無料ブログはココログ

« 【おひさま】第95回「三婆」 | トップページ | 【おひさま】第96回「陽子の子」 »

2011年7月23日 (土)

【それでも、生きてゆく】第3話と視聴率「お母さんだから・・・」

第3話の視聴率は7.4%(関東地区)でした。

初回は10.6%で、それから続落。

数字的には、ちょっと厳しいですね(汗)

でも、私は結構、嵌まっています♪

やたら重くて切ないのですが、主人公の2人がとてもいい人で、応援したくなります。

双葉(満島ひかり)など加害者側の家族にいろいろな嫌がらせをしていたのは、洋貴(瑛太)の母の響子(大竹しのぶ)でした。

やっぱりね。

この人だろうと思っていました。

そして、双葉は今までずっと誰かから嫌がらせを受けていたことを、洋貴(瑛太)に告白。

洋貴の仕業だと思ったので、あの時、ここへ来たと告白しました。

それを聞いて、洋貴はもしかしたら、母かもしれないと思い、実際、そうでした。

 

双葉は、祭りの夜、洋貴と一緒にいた時、偶然、洋貴の母・響子と、弟の耕平(田中圭)の嫁・日垣由佳(村川絵梨)と出くわしてしまいました。

その時は、すぐ別れましたが、その後、響子と再び、街角で偶然?会いました。

双葉は名前を聞かれたので、偽名を使って身元を隠し、響子といろいろ話をして親しくなりました。

 

でも、響子は以前から興信所に調べさせてたくらいだから、きっと双葉のことも加害者家族だと分かったでしょうね。

分かった上で、殺された娘・亜季の話をしたのではないでしょうか?

亜季ちゃんは、小さい頃から短いスカートを穿きたがったけれど、響子は穿かせませんでした。

でも、あまり穿きたがるので、遂に買ってあげました。

殺された日もその短いスカートを穿いていて・・・

響子は出かける時、ちょっと短すぎると思ったけれど、時間がなかったので、スカートのことは言わずに仕事に出かけてしまいました。

だから、私のせいだ・・・

そう双葉に話しました。

犯人はロリコンで、殺される前、亜季はもう一つの被害にあっていたと、響子は思い込んでいました。

それを察した双葉は慌てて、洋貴の所に戻り、「お母さんを救ってあげてください」と頼みました。

父でも兄でもなく、お母さんだから・・・(この理屈、よく分からなかったです)(^^;)

 

2人は、警察に行き、昔の供述調書を見せて欲しいと頼みました。

でも、5年間の物しか残っていないとのこと。

それにあったとしても見せられないそうです。

その会話を聞いていた別の事件の被害者家族の藤村五月(倉科カナ)が2人に話しかけてきました。

五月は、知り合いから手に入るかもしれないと言い、頼んでくれました。

そして、本当に、手に入りました。

それを見ると、亜季ちゃんは乱暴されてはおらず、頭を殴られて即死だったようです。

その後、三日月山の湖に捨てられました。

それを響子に伝え、お母さんのせいじゃないと、洋貴は言いました。

洋貴自身も自分があの日、亜季の面倒をちゃんとみてあげなかったから、自分のせいだと言い、母に謝りました。

響子は、あなたのせいじゃないと、ちゃんと否定してくれました。

否定してくれて良かったです♪

結局、響子も、亡くなった父・達彦(江本明)も、洋貴も3人共、亜季の死を自分のせいだと思って、15年間、自分を責め続けてきたのでした。

被害者家族なのに、まるで加害者のようで、辛いですね。

 

一方、加害者側の双葉の家族は、両親が離婚したとはいえ、加害者家族と差別されないように、父が気遣って姓を変えさせるための形式上の離婚だったので、家族の仲はとてもいいです。

