無料ブログはココログ

« 【江】第41回と視聴率「姉妹激突!」 | トップページ | 【妖怪人間べム】初回感想と視聴率好発進♪ »

2011年10月24日 (月)

【南極大陸】第2話感想と視聴率&ラスクの山試食

第2話の視聴率は、前回の22.2%より下がって、19.0%(関東地区)(関西は18.8%)でした。

下がってしまいましたが、高視聴率をキープしていて、良かったです♪

瞬間最高視聴率は、午後10時1分の時点で、21.4%でした(関西は21.9%)。

裏で、この日始まった「僕とスターの99日」の初回視聴率は、10.2%でした。

尚、次回(第3話)も10分拡大版だそうです。

 

ローソンとタイアップした商品「ホワイトチョコラスクの山」、ローソンで買いました♪

南極大陸ホワイトチョコラスクの山外袋.JPG 

上に「南極大陸」と書いてあります。 税込み128円です。

南極大陸ホワイトチョコラスクの山内部.JPG

中身は、一口サイズにカットしたパンのラスクに、ホワイトチョコをかけて、くっつけてあります。

そのホワイトチョコ&ミルクシュガーが沢山かかっている所と、あまりかかっていない所があります。

沢山かかっている所はちょっと甘過ぎましたが、あまりかかっていない所は、おいしかったです♪

でも、もう一度、買う気はしませんでした(汗)

  

さて、今回の内容、大型台風に襲われたり、急に暴風雨にあって、沈没しそうになって、浸水したり、火事が起きたりして、「海猿」みたいでした(^^;)

南極観測船「宗谷」が出航した時は、南極越冬隊は、まだ非公認だったんですね。

越冬隊、政府から許可が出なくて、潰れそうになりました。

越冬隊に参加するはずだった人達の気持ちも、まだ、本気ではなくて、つまらない事で喧嘩したり、子供が生まれるからやっぱり参加したくないとか、バラバラ・・・

越冬隊に一番必要な結束力もありません。

インド洋で、灼熱の太陽にさらされ、船内の高まる温度に隊員たちはイライラを募らせました。

犬舎にだけエアコンがあると聞いて、犬より人間の方が大事だと、鮫島直人(寺島進)は、犬塚夏男(山本裕典)から犬舎の鍵を取ろうとしました。

それを、倉持岳志(木村拓哉)が止めたら、鮫島が襲い掛かってきて・・・

越冬隊は第二次観測隊で行われ、彼らは、知識が豊富な学者や南極の研究者を集めて組織されると、倉持は伝えました。

鮫島「俺達じゃ力不足だってことか?」と、がっかりしました。

倉持「僕だって必要だと思ってましたよ、越冬は。

 でも、こんなくだらない事で争ってたら、越冬なんてできる筈ないでしょ!

 南極はそんなに甘い所じゃない筈です!

 一人で命張っても、命を預けあう覚悟がなければ、遭難するだけだと、僕は思います」

 

この時は、犬を軽視していた鮫島さんでしたが、後で、急な暴風雨で、タロが危険になった時、命を張って、助けてくれました♪

鮫島直人さん、タロを守ろうとして、倒れてきた排気ダクトなどの下敷きになってしまいました。

大怪我したかと思いましたが、意外と元気だったので、ほっとしました(^^)

タロもちゃんと、倉持にその場に誰かいることを教えて、偉かったです♪

鮫島さんがどんな時も大切に持っていた筒の中の物は、子供が描いた絵でした。

鮫島さん、助けてくれた倉持に、以前の事を謝ったし、いい人ですね♪(^^)

偉い学者より、こういう人達の方が、南極で生き抜けそうな気がします♪

本人もそう言いました♪(^^)

 

ジロも変な所に落ちてしまって、水没してしまいそうでしたが、犬塚が助けに降りました。

でも、天井の通路が塞がれてしまい、それを倉持達数人で助けました。

 

奥さんが出産すると連絡を受けた横峰新吉(吉沢悠)も、死にそうになりましたが、助かりました。

あちこちで、死にそうになる人が続出しましたが、結局、皆、無事だったようです。

良かったですね♪

 

