無料ブログはココログ

« MステSPあゆ欠席はAKB48トリが一因? | トップページ | 【おひさま】第145回「多治見へ」 »

2011年9月19日 (月)

【江】第36回と視聴率「男の覚悟」

第36回の視聴率は、前回の15.4%より少し上がって、15.8%でした。

女中のなつ(朝倉あき)が秀忠の子、しかも男子を産んでしまいました。

「世継ぎ誕生」と大姥局は喜びましたが、江はショックで寝込んでしまいました。

 

秀忠は、恐妻家だったのか、側室が殆どいないようです。

でも、秀忠の男児を産んだ女性は、2人いるようです。

長男は、ドラマ通り、江の産んだ子ではないようです。

この長男・長丸は、(慶長5年(1600年)12月~慶長6年9月)、数えで2歳、実質9ヶ月位で亡くなっています。

一説には、お灸が元で亡くなったそうです。(「教えてgoo」より)

生後9ヶ月でお灸で死なんて、不審ですね(汗)

これは、『幕府祚胤伝』に『御早世被当御灸』とあるのが出典のようですが、真偽は定かではありません。

産んだ女性は、「家女」と記されていて、名前は定かではありません。

「家女」というのは、側室のことらしいです。

ということは、長男は側室が産んだのに、嫡男として認められなかった?

ドラマのようなやりとりがあったのでしょうか?(^^;)

 

ドラマ内では、なつが男子を産んだと聞いて、

江は、徳川の嫡男に代々受け継がれる「竹千代」の名前をつけないで欲しい。

自分が産んだ子が男子だったら、その子につけて欲しいと頼みました。

そして、もしも自分の産む子がまた姫だったら、離縁して欲しいと、秀忠に言いました。

1ヶ月後に、江は子供を産みました。

でも、また姫で、「勝」と江が名づけました。

秀忠は、なつと息子を城から出したと言いました。

屋敷などいろいろ与えて、生活には困らないようにしたとのこと。

自分の跡継ぎは、江の産んだ子のみだと告げ、離縁を思いとどまるよう江に懇願しました。

秀忠の自分への愛情を感じた江は、喜び、それを受け入れ、夫婦の絆は今まで以上に深まりました。

 

江は、なつの所に行き、なつの産んだ男児を抱いて

江「秀忠様の子か。 愛しいのお」

と言いました。

 

実際は、そんな風に思えず、悔しかったかもしれません。

更に、慶長16年(1611年)に、女中の静との間に、四男・幸松(保科正之)が生まれます。

この頃は、江も2人、男子を産んでいました。

それでも、静が側室になることはなく、幸松は保科家に養子として養育されたそうです。(Wikiより)

 

江は、男子を産むことを真剣に頑張る気になったようです。

江「次は必ず、男子をあげてみせるぞ。

 秀忠様のためにな」

 

大姥局も江のやる気に喜び、どうしたら男子が生まれるか、書物で調べて、虎の肉を食べたらいいとか、いろいろ指南しました。

 

男子を産みたいというのは、秀忠のためというより、自分のためですね。

あの子が嫡男では、江が困るから・・・

側室に嫡男を産まれてしまった初と、立場、少し似ていますね。

でも、秀忠はその子を嫡男とはしなかったので、江の立場は守られました。

「竹千代」という名前は、江が家光を産んだ時につけますが、その前に、「初姫」が生まれるので、まだ先です。

初姫は、江の姉の初と同じ名前ですが、初姫は京極家の養女になり、嫡男・京極忠高に嫁入りし、初の立場を守ります。

既に、初が何度も、子を欲しいと江に言って、伏線を張っていますね。

今回の後半は、なつが男子を産んだ事を乗り越え、江と秀忠の愛が深まりました♪

 

前半は、関が原の戦いの結末が描かれました。

結局、勝ったのは徳川の東軍でした。

秀忠は、関が原に遅れてしまったことを家康に詫びようとしましたが、会ってもらえませんでした。

3日後、ようやく会ってくれました。

勝ったことだし、本当は家康、あまり怒っていませんでした。

でも、他の人の手前、すぐに会うわけにはいかなかったようです。

 

