無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

今年1年を振り返って♪&来年の抱負♪

今、紅白歌合戦を見ています♪

今、椎名林檎さんが歌っています♪

演奏、『東京事変』だったので驚きました。

今でも仲がいいんですね♪(^^)

紅白を見ると、今年も終わりだなと思います。

今年1年、お世話になりました♪(^^)֥ϡ

 

振り返ると、やはり一番印象深いのは東日本大震災です。

こちら(神奈川県)は、大震災の直接の被害は大した事はなかったのですが、その後の物不足が大変でした。

福島第1原発水素爆発した頃から、生鮮食料品などいろいろな食べ物がスーパーから消えました。

特に、とガソリン・灯油は、酷かったです。

計画停電により、物不足がとても激しくなりました。

電気が使えないのに、寒いので、ストーブや灯油が売り切れ。

我が家はストーブがあったので、寒くなくて良かったです。

ただ、灯油がちょっと足りなくなってきて困りました。

ガソリンも売り切れで、少しある所はスタンドに長い列。

夫は、車で通勤、営業しているので、ガソリンは必需品です。

電池や医薬品も売り切れで、静岡県の実家に電話して、向こうで買って送って貰いました。

勿論、トイレットペーパーやティッシュペーパーも売り切れ・・・

電気がないと料理もできないけれど、お弁当は売っていないし、カップ麺も売り切れ。

スーパーの陳列棚がガラガラで、あんな光景、生まれて初めて見ました(^^;)

計画停電の間中、数ヶ月間、その状態が続きました。

夏も計画停電があるのでは?と言われていたので、充電式の扇風機を買いましたが、夏はなくてすみました。

良かったです。

電気のありがたさを実感しました。

そして、原発って怖いですね。

 

食料品の放射線量の基準値、ようやく、もっと厳しく下がるそうですね。

特に、子供向けの値が下がるようで、良かったです。

日本の未来を担ってくれる子供達は大切にして欲しいものです。

 

女子サッカー、なでしこJAPAN、金メダルを取って大活躍でした♪

震災で落ち込んだ日本を明るくしてくれて、本当に良かったです♪å

 

ドラマでは、秋クールの『家政婦のミタ』がとても面白かったです♪ƥ

視聴率も40.0%と驚異的な数字で、記録に残りました♪餭

ドラマの視聴率が低迷している昨今でこの視聴率、凄かったです♪å

豪華キャストを揃えなくても、やればできるという事を証明してくれました♪ޥ

それ以外にも秋クール、『妖怪人間ベム』とか、いろいろ面白いドラマがあって良かったです♪

春クールの『JIN完結編』も良かったです♪(^^)

その裏の『マルモのおきて』も話題になりました♪

     

個人的には、私はブログに振り回されてしまった1年でした(汗)

来年はもう少し余裕を持って、書いていきたいです。

一番大きかったのは、楽天がTBをなくしてしまったので、その対策として、ミラーブログとして、ココログに『ショコラの日記帳・別館』を立ち上げた事です。

ミラーとはいえ、2つブログがあると、少し面倒です(^^;)

でも、お陰さまで、こちらも段々アクセスが増えてきて、定着してきました。

来年はもっと楽天の機能が減ってしまう(掲示板やメッセージ等がなくなる)ので、更に、こちらの別館が重要になってしまうかもしれません(汗)

どちらにしても、これからも当分、両方で続けたいと思います。

どちらか、お好きな方でお付き合いいただけたらと思います♪(^^)

 

尚、来年1月4日から、『カーネーション』のレビュー、毎日、書きます。

『カーネーション』ファンの方、できたらどうぞ、毎日、お付き合い、お願いします♪(^^)

他のドラマは、何のレビューを書くか、まだ決めていません。

朝ドラがあるので、あまり本数書かないと思います。

 

ギリシャの国債の破綻がきっかけで、リーマンショック以来の金融危機になってしまいました。

円高が進み、来年も世界経済は暗い見通しです。

来年がどんな年になるか分かりませんが、

私のブログは、今後も、ドラマレビュー・視聴率を中心に、各種情報・ニュースなど、幅広く書いていきたいと思います♪

なるべく「明るく」をモットーとしています♪(^^)

 

今年1年、ご愛読いただいて、ありがとうございました♪

沢山のコメントもありがとうございました♪

ランキング・クリックしてくださった方、ありがとうございました♪

私のブログを通じてお買い物をしてくださった方、どうもありがとうございました♪

お買い上げ金額の1%、私に楽天のポイントがもらえます(^^)

嬉しい限りです♪(^^)

 

今年1年、お世話になりました♪(^^)֥ϡ

来年は、お互いに良い年でありますように

来年も『ショコラの日記帳』と『ショコラの日記帳・別館』、どうぞよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

青森旅行に行きました♪

数日前の12月下旬に、青森県に旅行に行きました。

JR東日本の「びゅう」の組み立て式の2人だけのツアーです。դ

往復、東北新幹線で、帰りだけグリーン車を利用。

新幹線は新青森駅までで、そこより先の交通が大変です(汗)

 

初日は、鯵ヶ沢温泉の「ホテル グランメール山海荘」泊。

新青森からホテル直通の鯵ヶ沢500円ライナー(バス)(「びゅう」のオプション)を使いました。

五所川原の「立ねぷたの館」(入場料別)に寄って、ホテルへ連れて行ってくれます。

鯵ヶ沢温泉は日本海側です。

グランメール山海荘からも綺麗な夕陽が見られるそうですが、この日は雲っていて、見れませんでした。

 

2日めは、南田温泉の「ホテル アップルランド」泊。

こちらは、弘前市の近くです。

どちらも「ホテル」と名前についていますが、昔ながらの旅館です。

「ホテル アップルランド」は、1000円アップで「新館(花館)」にアップグレードしました。

 

2日めの移動は、

グランメール山海荘から鯵ヶ沢駅までホテルの無料送迎バスで送ってもらい、

鯵ヶ沢駅から弘前駅までは、「リゾートしらかみ」を利用。

これは、観光の特急電車で、車中で20分位、女性2人で、三味線演奏をしてくれました。

鯵ヶ沢駅より少し先から内陸を走るので、殆ど日本海は見られません。(これは日本海を見る観光列車ですが、この辺から海が見られなくなるので、代わりに演奏してくれるのかもしれません)(^^;)

 

デジカメを持って行くのを忘れてしまい、携帯で写真を撮ったのですが、ブログへ持ってくる方法が分からないので、写真、載せられなくて、残念です(^^;)

観光は、「びゅう」のオプションで、乗り合い観光タクシーを予約してあったのですが、私達だけで、普通の観光タクシーのようでした。

観光したのは、初日に五所川原の「立ねぶたの館」と、2日め、弘前市内で、津軽藩ねぷた村、最勝院五重塔、禅林街(長勝寺等)、教会や、旧弘前市立図書館、山車展示館、弘前公園など回りました。

以前、青森のねぶた館も見たので、これで、有名なねぶた、3つとも見ました。

お祭りは、どれも見たことはないです(^^;)

山車だけ見ると、御所河原の立ねぷたが一番、大きくて迫力がありました♪

 

タクシーで観光した後、予約してあったアップルランドの無料送迎バスで弘前駅前から「ホテルアップルランド」へ。

翌朝もホテルの送迎バスで、弘前駅へ送って貰い、特急で新青森まで行き、新幹線に乗り換えました。

特急は10分位遅れましたが、新幹線は通常通りでした。

 

暮れだというのに、旅館も観光地もすいていました。

青森県は、直接、大震災の影響は少なかったと思うのですが、東北地方ということで、一緒に敬遠されてしまっているのでしょうか?

旅館もガラガラでしたし、「立ねぷたの館」の説明や、津軽藩ねぷた村の三味線演奏など、私達2人だけというのが結構あり、丁寧に説明をしていただいて、良かったです♪

「ホテル グランメール山海荘」では、夜9時から津軽三味線の演奏があると聞いたので行ったのですが、私達だけしかいませんでした。

それで、三味線のバチの持ち方を教えてくれて弾かせてくれたり、太鼓を叩かせてくれて、一緒に演奏したりして楽しかったです♪(^^)

でも、夕食の料理はイマイチでした(汗)

 

帰りのグリーン車は一杯でした。

グリーン車では、コーヒー・紅茶などの飲み物とおしぼりが、無料でつき、おかわり自由でした。

こんなことは初めてだったので、驚きました。

でも、おかわりしたのは私だけで、夫はしませんでした(^^;)

勿論、ひざ掛けも無料で借りました(これは以前からそうです)。

 

旅行の一番の目的は、雪見だったのですが、3日間とも雪で良かったです。

雪の降らない静岡県出身で、夫が雪が大好きなので、毎冬、どこかへ雪見旅行に行きます。

2011年1月下旬に、岩手県花巻市の志戸平温泉へ行きました

2011年2月中旬に、山形県の天童温泉へ行きました

そして、3月11日に大震災発生。

その後、初めての東北旅行です。

今回もとても寒かったですが、それなりに防寒していったので、大丈夫でした。

どちらの旅館も室内は暑いくらいでした。

 

グランメールの方は、料理も応対もイマイチでしたが、アップルランドは結構、良かったです♪

アップルランドの夕食、バイキングでしたが、おいしかったです♪

ただ、ここの旅館は、露天風呂に林檎を毎日100個以上浮かべていると宣伝していますが、30~50個位しか浮かんでいなかったと、入った夫が言いました(^^;)

私は露天風呂に入りませんでした。

アップルランドでは、貸切檜風呂(1時間1000円)を借りたので、それに入っただけでした(大浴場は花館から遠かったので、疲れていて近くだけにしました)

夫は、温泉が好きなので、両方、入りました。

雪で足元が凍りついたような露天風呂でも、夫はちゃんと入りに行きます(^^;)

私は、とても無理です(^^;)

グランメールでは、私も大浴場に入りましたが、露天風呂は通路が雪で一杯だったので、行きませんでした(夫はそれでも露天風呂に行ったそうです)

 

とにかく、写真が載せられなくて、残念ですが、旅行は良かったです♪å

東北地方、原発事故の関係で、まだ、観光業界、大変そうですが、

青森なんて、全然、普通で、すいていて、いいです。

 

いつもはあまりお土産、買わないのですが、今回はなるべくお金を使った方がいいと思って、いろいろな所で少しずつ、お土産を買いました。

帰りは、荷物が多くなって、ちょっと大変でした(笑)Ҥ褳

この旅行、昨年暮れに、予約しようとしたら「リゾートしらかみ」が一杯で予約できなかった所に、今回は悠々と行けました。

良かったです♪(^^)֥ϡ

とり急ぎ、ご報告まで。

  

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月25日 (日)

【妖怪人間ベム】最終回(第10話)感想と視聴率

「さよならベムベラベロ...人間になれるのか!? 最後の大決闘!!」

最終回の視聴率は、前回の13.2%より上がり、14.5%でした♪

裏に、フィギュア(女子22.7%、男子19.6%)等があったのに、上がって良かったです♪

最後の語り、ない方が良かったではないでしょうか?

それまで哲学的に綺麗にまとめていたのに、低俗になってしまったような気がしました(汗)

結局、ベム達は、人間をずっと守っていくために、人間にならずに妖怪人間のままでいる道を選びました。(予想通りでした♪)

彼らも死ぬ方法があるそうです。それを名前のない男が教えて・・・

最後に、その方法で、杖を名前のない男に刺して殺しました。

彼は、人間になれないのなら死にたいと思っていて、ようやく死ねて幸せだと言いました。

彼らのいた研究所が燃えて、夏目が呼んでも、ベム達は炎の中にいたままでしたが・・・

死ぬはずはないですよね。

最後に、撃たれそうになった夏目を守ってくれました。

姿がなく、いつも傍にいて守ってくれるとのことなので、まるで神様になったみたいでした。

悪の心がなくて、正義の人だから、これまでも神様みたいでした♪

これなら続編もできるし、「語り」以外は、綺麗な終わり方だったと思います♪

 

夏目家の家族と緒方家とベム達が、一緒にコンサートに行きました。

生まれて初めて行ったコンサート、ベム達はとても嬉しそうでした♪

でも、銀行強盗犯達が逃げて来て、発砲し、コンサートどころではなくなってしまいました。

主犯格の男、長谷川は、「普通に働いても、貧乏人は貧乏人。生まれたときから決まっている」とやけになり、このお金で人生が変わると・・・

ベムが犯人と格闘し、口の横から緑の血が出てしまいました。

犯人だけでなく、会場にいた人達も驚き、悲鳴を上げました。

長谷川「おまえ、何なんだよ」

ベラ「ほんと、何なんだろうね」と前に出る。

ベロ「おいら達も知りたいんだ」と前に出て、3人並ぶ。

ベム「確かに、誰もが自分が生まれ落ちる場所を選ぶ事はできない」

ベラ「そもそも、この世の中は誰もが望むような綺麗な世界じゃないのさ」

ベロ「おいらも時々、悲しくなる」

ベム「生きていくのが苦しくなる事もあるだろう。

 そんな時、人間は悪の心を持ってしまう。

 だが、それにあらがい、必死に生きていこうとできるのが人間だ。

 投げ出さないでくれないか? 人間である事を」

 

誰かが逃げようとして、犯人が発砲。

ベムが守ろうとして、変身しそうになる。

夏目「ダメです、ベムさん。 ダメです!」

ベム「助けを必要としている人を見過ごす事はできません。

 そんな事をしたら俺達は・・・ただの妖怪になってしまう」

3人、変身し、犯人達が人々に銃を乱射するのを体で防ぎ、守る。

そのうちに弾切れとなり、戦う。

会場の人達、驚いて、逃げて行き、犯人達と夏目家と緒方家の人だけ残る。

夏目家と緒方家の人達が残って、良かったです♪

ベム達は元の体に戻りました。

やっつけた犯人の涙をベロの腕につけましたが、肌は変わりません。

彼らは、ドロドロを名前のない男に入れられていませんでした。

ベム「行こう」と、3人は去ろうとしました。

夏目「待って下さい。

 ベムさん達は皆を助けただけじゃないですか。

 それは俺が証明します」

ベム「いつまでも傍にいますから」

そう言い残して、3人は去りました。

夏目は、追いかけました。

研究所で、名前のない男にベム達は会いました。

名前のない男を「名無し」とします。

名無し「答えは出ましたか?」

ベム「ああ」

ベラ「人間ってのは、弱っちいもんでさ。

 ちょっとした事で、すぐ悪が芽生えちまう」

ベロ「それでも、そうならないように、一生懸命、ふんばってるんだ」

ベム「俺達は人間になりたい。 だが、人間にはならない」

ベラ「人間が悪の心に負けちまった時、誰かが止めてやらなきゃならないだろ?」

ベロ「おいら達が人間になったら、年をとって死んじゃうもん。

 ず~っと人間、守れなくなっちゃう」

名無し「やはり我々は未完成だ。

 お互い、持ち合わせない感情は、理解し合えないようですね。

 私は人間の悪を解放し続ける。

 あなた方が人間を助けようとするのをやめられないようにね」

ベム「おまえは俺達が止める」と杖で殴りかかる。

名無し「いいのですか?

 私が消滅すれば、あなた方は未来永劫、人間になれないのですよ」

ベラ「ああ、それがあたしらなのさ」

ベロ「おいら達は、妖怪人間だもん」

ベム「俺達はそうやって生きる」

ベム、杖を名無しに突き刺しました。

名無しが教えてくれた死ぬ方法です。

杖に緑のドロドロが吸い取られていき・・・

近くに落ちた油に火が引火。

室内のあちこちが燃え上がりました。

ベム「こうするしかないんだ。悲しむ人間を増やさないために」と涙。

夏目が来るが、火の海で近づけません。

名無し「同情しますよ。あなた方を待ち構えている未来を思うと。

 私は幸せだ。ようやく死ねる」

名無しが死に、博士の遺体が残りました。

ベムだけでなく、ベラとベロも涙。

ベロ「ごめんね、お父さん。

 おいら達、人間になれなくて」

燃える火が益々、広がっていく。

夏目「ベムさん」と叫ぶが、3人は火の中で動かない。

夏目「ベムさん!」

夏目、近づけなくて・・・

それにしても、「ベムさん」だけでなく、ベラとベロも呼んで欲しかったです(^^;)

 

焼け跡で、夏目はゴーグルと髪飾りと帽子を見つけ、ベム達が住んでいた廃船に持って行きました。

夏目家には、ベム達と一緒に写した写真が飾ってありました。

緒方家には、逃げていたサル、永太郎が帰ってきました。

ベム達が手伝って作った永太郎ハウス、居心地がいいようでした♪

ベム達が去った後も、皆の心に残っているようで良かったですが、切なかったです。

 

今回もそうですが、このドラマ、だんだん、哲学的になってきたような気がします。

「Q10」が好きだった人は、このドラマも好きでしょう♪

ただ、一般受けは難しいかも?(^^;)

そのためか、後半、視聴率が低迷してしまいました。

私は、哲学的なのは好きなので、最後まで面白かったです♪

夏目「なりたい自分、追いかけてみます」

名無し「なりたい自分を諦めるのですか?

 人は心に思うものになるのです」

ベム「人は暗闇の中で、不安を感じ、笑うこともできなくなってしまう。

 だから、誰かが僅かでも光を灯さないといけないのかもしれないな」

これらのセリフも良かったです♪

 

私は悪もある人間なので、名前のない男が言った人間になる方法、信じられませんでした(汗)

人間は善と悪と両方あるので、悪である自分を取り込めば人間になれるなんて(汗)

でも、善だけのベム達は人を疑わず、この方法に疑問を持ちませんでした(^^;)

ただ、悪が自分に入るのは嫌とか、本当に人間になっていいのかという事で迷いました。

ベム達が今日も私達人間を守ってくれています♪(^^)

 

【最終回粗筋】 (Yahooテレビより)

悪を取り込むことで、人間になれる。
真実を前に、愕然とするベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木 福)。
名前の無い男(柄本明)は「さあ、早く悪を取り込みなさい」とベム達に向けて、アメーバを放出させるが、3人は躊躇してしまう。
男は「求めれば、いつでも現れますよ」と言い残して去っていった。
悪を体に取り入れて人間になるか、拒否して一生、今のままで暮らすか....3人は考え混む。
ベラは「アタシは人間にならない」と言い出した。悪を入れて醜い心をさらすくらいなら、醜い見てくれのままでもかまわない....。だが本当にそれでいいのだろうか?
すべてを見ていた夏目章規(北村一輝)は、ベム達に「俺は皆さんに、人間になってもらいたい」と呟く。
翌日、夏目の家に招かれたベム達は、夏目と奈穂子(堀ちえみ)、優以(杉咲花)と一緒に家族写真に収まる。緊張し、ぎこちなく写真に写る3人。それはベム達が撮られた初めての写真だった。
その席で優以は夏目にコンサートのチケットをプレゼントする。
ピアノが好きだった兄・誠が生きていた頃、夏目家と緒方家が毎年行っていたコンサートだった。優以は兄の死後、父と母がピアノを避けていることを気にしていたのだ。
優似は二人に「無理をせず苦しかったら苦しいと言って欲しい」と打ち明ける。
優以の思いを受け止めた夏目は、再び緒方家とそしてベラ家と一緒にコンサートに行くことを決意する。
そんなとき、ベム達の前に再び名前の無い男が現れる。
彼は形の無い自分の存在に苦しみ、ベム達に取り込まれることで楽になりたいと願っていた。
そしてベムは男から、歳を取ることも死ぬこともないと思っていた自分達にも死ぬ方法があると聞かされる。その方法とは、ステッキに自分を吸い取らせること。
ベムたちに拒絶された男は、死を選ぼうとするが、夏目がそれを押しとどめる。
「お前がいないと、ベムさん達は人間になれなくなってしまう」
それを聞き、男は無言で去っていった。
そしてコンサート当日。緒方一家と夏目一家と共に、ベム達は会場に赴く。
生まれて初めて華やかな場に、戸惑いつつも嬉しそうな3人。
夏目は「人間になれば、もっといろんなことが体験できる」と彼らに言う。
が、そのとき。ロビーに銃を持った男たちが乱入してきた!
主犯格の長谷川智樹(貴山侑哉)は現金強奪を企てたものの警察に包囲され、ベムたちを人質に立てこもろうとしていた。
「普通に働いても、貧乏人は貧乏人。生まれたときから決まっている」とやけになり、犯行に及んだという長谷川。ベム達は怒りに耐えられず、犯人達の前に出て行こうとする。
だがそんな3人を夏目が押しとどめた。果たしてベム達は大切な人達を救えるのか?
そして3人は人間になることができるのか?

