無料ブログはココログ

« 【JIN(完結編)】最終回(第11話)&最高視聴率で有終の美♪ | トップページ | 【おひさま】第74回「新型爆弾・広島」&最高アクセスありがとう♪ »

2011年6月28日 (火)

【JIN(完結編)】最終回(第11話)その2

レビューが長くなってしまったので、2つに分けました。

大筋・感想は、その1をご覧下さい。

 

ここでは、咲さんの時空を超えたラブレターの文面と、

胎児形腫瘍が取り去られてしまうときの龍馬の最期の言葉、

歴史の修正力で修正された日本の医療史などをそのまま写しました。

仁は橘家があった付近へ行って、橘医院を見つけました。

そこで感慨深く見ていたら、橘未来が帰ってきました。

仁は、橘咲という女性がご先祖にいないか聞きました。

いるとのことだったので、詳しい話を家に入って聞きました。

未来さんは、医学史を先攻しているそうです。予備校とかで。

そして、咲について、いろいろ教えてくれました。

咲さんは、一度、感染症で死に掛けたことはありましたが、奇跡的に治り、長生きしたそうです。

そして、一生結婚しなかったそうです。

橘家を直して、病院にし、小児科を兼ねて、産婆をしていました。

野風さんの子供、安寿を引き取り、養女にしました。

いろいろ話して、写真を見せ、最後に龍馬の写真も見せました。

仁の姿は消え、龍馬一人で写っていました。

帰りがけ、未来は仁に聞きました。

未来「あの・・・揚げだし豆腐はお好きですか?」

仁「はい♪」

未来は手紙を仁に渡しました。

未来「ずっとあなたを待っていた気がします」

仁「え?」

未来「変な意味じゃないですよ。

 とにかく読んでみて下さい。

 私が医学史に進んでしまった原点なんです」

仁「はい」と、手紙を受け取りました。

 

<咲さんの手紙>

○○先生へ

先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

おかしな書き出しでございますこと、深くお詫び申し上げます。

実は、感染症から一命を取りとめた後、どうしても先生の名が思い出せず、先生方に確かめたところ、仁友堂にはそのような先生などおいでにならず、ここは私達がおこした治療所だと言われました。

何かがおかしい。そう思いながらも、私もまた、次第にそのように思うようになりました。

夢でも見ていたのであろうと。

なれど、ある日のこと、見たこともない奇妙な銅の丸い板を見つけたのでございます(10円玉のこと)。

その板を見ているうちに、私はおぼろげに思い出しました。

ここには先生と呼ばれるお方がいたことを。

そのお方は、揚げ出し豆腐がお好きであったこと。

涙もろいお方であったこと。

神のごとき手を持ち、なれど、決して神などではなく、迷い、傷つき、お心を砕かれ、ひたすら、懸命に治療に当たられる仁をお持ちの人であったこと。

私は、そのお方に、この世で一番美しい夕陽を戴きましたこと、思い出しました。

もう名もお顔も思い出せぬそのお方に・・・恋をしておりましたことを・・・

なれど、きっとこのままでは、私はいつか全てを忘れてしまう。

この涙の訳までも失ってしまう。

なぜか耳に残っている“修正力”という言葉。

私はこの思い出をなきものとされてしまう気が致しました。

ならば・・・と筆を取った次第にございます。

私がこのできごとに抗う術は一つ。

この思いを記すことでございます。

○○先生、改めて、ここに書きとめさせていただきます。

橘咲は、先生をお慕い申しておりました。       橘咲

  

この手紙が、橘未来が医学史に進んだ原点ということは、きっと彼女もこの手紙を読んだのでしょう(^^;)

ご先祖様の恋の相手にようやく巡り会えたので、感慨もひとしおだったことでしょう♪

これから未来と愛が芽生え、橘医院を仁がやっていくことになるのかもしれないですね。

咲の開業した医院を仁が守って行く・・・そういう未来もあるかもしれません(^^)

 

