無料ブログはココログ

« 【相棒season10】初回SPと視聴率「贖罪」 | トップページ | 【江】第41回と視聴率「姉妹激突!」 »

2011年10月22日 (土)

【カーネーション】第3週(13~18回)と視聴率

先週(第2週)の週間最高視聴率は、18.5%(10/15(土))でした。

この日の内容は、父がようやく女学校を辞めてパッチ店に就職することを許してくれました。

先週は、いろいろなドラマが始まり、「南極大陸」(22.2%)、「家政婦のミタ」(19.5%)に負けてしまい、ドラマ部門ランキングで3位でした。

レビュー、今週から、週1回になってしまいました。

でも、今週も面白かったです♪

今週は、パッチ店に就職した所から、パッチ店を辞めてくれと言い渡されるところまで、2年間の事でした。

1週間でパッチ店が終わるとは、展開、早いですね。

でも、糸子はいい勉強をしたようです。

最初は、遊びと違って厳しくて苦労しましたが、おばあちゃんの握り飯やお母ちゃんの金平糖の励ましもあり、頑張りました。

風邪を引いて、無理して行ったのに、おまえはいてもいなくても一緒で、風邪をうつされる方が迷惑やと言われて、意気消沈。

糸子は、寝込んでしまい、もう店を辞めたいと思いました。

でも、隣りの部屋で、お姉ちゃんばかり好きなことができていいと文句を言った静子に、母、千代が言った言葉で、糸子は頑張る元気が出ました。

千代「好きなことするちゅうんわな、見てるほどラクとちゃうんやで。

 女は余計や。大変なんや。

 姉ちゃんは偉いやん。

 やりたいことあったら、ぜ~んぶ自分でどないかしおる。

 どんだけしんどうても、音え上げへん。

 ええなあと思うんやったら、なんぼでも真似しい。

 でけんと、文句だけ言うんはあきません」

糸子は、それを聞いて嬉しくなり、元気になりました♪

そして、食事時、いつものように

「勉強や。勉強に行くと思え」と言った父の言葉が新鮮に感じました。

やっと勉強の意味が分かり、仕事も勉強だと思うと楽しくなりました。

 

そして、2ヶ月め。

皆が帰った後で、ミシンを使って練習していいと、大将から許しがでました。

山口さんは、1年経ってやっと許可が出たそうで、もう出たのかとムカつきました(笑)

 

昭和3年(1928年)春、パッチ店に入って、半年経ち、生地の裁ち方も教えて貰えました。

山口さんは2年経って、ようやく最近、裁ち方、教えて貰ったばかりだそうです(^^;)

田中さんは、竹刀で糸子の腕を叩きながら厳しく教えました。

それをたまたま神戸のおじいちゃんが様子を見に来て、窓から覗いて見たので、驚きました。

そして、糸子を早引きさせ、一緒に、心斎橋のパーラーに行って、話しました。

フルーツポンチと3色アイス、ホットケーキ、糸子は3つも頼みました(笑)

清三郎「糸子・・・おじいちゃんとこ、来えへんか?

 ミシンなんかな、おじいちゃんとこの会社で山ほど使うてんねん。

 おまえがそんなにミシンあるとこで働きたいんやったら、うちで雇うたる。

 ミシンもな、自分が好きな時に、使いたいだけ使うたらええ。どうや?」

でも、糸子は断りました。

甘えたくないから。

今の店の方が甘くなくて勉強になるので、精一杯勉強して、一人前になったらおじいちゃんの所に行くと言いました。

それを聞いて、おじいちゃんは「誰に似たんや」と泣きました。

「おじいちゃん」と糸子が答えたので、「口まで、うもうなって」とまた泣きました(笑)

よく断りましたね。

糸子、立派だったです♪(^^)

 

泰蔵さんが八重子(田丸麻紀)さんと、吉田屋で祝言を挙げました。

奈津は落ち込みました。

 

そして、また月日が飛び、昭和5年(1930年)夏。

パッチ店修行も2年が経ち、糸子は裁断から仕上げまで一通りのことができるようになりました。

でも、「目打ちの小原」と呼ばれていて、早いけれど間違いが多くて、目を解いてやり直しが多いようです(^^;)

 

泰蔵さんに子供が生まれ、太郎君と言い、可愛いです♪

八重子さんは「令嬢世界」という雑誌を毎月買い、糸子にも見せてくれました。

綺麗な帽子や洋服を着た女性が沢山載っていました。

八重子さんはお洒落な人で、糸子にいろいろ洋服の事を教えてくれました。

 

八重子「糸ちゃん、洋服、作らへんの?

