)の首の横の大きなコブを取る手術でした。

松平家の血筋を継ぐのは直克ではなくて、恵姫の方で、彼女が子供を産まないと、松平家は途絶えてしまうとのこと。

コブができてから、夫婦仲がよくなくて、側室の方に子供が生まれ・・・

手術を嫌がっていた恵姫を咲が説得しました。

和宮様から前回の件のお詫び兼お礼でいただいた櫛を見せて、先生は信用できると話し、そして、意地の話をしました。

咲は、意地で仁のプロポーズを断ってしまったんですね(^^;)

「奥方様、意地を張ってもロクなことがございません」と言いました。

その話が恵姫の心を動かし、手術を受けました。

腫瘍は良性だと思われましたが、恵姫は貧血気味で、輸血が必要になりそうに思われました。

仁達の医療は更に進み、遠心分離機で血液型が分かるようになっていました。

恵姫はO型(原作漫画ではB型でしたが、ドラマはO型)でした。

松平家の一族の人達に輸血を頼み、皆の血液型を調べました。

徳川家260年の由緒ある血筋の存続がかかっているとかでしたが、こちらの方は、無事、左顎下腺腫瘍摘出手術を成功させました。

結局、輸血もしないですみました。

 

大事なのは、恵姫の手術ではなくて、川越へ来る途中で出逢った大井宿の宿屋の娘、お初(畠山彩奈)の方でした。

仁は、折り紙の好きなお初に紙飛行機を“空飛ぶイカ”と言って作ってあげました。

お初は、それを喜んで、遊んでいるうちに崖から落ちてしまい、枝が腹に刺さってしまいました。

彼女を助けるよう頼まれ、仁と咲はお初の手術をしました。

でも、手術中に、仁は頭が痛くなり、体がドンドン消えてしまいました。

お初は仁のご先祖さまなのでしょうか?

彼女を助けてはダメなのか、助けるべきなのか?

 

最初の方のナレーションが思い出されました。

仁先生のいない未来になってしまうのでしょうか?

仁先生は、消えてしまって、未来へ行ったのでしょうか?

それならいいけれど・・・

 

同じ頃、龍馬も寺田屋で、襲われて、裸のお龍さんに「龍馬、捕り方が・・・」と教えてもらいました。

歴史上、有名なシーンですね(^^;)

史実では、この時、龍馬、一命を取り留めるはずですが・・・

なんだか、まるで最終回の1話前みたいに緊迫した終わり方でした。

次回がとても気になります(^^)֥ϡ

      

【視聴率推移】 (関東地区)

第1話]23.7%   [第2話]18.4%   [第3話]20.4%  [第4話]20.7%

 

【第4話粗筋】 (公式HPより)

時は経ち、薩摩藩預かりの身となった坂本龍馬(内野聖陽)は、仲間と共に『亀山社中』という海運商社を立ち上げる。さらに、同じく土佐の脱藩浪人で、長州藩の預かりとなっている中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、意気投合。2人で長州と薩摩の和解を目指し、走り回っていた。

ある日、ペニシリンの粉末化を模索している南方仁(大沢たかお)のもとへ、多紀玄琰(相島一之)がやって来る。幕府筋からの依頼で、川越藩主の妻・恵姫(緒川たまき)のこぶを治療して欲しいと言うのだ。その依頼を引き受けることにした仁は、橘咲(綾瀬はるか)と川越へ向かう道中に立ち寄った宿で、お初(畠山彩奈)という少女に出会う。仁はお初と触れ合った瞬間、電気が走ったような不思議な感覚を覚え...!?

川越藩に到着し、早速こぶの治療にかかろうとする仁は、恵姫から「治療は無用」と拒絶されてしまう。その後、咲の説得もあり、なんとか治療を受け入れてもらえることになるのだが、結果、恵姫のこぶは良性のもので、手術をすれば取り除くことができると判明する。しかし、貧血の気がある恵姫の手術には、失血死の可能性があり...!?

