無料ブログはココログ

« 【カーネーション】第12回「父、承諾」 | トップページ | 【南極大陸】初回感想と視聴率好発進♪ »

2011年10月16日 (日)

【江】第40回と視聴率「親の心」

第40回の視聴率は、前回の15.7%より少し下がって、15.2%でした。

今回、大姥局(加賀まりこ)が、やたらいい人でした♪(^^)

鬼からいい人に変わったと思ったら、死んでしまいました(汗)

体調が悪くなったので心配かけないよう、江戸城から去り、それから1年あまり後に、亡くなったそうです。

死ぬのはお城の外で・・・というのは、使用人の鑑ですね。

 

大姥局「それでも母ですか?

 母が子を諦めてはなりません」

などと、竹千代の件、江にも遺言のように忠告してくれました。

 

ところで、竹千代の疱瘡、生きるか死ぬかの大病だったのではないかと思うんですが、

江のセリフ一言の説明で、さらっと終わってしまいました(汗)

 

今回は、江が推す次男・国松と、福が推す長男・竹千代との世継ぎ争いを中心に、

家康と秀忠が心が通じ合わないのと、江と竹千代とが心が通じ合わないのとを対比させて描きました。

それをなんとかしようと、大姥局がいろいろ頑張ってくれました。

 

江戸城では、世継ぎは竹千代ではなく、次男の国松だという噂が広まり、福は心配になりました。

それで、福は、伊勢参りと江に嘘をついて、駿府城まで家康に直訴に行きました。

乳母の分際で、ちょっとやりすぎな気がしますが、史実なんですよね(汗)

 

家康が江戸城に来て、皆の前で宣言しました。

家康「我が徳川家を継ぐのは、そこなる竹千代とする」

 

大姥局は福に、直訴はやりすぎだと叱りました。

でも、同じ乳母として気持ちは分かると。

 

江は、家康の所に行って、本当に竹千代で決まりなのか詰め寄りました(汗)

家康は、むしろ跡継ぎをめぐって家中が乱れている状況を嘆き、秀忠の将軍としての自覚を促しました。

結局、竹千代で本決まりではないようです(本当かな?)(^^;)

江は、ほっとしました。

 

でも、家康もあまり江を叱れないですよね。

次男より三男の秀忠の方を可愛がって、世継ぎを三男の秀忠にしたのだし・・・(^^;)

その秀忠とは心が通じず、 大姥局は、なんとか、家康と秀忠の心を通じ合わせようと、話す機会を作りました。

そのお陰で、家康と秀忠は、しっかり話をしました。

でも、話は平行線でした。

豊臣と徳川が並び立つという件、やはり父上には理解してもらえない、

いくら話しても、父上とは心が通じ合わないとわかったと、秀忠はがっかりしました。

ところが、後で、林羅山という学者が秀忠の元に来ました。

家康からの指示で来て、その件について、もっと話を聞きたいとのことでした。

ようやく秀忠も少し父上に心が通じたと思い、少し喜びました♪(^^)

 

千姫は、芦田愛菜ちゃんから、忽那汐里ちゃんに代わりました。

忽那汐里ちゃんは、『家政婦のミタ』にも阿須田家の長女役で出演しています。

淀が側室の子供ばかり可愛がって、千はちょっと可哀想でした。

それでも、最後に秀頼が千と実質的な夫婦になりたいと淀に頼んで、ようやく許可されました。

こんなことまで、淀の許可が必要とは(汗)

 

今回は、大姥局の活躍を中心とした穏やかな回でした。

世継ぎ騒動を、まさか大姥局を中心として、秀忠と家康との関係と対比して描くとは思わなかったので、少し斬新な気がしました。

竹千代、ちょっと可哀想でしたが、江も竹千代に話しかけているのに、「福福」と言って・・・

竹千代が母を恋しい時は国松がいて、タイミングが合わないのか、相性悪いですね(汗)

でも、それ以上に、千姫、心配です。

ようやく秀頼と事実上の夫婦となったようですが、次回は豊臣と徳川が激突?

