無料ブログはココログ

« 【家政婦のミタ】第3話感想と視聴率最高♪ | トップページ | 【妖怪人間べム】第2話感想と視聴率 »

2011年10月29日 (土)

【カーネーション】第4週(19~24回)と視聴率

先週(第3週)の週間最高視聴率は、17.9%(10/18(火))でした。

今週水曜(10/26)第21回の視聴率、19.0%で、その日の時点で、このドラマの最高視聴率だったそうです。

その後、この週末、これを越えられたかどうか、気になるところです。

第14回[10/18(火)]の内容は、奈津がパッチ屋にいた糸子に泰蔵の結婚の噂を聞きに来ました。そして、糸子が風邪で熱を出して、パッチ屋に無理に行きましたが、先輩からいない方がいいと帰され、落ち込みました。寝ていたら、隣の部屋で、母が妹に言った言葉「お姉ちゃんは偉い」で、元気になりました。

第21回[10/26(水)]の内容は、人気歌舞伎役者・中村春太郎(小泉孝太郎)と一緒にパーラーにいた奈津に、糸子は、忠告して喧嘩に。

そして、糸子は父に、ミシンを神戸の祖母に買って貰う事を許可して欲しいなどと話しましたが、怒られました。

ミシンを買って、根岸先生に洋裁を教えて貰うという祖母と共同の作戦でしたが、残念。

でも、パッチ屋の大将・桝谷が来て、善作に、糸子が将来有望だと褒め、洋服がこれから主流になるだろう。自分にあんな子がいたら、引退して彼女に店任すと、話しました。

これが善作の気持ちを動かしました。

 

今週は、パッチ屋を不況でクビになったところから、ミシンを買った人に使い方を教える先生、根岸(財前直見)に1週間洋裁を教わる話でした。

「スティンガーミシン」なんて、「シンガーミシン」みたいですね♪

それにしても、根岸先生、素敵でした♪(^^)

女たらしの歌舞伎役者、中村春太郎、小泉孝太郎さんにぴったりでした(笑)

奈津だけでなく、根岸先生にまで・・・(^^;)

お父ちゃん、根岸先生に、家財一式売り払ってでも洋裁教えてやって欲しいと土下座して頼んでくれました。

お父ちゃん、すごいです!

お陰で、根岸先生、会社に1週間休みを貰って、東京へ帰る前の1週間、小原家に泊まり、糸子に洋裁を教える代わりに、善作が根岸に謡を教えるという交換条件で教えてくれました。

家財一式どころか、授業料かからなくて、泊り込みで教えてくれるなんて、なんておいしい話でしょう♪

小原家も布団を打ち直したり、洋食を習ったりして、万全の体制で、根岸先生をお迎えしました。

なぜか、お婆ちゃんだけが根岸先生を気に入らないみたいで・・・(^^;)

でも、お婆ちゃんの手料理のイワシの煮物をおいしそうに食べたので、簡単に気持ちが変わりました(^^)

お母ちゃんが作った豚のカツレツは何度も揚げたので、パサパサになってしまって、皆、咳き込んでしまいました(^^;)

それでもおいしいと言って食べたり、根岸先生、ほんと、いい人でした♪

 

最初の授業は、洋服を着て胸を張って歩くことでした。

根岸 「堂々としなさい。

 洋服を着て、胸を張って歩くということ、あなたの使命だと思いなさい」

ウエストの位置で足が短く見えたり、胴が長く見えたりするというのも、最初にありました。

根岸「本当にいい洋服は、着る人に品格と誇りを与えてくれる。

 人は品格と誇りを持てて初めて、夢や希望も持てるようになる。

 いい? あなたが志している仕事には、そんな大事な役割があるのよ」

これも大事な心構えでした。

 

2日めから、採寸など、洋服作りの基本をみっちり教えてくれました。

厳しかったですが、糸子は頑張って、ついていきました。

そして、あっという間に1週間が終わりました。

最終日に、勘助や玉枝さん、木之元さん達が集まって、お別れ会を開きました。

玉枝さんはカレーを作って持ってきてくれました。

根岸先生も楽しそうでした。

謡は、どのくらいうまくなったのでしょう?

善作さんの熱意に負けて、まるでタダで教えてくれたみたいな印象でした(^^)

 

タクシーで帰るのを糸子が見送りました。

根岸「頑張りなさい。 さようなら」と言って、タクシーに乗り、去りました。

糸子「ありがとうございました」と頭を下げて、見送りました。

 

先生のいなくなった小原家は、益々、寂れて見えて・・・

でも、すぐにお父ちゃんが中古のラジオを木之元電キ店で買ってきてくれました。

お父ちゃんも変わりましたね。

時代に流されていく決意ができたのでしょうか?

 

そして、最後に、2年飛び、昭和7年(1932年)、糸子19歳になりました。

もう洋服を作れるようになりましたが、まだ注文してくれる人がいなくて、商売になっていません。

この頃、作っていたのは手提げと前掛けばかり縫っていたそうです。

ある日、東京・銀座のデパート「黒田屋」で火事。

最初は、ただのニュースだったのに・・・

着物の裾の乱れが気になって、ロープの手を放してしまって、犠牲になってしまった女性が多かったなどと、段々違う面からの新聞報道がされました。

制服は洋服がいいのではないかとの記事を読み、糸子は何やら閃いて、心斎橋の百貨店に駆けつけました。

きっと、洋服の制服を自分に作らせて欲しいと頼むのでしょう。

予告編を見ただけでも分かりましたが、以前、コシノジュンコさんがゲスト出演した「あさイチ」などでも、映像流して、宣伝していました♪

まだ何も実績ないのに、普通、百貨店が発注なんてしてくれないだろうと尻込みしてしまいそうですが・・・

糸子は頑張りますね。

実話に基づいているので、この辺りの綾子さん(糸子)のパワー、すごいなと思います。

来週も楽しみです♪(^^)

 

【第4週粗筋】 (Yahooテレビより)

第19回[10/24(月)]

桝谷パッチ店を辞めさせられた糸子(尾野真千子)。落胆している糸子に、善作(小林薫)は「早く次の働き口を探せ」と言う。しかし仕事は、なかなか見つからない。ある日、岸和田に洋服を着た美しい女性が現れた。根岸良子(財前直見)というミシンの販売員で、東京のメーカーから派遣されて営業に来たのだ。根岸は、木之元電キ店の店先で実演販売をすることに。糸子は根岸の美ぼうや、掲げる洋服を目を輝かせて見つめる。

第20回[10/25(火)]

糸子(尾野真千子)は根岸(財前直見)に洋裁を教わりたいと頼み込む。根岸が心斎橋に開いたミシン教室に喜んで向かうが、その内容は簡単すぎた。本格的に学びたい糸子だが、そこまでは無理だと断られる。帰り道で出会った貞子(十朱幸代)は、ミシンを買ってやると言うが、善作(小林薫)が許さないと糸子は断る。その時、人気歌舞伎役者の中村春太郎(小泉孝太郎)を見かける。女たらしの春太郎の連れは、糸子がよく知る娘で...。

第21回[10/26(水)]

春太郎(小泉孝太郎)と一緒だった奈津(栗山千明)のことを心配しつつ、家へ帰った糸子(尾野真千子)。善作(小林薫)に洋裁教室やミシンのことを話すが、激しい怒りを買ってしまう。だんじり祭の日、糸子は奈津を見つけて春太郎とのつきあいを注意し、大ゲンカになる。ある日、善作が井戸端にいると、パッチ屋の桝谷(トミーズ雅)がやって来た。桝谷は、糸子が将来有望だと褒め、洋服がこれから主流になるだろうと話す。

第22回[10/27(木)]

善作(小林薫)は根岸(財前直見)に土下座して、糸子(尾野真千子)に洋裁を教えてほしいと頼む。ある日、糸子が家に帰ると、根岸が善作に謡を習っていた。根岸は、1週間だけ小原家に泊まり謡を教わる代わりに、糸子に洋裁を教えることにしたのだという。糸子は大喜びし、千代(麻生祐未)たちも洋食を作ろうとするなど、張り切って準備する。いよいよ、その日、洋服を着こなした根岸が、岸和田の街をさっそうと歩いてきた。

第23回[10/28(金)]