 

・公式HPプレゼントクイズ (応募締め切り5月15日20時)

 


【送料無料選択可!】日曜劇場 JIN-仁-(完結編) オフィシャルガイドブック (単行本・ムック) / TBSテレビ


【送料無料!23%OFF!】JIN -仁- DVD-BOX(DVD)


【送料無料】 BD/国内TVドラマ/JIN-仁- Blu-ray BOX (Blu-ray) (本編ディスク6枚+特典ディスク1枚)/DAXA-1150

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ
できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)ɤɤϡ

« 【おひさま】第32回「最後の笑顔」&カフェの女給 | トップページ | 【江~姫たちの戦国~】第17回と視聴率「家康の花嫁」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/51637057

この記事へのトラックバック一覧です: 【JIN(完結編)】第4話と視聴率「江戸から消える」 :

» 「JIN -仁-」第4話 [日々“是”精進! ver.A]
仁の体が消えてしまった 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105080005/ 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック posted with amazlet at 11.05.04 ワニブックス 売り上げランキング: 247 Am... [続きを読む]

» JIN―仁― 第4話 [MAGI☆の日記]
JIN―仁―の第4話を見ました。 仁の元に龍馬から手紙が届き、同郷の中岡慎太郎と出会った龍馬は、薩摩藩と長州藩を和解させようと2人で奔走していることが分かる。 仁は血液型を判別する遠心分離機を...... [続きを読む]

» 『JIN-仁-完結編』 第4話 [美容師は見た…]
もう~、急に中身濃すぎ~の展開早すぎ~の。龍馬も仁先生も心配なのよ~(ノ゚ο゚)ノ 1865年に中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、亀山社中を作った龍馬。1866年に桂小五郎(山口馬木也)がちっくと登場し、薩長同盟も難航。それを龍馬は、西郷の盲腸手術をしてくれた仁の恩義を... [続きを読む]

» 【JIN-仁-】第4話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ずっと気にかかっていたことがある。 この世界のどこかには確実に俺の先祖がいる。 もし俺が自分の祖先と係わってしまったらどうなるんだろう? 別段、何も起こらないんだろうか? それとも、そのこと...... [続きを読む]

» JIN -仁-(完結編) 第4話 [坂の上のサインボード]
 手術中の失血による死亡を避けるために、輸血が必要と考えた南方仁先生は、血液型を判定するための道具・遠心分離機を作った。しかし、輸血には副作用など様々な危険があるため、失血死の危険があるときのみ行うとのこと。しかし考えて見れば、切れば必ず出血する外科手術において、輸血は欠かせない医療行為。タイムスリップして幕末にきてから4年間、ずっと輸血なしで手術をしてきたことのほうが驚き・・・と思ってしまったのは私だけだろうか(笑)。  血液型が発見されたのは、ドラマのこの時期より14年後の1900年、オー... [続きを読む]

» 「JIN-仁- 完結編」第4話 [またり、すばるくん。]
第四話「江戸から消える」 視聴率20.7%                            あらすじ(公式サイト) [続きを読む]

» JIN−仁− 第4話:江戸から消える [あるがまま・・・]
仁先生、消えた!Σ( ̄▽ ̄;||| お初ちゃん@畠山彩奈てば何者?助けてはいけない人なの? この少女と仁先生はどんな関係なの??? このお初ちゃんを演じた彩奈ちゃんは朝ドラ【つばさ】ではちょっと 憎たらしい感じの子どもだったけど、今回は何て愛らしい・・・ 初対面...... [続きを読む]

» JIN~仁~2 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
ペニシリンの粉末化に取り組む仁(大沢たかお)の元に、川越藩主の妻・ 恵姫(緒川たまき)のコブを治療してほしいとの依頼が入った。 それを引き受けた仁は、咲(綾瀬はるか)を連れて川越へ向かう途中、 立ち寄った宿でお初(畠山彩奈)という不思議な少女と出会う。 お初と... [続きを読む]

» JIN -仁-【第3回・第4回】TBS日9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
【第3話】さらば愛しき人 【第4話】江戸から消える  「お断り申し上げます。私の幸せは、先生と一緒になることではございませぬ。私の幸せは、後の世に仁友堂を残すことでございます。私は、先生が、いつかお戻りになる世のことを考えていらっしゃるのが、情けなく感じるときがございました。それはなにゆえかと、心に問うてみますれば、先生がお戻りになる未来に私がいないからなのでございます。ならば、残せばよいと思いました。私が、私たちが、つかの間先生と生きた日々を。いいえ、きっとお戻りになります。実はそれも大きゅうご... [続きを読む]

» 「JIN−仁− 完結編」第4話 [三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ]
輸血。 意地を張ること。 旅籠の少女。 第4話『江戸から消える』ネタバレです。 [続きを読む]

» JIN−仁− 第四話 江戸から消える [レベル999のgoo部屋]
『江戸から消える』 内容 1865年。 龍馬(内野聖陽)が薩摩の西郷(藤本隆宏)を訪ね。。。その後、 長州で中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、亀山社中を設立。 そして、東修介(佐藤隆太)と再会しているころ。 皇女和宮の件により、 咲(綾瀬はるか)の兄・恭太...... [続きを読む]