犬、沢山、いるのに、タロ・ジロだけ、逃げ出して、死にそうになるというのは、いかにもドラマっぽかったです(^^;)

あれだけ浸水して火も出たのに、よく船、無事に直せましたね。

浸水した場所が、南極の近くでなくて良かったです。

南極の近くだったら、凍死してたかも?(汗)

暴風雨での危機を、皆で助け合って乗り越えて、皆に信頼とチームワークが生まれました。

そして、政府から越冬隊の許可が出ました。

奥さんが男女の双子を産んだ横峰も選ばれました。

彼、参加しないで帰ればいいのに(汗)

奥さん、1人で、1年間、双子の赤ちゃん、育てるの、大変そう・・・

 

とにかく、今回の話は、ボツになりかけた越冬隊、暴風雨などの外的危機を乗り越えて、隊員に結束力が生まれ、越冬隊の実施が決まり、正式にメンバーが発表されるお話でした。

越冬隊の隊長は、星野英太郎(香川照之)で、倉持が副隊長です。

犬塚や、横峰、鮫島など、11人が選ばれました。

そして、驚いたのは、監査役に、氷室晴彦(堺雅人)も選ばれたことです。

彼も一緒になって火事の火を消しましたが、よく1年残ることにしましたね。

 

そして、ようやく白夜の南極圏に着きました。

南極大陸接岸の目的地、プリンス・ハラルド海岸は目前に迫りましたが、そこは流氷だらけで、四方を流氷に囲まれて、身動きがとれなくなってしまいました。

まさに、"INACCESSILE(インアクセサブル)・接近不可能" な場所でした。

さあ、どうするのでしょう?

 

以前、北海道に流氷を見るツアーに行きましたが、残念ながらもう流氷がなくて、ガリンコ号に乗船できなかったことを思い出しました(汗)

流氷船、乗りたいです。

予告編では、犬ぞりで犬達が活躍していました。

来週も楽しみです♪(^^)

 

【第2話粗筋】 (公式HPより)

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、地質学の研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、日本が失いかけた自信を取り戻すため、「 南極観測 」 実現に向け奔走する。幾多の難題にぶつかるが、日本の未来に大きな夢と希望を抱いた子どもたちの思いが日本を一つに動かした。そしてついに南極観測船 「 宗谷 」 は国民の夢と希望を乗せ、航海に旅立ったのだ。しかし、それは想像を絶する困難の始まりだった...。

未知の大陸 「 南極 」 へと旅立った 「 宗谷 」 では、第一次南極観測隊副隊長の 星野 (香川照之) が早速、南極観測の総責任者であり隊長の 白崎 (柴田恭兵) に、南極越冬の許可を懇願する。白崎は、いきなりの越冬は遭難もありうる自殺行為だと、反対の立場を崩さないでいた。

その頃、船内では船酔いをする隊員たちが続出していた。追い討ちをかけるように、南シナ海では大型台風が接近。荒れ狂う波が 『 宗谷 』 の船体を直撃し、大量の海水が甲板に襲い掛かる。棚は倒れ、物は錯乱し、乗組員が投げ出される。運行に問題はないものの、船体の一部を破損してしまう。また、インド洋では灼熱の太陽にさらされ、船内の高まる温度に隊員たちはイライラを募らせる。厳しい航海にストレスが溜まった隊員たちは、些細なことで争いが起こっってしまう。取っ組み合いのケンカが起こるようになり、倉持たちは越冬に一番必要な結束力が失われる状況に追い込まれていく。

そんな中、通信担当の 横峰 (吉沢悠) の元に、日本に残してきた横峰の妻・奈緒美 (さくら) から陣痛があったことを知らせる電報が入る。隊員たちは前祝いをかねて乾杯をしようとしたその時、船体に大きな衝撃が起こる。大型の暴風雨が突然発生したのだ。「 船の墓場 」 と言われている低気圧多発地帯に巻き込まれた 「 宗谷 」 で火災が発生。また、浸水し気を失う隊員が続出する。危険は、犬舎にいるタロ・ジロにも及んで...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1話]22.2%   [第2話]19.0%

 

公式HP(プレゼントクイズ)(10/30(日)夜9時締切)

