無料ブログはココログ

« 【おひさま】第68回プチ感想と69回お休みのお知らせ | トップページ | 【おひさま】第69、70回と最高視聴率♪&満島ひかりinスタパ »

2011年6月23日 (木)

綾瀬はるかさん主役で『八重の桜』(2013年NHK大河ドラマ)

2013年(次々回)のNHK大河ドラマの主役、綾瀬はるかさんに決まったと、NHKから公式発表されました。

ドラマのタイトルは、『八重の桜』です。

内容は既に、『江』のレビューでお知らせした通り、

同志社大学を創設した新島襄の妻で、"幕末のジャンヌダルク"とも呼ばれた、福島県出身の新島八重さんの生涯です。

震災復興プロジェクトの一貫で、"今やるべきものは何か"という視点で、新島八重さん方が題材に選ばれたそうです。

目論み通り、日本人の勇気を後押しし、被災者を励ませられればいいですが・・・

ただ、2013年だから、この頃、まだ復興できてなかったら、それはかなりの重症かも?(^^;)

 

脚本は、『ゲゲゲの女房』を書いた山本むつみさんだそうです。

『JIN-仁-』で好評だった綾瀬さん主役で、『ゲゲゲ』で好評だった山本さんの脚本。

それだけ聞くと、当たりそうな気がしますが、どうでしょうね?

人気の人を持ってきただけのような気もしますが・・・(^^;)

内容があまり一般に知られていない新島八重さんの生涯ということで、ちょっと地味だという意見も多いようです。

ただ、綾瀬さんの出演するドラマは、最近、『JIN-仁-』、『ホタルノヒカリ』と、続けて当たっています。

上映中の映画『プリンセス・トヨトミ』も、観客動員数100万人を超えるヒットとなっているそうです。

結構、その波に乗って、視聴率、稼げそうな気もします(^^)

来年の大河、マツケンの『平清盛』も楽しみですが、その後のこの綾瀬さんの『八重の桜』も楽しみです♪֥ϡ

 

Yahooニュースより】 (オリコン 6月22日(水)16時32分配信)

2013年度NHK大河『八重の桜』主演に綾瀬はるか「日本中を元気に」 脚本は『ゲゲゲ』の山本むつみ

NHKは22日、2013年度大河ドラマが『八重の桜』に決まり、主演に女優・綾瀬はるかを起用したと発表した。脚本は『ゲゲゲの女房』の山本むつみが担当。会津藩の生まれで、戊辰戦争では自ら銃をとって戦ったとの逸話から"幕末のジャンヌダルク"とも呼ばれ、やがて"日本初の篤志看護婦"として日清戦争、日露戦争に同行した"日本のナイチンゲール"新島八重の生涯を描く。綾瀬は同日行われた会見で「心が温まるような、日本中が元気になるような作品を届けたい。たいへんだと思いますが、成長できるんだろうなって思ってます」と初の大河出演に向け熱く意気込んだ。

綾瀬はるかも名優の仲間入り 歴代のNHK大河ドラマ&主演俳優一覧

 「東北・福島に根付く不屈のプライド」を再び--NHKが看板ドラマで震災復興への道を歩む日本を盛りたてる。

 同作チーフプロデューサーの内藤愼介氏は震災以降、大河ドラマに対する意識が「面白いものを作ろうというものから、"今やるべきものは何か"というものに変わっていった」といい、「新しい時代に一歩踏み出し、日本人の勇気を後押しすることを目指して」八重を新しい題材として取り上げた。数多く語られてきた明治維新だが、敗者となった会津からの視点、そして女性の視点から描かれるものはあまり例がなく、今回、新島八重の生涯を通じることで「新たな幕末・明治像」の提示という狙いも明かした。

 新島八重は、福島県出身で同志社大学を創設した新島襄の妻。会津藩の砲術指南の山本家に生まれ、活発な"少年時代"を過ごし、兄・覚馬を師と仰ぎ裁縫よりも鉄砲に興味を示す。会津の人材育成の指針"什の誓ひ(じゅうのちかい/子弟教育7カ条)"である「ならぬことはならぬもの」という教えを実践。会津戦争での敗北を受け入れると鉄砲を捨て、「知識」という新たな生きがいを得る。アメリカで西洋文化にふれた夫・新島襄を「ジョー」と呼び捨てにするなど、封建的風潮の残る中、男女平等を望んだ。奇妙な夫婦関係を罵る世間の目を気にしない八重の生きざまを、夫は「ハンサムウーマン」と称した--。

 昨年、『ゲゲゲの女房』で日本中を魅了した山本氏は「地震、津波、そして原発事故。あまりに大きな被害を前にして、自分自身が不安で一杯になり、途方に暮れていた」ときに、「報道で見聞きした被災地の方々の言葉」が仕事へ向かう自分の背中を押してくれたという。「大きな破壊の後に、より良い世界を作り出そうと立ち上がる人たちの言葉は、幕末の動乱ですべてを無くしたところから、新しい世界へと踏み出した人々の魂と、響き合う」と当時と今を重ね、「一話一話を大切に、物語を紡いでいこうと思っています」と強い使命感をのぞかせている。

 内藤プロデューサーは「何でも器用にこなせるわけではない。しかし、等身大で誠実な努力の人」という八重役として、綾瀬が「真っ先に浮かんだ」という。「ふんわりと人を包み込むような不思議な魅力があり、さらに芯にはぶれない強さを持っている」と綾瀬を評価し、平成の「ハンサムウーマン」としてラブコールを送った。また、山本氏には「歴史ドラマだけでなく、風変わりでも強い絆に結ばれた八重と二人の夫・川崎尚之助、新島襄の夫婦愛」も丁寧に描き出してほしいと期待を込めた。来夏クランクイン、2013年1月スタート(全50回予定)。

■新島八重=NHK公式サイトより
会津藩の砲術師範、山本権八・佐久夫妻の子。戊辰戦争では断髪・男装に砲術をもって奉仕し、会津・鶴ヶ城籠城戦で自らもスペンサー銃を持って奮戦して「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれる。戊辰戦争開戦前に但馬出石藩出身の藩校日新館教授・川崎尚之助と結婚したが、籠城戦後に離縁。明治維新後、兄・覚馬を頼って上洛し、新島襄と出会い結婚する。男尊女卑の当時、豪放で周囲からは勝手気ままに見える八重の生き方が世間から「天下の悪妻」とも言われた。晩年に日清戦争、日露戦争に篤志看護婦として参加した功績により1928年(昭和3年)、昭和天皇の即位大礼の際に銀杯を下賜される。その4年後、87年の生涯を終えた。

 


★新品★【70%off】【邦画DVD】ICHI スタンダード・エディション/綾瀬はるか/HG171【メール便OK】


エントリーで【ポイント12倍】送料無料!!【DVD】僕の彼女はサイボーグ綾瀬はるか/小出恵介 [ASBY-4186]【ポイント倍付0616-19】


【送料無料】 BD/国内TVドラマ/JIN-仁- Blu-ray BOX (Blu-ray) (本編ディスク6枚+特典ディスク1枚)/DAXA-1150

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ
できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)ɤɤϡ

« 【おひさま】第68回プチ感想と69回お休みのお知らせ | トップページ | 【おひさま】第69、70回と最高視聴率♪&満島ひかりinスタパ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52021208

この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬はるかさん主役で『八重の桜』(2013年NHK大河ドラマ):

« 【おひさま】第68回プチ感想と69回お休みのお知らせ | トップページ | 【おひさま】第69、70回と最高視聴率♪&満島ひかりinスタパ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30