 パッチが縫えるやから、洋服かて縫うてみたらええのに」

そう言われて、糸子は、洋服を作りたかったという自分の夢を思い出しました。

そんな時、家の前を洋服を着た奈津が通りすぎました。

奈津は、心斎橋の店で作ってもらったとのこと。

奈津の方が早く洋服に近づいてしもたと、糸子は子供のように手足をバタバタさせて悔しがりました。

でも洋服を敵視している父の許可が出ないと、洋服を作れません。

八重子さんやパッチ店の皆に相談し、男物のアッパッパを作り、父に着て貰う事にしました。

大将からだと奥さんが上等な中古の生地をくれました。

糸子はその生地を染め直し、いろいろ工夫して、丈を長くしたり、首元を着物のようにしたりして、デザインを考え、父に気に入ってもらえるようなアッパッパを作りました。

でも、丁度、渡した日が履物屋が靴を売っていて、善作さんは気分を悪くしていた日だったので、「ほかせ!」(捨てろ)と・・・

千代さんは、ほかす代わりに、店の端切れの中に、そのアッパッパを畳んで忍び込ませて、とってありました。

丁度、足袋を買いに来たお客さんがそのアッパッパを見つけて気に入って買いたいと。

50銭と適当に善作が値段を言ったら、「安いなあ」と言い、嬉しそうに買って行きました。

それで、善作は「2日に1着アッパッパを作る」という条件で洋服作りを許してくれました。

善作さんも遂に嬉しそうにアッパッパを着て、歩きました♪

涼しくていい。自分の店で売っていると宣伝してました(笑)

ようやく許して貰えて良かったですが・・・

 

糸子は、大将から辞めてくれと言われてしまいました。

パッチ店のミシンで、小原呉服店で売るアッパッパを作ったからでしょうか?

きっと、不景気だからだと思いますが・・・

誰か辞めさすとしたら、やはり糸子が一番辞めさせ易いでしょう。

 

予告編では、財前直見さんが登場していました♪

来週は、新展開ですね。

楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移】 (関東地区)

                       週間最高視聴率

・第1週「あこがれ」  初回16.1% 17.4%(10/8(土)) (関西最高17.2%)

・第2週「運命を開く」          18.5%(10/15(土)) (関西最高17.3%)

・第3週「熱い思い」

・第4週「誇り」

 

【第3週粗筋】 (Yahooテレビより)

第13回[10/17(月)]

糸子(尾野真千子)は女学校を辞めることを善作(小林薫)に許され、パッチ屋で働くことになった。千代(麻生祐未)に付き添われ、意気揚々と初出勤した糸子だが、優しかった職人たちが皆、どこか冷たい。理由を尋ねると兄弟子は「これまでは客だったから、ちやほやしたが、一番下っ端になったからには相応の仕事をしろ」とお茶くみや掃除などの雑用を押しつけてきた。糸子はミシンには触ることもできず、仕事の厳しさを思い知る。

第14回[10/18(火)]

家族の前では明るくふるまう糸子(尾野真千子)だが、千代(麻生祐未)らはパッチ屋の仕事のつらさを察していた。そんな折、奈津(栗山千明)がパッチ屋にやってくる。憧れの泰蔵(須賀貴匡)の結婚のウワサを聞き、確かめたくて糸子に会いに来たのだ。店からの帰り道、結婚をやめるように言えと詰めよる奈津に糸子は閉口する。ある朝、糸子は風邪をひいて熱を出す。無理して出勤したものの「いないほうがマシ」と帰らされ...。