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]18.9% [第2話]17.1% [第3話]15.8% [第4話]16.7% [第5話]16.2%

[第6話]14.3% [第7話]14.9% [第8話]13.9% [第9話]13.2% [最終話]14.5%

[平均視聴率]15.61%

第8話以前は、第9話から飛んで下さい。 全話、レビューあります。

   

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

【紅白】大トリSMAP、トップはあゆ、ガガも登場♪曲順一覧

大みそか恒例の『NHK紅白歌合戦』出場歌手の曲順が25日発表されました。

トップは、4年連続で浜崎あゆみさん。白組トップはNYCです。

大トリは、2年連続で、通算4度目となるSMAP紅組トリは、石川さゆりさん

トップと大トリは昨年と一緒で、あまり変わり映えしませんね(汗)

トップは、AKB48の方がいいのではないかと思うんですが(^^;)

 

後半戦は、紅組が初出場のKARA、白組が6度目出場の徳永英明さんでスタート♪

KARAと東方神起と少女時代をくっつけて、K-POPコーナーを作るかと思いましたが、後半の中にばらしましたね。

全部の曲順、下記に載せます。

 

ところで、私が期待していた通り、レディー・ガガさんが登場するそうです♪

昨日、NHKのニュースで見ました♪

ニューヨークから録画で出演するそうです。

東日本大震災の被災地復興を海外から支援した人々からのメッセージコーナーに登場し、ガガさんは歌も披露する予定だそうです。

録画は放送当日に行い、曲目は未定とか。

ジャキー・チェンさんも香港からメッセージを届けてくれるそうです。

メッセージコーナーがどの辺に入るのか分かりませんが、楽しみです♪(^^)֥ϡ

 

『第62回NHK紅白歌合戦』出場歌手・歌唱順(カッコ内は出場回数)

【前半】
1 浜崎あゆみ「progress」(13)
2 NYC「100%勇気NYC」(3)
3 アンジェラ・アキ「One Family」(6)
4 flumpool「証」(3)
5 AKB48「紅白2011 AKBスペシャルMIX~がんばろう日本!~」(4)
 芦田愛菜、鈴木福「マル・マル・モリ・モリ!」(初)
6 FUNKY MONKEY BABYS「それでも信じてる」(3)
7 西野カナ「たとえ どんなに...」(2)
8 AAA「CALL」(2)
9 川中美幸「二輪草」(24)
10 平井堅「いとしき日々よ」(7)
11 藤あや子「あや子のお国自慢だよ~がんばろな東北!!紅白スペシャル~」(17)
12 細川たかし「ねぶた」(35)
13 水樹奈々「POP MASTER」(3)
14 ポルノグラフィティ「ワンモアタイム」(10)
15 猪苗代湖ズ「I love you & I need you ふくしま」(初)
16 伍代夏子「金木犀」(18)
17 L'Arc~en~Ciel「CHASE」(5)
18 水森かおり「庄内平野 風の中」(9)
19 森進一「港町ブルース」(44)
20 椎名林檎「カーネーション‐紅組なら誰でも!」(初)
 夏川りみ(6)、秋川雅史(4)「あすという日が」

【後半】
21 KARA「KARA2011スペシャルメドレー」(初)
22 徳永英明「時代」(6)
23 Perfume「レーザービーム」(4)
24 TOKIO「見上げた流星」(18)
25 少女時代「GENIE」(初)
26 郷ひろみ「Go Smile Japan」(24)
27 aiko「恋のスーパーボール」(10)
28 ゆず「Hey和」(4)
29 倖田來未「愛を止めないで」(7)
30 東方神起「Why?(Keep Your Head Down)」(3)
31 平原綾香「おひさま~大切なあなたへ」(8)
32 千昌夫「北国の春」(16)
33 小林幸子「おんなの酒場」(33)
34 西田敏行「あの街に生まれて」(4)
35 絢香「みんな空の下」(5)
36 長渕剛「ひとつ」(3)
37 和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」(35)
38 嵐「2011紅白スペシャルメドレー」(3)
39 いきものがかり「歩いていこう」(4)
40 五木ひろし「ふるさと」(41)
41 松田聖子(16)、神田沙也加(初)「上を向いて歩こう」
42 氷川きよし「情熱のマリアッチ」(12)
43 坂本冬美「夜桜お七」(23)
44 福山雅治「家族になろうよ」(4)
45 松任谷由実「(みんなの)春よ、来い」(2)
46 EXILE「Rising Sun」(7)
47 天童よしみ「愛燦燦」(16)
48 北島三郎「帰ろかな」(48)
49 石川さゆり「津軽海峡・冬景色」(34)
50 SMAP「SMAP AID 紅白SP」(19)

 

綺麗な曲順一覧は、こちらです

紅白歌合戦公式HP(曲順一覧)

紅白歌合戦公式HP(トピックス「メッセージコーナー」説明)

 

 

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月24日 (土)

(ネタバレ)【カーネーション】第13週 日別粗筋(12/26~12/28)

【第13週(73~75回)(12/26(月)~12/28(水)日別粗筋】 Yahooテレビより)

これは来週(第13週)(12/28(水)迄)の粗筋です。

年末年始の朝ドラの放送、12/29(木)~1/3(火)は休みです。

 

<第13週(73~75回)「生きる」(12/26(月)~12/28(水))>

第73回[12/26(月)]

昭和20年正月。糸子(尾野真千子)は娘たちを連れて清三郎(宝田明)と貞子(十朱幸代)を訪ねる。清三郎が口にした、亡くなった善作(小林薫)に冷たく当たってすまないという言葉に糸子は驚く。貞子は生き延びるようにと糸子を励ます。バケツリレーなど消火訓練をして空襲に備える毎日だったが、3月14日の夜、ついに大阪への空襲が始まる。警戒警報のサイレンに、糸子は家族や縫い子らをしったし、懸命に防空ごうを目指す。

第74回[12/27(火)]

大阪の空襲は岸和田までは来なかった。糸子(尾野真千子)は、近所の女性たちと消火訓練をする日々に戻る。ハル(正司照枝)や子どもたちのことを考え、糸子は郊外の空き家への疎開を思いつく。嫌がるハルや千代(麻生祐未)、子どもたちを移し、糸子は仕事の傍ら自転車で食料を運ぶ。疲れきっている糸子だが、朗らかな千代に一瞬、気持ちをほぐされる。一方奈津(栗山千明)は、無一文となり日々の食料にも困る暮らしをしていた。

第75回[12/28(水)]

勝(駿河太郎)の戦死を知った糸子(尾野真千子)だが、悲しみすら実感できないまま葬式を出す。そして炎天下の消火訓練や空襲警報の合間に、疎開先の家族に自転車で食料を届けるのだった。泰蔵(須賀貴匡)の戦死や神戸の屋敷の全焼など、つらい出来事を感情を殺してやり過ごした糸子だが、だんじり小屋を訪れた時、幸せだった時代を思い、涙がこみ上げる。疎開先の空襲で子どもたちを守った糸子は「絶対に死なない」と固く誓う。

 

さすがに、作り話で、かつ田舎が舞台だった『おひさま』と違って、こちらは、かなり戦況が厳しくなるようです(汗)

でも、年内に戦争が終わり、新年からは、戦後の話、第14週「明るい未来」になるようです。

 

公式HP(来週の粗筋)

『おひさま』『ゲゲゲ』『カーネーション』総集編等 放送日程

 

【最近の過去レビュー】

第12週(67~72回)と視聴率関東最高更新(12/19(月)~12/24(土))

第11週(61~66回)と視聴率関東最高♪(12/12(月)~12/17(土))

第10週(55~60回)と視聴率最高更新♪(12/5(月)~12/10(土))

第9週(49~54回)と視聴率(11/28(月)~12/3(土))

第8週(43~48回)と視聴率関西最高(11/21(月)~11/26(土))

第7週後半(41,42回)&波乱万丈の来週(11/18(金)~11/19(土))

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ(11/14(月)~11/17(木))

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪(11/7(月)~11/12(土))

 

【過去の日別粗筋】

第12週(67~72回)日別粗筋(12/19~12/24)

第11週(61~66回)日別粗筋と「衣料切符」説明(12/12~12/17)

第10週(55~60回)日別粗筋 (12/5~12/10)

 


送料無料■TVサントラ CD【NHK連続テレビ小説 カーネーション オリジナル・サウンドトラック】

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)snow

【カーネーション】第12週(12/19~12/24)と視聴率関東最高更新

「第67~72回(12/19~12/24)」「薄れゆく希望」

年末年始の朝ドラの放送、12/29(木)~1/3(火)はお休みです。

第13週「生きる」 12/26(月)~12/28(水)

第14週「明るい未来」 2012年1/4(水)~1/7(土)

 

先週(第11週)の週間最高視聴率、関東は20.8%で、また最高視聴率でした♪

これは12/17(土)で、善作が温泉旅行に行き、旅先から危篤と電報が来て、糸子は幽霊に会いました。

関西の週間最高視聴率は、20.7%で、12/15(木)でした。

この日の内容は、戦地の勝から手紙が届き、八重子が泰蔵の出征のためにモンペ教室に来て、糸子と仲直りしました。

やはり、関西は明るい話の方がいいようです♪(^^)

 

今週は、善作さんの死から始まり、お葬式の時、食料が豊富にあったので、闇で食料を買っていると疑われて、配給を買わせて貰えなくなったり、奈津の夜逃げや勘助の出征と死など、また目まぐるしい展開でした。

それにしても、勘助、出征したと思ったら、すぐにお葬式の行列なんて、展開、早すぎでは?(汗)

前回の出征で、心を失ってしまい、もう勘助には赤紙は来ないのではないかと思ってたんですが、そんなに甘くなかったですね(^^;)

今度は、出征して、たった1ヶ月で亡くなってしまったそうです。

本当に可哀想な人生でした。

 

順番前後しますが、八重子さんは、パーマ機を供出して美容院ができなくなり、糸子が小原洋装店で雇ってあげました。

勘助の出征の数日前から八重子さんの様子がおかしかったのですが、糸子は特に何も聞きませんでした。

勘助が小原洋装店の外から糸子の様子を窺い、光子と少し話しました。

まるで遺言のような事を言っていたと光子は糸子の前で泣いたので、ようやく糸子は勘助の出征を知りました。

勘助は、糸子に会わずに、そのまま出征してしまいました。

糸子は慌てて追いかけましたが、会えるわけはなく・・・

その直後、1ヶ月後に戦死したと、お葬式の行列でした(汗)

 

奈津は、料理屋が1万円の借金を溜めたまま、お国の方針で、商売を辞めさせられてしまいました。

借金が払えなくなり、糸子に土地と建物を買ってくれと言いました。

でも、そんなお金はなくて、断りました。

それから数日後、奈津は病弱な母と共に夜逃げしたらしく、行方不明に。

家の前には、借金の返済を求め、悔しがる人しかいませんでした。

糸子は一人泣きました。

この時代、どんな商売も苦しかったですね。

『おひさま』の蕎麦屋も飴屋も休業状態でしたが・・・

小原洋装店は、ミシンを供出しろと言われたのですが、父の葬式で知り合った軍服を作っているおじさんに頼んで、軍服作りの仕事を請け負い、なんとか、ミシンを取られないですみました。

お父ちゃんのお陰と分かるまでの、巻き戻しのような演出が面白かったです♪(^^)

それにしても、モンペ教室を開いたり、今度は軍服作りと、糸子はその時勢に乗って生き抜くのがうまいですね♪

どうしようもないところまで借金を膨らませてしまって夜逃げしてしまった奈津とは大違いでした。

でも、これが普通でしょう。

糸子が素晴らしいです♪(^^)

奈津、どうしているのでしょう?

病弱なお母さんを抱えて、仕事もないでしょうし、大丈夫でしょうか?

 

来週は、終戦の年、昭和20年になるようで、とても大変なようです。

どう生き抜くか・・・

逞しい糸子の生き様に注目しています♪(^^)

 

尚、年内最後の放送の12/28(水)は、旅行予定なので、多分、レビューは書きません。

来年1月4日(水)から、毎日、「カーネーション」のレビューを書くつもりです。

どうぞよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                        (関東)               (関西)

・第1週「あこがれ」 初回16.1% 17.4%(10/8(土))   17.2%(10/7(金))

・第2週「運命を開く」        18.5%(10/15(土))  17.3%(10/13(木))

・第3週「熱い思い」         17.9%(10/18(火))  17.9%(10/20(木))

・第4週「誇り」            19.2%(10/29(土))  17.7%(10/27(木))

・第5週「私を見て」     18.6%(11/3(木)と11/5(土)) 20.4%(11/4(金))

・第6週「乙女の真心」       19.7%(11/12(土))   20.0%(11/11(金))

・第7週「移りゆく日々」       19.6%(11/18(金))   21.1%(11/16(水))

・第8週「果報者」          19.7%(11/21(月))   20.5%(11/26(土))

・第9週「いつも想う」        20.4%(12/3(土))    20.4%(12/3(金))

・第10週「秘密」           20.5%(12/9(金))    19.7%(12/9(金))

・第11週「切なる願い」       20.8%(12/17(土))   20.7%(12/15(木))

・第12週「薄れゆく希望」

・第13週「生きる」(12/26~12/28)

・第14週「明るい未来」(1/4~1/7)

 

公式HP(来週の粗筋)

  

『おひさま』『ゲゲゲ』『カーネーション』総集編等 放送日程

  

【最近の過去レビュー】

第11週(61~66回)と視聴率関東最高♪(12/12(月)~12/17(土))

第10週(第55~60回)と視聴率最高更新♪(12/5~12/10)

第9週(第49~54回)と視聴率(11/28~12/3)

第8週(第43~48回)と視聴率関西最高(11/21~11/26)

第7週後半(第41,42回)&波乱万丈の来週

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)ꥹޥĥ꡼

『おひさま』『ゲゲゲ』『カーネーション』総集編等 放送日程

年末に、各種、朝ドラの総集編や宣伝番組が放送されます。

その日程をご紹介します。

尚、『てっぱん』総集編は放送ないみたいです(汗)

『カーネーション』、来週、一番、戦争が厳しい週です。

きっと、それに合わせて戦争関係のドラマを集めたのでしょう。

 

『おひさま』総集編

 12月30日(金) 正午PM0:00~PM3:10 (BSプレミアム)

 

『ゲゲゲの女房』総集編

 12月31日(土) AM10:15~PM1:40 (BSプレミアム)

 

『カーネーション』総集編(前編)

 12月31日(土) AM7:20~8:50 (NHK総合)

 

もっと知りたい『カーネーション』

 12月31日(土) AM8:50~9:30 (NHK総合)

 

『開拓者たち』

 2012年1月1日(日) PM9:00~10:30 (BSプレミアム) (放送開始~全4話)

 (満島ひかりさん主演のドキュメンタリードラマ。満州開拓者の苦労話)

 

年末年始の『カーネーション』、12/29(木)~1/3(火)はお休みです。

第13週「生きる」 12/26(月)~12/28(水)

第14週「明るい未来」 2012年1/4(水)~1/7(土)

 

・尚、栗山千明さん主演の『秘密諜報員エリカ』(日本テレビ)の最終回は、12月29日(木)深夜(PM11:58~)です。

 


【送料無料】おひさま 完全版 DVD-BOX 3


期間限定 厳選DVD 30%OFF【送料無料】 連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 総集編 DVD-BOX 【DVD】


【送料無料】カーネーション 完全版 DVD-BOX 1(2012年03月21日発売)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ 

できれば、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月22日 (木)

【家政婦のミタ】最終回(第11話)感想と脅威の視聴率

「本当の母親...それはあなたたちが決めることです!」

最終回(第11話)の視聴率は、30%を超えるかと注目していたのですが・・・

それを遥かに超えて、驚異的な40.0%(関東地区)でした♪

凄いですね♪

40.0%は、『熱中時代』(1979年3月30日)、『太陽にほえろ!』(1979年7月20日)と並び、日本テレビのドラマ史上最高視聴率です。

他局を含めた連続ドラマ単回としては、TBSで2000年3月放送の『ビューティフルライフ』最終回(41.3%)以来、11年9ヶ月ぶりに40%を超えました。

現在の調査方法になった1977年以降、NHKの大河ドラマと朝の連続テレビ小説を除いたドラマでは、歴代5位タイでした。

関西地区では36.4%。

瞬間最高視聴率は、午後11時前後で、関東42.8%、関西39.0%でした。

その直前の「さよなら『家政婦のミタ』特別版」の視聴率も28.7%と、高視聴率でした。

こちらは殆ど総集編のような内容でしたが、それでもこの視聴率、凄いですね。

 

さて、その注目の最終回の内容は・・・

制作サイドは、以前、「続編も映画化もない」と言ったそうですが、バリバリ、続編ありそうな雰囲気でしたね(^^;)

最後に別の家に行って終わる終わり方は、まさしく『家政婦は見た』と同じでした(汗)

三田さんの笑顔が見られたのは良かったですが、恵一からの業務命令で笑うなんて(^^;)

それも、かすかな微笑でした♪

まあ、うららみたいに、満面の笑みを浮かべるよりは、三田さんのイメージを最後まで守って良かったかもしれません。

結局、恵一は誰とも再婚しませんでした。

でも、愛人だった風間美枝が田舎から帰って来ていて、阿須田家の子供達も優しかったので、もしかしたら、この人と再婚するかもしれませんね(^^;)

 

前回の最後、希衣ちゃんが三田さんに「お母さんになって」と頼んで、

三田さんが「承知しました」と言って終わりました。

今回、その事をお父さん・恵一に報告。

恵一もびっくりでしたが・・・

三田さんは、本気で、サイン捺印済みの婚姻届を恵一に渡しました。

恵一は、結に相談(^^;)

自分で決められないとは(汗)

結婚はもう少し考えるとして、そういう方向で、いてもらうという事になりました。

そして、三田さんは母親として皆に接するようになりました。

料理は質素になるし、厳しくて、怖いし・・・

恵一は胃潰瘍で入院。

益々、三田さんはエスカレートして・・・

皆、予想外の豹変にびっくりして、幻滅。

もしかしたら、三田さんはこの家を乗っ取ろうとしているのではないかと疑い始めました。

その上、嫌な事ばかり起こって・・・

これって、不運な三田さんのせいにするかと思ったら、

うららが来なくなったからだと、子供達は思ったよう(^^;)

びっくりでした。

うららは結婚式だというのに、子供達はうららちゃんの元に助けを求めて行きました。

うららは結婚式をやめて、阿須田家に来てしまいました。

そして、三田さんにうららが文句を。

三田さんは「私か、その人か、どっちか選びなさい」と、子供達に言いました。

「私とその人のどっちに守って貰いたいのか、あなた達にとって本当に必要なのか・・・」

海斗「無理だよ、どっちか選べだなんて」

結「私は、うららちゃんは、何があっても私達の事を大切に思ってくれるし、

 絶対に裏切らないって信じてる。だから・・・

 (うららに)うららちゃんに私達の傍にずっといて欲しい。

 (三田に)あなたは私達のお母さんじゃない」

三田「分かりました。なら、私は出て行きます」

希衣「ちょっと待って、三田さん」

三田「止めても無駄ですよ。

 あなた達が決めたんだから・・・」

 

三田さんは出て行きました。

うららは、きっと自分のためだったのではないかと思い、三田さんを追いかけました。

三田さんは追いかけて来たうららを何度も殴りました。

うららは驚いて、さすがに、怒って殴り返しました。

三田「そうやって、怒って下さい。

 泣きたい時は泣いて下さい。

 気を遣って無理に笑顔を作る事はやめて下さい。

 ご機嫌を取ったり、顔色を伺うような事もやめて下さい。

 あの人達の家族になりたいのなら。

 本当に、あの家族を守る気なら・・・」

うらら「でも、私は・・・」

三田「あなたは、旦那様の妻にはなれないかもしれない。

 子供達の母親になれないかもしれない。

 でも、保護者にはなれます。

 これからは、甘いだけじゃなく、厳しい事も言って下さい。

 今までのように、あなたがババを引いて、あの家族に降りかかる災いを全て跳ね返して下さい。

 そして・・・最後には、いつもあなたの笑顔で皆を包んで下さい。

 あなたは、私のようになっては絶対ダメです」

うらら「分かった。 私はずっと笑顔を忘れずに生きていく」

 

そして、恵一が、明日はクリスマス・イブだから、明日まで子供達と一緒にいて欲しいと頼みました。

 

うららちゃんが結婚をドタキャンした相手の男性は、うららちゃんに触発されて、自分も好きだった女性の結婚式に乱入して花嫁を奪い去りました。

その恋人の女性、父親に逆らえなくて、お見合いした相手と結婚するところでした。

その捨てられた新郎、美枝を弄んだ名取だったので笑ってしまいました♪(笑)

逃げた新婦が常務の娘さんのようです(^^;)

まさか、ここで繋がるとは思ってなかったので、彼の悔しそうな姿を見て、すっきりしました(^^)

 

隣りのおばさん・真利子は、遂に離婚するようです。

翼君の親権を取られたしまったようで、悲しそうでした。

恵一が慰めました。

皆、それなりの結末があって良かったです。

 

「三田さんの誕生日は12月25日。

“三田”は、“サンタ”とも読めるから、三田さんはサンタクロースかも」

と海斗君が言いました。

それはちょっとこじつけかも?(汗)

大体、25日に生まれたのは、サンタではなくて、イエス・キリストですし・・・(^^;)

日本では、クリスマスはサンタのお祭りのようです(汗)

 

お誕生日のプレゼントは何がいいか、皆が三田さんに聞きました。

三田「希衣さん、私の石をいただけませんか?」

でも、希衣ちゃんは泣いて嫌がりました。

石をあの箱から出すと、家族ではなくなってしまうという事なのでしょう。

最後に、一緒にクリスマスの食事会をしました。

三田さんも一緒にテーブルに着きました。

 

所長さんが、沖縄で家政婦紹介所を開く事になって、三田さん、明日、出発するそうです。

それを聞いて、希衣ちゃんは泣きました。

結も「恩返しをしたかったのに」と。

三田「それはもう十分です。

 皆さんのお陰で、少しですが、光を取り戻す事ができました。

 ただ、死んだ夫と息子への思いは、一生、消えることはありません。

 2人を死なせてしまった十字架は一生、背負って行くしかないんです。

 でも、これからは・・・

 皆さんのお陰で取り戻すことができた小さな灯を頼りに、家政婦として働いて行こうと思います。

 自分の意思で」

恵一「分かりました。

 どうしても辞めると言うのなら、最後の業務命令です。

 三田さん、笑って下さい。

 今でも亡くなったご主人と息子さんのために笑ってはいけないと思ってるんだろうけど、

 そんな事、本当に2人が望んでいると思いますか?