 

<過去記事>

『南極大陸』主題歌、中島みゆきさん(2011.9.4)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ  

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【江】第41回と視聴率「姉妹激突!」 | トップページ | 【妖怪人間べム】初回感想と視聴率好発進♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53073750

この記事へのトラックバック一覧です: 【南極大陸】第2話感想と視聴率&ラスクの山試食:

» 【南極大陸】第2話と視聴率 [ショコラの日記帳]
第2話の視聴率は、前回の22.2%より下がって、19.0%(関東地区)(関西は18.8%)でした。下がってしまいましたが、高視聴率をキープしていて、良かったです♪瞬間最高視聴率は、午後10... [続きを読む]

» 「南極大陸」第2話 [日々“是”精進! ver.A]
南極に到着・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110230005/ 南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫) posted with amazlet at 11.10.20 北村 泰一 小学館 売り上げランキング: 73 Amazon.co.jp で... [続きを読む]

» 「南極大陸」第2話 [日々“是”精進!]
 第二話1956年11月8日、日本人の夢と希望と誇りを背負い、南極観測船宗谷は2万キロの航海へと旅立った。しかし、彼らを待ち受けていたのは、壮絶な船旅だった。吠える60... [続きを読む]

» 南極大陸 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『到達!南極大陸』 内容 南極へ向けて出航した“宗谷”と観測隊。 その直後、白崎隊長(柴田恭兵)に星野(香川照之)が“越冬”を懇願する。 だが、向かっている先が接岸不能の地と言うこともあり、 遭難もありうる場所であると、白崎は許可しない。 倉持(木村拓哉)もま...... [続きを読む]

» 【南極大陸】第2話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
え〜・・・TBS開局60周年記念番組「南極大陸」第2話。 すっごい悩んだけど・・・・・簡単感想で。 って言うか、簡単ツッコミで ご注意 以下のレビュー(・・・ってほどのシロモノではない感想)は...... [続きを読む]

» 南極大陸 #02 [ぐ〜たらにっき]
『到達!南極大陸』 [続きを読む]

» 「南極大陸」第2話 [fool's aspirin]
倉持たちは南極で越冬できるのか?!宗谷の南極へ向けた航海は厳しいものとなるが…。感想書こうかどうしようか迷いつつ、こんな時間に(苦笑突っ込み出すとキリがないので、突っ込まない縛りで頑張ってみますわ。... [続きを読む]

» ドラマ『南極大陸』#2 [よくばりアンテナ]
何でか、今回も10分拡大スペシャル・・・ ちなみに来週も10分拡大スペシャル・・・ということらしい(^_^;) 最初から、時間の枠組み変えればどうでしょう?? 今回もこってり風味でしたな。 越冬する...... [続きを読む]

» 「南極大陸」未知なる世界への挑戦2長きに渡る航海で嵐を乗り切った先に結束が生まれ1つになり越冬隊を結成した [オールマイティにコメンテート]
「南極大陸」を第2話は日本を旅立った宗谷は東シナ海からインド洋へ抜ける航海を続けていた。そんな中で乗組員の諍いが起きてその都度騒動に発端する。しかしそんな中台風で想像 ... [続きを読む]

» 南極大陸第2話(10.23) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
南極越冬を望む倉持@木村拓哉に内務省は許可を出さなかったものの 台風直撃の危機を乗り切り、宗谷の乗組員の心が一つにまとまると 白崎隊長@柴田恭兵は越冬にGOサインを出したという話 倉持の熱意が隊員の心を動かしたという展開にしたかったのでしょうが、 どうも感心できなかったなあ 越冬したいんだったら、出航前に内務省に話つけとくべきだろう。 出航してから「やっぱ越冬させて♪」は虫が良すぎるべ。思いつきで動きすぎるなあ。 宗谷が台風の直撃に遭った頃、日本では乗組員の妻が陣痛で苦しみ、 台風の危機が去ると、乗... [続きを読む]

» 別館の予備(南極大陸&WJ46号) [スポーツ瓦版]
10月25日 南極大陸&WJ46号 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11056040336/7c93ca55 [続きを読む]

