無料ブログはココログ

« 【おひさま】第77回「おかえりシゲ兄ちゃん♪」 | トップページ | 【おひさま】第78回「おかえりタケオ君、和さん♪」 »

2011年7月 1日 (金)

【江】第24回と視聴率「利休切腹」&『八重の桜』13年大河

第24回の視聴率は、前回の18.0%より少し上がって、18.1%でした。

2013年(次々回)のNHK大河ドラマは、綾瀬はるかさんが主演で、ドラマのタイトルは、『八重の桜』だと、NHKから公式発表されました。

内容は既に、前回の『江』のレビューでお知らせした通り、

同志社大学を創設した新島襄の妻で、"幕末のジャンヌダルク"とも呼ばれた、福島県出身の新島八重さんの生涯です。

震災復興プロジェクトの一貫で、"今やるべきものは何か"という視点で、新島八重さん方が題材に選ばれたそうです。

脚本は、『ゲゲゲの女房』を書いた山本むつみさんだそうです

詳しくは、こちらです。

 

今回、「利休切腹」というサブタイトルでしたが、切腹を最後に言い渡しただけで、実際の切腹は次回でした(^^;)

 

北条攻めで勝利した秀吉は、論功行賞として、家康に対し、所領を加増すると見せかけて関東への国替えを命じました。

家康は、その非情な裁定を受け入れました。

秀忠も一緒に江戸に向かうと、江にお別れの挨拶をしました。

と言っても、いつも通り、口喧嘩でしたが(^^;)

 

利休は、家康に、殿下はあなた様を怖れているからでしょうと慰めました。

 

利休は、秀吉の茶頭を辞めたいと言いました。

でも、秀吉は許しません。

 

鶴松が具合が悪くなりました。

秀吉がとても心配していたら、秀長も病気で危篤に・・・

秀長「兄じゃ・・・甘いことしか言わんもんより、耳に痛いことを言ってくれるもんを信じるんじゃぞ」

秀吉「それ、利休のことか」

秀長「兄じゃ、案ずるな。鶴松の病はわしが抱えていくで・・・」

そう言うやいなや亡くなってしましました。

鶴松は、彼のお陰か、元気になりました。

 

三成は、また利休の悪口を秀吉に・・・

秀吉は、秀長の遺言と三成の言葉、どちらを信じるか考え、利休に会いに行きました。

 

茶室には、ヒビの入った花瓶に花が生けてあり、涼しい風が吹いてくると・・・

でも、分からぬという秀吉。

「そなたは格別な人間じゃ。

わしには分からんことを分かる。

わしからすれば、仰ぎ見るしかない相手よ。

じゃからこそ、そなたを傍に置きたいのじゃ。

わしの傍におってくれ、利休。

わしの傍近くで、わしに言いたいことを言ってくれぬか、利休。

この通りじゃ」

と秀吉は、頭を下げました。

でも、利休は・・・

「わたくしが殿下の茶頭になったんは、あなたさまが面白いお方やったからや。

でも、今はちょっとも面白うありゃしまへん」

「なんじゃと?!」

「お子ができて、可愛いて、朝鮮のお人まで呼びつけて、日輪の子とは片腹痛うて、たまりまへんわ」

「そなた・・・」

「言いたいことを言えと仰せでは・・・

されど、あなたさまが何をなさろうと、そんなのどうでもよろしい。

私にとって大事なんは、好きか好きと違うんか、つまりは、私は私の好きな人のためだけに茶をたてたいということですなあ」

「それは・・・」

「私はあなた様のために茶をたてるんが嫌になりましたんや」

と黒い茶碗を差し出しました。

秀吉の嫌いな黒です。

秀吉は、沈黙・・・

そして・・・

「ならば、望み通りにしてやろう。

そなたに切腹を申しつける。 切腹じゃ」

 

はっきり嫌いと言われたようなものなので、秀吉でなくても怒るでしょう(汗)

利休が誰かに縛られるのが嫌で、秀吉が面白くなくなったので嫌いになったからという浅い話?

もっと深く掘り下げて欲しかったです。

茶道に関して、美に関しての思いの違いとかなかったのでしょうか?