 僕達のために、いや、亡くなったご主人と息子さんのために笑って欲しいんです。

 このまま、笑顔を見せないでいなくなるなんて卑怯ですよ。

 納得できませんよ。

 笑って下さい、三田さん」

三田「承知しました」

そして、一人一人に微笑みかけました。

この薄い笑顔が微妙でした(^^;)

でも、これが今回のヤマだったでしょう。

どんな笑顔になるか・・・

三田さんらしい微笑でした♪

 

最後に出発を見送りたいとのことで、翌日、三田さんが、わざわざ家の近くのバス停に来て、所長さんの乗っていたバスに乗るのを見送りました。

後で、希衣ちゃんがうららと一緒に来て・・・

三田さんの石を渡しました。

ただの石ですが、きっと三田さんの宝物となるでしょう♪

三田さんは自分が作ったパンダを渡しました。

その裏にメッセージが。

「わたくしはキイさんのことがだいすきです」

希衣ちゃんは喜んで泣いて抱きつきました。(このシーンが瞬間最高視聴率でした)

皆も追いかけて来て・・・

皆で三田さんが歩いて行くのを見送りました。

歩いて行くより、次のバスを待った方がいいのでは?(汗)

とにかく、最後は三田さんが新しい家に行って・・・

三田「晴海家政婦紹介所からまいりました。家政婦の三田です」

<完>

 

あの家の家族がどんな人達なのか、気になります(笑)

本当に、素晴らしいドラマでした♪

「承知しました」と「業務命令」が流行りました(笑)

終わってしまって、残念です。。。

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.5%  [第2話]18.7%  [第3話]19.8%  [第4話]19.5%

[第5話]22.5%  [第6話]23.4%  [第7話]23.5%  [第8話]29.6%

[第9話]27.6%  [第10話]28.6% [最終話]40.0% [平均視聴率]25.2%

第9話以前のレビューは、第10話から飛んでください。

第2話以外は全部レビューあります。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月21日 (水)

【謎解きはディナーのあとで】最終話(第10話)感想と視聴率

「聖夜に死者からの伝言をどうぞ」

最終話の視聴率は、前回の15.2%より少し上がって、15.4%でした。

このドラマの視聴率は、前半は16%台が多く、後半は殆ど15%台で、視聴率、安定していました。

平均視聴率は、15.93%でした。

 

「麗子には秘密がある」って予告編で麗子の父(高橋英樹)が言ったのは、サンタを信じてるって事だったんですね(^^;)

例えば、本当の娘ではないとか、もっと重要な秘密かと思ったのに、拍子抜けでした(汗)

それにしても、まさか天道静子先生(高橋ひとみ)が10年前からいなかったとは!(汗)

それは予想外で、びっくりでした。

佐藤武雄(石黒賢)が里見(菊池和澄)ちゃんの父親だろうというのは、予想通りでした。

でも、妻子がいたので、里見ちゃんには父とはいえなかったんですね。

10年前に天道先生が病死してしまったのに、佐藤が天道先生の名前で小説を書き続けて、生きているふりをしていたのでした。

よく10年間、ばれませんでしたね。

影山さん達、ファンは10年位前から作風が変わったと思っていたようです。

里見ちゃんは、母がいない事、6年前から気づいていたようですが、他の人、よく気づきませんでした。

いない人のゴーストライターなんて、里見ちゃんに愛情がないとできませんよね。

いくら売れても自分の印税にならないでしょう?

それとも、自分が自由に使っていたのでしょうか?

天道先生がいない事に気づいた宮地沙織(三浦理恵子)が、佐藤に印税、半分よこせと強請ったようですが・・・

きっと天道が背負った元夫の借金を返すのと、里見ちゃんの養育費等で、佐藤自身は殆ど使ってなかったんじゃないでしょうか?

 

とにかく、2つの殺人事件は、現場に「X」という文字が書かれていたので、同じ犯人かと思われましたが、実際は、違う人が犯人でした。

パーティーに皆に天道名義で招待状を出したのは、宮地沙織で、最初から剣持留美(上原美佐)を殺すつもりで、皆を集めたのでした。

他人の家に集めて殺すなんて、天道さんが生きていても、いい迷惑ですね(汗)

実際はいなかったのだから、佐藤はとても驚きました。

でも、宮地沙織が殺した剣持留美の遺体を天道先生のふりをさせて、利用してしまいました。

それを宮地に見られてしまい、天道がいない事がばれてしまいました。

宮地は自分のアリバイが欲しかったので、佐藤と手を組み、天道の振りをして、宮地と会ったと嘘のアリバイ証言をしました。

でも、宮地は更に、半分印税をよこせと言ってきたので、佐藤は彼女を殺してしまいました。

結局、一番、嫌な奴だったのは、宮地沙織でした。

佐藤は、留美の遺体の黒いマニュキュアが消えなかったので、それを隠すために、ダイイング・メッセージを書いたふりをして、指にインクをつけてマニキュアが分からなくし、「X」を書いたのでした。

それは、無意識のうちに、「Xゲーム」の「X」を書いてしまったとの影山の説明でした。

Xゲームとは、コールドや9回表までで、試合が終わること。

もうこの嘘を終わらせたいと思ったのだろうとのことでした。

 

そして、里見ちゃんは、佐藤を守ろうとして、トロフィーを投げたり、2番目の殺害現場に「X」の文字を書いて、連続殺人であるかのように見せかけたのでした。

佐藤を父だと思っていたから・・・

毎年、イブに買ってきたケーキはクリスマスケーキではなく、佐藤のお誕生日のケーキでした。

それは予想通りでしたが、まさか、クリスマスの影山さんの予定がケーキ屋「Noel」の店長との1打席の勝負に負けた罰のケーキ販売だったとは♪(笑)

麗子も一緒に売りました。

売り切るまでのノルマ、あと50個。

てっきり麗子が全部買い占めて終わらせるかと思いましたが、ちゃんと一緒に売ってあげたので、見直しました♪

早く寝ないとサンタさんが来れないので、早く売って帰ろうとのことでした。

大きな靴下も忘れてしまったとか(笑)

私も結構、大きくなるまでサンタさんの存在、信じていましたけど♪(笑)

とにかく、影山さんのイブの予定も麗子の秘密もクリスマス関係で、大したことではありませんでした(^^;)

でも、明るい終わり方で、清々しかったです♪

 

このドラマ、やたら軽くて、決められたパターンがあったので、好き嫌いがはっきり分かれてしまったかもしれません。

私は後半、気楽に結構、楽しめました♪

この感じなら、また続編、作れそうですね♪

視聴率も意外に健闘していて、今の所、『家政婦のミタ』(23.4%)、『南極大陸』(18.0%)、『相棒』(16.6%)、『私が恋愛できない理由』(15.95%)に続いて、5位(15.93%)です♪(12/20(火)迄の集計)

『私が恋愛できない理由』は、最終回がこのドラマの最高視聴率の18.4%だったので、最後に抜かれてしまい、残念でした。

  

【最終話粗筋】 (Yahooテレビより)

ミステリー作家たちが集まる天道静子(高橋ひとみ)の家で、ついに起きてしまった2つ目の殺人事件。現場に佇んでいたのは、血染めのナイフを手にした影山(櫻井翔)だった。発見した宝生麗子(北川景子)は、影山を問いたださずにはいられない。なぜなら、影山こそ、最初に殺害された剣持留美(上原美佐)の時から、事件の背後に見え隠れしていた男だったのだ。そして、今回の宮地沙織(三浦理恵子)殺害に関しては、殺害直後と思われるタイミングで凶器を持ち現場にいた......。問い詰める麗子に対し、ここでも影山は厳しい言葉で犯行を否定する。  こんなシリアスな状況下においてまで暴言を吐く影山に思わず「クビ!」と「逮捕!」を連発する麗子。そこへ現れた風祭京一郎警部(椎名桔平)は、千載一遇のチャンスと影山を殺人容疑で逮捕、警察署に連行してしまう。  連行された影山は、風祭の厳しい取り調べを受ける。「明日のクリスマスイブまでになんとしても真実を吐かせる!」と意気込む風祭の尋問にも、頑なに口をつぐむ影山は、ついに留置場に入れられてしまう。  留置場の水でティータイムを楽しむ影山のもとに、高価なコートを着た大柄な男(高橋英樹)が近づいて来る。謎の男にいつにない敬意の表情を見せる影山。男は麗子の父、清太郎だった。そして清太郎は真剣な表情で影山に「実は...麗子には秘密がある」と、ある重大な隠し事を伝えたのだった......。

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.1%  [第2話]16.1%  [第3話]16.4%  [第4話]16.7%

第5話]15.9%  [第6話]14.9%  [第7話]15.1%  [第8話]15.4%

第9話]15.2%  [最終話]15.4%  [平均視聴率]15.93%

 

【登場人物】

影山・・・櫻井翔(宝生家執事)

宝生麗子・・・北川景子(宝生財閥の一人娘。国立署刑事)

風祭京一郎・・・椎名桔平(国立署警部。風祭モータース御曹司)

並木誠一・・・野間口徹(刑事)

山繁 悟・・・中村靖日(鑑識員)

宗森あずみ・・・岡本杏理(婦警)

江尻由香・・・田中こなつ(婦警)

 

佐藤 武雄・・・石黒賢(天童静子の担当編集者)

天道 静子・・・高橋ひとみ(超売れっ子ミステリー作家)

宮地 沙織・・・三浦理恵子(事件の被害者。グルメ・ミステリー作家)

立花邦夫・・・橋本さとし(ハードボイルド・ミステリー作家)

川俣 宗助・・・佐戸井けん太(トラベル・ミステリー作家)

国岡次郎・・・やべけんじ(ユーモア・ミステリー作家)

剣持留美・・・上原美佐(事件の被害者。新進気鋭のミステリー作家)

田口米子・・・青木和代(天童家の家政婦)

天道里見・・・菊池和澄(静子の娘。中学1年生)(幼少期:栗本有規)

宝生清太郎・・・高橋英樹(麗子の父親。「宝生グループ」総師)

ケーキ屋「Noel」の店主・・・山田明郷

留置所の男・・・田中要次

 

公式HP(最終話粗筋)

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月20日 (火)

【南極大陸】最終回(第10話)感想と視聴率有終の美♪

「終幕~時を超えて...52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」

先日、近所の「ゲオ」が「準新作・旧作1週間レンタル50円」のセールをやっていたので、それで借りたキムタクの『宇宙戦艦ヤマト』を今、見ながら書いてます♪

『南極大陸』最終回の視聴率は、前回の16.7%より大幅にアップして、22.0%でした。

初回の22.2%に続いて、2度目の20%超えで、有終の美を飾りました♪(^^)

裏に、「FIFAクラブワールドカップ決勝戦・サントス×バルセロナ」(18.2%)があったのに、影響なかったみたいで、凄いですね♪(^^)

それにしても、視聴率推移、起伏が激しかったです(汗)

最高視聴率は、初回の22.2%。

最低は第5話「仲間の死」の13.2%。

平均視聴率は、18.0%でした。

平均は加重平均なので、最初と最後の時間延長が長かった日に高視聴率だったのがラッキーだったと思います。

秋クールの連続ドラマでは、『家政婦のミタ』に続く2位でした。

 

リキ、まだ温かくてもう少しだったのに、残念でした(涙)

第三次南極観測隊、またいろいろ苦労して、ようやく南極に着く事ができました。

倉持が経験者で詳しいので、最初に、南極大陸に降りて、犬達の確認に行きました。

リキがそんな状況とは知らず、最初に、鎖に繋がれたまま死んでいた犬達を掘って確認しました。

8頭の犬達、鎖に繋がったまま、首だけ酷い傷跡があって、首輪を引きちぎろうと頑張ったみたいで、気の毒でした。

この犬達を探し回るシーンが長かったのですが、見ていて、そんなに長く感じませんでした。

リキは最後に昭和基地の近くに戻っていました。

ようやくリキを見つけたのに、亡くなっていて・・・

それも手袋を片方、脱いで確認したら、まだ温かくて・・・

倉持「まだ、あったけ~じゃねえかよ!

 ごめんな、リキ」と、泣きました。

私もウルウルでした。

箱に入れて、日本の国旗に包んで、海の中に埋葬しました。

 

皆、やはりダメだったと絶望した時に、タロ・ジロが見つかりました。

倉持は喜んで、「タロ・ジロ!」と呼んだのですが・・・

彼らは倉持を忘れていて、寄ってきませんでした。

当然ですよね。

置き去りにされて、1年も経ってしまったんですから。

寿命から考えると、犬の1年は小型犬で4歳~4歳半、大型犬で7歳、人間に換算すると年を取るそうです(詳しくは「犬の年齢の数え方と寿命」参照)。

人間だと7年間置き去りにされた位の時間の重みがあると思います。

 

倉持「ごめんな。置いてったりして。

 もう一度、会いたかったんだよ」

倉持は、手袋をまた片方外して、2頭に差し出し、臭いをかがせました。

倉持「俺だ。俺だよ」

手袋の臭いを嗅いで、ようやく、タロ・ジロは、倉持を思い出し、寄って来てくれました。

良かった。良かった♪

 

タロ・ジロがすぐに寄って来なかったのは、リアルで良かったです♪

覚えていたとしても、置いてきぼりにされたから恨んでいて、わざと知らないふりしたかも?(^^;)

とにかく、生きていて良かったです♪(^^)

皆もとても喜びました♪

日本では、新聞、号外が出ました♪

日本中がタロ・ジロの生還を喜びました♪

今度は、宗谷の帰還も皆が歓迎してくれました。

あっという間に、倉持も帰ってきました(^^;)

2度めですからね(^^;)

美雪も迎えにきました。

倉持「ただいま」と、美雪に言っただけでした。

でも、きっと2人の未来は明るいでしょう♪(^^)

 

遥香ちゃんは、リキの死を知って、悲しみ、泣きました。

もう少しだったのに、本当に残念でした。

 

そして、最後に、第一次越冬隊だった皆のその後が描かれました。

皆、それぞれの道で頑張っていて、良かったです♪

明るい終わり方でした♪(^^)

 

全体を振り返ると、中盤、中弛みだったような気がしますが、最初と最後は良かったです♪

特に、後半は犬達が主役のようで、彼らの名演技に救われたような気がします。

それが視聴率の回復にも繋がったのではないかと思います。

あと、中弛みして視聴率が13%台に落ちこんでいた時に、第6話、日本シリーズの最終戦「ソフトバンク×中日」(18.9%)があって、タナボタで19.1%取れたのも大きかったような気がします。

運がいいのも実力のうちかもしれません(^^)

平均が18%台を取れて良かったです♪

名演技だった犬達に最優秀賞をあげたいと思います♪(^^)

 

尚、来年1月15日から、この枠は、山崎豊子原作のドラマ『運命の人』です。

本木雅弘さん、松たか子さん、真木よう子さん、大森南朋さんなどが出演します。

山崎豊子さんの小説は、堅そうで苦手なので、私は見ないかもしれません(汗)

 

【最終話粗筋】 (公式HPより)

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志(木村拓哉)は、第三次南極観測隊への参加を一度は断念したが、「宗谷」の修理が完成した頃、氷室(堺雅人や星野(香川照之)の働きかけにより、再び「南極大陸」へ行けることとなった。そして倉持は、美雪(綾瀬はるか)に「待っててほしい」 と自分の気持ちを告げた。
昭和33年11月12日、犬たちが生きているという"奇跡"を信じる想いを乗せた南極観測船「宗谷」は、南極へと出発した。

南極へ向け荒波を切り裂いて進む「宗谷」は改良されても激しい揺れに苛まれる。暴風圏をなんとか抜け、南極圏に入ることはできたが、本当の闘いはここから始まった。大陸までは180キロ。前回の反省を踏まえ、「宗谷」での上陸を目指しながらも、空輸で越冬隊と必要物資を運搬する作戦をたてる。そして、白崎は天候が回復し、安全な距離になったら一足先に昭和基地に偵察に行く役目を倉持に任命するのだが...。

その頃、リキは強いブリザードの中、倒れながらも "ある場所" へ必死に進んでいた...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]22.2%  [第2話]19.0%  [第3話]16.9%  [第4話]15.8%

第5話]13.2%  [第6話]19.1%  [第7話]13.4%  [第8話]15.0%

第9話]16.7%  [最終話]22.0%  [平均視聴率]18.0%

 

公式HP(プレゼント クイズ)(12/22(木)17時締切)

公式HP(「ニュース」)(DVD-BOX・サウンドトラック プレゼント応募)(12/26(月)24時 締切)

 


【送料無料】南極大陸 DVD-BOX(初回特典付)

 

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できれば、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月19日 (月)

【妖怪人間べム】第9話感想と視聴率

「人間になるか? 妖怪のままか? 最終決断」

遅くなってしまって、すみません。

第9話の視聴率は、前回の13.9%より下がって、13.2%でした。

このドラマの最低視聴率です。ܤ

最終回直前で盛り上がっていたと思うのに、最低視聴率なんて残念です。ܤ

裏の『THE MANZAI 2011~年間最強漫才師決定トーナメント!~』(15.6%)に食われてしまったかもしれません(^^;)

私は、名前のない男(柄本明)の正体が分かって良かったと思います。

ただ、その正体は、妖怪人間ではありませんでしたが、想像の範囲内でした。

ベム達が失っていた誕生からの記憶を取り戻しましたが、それも今までの過去の延長戦上で、人間に迫害されていたのが、もっと昔に伸びただけでした(汗)

そういう意味で、家政婦のミタさんとは違って、過去・正体暴露に意外性がなかったかもしれません(汗)

彼は、妖怪人間ではなく、研究途中で死んだ晋作博士の体を乗っ取ったアメーバだけの流動体の生き物でした。

元々は、ベム達と同じ一つの細胞でした。

それが晋作博士が急病で死んでしまったので、その体に入ったそうです。

晋作博士の体に入ったら、晋作博士の知識も記憶も身についたそうです。

“名前のない男”の事、長いので、“名無し”と今回は呼ぶ事にします。

博士が死んで、名無しが体を乗っ取って去った後、誰もいない所で、ベム達3人は生まれました。

そして、人間に迫害され続けて・・・

名無しが人間の目にアメーバ状の流動物を入れるのも3人は見ていました。

それを入れられた人間が変わってしまうのも見ていました。

それらの記憶を名無しがアメーバをベム達に入れて、思い出させました。

 

夏目は、自分がアメーバを入れなくても、殺された事を話しただけで変わった事を説明して、人間は善と悪を併せ持つ生き物だと。

ベム達は、どんなに人間に疎まれても人間を救おうとする“”。

そして、名無しは、人間の悪を解放する事を自らの存在意義だと考えている“”。

彼のいう「人間になる方法」というのは、

「私という“悪”をあなた方の中に取り込むこと」でした。

これって、彼を取り込んだら、彼に体を乗っ取られてしまいそうな気がするですが(汗)

人間になれたとしても、その時の体の支配者は、晋作博士の時のように名無しになってしまうのではないでしょうか?