もし、響子が嫌がらせをしなければ、双葉の家族は、もう事件のことは忘れて、幸せになっていたかもしれません。

もう15年も経ちましたから。

そういう意味で、不幸せな響子は、この家族を幸せにはしたくない、羨ましい、妬ましいということもあったかもしれませんね。

響子のお陰で、双葉も父の三崎駿輔(時任三郎)も、勤務先にFAXが届いてクビになったり、彼氏に別れを告げられたり、無言電話が何度も来たり、近所にも知られて、何度も引越さなければならなくなったり・・・

もうどちらが被害者で、どちらが加害者か分からない状態です(汗)

 

洋貴の弟・耕平(田中圭)は、母がそういうことをしていることを知っていたそうです。

でも、それが母の生き甲斐だからと黙認してきました。

でも、洋貴は前述の通り、双葉と一緒に頑張り、母の心の苦しみを説いて、嫌がらせをやめるよう、言いました。

これで、響子は少しは解放されたでしょうか?

彼女は、やめないと言いましたが、やはりそう簡単にやめられないかもしれませんね。

 

一方、殺人者、雨宮健二(三崎文哉)(風間俊介)の勤める果樹園農家に、彼の本名を知る女性が勤め始めました。

この女性、もしかしたら、五月が話していた知り合いのマスコミ関係者じゃないでしょうか?

文哉のことを記事にしたいのでは?(単なる推測です)

 

とにかく、なぜ文哉が亜季を殺したのかとか、まだいろいろ謎が多いですね。

15年経っても、耕平以外、皆が幸せになれていない状況ですが、キーはやはり文哉にあると思います。

文哉がかつて双葉を殺そうとしたことがあるというのも、理由がよく分からないし・・・

もしもその時、私が殺されてたら亜季ちゃんは殺されなかったかもと、双葉は言いましたが、被害者が2人になっただけではないかと思います(^^;)

これから、どういう方向に話が進んでいくのか、次回も楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移】 (関東地区)

[第1話]10.6%  [第2話]9.2%  [第3話]7.4%

 

【脚本】 坂元裕二 (「東京ラブストーリー」、「Mother」など)

【主題歌】 小田和正 『東京の空』

 

【第3話粗筋】

祭りの夜、深見洋貴(瑛太)と遠山双葉(満島ひかり)は、洋貴の母・響子(大竹しのぶ)、と弟の耕平(田中圭)の嫁・日垣由佳(村川絵梨)と出くわしてしまう。洋貴は双葉に響子を母だと紹介。しかし、響子の動揺を恐れた洋貴は、双葉が何者かは言わなかった。再び2人になると、洋貴は響子が自分を許していないと双葉に話す。そんな洋貴に、双葉は自分の家族が嫌がらせを受けていると打ち明けた。知り合うまでは洋貴を疑っていたという双葉。洋貴には、嫌な予感が走る。  遠山家は引っ越したのだが、嫌がらせが終わる気配はない。そんな時、バイトの面接帰りに双葉は響子と会い、ボウリングに誘われる。  その頃、洋貴は耕平から、響子がおかしな行動をとっていることを教えられる。  耕平が帰った後、湖でつり客の世話をした洋貴が店に戻ると双葉と響子が来ていた。洋貴は双葉を帰らせると、今度は響子におかしな行動はやめるように言う。しかし、響子はやめるわけないと言い放って出て行ってしまう。  店の近くで佇んでいた双葉は、再び響子と会う。そしてバスを待つベンチで双葉は、響子が抱える、亡き娘への思いを知る事に...。

 

【主要キャスト】

深見洋貴(29)・・・瑛太(被害者の兄)

遠山(三崎)双葉(25)・・・満島ひかり(加害者の妹)

 

雨宮健二(三崎文哉)(29)・・・風間俊介(双葉の兄。)

   (友人・洋貴の妹を殺害。少年院を出た後、改名)

三崎駿輔(54)・・・時任三郎(双葉の父。

   (別姓で生活した方が良いと家族のため書類上、離婚。一緒に暮らしている)

遠山(三崎)隆美(55)・・・風吹ジュン(双葉の母)