第15回[10/19(水)]

風邪でパッチ屋から帰らされ、寝ている糸子(尾野真千子)は弱気になる。しかし千代(麻生祐未)が「自分の力で好きなことをやりとげる糸子は偉い」と褒める言葉が聞こえ、元気を出す。翌日には風邪も治り、また張り切ってパッチ屋で仕事をする糸子。雑用をこなすことからも学ぶものがあると気づき、いつかミシンに触れる日が来ると確信する。その様子を見ていた店主・桝谷(トミーズ雅)は、夜間はミシンを使ってもよいと言う。

第16回[10/20(木)]

糸子(尾野真千子)がパッチ屋に来て半年。相変わらず雑用で終わる毎日。しかし皆が帰った夜、ミシンを使えるのが至福の時だ。まもなくパッチの裁断を教わり始めた糸子だが、祖父・清三郎(宝田明)が偵察に来て、その厳しさに衝撃を受ける。清三郎は糸子を高級パーラーに連れ出し、パッチ屋を辞めて自分の紡績工場で好きなだけミシンを使うように誘う。4月、奈津(栗山千明)の思いをよそに、泰蔵(須賀貴匡)の祝言が行われる。

第17回[10/21(金)]

パッチ屋に来て2年がたった昭和5年。糸子(尾野真千子)は、パッチ作りは一通りのことが出来るようになった。しかし泰蔵(須賀貴匡)の妻でセンスのよい八重子(田丸麻紀)に洋服も作ってみたらと言われ、洋服作りという本来の夢を思い出す。幼い頃もらったドレスを窓際で眺めていると、洋服姿の奈津(栗山千明)の姿を偶然見かけ、糸子には悔しさが込み上げる。洋服を作るとなれば善作(小林薫)が反対するのは目に見えていた。

第18回[10/22(土)]

善作(小林薫)を説得しようと、男物のアッパッパを贈ることにした糸子(尾野真千子)。工夫を重ねたアッパッパが完成するが、機嫌が悪い善作に捨てるよう言われる。千代(麻生祐未)は困った末、店に隠すが客に見つかり50銭で売れることに。驚いた善作は洋服作りの条件として、糸子にアッパッパを商品として作らせる。結局は善作も気に入り、それを着て商店街をかっ歩する。しかし糸子には新たな苦難が降りかかろうとしていた。

 

公式HP(来週の粗筋)

 

【過去レビューリンク】

第3回[10/5(水)]「ドレスとの出会い」&主要人物一覧表

第12回[10/15(土)]「父、承諾」

 

    

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【相棒season10】初回SPと視聴率「贖罪」 | トップページ | 【江】第41回と視聴率「姉妹激突!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53056589

この記事へのトラックバック一覧です: 【カーネーション】第3週(13~18回)と視聴率:

» 【カーネーション】第3週(13~18回)と視聴率 [ショコラの日記帳]
先週(第2週)の週間最高視聴率は、18.5%(10/15(土))でした。この日の内容は、父がようやく女学校を辞めてパッチ店に就職することを許してくれました。先週は、新ドラマの「南極... [続きを読む]

» カーネーション 第18回 [レベル999のマニアな講義]
内容八重子(田丸麻紀)の指摘で、自分の本来の夢を思い出す糸子(尾野真千子)そう。。。洋服を縫うことだった!が、難敵は、父・善作(小林薫)そこで、父のために洋服を縫ってみ... [続きを読む]

» カーネーション 第18回 [レベル999のgoo部屋]
内容 八重子(田丸麻紀)の指摘で、自分の本来の夢を思い出す糸子(尾野真千子) そう。。。洋服を縫うことだった! が、難敵は、父・善作(小林薫) そこで、父のために洋服を縫ってみることを考えはじめ、 桝谷(トミーズ雅)に相談。。。。。試しに“アッパッパ”に挑...... [続きを読む]

« 【相棒season10】初回SPと視聴率「贖罪」 | トップページ | 【江】第41回と視聴率「姉妹激突!」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31