そもそも「善と悪」という気持ちの問題でない気がします(^^;)

気持ち的には、「化け物は俺でした」と、その前に夏目が緒方教授に言いましたが、それでも夏目は、体は人間そのものであって・・・・

こんな方法で体が人間になれるとは、とても思えないです(汗)

とにかく、次回は最終回。 15分拡大です♪

どんな形で終わるのか、注目しています♪(^^)

 

【第9話粗筋】 (Yahooテレビより)

「私は貴方たちの兄弟なんですよ」--
名前の無い男(柄本明)の言葉に仰天するベム(亀梨和也)ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)。
男が手からアメーバを出してベムに放つと、ベムの脳裡にさまざまな記憶の断片が、高速でフラッシュバックする。さらにアメーバに触れたベムの皮膚が人間の皮膚に変わった!

男はまたしても素早く姿を消してしまうが、ベムは一連の事件に男が関わっていたことを確信する。男は犯人たちにアメーバを入れ、憎しみの心を増幅させ、犯罪を行わせていたのだ。
だが、なぜアメーバがベムたちの体を人間に変化させるのかはわからず、男が「兄弟」と言った意味もわからない。

ベムたちは、自分たちが失った記憶を取り戻す方法はないかと緒方(あがた森魚)を訪ねる。
緒方と話すうち、突如ベムに新たな記憶がフラッシュバックする。
それは自分たちを見ている、緒方晋作博士の顔。彼は優しそうに瓶をのぞき込み、こう言っていた。
「みんな無事に生まれてきておくれ・・・・・・」。
その顔はやはり、名前の無い男と同じだった。
やはり名前の無い男は不老不死を手に入れた晋作博士で、自分たちの生みの親なのではないか?
ベムたちがそう思い始めたとき、どこからか男の声が聞こえてくる。
「貴方がたが生まれた場所で待っています」--。

そのころ、夏目(北村一輝)は警察で荷物をまとめていた。
夏目は怒りにまかせて東郷に拳銃を突きつけた責任を取り、刑事を辞めようと考えていた。
夏目は緒方に会い「自分は "正義の人"を気取っていただけだった」と胸の内を明かす。
だが緒方は「人間、いつも理性的でなんていられない。"正義の人"でいようとすること、それだけでいいんじゃないのか」と優しく言うのだった。

そしてベムたちは自分たちが生まれた廃研究所で、名前の無い男と対峙する。
ベラが「アンタは不老不死になった晋作博士だろう」と詰め寄ると、男は笑い出した。
「私は、晋作博士ではありません」。そして男から大量のアメーバが飛び出す。
すると晋作の肉体は生気を失って崩れ落ちた--。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.9%  [第2話]17.1%  [第3話]15.8%  [第4話]16.7%

第5話]16.2%  [第6話]14.3%  [第7話]14.9%  [第8話]13.9%

[第9話]13.2%

 

公式HP(最終回粗筋)

 


【送料無料】妖怪人間べム DVD-BOX


送料・代引手数料が無料!妖怪人間べム 初回放送('68年)DVD-BOX


KAT-TUN(カトゥーン)『BIRTH』C/W『STAR RIDER』C/W『ACT ON EMOTION』C/W『BABY B MINE』【通常盤】CD

 

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ

どうか、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

演劇『8人の女たち』の感想(真央さん、マイコさん出演)

昨日(12/18(日))、テアトル銀座で、『8人の女たち』を見ました。

友人が大地真央さんのファンクラブに入っているので、彼女にチケットを取って貰い、7列目の結構、いい席でした。

これは、浅野温子さん、荻野目慶子さん、加賀まりこさん、大地真央さん、戸田恵子さん、マイコさん、牧瀬里穂さん、南沢奈央さん(五十音順)の豪華8人の女優が出演するミステリー演劇です。

男性は一人も出ません(^^;)

舞台の両側に客席があって、少し変わった形でした。

第1幕と休憩、第2幕があるのですが、舞台の両脇に椅子があって、舞台に出ていない間も出演者がその椅子に座っていて、ずっと客席から見える所にいます。(幕間休憩中は除く)

ただ、浅野温子さんだけ、かなり後の登場です。

最初の登場は、6人?が客席の間の通路から登場します。

私達の近くの通路から登場したのは、マイコさんでした。

マイコさんは、朝ドラ『おひさま』にも登場したので、親近感がありました。

真っ赤なコートを着ての登場で、可愛かったです♪(^^)

真央さんは、ドレスも素敵で貫禄もありました♪(^^)

 

ストーリーの舞台は、1950年代のフランスです。

雪に閉ざされた大邸宅に、クリスマスを祝うため、家族が集まりました。

でも、その朝、メイドのルイーズ(牧瀬里穂)が、一家の主・マルセルの部屋へ行くと、彼はナイフで背中を刺され死んでいました。(マルセルは舞台には登場しません)

外から何者かが侵入した形跡はなく、電話線は切られ、雪で外部との連絡を完全に絶たれてしまいます。

舞台は、居間だけで、セットは変わりません。

この家にいた7人の女性達と、後で、兄が殺されたと誰かから電話で連絡を受けて来たマルセルの妹のピエレット(浅野温子)の8人が容疑者です。

真央さんはマルセルの妻・ギャビーで、マイコさんは2人の長女・シュゾンです。

ある金持ちの家族とメイド2人ですが、人物関係が入り組んでいて、ぼうっと寝ていると、関係が分からなくなります(^^;)

犯人は、この中にいる。

お互いに疑いあって、真実を告白させあっているうちに、秘密やドロドロな関係がいろいろと暴露されていきます。

 

犯人が誰かより、いろいろな意味で実験的な演劇だったと思います。

真央さんが主役だと思って行ったのですが、誰が主役か分からないような演劇でした。

この日は、真央さんのファンクラブの総見日だったのですが、いつもの舞台とは違って、一般のお客さんが多いみたいで、ちょっと盛り上がりに欠けました(^^;)

戸田恵子さん、うまかったのですが、早口すぎて、もう少し、ゆっくり喋ってくれた方が聞き取りやすいと思いました。

マイコさんは、ほのぼのとしていて、良かったです♪

加賀まりこさんは貫禄がありました。

浅野温子さんもカッコ良かったです♪

誰が犯人だったかは言えませんが、結末は予想通りでした。

 

ここからは、ちょっとネタバレになるので、リバース表示で書きます。(カーソルで範囲指定すると読めます)

(犯人が誰かは書きません)

加賀まりこさんは、歩けない設定で車椅子での登場でしたが、途中から歩き出し、皆がびっくりします(笑)

メイドのシャネル(荻野目慶子)と、マルセルの妹のピエレット(浅野温子)がレズ関係だったのには、笑ってしまいました(^^)

その他にも、いろいろな秘密や関係が暴露されます。

結末は予想通りでしたが、その関係者がメイドのルイーズかと予想したのですが、そうではありませんでした(^^;)

でも、マルセルは、複数の人と関係していたので、真実が暴露されても同情できなかったです。

それがこの作品の欠点ではないでしょうか?

真実が暴露されて、マルセルが可哀想でないと、この結末はいきてこないと思うんですが(汗)

シュゾンは、父のマルセルと血が繋がっていなくて、マルセルの子供を宿していました。

これだけでもマルセルに同情できませんでした(^^;)

その上、自分の愛人をメイドにした?

結果は、自業自得と思ってしまいました(^^;)

  

公演日程は下記の通りです。

<東京公演>
【日程】12月9日(金)~12月25日(日)
【会場】ル テアトル銀座 by PARCO

<大阪公演>
【日程】2012年1月6日(金)~1月9日(月・祝)
【会場】森ノ宮ピロティホール

<名古屋公演>
【日程】2012年1月13日(金)~1月14日(土)
【会場】愛知県産業労働センター 大ホール(ウィンクあいち)

 

詳細情報とチケット購入等は、

『8人の女たち』オフィシャルサイトか、シアターガイド・サイトをご参照ください。

       

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月18日 (日)

(ネタバレ)【カーネーション】第12週日別粗筋(12/19~12/24)

【第12週(67~72回)(12/19~12/24)日別粗筋】 (Yahooテレビより)

これは来週の粗筋です。

尚、年末に、『ゲゲゲの女房』、『おひさま』、『カーネーション前編』の総集編をやるそうです。

詳しい日程は後日、調べて載せます。

第11週のレビューは、こちらです。

尚、善作さんが併発した皮膚病・疥癬の説明リンクも、追加しました。

 

<日別粗筋 第12週(67~72回)(12/19~12/24)>

第67回[12/19(月)]

危篤を知った糸子(尾野真千子)は隣家に駆け込むが、旅先にいるはずの善作(小林薫)の幻を見たと言われ、死を悟る。3日後、骨つぼを抱えて戻ってきた木之元(甲本雅裕)らを前にし、糸子は世話をかけたとわび、立派な葬式を出すと決意する。通夜でも気丈に振る舞う糸子。だんじりの時の写真を前に、思い出話しに花が咲く。しかし手伝いに来た女性たちは、潤沢にある食料を怪しむ。そうとも知らず改めて善作を思う糸子だった。

第68回[12/20(火)]

善作(小林薫)の通夜と葬式で、食料を使い切ってしまい、糸子(尾野真千子)は慌てて縫い子を買い出しに行かせる。しかし、小原家は闇商売をしているとウワサが立ち、売ってもらえない。洋服作りの礼に食料をもらうため、配給所に行かなかったことが誤解を招いていた。喪が明けるのを待たず、糸子は店を開けるが、今更ながらに世間の恐ろしさを知る。だが千代(麻生祐未)は、晴れやかに妹たちを励まし、小麦粉でだんご汁を作る。

第69回[12/21(水)]

大日本婦人会の澤田(三島ゆり子)がやって来て、モンペ教室を閉め、ミシンを供出するように糸子(尾野真千子)に迫る。思い悩むうちに、かつて善作(小林薫)の世話になったという、軍需工場でもうけている男性の話を思い出した糸子は、軍需品を作れば供出を免れることに思い至り、大急ぎでその縫製の手はずを整え、ミシンは事無きを得る。その過程を振り返り、結局は善作に助けられたのかと、不思議な感慨を覚える糸子だった。

第70回[12/22(木)]

昭和18年9月。戦局が厳しくなり、オハラ洋装店でも庭で野菜を育て、衣料品を手に農家をまわって食料を得るようになった。糸子(尾野真千子)らが軍需品の肌着などを縫う脇で長女・優子は軍事教練ごっこに余念がない。そんな中、優子にせがまれて糸子は映画を見に行くが、戦争の場面ばかりでそろって退屈して出てきてしまう。糸子は暗い子ども時代が続いている娘たちを思い、せめてキレイな絵を描くようにと色鉛筆を買ってやる。

第71回[12/23(金)]

パーマ機を供出した安岡髪結い店は閉店し、八重子(田丸麻紀)がオハラ洋装店で働くようになった。ある日、糸子(尾野真千子)は突然、奈津(栗山千明)から呼び出され、吉田屋の購入を持ちかけられる。相変わらずの奈津は決して頭を下げようとはしないが、糸子はその借金の額に驚がくする。夫に逃げられ病身の母を抱えた奈津の苦境を八重子から聞き、糸子は助けようと奔走する。せめて奈津を雇おうとする糸子だが、既に遅かった。

第72回[12/24(土)]

昭和19年9月。ひき手がおらず、だんじりは中止になってしまう。糸子(尾野真千子)の長女・優子は相変わらずの軍国少女ぶり。次女・直子は、来年は自分がだんじりをひくと幼いながらに強く決意している。糸子は、有事に備えて名札を縫いつけた服に抵抗を感じる。ある日、久しぶりに勘助(尾上寛之)が姿を現す。しかし、勘助は糸子に別れを告げないまま再び出征していく。間に合わないと知りつつ、勘助を追って糸子は走り出す。

 

公式HP(来週の粗筋)

 

【最近の過去レビュー】

第11週(61~66回)と視聴率関東最高♪(12/12(月)~12/17(土))

第10週(55~60回)と視聴率最高更新♪(12/5(月)~12/10(土))

第9週(49~54回)と視聴率(11/28(月)~12/3(土))

第8週(43~48回)と視聴率関西最高(11/21(月)~11/26(土))

第7週後半(41,42回)&波乱万丈の来週(11/18(金)~11/19(土))

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ(11/14(月)~11/17(木))

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪(11/7(月)~11/12(土))

 

【過去の日別粗筋】

第11週(61~66回)日別粗筋と「衣料切符」説明(12/12~12/17)

第10週(55~60回)日別粗筋 (12/5~12/10)

 


送料無料■TVサントラ CD【NHK連続テレビ小説 カーネーション オリジナル・サウンドトラック】

 

今日、テアトル銀座で公演中の『8人の女たち』を見に行ったので、遅くなってしまいました(^^;)

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2011年12月17日 (土)

【カーネーション】第11週(12/12~12/17)と視聴率関東最高♪

「第61~66回(12/12~12/17)」

今日(12/17)、土スタ田丸麻紀さん(安岡八重子役)が出演しました。

12/19(月)のスタパに、甲本雅裕さん(電気屋の木之元役)が出演予定です。

そして、12/31(土)AM7:20~8:48に、『カーネーション総集編 前編』を放送予定です。

 

先週の週間最高視聴率、関東は20.5%(12/9(金))で、これまでの最高を更新しました♪

関西は同じ12/9(金)が最高日でしたが、19.7%で、久々に20%を切ってしまいました。

どうしたのでしょう?

この日の内容は、出征した勝さんから送り返された背広のポケットから、劇場で会った菊乃と勝とのツーショット写真を見つけて、勝の浮気を知り、怒りました。

そして、奈津に相談。

奈津の亭主は、芸者と逃げてしまったそうで、糸子の旦那の事を聞いて、

奈津「しゃきっとせいや!」と言い、糸子はようやく吹っ切れました。

やはり出征後で本人がいなかったから、盛り上がらなかったのかも?(汗)

 

ところで、今回、遂に、お父ちゃんが亡くなってしまいました。

火事で大火傷した時から死にそうでしたが・・・

よくなったり、悪くなったりを繰り返して・・・

火事が昭和18年(1943年)1月で、亡くなったのが、4月27日なので、3ヶ月以上経っていたのでしょう。

それにしても石川県の温泉に行くなんて、無謀というか、油断しすぎた気がしてしまいました(汗)

糸子もお母ちゃんも隣のおばさん・美代さんも、最初は反対したのですが・・・

あまりに善作さんが嬉しそうに楽しみにしていたので、つい、行かせてしまいました。

糸子「すっかりその気になってるもんを、無理矢理、辞めさしてもええことないかもな」

そう思ってしまったのでした。

それで、お守り代わりに、新しい国民服を当時珍しかった純毛の生地で作ってあげました。

善作さんは喜んで、糸子にお礼を言いました。

そして、隠しておいた「お米でできた水」(お酒)も持たせてあげました。

とても嬉しそうでした。

 

きっと善作さん、温泉で仲間達と楽しんだことでしょう♪

その夜、糸子は帳簿の最後に「オハラ洋装店 店主 小原糸子」と書いてあるのを見つけて・・・

綺麗な字でした。

どうやら、善作さんが書いたようです。

糸子は、初めて父から認められたような気がしました。

その時、電報が届きました。

 

<電報の文面>

「ゼンサクキトクスグコイ」ヤマギワオンセン

 

糸子は驚いて、旅館の連絡先を聞かなければと思って、隣に聞こうと外に出たら、隣りのおばさん、美代さんが雨の中、呆然として外にいて・・・

善作さんと今、話したと・・・

「糸子をよろしゅう頼む」と言っていたそうです。

そして、糸子もお父ちゃんの幽霊を見ました。

最後に、お別れの挨拶に来たようでした。

糸子は、夜の雨の降りしきる道で泣き崩れてしまいました。

享年59歳でした。

 

おばあちゃんもお父ちゃんが大火傷してからおかしくなってしまったし、息子に先立たれてしまって、どんなに悲しむ事か・・・

火事の時、お母ちゃんは泣き叫んでいましたが、おばあちゃんは、全然、泣き叫ばなくて、呆然としていて、逆に心配でした。

 

それにしても、大火傷、1ヶ月間絶対安静との事なのに、家に帰されたから驚きました。

今の時代だったら入院ですね。

家で絶対安静というのは、大変です。

商店街の皆さんが交代で、リヤカーで病院に連れて行ってくれました。

少しよくなってきたと思ったら、泰蔵さんの出征の見送りに無理して行って倒れてしまい、悪くなってしまいました。

弱っているといろいろな病気を併発するもので、皮膚病の疥癬を併発。

(疥癬は、ヒゼンダニ(疥癬虫:かいせんちゅう)という小さなダニが人の皮膚に寄生しておこり、かゆみを伴う皮膚の病気で、他人にうつることがあるそうです(汗))

それでも、4月には結構よくなったようで、喋り方も普通に戻り、衣料切符を貼る仕事もするようになりました。

喋り方、ちゃんと喋れなくて、糸子だけ何と言ってるか分かるというのは面白かったです。

よく糸子、分かりましたね(笑)

それにしても小林薫さん、名演技でした。

これでお別れなんて、残念です。。。

尚、おばあちゃん役の正司照枝さんが、12/12(月)のスタパに出演しました。

その中で、長く出られて嬉しいと仰っていました。

おばあちゃんは1月上旬まで出るそうです。

と言うことは、その頃、お別れ???

とにかく、だいぶ、おばあちゃんも弱っているみたいでしたが、年内は大丈夫だと思います(^^;)

 

神戸のおばあちゃんはとても元気でしたね♪

大島で作った上等なモンペを履いていました。

それがヒントとなって、糸子は、新しいお洒落なモンペの作り方を教える事にしました。

上等な着物でモンペを作り、また着物に戻せるという画期的な方法。

縫い子の皆と一緒に考え出しました。

この時代、これは受けたでしょう。

結婚式や身内の出征の見送りなど、あらたまった時に着る物として、大評判となりました。

でも、これ、作り方を有料で教えるのだから、教わった人が誰かに教えてしまうと、糸子の店に来なくなってしまいますね(^^;)

他人に教えてはいけないという契約はないでしょうし・・・(^^;)

それとも、1回では作り方を覚えられないくらい、難しかったのでしょうか?