» JIN−仁− 第四話 江戸から消える [レベル999のFC2部屋]
『江戸から消える』 内容 1865年。 龍馬(内野聖陽)が薩摩の西郷(藤本隆宏)を訪ね。。。その後、 長州で中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、亀山社中を設立。 そして、東修介(佐藤隆太)と再...... [続きを読む]

» JIN-仁- #04 [ぐ〜たらにっき]
『江戸から消える』 [続きを読む]

» JIN -仁- 5話 [Simple*Life ドラマ感]
仁先生が消えてしまった。 あの女の子と関わると手がしびれてしまって 触れない。 あの女の子は仁先生の祖先か何か? でももし祖先なら生きていなくちゃいけないはず・・・ でも手術をしようとしたとたんに消え始めた仁先生。 一体どういうことなんだろう。 前回の和宮を救ったということで お礼をされる仁先生。そして医学館の多木先生と 共同でペニシリンを量産するようになり もっともっと使いやすくするために研究をし始めた。 大学同士の垣根がとれるように 医学館と仁友堂ともペニシリンの研究で垣根がとれそうですね... [続きを読む]

» Jin−仁−2 #4 [よくばりアンテナ]
え〜〜〜っ!!?どうなっちゃうの仁先生!! 仁友堂ではペニシリンを粉末にする試みを続けていた。 さらに、仁先生は遠心分離器を作って、血液型を調べることができるようになった。 血液型を調べること...... [続きを読む]

» JIN-仁- 完結編。第四話 [NelsonTouchBlog]
南方仁のもとに、坂本龍馬から手紙がきた。龍馬は薩摩に身をよせてから、そこの西郷隆盛と意気投合、ふたりは仲よくなっていた。西郷から、仁に手術してもらった話を聞かされたことも手紙には書いてあった。 仁が手術で西郷の腹を切ることを説明したら、その腹を切るという行為を、薩摩藩士達から反対の怒声を浴びせられた。しかしそれでも、無理やりつれて来られてきて、帰ることもできたはずなのに、それでも仁は、西郷の命を救うために、頭を下げてまで手術を願いでたのだ。龍馬はその話に感動していた。... [続きを読む]

» JIN-仁- 第4話〜意地を張っていてはロクなことはない。 [平成エンタメ研究所]
★手術あり、恋愛あり、歴史あり、謎・ミステリー(あのホルマリン・ベイビーは何か?)あり、SF(タイムスリップ・神の意思)あり、何とぜいたくな内容なのだろう。  しかもこれらが見事に融合している。  次に何が起こるのか、予想できないのも楽しい。  かくして我々...... [続きを読む]

» JIN 第4話・感想 [青空と桜。]
とりあえず、寺田屋で素っ裸お龍が龍馬の元に行く演出よくやった!!!!! このいろいろと規制が厳しくなったご時世で素晴らしい!! ナイスTBS!!! 医学館教授の多紀玄?から恵姫のこぶを治してほしいと頼まれた仁。 咲と共に恵姫の元へ行くことになりました。... [続きを読む]

» HAU BLANCHE-(ハウ ブランシュ)2way・ジュエリー・アクセサリー・誕生石・東京・麻布十番 [HAU BLANCHE]
「BOSS」ドラマ着用、モデル、芸能人、オンオフどちらも心地よく過ごす着替えが嬉しい2WAYピアス、ふたつの誕生石と想いを包みこむセミオーダージュエリー [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第21話「豊臣の妻」 [坂の上のサインボード]
 後陽成天皇が聚楽第に行幸したのは天正16年(1588年)4月14日のこと。豊臣秀吉が聚楽第をつくった目的は京都における政庁を作るためだったが、ドラマの台詞でもあったように、天皇の行幸も目的のひとつだったといわれる。行幸に際して秀吉は、室町将軍のときの先例を無視して、内裏に御迎(おむかえ)に参上した。秀吉は、桐紋の牛車に乗って、天皇の乗る鳳輦と向かいあう形で進んでいったという。その光景を見た当時の人々の目には、まるで天皇と秀吉が同格のように映ったかもしれない。その光景は、近年公開された「聚楽第行幸図... [続きを読む]

« 【おひさま】第32回「最後の笑顔」&カフェの女給 | トップページ | 【江~姫たちの戦国~】第17回と視聴率「家康の花嫁」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック