無料ブログはココログ

« 【カーネーション】第6回&尾野真千子in土スタ | トップページ | 【カーネーション】第7回&『おひさま』総集編感想 »

2011年10月 9日 (日)

【江】第39回と視聴率「運命対面」&クランクアップ

第39回の視聴率は、前回の15.9%より少し下がって、15.7%でした。

『江』の撮影、全てクランクアップしたそうです。

スタジオ収録は、9月30日にクランクアップして、スタジオクランクアップセレモニーが同日、NHKで行われました。

そして、唯一、残っていた長野県のロケを10月4日、終了。

すべての収録を終えたそうです。

放送の最終回は、11月27日です。(詳しくは、スタッフブログで)

 

また、10/11(火)の「スタパ」に福役の富田靖子さんが出演予定です。

京極龍子役の鈴木砂羽さんが、10/8(土)の「土スタ」に出演しました。

新しく改装されたスタジオパークを、あの着物姿で紹介しました♪

私は、「龍子の部屋」(江の宣伝の2分番組)、好きです♪(^^)

公式HPに過去のがアップされています♪

 

さて、今回の『江』、随分、月日、進みましたね。

江、毎回、子供を産んでいましたが、今回は2人も生みました(^^;)

慶長11年(1606年)、江は、次男の国松を産み、皆の反対を押し切って、自分の乳で育てました。

ようやく江は、竹千代と会えたのに、江は国松のことに夢中で、竹千代にそっけなくて可哀想。。。

竹千代は義父様お気に入りの乳母・福に取られてしまったと、江は家康にも言い、まるで自分の子供でなくなったかのような扱いでした(汗)

語りでは、この頃から、何かずれ始めていたとのこと。

 

一方、次男が徳川家に生まれたと聞いて、豊臣家は動揺。

まだ秀頼に世継ぎがいないので、もし戦を仕掛けられたら困ると・・・

「これで良いのか?」と、淀は何度も迷いながら、秀頼に側室を与え、世継ぎを生ませました。

この時、秀頼は、17歳、千は10歳。

側室は何歳だったのでしょう?

千、可哀想。。。

ただ、「これでよいのか」と何度も自問していた淀は、切なさが出ていて良かったです。

こちらもこの頃から何かが少しずつずれ初めていたと、語りがありました。

でも、何も自分の行動に疑問を持たない江と、疑問を持ちながらもそうせざるをえない淀。

同じようにずれ始めていても、自覚があるだけ、淀の方が素敵でした♪

 

翌年、江は、5人目の娘、和(まさ)を生みました。

公式HPの年表では、“松姫(後の和子)”と書かれていたのですが、ドラマ内では、“和(まさ)”とのことでした。

 

家康は、駿府に隠居しました。

家康が政の方針を決め、秀忠にそれを実行させるという二元政治が始まりました。

 

そして、1609年、初の夫、京極高次が病で亡くなってしまいました。

初は出家して、常高院と名を改めました。

そして、初は、高次の遺言でもあったので、豊臣と徳川を結びつける覚悟をしました。

江の所に来て、その後、淀の所に行きました。

この辺は、なんか粗筋ドラマのようでした(汗)

 

何年も前から挨拶に来るよう、秀頼に言っていた家康ですが。。。

慶長16年(1611年)3月28日、遂に、秀頼が二条城で家康に会いました。

秀頼は、大阪城から出るのは初めてだったそうです。

19歳で初めての外出なんて、すごいですね。

うつけではないかと思われていましたが・・・

家康との会話、素晴らしかったです♪

 

秀頼に付き添ってきた加藤清正が、万一のためにと長い針を秀頼に渡しました。

でも、秀頼はそれを柱に刺し、面会の場に持って行きませんでした。

秀頼達が来た部屋の上座に、家康がやってきました。

そして、久しぶりだと挨拶したり、千姫は元気かと聞いたり・・・

そして徐々に本題へ・・・

家康「母君がよう出されたものじゃな」

秀頼「私が望みました」

家康「ほう。何故、来ようと?」

秀頼「詫びを言いたいと」

家康「詫び?」

秀頼「かつては、亡き父、太閤殿下に服従を強いられ、更には、国替えをされ、江戸に追いやられ、つもりつもった恨みもおありでしょう。

 それでも尚、豊臣のため、働いて下さること、ありがたく存じまする」

家康「・・・」

秀頼「これからも、徳川殿と共に・・・徳川殿と共に、泰平の世を築くこと、共に考えて参りたいと思います。

 よろしく頼みまする」と、浅く礼。

家康「・・・」

 

秀頼、立派だったと思います。

無事に秀頼が城に帰り、淀はほっとしました。

 

江戸城では、江が秀忠に、聞きました。

江「徳川と豊臣は、戦になるのでしょうか?」

秀忠「此度、秀頼様が上洛されたは、強いお覚悟あってのこと。

 その思い、無駄にはせぬ。

 秀頼様が関白となられ、私が将軍としてお支えする。

 此度のことで、その決意が固まった」

江「徳川と豊臣が並び立つと?」

秀忠「必ずそうしてみせる。必ずな」

 

語り「徳川と豊臣が並び立つ。

 秀忠様のご決意にただすがるしかない江にございました」

(つづく)

 

秀忠の決意と言っても、家康の前では、秀忠、力がないですからね(^^;)

言葉通り、秀頼を支えることはできないのではないでしょうか(汗)

今回は、秀忠より、秀頼の方が立派に見えました(^^;)

そして、実母の江に差別されて、気の毒な竹千代でした。

江、国松も他の子と同じように乳母に育てさせれば良かったのに、どうして、国松だけ自分で育てたのでしょうね?

その後に生まれた和は、自分で育ててないみたいだし・・・(^^;)

世継ぎを自分で育てたかったのでしょうか?

  

次回は、「親の心」

ここにきて、話がサクサク進み、粗筋ドラマみたいでした(汗)

あと、残り7回です。。。

  

【第39回粗筋】 (Yahooテレビより)

江(上野樹里)は2人目の男子・国松を出産。長男・竹千代の世話を独占する福(富田靖子)に対抗し、「自分の乳で育てる」と国松を溺愛する。駿府の大御所・家康(北大路欣也)、江戸の将軍・秀忠(向井理)という「二元政治」が盤石となりつつあった慶長16年、家康は京・二条城に秀頼(太賀)の上らくを求める。怒り心頭の淀(宮沢りえ)であったが、19歳になった秀頼は自ら上らくを決意。ついに運命の対面が実現し...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

[第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

[第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

[第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

[第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%  [第27回]15.3%  [第28回]18.9%

第29回]17.4%  [第30回]17.6%  [第31回]13.1%  [第32回]15.4%

第33回]15.6%  [第34回]17.8%  [第35回]15.4%  [第36回]15.8%

第37回]16.4%  [第38回]15.9%  [第39回]15.7%

第20回以前のレビューは、第21回から飛んで下さい。全回レビューあります。

  

公式HP(家康と秀頼、運命の対面)

公式HP(もう?徳川家お世継ぎバトル)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

どうか応援クリック、よろしくお願いします♪֥ϡ

« 【カーネーション】第6回&尾野真千子in土スタ | トップページ | 【カーネーション】第7回&『おひさま』総集編感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

秀頼君、立派でしたね。(あの台詞だけ別人になったようでした。無論、脚本家先生がですが。シーっ!)coldsweats02

後は宮沢茶々さんがキャリアで見せました。長い間の悲しみと怒りが籠もっていて、台詞は月並みでも、りえさんはアクトレスやってます。

豊臣家が頑張っている割には 肝心の徳川方がなあsweat01

主人公夫妻 大平がどうたらと、相変わらず 綺麗ごとを並べ立てていましたが、そもそも修身・斉家・治国・平天下の順番でしょう? まして将軍家において、正室が長男に背を向ける…。天下争乱の火種を自ら作っているようなもので。

無意識過剰というのか、依然として余りに無自覚な御台様でした。大姥局に御台様は武家の女性のトップと言われても、全然ピンときてませんでしたものね。(大汗)

家康公も最近とみに言動がおかしいし、このまま徳川家は総崩れの状態で大坂の陣を迎えるのでしょうか。

>レッドバロンさんへ
おお!
レッドバロンさん、今回、絵文字が入ってる♪(^^)
凝ってますね(^^)

ほんと、秀頼のセリフはまるで別人が書いたかのように、立派なセリフでしたね(^^;)
田渕さんじゃなくて、お兄さんが考えたのかも?(^^;)

宮沢さんの淀は評判いいですね♪
ほんと迫力あって、素晴らしいです(^^)

江も秀忠も時代感覚なくて、困ったものです(汗)

家康公は、普通だと思ってましたが、最近、言動おかしいですか?(汗)
分からなかったです(汗)
針を自分の手に刺してしまう意味も分からなかったです(^^;)

とにかく、もうすぐ大阪の陣ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/52949579

この記事へのトラックバック一覧です: 【江】第39回と視聴率「運命対面」&クランクアップ:

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第39回 [日々“是”精進! ver.A]
若さには、勝てませんね・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110090003/ 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.10.05 NHK出版 (2011-09-30) 売... [続きを読む]

» 【江】第39回と視聴率「運命対面」&クランク... [ショコラの日記帳]
【第39回の視聴率は、10/11(火)追加予定】『江』の撮影、全てクランクアップしたそうです。スタジオ収録は、9月30日にクランクアップして、スタジオクランクアップセレモニーが同日... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「江」 #39  運命の対面 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
家康と秀頼の対面の話のようですが…。 [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国〜』 第39回「運命の対面」 [ふるゆきホビー館]
江は将軍家の正室として、「御台所」と呼ばれることになりました。これにともない、ヨシも民部卿局と称されることに。そして江には二人目の男子、国松が誕生します。これがのちの駿河大納言忠長ですね。最強の乳母であるお福に育てられる竹千代とちがい、第二子は江が育てて、早くも対立の芽が。徳川への対抗意識を隠さない大野治長は、こちらも豊臣家の跡継ぎを、と淀に進言します。しかし、千姫はまだ10歳じゃ・・・と首を振る淀に、「秀頼様は17歳におわす」とひと言。つまりは、側室をすすめたわけですが、意外にも淀はこれを受け入れ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆39高次死去で初は淀と江の架け橋役になり秀頼は自らの意思で家康と面会しその姿に家康は脅威に感じた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第39話は2代将軍となった秀忠に2人目の男の子が誕生し国松を江は溺愛する。それを見た竹千代はどこか寂しい気持ちになる。そんな中初の夫高 ... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第39回 「運命の対面」 [青いblog]
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) あらすじ ...... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第三十九回 運命の対面 [レベル999のgoo部屋]
『運命の対面』 内容 ようやく産んだ竹千代を福(富田靖子)にとられ、不満な江(上野樹里) そんななか、秀忠(向井理)が、2代将軍に就任し、“御台所”となる江。 乳母ヨシ(宮地雅子)は、“民部卿局”となるのだが、 どうしても、福のことが許せずにいた。 大姥局(加...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.39運命の対面 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第39回「運命の対面」 【あらすじ】 秀忠(向井理)が第二代将軍となり、江(上野樹里)は御台... [続きを読む]

» 江 -姫たちの戦国- 第39回「運命の対面」 [あしたまにあーな]
気のせいか、最近のタイトルは「○○の○○」というものが多いような気がします。意図的なのか偶然なのかわかりませんが、かれこれ10話以上続いています。その中でも今回はかなり出来が良かったのではないでしょうか。こんな大河ドラマが続いてくれれば良かったのにと残念でなりません。 秀忠は家康から二代将軍に命じられたのですが、相変わらず自分がしたいことはなかなかできない様子で、色々と直談判するのですが、きちんと聞いてもらえずに実権は家康のままです。自分がやりたいことを最終的には認めてもらえない秀忠と、竹千代の世話... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第39話 感想「運命の対面」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
江〜姫たちの戦国〜ですが、江(上野樹里)は国松を出産し史実どおり溺愛します。竹千代は福(富田靖子)がガッチリ取り込んでおり、お家騒動の火種もくすぶりますが、大姥局(加賀まりこ)は微妙に江よりです。江が将軍御台所となってしまったので、侍女Aも民部卿局とか複雑な名前になってしまいますが、とばっちりもいい所です。 徳川家康(北大路欣也)は将軍職を徳川秀忠(向井理)に譲り、諸大名を動因して江戸に壮大なお城を建設しますが、諸大名こそいい迷惑で、何で秀忠の城を造らなければいけないのかとムカっ腹を立てます。 ... [続きを読む]

» 【江〜姫たちの戦国〜】第三十九回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
秀忠(向井理)が第二代将軍となり、江(上野樹里)は御台所(みだいどころ)となった。 しかし、長男・竹千代の世話を福(富田靖子)に独占され、いい気がしない。  一方、大坂では淀(宮沢りえ)が怒りに震えて...... [続きを読む]