» 南極大陸&WJ46号 [別館ヒガシ日記]
南極大陸は到着したけど 誰か死ぬ思ったら皆が無事で 色々と災難あり結束の展開し 越冬が決定も立往生して 災難=結束ベタ過ぎる思うけど 次も10分延長で毎回なんだね... [続きを読む]

» 南極大陸 第二話 [昼寝の時間]
原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫) 公式サイト 簡単に印象 [続きを読む]

» 『南極大陸』 第2話 [美容師は見た…]
とうとう来ました、南極に。1ヶ月も船内に閉じ込められてたら…暑さでイライラしたり、些細なことで乗組員たちが衝突したり、自らの意思で来た訳じゃない犬たちが、いい迷惑だったり可哀想だったり…寺島進さんの異常なイライラは、結局仲間との結束を固めるための前フリで、堺... [続きを読む]

» 「南極大陸」第2話〜突然のゲリラ台風で「宗谷」大揺れ。キムタク大活躍。 [世事熟視〜コソダチP]
TBS開局60周年記念ドラマ 「南極大陸」第2話 南極観測船 宗谷 第一次南極観測隊 日曜劇場「南極大陸」パッケージ【ハセガワ】【1/350プラ...価格:4,299円(税込、送料別) 鮫島(寺島進)がツンデレ。突然の嵐で『宗谷』がえらい目に遭う。犬塚(山本裕典)とジロが溺れそうになったけど助かった。横峰(吉沢悠)に死亡フラグが立つが死なずに双子に恵まれた。キムタクの大演説などが功を奏して越冬が許可された。南極に着いた。 それだけの話です・・・なんてことを言っちゃうと身も蓋もなくなっちゃ... [続きを読む]

» 南極大陸 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
未知の大陸「南極」へと旅立った南極観測船「宗谷」では、第一次南極観測隊 副隊長の星野(香川照之)が早速、隊長の白崎(柴田恭兵)に、南極越冬の 許可を懇願する。 しかし、白崎は、いきなりの越冬は自殺行為だと反対の立場を崩さないでいた。 そのころ、船内では船酔いを... [続きを読む]

» 《南極大陸》★02 [まぁ、お茶でも]
<自立した日本を世界に示すため 未知の大陸 南極へと  旅立った「宗谷」は南シナ海を南下していた> 昭和31年 11月 南シナ海 長い航海中、倉持達犬班は、廊下を犬を連れて散歩していた。かなり揺れて皆、船酔いがひどかった。そんな毎日のことだが、犬塚は、毎回タロに逃げられた。 ... [続きを読む]

» 南極大陸【第2回】TBS日9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
到達! 南極大陸  「越冬なんかできなぁいっ!!!日本政府は、オレたちには余計なことするなと思っているんです。オレたちに越冬なんてできないと思っているんですよっ!!!オレたちに越冬は必要ないって、越冬予定の第2次観測隊は、知識が豊富な学者や、南極の研究者を集めて作るって言ってきたんです。ボクだって必要だと思ってましたよ越冬は。でも、こんなくだらないことで争ってたら、越冬なんかできるはずないでしょうっ!!!みんないろんな理由があって事情を抱えて、それでも思いをひとつにしなきゃっ!!!無理なんですよ。... [続きを読む]

» ドラマ「南極大陸」第2話感想「到達!南極... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
南極へ--------------!!日本人の夢と希望を乗せ、宗谷は旅を続ける。1回目は好発進だったこのドラマ。圧巻の視聴率22.2%2時間でこの数字はすごいと思いますわ。船内を樺太犬たちと... [続きを読む]

» ドラマ「南極大陸」第2話 感想「到達!南極大陸」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
南極へ--------------!! 日本人の夢と希望を乗せ、宗谷は旅を続ける。 1回目は好発進だったこのドラマ。 圧巻の視聴率22.2% 2時間でこの数字はすごいと思いますわ。 船内を樺太犬たちと散歩中の倉持。 犬たちもストレス解消で散歩は必要なようで。 ...... [続きを読む]

« 【江】第41回と視聴率「姉妹激突!」 | トップページ | 【妖怪人間べム】初回感想と視聴率好発進♪ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31