無料ブログはココログ

« 【おひさま】第84回「・・・みたいな」 | トップページ | 【おひさま】第85回「しげきようこ」 »

2011年7月10日 (日)

【江】第26回と視聴率「母になる時」

第26回の視聴率は、前回の16.3%より少し下がって、16.2%でした。

なでしこジャパン、ベスト4進出、おめでとうございます♪å

大会2連覇中の開催国ドイツに勝って、凄かったですね♪(^^)餭

完璧にアウェイなのに、「絶対勝つ」という気持ちが強かったのでしょう♪

一方、戦に行くのに、出陣前に「どなたも殺して欲しくない」と江に言われた秀勝は、朝鮮の民を守ろうとして家臣に斬られてしまい、それが元で病死してしまいました。

フェアプレーもいいけれど、ほどほどに(^^;)

秀勝、江から貰ったお守り、握り締めていましたが、効果はなかったようです(^^;)

  

江と秀勝は結婚して、ラブラブ♪

でも、1ヶ月ほどしか経ってなかったのに、秀勝は朝鮮へ出陣してしまいました。

朝鮮では、朝鮮水軍相手に苦戦。

家臣が朝鮮の庶民から食べ物を略奪。

それを取り戻しにきた庶民を家臣が斬り殺そうとし、それを秀勝が守ろうとして、部下に斬られてしまいました。

その傷が元で、感染症になったようです。

病死して帰らぬ人となってしまいました。

 

一方、江は秀勝の子を身篭り、死の知らせを聞いた後で、産みました。

展開、早かったですね(^^;)

 

秀勝の死の前に、大政所も病死してしまいました。

享年76歳。

当時としては、長生きでしょう。

秀吉はとても悲しみました。

 

という訳で、豊臣家の2人、大政所と秀勝が、今回、亡くなりました。

江は、早くも未亡人になってしまいました。

秀勝、結婚するまでは結構、出ましたが、結婚したら退場、早かったですね(汗)

 

Wikiによると、江と秀勝の結婚の時期は、天正14年(1586年)もしくは文禄元年(1592年)と、はっきりしないようです。

天正14年だと、九州の役の後の恩賞に不満を言って秀吉の怒りを買って所領を没収された1年前です。

この時期に結婚すると、江も一緒に、いろいろな苦労を共にしたことになるでしょう。

朝鮮出陣の直前に結婚するのとは、大違いな気がします(^^;)

このドラマでは、結婚してすぐお別れという悲劇の方を選んだのでしょう。

文禄元年(1592)2月に嫁ぎ、そのわずか1か月後に夫・秀勝は出陣。

このドラマでは、秀勝、カッコ良く朝鮮の人を守って、斬られて、その傷が元の病死のようでしたが・・・

朝鮮の民を守ったのは、江から、人を殺して欲しくないと言われていたからでしょうか?

だとしたら、江のお陰で、死んでしまったような気も・・・(汗)

 

実際は、どうでしょうね?

少し調べただけでは、病死としか書いてなくて、どんな病気か分からないです(^^;)

   

次回は、「秀勝の遺言」

予告では、皆が「江」と呼びかけていましたが、まるで江が死んでしまうかのような感じでした(汗)

まだまだ、江は長生きするので、そんなはずはないですね(^^;)

子供を産むために、九州へ行った淀に、めでたく子供ができるみたいです。

そして、家康の留守を預かる秀忠は?

秀忠は、秀勝の死をどう思うでしょうか?

秀忠は、2人の結婚を知った時、「やはり」と思ったようですが、

秀忠「あんな跳ねっ返りが嫁とはなぁ」と笑いました♪

これが、私は今回、一番印象的なセリフでした(笑)

それでも将来、結婚するんだから(笑)

これから、秀忠がどう変わるか、変わらないか、注目しています♪(^^)

 

【第26回粗筋】 (niftyテレビより)

1592(天正20)年。江(上野樹里)は秀勝(AKIRA)と結婚し、京の聚楽第に居を移す。江は、愛する人と結ばれた喜びに浸る。一方、秀勝は秀吉(岸谷五朗)の命で、関白となった兄・秀次(北村有起哉)を監視することになる。だが、秀勝は兄を心から慕っていた。そんな中、秀勝に連れられて秀次の元を訪れた江は、文学好きで心優しい秀次の一面を見て驚く。秀吉が朝鮮出兵を決め、秀勝も8千の兵を率いて出陣することになる。江は不安をこらえ、気丈に夫を送り出す。家康(北大路欣也)は秀吉に従い、九州へ向かう。また、大坂城の淀(宮沢りえ)は鶴松の死を乗り越え、新たな子が欲しいと秀吉の元に旅立つ。そのころ、京で不安な日々を過ごす江は、秀勝の子を身ごもったことに気付く。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%