京極高次は、高野山へ出家してしまいましたが・・・

家康は、大津城の篭城戦で、沢山の西軍を引き付けてくれたことを高く評価。

お礼と恩賞を言いに行きましたが、高次は出家から帰って来ず、初が応対しました。

夫が出家してしまって、初、どうなることかと思いましたが、すぐ戻ってきそうで、良かったです♪

 

三成は敗れて、近江の地に隠れていましたが、見つかって、徳川方に処刑されました。

秀忠と面会した時、「秀頼様と淀の方様をお守りください」と後を託しました。

大切な人のために、三成は全てをかけて戦ったようです。

勿論、その大切な人は淀ですね♪(^^)

そういう戦いもあるのだと、秀忠は思いました。

三成亡き後、淀と秀頼を支えたのは、大野治長(武田真治)でした。

 

次回は、「千姫の婚礼」

遂に、千姫役で、芦田愛菜ちゃん、登場です♪

千姫7歳、秀頼11歳での婚礼です。

楽しみです♪(^^)

 

【第36回粗筋】 (公式HPより)

関ヶ原の戦いは徳川方の勝利に終わり、江(上野樹里)のいる江戸城は沸き立つ。夫・秀忠(向井理)が戦に遅れたことを聞き、気がかりな江であったが、自身が妊娠していることに気づく。
 一方、秀忠は到着するも、父・家康(北大路欣也)に会ってもらえず、自分の失態を悔いていた。数日後、相対した父子は戦に関する考え方を巡って激しく衝突するも、側近の本多正信(草刈正雄)は秀忠が確実に成長したことを感じていた。
 そんななか、戦に敗れ近江の地に隠れていた三成(萩原聖人)が捕らえられる。対面した三成と秀忠はお互いを認め合い、三成は「秀頼様と淀の方様をお守りください」と後を託し、処刑される。
 江戸では、江が思いもよらない知らせを受けていた。女中・なつ(朝倉あき)が秀忠の子を産んだというのである。しかも男子であるという。「世継ぎ誕生」と喜ぶ大姥局(加賀まりこ)。江は、あまりのショックに寝込んでしまう。
 江戸に戻った秀忠は、大姥局からそのことを告げられ江に謝罪するが、江は自分が産む子がまた姫だったら離縁してくれと申し出る。
 生まれた子は女子だった。秀忠は、なつと息子を城から出し、自分の跡継ぎは江の産んだ子のみであると告げ、離縁を思いとどまるよう江に懇願する。夫の自分への愛情を感じた江はそれを受け入れ、夫婦の絆は今までにないほどに深まるのだった。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

[第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

[第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

[第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

[第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%  [第27回]15.3%  [第28回]18.9%

第29回]17.4%  [第30回]17.6%  [第31回]13.1%  [第32回]15.4%

第33回]15.6%  [第34回]17.8%  [第35回]15.4%  [第36回]15.8%

第20回以前のレビューは、第21回から飛んで下さい。全回レビューあります。

 

公式HP(次回粗筋)

公式HP(合戦に遅れた秀忠!家康に怒られたってホント?)

公式HP(7歳で?!江の娘・千姫の輿入れ)

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

どうか応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« MステSPあゆ欠席はAKB48トリが一因? | トップページ | 【おひさま】第145回「多治見へ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

人は善だけではないし悪だけではないという人間的な面を今の大河に出して欲しいです。
今の大河は女を綺麗に描きすぎてます。
悪の象徴を秀吉にばかり押し付けている所も嫌です。

そして秀忠の側室のなつの件も唖然としました。
まず11年も時間がずれてます。やはりラストの方だと後味悪いからでしょうか。
江は恐妻、悪妻のイメージが強い中で、優しい一面があると今の大河で見れたことは何より嬉しいです。
ですが、ネットで言われてる捏造にも等しい描き方続ければ、番組が終わった後でも悪いイメージが続いて行くと思います。
今の視聴者は夢物語よりもリアルを楽しまれる人の方が多いです。
どうか視聴者が納得出来るものにしてほしいですね。