次回(10/23)のサブタイトルは、「姉妹激突!」です。

次々回(10/30)のサブタイトルが、「大坂冬の陣」、11/6が「淀、散る」です。

淀の宮沢さんが素敵なので、残り少ない登場、切ないです。

次回、もう少し沢山登場しますように・・・֥ϡ

 

【第40回粗筋】

江(上野樹里)は、長男・竹千代(水原光太)が病弱に育ったのは福(富田靖子)のせいではと悩む。

そんな母を健気に励ます次男・国松(松島海斗)が、江は、いとおしくてならなかった。

江戸城内では、聡明な国松を推す江と、竹千代一筋の乳母・福の徳川家跡継ぎをめぐる争いが続いていた。

次第に江戸城内では、家臣たちから「跡継ぎは国松」といううわさが流れ始める。

そんな折、大姥局(加賀まりこ)が病に倒れる。

大姥局は、秀忠(向井理)に家康(北大路欣也)と、よく話し合うよう忠告し、江には「母が子を諦めては、ならない」という言葉を残す。

一方、大坂では淀(宮沢りえ)が、秀頼(太賀)と側室の間に生まれた子をことのほか、かわいがり、千(忽那汐里)は家族の輪に入れずにいた。 

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

[第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

[第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

[第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

[第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%  [第20回]19.0%

第21回]17.6%  [第22回]18.3%  [第23回]18.0%  [第24回]18.1%

第25回]16.3%  [第26回]16.2%  [第27回]15.3%  [第28回]18.9%

第29回]17.4%  [第30回]17.6%  [第31回]13.1%  [第32回]15.4%

第33回]15.6%  [第34回]17.8%  [第35回]15.4%  [第36回]15.8%

第37回]16.4%  [第38回]15.9%  [第39回]15.7%  [第40回]15.2%

第20回以前のレビューは、第21回から飛んで下さい。全回レビューあります。

 

公式HP(徳川家お世継ぎバトル)

 

   

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ

どうか応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 【カーネーション】第12回「父、承諾」 | トップページ | 【南極大陸】初回感想と視聴率好発進♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

とうとう40回、毎度、ショコラさんご苦労さまです。

前回に引き続き、時々、生きた台詞がありましたね。ひたすらお家大事に生きた大姥局まり子さん、やはりあの時代の鬘や衣装やお城には、立派な封建道徳が似合いますよね。

ドン・キホーテは 中世騎士物語のパロディでしたけれど、その逆をやっても笑い者になる、今回の大河はそれを証明した感じがします。

春日局の家康への直訴は史実かどうかは解りません。家光死去後に成立した春日局略譜というのに出てくるらしいですが、江戸時代の作り話というのが通説です。ショコラさんが疑問を抱かれた通り、乳母が将軍家の後継問題に嘴を挟むなんて、通常では考えられません。

私見ですが、後に家光の世に、春日局が従二位まで登りつめ(なんと、あの平時子、北条政子と同格です、生母の江より上位!)子や孫は老中・大老まで出世したので、よほどの手柄があったに違いないと、いろんな想像をされたのではないでしょうか。

春日局は働く女の右代表として、何の苦労もなしに食っちゃあ寝の江にムカッ
(●`ε´●)
秘めたる対抗心は あったかもしれませんが。

>レッドバロンさんへ

詳細な説明、ありがとうございます♪
なるほど、あの有名な春日局の直訴も作り話の可能性大ですか(^^;)

確かに、生まれた家柄だけで御台所として敬われている江に対して、単に、仇というだけではなく、嫌悪感があったかもしれませんね。

大姥局が、最期、いいキャラになったように、きっと春日局もそのうちにいいところが出てくるのでしょう(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53008533

この記事へのトラックバック一覧です: 【江】第40回と視聴率「親の心」 :

» 【江】第40回と視聴率「親の心」 [ショコラの日記帳]
【第40回視聴率は、10/17(月)追加予定】今回、大姥局(加賀まりこ)が、やたらいい人でした♪(^^)鬼からいい人に変わったと思ったら、死んでしまいました(汗)体調が悪くなっ... [続きを読む]

» 『江〜姫たちの戦国〜』 第40回「親の心」 [ふるゆきホビー館]
nbsp;慶長16年の夏、竹千代が疱瘡になっていたのを、お福が隠していたため、江は叱責しました。その場にきた竹千代は、しかし江の呼ぶ声もむなしく、お福にくっついてしまいます。大姥局は、これを見て複雑な表情に。後日、庭で剣術のけいこをする国松を見た秀忠は、木刀をとってみずから立会います。勢い込んで打ちかかる国松をはねのけながらも、その熱意に秀忠は満足そうでした。これにくらべて、また通りかかった竹千代にも稽古をつける秀忠でしたが、すぐに転んで泣き出す竹千代には、「か弱いなぁ」との言葉しか出ませ... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第40話「親の心」 [坂の上のサインボード]
 徳川秀忠・お江夫妻の長男である竹千代こと徳川家光は慶長9年(1604年)生まれ、次男の国松こと徳川忠長は、慶長11年(1606年)生まれの2歳違いの兄弟で、お江にとっては32歳、34歳での出産だった。文禄4年(1595年)に秀忠のもとへ輿入れしてから、長女・千姫、次女・珠姫、三女・勝姫、に四女・初姫と、なかなか男子に恵まれなかったお江にとっては、家光は9年目にして授かった待望の男子だったはずであり、大切な後継ぎとなるはずであった。  ところが、どういうわけかお江夫妻は、長男の家光よりも次男の... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第40回 [日々“是”精進! ver.A]
親の心、子知らず・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110160003/ 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.10.14 NHK出版 (2011-09-30) 売り上げ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第40回 [日々“是”精進!]
  第四十回「親の心」江は病弱な竹千代の事が心配だが、福がいるため傍に行けない。竹千代の身体が弱いのは福のせいではないかと悩む。竹千代の事で悩む母を、二男の国松はけなげ... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~第40回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今日はあんまり‥‥感想は無いなぁ‥‥(^^;)江さんと春日局さんの対立も そんなにすごいものではないと思うし‥‥。いや 特に見たい訳でも無いですが(^^;)今日は家康さんと秀忠さん... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第40回「親の心」 [みはいる・BのB]
『江』のお時間です。 あらすじ・・・ [続きを読む]

» 大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.40親の心 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第40回「親の心」 【あらすじ】 江(上野樹里)は、長男・竹千代が病弱に育ったのは福(富田... [続きを読む]

» 【江〜姫たちの戦国〜】第四十回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
江戸城内では、聡明な次男・国松(松島海斗)を推す江(上野樹里)と、長男・竹千代(水原光太) 一筋の乳母・福(富田靖子)の徳川家跡継ぎをめぐる争いが続いていた。 そんな折、大姥局(加賀まりこ)...... [続きを読む]

» 「江〜姫たちの戦国」第40回〜大姥局(加賀まりこ)がヨカッタ。上野樹里ちゃんは出番減!? [世事熟視〜コソダチP]
『江〜姫たちの戦国』 第40回「親の心」 演技派女優・上野樹里ちゃんのファンなので応援したいけど、なかなかね・・。 だんだんと上野樹里ちゃんの出番も減ってきたような・・・。 前回は秀頼=太賀が主役で、今回は大姥局(加賀まりこ)が重要な役回り・・・。 主役不在。 −◆− 慶長16(1611)年、江(上野樹里)は、自分になつかない長男・竹千代(8歳)との関係に悩んでいた。 竹千代との関係について「何か間違ってたのだろうか」と治部卿局(宮地雅子)にこぼしています。 すると... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第40回... [徒然”腐”日記]
江よりその後に放送した「南極物語」方が印象強くてあんまり感想が書けない気がする・・・・・・・ま、いつも書いてませんけどねwあらすじは江 公式サイトから江(上野樹里)は、8... [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第四十回 親の心 [レベル999のgoo部屋]
『親の心』 内容 竹千代(水原光太)を福(富田靖子)が育てることに、 いまだに納得出来ない江(上野樹里) 福から、竹千代が病気になったことの報告もなく、、、、苛立ちを深めていた。 そんな母・江を、次男・国松(松島海斗)は優しい言葉をかけ。。。。 一方、秀頼...... [続きを読む]