公式HP・「秀勝死す! 文禄の役」

公式HP・「後継指名?留守を任された秀忠」

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【おひさま】第84回「・・・みたいな」 | トップページ | 【おひさま】第85回「しげきようこ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52172831

この記事へのトラックバック一覧です: 【江】第26回と視聴率「母になる時」:

» 【江】第26回と視聴率「母になる時」 [ショコラの日記帳]
【第26回の視聴率は7/11(月)追加予定】なでしこジャパン、ベスト4進出、おめでとうございます♪大会2連覇中の開催国ドイツに勝って、凄かったですね♪(^^)戦国時代なのに、戦に... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第26回 [日々“是”精進! ver.A]
死と、生・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107100002/ 江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.07.07 NHK出版 (2011-05-31) 売り上げランキング... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「江」 #26 母になる時 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
2番目の夫、秀勝との結婚。 しかし、その生活は長く続かない…。 [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第26話 感想「母になる時」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
江〜姫たちの戦国〜ですが、豊臣秀吉(岸谷五朗)の唐入り、朝鮮出兵の準備が着々とすすみます。徳川家康(北大路欣也)も渋々ながらも太閤殿下の命令に従いますが、徳川秀忠(向井理)はそんな父親を冷ややかに見下しています。皮肉屋・秀忠にとっては太閤様も猿でしかありませんが、本多正信(草刈正雄)もつられて猿と言いかけると、秀忠は甘い甘いマカロンのような満足笑いを見せます。 江(上野樹里)は豊臣秀勝(AKIRA)に嫁ぎますが、新婚生活に浮かれ、着物をたたむ日々に喜びを見出してしまいます。家来と着物を奪い合って破... [続きを読む]

» 【江〜姫たちの戦国〜】第二十六回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
江(上野樹里)は豊臣秀勝(AKIRA)と結婚し、京・聚楽第で “愛する人の妻として生きる喜び”にあふれる日々を送っていた。 春、秀吉(岸谷五朗)は朝鮮への出兵を決め、秀勝も出陣することに。 江は不...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.26母になる時 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第26回「母になる時」 【あらすじ】 江(上野樹里)は秀勝(AKIRA)と結婚し、京の聚楽第に居を移す... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜第26話「母になる時」 [shaberiba]
「嫁ぐというのはこんなに幸せなものだったのですね♪」 秀勝にLOVE2な江!なんと結婚1か月で子まで出来ちゃたらしい。 その嬉しそうな顔ったら(笑)もはや みてられませ〜ん でもその幸せはたった1か...... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜第26回「母になる時」 [平成エンタメ研究所]
 江(上野樹里)と秀勝(AKIRA)の結婚話。  「嫁ぐことは楽しい」ということで描かれる幸せな日々。子供もお腹に。  それを打ち壊す戦争。  物語としては成り立っているのだが、すごく感動したとか泣けたとかには至らない。  なぜだろう?  ひとつは、戦争映...... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国 第26回〜新婚・江ちゃん「あれやこれやと、妻の務めに勤しんでおりました」 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『江〜姫たちの戦国』 第26回「母になる時」 『東日本大震災』から4か月。ハエ等に悩まされながら未だ避難所で過ごしていらっしゃる方がおられる中、自宅でゆったりとドラマを見られるのは申し訳ないような気分です・・・。 小生は『のだめ』の上野樹里ちゃんも大好きだし、映画『奈緒子』などの上野樹里ちゃんも大好きだし、『ラスト・フレンズ』の上野樹里ちゃんは飛びっきり大好きであります・・・。 しかしながら、江ちゃん役の上野樹里ちゃんは残念・・・。 こんな脚本で、こんな芝居を付けられている... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第26話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
秀勝との結婚-------------そして・・・。太閤秀吉が次に動いたのは、朝鮮。その前に、少しだけしあわせな日々を送ることが出来た江。でも、たった1ヶ月だけだったんだね。江の結婚の事... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第26話 感想「母になる時」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
秀勝との結婚-------------そして・・・。 太閤秀吉が次に動いたのは、朝鮮。 その前に、少しだけしあわせな日々を送ることが出来た江。 でも、たった1ヶ月だけだったんだね。 江の結婚の事を知った秀忠は、にやり。 やっぱりなとほくそ笑んでるけど、今度はあなた...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第26回... [徒然”腐”日記]
あーーーーすっげー腹立つ!!江の感想書いてた途中でログ消えたよ楽天ブログはそういうトコ使い勝手悪いよな!!気持ちが萎えたので一言だけねあらすじは「江」公式サイトから天正... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第26話「母になる時」 [ぷち丸くんの日常日記]
江(上野樹里)は秀勝(アキラ)と結婚し、京の聚楽第に居を移す。 愛する人の妻として生きる喜びに溢れる日々を送っていた。 秀勝は、秀吉(岸谷五朗)の命令で、関白となった兄・秀次(北村有起哉)を 監視する役目を負うが、兄を心から慕っていた。 春、秀吉は朝鮮への出兵... [続きを読む]