万福丸と側室なつの件はいただけなかったです。

>すさんへ

コメント、ありがとうございます♪
このドラマ、女を綺麗に描きすぎていますか?
私は、淀は綺麗に描かれていますが、江は全然、綺麗ではなくて、嫌なキャラだと思います(汗)
こんなに共感できないヒロイン、珍しいかも?(汗)

>まず11年も時間がずれてます。やはりラストの方だと後味悪いからでしょうか。

長男・長丸は、慶長5年(1600年)12月に生まれたという説が有力なようで、関が原の戦いも同じ慶長5年9月なので、ずれていないと思います。

慶長16年(1611年)に、女中の静との間に、四男・幸松(保科正之)が生まれます。
この人の件と間違えてないですか?
静さんは側室ではないです。

長男・長丸を産んだのは、名前は不明(ドラマでは侍女のなつ)ですが、側室だったとも言われているようです。

万福丸の件は、しっかり描いて欲しかったですね。

本当に関ヶ原は「幻」でしたね。

それにしても江は離縁されたら、何処に行く気だったのでしょうか? 浅井家はもう無いので、茶々さんの所でしょうね。

この時期に江が豊臣家に戻されたら、即、東西の手切れ、徳川・豊臣の外交関係断絶を意味しますよね。すわ合戦、天下に激震が走ったことでしょう。

この時代の人は 個人単位では生きてないのです。初回から全然進歩のない主人公ですよね。

秀忠さん、ゲゲゲじゃない本物の方ですけど、昭和三十年代に、増上寺の徳川家墓地の改装を兼ねた発掘調査がなされております。その時の所見ではご遺体に複数の銃創の跡があったそうです。

いかに弾丸降雨の前線まで出ていって、秀忠が指揮を執っていたか。上田城での敗北の後、二代将軍が名誉挽回に賭けた意気込みが感じられます。
あの時代、戦下手の大将は、今の稼げない男より悲惨。部下の命を無駄に損ずる。ほとんど、全人格の否定ですからね。
奥方が笑ってる場合じゃないです。マジに、辛かったろうと思いますよ。

>レッドバロンさんへ

確かに、奥方が笑ってる場合じゃないですね(^^;)
その発言といい、離縁の話といい、相変わらず、江は時代感覚がないのか、ただのバカなのか・・・(汗)

戦は嫌いでも、秀忠の方は、次の戦い、頑張りますね。
苦手でも臆せず、前線まで出ていって部下を引っ張る秀忠と、安全な所にいて、「戦は嫌じゃ」と駄々をこねてるだけの江とは、全然違いますね(^^)

秀忠の側室が系図に記載されていない理由は、徳川宗家が秀忠の子孫ではないからだと思います。徳川の正史編纂は、宗家における秀忠の血が絶えた後です。
その頃の将軍にとって、秀忠は赤の他人に過ぎないので、細かく記載する必要性がないとの判断から、史書に記載されていないだけです。

>匿名さんへ

どうして、徳川の家系図の話が出てきたのか、意味が分かりません(^^;)
秀忠の正室以外の子供の事が書かれた資料は家系図だけでなく、資料が少ないようです。
ただ、お手つきの侍女は、側室にもしてもらえなかったくらいなので仕方ないのかも?

歴史に疎いので、徳川宗家の家系図がどなっているかは、あまり関心がありません。
徳川宗家は、第7代将軍までで秀忠の子孫は途絶えてしまい、第8代将軍の吉宗から紀伊藩に移ってしまいましたね。
最後の15代将軍は慶喜で、水戸藩でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52771696

この記事へのトラックバック一覧です: 【江】第36回と視聴率「男の覚悟」 :

