無料ブログはココログ

« 【おひさま】第139回「百白花開店」&十五夜♪ | トップページ | 【おひさま】第140回「1度だけのお願い」 »

2011年9月12日 (月)

【江】第35回と視聴率「幻の関が原」&「清盛」大規模な海上ロケ

来年のNHK大河ドラマ「平清盛」の撮影が11日、広島県呉市で行われ、全長約22メートルの船を用いた大河ドラマ史上最大規模の海上ロケだったそうです。

「江」はロケが少なくて、こじんまりしている感じですが、次回の「平清盛」は、スケールの大きなドラマになりそうです。

来年は、「坂の上の雲」もなくて、12月までやる予定なので、制作費も余裕あるのかも?

詳しくは、Yahooニュースで。

 

第35回の視聴率は、前回の17.8%より下がって、15.4%でした。

BS1で、なでしこJAPANの中国戦があったので、下がったのは仕方ないでしょう。å

 

今回の「江」、珍しく、ロケが多くて、ちゃんと戦いのシーンも少し出て来て、お金と手間がかかっている感じでした♪(^^)

秀忠にとって、幻の関が原となってしまいました(汗)

有名な関が原の合戦を前にして、戦いのことが中心で、江があまり出てこなかったので、良かったです♪(^^)

 

秀忠が、関が原にまっすぐ行かず、途中で、真田昌幸(藤波辰爾)・幸村(浜田学)親子の上田城攻めを行って、戦上手の幸村に予想外に苦戦して、関が原に遅れてしまったのは有名ですね。

秀忠は、3万8000の軍勢を率いていて、真田軍はせいぜい2,000ほどの軍勢。

簡単に勝てると思ったのに、苦戦してしまい、偽りの和平交渉で2日、その後の城攻めは成果のないまま4日、計6日も足止めをくらってしまいました。

秀忠の判断ミスです。

でも、このドラマでは、6日も足止めされたようには見えず、すぐに諦めて、関が原に向かったように見えました(^^;)

行く途中の道で苦労して遅れたように見えました(^^;)

秀忠があまり悪くないように、擁護してあったような感じでした(^^;)

 

今回、一番、大変だったのは、初の京極家ですね。

姉・淀の三成軍に着くか、妹・江の徳川方に付くか、迷いに迷いました。

高次、優柔不断ですね(^^;)

どちらも攻められない高次は西軍を離脱し、大津城に立てこもりました。

それを知った淀は、使者をたてて、高次が三成につくよう説得を試みました。

でも、高次の意志は変わらず、西軍は大津城を取り囲み・・・

初も戦の格好をして、頑張りました。

でも、攻められて、絶体絶命。

高次は、諦めて、自害するかと思いましたが・・・

髷を切り、出家し、高野山に入ることを決意しました(^^)

自害でなくて良かったです。

出家で、なんとかなるんですね(^^;)

 

9月15日、関ヶ原で、三成の西軍と、家康の東軍の戦いが幕を開けましたが・・・

秀忠は、まだ戦の場所へ着きませんでした(汗)

家康より沢山の軍勢を率いていたそうですが、遅参するとは屈辱的ですね(^^;)

やっぱり秀忠は戦には向かないかも?(^^;)

でも、政の力は多分あると思うので、平和になれば、活躍してくれるでしょう(^^)

江と共に、秀忠が心配な回でした。

 

次回は、「男の覚悟」。

関が原の勝敗は?

遅れた秀忠、家康からどう怒られるか心配です。。。

 

【第35回粗筋】 (公式HPより)

慶長5年(1600)、男たちが出陣し静かになった江戸城で、江(上野樹里)は秀忠(向井理)の無事の帰還をひたすら願っていた。
 三成(萩原聖人)の挙兵を知った家康(北大路欣也)は、上杉攻めを中止。下野の小山に諸大名を集め、「人質を取られている方々が三成につくのを邪魔立てせぬ」と告げる。これに対し、諸大名は次々に「打倒三成」の声を上げ、家康のねらいどおり東軍の結束は固まる。
 家康軍とは別に中山道を進むことになった秀忠は、家康に呼応せず上田城に引きこもった真田昌幸(藤波辰爾)・幸村(浜田学)親子が気になっていた。功を挙げて家康を見返したい秀忠は、本多正信(草刈正雄)の制止も聞かず上田城攻めを指示。しかし、戦上手の幸村に苦戦を強いられる。
 一方、大津では京極高次(斎藤工)と妻・初(水川あさみ)が、豊臣と徳川の板挟みにあい苦境に立たされていた。どちらも攻められない高次は西軍を離脱し、大津城に立てこもる。それを知った大坂城の淀(宮沢りえ)は使者をたて、高次が三成につくよう説得を試みる。しかし高次の意志は変わらず、西軍は大津城を取り囲む。初にとって人生で3度目の籠城戦を経て、何とか西軍をしのいだ高次は、出家し高野山に入ることを決意する。
 9月15日、関ヶ原で両軍の戦いが幕を開けようとしていた。しかし、秀忠は、まだ決戦の場にたどり着けず...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

