無料ブログはココログ

« 【南極大陸】第9話感想と視聴率「終幕へ…奇跡が起きる!」 | トップページ | 【謎解きはディナーのあとで】第9話感想と視聴率 »

2011年12月13日 (火)

『坂の上の雲』第11回視聴率と『行列~』の新司会者、さんまさん♪

『行列のできる法律相談所』の新しい司会者明石家さんまさんになるそうです。

先日(12/11)の「行列~」の最後に発表されて、びっくりしました♪

2012年1月15日放送の新春2時間SPからのようです。

突然、島田紳助さんが辞めてから、東野幸治さん、宮迫博之さん、お笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さん、お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さんなど、いろいろな人が司会をしてきたようですが、ようやく、ちゃんと決まって良かったですね♪

弁護士の皆さんも最近、初期の頃の方が次々と辞めてしまい、少し淋しくなって、見ないことが多くなってしまっていました(^^;)

ここで大物司会者が入って、ほんと良かったです。

私は、シンスケさんより、さんまさんの方が好きなので、楽しみです♪(^^)

参考ニュース:まんたんウェブ

話は、全然、変わりますが・・・

 

『坂の上の雲』第11回「二〇三高地」の視聴率は、前回の12.7%より下がって、11.0%でした。

次回、10%を切らないか、心配です(^^;)

 

万策尽き果てた乃木(柄本明)の苦境を見かねた満州軍総参謀長・児玉源太郎(高橋英樹)は、一時的に第三軍の指揮を執ることを乃木に了承させました。

直ちに重砲隊の移動や陣地転換など攻撃計画を修正し、乃木の代わりに二〇三高地を落としました。

なんとか落とせて良かったです♪(^^)

児玉は、陥落した二〇三高地の巡視に向かう乃木にあえて同行せず、陸軍の記録にも自らが指揮権を執ったことは伏せて、単なる陣中見舞いだったと記録させました。

いろいろ気遣いも大変でした。

 

尚、今回出てきた白襷隊が雪を踏み分けて山頂を目指すシーンなど、その壮絶な戦いは北海道のサロベツ原野で撮影されたそうです。

ロケ期間は、11月下旬から12月上旬。

これは、くしくも第三軍の第三回攻撃とほぼ同じ日程。

氷点下の気温の中での戦いぶりがリアルに再現されているそうです。(公式HPより)

氷点下の気温の中、撮影、ご苦労さまでした。

次回は、「敵艦見ゆ」です。

 

【視聴率一覧】 (関東地区)

第1部(1868年~1900年)
放送回放送日副題視聴率
第一回2009年11月29日 少年の国 17.7%
第二回2009年12月06日 青雲 19.6%
第三回2009年12月13日 国家鳴動 19.5%
第四回2009年12月20日 日清開戦 17.8%
第五回2009年12月27日 留学生 12.9%
平均視聴率17.5%
第2部(1900年~1904年)
第六回2010年12月05日 日英同盟 14.7%
第七回2010年12月12日 子規、逝く 15.0%
第八回2010年12月19日 日露開戦 14.7%
第九回2010年12月26日 広瀬、死す 9.7%
平均視聴率13.5%
第3部(日露戦争)
第十回2011年12月04日 旅順総攻撃 12.7%
第十一回2011年12月11日 二〇三高地 11.0%
第十二回2011年12月18日 敵艦見ゆ
第十三回2011年12月25日 日本海海戦

 

公式HP(次回粗筋)

公式HP(第3部人物相関図)

公式HP(第3部用語ガイド)

 

第10回レビュー

 


【送料無料】坂の上の雲(第3部)NHKスペシャルドラマ・ガイド

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

どうか、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【南極大陸】第9話感想と視聴率「終幕へ…奇跡が起きる!」 | トップページ | 【謎解きはディナーのあとで】第9話感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

過去の日露戦争を描いた映画と比べても、出色の出来だったと思います。

榎本明さんの乃木将軍、ただ座っているだけでも孤愁の雰囲気が漂ってます。向いているとは思いましたが、果たして最高のランクでした。

ショコラさんは戦闘場面苦手のご様子ですが、集団の描き方も上手に撮れてます。ニューウェーブの映画の影響を感じますが、これに比べると、過去のお涙頂戴の戦争映画や近年の桃色大河ドラマがいかに幼稚だったか。