そうでありますように・・・

 

そうそう、三女は火事の翌日に生まれました。

火事の翌日、ガラスや畳を入れ替えたりして、混乱の中、陣痛が来て、産みました。

あんな大変な事があったのに、流産しなくて良かったです。

「妊婦が火事を見たら、おなかの子にアザができる」という言い伝えがあるそうですが、大丈夫だったようです。

そんな言い伝えがあったなんて知りませんでした(^^;)

いかにも迷信っぽいですね(笑)

いつもは善作さんが子供の名前をつけていたそうですが、こんな状況でなかなかつけられずにいて・・・

ある日、神戸の祖父母が来たので、清三郎おじいちゃんに頼みました。

貞子おばあちゃんが「さとこ」がいいと言って、糸子と一字違いだし、聡明そうやと皆も賛成。

清三郎おじいちゃんが聡明の「聡」を取って「聡子(さとこ)」と決めました。

「賢そうや」と皆、喜びました♪

聡子ちゃんが、コシノ三姉妹の三女のコシノミチコ(小篠 美智子)さんですね。

これで三姉妹が揃いました♪

でも、生まれる前からお父さんがいないなんて、可哀想です。

ぜひ、生きて帰って欲しいものですが・・・

実話なので、復員するかどうか、知ってしまっているんですよね(汗)

とにかく、今週は、聡子ちゃんの誕生と八重子さんとの仲直りといいこともありました。

でも、善作さんが亡くなってしまって、本当に残念でした。

 

来週の予告編、よく分からなかったです(汗)

とにかく、奈津が大変なようです。

戦時中なので、これから皆、もっと生活、苦しくなりますね。

どうか、皆さん、頑張って生き抜いて下さい。

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                        (関東)               (関西)

・第1週「あこがれ」 初回16.1% 17.4%(10/8(土))   17.2%(10/7(金))

・第2週「運命を開く」        18.5%(10/15(土))  17.3%(10/13(木))

・第3週「熱い思い」         17.9%(10/18(火))  17.9%(10/20(木))

・第4週「誇り」            19.2%(10/29(土))  17.7%(10/27(木))

・第5週「私を見て」     18.6%(11/3(木)と11/5(土)) 20.4%(11/4(金))

・第6週「乙女の真心」       19.7%(11/12(土))   20.0%(11/11(金))

・第7週「移りゆく日々」       19.6%(11/18(金))   21.1%(11/16(水))

・第8週「果報者」          19.7%(11/21(月))   20.5%(11/26(土))

・第9週「いつも想う」        20.4%(12/3(土))    20.4%(12/3(金))

・第10週「秘密」           20.5%(12/9(金))    19.7%(12/9(金))

・第11週「切なる願い」

・第12週「薄れゆく希望」

 

公式HP(来週の粗筋)

 

【最近の過去レビュー】

第10週(第55~60回)と視聴率最高更新♪(12/5~12/10)

第9週(第49~54回)と視聴率(11/28~12/3)

第8週(第43~48回)と視聴率関西最高(11/21~11/26)

第7週後半(第41,42回)&波乱万丈の来週

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月16日 (金)

【相棒ten】(season10)第9話感想と視聴率「あすなろの唄」

「あすなろの唄」

第9話の視聴率は、前回の13.1%より上がって、15.1%でした。

次は、元日SP「ピエロ」(ゲスト:斎藤工、遠藤雄弥、大橋のぞみ、目黒祐樹、吉田栄作)です。

通常の『相棒ten』は、年末年始はお休みですが、来年3月まで続きます。

 

さて、今回、何もひねりがなくて、最初から怪しかった人が犯人でした。

それに、世界的に大事な研究をしているからと、元警察官僚の政治家から圧力がかかったり、本人もプライドが高かったり・・・

よくある話で、私はイマイチでした(^^;)

 

「あすなろの唄」、何度も出てきましたが、「~明日は大きなヒノキになろう~」

ちょっとダサイし・・・(^^;)

「石油になれなきゃ意味がない」と、高松教授と自分達の研究に重ね合わせていたのでした。

 

ただ、硫化水素の殺人は、以前から興味があったので、それは興味深かったです。

硫化水素で死んだ遺体は近づくのも危ないんですね。

解剖も勿論、危険だそうです。

怖いですね。

バクテクロリスは、油を作る過程で、硫化水素を蓄積するそうです。(水中では)

そのバクテクロリスで作った硫化水素で殺害したのでした。

その後、ばれそうになってしまったので、研究室に右京さん達を呼び出して、バクテクロリスの硫化水素で殺そうとしました。

右京さん達は無事でしたが、バクテクロリス自身が硫化水素で全滅してしまいました。

大事なバクテクロリスを殺害の道具に使ってしまった罰のような気がしました。

皮肉な結末でした。

でも、その前に、神戸達が検査のために少し採取したバクテクロリスが残っていて良かったです。

研究は栗田しかできないとのことでしたが、案外、別の人でもできるかもしれません(^^)

 

最初から、事件を説明します。

大学の微生物学研究室で、高松教授(酒向芳)が遺体で発見されました。

高松教授は、「バクテクロリス」という細菌から重油とほぼ同じ成分を作りだす画期的な研究を進めていました。

当初は、検視官が病死と判断しましたが、たまたま高松教授の研究に興味があった右京さんも現場に駆けつけて、遺体の臭いに疑問を持ち、米沢さんに検査を依頼。

調べたところ、右京さんが睨んだ通り、硫化水素の吸引による窒息死であることが判明しました。

今回、米沢さん、右京さんから何度も無理な検査を頼まれて、徹夜ばかりで気の毒でした(^^;)

共同研究者の栗田(利重剛)は、最初から、高松教授が自殺だという方向に持っていこうとしていて、とても怪しかったです(汗)

画期的な研究なのに、お金を出してくれる企業がなくて、いつも資金難で高松教授はいつも苦労していたとか・・・

そして、高松教授なら、バクテクロリスから硫化水素を作りだせると・・・

捜査1課の聞き込みによると、、実際は、海外の企業なら資金を提供してくれるという会社が沢山ありました。

皆、逆に断られていましたが・・・

1社だけ、出資予定だった企業がありました。

実際は、栗田がこの研究内容・技術が海外に流れてしまうのを恐れて、反対し、高松教授を自殺に見せかけて殺害しました。

殺害場所は、本当はトイレで、水を流した時に硫化水素が発生する仕掛けになっていました。

殺害したあと、トイレの窓を開けたりして、そこが殺害場所であることを分からないよう工作しました。

でも、そういう行動の最中に犯人も硫化水素に汚染されたでしょうから、髪の毛の検査をすれば、犯人かどうか分かると、右京さん達が栗田に髪の毛の提供を頼みました。

追い込まれた栗田は、右京さんと神戸を夜中に呼び出して、硫化水素の充満した研究室に閉じ込めて殺そうとしました。

でも、それはもう気づいていて、防塵マスクをした人が沢山隠れていて、彼を逮捕しました。

結局、この硫化水素のために、栗田の大事なバクテクロリスが全滅してしまいました。

愚かでしたね(^^;)

その前に、高松教授の昔の研究で、「赤潮で赤潮を殺す」という物が出てきたので、この結論は容易に予想できました。

にわか科学は目的を見失う

目的を見失ってしまっていたのは、栗田自身でした。

 

事件そのものは平凡でしたが、本当に微生物から石油ができたらいいですね。

そんな素晴らしい研究に、日本企業がどこも投資しないというのが、不思議でした(^^;)

日本の企業は、そんな馬鹿ではないと思います(汗)

不景気ではありますが、きっと沢山、投資を名乗り出る企業があると思います。

 

栗田は、民政党の元警察官僚の議員、武井久美子と会いました。

「バクテオイル政府開発プロジェクト」というのを、彼女が国会で提案。

武井が「バクテクリオスを特別生物に指定して、国外に持ち出すのを禁止すべきです」と提案しているのが、テレビで中継されました。

その武井議員が栗田に頼まれ、捜査打ち切りの圧力をかけてきました。

ここまで武井と密接になっていたということは、かなり前から、栗田は武井に接触していたのでしょう。

この計画が進んでいたのなら、高松教授が外国企業にこの研究を売る事もなかったと思いますが・・・

その辺、どうも納得しかねました。

こういう大事な研究は、国家プロジェクトとして、当然、進めて欲しいです。

そういえば、くしくも最近、米国のイラン情勢が悪くて、日本が石油の輸入に困るかもしれない情勢になってきましたね。

イランから石油が来なくなると、またいろいろな物の値段が上がってしまうとか・・・

そういう情勢にマッチしたお話でした。

いつかこういう研究が進んで、日本が石油危機から脱しられますように・・・

 

【第9話粗筋】 (公式HPより)

大学の微生物学研究室で、教授の高松肇(酒向芳)が遺体で発見された。高松教授は、「バクテクロリス」という細菌から重油とほぼ同じ成分を作りだす画期的な研究を進めていた。

 当初は病死と思われたが、遺体の臭いに疑問を抱いた右京(水谷豊)がにらんだ通り、硫化水素の吸引による窒息死であることが判明。

 共同研究者の栗田(利重剛)によると、高松教授なら高濃度の硫化水素を作りだすことも可能だというが、現場の研究室に硫化水素の痕跡はなかった。

 栗田は、「高松教授は資金集めがうまくいかないこと苦にして自殺したのではないか」、というが、研究室の職員によると、高松のもとには資金提供や共同研究の申し出が相次いでいたという。そのことをたずねられた栗田は、高松教授がその申し出を断っていたと話す。なぜ資金難の中、資金提供の話を断っていたのか?

 高松教授が死んだのは事故なのか、自殺か、それとも殺されたのか!?

ゲスト:利重剛

脚本:櫻井武晴

監督:安養寺工

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.7%  [第2話]17.4%  [第3話]15.0%  [第4話]17.0%

第5話]16.5%  [第6話]13.9%  [第7話]18.3%  [第8話]13.1%

[第9話]15.1%

 


【送料無料】相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック[CD]11.11.30発売

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月15日 (木)

【家政婦のミタ】第10話感想と視聴率

「息子よ、夫よ、お願い...私も天国に連れて行って!」

第10話の視聴率は、前回の27.6%より上がって、28.6%(関東地区)でした。

その前に「FIFAクラブワールド杯準決勝・柏レイソル×サントス」(15.6%)があって、ドラマの開始時間が35分も遅れたのに、よく視聴率、上がりました♪

さすがですね♪(^^)

瞬間最高視聴率は、午後11時7分、同9分、同17分の30.5%(関東地区)だったそうです。

関西地区は、平均視聴率26.6%、瞬間最高視聴率は30.1%だったそうです。

次回は最終回。15分延長です♪

また、最終回当日開始前の夜9時から、「さよなら『家政婦のミタ』特別版」をやる予定です。

『相棒』、次回、苦しいかも?(と思ったけど、もう年内、『相棒』ありませんでした)(^^;)

その前の日曜にも番宣があります。(公式HPより)

12月18日(日) 14:00~ 16:00
「『家政婦のミタ』いよいよ来週最終回!120分で分かる全10話見所満載SP!」

12月18日(日) 22:30~23:00
『おしゃれイズム』 長谷川博己さん(父・恵一役) 出演

これらで盛り上がって、ぜひ最終回は夢の30%台達成をして欲しいものです♪(^^)

 

今回は、ミタさん、阿須田家の家政婦に戻ったのですが・・・

何度もご主人と息子さんの幻覚を見て、失敗ばかりでした。

包丁で手を切ってしまったり、話を聞いていなかったり・・・

 

一方、ミタさんにお義兄さんが好きだと告白したうららは、あれで自分の気持ちを吹っ切ったのか、父の勧めるお見合いをしました。

相手は、うららを気に入ったようです。

うららがお見合いしたと聞いた恵一は、好きでもない人とお見合いするなんてと止めに行きましたが・・・

うららに自分の事を好きだと聞いて、びっくりしました。

今まであんなに関わっていたのに、自分を好きだと気づかなかったようですね(汗)

バレバレに見えたのですが(^^;)

 

そして、今回、ミタさんの持ち物の謎がいろいろ明かされました。

鞄はご主人の形見で、時計と帽子は息子さんの形見のようです。

ダウンジャケットは夏でも着ているそうです(^^;)

いくら何でも暑いでしょうね(^^;)

 

夕食の準備をするミタさんを手伝おうとした希衣が、やけどを負ってしまいました。

隣りのおばさんから八つ当たりされて、

やはり自分が周りの人を不幸にするという呪縛から逃れられないミタさんでしたが・・・

 

ミタさんは、いつもの遊園地に行き、ファミリーセットを頼みました。

また、夫と息子の幻影が現れました。

「ごめんなさい。

私一人だけが幸せになるなんて。

あの人達を愛してしまいそうで怖いの。

私が愛した事で、あの人達が不幸になるのが怖いの。

だから・・・早くそっちに連れてって!」

 

彼女を追いかけてきた阿須田兄弟達がそれを聞き・・・

「私達は、ミタさんに愛されても絶対死なない!

どんなに辛いことがあっても、絶対、幸せになる!

だから、一緒に帰ろう」

 

ミタさんは、一緒に阿須田家に帰りました。

そして、希衣ちゃんが・・・

「希衣、みつけたの、ミタさんの石。

私達のお母さんになって・・・」

それに対して、ミタさんは、あっさり「承知しました」と・・・

 

びっくりです。

確かに、ミタさんはこれまで、人を殺す命令や自殺の命令も承諾したのだから、お母さんになる業務命令を聞いてもおかしくないですが(^^;)

お母さんになるって事は、お父さんの恵一と結婚するって事ですよね(汗)

4人のお母さんはいい感じだと思うんですが、恵一と夫婦というのは、しっくりこないです(^^;)

それにあんなに皆さんの家族ではありませんと、今まで家族になるのを拒否してきたのに・・・

いくら4人と関係が深まったとはいえ、簡単に承諾した真意が分かりません。

とにかく、今回は、ミタさん、かなり変化がありました。

 

ミタさんもうららちゃんも、人を不幸にしてしまうという呪縛から開放されて、幸せになって欲しいものです♪

続編はないみたいですので、次回の最終回、うららも隣りの嫌なおばさんも含めて、皆が幸せになれるよう、

そして何より、ミタさんが笑顔になれるよう祈っています♪(^^)

 

【第10話粗筋】 (公式HPより)

再び阿須田家で働くことになった三田(松嶋菜々子)は、亡くなった夫と息子の幻覚をたびたび見るようになる。三田は激しく動揺する。

 海斗(綾部守人)は、授業参観で母親への感謝状を読むことになった。自殺した母への思いを書くのをためらう海斗に三田は声をかけそうになるが・・・

 一方、恵一(長谷川博己)への思いを断ち切りたいうらら(相武紗季)は、やけになって見合いをする。阿須田家の人々は不思議に思う。うららの真意を知っている三田は、思わず自分から口を開こうとする。三田の中で何かが変わり始めていた。晴海(白川由美)は「言いたいことがあったらあれすれば?人間らしさを取り戻そうとしているのよ」と、三田を励ます。

 海斗は、納得できないながらも父親への感謝状を書き始めていた。三田は、海斗から書きかけの作文を取り上げて破り捨て、「お母様への感謝状を書くべきだ」と初めて自分の意見を言う。

 阿須田家の人々への愛情が深まる三田。海斗は母への思いを作文に書いた。恵一は三田に「授業参観に行ってほしい」と頼むが・・・

 そんな矢先、夕食の準備をする三田を手伝おうとした希衣(本田望結)が火傷を負ってしまう。やはり自分が周りの人を不幸にするという呪縛から逃れられない三田は遊園地へ赴く。

 死んだ夫と息子の幻覚と向き合うために...

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.5%  [第2話]18.7%  [第3話]19.8%  [第4話]19.5%

第5話]22.5%  [第6話]23.4%  [第7話]23.5%  [第8話]29.6%

第9話]27.6%  [第10話]28.6%

 

公式HP(最終回粗筋)

 


【送料無料】家政婦のミタ DVD-BOX (6枚組 本編5枚+特典ディスク)


【TVドラマ"家政婦のミタ"松嶋奈々子さん着用モデル】CASIO(カシオ)腕時計 G-SHOCK (ジーショック) DW-5600E-1 メンズ  

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

【謎解きはディナーのあとで】第9話感想と視聴率

「聖夜に死者からの伝言をどうぞ」

今夜は、『ドクターズ 最強の名医』の最終回です。

『謎解き~』第9話の視聴率は、前回の15.4%より少し下がって、15.2%でした。

まさか、事件が解決しないで、最終回に続くとは思ってなかったので、びっくりしました(汗)

それにしても、いくらなんでも、影山さんが犯人なんて事はないでしょう(汗)

 

超売れっ子で影山さんもファンのミステリー作家、天道静子(高橋ひとみ)宅に、ミステリー界を代表する作家達5人が集まりました。

天道は呼んだ覚えはないとのことでしたが、誰かが天道の名を語って、クリスマスパーティーの招待状を出したようです。

招待客の一人、ミステリー作家の剣持留美(上原美佐)が殺されました。

影山さんの推理では、宮地沙織(三浦理恵子)が犯人ではないかとの事でしたが・・・

最後に、宮地沙織が殺され、その現場に影山さんがいて、凶器らしきナイフを持っていました。

でも、単に、落ちてたナイフ、拾ってしまっただけではないかと思うんですが・・・(汗)

麗子は、そうは思わず、影山を疑いました。

その前に、変な目撃証言も出てきたので、いかにも影山さんが犯人と思わせる条件は揃っていました。

でも、今更、そんな目撃情報が出るのもちょっと・・・(^^;)

 

麗子「あなたが犯人だったの? 影山」

影山「・・・」

麗子「あなたは、昨日、この家に侵入し、剣持留美を殺害した。

 そして、その罪を宮地沙織に押し付けようとした。

 ここで、彼女を殺して、全てを終わらせる気だったの?

 ねえ、正直に話してよ」

影山「・・・」

麗子「答えなさい! 影山!」

影山「・・・」

<つづく>

 

う~ん。

影山さんが、初めて、推理を間違えたのでしょうか?

それとも、最初の殺人は影山さんの言う通り、宮地沙織で、共犯者に口封じに殺された?

とにかく、謎だらけですね(^^;)

誰が作家達を集めたのか?

宮地沙織のアリバイ証言をした天道は、顔が分からなくて、どうも違う人に代わっていたような気がしました。

もし、別人、例えば、宮地沙織が天道の振りをしていたとしたら、編集者の佐藤武雄(石黒賢)が気づかないはずはないから、彼も共犯って事で、彼が口封じに沙織を殺し、影山さんに罪をなすりつけるつもりなのかも?

石黒さんがただの編集者で出るはずないって気もして・・・(^^;)

いかにも犯人っぽい?(^^;)

まさか、この人が静子の娘、里美(菊池和澄)ちゃんのパパ??(^^;)

 

謎だらけのまま終わってしまったので、いろいろと妄想が広がってしまいました(苦笑)

とにかく、次回は最終回ですね。

そして、30分延長です。

予告編だと、影山さんが留置場に入れられる?

そして、遂に、麗子の父が登場♪

高橋秀樹さんがパパなんてびっくりです♪(^^)

児玉さん、二〇三高地の指揮は素晴らしかったです♪(^^)

最終回、秘密暴露が一杯?

影山さんが麗子に隠し事?

そして、父の語る麗子の秘密とは?

楽しみです♪(^^)

 

【第9話粗筋】 (Yahooテレビより)

影山(櫻井翔)が執事室にいると、宝生麗子(北川景子)が来た。昨夜の呼び出しに応えなかったことを尋ねる麗子に、急用があったと影山。その右手には包帯が巻かれていた。  麗子は風祭京一郎警部(椎名桔平)から連絡をうける。ミステリー作家、天道静子(高橋ひとみ)宅で殺人事件が起こったのだ。殺害されたのはミステリー作家の剣持留美(上原美佐)。頭を鈍器で殴られたような形跡があり、死亡推定時刻は昨晩深夜0時頃。死体の指先にはXとダイイングメッセージらしきものが書かれている。天道家には昨日、クリスマスパーティーのためと作家たちが泊まっていた。留美、川又宗助(佐戸井けん太)、宮地沙織(三浦理恵子)、立花邦夫(橋本さとし)、国岡二郎(やべけんじ)といったミステリー界を代表する作家たちだ。静子は離れの仕事場にいた。  招待状の差出人は静子。だが、編集者の佐藤武雄(石黒賢)によると静子は否定したと言う。その佐藤は、犯行時刻には家政婦の田口米子(青木和代)と買い出しに行っていた。犯行は早朝5時頃、血染めのトロフィーが留美の殺された部屋に投げ込まれたことで発覚。麗子と風祭が作家たちを集めて事情を聞いていると、静子の娘、里美(菊池和澄)が倒れる。   麗子は影山に、今回の事件の鍵はダイイングメッセージにあると話す。すると影山は「チャンチャラおかしくて横っ腹が痛うございます」と、爆笑して...。

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.1%   [第2話]16.1%   [第3話]16.4%   [第4話]16.7%

第5話]15.9%   [第6話]14.9%   [第7話]15.1%   [第8話]15.4%

[第9話]15.2%

 

【登場人物】

影山・・・櫻井翔(宝生家執事)

宝生麗子・・・北川景子(宝生財閥の一人娘。国立署刑事)

風祭京一郎・・・椎名桔平(国立署警部。風祭モータース御曹司)

並木誠一・・・野間口徹(刑事)

山繁 悟・・・中村靖日(鑑識員)

宗森あずみ・・・岡本杏理(婦警)

江尻由香・・・田中こなつ(婦警)

 

佐藤 武雄・・・石黒賢(天童静子の担当編集者)

天道 静子・・・高橋ひとみ(超売れっ子ミステリー作家)

宮地 沙織・・・三浦理恵子(事件の被害者。グルメ・ミステリー作家)

立花邦夫・・・橋本さとし(ハードボイルド・ミステリー作家)

川俣 宗助・・・佐戸井けん太(トラベル・ミステリー作家)

国岡次郎・・・やべけんじ(ユーモア・ミステリー作家)

剣持留美・・・上原美佐(事件の被害者。新進気鋭のミステリー作家)

田口米子・・・青木和代(天童家の家政婦)

天道里見・・・菊池和澄(静子の娘。中学1年生)(幼少期:栗本有規)

 

公式HP(最終話粗筋)

 


【送料無料】『謎解きはディナーのあとで』 オリジナルサウンドトラック


【送料無料】謎解きはディナーのあとで 2

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2011年12月13日 (火)

『坂の上の雲』第11回視聴率と『行列~』の新司会者、さんまさん♪

『行列のできる法律相談所』の新しい司会者明石家さんまさんになるそうです。

先日(12/11)の「行列~」の最後に発表されて、びっくりしました♪

2012年1月15日放送の新春2時間SPからのようです。

突然、島田紳助さんが辞めてから、東野幸治さん、宮迫博之さん、お笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さん、お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さんなど、いろいろな人が司会をしてきたようですが、ようやく、ちゃんと決まって良かったですね♪

弁護士の皆さんも最近、初期の頃の方が次々と辞めてしまい、少し淋しくなって、見ないことが多くなってしまっていました(^^;)

ここで大物司会者が入って、ほんと良かったです。

私は、シンスケさんより、さんまさんの方が好きなので、楽しみです♪(^^)

参考ニュース:まんたんウェブ

話は、全然、変わりますが・・・

 