[第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

[第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

[第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

[第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%  [第27回]15.3%  [第28回]18.9%

第29回]17.4%  [第30回]17.6%  [第31回]13.1%  [第32回]15.4%

第33回]15.6%  [第34回]17.8%  [第35回]15.4%

第20回以前のレビューは、第21回から飛んで下さい。全回レビューあります。

 

公式HP(次回粗筋)

公式HP(目立たない功績!秀忠のお仕事)

公式HP(痛恨の失態!秀忠遅参の理由)

公式HP(合戦に遅れた秀忠!家康に怒られたってホント?)

 

向井理さんの「スタパ」と高良健吾さんの「あさイチ」など(2011.9.9)

 


【送料無料】NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集(2011年11月25日発売)


【ポイント7倍】【商品到着後レビューを書いて送料無料!!】【新品】【漫画】江 姫たちの戦国 [1~3巻 全巻 最新刊] (著)暁かおり/田渕久美子-全巻読破.COM漫画全巻大人買い専門店

    

   

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

どうか応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 【おひさま】第139回「百白花開店」&十五夜♪ | トップページ | 【おひさま】第140回「1度だけのお願い」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お加減悪いのに 更新有難うございました。

「江」視聴率は、なでしこ戦にもっと喰われるかと思いましたが、あちらは半ば消化試合でしたからね。

水川あさみさん、鎧姿で凛々しく登場し、恰好良かったですね。だから最初から中級河川ドラマ
「初」にしとけば良かったんです。立場上、一番フットワーク軽いし、お城も小さくて経済的だし。

今までお菓子持たされて、スイーツ遊戯一本槍で、ホントに阿呆じゃなかった、可哀そうな子でしたもの。

普通なら 旦那さんは城主として切腹モノですが、茶々さんが裏から手を回したのですね。ホント、茶々さんはいい人で…(涙)

秀忠君は 大坂の陣の時においては、今度こそ遅れてはならじと急ぎに急ぎ、到着しても暫く兵を休ませねばならず、で、また怒られます。

ドジだけど真面目で、父親の目から見たら、可愛いかもしれませんね。

勿論、このドラマのように、ひねくれてたら駄目ですけど。

>レッドバロンさんへ

お気遣い、どうもありがとうございます♪
視聴率、仰る通り、消化試合だったせいか、あまり食われなくて良かったですね。

水川あさみさん、鎧姿で、格好良かったです♪(^^)
関が原で、京極家はあまり描かれないそうですが、今回、こちらが中心に出てきたのは良かったです♪

淀は本当にいい人ですね♪
後に、自害することになってしまって、お気の毒です。

秀忠は、戦が苦手なようで、これからまだまだ暫く大変でしょうね(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52713367

この記事へのトラックバック一覧です: 【江】第35回と視聴率「幻の関が原」&「清盛」大規模な海上ロケ:

» 【江】第35回と視聴率「幻の関が原」&「清... [ショコラの日記帳]
来年のNHK大河ドラマ「平清盛」の撮影が11日、広島県呉市で行われ、全長約22メートルの船を用いた大河ドラマ史上最大規模の海上ロケだったそうです。「江」はロケが少なくて、こじん... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第三十五回 [レベル999のgoo部屋]
『幻の関ヶ原』 内容 父・家康(北大路欣也)より、上杉攻めの総大将を命じられた秀忠(向井理) 江(上野樹里)は、、、秀忠の無事を願うのみだった 一方、江戸へ向かった家康の挙兵を知った三成(萩原聖人)は、 挙兵し、家康の伏見城を襲撃。 そして三成は、毛利輝...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「江」 #35 幻の関ヶ原 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
大姥局、誰もいないところで張り切っていますが…。 そして、今回は「間に合わなかった」関ヶ原…。 [続きを読む]

» 朝ドラ「おひさま」〜主人公・陽子は普通の人 [∞非線形なつぶやき∞]
 特番やなでしこなどのスポーツ番組をのぞけば、ずっと視聴率1位を独走しています。確かにストーリーもいいですが、特にキャスティングがいいと思います。 そもそも何年もテレビはほとんど見ていないので、井上真央さんが出演するドラマは初めてですが、なかなかいい女優さんだと思っています。特に満島ひかりさんは大発見です。注目の女優さんになりました。 樋口可南子さんもいい味出しています。大昔、映画「もどり川」で見たきりです。連城三紀彦さんの原作を読んで良かったので、映画を見たという感じでした。 「おひさま」もあと1... [続きを読む]