現代に戻って来てから、仁が医療史を調べたら、少しずつ歴史が変わっていました。

 

<ペニシリン>

ペニシリンは、イギリスのフレミングによって、1928年に発見された。

日本では、既に、土着的に生産されていた。

 

<『日本医療史集成』に載っていた「仁友堂」の記載>

ペニシリンを土着的な方法で開発し、それを通じ、古来の本道と江戸初期に入ってきた西洋医学を融合させ、日本独自の和洋折衷の医療を作りあげた当時、医学会の反逆者とみなされた彼らの医療結社は、「仁友堂」と呼ばれる。

仁友堂の面々として、佐分利、福田、山田、八木、植松の5人の写真が載っていました。

 

でも、いくら調べても、仁と咲の名前はありませんでした。

それで、橘家の屋敷があった辺りに、仁は行ってみました。

そして、前述の通り、橘未来に会いました。

 

仁が錦糸公園にタイムスリップして倒れていて、救急車で運ばれ、額の怪我の手術と胎児形腫瘍の摘出手術を受けました。

その時、仁は龍馬と共に海に行く夢を見ました。

龍馬は海に入り、仁に別れを告げました。

龍馬「先生はいつかわしらのことを忘れるぜよ。

 けんど、悲しまんでえい。

 わしらはずうっと先生と共におるぜよ。

 見えんでも聞こえんでもおるぜよ。

 いつの日も先生と共に・・・」

そして、ピストルで仁を撃つ真似。

仁「龍馬さん、どこ行くんですか?!」

水の中を歩いて行く龍馬。

胎児形腫瘍が取られました。

 

そして、仁は友達の医者に小説を書きたいと思っていると嘘をつき、相談しました。

手術される方とする方と、2人の医者が同時に存在するのはおかしい。

パラレルワールドがいくつも存在することにしたら、どうだろうかと。

なるほど☆

そして、胎児形腫瘍の説明。

バニシング・ツインではないかと。

「元々、2つあった受精卵の一つが、いつの間にか吸収されて消える奴。

消えた方の組織が、残った方の体の一部に取り込まれる現象。

この医者の場合は、それがそのまま成長してガン化したっていうのはどうですか?」

なるほど☆

仁は感心してばかりいたので、自分でも考えろと怒られてしまいました(笑)

 

恭太郎さんは、船中九策の保険の実現に走り回ったそうです。

そして、その保険制度が実現して、医療費はタダみたいでした。

 

前述の通り、仁は、咲からの手紙を読んで、

仁「私もですよ、咲さん。

 私も・・・お慕い申しておりました」

仁「この思いをいつまでも忘れまいと思った。

けれど、俺の記憶もまた、全て時の狭間に消えて行くのかもしれない。

歴史の修正力によって」

 

龍馬「わしらはおるぜよ。

 見えんでも聞こえんでも、いつの日でも先生と共に」

仁「それでも俺はもう忘れることはないだろう。

 この日の美しさを。

 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし、勝ち取ってきた無数の奇跡で編み上げられていることを、俺は忘れないだろう。

 そして、更なる光を与えよう。

 今度は俺が未来のために、この手で」

 

仁は未来のために、未来(ミキ)の手術をしました。

  (完)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1話]23.7%   [第2話]18.4%   [第3話]20.4%  [第4話]20.7%

第5話]20.8%   [第6話]18.8%   [第7話]18.8%  [第8話]18.7%

第9話]19.2%   [第10話]21.1%  [最終話(11話)26.1%

[平均視聴率]20.62%

 

・公式HP(プレゼントクイズ) (応募締め切り7月3日20時)

 

・公式HP(DVD-BOXプレゼント) (応募締め切り7月4日消印有効)

 

 

『JIN』安道奈津、食べました♪(5月26日)

 


【送料無料選択可!】JIN-仁- 完結編 DVD-BOX / TVドラマ

【送料無料】JIN-仁- 完結編 Blu-ray BOX【Blu-ray】(楽天ブックス)

