無料ブログはココログ

« 【おひさま】第103回「松本駅火事」 | トップページ | 【おひさま】第104回「肺炎」 »

2011年8月 1日 (月)

【江】第29回と視聴率「最悪の夫」

第29回の視聴率は、前回の18.9%より下がって、17.4%でした。

今回、久々に良かったと思ったのに、残念です。

江の嫁入り、完ちゃん、結局、置いて行かれることになってしまいました。

「母上」と叫びながら、江を探し回るところは、思わず、涙ぐんでしまいました。

先週、もっと完と江との母娘の愛を描いていれば、一層感動できたかもしれません。

先々週、生まれたばかりの完をなかなか抱けなくて、

先週、完を放って秀次のことばかりだったので、

本当に完が大切なのか、とってつけたような感じもして、それが少し残念でした。

ただ、秀忠との結婚になぜ、完を連れて行かなかったのか疑問だったので、その理由が分かって良かったです。

 

秀吉は、江に徳川家康の嫡男・秀忠に嫁入りするよう、命じました。

江は断りましたが、初が説得に来ました。

そして、石田三成中心にどんどん婚礼の準備が進みました。

一方、秀忠は家康に婚礼を命じられて、いつものように、嫌みを言いましたが、承諾しました。

秀忠「分かりました。お受け致します。

 誰と一緒になろうと、私の人生は父上の御意のままですから」

 

江の元に、家康が直接、嫁に来て欲しいと頼みに来ました。

自分と秀忠が不仲なことまで話し、江に頼みました。

家康「あなたは、腹の中を隠さず、臆せず、はっきり仰る。

 ところが、秀忠は腹の中を見せませぬ。

 何を考えているのか、さっぱり分からず、手応えは得られませぬ。

 秀忠の本心をあなたに引き出してもらいたいのです」

江「無理です。とても私になど・・・

 なぜ、そこまでこの私を?」

家康「はあ・・・なぜでしょうな。

 私にも、分からぬが、あなたは宝を持っているような気がする。

 その宝を我が徳川家に下さらぬか?

 この通りにござる」と、江に頭を下げました。

 

江は、それで、嫁ぐことを決意しました。

家康が、完を連れて行ってもいいと言ったし、

「あなたは宝を持っているような気がする」と、叔父上・信長と同じことを言ったので、叔父上に嫁に行くよう言われているような気がしたそうです。

娘・完と共に、徳川家に行く準備をしました。

ところが・・・

 

石田三成が淀に、完を預かることを助言。

完は秀勝の血を継いだ豊臣の子。

もし、拾いに何かあれば、完は豊臣家の血筋として重要。

拾いに何かあったらと言ったので、怒った淀ではありましたが・・・

「豊臣の母」として・・・と三成に言われたことが淀を動かしました。

秀吉が江に言いました。

秀吉「お完のことじゃが・・・置いていけ」

江「?!」

秀吉「何と言うても、秀忠は若い。 それに初婚ぞ。

 いきなり子がおるというのは・・・」

 

驚いた江は、この婚儀を辞めると言いました。

でも、淀が江を説得しました。

淀「江、この話を持ち出したのは、私じゃ。

 完は、そなたの子であると共に、亡くなりし秀勝様のお子。

 つまりは豊臣の子じゃ。

 徳川へ連れて行く訳にはいくまい」

江「完を置いていけとは、姉上の本心からのお言葉ですか?」

淀「そうじゃ」

江「子を持つ女子の思いを知った上でのことだと?」

淀「ああ」

江「姉上は、豊臣の人になってしまわれたのですね」

江は、再び断りました。

 

その夜、三成が江の元に来ました。

そして、完を置いていけと言ったのは自分だと言いました。

江「全ては豊臣のためと言いたいのでしょう」

そう三成に言ったものの、光成があまりに淀を庇うので・・・

江「似合わぬことをするものじゃな。

 そなた、もしや・・・」

そこへ淀が来て、三成は「下がれ」と言われてしまいました。

三成は、淀が好きなのでしょう♪

 

淀は、江と2人きりで、本音の話をしました。

江「完を連れて行かせて下さい」

淀「それだけは駄目じゃ」

江「なぜですか?」

淀「完のためじゃ」

江「完のため?」

淀「この乱世、世の中がどう動いていくか分からぬ。

 もし、この先、豊臣と徳川、互いに争うことがあったら」

江「まさか、そのような・・・」

淀「我ら姉妹、そうした世の中の有り様を見てきたではないか。

 万が一、そのようなことになった時、完はどうなる?