何だ、やれば出来るじゃないか、というNHKの現在の水準を示したものと思います。

今までのは何だったのか、歴史を描くなら このレベル以下はいらない、と視聴者がさらに離れる弊害も起こりそうですけどね。

>レッドバロンさんへ
お返事、また遅くなってしまって、すみません。

>過去の日露戦争を描いた映画と比べても、出色の出来だったと思います。

そうですか。
私は別の作品見てないので分かりませんが、BSで別の「二〇三高地」放送しましたね(^^)

>榎本明さんの乃木将軍、ただ座っているだけでも孤愁の雰囲気が漂ってます。向いているとは思いましたが、果たして最高のランクでした。

柄本明さん、ほんと哀愁があって、いいですね(^^)
「妖怪人間ベム」の“名前のない男”役もいいです♪

>何だ、やれば出来るじゃないか、というNHKの現在の水準を示したものと思います。
>今までのは何だったのか、歴史を描くなら このレベル以下はいらない、と視聴者がさらに離れる弊害も起こりそうですけどね。

とても評判がいいのに、視聴率はイマイチという変な状況で、つくづくマニア受けしているような気がします(汗)
でも、きっとNHKの歴史に残る作品になることでしょう♪(^^)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53478473

この記事へのトラックバック一覧です: 『坂の上の雲』第11回視聴率と『行列~』の新司会者、さんまさん♪:

» スペシャルドラマ「坂の上の雲」第11回 [日々“是”精進! ver.A]
203高地の占領に、成功… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112120001/ NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 第三部 オリジナル・サウンドトラック 久石譲 EMIミュージックジャパン 2011-11-09 売り上... [続きを読む]

» スペシャルドラマ「坂の上の雲」第11回 [日々“是”精進!]
 第十一回「二〇三高地」明治37年(1904年)11月、陸軍は旅順要塞の正面攻撃に固執し、第三次の総攻撃も失敗。後にその象徴となるのが「白襷隊」である。苦悩する乃木希典... [続きを読む]

» スペシャルドラマ『坂の上の雲』第3部第十一回 二〇三高地 [レベル999のgoo部屋]
『二○三高地』 内容 ふたたび陸軍第三軍による三回目の旅順要塞総攻撃が行われた。 選抜された“白襷隊”が果敢にも突撃して行くも、三時間後には攻撃は頓挫。 その後も、闇夜に紛れて攻撃を続けるが、十分な銃弾がない中では上手くいかず。 やがて壊滅の報が、第三軍の司...... [続きを読む]

» 【坂の上の雲】第十一回(第三部2話) [ドラマ@見取り八段・実0段]
陸軍は旅順要塞の正面攻撃に固執し、第三次総攻撃も失敗。 苦悩する乃木(柄本明)は、あくまで正面攻撃を主張する第三軍の幕僚たちを抑え、 二〇三高地の攻略を決意する。 児玉(高橋英樹)は軍の秩序を...... [続きを読む]

» 『坂の上の雲』 第11回「二百三高地」 [ふるゆきホビー館]
nbsp;旅順要塞を陥落させられないまま、バルチック艦隊の出撃を知った日本側は焦慮がつのります。第三次攻撃は、ついに決死隊を投入するという戦術とはいえない方法が採用されることに。その名は白襷隊。白いタスキをかけ、文字どおりの正面突撃を次々と敢行しました。その結果は、前にもましての屍の山・・・・・・。各部隊が消えていくほどの損害を受けた後、すべての攻撃は頓挫します。この報告を受けた第三軍司令部には重い沈黙が。とうとう乃木将軍は、攻撃の重点を二百三高地にむけると決断しました。三笠艦上の秋山真之... [続きを読む]

» 次なる戦い。 〜坂の上の雲・二〇三高地〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
ついに攻撃を開始する陸軍。 旅順は激闘を続けるが、相変わらず犠牲を大量に出し続ける始末。 乃木は心はあるが、頑迷な凡将なのかもしれない。 陸軍の頑迷さが犠牲と時間を浪費したのは否めない。 真之...... [続きを読む]

« 【南極大陸】第9話感想と視聴率「終幕へ…奇跡が起きる!」 | トップページ | 【謎解きはディナーのあとで】第9話感想と視聴率 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31