» 「江 ~姫たちの戦国~」 第35回、幻の関ヶ原 [センゴク雑記]
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国」。第35回、幻の関ヶ原。 上杉征伐を取りやめ、関ヶ原の戦いへ。 珍しく初が活躍? [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第35話(9.11) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
徳川家康@北大路欣也と石田三成@萩原聖人が関ヶ原で激突した頃、 どちらに味方すべきか迷った末、東軍についた京極高次@斎藤工は 大津城に籠城するも、西軍の猛攻の前に降服して出家、 上田城を攻めあぐねた徳川秀忠@向井理は 急ぎ関ヶ原へ向うも、時すでに遅かった・・・という話 迷いに迷って東軍に味方することにしたけど、信念や深謀遠慮は感じられず、 ピンチになると結構あっさり降服→出家してたのが京極高次らしかった この大河、大津城攻防戦が描かれるのが楽しみで観てきました。満足だ。 高次の背信は、小早川の裏切り... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35回 [日々“是”精進!]
  第三十五回「幻の関ヶ原」上杉攻めに男性たちが出陣し静かになった江戸城で、江は秀忠が無事に帰ることをひたすら願う。三成の挙兵を知った家康は上杉攻めを中止して下野の小山... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第35回 [日々“是”精進! ver.A]
秀忠、到着せず・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109110004/ NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~其ノ二 posted with amazlet at 11.09.08 吉俣良 ポニーキャニオン (2011-... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第35回「幻の関ヶ原」 [平成エンタメ研究所]
 今回は初(水川あさみ)の見せ場。  大津城を明け渡せという三成の使者には「まずは私を斬りなされ!」  高台院(大竹しのぶ)の使者には「これは夫の定めしこと。たとえ命絶えようと、私は夫に従います!」  いくさ場では気丈。怖れおののく義姉・龍子(鈴木砂羽)...... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国史 第35話 [昼寝の時間]
公式サイト さすがに小山までは行けなかった江(苦笑)。 上田城攻めは、真田親子か [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.35幻の関が原 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第35回「幻の関が原」 【あらすじ】 慶長5年(1600)、男たちが出陣し静かになった江戸城で、江... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~第35回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
幻だった?‥‥‥(^^;)さっき予告見て そう思いました(^^;)第35回「幻の関ヶ原」感想です。いや~~~ 関ヶ原も幻になりそうなんですけど真田親子ももしかして今日だけの登場でしたか... [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国〜』 第35回「幻の関ヶ原」 [ふるゆきホビー館]
nbsp;大坂で石田三成が挙兵したとの知らせは、上杉攻めに向かう家康軍の陣中に届きました。小山で諸将を集め、軍議を開いてこのことを発表した家康は、堂々と宣言します。「大坂には諸将の人質もあり、ここから兵を引いてもジャマ立てはせぬ」と。ここで細川忠興が立ち、大坂屋敷のガラシャが死をもって抵抗したことを述べ、西へ進軍をと宣言。さらに、福島正則が人質をもかえりみない決起宣言をして、諸将の家康に対する結束は成りました。父の大芝居に内心で感嘆していた秀忠は、しかし一人の沈黙する青年武将を見出します。... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第35話「幻の関ヶ原」 [坂の上のサインボード]
 「天下分け目の関が原」  で知られる「関ヶ原の戦い」は、慶長5年(1600年)9月15日に、交通上の要衝であった美濃国不破郡関ヶ原で東西両軍約20万以上ともいわれる大軍が雌雄を決した戦いのことを指すが、その本戦を前後して他にも日本各地で東西両陣営による戦いが行われており、その局地戦の中でもとりわけ激しかったといわれるのが、お初の夫・京極高次が大津城に籠城した「大津城の戦い」である。  会津の上杉討伐を掲げて大阪を発った徳川家康が、その道中で大津城に立ち寄ったのは史実のとおり。その時点で関ヶ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
秀忠、出陣-------------------!!一方、三成もまた出陣を決める。京極はどちらにつくべきか迷い、女達は、ただ夫の無事を祈るしか出来ないのだった-------------。その頃、マリアの文からガ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第35話 感想「幻の関ケ原」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
秀忠、出陣-------------------!! 一方、三成もまた出陣を決める。 京極はどちらにつくべきか迷い、女達は、ただ夫の無事を祈るしか出来ないのだった-------------。 その頃、マリアの文からガラシャが亡くなったことを知る江。 「分からぬ、何も分からぬ----...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第35回... [徒然”腐”日記]
「江~姫たちの戦国~」公式サイト慶長5年(1600)、男たちが出陣し静かになった江戸城で、江(上野樹里)は秀忠(向井理)の無事の帰還をひたすら願っていた。 三成(萩原聖人)の挙兵を知っ... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第35回「幻の関ヶ原」 [みはいる・BのB]
『江』のお時間です。あらすじ・・・・ [続きを読む]

« 【おひさま】第139回「百白花開店」&十五夜♪ | トップページ | 【おひさま】第140回「1度だけのお願い」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31