根岸(財前直見)は、まず糸子(尾野真千子)に洋服を着せ商店街を歩かせる。根岸は好きな花を尋ね、糸子がカーネーションを挙げると「その花のように堂々としろ」と教える。続いて心斎橋のカフェに糸子を誘い、本当によい服は夢や希望を与えると話し、糸子は大きな影響を受ける。しかし、またも女連れの春太郎(小泉孝太郎)を目にし、糸子は猛然とにらみつける。帰り道では堂々と会釈する糸子を泰蔵(須賀貴匡)が驚いて見送る。

第24回[10/29(土)]

洋裁の基礎を一週間でたたき込もうと厳しく教える根岸(財前直見)に、糸子(尾野真千子)は必死でついていく。その様子は見物に来た勘助(尾上寛之)も、たじろぐほどだった。楽しいお別れ会の後、根岸先生は「頑張りなさい」の言葉を糸子に残し去っていく。灯が消えたような小原家に、善作(小林薫)がラジオを買ってくる。2年後、小原呉服店は相変わらず不景気だが、ラジオで糸子はデパートの火災を知り、制服作りを思いつく。

 

【視聴率推移】 (関東地区)

                       週間最高視聴率

・第1週「あこがれ」  初回16.1% 17.4%(10/8(土))

・第2週「運命を開く」         18.5%(10/15(土))

・第3週「熱い思い」          17.9%(10/18(火))

・第4週「誇り」

・第5週「私を見て」

 

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(2人の糸子の歌・動画)

 

第12回[10/15(土)]「父、承諾」

第3週(13~18回)と視聴率

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【家政婦のミタ】第3話感想と視聴率最高♪ | トップページ | 【妖怪人間べム】第2話感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53110784

この記事へのトラックバック一覧です: 【カーネーション】第4週(19~24回)と視聴率 :

» 【カーネーション】第4週(19~24回)と視聴率 [ショコラの日記帳]
先週(第3週)の週間最高視聴率は、17.9%(10/18(火))でした。今週水曜(10/26)第21回の視聴率、19.0%で、その日の時点で、このドラマの最高視聴率だったそうです。その後、この週末... [続きを読む]

» カーネーション 第24回 [レベル999のマニアな講義]
内容洋服を着て胸を張って歩く。初日の授業が終わり。2日目、採寸が大切であると根岸(財前直見)の教えに、必死になってついて行く糸子(尾野真千子)。そして。。。。。。1週間... [続きを読む]

» カーネーション 第24回 [レベル999のgoo部屋]
内容 洋服を着て胸を張って歩く。初日の授業が終わり。 2日目、採寸が大切であると根岸(財前直見)の教えに、 必死になってついて行く糸子(尾野真千子)。 そして。。。。。。1週間後、、、いつもの家にもどるのだった。 静かになった家に、父・善作(小林薫)に怒鳴...... [続きを読む]

» 【カーネーション】第24回  [ドラマ@見取り八段・実0段]
根岸先生は教えられるだけの事を精一杯教えて行ってくれた。 師弟の「さようなら」は、ちょっと寂しい。 糸子は洋服を縫えるようになった。 しかし、世の中では洋服の需要はまだ少なすぎた。 「カーネ...... [続きを読む]

» ドナイカセナ>『カーネーション』第24話 [何がなんだか…ひじゅに館]
お別れ会で根岸先生が食べていたのは カレー丼なのかカツカレー丼なのか それが一番気になった>ぇ …ひじゅにですが何か? 「後戻りしてたら間に合わないわよ」by根岸先生 洋裁教室の残り6...... [続きを読む]

» ドナイカセナ>『カーネーション』第24話 [もう…何がなんだか日記]
お別れ会で根岸先生が食べていたのはカレー丼なのかカツカレー丼なのかそれが一番気になった>ぇひじゅにですが何か?「後戻りしてたら間に合わないわよ」by根岸先生洋裁教室... [続きを読む]

» ドナイカセナ>『カーネーション』第24話 [もう…何がなんだか日記]
お別れ会で根岸先生が食べていたのはカレー丼なのかカツカレー丼なのかそれが一番気になった>ぇひじゅにですが何か?「後戻りしてたら間に合わないわよ」by根岸先生洋裁教室... [続きを読む]

« 【家政婦のミタ】第3話感想と視聴率最高♪ | トップページ | 【妖怪人間べム】第2話感想と視聴率 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31