» 「江 ~姫たちの戦国~」 第39回、運命の対面 [センゴク雑記]
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第39回、運命の対面。 徳川家康と豊臣秀頼の対面ってことだったみたいです。 徳川秀忠と江は、主役だけど相変わらず蚊帳の外なんですね・・・w ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第39話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
江が御台所に----------!!徳川で始めてのその地位。でも、本人はどちらかというと、あんまり興味ないよう。そのため、ヨシまで出世♪だが、それより、相変わらず福との確執があるよ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第39話 感想「運命の対面」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
江が御台所に-------------!! 徳川で始めてのその地位。 でも、本人はどちらかというと、あんまり興味ないよう。 そのため、ヨシまで出世♪ だが、それより、相変わらず福との確執があるようで、竹千代を腕に抱けぬ日々が続いているよう。 ・・・まぁ、今更若君誕生...... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国 第39回「運命の対面」 [平成エンタメ研究所]
★今回は面白かった。  深まる徳川と豊臣の対立。  秀忠(向井理)は、伏見や大阪城・西の丸に住むことを主張。  そして関白・秀頼、その下に将軍の自分という徳川と豊臣の連立政権を目指す。  これが史実かどうかはわからないが、今までの物語の経緯を考えると、この...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第39回「運命の対面」 [真田のよもやま話]
 太閤様亡き後我が世の春を謳歌してなおかつその春が永遠に続くようにと盤石の態勢で寄りきろうとなさる家康様。まるで往年の横綱貴乃花関を見るような手堅い攻め手でございます。方や秀吉様の忘れ形見の秀頼様、若々しくも凛々しくも往年の千代大海関のようなツッパリ相撲の電車道となりますかどうか~~!歴史ドラマとしては面白いんですけど、肝心の主人公様の江様の存在感がどうなります事やらちょおおっと心配な今日この頃の秋の宵!ええ~、皆様一週間のご無沙汰でございました、今週も大河ドラマ!始まっるよおぉ~~~♪ ...... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第39回「運命の対面」 [みはいる・BのB]
今週も『江』のお時間です。あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第39話(10.9) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
「国松は私の子、私の好きに致します。 私が産んだ子は皆まずもって私の子にございます、竹千代を除いては・・・」 江@上野樹里は福@富田靖子に奪われた長男竹千代より次男国松を寵愛、 徳川家康@北大路欣也は豊臣秀頼@太賀に上洛を要求、 激怒した淀@宮沢りえが拒絶したものの、 6年後秀頼は上洛、二条城で家康と会見したという話 江が竹千代より国松を可愛がるのが自然に感じられた。 福というより徳川家に竹千代を奪われたという感覚なんだろうな。 江が国松を可愛がるのを寂しそうに見つめる竹千代もまた可哀相だったな ... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第39話「運命の対面」 [坂の上のサインボード]
 徳川秀忠に将軍職を譲った徳川家康は、新首都となる江戸城とその城下町の設計に取り掛かっていた。広大な首府となる江戸の町の地盤を固めるために、家康は前田利長・伊達政宗・加藤清正・結城秀康・松平忠吉・本多忠勝らに命じて神田山を切り崩し、豊島の洲を埋め立てさせた。慶長9年(1604年)8月からは江戸城普請のための石垣工事が始まり、築城の名人とされた藤堂高虎に基本設計を任せ、福島正則・加藤清正・池田輝政・黒田長政・細川忠利といった、遠国に住む豊臣恩顧の大名までもが動員された。家康自身は駿府に移り住むことを決... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第39話「運命の対面」 [ぷち丸くんの日常日記]
秀忠(向井理)が第2代将軍となり、江(上野樹里)は御台所となったものの、長男・ 竹千代の世話を福(富田靖子)に独占され、いい気がしない。 大坂では淀(宮沢りえ)が怒りに震えていた。 京に居る家康(北大路欣也)が秀頼(太賀)に、秀忠将軍就任の祝いに来い、という... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国 第三十九話 運命の対面 [V36スカイラインクーペが欲しい!]
掘りが浅いなあ この時期の徳川と豊臣の対立、竹千代と国松の世継ぎ争いは、ドラマを盛り上げる面白いネタなのだが、イマイチ掘りが浅いという印象をうけた。 <写真は、非業の死 ... [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国 第三十九話 運命の対面 [V36スカイラインクーペが欲しい!]
掘りが浅いなあ この時期の徳川と豊臣の対立、竹千代と国松の世継ぎ争いは、ドラマを盛り上げる面白いネタなのだが、イマイチ掘りが浅いという印象をうけた。 <写真は、非業の死 ... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~第39回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
遅くなりましたが大河感想いきます!‥‥つか やっぱり当日書けたらよかったなぁ。 書けなかったんですよね~、あの日は。忘れてる事も多々ありそうです(^^;)まず、38回も見れなか... [続きを読む]

« 【カーネーション】第6回&尾野真千子in土スタ | トップページ | 【カーネーション】第7回&『おひさま』総集編感想 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31