『坂の上の雲』第11回「二〇三高地」の視聴率は、前回の12.7%より下がって、11.0%でした。

次回、10%を切らないか、心配です(^^;)

 

万策尽き果てた乃木(柄本明)の苦境を見かねた満州軍総参謀長・児玉源太郎(高橋英樹)は、一時的に第三軍の指揮を執ることを乃木に了承させました。

直ちに重砲隊の移動や陣地転換など攻撃計画を修正し、乃木の代わりに二〇三高地を落としました。

なんとか落とせて良かったです♪(^^)

児玉は、陥落した二〇三高地の巡視に向かう乃木にあえて同行せず、陸軍の記録にも自らが指揮権を執ったことは伏せて、単なる陣中見舞いだったと記録させました。

いろいろ気遣いも大変でした。

 

尚、今回出てきた白襷隊が雪を踏み分けて山頂を目指すシーンなど、その壮絶な戦いは北海道のサロベツ原野で撮影されたそうです。

ロケ期間は、11月下旬から12月上旬。

これは、くしくも第三軍の第三回攻撃とほぼ同じ日程。

氷点下の気温の中での戦いぶりがリアルに再現されているそうです。(公式HPより)

氷点下の気温の中、撮影、ご苦労さまでした。

次回は、「敵艦見ゆ」です。

 

【視聴率一覧】 (関東地区)

第1部(1868年~1900年)
放送回放送日副題視聴率
第一回2009年11月29日 少年の国 17.7%
第二回2009年12月06日 青雲 19.6%
第三回2009年12月13日 国家鳴動 19.5%
第四回2009年12月20日 日清開戦 17.8%
第五回2009年12月27日 留学生 12.9%
平均視聴率17.5%
第2部(1900年~1904年)
第六回2010年12月05日 日英同盟 14.7%
第七回2010年12月12日 子規、逝く 15.0%
第八回2010年12月19日 日露開戦 14.7%
第九回2010年12月26日 広瀬、死す 9.7%
平均視聴率13.5%
第3部(日露戦争)
第十回2011年12月04日 旅順総攻撃 12.7%
第十一回2011年12月11日 二〇三高地 11.0%
第十二回2011年12月18日 敵艦見ゆ
第十三回2011年12月25日 日本海海戦

 

公式HP(次回粗筋)

公式HP(第3部人物相関図)

公式HP(第3部用語ガイド)

 

第10回レビュー

 


【送料無料】坂の上の雲(第3部)NHKスペシャルドラマ・ガイド

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

どうか、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月12日 (月)

【南極大陸】第9話感想と視聴率「終幕へ…奇跡が起きる!」

「終幕へ...奇跡が起きる!」

第9話の視聴率は、前回の15.0%より上がって、16.7%でした♪

2話続けて上がって良かったです♪(^^)å

次回は最終回で、30分拡大して90分スペシャルです。

最終回に合わせて、一部の地域では、今日から毎日、昼間、再放送しています。

放送時間と話数は、日によって違うので、詳細は、こちら(公式HP・お知らせ)です。

多分、最終回は再放送しないので、来週日曜に必ず見てください♪

 

倉持さん、再び、南極大陸へ行けることになって良かったですね♪(^^)

本当は、星野さんが行けることになったのに、腰を悪くして「ドクターストップなんですわ」とか言って、倉持に譲ってくれました。

それにしても、経験者を連れて行かないとは変わってますよね(汗)

第三次隊の選考基準の中に、「第一次及び第二次越冬隊に参加した者は除く」という項目がありました。

少しでも多く、第一次越冬隊の経験を活かせるよう、数人連れて行った方がいいと思うんですが(^^;)

白崎さんが、第一次越冬隊からも希望者を募らせてもらえるよう、選考基準を作った文部省の事務次官を説得したのですが・・・

その後、氷室さんが自分の仕事、いえ、人生を賭けて動いてくれたようです。

そうまでして、ようやく行けるようになったのは、星野さん一人でした(^^;)

でも、譲ってくれたので、結局、第一次越冬隊の人で再度行けるのは、倉持さんだけのようです。

 

星野さんが行くと思った倉持は、遥香ちゃん達がリキのために作った千羽鶴を星野さんに預けようとしました。

でも、自分で持って行くよう言われました。

星野「倉持さん、行ってきてくれまへんか?

 今度こそ、迎えに行ってくれまへんか?

 行って私らの分まで、思いっきり抱きしめてください。

 倉持はん、行ってきなはれ」

 

氷室さんが仕事、いえ、人生を賭けて動いてくれて、ギリギリこの参加にこぎつけたそうです。

星野「全く不器用なんですわ」

氷室さん、大蔵省を辞めて、父の跡を継いで、政治家になるそうです。

 

倉持は氷室に会いに行きました。

氷室「あのクジラの残骸、まだ残ってるかな?」

倉持「もし、行けたら、見てくる」

氷室「さっき、大蔵省、辞めてきた。親父の跡を継いで、政治に行く。

 勘違いするなよ。

 夢で日本を変えられるか、別の場所で見ていきたいだけだ。

 南極観測がこれからも続いていくよう、見守っていこうと思ってる。

 だから、おまえは南極、行って来い。

 俺が日本で見てるよ」

倉持「南極って、すげえな」

 

最初反対していた氷室さんを、ここまで変えたから、すごいのでしょうか?

 

別れ際・・・

氷室「ありがとな」と、お辞儀する。

氷室「生きてるって、俺も信じてるぞ」

 

氷室さん、影で頑張ってくれて、素敵だったです♪(^^)

 

そして、氷室さんにも言われたので、倉持は美雪ちゃんに会いに学校へ・・・

子供達と美雪に、「もう一度、南極へ行く。迎えに行ってくる」などと話しました。

 

美雪と2人だけになり、再度、南極に行く事を告げ・・・

倉持「見合いとかしないで、待ってて欲しい」

美雪「(嬉しそうに言葉を捜して)・・・お帰りをお待ちしてます」

昭和風に、ラブラブでした♪(^^)֥ϡ

 

また、犬達が次々と死んでしまいました。

残ったのは、風連のクマと、リキ、タロ、ジロの4頭だけのようです。

氷が割れて、1頭だけ、流氷で流されてしまいました。

これって、風連のクマ?

悲しそうな目。

皆、吠えますが、もう、どうすることもできなくて・・・

それにしてもこのシーン、長かったです(^^;)

 

昭和33年11月12日、第三次観測隊を乗せた南極観測船「宗谷」は、皆に盛大に見送られて、南極へと出発します。

古館教授が残りの千羽鶴を持ってきて、倉持に渡しました。

古館「奇跡が起こるぞ。気をつけてな」

倉持「行ってきます」

美雪と子供達も見送りました。

 

その頃、南極ではまた1頭、犬が倒れました。

あれは、リキでしょうか?

犬の見分けがつかないです(^^;)

とにかく、残りは、タロ・ジロだけになってしまったのかな?

それとも、まだ、リキ、残っているのでしょうか?

公式HPの現場レポートに、第9話、「風連のクマまでもが行方不明となり、リキ、タロ、ジロだけとなってしまいました。」と書いてありますが。

そして、第9話から登場した安藤道雄役の佐藤隆太さんの話が載っています。

 

犬達、懸命に頑張ったのですが、また次々と死んでしまい、痛々しかったです。

今回、良かったのは、星野さんと氷室さん♪

どちらも素敵だったです♪(^^)֥ϡ

今回は、子供と犬が結構でてきて、宗谷も出港し、雰囲気が少し初回と似ていました。

次回は最終回。

奇跡の再会ですね。

リキは。。。

再会だけだと思うんですが、90分もやることあるのでしょうか?(^^;)

期待と不安で一杯です(^^;)

 

【第9話粗筋】 (公式HPより)

倉持は、"もう一度、南極に行きたい" という思いを伝えるため、星野 (香川照之)、氷室 (堺雅人) らのいる日本学術会議ビルに戻ってきた。しかし、第三次隊の選考基準の中に 【第一次及び第二次越冬隊に参加した者は除く】 という項目があり、愕然とする。白崎 (柴田恭兵) は、第一次隊からも希望者を募らせてもらえるよう、選考基準を作った文部省の事務次官を説得する。

その頃、南極に残された犬たちは、ブリザードの吹き荒れる過酷な環境の中、生き残るために必死にもがいていた...。

研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、第三次南極観測隊への参加を一度は断念したが、「 宗谷 」 の修理が完成した頃、氷室 (堺雅人) や 星野 (香川照之) の働きかけにより、再び 「 南極大陸 」 へ行けることとなった。そして倉持は、美雪 (綾瀬はるか) に 「 待っててほしい 」 と自分の気持ちを告げた。
昭和33年11月12日、犬たちが生きているという"奇跡"を信じる想いを乗せた南極観測船 「 宗谷 」 は、南極へと出発した。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]22.2%  [第2話]19.0%  [第3話]16.9%  [第4話]15.8%

第5話]13.2%  [第6話]19.1%  [第7話]13.4%  [第8話]15.0%

[第9話]16.7%

 

公式HP(プレゼントクイズ)(12/18(日)夜9時締切)

公式HP(最終回粗筋)

 


 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2011年12月11日 (日)

【妖怪人間べム】第8話感想と視聴率

「善良刑事の復讐...! もう一人の妖怪の罠」

第8話の視聴率は、前回の14.9%より下がって、13.9%でした。

このドラマの最低視聴率です。

裏に、「土曜ワイド劇場・おかしな刑事」(16.2%)や、「フィギュアグランプリファイナル男女ショート」(14.3%)などがあったので、少し食われてしまったかも?(^^;)

 

名前のない男は、ベム達と兄弟?

ということは、妖怪人間?

予告編では、名前のない男(柄本明)が、

「私は誰かに名前を呼ばれるような存在ではない。

私は晋作博士ではありません」と、言いました。

でも、見た目そっくりなんだから、晋作博士の細胞を使って作られたのかもしれませんね。

 

夏目が東郷を殺そうとして、ベム達が止めてもダメだったので、

ベム「あなたのためだったら、俺はただの妖怪になっても構わない」と、

自分が代わりに東郷を殺そうとしたところは、ウルウルしました。

深い愛ですね♪(^^)

お陰で、夏目も目が覚めてくれました。

このシーンと、名前のない男がベム達の前に訪れたシーンが印象深かったので、それらのシーンを書きます。

ストーリーの順に追いたい方は、下記の粗筋を先に参照して下さい。

 

夏目を襲ったのは、やはり東郷でしたが、夏目の怪我は大した事はありませんでした。

5年前の事件の真相がようやく分かりました。

その時から、名前のない男が関わっていたなんて。

5年前の爆発事故も東郷が犯人でした。

犯行理由は、自分より上だった大久保が邪魔で、彼を殺したくて爆発事故を企てたとのこと。

結局、大久保は生き残ってしまいましたが、事故後、彼は腑抜けになり、彼の苦しむ姿も見られたので、嬉しかったようです。

他に何人死のうと関係なかったとのこと。

夏目「それだけ?」

事故の真相を知りたいだけと言っていた夏目でしたが、あまりの真相に、さすがのいい人の夏目も切れてしまい、銃で殺そうとしました。

 

その頃、名前のない男とベム達は対峙していました。

名前のない男、不便なので、役者名で、柄本さんと表記します(^^;)

ベム「俺達の何を知っている?」

柄本「全てですよ。

 あなた達が抱える苦悩やそれを紛らすために、人間達を救い続けている事もね。

 復讐に燃える者。老人を恨む者。他者の幸せを妬む者」

ベム「やはり、全ての事件をあなたが・・・」

柄本「私は彼らを救っただけです。

 あなた達がしてきたようにね」

ベム「救った?」

柄本「私は、彼らが胸の奥に込めた真の感情を開放するお手伝いをしているだけです」

ベラ「何ほざいてるんだい!」

柄本「いいんですか? 私に構ってなどいて」

名前のない男、杖で床を叩き、夏目が東郷を締め付けている映像を彼らに見せました。

ベム、驚いて「夏目さんに何をした?!」

柄本「これが彼の真の姿ですよ」

ベム達は慌てて、夏目の元に駆けつけました。

 

順番前後しますが、

東郷は、夏目の自宅に電話をかけて、奈穂子に5年前の事故は自分のせいで謝りたい、事故の説明をしたいと嘘をつき、廃工場に来るよう言いました。

詳細は、ご主人に聞くようにと言って。

それで、夏目は奈穂子に問い詰められて、結局、家族3人で指定された廃工場に行きました。

ドアを開けようとしたら、日出美さんが止めました。

日出美さんは、ベム達が探偵だと思い込んでいて、自分も役に立ちたいと、病院を抜け出した夏目の後をつけたのでした。

そして、夏目が東郷に会ったのを目撃。

今度は、東郷の後をつけて、この廃工場のドアに何やら仕掛けたのを目撃したとのこと。

どうやらドアを開けたら爆発するよう仕掛けたようです。

危ないところでした。

日出美さん、お手柄ですね。

でも、もし東郷につけていたのを気づかれたら、日出美さんも危ないところでした。

妻と娘まで殺されそうになったという事もあったので、いくらお人好しの夏目でも殺したくなる気持ち、よく分かります。

廃工場前で、日出美さんに付き添いを頼んで、妻と娘は家に返し、

夏目は、警察に戻って、そこに爆発物が仕掛けられていると報告。

一人、東郷の所に向かいました。

そろそろ死んだと思っていた東郷はびっくり。

夏目は、東郷を殴って真相を聞きだし、あまりの真相に怒って、拳銃を突きつけ、

そこへ、ベム達が駆けつけて止めたのでした。

 

ベム「夏目さん、どうしてですか?」

ベロ「いつものパパさんに戻ってよ」

夏目「ベムさん、ごめんなさい。

 全てを知ってしまった今、もう元には戻れません。

 俺には、この選択しかないんです」

ベム「あなたは・・・そんな事をする人間ではないはずです」

夏目「どうなんでしょうね? これがホントの俺かもしれません」と銃を突きつける。

ベム「やめて下さい! そんな姿は見たくありません!」

夏目「こいつのせいで、誠は死んだんだ!

 こいつの・・・こいつの・・・くだらない嫉妬のせいで」

ベム「夏目さん、前に言っていましたよね。 復讐をしても何も解決しないと」

ベロ「パパさん」

ベラ「優衣や奈穂子を悲しませないでおくれよ」

夏目「うるさい! 邪魔しないで下さい!」

ベム「分かりました。 もう邪魔はしません。

 あなたにそんな恐ろしい事をさせるくらいだったら、俺がやります。

 俺は、あなたを見て人間になりたいと、強く思えた。

 人間に憧れをいだかせてくれたあなたのためだったら、

 俺は・・・ただの妖怪になっても構わない」

ベム、妖怪に変身して、夏目を突き飛ばし、東郷を痛めつけました。

ベロ「やめてよ、ベム。 ベラ、止めてよ」

ベム「約束したんだ。夏目さんが間違いを起こしそうになったら、俺が必ず止めると」

ベム、東郷の首を絞める。

夏目「やめて下さい! もうやめて下さい!」

ベム、手を放し、東郷、咳き込む。

ベム「生きて・・・罪を償え」

東郷、逃げる。

ベラ「どこまでクズなんだい」

ベラとベロ、変身して東郷を追い、痛めつける。

ベラとベロ、ベム、元の姿に戻り、夏目の元に来る。

ベラ「大丈夫かい?」

夏目、泣きながら「俺、何やってんですかね?」と泣き続ける。

夏目「すみませんでした」

ベロ「パパさん、これ、あげる」と、優衣に貰ったチョコレートをあげる。

ベム「辛い時こそ、チョコレートは甘い・・・ですよ」

夏目、受け取って、食べる。

皆、笑顔♪

気を失った東郷の目から涙が流れて・・・

ベロ、駆け寄り、腕を出して涙が落ちる。

一瞬、ベロの腕の皮膚が人間に戻る。

ベラ「これも博士の仕業って事かい?」

どうやら涙の謎が分かったようで、良かったです♪

これにも名前のない男が関わっていたのでした。

 

ベムの「ただの妖怪になって構わない」という献身的な愛、素敵でした♪

夏目、お陰で危ういところで、踏みとどまれて良かったです♪(^^)

 

最後にまた、名前のない男(柄本明)がベム達の元に訪れました。

柄本「踏みとどまりましたね。

 あなた方を受け入れた人間だけの事はある」

ベム「おまえ・・・」

柄本「昔もそうやって、私に怒っていましたね」

ベム「昔?」

ベラ「やっぱり、あんた、博士なんだろ? 緒方晋作なんだろ?」

柄本「私に名前などありません。

 まだ思い出しませんか?

 私はあなた達と同じなんです。

 兄弟なんですよ」

 

今回、かなり?進展しましたね。

名前のない男の正体と目的が、分かりそうで分からなくて・・・(^^;)

とにかく、ベム達が記憶を失った前の出来事が、いろいろありそうで、その時は名前のない男も一緒にいたのでしょう。

名前がないと不便なので、名前をつけて欲しいです。

 

尚、このドラマはあと2回で、最終回は12/24(土)の予定です。

楽しみです♪(^^)

 

【第8話粗筋】 (Yahooテレビより)

ベム(亀梨和也)たちの前に名前の無い男(柄本明)が姿を現した。
「もうすぐ人間になれますから・・・・・・」と言って去った男の顔は、ベムたちを生み出した博士と同じだった。
そのころ夏目章規(北村一輝)は道で何者かに襲われ、入院していた。
夏目は自分を襲った犯人が東郷修市(古館寛治)で、彼が5年前の爆発事故に関与しているのではと疑う。東郷は何も知らないと言い張るが、そんな東郷の前に名前の無い男が現れ「お久しぶりです」と声をかけるのだった......。
その後、東郷は夏目家に電話をし「すべてを話すから廃工場に来るように」と言う。
夏目は奈穂子(堀ちえみ)と優衣(杉咲花)とともに指定された場所に行き、ドアを開けようとするが--!?

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.9%  [第2話]17.1%  [第3話]15.8%  [第4話]16.7%

第5話]16.2%  [第6話]14.3%  [第7話]14.9%  [第8話]13.9%

  

公式HP(次回粗筋)

   


妖怪人間ベム オリジナル・サウンドトラック

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

どうか、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【カーネーション】第11週日別粗筋と「衣料切符」説明

【第11週(61~66回)(12/12~12/17)日別粗筋】 (Yahooテレビより)

これは来週の粗筋です。

その前に、第10週(第56回・12/6(火))に出てきた「衣料切符」の説明がデータ放送の「イトコトメモ」にありました。

今更ですが、一応、書き取ったので、ここについでに掲載しておきます。

 

<衣料切符> 「イトコトメモ」より

太平洋戦争開戦後は、深刻な物不足から物価が一気に高くなり、対策として、配給制が実施されました。

最初は、米や小麦粉、後に、みそ、しょうゆ、衣料品が次々に切符制の配給になりました。

切符は点数制で、お金があっても切符の点数がなければ靴下一つ、買えませんでした。

 

<日別粗筋 第11週(61~66回)(12/12~12/17)>

第61回[12/12(月)]

善作(小林薫)が、火鉢に油の瓶を落としたことから火事になり、糸子(尾野真千子)は身重の体も忘れて必死に善作を助け、病院へ運び込む。一命を取りとめたものの、善作は絶対安静を命じられて小原家へ戻ってくる。千代(麻生祐未)や妹たちに頼ることもできず、休む間もなく後片づけを始める糸子だが、陣痛が来て、その夜三女を産む。無事誕生を知って、隣の部屋で寝ていた善作もハル(正司照枝)も安どの涙を流すのだった。

第62回[12/13(火)]

赤ん坊が生まれて1週間。やけどの養生中の善作(小林薫)の世話は千代(麻生祐未)では、かなわないことが多く、糸子(尾野真千子)は妹や縫い子たちを、しったして、仕事と子育てと看病を切り回す日々。ある日、清三郎(宝田明)と貞子(十朱幸代)が見舞いに訪れる。清三郎が名付け親となって、赤ん坊は聡子と決まり、一同は、ようやく和やかな時を過ごす。帰りに何気なく貞子のモンペを見て、糸子にあるアイデアが、ひらめく。

第63回[12/14(水)]

貞子(十朱幸代)のモンペは、最高級の大島の着物から作ったものだった。確かに"モンペでも女性がオシャレをしたい気持ちは同じだ"と、糸子(尾野真千子)は一張羅からモンペを作り、着物に戻せる作り方を考え始める。縫い子たちと研究を重ね、モンペ作りの教室を開いたところ、最初の客はサエ(黒谷友香)だった。サエをはじめ女たちは、鮮やかな着物に大胆にハサミを入れてモンペを作る。オハラ洋装店はにぎやかさに包まれる。

第64回[12/15(木)]

善作(小林薫)は木之元(甲本雅裕)たちの助けを借りて病院通いを続けていたが、恥ずかしさのあまり周囲には人助けをしようとしてのやけどだと偽っていた。一方戦地の勝(駿河太郎)から葉書が届き、糸子(尾野真千子)は、やはり無事を祈らずにはいられない。ある日モンペ教室に八重子(田丸麻紀)が現れる。戸惑う糸子の前で、八重子は黙々とモンペを作る。帰る前に八重子は、泰蔵(須賀貴匡)の出征が間もなくであると告げる。

第65回[12/16(金)]

泰蔵(須賀貴匡)の出征の日。八重子(田丸麻紀)に頼まれた糸子(尾野真千子)が見送りに向かう傍ら、善作(小林薫)は自ら歩いていくと言い張る。やけどに驚く泰蔵に、善作は偽ることなく、自分で出した火事だと告げる。万歳を叫んだ善作が倒れ、介抱しようとする糸子。そこで糸子は、物陰にたたずむ奈津(栗山千明)の姿を目にする。見送り以来、善作はいっそう弱ってしまう。糸子は絶対に治すと誓い仕事と子育てにまい進する。

第66回[12/17(土)]

ようやく回復してきた善作(小林薫)が無理をしないかと、糸子(尾野真千子)は不安でしかたがない。そこへ善作の友人の木岡(上杉祥三)が石川県の温泉旅行を持ちかける。糸子や千代(麻生祐未)は心配するが、善作は旅行を楽しみにしており、しかたなく糸子は国民服を新調し、酒を持たせて送り出す。その夜、善作が書いたらしい「店主・小原糸子」の字を帳簿に見つけ、もの思いにふける糸子のもとに、善作危篤の電報が届く。

 

三女の誕生と、泰蔵さんの出征。そして・・・

お父ちゃん、亡くなってしまうのでしょうか?