 

やたらと利休を妬んで、利休を落としいれようとした三成も、嫌な感じでした。

 

江が利休の切腹命令を聞いて、

「私が止める。止めてみせる」と息巻いていましたが・・・

いくら何でも歴史を変えることはできないでしょう(^^;)

 

秀勝と江は、相変わらず、ラブラブな感じでしたが、まだ祝言の話は出てきませんでした(^^;)

予告で、秀吉が「そなた、今一度、嫁に行け」と言ってました♪

きっと相手は秀勝でしょう♪

次回は、「愛の嵐」

大河っぽくないサブタイトルですが(汗)

利休の切腹や鶴松の死などと一緒の回に、江の祝言が出てくるのでしょうか?(汗)

いくらなんでも、違う回でありますように(^^;)

 

【第24回粗筋】 (niftyテレビより)

北条攻めで勝利に終わった秀吉(岸谷五朗)。論功行賞として、家康(北大路欣也)に対し、所領を加増すると見せかけて関東への国替えを命じる。大名としての力を大きくそがれる非情な裁定を受け入れ、家康は新たな拠点となる江戸へ旅立つ。
 一方、江(上野樹里)は、傲慢さを増す秀吉を公然と批判。茶頭辞任を申し出た利休(石坂浩二)を案じ、秀吉の甥(おい)・秀勝(AKIRA)に相談するが...。

江(上野樹里)は、茶頭辞任を申し出た千利休(石坂浩二)を案じ、秀吉(岸谷五朗)のおい・秀勝(アキラ)に相談する。秀勝へ淡い恋心を寄せる江。父・家康(北大路欣也)に従い、江戸に向かうことになった秀忠(向井理)は、江を冷やかしつつ、別れを告げる。そんな折、秀吉の良き理解者であり、なだめ役でもあった弟の秀長(袴田吉彦)が病に倒れる。死の床で秀吉をいさめた末、秀長は逝く。旭に次いで秀長を失った秀吉は、北政所(大竹しのぶ)、大政所(奈良岡朋子)と共に、悲しみに暮れる。激しく落ち込む秀吉に対し、三成(萩原聖人)は己が敵視する利休の断罪を進言。そしてついに秀吉は、利休に切腹を申し付ける。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

 

公式HP・「天下一の茶頭・千利休」

公式HP・「鶴松の誕生と早すぎる死」

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【おひさま】第77回「おかえりシゲ兄ちゃん♪」 | トップページ | 【おひさま】第78回「おかえりタケオ君、和さん♪」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52093720

この記事へのトラックバック一覧です: 【江】第24回と視聴率「利休切腹」&『八重の桜』13年大河:

» 【江】第24回と視聴率「利休切腹」&『八重... [ショコラの日記帳]
第24回の視聴率は、前回の18.0%より少し上がって、18.1%でした。2013年(次々回)のNHK大河ドラマは、綾瀬はるかさんが主演で、ドラマのタイトルは、『八重の桜』だと、NHKから公式発表... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~第24回 どうしても書け... [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
先週はどうしても「書きたい」一言感想でしたが今週はどうしても書けないので この時間に書いております。というのがわたし 千利休さんに関する知識がほぼ無い訳で・・・秀吉さん... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第24話(6.26) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
徳川家康@北大路欣也が国替えを命じられ、 豊臣秀吉@岸谷五朗の弟秀長@袴田吉彦が他界、 秀吉が千利休@石坂浩二に切腹を言い渡したという話 この大河の秀吉が利休を切腹に追い込んだのは 可愛さ余って憎さ百倍みたいな動機だったな で、利休切腹というタイトルなのに切腹するのは次回なんですな(笑) 今回は秀長の死がよかったな 「今薨られたら、豊臣は・・・殿下はどうなりまするか・・・」 病床の秀長に黒田官兵衛@柴俊夫が悲痛に訴え、 「兄者の弟などに生まれるでなかったわ。 百姓から関白に上りつめるなどどれだけ苦... [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国〜』 第24回「利休切腹」 [ふるゆきホビー館]
北条氏を降伏させた秀吉は、その領土を家康にあたえます。これは恩賞でもあり、脅威となりかねない家康を徳川家年来の豊かな領地5ヶ国から離して、6ヶ国といいつつ荒地も多い関東に封じ込める意味もありました。秀次も近江八幡の領地から尾張と伊勢の一部の100万石に、秀勝も甲斐をあたえられました。家康は、利休の茶を喫しますが、その席で秀吉と利休の関係を危惧します。しかし、利休は諦観しているのか、謎めいた笑いで返すばかりでした。江もまたそのことを心配していて、通りかかった秀勝に質問を。三成の「讒言」があっても、簡単... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第24回 [日々“是”精進! ver.A]
利休、まだ切腹しなかった・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260004/ 江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.06.23 NHK出版 (2011-05-31) 売... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.24利休切腹 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第24回「利休切腹」 【あらすじ】 北条攻めで勝利に終わった秀吉(岸谷五朗)。論功行賞として、家... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第24話「利休切腹」 [ぷち丸くんの日常日記]
江(上野樹里)は、茶頭辞任を申し出た千利休(石坂浩二)を案じ、秀吉 (岸谷五朗)の甥・秀勝(アキラ)に相談する。 秀勝へ淡い恋心を寄せる江。 父・家康(北大路欣也)に従い、江戸に向かうことになった秀忠(向井理)は、 江を冷やかしつつ、別れを告げる。 そんな折、... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第二十四回 利休切腹 [レベル999のgoo部屋]
『利休切腹』 内容 北条攻めが終わり、秀吉(岸谷五朗)は、論功行賞として、 家康(北大路欣也)に、三河から北条領。。。。関東への国替えを命じる。 そこには、明らかに力を削ごうとする秀吉の意図があった。 そのころ江(上野樹里)は、利休(石坂浩二)と秀吉の関...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆24秀吉論功行賞で家康を関東に国替え!弟秀長を失い更なる暴走で利休に切腹を命じた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第24話は秀吉が北条攻めで勝利した事で天下統一を成し遂げた。その中で秀吉は家康に所領を関東への国替えを命じ、家康は拠点を関東に移す事に ... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第24回「利休切腹」 [みはいる・BのB]
今週も『江』のお時間です。 あらすじ・・・・・ [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第24話 感想「利休切腹」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
江〜姫たちの戦国〜ですが、北条を滅ぼした豊臣秀吉(岸谷五朗)は諸大名を集めて論功行賞を行います。豊臣秀次(北村有起哉)には気前よく100万石と日本全国箱庭のように天下人・秀吉の思うがままですが、徳川家康(北大路欣也)は旧来の三河の地を奪われて、関東に転封となります。耐え忍ぶのが生きがいの家康は当然のごとく受け入れますが、千利休(石坂浩二)は秀吉が家康を怖れて遠ざけたと言います。 秀吉と利休の反目は江(上野樹里)も心配しますが、豊臣秀勝(AKIRA)に相談しつつイチャつきます。これを徳川秀忠(向井理... [続きを読む]

» 【江〜姫たちの戦国〜】第二十四回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
江(上野樹里)は、傲慢さを増す秀吉(岸谷五朗)を公然と批判して茶頭辞任を申し出た 千利休(石坂浩二)の身を案じ、秀吉のおい・秀勝(AKIRA)に相談する。 秀勝へ淡い恋心を寄せる江。 父・家康(北...... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第24話「利休切腹」 [坂の上のサインボード]
 天正19年(1591年)1月22日、豊臣秀吉の弟・豊臣秀長が病没した。秀長は、秀吉が木下藤吉郎と名乗っていた時代から兄の片腕として働き、秀吉が天下人となってからは、陰から豊臣政権を支えた。そんな秀長を、秀吉は誰よりも信頼していたという。まさに、「縁の下の力持ち」という言葉が相応しい人物だった。秀長は兄以上に千利休との親交も深く、「公儀のことは秀長、内々のことは宗易(利休)」という言葉からも伺えるように、豊臣政権下、豊臣秀長と千利休はまさに豊臣政権という車の両輪だった。特に秀長の場合、ときにはブレー... [続きを読む]

« 【おひさま】第77回「おかえりシゲ兄ちゃん♪」 | トップページ | 【おひさま】第78回「おかえりタケオ君、和さん♪」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31