» 江~姫たちの戦国~ 第40話「親の心」 [ぷち丸くんの日常日記]
江(上野樹里)は、8歳になる長男・竹千代(水原光太)が病弱に育ったのは 乳母の福(富田靖子)のせいではないかと思い悩む。 そんな母を健気に励ます次男・国松(松島海斗)が、江は愛おしくてならなかった。 大坂では、秀頼(太賀)と側室の間に生まれた子・国松を、淀(宮... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第40回「親の心」 [真田のよもやま話]
親の心ですか・・・家康様の心、秀忠様の心、江様の心、淀様の心・・・複雑ですねえ。家があって子供があるというのが家康様の父の心でしょう。家も子供も大切で溺愛っぽいのが淀様で、江様にあらせられましては家なんて関係ないわが子はわが子、でも竹千代はとられちゃったから国松だけ可愛がるの♪みたいな・・・?  どうなんでしょうねえ、大河ドラマの主人公様なのに全然偉い人に見えないところが今年の新機軸なのかしら?ざっくばらん・・・なのかにゃあぁぁ・・・... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第40話... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
親の心、子知らず-----------。なのかなぁ?でも、残念ながら江は、竹千代に対しては全く愛情が感じられないし、ようやく国松は自分が育ててる・・・って感じが見えただけだもんなぁ。... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第40話 感想「親の心」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
親の心、子知らず-----------。 なのかなぁ? でも、残念ながら江は、竹千代に対しては全く愛情が感じられないし、ようやく国松は自分が育ててる・・・って感じが見えただけだもんなぁ。 案の定、あらら、竹千代ってば、すっかり福になついちゃって、江を母とは思ってな...... [続きを読む]

» 「江 ~姫たちの戦国~」 第40回、親の心 [センゴク雑記]
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第40回、親の心。 徳川家康と秀忠。江と竹千代。 うまくいかない親子関係のお話。 [続きを読む]

» 江〜姫たちの戦国〜 第40回 「親の心」 [青いblog]
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) あらすじ ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆40福の申し出に世継ぎは嫡男竹千代!千が秀頼の妻になるも家康は豊臣を滅ぼすと宣言した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第40話は竹千代と国松はそれぞれ育つものの、竹千代は江になつかず、国松は江の元ですくすくと育っていた。そんな中で城内から世継ぎは国松に ... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「江」 #40 親の心 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
急に話が一気に進んでいる江。 もう大坂の陣へ向かって一直線です。 [続きを読む]

» 江 姫たちの戦国第40話 & 俺の空 刑事編第1話(10.16) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・江 姫たちの戦国第40話 徳川と豊臣の関係がより不穏になる中、 徳川秀忠@向井理と江@上野樹里は次男国松を寵愛、 焦る福@富田靖子は徳川家康@北大路欣也に直訴し、 家康は世継は竹千代と宣言、 徳川家の行く末を案じて、大姥局@加賀まりこが他界したという話 江が国松を寵愛してしまうのにも納得、 竹千代を世継にしようと奔走する福にも共感させられた回だった。乳母はこういうもんだな やはり、福が家康に直訴するエピソードを入れたか。 先週も書いた通り、僕は架空のエピソードだと思うのですが、 (次男結城秀康でな... [続きを読む]

» 世子家光 〜江・親の心〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
昔から描かれてきた竹千代(家光)と国松(忠長)の争い。 どもりがひどかった竹千代に対し、明るく活発で才気ばしった国松。 江や秀忠は国松の方をかわいがったとされるが、家康や福は竹千代を指名していた...... [続きを読む]

» 世子家光 〜江・親の心〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
昔から描かれてきた竹千代(家光)と国松(忠長)の争い。 どもりがひどかった竹千代に対し、明るく活発で才気ばしった国松。 江や秀忠は国松の方をかわいがったとされるが、家康や福は竹千代を指名していた...... [続きを読む]

« 【カーネーション】第12回「父、承諾」 | トップページ | 【南極大陸】初回感想と視聴率好発進♪ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30