» 【江】第36回と視聴率「男の覚悟」 [ショコラの日記帳]
【第36回の視聴率は、9/20(火)追加予定】女中のなつ(朝倉あき)が秀忠の子、しかも男子を産んでしまいました。「世継ぎ誕生」と大姥局は喜びましたが、江はショックで寝込んでしま... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第36回 [日々“是”精進! ver.A]
秀忠は年増好き・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109180003/ NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第壱集 posted with amazlet at 11.09.16 アミューズソフトエンタテインメント (2011-1... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第36話 感想「男の覚悟」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
江〜姫たちの戦国〜ですが、天下分け目の関ヶ原の戦いもアッという間に終わります。徳川秀忠(向井理)の主力軍が到着しない中で、徳川家康(北大路欣也)は何とか勝ちますが、小早川秀秋軍に発砲し裏切りを促がした乾坤一擲の大勝負などは割愛します。 敗軍の将・石田三成(萩原聖人)は、それでも再起を諦めずに落ち武者同然の姿で洞窟で生き延びておりますが、狷介孤高の嫌われ者も、意外にも領民には優しいという裏の顔があり、結構慕われており、みんなでかくまってくれます。佐和山の城には金銀も糧食も枯渇しており、三成は天下分け... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第三十六回 [レベル999のgoo部屋]
『男の覚悟』 内容 三成(萩原聖人)との戦いに“総大将”として急ぐ秀忠(向井理) しかし、道中で真田の抵抗にあい、決戦の地“関ヶ原”には間に合わず。 それでも戦いは、徳川方の勝利で終わる。 勝利の知らせを聞いた江(上野樹里)は、秀忠を心配するが、、、 そんな...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第36回... [徒然”腐”日記]
いつ観るの止めようかと思い続けた江も残すところ後10回惰性で観るのも慣れた36回感想で~っす今回はいつにもまして短くいきますだって書くこと少ないんだも~~~~んあらすじ... [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国〜』 第36回「男の覚悟」 [ふるゆきホビー館]
nbsp;関ヶ原の合戦は、家康ひきいる東軍の大勝利で幕を閉じました。ただし合戦の模様はさっぱり描かれていないので、今回こそ「幻の関ヶ原」です。勝利者の家康は、大坂への進軍の途中に、大津城へ入りました。初と龍子に会って、京極高次の籠城戦をたたえた家康は、若狭小浜8万5千石を与えると発言。「当然です」と答える初に苦笑し、「浅井三姉妹は強い」と呟きました。この大津に、やっとで到着したのは、秀忠とその軍団です。家康は3日のあいだ秀忠に面会せず、やっと本多正信をともなう息子に対面しました。苦衷の秀忠... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~第36回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
いやぁ~~~~‥‥‥最初の3分くらい見れなかったんですけどでも3分くらいですもんねやっぱりやっぱり関ヶ原が幻だったんですね‥‥。いやもう‥‥戦国時代の話は男性の方が脚本... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第36回「男たちの覚悟」・・・ [人斬り藤次郎の雄叫び]
関ヶ原終了、ホントにアッサリと終わってしまった。あとは大阪の陣しかないんだけど、このまま戦らしい戦はやらず仕舞い?戦国時代で戦をやらないなんて、そんな大河ドラマあるんかぁ?(呆) 萩原聖人@石田三成が宮沢りえ@淀姫の為に戦ったらしいけど、これもホントに…... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第36話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
戦に間に合わなかった者----------。で、「幻」ね(^^;)誰をメインに描くか?で、このタイトルの意味するところはずいぶん変わってくるなぁとは思ってましたが、秀忠を・・・って... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第36話 感想「男の覚悟」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
戦に間に合わなかった者----------。 で、「幻」ね(^^;) 誰をメインに描くか?で、このタイトルの意味するところはずいぶん変わってくるなぁとは思ってましたが、秀忠を・・・ってことで、またも中途半端な関が原の出来上がり。 事後報告で徳川の勝利〜♪ で終了で...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.36男の覚悟 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第36回「男の覚悟」 【あらすじ】 関ヶ原の戦いは徳川方の勝利に終わる。夫・秀忠(向井理)が... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第36回「男の覚悟」 [みはいる・BのB]
今週も『江』のお時間です。 あらすじ・・・ [続きを読む]

» 「江 ~姫たちの戦国~」 第36回、男の覚悟 [センゴク雑記]
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第36回、男の覚悟。 え~、最後まで見ましたが、タイトルが誰のことを指しているのか分からずw 内容は関ヶ原の戦い後の情勢と、江の内輪ネタ。 ...... [続きを読む]