心配です。。。

 

公式HP(来週の粗筋)

 

【最近の過去レビュー】

第10週(55~60回)と視聴率最高更新♪(12/5(月)~12/10(土))

第9週(49~54回)と視聴率(11/28(月)~12/3(土))

第8週(43~48回)と視聴率関西最高(11/21(月)~11/26(土))

第7週後半(41,42回)&波乱万丈の来週(11/18(金)~11/19(土))

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ(11/14(月)~11/17(木))

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪(11/7(月)~11/12(土))

 


送料無料■TVサントラ CD【NHK連続テレビ小説 カーネーション オリジナル・サウンドトラック】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

【カーネーション】第10週(12/5~12/10)と視聴率最高更新♪

「第55~60回(12/5~12/10)」

遅くなってしまって、すみません。

12/12(月)のスタパに、正司照枝さん(糸子の祖母役)が出演予定だそうです。

そして、12/13(火)に、先日、国会中継で放送延期になってしまった駿河太郎さん(糸子の夫・勝役)のスタパ(録画)も放送されるそうです。

勝さん、もう出征してしまって、ちょっと時期が悪くなってしまいましたね(汗)

追加の新キャストが発表になったそうです。

娘達3人が大きくなって代わり、泉州繊維商業組合の人など、いろいろな人が新登場するようです。

中でも私が驚いたのは、近藤正臣さんと六角精児さんが出演する事です。

六角さん、『相棒』以来、有名になりましたね♪(^^)

 

先週(第9週)の関東の週間最高視聴率は、20.4%(12/3(土))で、初めて関東でも20%を超え、今までの最高視聴率でした。

関西は、20.4%(12/2(金))で、週間最高視聴率は同じですが、曜日が違いました。

これも珍しいですね。

 

関西最高日の第53回[12/2(金)]の内容は、

糸子(尾野真千子)と勝(駿河太郎)は、直子を勝の弟夫婦に預けました。

しかし、気になって様子を見に行き、弟に諭され、会えませんでした。

糸子は懸命に働き、大量の金糸入り布をすべて洋服に仕上げ、ようやく大みそかに直子を迎えに行きました。

お正月、神社に家族で初詣に行き、オハラ洋装店の服で着飾った女性であふれるて、糸子は喜びもひとしおでした。

関東最高日の第53回[12/3(土)]の内容は、

昭和16年7月、女性のオシャレを排除しようとする流れに玉枝(濱田マリ)らの安岡髪結い店は苦しんでいた。糸子(尾野真千子)のオハラ洋装店は相変わらずの繁盛だが、勝(駿河太郎)の仕事は減っている。ある日、勘助(尾上寛之)が戦地から戻ってくると分かり、善作(小林薫)らも大喜び。糸子は、はりきって歓迎会の準備を進めた。しかし歓迎会に勘助は現れず、祭りにも来ないことを不審に思った糸子は、直接訪ねた。

 

私は、金曜日の内容の方が、金糸の布の件が決着して好きでした♪

直子ちゃんも戻って来て・・・

仕事も家族もうまくいって、幸せでした♪

でも、土曜は、勘助が戻ってきたものの、心を失って、暗い余韻で終わってしまいました。

 

そして、今週の「いつも想う」

いつも展開、早いですが、今週の内容は特にじっくりやって欲しかったものが多かったので、あっさりしすぎて、ちょっと物足りなかったです。

前半は勘助をサエに会わせて失敗してしまったこと。

中盤は勝さんと一緒に歌舞伎を見に行って、プレゼントも貰ってラブラブだったのに、浮気相手と会ってしまい、出征後に、その浮気に気づきました。

そして、土曜日は火事まで起こってしまいました。

『おひさま』でも、浮気もどきも出征も火事もありましたが、それぞれが長かったです。

でも、このドラマは皆、あっと言う間でした(^^;)

火事もきっとあっという間・・・

っていうか、予告編を見ると、お父ちゃん、死んでしまいそうな雰囲気でしたが、大丈夫でしょうか?(汗)

 

最初に戻ります。

糸子は勘助を元気づけるつもりでサエに会わせたのに、逆効果になってしまって、気分が悪くなって飛び出して行ってしまいました。

その上、2階から飛び降りようとしてしまったとのこと。

玉枝さんが怒って、糸子にもう2度と勘助に会うなと、文句を言いに来ました。

玉枝さんが怒るのは尤もだったと思います。

ようやく、よくなりかけていた息子が一気にまた悪くなってしまったのだから。

それを謝りに来て、母と糸子の間をとりなそうとした八重子さんにも辛くあたってしまって、糸子、今回はちょっと見損なってしまいました。

糸子「うちはお宅らの身内とちゃうさかい・・・

 辛抱する筋合いないわ」

でも、勘助を悪くしてしまった責任はもっと感じるべきだったと思います。

玉枝さんの言う通り、糸子の図太さは繊細な勘助には毒でしょう。

商売がうまくいって妬んでいる以前の問題だと思います。

 

そして、勝さんが歌舞伎に連れて行ってくれましたが、劇場で、わか竹の菊乃という綺麗な女性に会いました。

どうやらその女性と浮気していたようです。

夜釣りと行ってよく出かけていたのは、菊乃と会っていたのでしょう。

でも、糸子が浮気に気づく前に、勝さんは赤紙が来て出征。

出征後に、返ってきた背広の内ポケットに勝と菊乃とのツーショットの写真が・・・

糸子は、ようやく浮気に気づき、悩みました。

出征後ですからね。

今更、怒っても本人いないから仕方ないですね(^^;)

この時代、男性はいつ赤紙が来て死ぬか分からないので、少し寛大になってあげてもいいような気がします(^^;)

奈津のご主人は、芸妓と逃げてしまったそうです。

こっちの方が気の毒かも?(汗)

奈津は、でも、弱きは吐きませんでした。

落ち込む糸子に

奈津「しゃきっとせいや!」と言いました。

お陰で、糸子は吹っ切れました♪

いい友達がいて良かったです♪(^^)

 

そして、勝さんの分のミシンを供出しろと大日本国防婦人会の人達がやってきました。

ミシンがないと、勝さんが帰ってきた時に困ると、糸子は渋りましたが・・・

澤田「はあ? 帰って来た時?

 いやしくも日本の妻、夫を戦地に送り出したら、潔く、遺骨になって帰って来るのを願うべきやないんですか?

 死んでお国の役に立ってこそ、旦那さんの値打ちっちゅうもんです」

糸子「何?! この・・・」と飛び掛ろうとする。

慌てて、糸子の口と体を昌さんとお父ちゃんが押さえて止めました。

確かに、この時代はそういうご時世だったのでしょうけれど、「あなたの夫が出征しても同じように思えるの?」と思ってしまいました。

帰った後も、糸子は悔しくてたまりませんでした。

糸子「くそ! 何が死んでこその値打ちじゃ!」と涙ぐみました。

そうそう、糸子は3人めを妊娠しています。

妊娠9ヶ月の時に出征してしまいました。

お父さんの顔も知らなくて、赤ちゃん、気の毒です。

おなかが大きいのに、あの女性達は遺骨になって帰って来るのを願うべきとよく言えますね。

嫌な時代でした。

 

そして、最後に、油の瓶が火鉢に落ちて火事になってしまいました。

善作さんが心配です。。。

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                        (関東)               (関西)

・第1週「あこがれ」 初回16.1% 17.4%(10/8(土))   17.2%(10/7(金))

・第2週「運命を開く」        18.5%(10/15(土))  17.3%(10/13(木))

・第3週「熱い思い」         17.9%(10/18(火))  17.9%(10/20(木))

・第4週「誇り」            19.2%(10/29(土))  17.7%(10/27(木))

・第5週「私を見て」     18.6%(11/3(木)と11/5(土)) 20.4%(11/4(金))

・第6週「乙女の真心」       19.7%(11/12(土))   20.0%(11/11(金))

・第7週「移りゆく日々」       19.6%(11/18(金))   21.1%(11/16(水))

・第8週「果報者」          19.7%(11/21(月))   20.5%(11/26(土))

・第9週「いつも想う」        20.4%(12/3(土))    20.4%(12/3(金))

・第10週「秘密」

・第11週「切なる願い」

 

公式HP(来週の粗筋)


カーネーション CD

 

【最近の過去レビュー】

第9週(第49~54回)と視聴率(11/28~12/3)

第8週(第43~48回)と視聴率関西最高(11/21~11/26)

第7週後半(第41,42回)&波乱万丈の来週

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月10日 (土)

今夜は皆既月食♪

今夜(12/10)は、皆既月食ですね。

午後9時45分頃から始まるそうなので、もうすぐです。

12月10日午後9時45分から一部が欠け始め、11時6分から11時58分まで皆既月食となり、

その後の部分月食は、11日午前1時18分に終わるそうです。(詳細はAstroArts「皆既月食」で)

皆既月食ということは、今夜は満月なんですね。

先ほど、外に出て夜空を見上げたら、満月が綺麗に見えました♪ޥ

でも、近くに雲らしき物があって・・・

雲で月食が邪魔されないか、ちょっと心配です。

綺麗に見えますように・・・

 

<ここから12/11(日)追加>

23時頃見ただけですが、三日月位に欠けた月が綺麗に見えました♪

良かったです♪(^^)

ottottoさんが皆既月食の写真を撮ったそうです。

綺麗に撮れています♪(^^)

寒い中、ご苦労さまでした♪

 


【送料無料】皆既月食


NHKが最新の技術で記録してきた決定的シーンを網羅。同時にリアルCGによる分かりやすい解説も収竹緒 天文ショー~超巨大彗星、流星群、オーロラ、皆既月食


NEWムーンライトII 皆既月食特別セットケンコー・トキナー

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

【家政婦のミタ】第9話感想と視聴率

「最終章の始まり! 一筋の涙...炎の中で私を死なせて」

第9話の視聴率は、前回の29.6%より少し下がって、27.6%でした。

裏に、『FNS歌謡祭』(19.9%)などがあったのに、よく健闘したと思います。

ちなみに、この日の『相棒』は前回より5%以上下がって、13.1%でした。

こちらは、『相棒』の2倍以上ですね(^^)

本当に、すごい視聴率です♪å

 

前回、ミタさん、自分の過去を告白して、阿須田家の家政婦を辞めてしまいました。

阿須田家の皆はなんとかミタさんにまた来てもらおうと頑張りましたが・・・

来たのは、別の家政婦のミタさんでした(笑)

ここまでは予想つきましたが、上から読んでも下から読んでもミタタミで面白かったです♪(^^)

そして、三田灯さんは・・・

なんと隣りに家政婦になりました。

あのおばさん、真利子(佐藤仁美)が嫌な人だという事は、十分知っていたと思いますが・・・

どうやらミタさんは自分の人生に絶望して破滅的になっていたようです。

隣りの真利子は、ミタさんにご主人の功を尾行させました。

ミタさんは、功が不倫をしていて、結婚したことを後悔していることを突き止め、真利子に報告しました。

真利子はヤケになって、ご主人を殺してと・・・

いえ、私も死にたいし、翼ちゃんを置いていくわけにはいかない。

真利子「こうなったら一家心中よ。

 明日、家族3人・・・この家ごと燃やしてくれる?」

と、ミタさんに命じました。

ミタさんは「承知しました」と・・・

 

翼君のお誕生日、ミタさんは灯油を買って来ました。

そのタンクを持って歩いてきた姿を見かけて、結はおかしいと思いました。

隣りのおばさんは、翼君にもう塾も行かなくていいし、お受験もしなくていいと言ったとか・・・

それはどう考えても変だ。

もしかしたら、死ぬ気じゃないかと、結は思いました。

結ちゃん、カンが鋭かったですね♪

翼君、巻き添えにされるなんて、可哀想。å

いくらご主人が浮気していても、家族皆で無理心中なんて、酷すぎます。ܤäƤ

でも、ミタさんは、そんな批判はせず、翼君の誕生日の家族パーティーで、灯油をまき、蝋燭の火をつけようとしました。

ご主人は驚いて、翼君を抱えて、逃げました。

真利子も自分が命じたくせに、本当に火をつけようとするとは思わなかったと責任逃れ。

阿須田家の隣りで、散々、ミタさんの事、文句言ってきたので知っているはずなのに(^^;)

真利子「あんた、頭おかしいわよ、やっぱり。平気で人を殺そうとするなんて。

 危なくてしょうがないから、世の中のために、あんたが死んだら?」

ミタ「承知しました」

 

真利子、つくづく嫌な人です(汗)

でも、ミタさんは、その命令を待っていたのでした。

何度も死のうと思ったけれど、死ねなくて・・・

誰かが死ぬよう命じてくれるのを待っていたのでした。狼

 

でも、結達兄弟4人が駆けつけて来て、命懸けで、ミタさんの自殺を止めました。

灯油がまいてあるので、もし蝋燭の火がついたら、一気に燃え上がってしまいますね。

本当に、結も翔も海斗も希衣も命懸けでした。

この時、初めてミタさんも怒りました。

今回はミタさん、結構、感情が戻ってきました。

 

功が警官を連れて来て、火をつけるのを止め、警察に連れて行かれてしまいました。

でも、すぐに帰してくれました。 

 

恵一がミタさんにもう一度、家政婦として阿須田家に来て欲しいと懇願。

ようやくミタさんが、再び阿須田家に来てくれました。

良かった良かった♪(^^)

 

ミタ「私は、あくまで家政婦です。

 皆さんの家族ではありません。

 皆さんと一緒にお食事はとりません。

 一緒に出かけたりもしません。

 笑えと言われても、それだけは無理です。

 それでも、よろしいですか?」

こう確認したところは、ミタさんらしかったです。

でも、どうしてそんなに家族になるのを避けるのでしょうね?

自分の家族は、亡くなった夫と息子だけと思っているのでしょうか?

 

隣りの家政婦になるというのは、ちょっと意外でしたが、近所で良かったです♪(^^;)

翼君と希衣ちゃんが仲がいいのに、かこつけて、何度も様子を見に行けて♪(^^)

そして、ようやく阿須田家に帰ってきてくれて、皆、喜びました♪

ミタさんは、誰もいない阿須田家で、ご主人と息子さんの幻覚を見ました。

どういう事なのでしょう?

とにかく、素敵なご主人と可愛い息子さんでした♪ޥ

 

残りはあと2回で、最終回は、12/21(水)です。

次回(第10回)は、『FIFAクラブワールドカップ2011』中継のため、22:35~23:44の35分遅れ(同中継延長に伴い、これよりさらに最大で70分遅れとなる可能性あり)での放送予定で、前回同様15分拡大で放送予定だそうです。(Wikiより)

楽しみです♪(^^)֥ϡ

 

【第9話粗筋】 (公式HPより)

壮絶な過去を告白して、三田(松嶋菜々子)は阿須田家から去っていった。恵一(長谷川博己)と子供たちは三田の消息を追うものの、見つけられない。すると、紹介所の晴海(白川由美)から「三田は別の家で働くことが決まった」と伝えられる。

 三田が派遣された家は、なんと隣の皆川家だった。恵一と子供たちは、あ然とする。子供たちが「帰ってきてほしい」と必死に訴えても、三田は「私はもう、みなさんとは何の関係もない」と冷たく突き放す。

 一方、三田が辞めたことを知ったうらら(相武紗季)は、阿須田家にやって来て「これからは私が毎日食事を作りに来る」と張り切る。しかし、いつもの調子でドジをやらかし、父・義之(平泉 成)に「少しは空気を読め」と連れて帰らされる。

 そんな中、三田の雇主となった真利子(佐藤仁美)から「夫を尾行して」と指示された三田は、夫の功が不倫をしていて、結婚したことを後悔していることを突き止め、真利子に報告する。
ヤケになった真利子は「一家心中するから家ごと燃やして」と三田に命じる。

 翌日、皆川家の長男・翼の誕生日を親子3人でお祝いしていると、その横で三田が灯油をまき始め、火をつけようとする。本当に一家心中になりそうな光景を目の前にして、パニックに陥った真利子は三田に、「平気で人を殺そうとするなんて・・・あなたが死ねばいい」と口走る。

 すると三田は、その言葉を待っていたかのように、自ら灯油をかぶり...。

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.5%  [第2話]18.7%  [第3話]19.8%  [第4話]19.5%

第5話]22.5%  [第6話]23.4%  [第7話]23.5%  [第8話]29.6%

[第9話]27.6%

 

公式HP(次回粗筋)

 


◆メール便は送料無料◆斉藤和義/やさしくなりたい[CD] 【オリコンチャート調査店】 ■2011/11/2 発売 ■VICL-37410


家政婦のミタ ドクターズバッグ

  

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月 9日 (金)

【相棒ten】第8話感想と視聴率最低「フォーカス」

「フォーカス」

season10・第8話の視聴率は、前回の18.3%より大幅に下がって、13.1%でした。

相棒ten(season10)で最低視聴率です。

裏の『FNS歌謡祭』(19.9%)や、『監察医・篠宮葉月 新・死体は語る』(テレビ東京)に食われてしまったかもしれません。ܤ

次回の第9話(12/14(水))「あすなろの唄」(ゲスト:利重剛)が、年最後の『相棒』だそうです。

その次は、元日SP「ピエロ」(ゲスト:斎藤工、遠藤雄弥、大橋のぞみ、目黒祐樹、吉田栄作)で、今、撮影中だそうです。(詳細と写真は、相棒スタッフブログで)

通常放送、来年3月まで続きます。

 

今回の「フォーカス」の脚本家の守口悠介さんは、『相棒』の脚本を初めて書いたそうです。

そのせいか、今までの相棒の話をいろいろミックスして繋げたようなお話でした(^^;)

 

通り魔事件の瞬間をスクープしたカメラマン、有沢(比留間由哲)が殺されました。

有沢は、以前、佳苗の飛び降り自殺のスクープ写真も撮っていて、そちらも関係していました。

一見、複雑そうでしたが・・・

元警官で交番相談員の谷川(佐川満男)が、出てきた時から犯人だろうと想像つきました(汗)

殺害理由は、予想外で、なんか無理にこじつけたような気が・・・(^^;)

この犯人の谷川と、自殺した女性、佳苗との交流がいかにもわざとらしくて、嘘っぽかったです(汗)

それに、また勘違いって・・・(^^;)

最近の相棒って、勘違いで殺すの多いですね。

勘違いっていうのは、脚本の逃げのような気がします。

殺されたカメラマンの有沢、意外性を狙って、本当はいい人で可哀想と同情を集めたかったのかもしれませんが・・・

最初に、佳苗の自殺を止めないで、写真に撮ったのは事実で、それによって有名になったわけで。

その写真を後悔して、室内に貼って自分の戒めにしたとのことですが、

また通り魔のスクープ映像を撮って、被害者を助けるより先に、周りの無関心な人達の写真を撮っていたわけで・・・

全然、戒めになってなかったじゃないですか(汗)

いくら組写真にしても、人命より写真の方が大事という点で同じで、私の彼への評価は変わりませんでした。

どうも無理矢理、綺麗事にしてまとめたような気がして、感動できませんでした。

次回は、年内最後の相棒だそうですので、気持ちよい余韻が残るよう、期待しています♪

 

【第8話粗筋】 公式HPより)

通り魔事件の瞬間をスクープしたカメラマンが殺害された。
週刊誌に通り魔犯の顔写真が掲載されたため通り魔がカメラマンに復讐したのか?
捜査一課が通り魔の行方を必死に追う中、遺留品のカメラを見ていた右京(水谷豊)は写真がいくつか消去されていることに気づき...。
殺されたカメラマンが本当に撮りたかったものは何だったのか...!?
消された写真からあぶりだされる新たな真実とは!