 豊臣の父を持つ完は、徳川では敵とみなされても仕方がないのだぞ。

 かつての我らもそうであった。

 母上が叔父上を裏切ったことで、息の詰まるような毎日を強いられたものじゃ。

 それ以上の苦しみを完は背負うことになるやもしれぬ。

 今はただ、別れが辛かろう。

 されど、長い先のことを思えば、これが完のためになるのだぞ」

 

江が婚礼のために旅立つ日になりました。

一人置いていかれて、「母上」と叫びながら母を探し回る完。

旅立つ江と、探し回る完に被せて、江と淀の会話の続きの回想。

江「姉上は完を姉上の子として、育てて下さりまするか?」

淀「ああ・・・無論じゃ」

江「命を懸けて、守って下さいますか?」

淀「守る・・・守るとも。

 心を定めてくれたのか。

 完は江の子じゃ。

 いつでも会いにくればよい。

 会いたい時にな」

江「いいえ、私はもう完とは会いません。

 もう2度と会わぬと、それぐらいの覚悟をせねば、完と別れることなどできません」

淀「江・・・」

江、淀の胸で泣く。

 

母を探し回る完。

淀の部屋に辿り着きました。

完「伯母上、母上はどちらですか?」

淀「母上は・・・そなたの母は、今日からこの私じゃ」

完「伯母上は母上ではありません。

 母上、母上~」

淀、完を抱きしめる。

完、淀の胸で泣く。

 

完を巡る、さまざまな思いが切なかったです。

確かに、徳川と豊臣は敵対する可能性もあるんだから、完ちゃん、豊臣家に残った方が良かったのかもしれませんね。

秀勝は病死し、秀次は殺してしまい、豊臣家は血筋が少ないですし、そういう意味でも完を確保するのは大切だったでしょう。

結果的に、その後、両者は敵対。

拾い(秀頼)亡き後も、完が豊臣の血筋を残したようです。

この時は淋しかったでしょうけれど、その後、完(完子)は、13歳で、公家の九条忠栄にお嫁入りして、幸せになったみたいです♪

 

文禄4年(1595)9月17日、江(23歳)は、徳川秀忠(17歳)と結婚しました。

江にとっては3度目、秀忠は初めての結婚です。

第23回で、秀忠が11歳だった時、秀吉の養女で織田信雄の娘(小姫)、5歳と縁組が決まったと言いましたが、あれは破談になったんでしょうか?

 

秀忠「しかし、まさか、あなたを妻にしようとはなあ」

勿論、江も同様の気持ちです(^^;)

新婚初夜に、秀忠は江に言いました。

秀忠「これは勝負です。

 夫婦になることを先に望んだ方が負けですからね」

なんだか変人同士で、「割れ蓋に閉じ蓋」って感じで、お似合いな気もします(^^;)

 

来週は、火事になって、秀忠が助けに来てくれそうですね♪

これで2人、仲良くなるでしょうか?

カッコいい秀忠が見られることを期待しています♪(^^)

 

【第29回粗筋】  (Yahooテレビより)

江(上野樹里)は、秀忠(向井理)に嫁げという秀吉(岸谷五朗)の命令を拒み続けていたが、家康(北大路欣也)の真摯な言葉に動かされ、「娘・完を連れていけるなら」と、いったんは婚儀を受け入れる。しかし姉・淀(宮沢りえ)の「完を置いていけ」という提案に失望し、再び婚儀を拒否する。淀は「完のため」という真意を語り、江の覚悟を促す。江は「姉上が、命がけで完を守ってくれるなら」と、娘との今生の別れを決意する。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

[第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

[第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

[第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

[第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%  [第27回]15.3%  [第28回]18.9%

[第29回]17.4%

第20回以前のレビューは、第21回から飛んで下さい。全回レビューあります。

 

公式HP(次回粗筋)