   

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ
できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【JIN(完結編)】最終回(第11話)&最高視聴率で有終の美♪ | トップページ | 【おひさま】第74回「新型爆弾・広島」&最高アクセスありがとう♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52064921

この記事へのトラックバック一覧です: 【JIN(完結編)】最終回(第11話)その2:

» 【JIN(完結編)】最終回(第11話)その2 [ショコラの日記帳]
レビューが長くなってしまったので、2つに分けました。大筋・感想は、その1をご覧下さい。ここでは、咲さんの時空を超えたラブレターの文面と、胎児形腫瘍が取り去られてしま... [続きを読む]

» 別館の予備(バブ&トリコ&JIN) [スポーツ瓦版]
6月28日 バブ&トリコ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10934477698/a8c5f2e3 [続きを読む]

» バブ&トリコ&JIN [別館ヒガシ日記]
バブは魔界編スタートの回だが 男鹿&古市が魔界だけど 古市が可哀想過ぎポジションも... [続きを読む]

» JIN -仁-(完結編) 第11話(最終章・後編) [坂の上のサインボード]
 毎週、起稿してきたドラマ「JIN-仁-(完結編)」の鑑賞記。最終回を観終え、あまりの感動のため言葉を失った。私がここで何をいっても安っぽい言葉にしか聞こえず、感動を表す文章が見当たらなかった。人間、想像以上の感動を覚えると、言葉を失うようである。しかし、咲の手紙ではないが、この思いを忘れないように、やはり書き留めておきたいと思う。ゆえに、稚文、乱文はご容赦いただきたい。 まず始めに、「結末は映画にて・・・」なんて終わり方ではなく、ちゃんと完結させてくれたことに感謝したい。結末は、村上もとか氏... [続きを読む]

» JIN-仁- 完結編。最終話 最終章後編 &生まれる。最終回感想 [NelsonTouchBlog]
■JIN-仁- 完結編。最終話 最終章後編 南方仁の頭痛は日々悪化していった。基本顔色も悪く、嘔吐もある。脳腫瘍はいよいよ仁の生命を蝕み始めたのか?それでも日々、仁友堂の仲間達に、もてるすべての医術を授けようと講義する仁。自分が死んだら遺体を腑分けして医術に生かして欲しいとまで言うのだ・・。咲は、もし元の時代に戻れるのなら治るのでは?と言うが、そんな簡単に時代を行き来できないことは仁本人が一番わかっていた。ただ咲は仁のことが心配だったのだ・・。治したいのに手のほどこしようがない。辛い日々...... [続きを読む]

» JIN -仁-(完結編) 第11話(最終章・後編) [坂の上のサインボード]
 毎週、起稿してきたドラマ「JIN-仁-(完結編)」の鑑賞記。最終回を観終え、あまりの感動のため言葉を失った。私がここで何をいっても安っぽい言葉にしか聞こえず、感動を表す文章が見当たらないまま今日まで起稿が遅れた。人間、想像以上の感動を覚えると、言葉を失うようである。しかし、咲の手紙ではないが、この思いを忘れないように、やはり書き留めておきたいと思う。ゆえに、稚文、乱文はご容赦いただきたい。 まず始めに、「結末は映画にて・・・」なんて終わり方ではなく、ちゃんと完結させてくれたことに感謝したい。... [続きを読む]

» 『JIN-仁-』 修正加筆あり [英の放電日記]
 実は、第4話(恵姫のこぶの治療の話)からしか見ていません。前シリーズは最終回の2、3回前の1話しか見ていません。なので、レビューを書くのは、おこがましいのですが……  面白かったです。1話1話見ごたえがあるのですが、面白いのであっという間に終わってしま...... [続きを読む]

« 【JIN(完結編)】最終回(第11話)&最高視聴率で有終の美♪ | トップページ | 【おひさま】第74回「新型爆弾・広島」&最高アクセスありがとう♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30