» 「江~姫たちの戦国~」第26回感想 という... [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今日は何だかいつもより見やすかったと言うか いやでも何と言うかあっさり見てしまったと言うか江さんの2回目の結婚がまた短期間で終ってしまったお話でしたね。何かもうラストの... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第26回「母になる時」 [真田のよもやま話]
ご懐妊ですか!展開が速いですね~~~。なんだか妻になったという実感がないまま・・・ままま、まさかできちゃった婚?って、そんな事言ってる時代じゃなかったですね。正に朝鮮出兵前夜の激動の状況、戦は嫌だからって自分だけ関わりなくしていられる訳もなく、こんにちは赤ちゃんとバイバイマイダーリンが一緒にやって来そうな勢いですよ~~~!... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第26話「母になる時」 [坂の上のサインボード]
 お江の二人目の夫となった豊臣秀勝は、豊臣秀吉の甥にあたる。秀吉には姉の瑞龍院(智)、弟の豊臣秀長、妹の朝日姫(南明院)という三人の兄弟姉妹がいた。ちなみに、ドラマなどでよくある設定で、瑞龍院と秀吉は木下弥右衛門と天瑞院(仲)夫妻の子で、秀長と朝日姫は天瑞院が後夫の筑阿弥とのあいだにもうけた子といわれ、日吉丸こと秀吉は継父・筑阿弥の折檻に耐え切れずに家を飛び出し、放浪の末、蜂須賀小六(正勝)と遭遇した・・・などという説がよく知られるところだが、その大部分はフィクションである。近年は、秀吉たち4人の兄... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第26回「母になる時」 [みはいる・BのB]
『江』のお時間です。 あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 「江 ~姫たちの戦国~」 第26回、母になる時 [センゴク雑記]
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第26回、母になる時。 江の結婚生活~朝鮮出兵。 今回は珍しく江が本当に主役らしかった話。 [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第26回 「母になる時」 [青いblog]
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第二十六回 母になる時 [レベル999のFC2部屋]
『母になる時』 内容 秀次(北村有起哉)に関白を譲った秀吉(岸谷五朗)は、海外出兵を決断。 一方で、秀勝(AKIRA)に求婚され、結婚する江(上野樹里) そんななか、秀吉の命令で、居を聚楽第...... [続きを読む]

» 2度目の夫婦 〜江・母になる時〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
すっかり養育役になった本多正信と、 怠惰でひねくれた秀忠。 史実と立場が逆じゃないか? 従順な秀忠に嫌味を言って、挑発するのが本多正信のポジションかと思うんだけど。 史実でも『腸の腐った奴』だし...... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第26話(7.10) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
豊臣秀勝@AKIRAと結婚、娘を出産する江@上野樹里だったが、 朝鮮に渡った秀勝が病死してしまったという話 秀勝は朝鮮の民衆を庇ったときに受けた傷がもとで死んだ ということにしたのか・・・。 うーん、なんでこういう扱いにしちゃったのかなあ。 脚本家が描きたかったことはわかるのよ 千利休から『皆が笑える世の中にしてほしい』と託されたことで、 江は戦をやめるべきと訴え、秀勝は無益な殺生をやめさせようとした。 でも、これだと、侵略したものの人民に寛大だったみたいな描き方で、 朝鮮出兵を美化しちゃっている印... [続きを読む]

« 【おひさま】第84回「・・・みたいな」 | トップページ | 【おひさま】第85回「しげきようこ」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31