公式HP(江3度目の結婚!現代とは異なる結婚観)

公式HP(かかあ天下?江と秀忠の関係)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ

どうか応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【おひさま】第103回「松本駅火事」 | トップページ | 【おひさま】第104回「肺炎」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

番組冒頭のタンゴ調の音楽に、この脚本に演出もついに開き直ったか?と思いましたが、別に軽快なコメディ風の大河があっても悪くありません。ただ事態は余りにシビアーで、最後は涙の別れ…。どうにもわかりません。

完チャンを茶々が引き取るには隠されたテーマがあると思います。茶々には浅井家の血筋を絶やすまいと懸命に努力した形跡があるのですね。浅井家の男の子はみんな殺されてしまい、三姉妹の祖母は毎日一本ずつ指を切られるという凄惨な殺され方をします。(信長を裏切るとはそういうことです。)

江の子供は当然・浅井長政の血筋を引いています。富強を極めた豊臣家は絶え、徳川宗家も実質的には繋がらす、九条家に嫁いだ完チャンを通じて織田・浅井の血筋が残ることになるのですから、歴史とは本当に不思議なものです。

なお、秀忠の許嫁だった小姫は幼くして亡くなっています。

豊臣の時代になって、生き延びた浅井の血縁者や旧臣はようやく人心地ついたところ、(信長による残党狩りは過酷なものでしたが、豊臣とその系統の大名は浅井の旧臣を徐々に採用してくれています。)茶々は父母になりかわって他の姉妹を守ろうとし、また近江の旧領の人々に対して深い思いがあったのですよ。

それを自分の個人的な感情だけで秀吉を呼び捨てにし・敵呼ばわり、本当に愚かな姫君ですね。

>レッドバロンさん

コメント、ありがとうございます♪

完ちゃんのその後については、確かにその通りですね。

小姫は、秀忠と結婚して離縁した後で、幼くして亡くなっったとか、別の人と再婚したとか、こちらもいろいろな説があるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52366198

この記事へのトラックバック一覧です: 【江】第29回と視聴率「最悪の夫」:

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第29回 [日々“是”精進! ver.A]
三度目の結婚・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107310002/ 江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.07.28 NHK出版 (2011-05-31) 売り上げランキ... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「江」 #29 最悪の夫 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
このドラマでの秀忠の描き方に違和感を感じているのは私だけでしょうか? そこからつながる今回のタイトルに対する違和感…。 う~ん。 [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第29話「最悪の夫」 [坂の上のサインボード]
 お江が豊臣秀吉の命により、徳川家康の三男・徳川秀忠のもとに輿入れしたのは、文禄4年(1595年)9月。前夫である豊臣秀勝の死から3年後のことであった。このとき、お江23歳、秀忠17歳。同時代の武将、大名が年上の正室を迎えた事例は皆無ではないが、お江のように6歳も年上の正室というのは稀といっていい。現代の感覚でいえば、4年制大学を卒業したOL1年生の大人の女性と、まだ子供っぽさが拭いきれない高校2年生の少年の夫婦である。実際には、もっと歳の差が感じられたかもしれない。23歳といってもお江は、バツ2の... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第二十九回 [レベル999のgoo部屋]
『最悪の夫』 内容 秀吉(岸谷五朗)に、秀忠(向井理)のもとへ嫁ぐよう命じられた江(上野樹里) 「誰があの秀忠などと」 と拒絶。 「私は秀吉の道具とされることが我慢ならぬ」と三成(萩原聖人)に伝える。 一方、父・家康(北大路欣也)から、江との婚姻を告げられ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆29江は家康直々の説得を受け入れ三成の策略で娘定との苦渋の別れをして徳川家に嫁入りした [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第29話は江が秀忠に嫁入りする事になるが、江は納得せず断り続けていた。そんな中江の元に家康が訪れ、秀忠の嫁になってほしいと言われるが、 ... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜第二十八話 最悪の夫 [V36スカイラインクーペが欲しい!]
向井理の秀忠は気にいらないが、向井理ナレーションの摩周湖の霧のNHKスペシャルは気に入った 前々から言っているが、秀忠は、妻(上野樹里)と父家康(北大路欣也)には従順 ... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第28話(7.31) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
徳川秀忠@向井理に嫁ぐことになった江@上野樹里が 娘完と引き離されてしまったという話 引き裂かれた母娘が哀れだったなあ 江は秀忠と再婚してからも、幼い娘たちと引き離されるわけで・・・ 完役の子役の演技が自然だったのもよかった。こういう切ない話は好きだ。 豊臣秀勝との夫婦愛がしっかり描けていたら、もっと悲しみに浸れたのにのう。 徳川家に輿入れした江・・・ 江は織田家の血を引き、豊臣家→徳川家の一員となった稀有な女性ですな。 今回『最悪の夫』というタイトルでしたが、 秀忠、口は悪いけど江のことを気遣っ... [続きを読む]