遠山(三崎)灯里(15)・・・福田麻由子(双葉の妹。事件直後に生まれた)

 

深見達彦(55)・・・柄本明(洋貴の父。ガンで第1話で死亡)

野本(深見)響子(55)・・・大竹しのぶ(洋貴の母。夫を憎み離婚。

           洋貴の弟・耕平が婿入りした日垣家で同居中)

日垣(深見)耕平(26)・・・田中圭(洋貴の弟)

深見亜季(享年7)・・・信太真妃(洋貴の妹。15年前殺された)

 

その他

佐藤江梨子  村川絵梨  倉科カナ  段田安則  小野武彦  安藤サクラ  ほか

 

公式HP・人物相関図

公式HP・次回予告

 


[CD] 辻井伸行(音楽)/それでも、生きてゆく オリジナル・サウンドトラック

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ        人気ブログランキングへ

にほんブログ村     人気ブログランキング

どうか応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【おひさま】第95回「三婆」 | トップページ | 【おひさま】第96回「陽子の子」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52283473

この記事へのトラックバック一覧です: 【それでも、生きてゆく】第3話と視聴率「お母さんだから・・・」:

» 【それでも、生きてゆく】第3話と視聴率「お... [ショコラの日記帳]
第3話の視聴率は7.4%(関東地区)でした。初回は10.6%で、それから続落。数字的には、ちょっと厳しいですね(汗)でも、私は結構、嵌まっています♪やたら重くて切ないのですが、主... [続きを読む]

» それでも、生きてゆく #03 [ぐ〜たらにっき]
『お母さんだから…』 [続きを読む]

» それでも、生きてゆく・第3話 [山吹色きなこ庵・きままにコラム]
すごく・・・いいです。 グングン引き込まれました。。。 母、響子が絡んできて、地 [続きを読む]

» それでも、生きてゆく 第3話:お母さんだから… [あるがまま・・・]
不気味…{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜 あの新しく農場にやってきた女って何者? 文哉の名前を知ってるって事は、文哉が過去に仕出かした事も知ってるんですよね。 しかも、「あたしは貴方の事を知ってるのよ」という雰囲気を遠回しに伝えるのが 不気味だわー。何...... [続きを読む]

» 「それでも、生きていく」 第3話 お母さんだから・・・ [トリ猫家族]
 さて、洋貴(瑛太)は双葉(満島ひかり)とのお祭りデートふうに歩いてるとこで、、母・響子(大竹しのぶ)に会ってしまったわけだ・・・・ もちろん、紹介することなんてでき ... [続きを読む]

» それでも、生きてゆく 第3話 お母さんだから… [レベル999のgoo部屋]
『お母さんだから…』 内容 祭の場にやって来た洋貴(瑛太)と双葉(満島ひかり) そこで母・響子(大竹しのぶ)と弟・耕平(田中圭)の嫁・由佳(村川絵梨)と 出会ってしまう。 洋貴は、母の動揺を恐れ、双葉のことは告げなかった。 「あの人僕のこと許していない」 と...... [続きを読む]

» 【それでも、生きてゆく】第3話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
「どうして短いスカート買ってくれないの?」って亜季に聞かれるたんびに いつも私ね、「膝小僧さん守るためよ」って。 転んでも擦りむかないでしょって。 だから、亜季の膝、いっつも奇麗だったの。 こ...... [続きを読む]

» それでも、生きていく〜彼らが過去から解放される日は来るのか? [平成エンタメ研究所]
 「どうして短いスカートを履かせちゃったんだろう」  第3話での響子(大竹しのぶ)のせりふ。  響子は15年間、ずっとこの言葉を問い続けて自分を責めてきたんですね。  言葉を換えれば、過去に縛られてきた。  そして、この作品の登場人物たちは皆、過去に縛られ...... [続きを読む]

« 【おひさま】第95回「三婆」 | トップページ | 【おひさま】第96回「陽子の子」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30