» 関ヶ原武将のその後 〜江・男の覚悟〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
関ヶ原の戦い、終幕。 京極高次は西軍をおびき寄せ、足止めしていた功をたたえられ、若狭8万5000石を送られる。 とはいっても家康には恐れ多かったらしく、下山を何度もためらっていたようだ。 やは...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆36三成斬首!最後の願いを秀忠に託し秀忠は江に最大の配慮を見せたのだった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第36話は関ヶ原で勝利した家康は大津の初に徳川方に味方した事を感謝される。一方遅れて到着した秀忠は3日後に家康と面会し、勝利した事でお ... [続きを読む]

» 【江〜姫たちの戦国〜】第三十六回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
関ヶ原の戦いは、徳川方の勝利に終わり、敗れた石田三成(萩原聖人)は捕らえられ処刑される。 第三子を妊娠し、夫・秀忠(向井理)の帰還を待つ江(上野樹里)は、女中・なか(朝倉あき)が 秀忠の子を...... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第36話(9.18) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
関ヶ原の戦いは東軍の勝利に終わり、石田三成@萩原聖人は処刑、 一方、侍女のなつ@朝倉あきが徳川秀忠@向井理の男児を出産したと聞き、 江@上野樹里はショックを受けるが、秀忠との夫婦仲は深まったという話 今回、よかったなあ 江が秀忠に側室の子に竹千代の名をつけないでと嘆願し、 秀忠が江以外の子に竹千代の名は与えないと約束したのにじーんときた うん、だんだんこの夫婦が微笑ましく見れるようになってきたなあ。 関ヶ原があっけなく終わっていたのはやや物足りなかったが、 まあ、この大河ドラマは江の物語なのだし、... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第36回「男の覚悟」 [平成エンタメ研究所]
 「思えば私は年上のおなごが好きなようじゃ」  「……」  「そなたを、という意味じゃ」  「もう一度言って下さいませ」  「言えるか」  秀忠(向井理)と江(上野樹里)のやりとり。  何と甘く、少女漫画のような。  人間同士の葛藤が少ないのが、この作品の特...... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国史 第36話 [昼寝の時間]
公式サイト 高次を若狭一国8万5,000石へ加増転封する、という家康の申し出を当 [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第36話「男の覚悟」 [坂の上のサインボード]
 徳川秀忠の生涯最大の大失態といえば、何と言っても慶長5年(1600年)9月の関ヶ原の戦いにおける大遅参であろう。秀忠にとってこの戦は初陣であった。このとき、父の徳川家康は3万3000の兵とともに東海道を進撃し、9月初めまでに美濃赤坂に到達。一方、約3万8000の大軍を率いた秀忠は、関東から中山道を経由して西方へ進撃する手筈であった。上野から信濃へ進軍した秀忠は、9月2日に信濃上田城主の真田昌幸に対して降伏勧告を行う。この昌幸の次男である真田信繁(幸村)の正室・竹林院は、西軍主将の石田三成の盟友であ... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第36回「男たちの覚悟」 [真田のよもやま話]
宇宙ステーションから見たカミナリ!日の出!次はオーロラ?すっごい生中継の間に挟まる大河ドラマ、何だか落ち着きませんねえ。あんなにも宇宙の日の出が猛々しいものであったとはああああ!って、こんなに浮足立っちゃっちゃあレビューどこじゃなくなっちゃいますね、しっかりしなきゃ、パンパンっ! 先週しっかり覚悟を決めた秀忠様、さぞやお手柄を・・と思いきや大遅刻で戦に参加せず!?一体どうなるんでしょう・・・って、もう今週は戦後処理まで進んじゃうのっ?早っ!江様目線?でもでも姉上の淀様だって姉様の初様だっ...... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第36回 「男の覚悟」 [青いblog]
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装 [続きを読む]

« MステSPあゆ欠席はAKB48トリが一因? | トップページ | 【おひさま】第145回「多治見へ」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31