» 【江〜姫たちの戦国〜】第二十九回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
江(上野樹里)は、秀忠(向井理)に嫁げという秀吉(岸谷五朗)の命令を 拒み続けていたが、家康(北大路欣也)の真摯な言葉に動かされ、 「娘・完を連れていけるなら」と、いったんは婚儀を受け入れる。...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第29話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
3度目の正直---------------------!?でも、そんな結婚、承諾するはずがない江。秀吉の道具になることはイヤだと。でも秀忠の方は、自分は所詮父の道具とばかりに、拒否は許されないのだ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第29話 感想「最悪な夫」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
3度目の正直---------------------!? でも、そんな結婚、承諾するはずがない江。 秀吉の道具になることはイヤだと。 でも秀忠の方は、自分は所詮父の道具とばかりに、拒否は許されないのだろうと、承諾する。 「私の人生は父上の御意のままですからね」 ...... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第29話 感想「最悪の夫」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
江〜姫たちの戦国〜ですが、江(上野樹里)は豊臣秀吉(岸谷五朗)の命により徳川家康(北大路欣也)の後継者・徳川秀忠(向井理)に嫁ぐことになります。江は理不尽な秀吉にこれ以上従うつもりもなく、秀吉の忠臣かつ佞臣・石田三成(萩原聖人)にも冷淡です。三成は市にも淀君(宮沢りえ)にも蛇蝎の如く忌み嫌われており、冷遇され続けますが、手の平に忍の一字を刻み、江の意思とは関係なく勝手に婚礼の準備を進めます。既成事実さえ作っておけば、後はどうにでもなるものです。 豊臣家の母である淀の妹・江が徳川家に嫁げば両家の絆は... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.29最悪の夫 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第29回「最悪の夫」 【あらすじ】 江(上野樹里)は、秀忠(向井理)に嫁げという秀吉(岸谷五朗)... [続きを読む]

» ゲゲゲの『江〜姫たちの戦国』第29話と、ガッカリ『テンペスト』第3話 [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
『江〜姫たちの戦国』第29話と NHK BS時代劇『テンペスト』第3話 【 江〜姫たちの戦国 】 江ちゃん(上野樹里)との縁談に、秀忠(向井理)は投げやりな感じで「父上の御意のまま」と二度繰り返してた・・・。 大物の父親を持つ息子の屈折した感じなのか、どうせ父親の言うことを聞かざるを得ないから達観してるのかなぁ。 −◆− 秀忠に嫁げという眉なし秀吉(岸谷五朗)の命令を拒み続けていた江ちゃんにもとに、家康(北大路欣也)がやってきて、嫁に来てもらいたいとお願いしちゃう。 家康は「こ... [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国〜』 第29回「最悪の夫」 [ふるゆきホビー館]
nbsp;またも秀吉の都合による婚儀の指示にがまんならない江は、かたくなに拒否姿勢をとります。すると、なぜか初が来て気乗りしない説得をはじめましたが・・・・・・。当然これも江は拒絶しますが、初が秀吉の指令にしたがうのは高次のため?いや、より正確には今度の大津6万石移封に決まったことのためのようです。あきれた江は、さらに頑固になったものの、今度はもっと大物が来ました。それは、秀忠の父であり徳川家の当主の家康そのひと。江とは、伊賀越え以来の戦友(?)でもあります・・・って、そんな大物が熱心に説... [続きを読む]

« 【おひさま】第103回「松本駅火事」 | トップページ | 【おひさま】第104回「肺炎」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31