ゲスト:佐川満男 比留間由哲

脚本:守口悠介

監督:橋本一

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.7%  [第2話]17.4%  [第3話]15.0%  [第4話]17.0%

第5話]16.5%  [第6話]13.9%  [第7話]18.3%  [第8話]13.1%

 

テレ朝ゴーゴー祭応募特設サイト

(「相棒」は番組ノベライズセット30名様プレゼント、応募締め切り:12月12日(月)24:00)

 


【送料無料】相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック[CD]11.11.30発売


【送料無料】 相棒season9 DVD-BOX II 【DVD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月 8日 (木)

【謎解きはディナーのあとで】第8話感想と視聴率

「殺意のパーティーにようこそ!!」

第8話の視聴率は、前回の15.1%より少し上がって、15.4%でした。

今回は、謎解きはディナーの後ではなくて、ディナーはお預けて、すぐに謎解きでした(^^)

麗子、友達から預かったラブレター、間違えて別の人に渡して、受け取って貰えず、自分が持っていたなんて(汗)

それを彼女にはっきり言えなくて、渡したと嘘をついていたのでした(汗)

影山さんが「今回の事件の発端は、他でもないお嬢様にあるのですよ」 と言った通り、

元はといえば、この事件が起きたのは、麗子のせいですね(^^;)

ただ、「タマちゃんに渡して」と雛子に言われただけなので、仕方ないとも言えますが(^^;)

タマちゃん”が誰かを、同級生の間で、森雛子(早織)だけ間違えていたので、

本当は両思いだったのに、失恋したと思い込んで、9年間も片思いし続けていたのでした(^^;)

“タマちゃん”は、歌舞伎の屋号「玉乃屋」からきた松五郎のニックネーム。

でも、雛子は転校してきたので、松五郎が「玉乃屋」だと知らなくて、名前が「珠樹(たまき)」だった西山珠樹(浅利陽介)をタマちゃんだと思い込んでしまったのでした(汗)

それが「タマちゃんが結婚する」と聞いて、また勘違いして、勝手に、松五郎の姉の瑞穂(笛木優子)を西山珠樹の婚約者と思い込んで、嫉妬してセットを倒して怪我させてしまったのでした。

雛子は、何度も勘違いして、ちょっとドンくさいというか、情けなかったですね(汗)

一度、ボタンをかけ違えると、その下も全部、間違えてしまうという感じでした。

でも、今まで、よく一度も間違えていると気づかなかったですね(^^;)

9年間もずっと気づかないなんて、ちょっと無理っぽい気もしましたが・・・(^^;)

それに西山君も雛子を好きなのに、当たって砕ける事ができずに情けない男でした(^^;)

でも、その分、優しくて、一途かもしれません♪(^^)

 

コネタは、いろいろ楽しかったです♪(^^)

「太陽にほえろ」のパロディーで、「夕陽にほえろ」のセットが出てきたり・・・

これを知っているのは、かなりのトシでしょう(^^;)

でも、夕陽がアレキサンドライトの色の変化にも役立ち、うまく繋がっていました(^^)

風祭警部もたまたま刑事として招待されていて、麗子と一緒に、捜査することに・・・

襲われた瑞穂の証言だと、犯人は赤いドレスに赤い宝石をつけていて、自分の知らない人だけれど、どこかで見た事のある人だったと・・・

赤いドレスの人は、麗子をはじめ、このパーティーに数人いました。

雛子の宝石は違う色に見えましたが、アレキサンドライトという光によって色が変わる宝石をつけていたのでした。

アレキサンドライトは、6月の誕生石で、石言葉は、「秘めた思い」。

風祭警部がたまたま麗子から雛子が6月生まれと聞いたので、影山は雛子が誕生石を持っているだろうと思い、役立ちました♪

 

挨拶をしても知らない人・・・これは日常でもよくありますね(^^;)

私もゴミ捨てに行った時、知らない人でもご近所だろうと思うと挨拶します(^^;)

名前まで分かりませんが(^^;)

瑞穂は、パーティーのホスト役で、松五郎の付き人の西山に、パーティーの顔入りリストから予め名前を聞いていたので、出席者皆に、名前入りで話しかけていました。

だから、影山さんにも名前入りで話しかけました。

雛子に話しかけてきたもの同じで、本当は覚えていませんでした。

 

麗子は、まだ渡せなかった雛子のラブレターを持っていて、中を開けたら、確かに、「西山珠樹君へ」と書かれていました。

捨てずに持っていたのは良かったですが、誠意がありすぎて、中を読まなかったので、勘違いに気づかず、残念でした。

 

麗子「雛子の気持ちに気づいていたら、こんな事にならなかったのに・・・」(涙ぐむ)

影山「それは仕方のない事でございましょう。

 友達とは、勘違いやすれ違いから、時に互いを傷つけてしまうものでございます。

 しかしながら、その傷を癒してあげられるのも友達だという事をお忘れなきよう。

 掛け違えられたボタンは、最初から直せばいいだけです。

 そして、間違えを直すのに、遅いということはございません」

 

麗子は、影山に車を出すよう言い、西山君に届けに行きました。

まだ2人とも独身で、お互いに9年間、思い続けてきたようなので、まだ十分、間に合うでしょう♪

今度こそ、麗子が恋のキューピットになれるでしょう♪֥ϡ

明るい終わり方で、良かったです♪(^^)

麗子の友人のお嬢様も何人も出て来て、楽しかったです♪

麗子と張り合っていたお嬢様の桐生院綾華(岩佐真悠子)、いいキャラなので、また何か別の機会に登場して欲しいものです♪(^^)

 

【第8話粗筋】 (Yahooテレビより)

影山(櫻井翔)は宝生麗子(北川景子)をテレビ局まで送る。この日、テレビ局では麗子の先輩で歌舞伎役者、染田松五郎(福士誠治)が主演することになった刑事ドラマの制作発表パーティーが催されるのだ。  会場には麗子の友人、森雛子(早織)、桐生院綾華(岩佐真悠子)、宮本夏希(森カンナ)、木崎麻衣(平愛梨)も来ていた。華やかなモデルの永瀬千秋(入山法子)や芸能関係者が集っている。なぜか風祭京一郎(椎名桔平)の姿も...。さらに、影山まで会場にいる。  麗子は友人たちと一緒に、松五郎の姉でありマネジャーの瑞穂(笛木優子)に挨拶。そして松五郎の付き人、西山珠樹(浅利陽介)に声をかけられる。麗子の高校時代の同級生だった西山は雛子が松五郎をまだ好きなのかと聞く。実は、高校時代に西山から雛子への想いを聞かされた麗子は、彼女はタマちゃんが好きだと答えていたのだ。タマちゃんとは松五郎の屋号「玉乃屋」からきた松五郎の愛称。また、その頃、麗子は雛子に託されたタマちゃんへのラブレターを松五郎に渡せずにいた。  話を終え、麗子が西山と会場に戻ろうとすると大きな衝撃音と悲鳴が聞こえる。スタジオで瑞穂がセットの下敷きになっていた。事故として片付けられそうになるが、麗子は影山に助けを求め、事件は解決する。  だが、その夜のディナーで影山は、 「今回の事件の発端は、他でもないお嬢様にあるのですよ」 と、麗子に突きつけた。

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.1%   [第2話]16.1%   [第3話]16.4%   [第4話]16.7%

第5話]15.9%   [第6話]14.9%   [第7話]15.1%   [第8話]15.4%

 

【登場人物】

影山・・・櫻井翔(宝生家執事)

宝生麗子・・・北川景子(宝生財閥の一人娘。国立署刑事)

風祭京一郎・・・椎名桔平(国立署警部。風祭モータース御曹司)

並木誠一・・・野間口徹(刑事)

山繁 悟・・・中村靖日(鑑識員)

宗森あずみ・・・岡本杏理(婦警)

江尻由香・・・田中こなつ(婦警)

 

森 雛子・・・早織(高校・大学時代の麗子の友人)

染田 松五郎・・・福士誠治(歌舞伎役者。玉乃屋。麗子の先輩)

西山珠樹・・・浅利陽介(松五郎の付き人。麗子の同級生)

手代木 瑞穂・・・笛木優子(事件の被害者。松五郎の姉)

永瀬千秋・・・入山法子(モデル。松五郎の婚約者)

桐生院 綾華・・・岩佐真悠子(高校・大学時代の麗子の友人)

宮本夏希・・・森カンナ(高校・大学時代の麗子の友人)

木崎麻衣・・・平愛梨(高校・大学時代の麗子の友人)

 

公式HP(次回粗筋)

 


ネックレス 【送料無料】~アクセサリーライン~シンセティック アレキサンドライト クロスネックレス・ペンダント-necklace-

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)heart04

2011年12月 6日 (火)

【坂の上の雲】第10回(第3部初回)視聴率と感想「旅順総攻撃」

「旅順総攻撃」

第10回(第3部初回)の視聴率は、12.7%(関東地区)でした。

下記の視聴率一覧表の通り、第1部、2部に比べると、初回の視聴率、段々、落ちています(^^;)

第3部は、全部、「日露戦争」が中心なので、好みが分かれてしまうかもしれません(汗)

 

これは、撮影開始から4年、この3年毎年暮れに放送してきたスペシャルドラマの完結編です。

第3部は、10回(12/4)~13回(12/25)までの4回で、これで遂に完結です。

日本が近代国家への道を歩み出した明治時代、四国・松山出身の男達3人の生きざまを通じて、難局に面していた時代の日本の群像を壮大なスケールで描いてきました。

3人のうちの1人、正岡子規(香川照之)は第2部で既に亡くなってしまいました。

この第3部は、日本が存亡を懸けて戦った日露戦争が中心です。

 

今回、日本の陸軍・第三軍は、旅順攻撃をしました。

でも、旅順要塞はベトンで固められた近代要塞で、正面攻撃を敢行するも、ことごとく失敗。

沢山の犠牲者が出て、切ないお話でした。

ただ、戦いのシーンは、「江」とは違って、迫力がありました。

負けているせいか、陸軍と海軍、仲が悪そうでした(^^;)

それにしても戦争って、お金がかかるんですよね。

日露戦争が始まる直前、日本はお金がなくて、日本銀行が持っていた正貨は、僅か1億1700万円でした。

これでは戦争ができないので、日本銀行副総裁の高橋是清(西田敏行)は、ヨーロッパの銀行や金融家を回りました。

でも、どこも相手にしてくれません。

そんな中、一人だけ、日本政府の公債発行額の半分の5000万円を引き受けてくれるという金融家がいました。

アメリカのユダヤ人のヤコブ・シフさんです。

さすがユダヤ人。 お金持ちですね(^^)

ロシアには、ユダヤ人が500万人いて、ユダヤ人を迫害しているそうです。

そのロシアに日本が勝てるか分からないけれど、長く戦えば、ロシアも疲弊するだろうとの真意でした。

高橋「深井。 世界は複雑だな」

本当に複雑ですね。

現代でもヨーロッパの小さな国、ギリシャが破産しそうとのことで、ユーロ使用のヨーロッパ皆、いえ、世界皆が悪くなっています。今も複雑です(汗)

世界は、この小さな日本と大国・ロシアの戦争に注目していました。

 

海軍と陸軍の作戦会議の時に、連合艦隊作戦参謀の真之(本木雅弘)が主張した通り、

旅順北西にある二〇三高地を攻略して、そこに観測点を置き、旅順艦隊を砲撃すれば良かったのに。

でも、陸軍の満州軍総参謀長・児玉源太郎(高橋英樹)は、要塞そのものの陥落が目的であるとして、真之の意見を退け、乃木希典(柄本明)を第三軍司令官に任命し、旅順攻略を命じました。

何の情報もないのに、旅順要塞を甘く見すぎましたね(汗)

何の情報もなく、攻めろと言われて、第三軍は肉弾となって正面攻撃を敢行し、どんな砲弾がどこにあるかなど調べていきました。

そして、次は、穴を掘り進めて旅順要塞に近づくという正攻法で・・・

沢山、犠牲者が出て、第三軍、お気の毒でした。

それにしても、柄本明さん、沢山、ドラマ出演していますね。

『妖怪人間ベム』と『HUNTER』にも出演しています。

 

次回は、「二〇三高地」。

少しは、日本軍に有利な展開になるでしょうか?

今回、あまり出てきませんでしたが、真之(本木雅弘)と好古(阿部寛)の活躍に期待します。

なお、最初の語り、第3部の説明のようで、重要そうな気がしたので、書き写します。

 

<オープニングの語り>

まことに小さな国が開花期を迎えようとしている。

小さなといえば、明治初年の日本ほど、小さな国はなかったであろう。

産業といえば、農業しかなく、人材といえば、300年の間、読書階級であった士族しかなかった。

明治維新によって、日本人は初めて、近代的な「国家」というものをもった。

たれしもが「国民」になった。

不馴れながら、その「国民」になった日本人たちは日本史上、最初の体験者として、その新鮮さに昂揚した。この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。

社会のどういう階層のどういう家の子でも、ある一定の資格を取るために必要な記憶力と根気さえあれば、博士にも官吏にも軍人にも教師にもなりえた。

この時代の明るさは、こういう楽天主義からきている。

今から思えば、実に滑稽な事に、米と絹の他に主要産業のないこの国家の連中が、ヨーロッパ先進国と同じ海軍を持とうとした。

陸軍も同様である。

財政の成り立つはずがない。

が、そのようにして、ともかくも近代国家を作りあげようというのが、元々、維新成立の大目的であったし、維新後の新国民達の少年のような希望であった。

この物語は、その小さな国がヨーロッパにおける最も古い大国の一つ、ロシアと対決し、どのようにふるまったかという物語である。

主人公は、あるいは、この時代の小さな日本ということになるかもしれないが、ともかくも我々は、3人の人物の後を追わねばならない。

四国は伊予松山に3人の男がいた。~

(ここからは、いつものオープニングと同じ、真之、好古、正岡子規の紹介)

 

【第10回粗筋】 (Yahooテレビより)

1904(明治37)年。ロシアはバルチック艦隊の日本派遣を決定する。ロシアの旅順艦隊はいまだ健在で、バルチック艦隊と合流された場合、日本の連合艦隊に勝ち目はない。旅順要塞(ようさい)に守られた旅順艦隊を撃破するため、7月、連合艦隊司令長官・東郷平八郎(渡哲也)ら海軍は陸軍と作戦会議を開く。連合艦隊作戦参謀の真之(本木雅弘)はその席で、旅順北西にある二〇三高地を攻略してそこに観測点を置き、旅順艦隊を砲撃することを主張する。しかし陸軍の満州軍総参謀長・児玉源太郎(高橋英樹)は、要塞そのものの陥落が目的であるとして、真之の意見を退ける。陸軍は乃木希典(柄本明)を第三軍司令官に任命し、旅順攻略を命じる。8月、この動きに旅順艦隊が反応し黄海での海戦になるが、連合艦隊は敵を壊滅させるには至らない。一方、好古(阿部寛)は児玉から、新たに秋山支隊の編成を命じられる。正面攻撃を敢行した第1次総攻撃は、6日間で1万6千人もの死傷者を出して失敗に終わる。堅固な要塞を攻略できないまま、第2次総攻撃も失敗する。そして10月、バルチック艦隊が日本に向け出発する。

 

【視聴率一覧】 (関東地区)

第1部(1868年~1900年)
放送回放送日副題視聴率
第1回2009年11月29日 少年の国 17.7%
第2回2009年12月06日 青雲 19.6%
第3回2009年12月13日 国家鳴動 19.5%
第4回2009年12月20日 日清開戦 17.8%
第5回2009年12月27日 留学生 12.9%
平均視聴率17.5%
第2部(1900年~1904年)
第6回2010年12月05日 日英同盟 14.7%
第7回2010年12月12日 子規、逝く 15.0%
第8回2010年12月19日 日露開戦 14.7%
第9回2010年12月26日 広瀬、死す 9.7%
平均視聴率13.5%
第3部(日露戦争)
第10回2011年12月04日 旅順総攻撃 12.7%
第11回2011年12月11日 二〇三高地
第12回2011年12月18日 敵艦見ゆ
第13回2011年12月25日 日本海海戦

 

【原作】 司馬遼太郎 「坂の上の雲」

【脚本】 野沢尚、柴田岳志、佐藤幹夫、加藤拓

【主題歌】 StandAlone/麻衣

【音楽】 久石譲

 

公式HP(次回粗筋)

公式HP(第3部人物相関図)

公式HP(第3部用語ガイド)

 


【送料無料】坂の上の雲(第3部)NHKスペシャルドラマ・ガイド

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ

どうか、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月 5日 (月)

【南極大陸】第8話感想と視聴率「栄光なき勇者達」

「栄光なき勇者達」

第8話の視聴率は、前回の13.4%より上がって、15.0%でした。

上がって良かったです♪(^^)

今回、犬達が涙を誘いました。ޤݤ

全部の犬が首輪が取れたわけではなくて、取れない犬も沢山いて・・・

懸命に外そうとしたり、他の犬の首輪や鎖を噛んで外してあげたりして、犬達の友情?思いやりが切なかったです。

首輪が取れた犬は、隊員達が住んでいた建物に入って、皆を探したり、餌を探したりしました。

でも、誰もいません。

以前、 ボツンヌーテン登頂で寄ったくじらの屍骸に、シロは行って、死んでしまいました。

氷が割れて、海に落ちて死んでしまった犬もいました。

とにかく皆、気の毒で・・・

犬の悲しそうな鳴き声が切なかったです。。。

 

一方、「宗谷」は、日本まで行けそうもなくて、ケープタウンで全員船を降り、空路にて帰国しました。Ե

日本に着いた隊員達は、犬を置き去りにしたので、歓迎されませんでした。

第二次南極越冬断念と犬を置き去りにしたことが政府の中でも問題視され、第三次観測隊は見送りも含めて検討されることになってしまいました。

白崎さんと星野さんは、頑張って政府と掛け合いました。

 

倉持は、犬の置き去りに責任を感じて、自分に何ができるか考えました。

倉持は、大学を辞めて、犬を貸してくれた家を回って、置いてきてしまった事を謝り、南極での犬の様子を写真を見せて話しました。

 

リキを貸してくれた古館教授に、良かったら飼って欲しいと、南極で生まれた子犬を一匹渡しました。

古館教授は、受け取ってくれました。

綾子や遥香 (芦田愛菜)達にも会いました。

最初は歓迎されませんでしたが、話を聞いてくれました。

南極でのリキの話を聞いて、ようやく遥香も笑顔になりました。

そして、帰りがけ、綾子さんが、皆で作った千羽鶴を持ってきて、

「次の観測隊が行かれたら、これ」と、倉持に渡しました。

倉持は、自分から渡しておくと言いました。

 

遥香「リキ、今、どんな顔してるかな?」

亮「リキはもう天国へ行っちゃったんだよ」

遥香「そうかな? だって、リキは強いんだよ。

 皆と一緒にいるし・・・」

その言葉が倉持の心を動かしました。

 

後で一人になった時・・・

倉持「どんな顔してるんだよ! リキ!」と、叫びました。

 

倉持は、学校に行って美雪に会いました。

倉持「美雪ちゃん!

 もう一度・・・南極に行こうと思う。

 どうなるか分からないけど、あいつらのことを迎えに行こうと思う」

美雪「・・・はい」

 

倉持は、犬達が生きていると信じて、迎えに行こうと、第三次観測隊に加わる事を決意したようです。

第三次観測隊は、どうにか派遣されることが決まりました。

でも、隊員の募集要項には、「第一次、二次に参加した者は除く」という一文がありました。

このままだと、倉持は参加させてもらえそうもありませんね。

なんとか、倉持さん、特別に参加させて欲しいものです。

 

犬達が本当に切なくて、哀れでした。。。

第三次隊が行った時、生き残っていたのは、タロ・ジロだけだったようですが、他の犬も何頭かしばらく頑張っていたのでしょうね。

今回の最後、5~6頭走っていたようでした。

もっと沢山、生きていればいいですが・・・

頑張って生き抜いて・・・と願わずにいられませんでした。

 

次回(12/11)も10分拡大だそうです(公式HPより)。

尚、『南極大陸 』 公式シナリオ&ドキュメントブックが発売されるそうです。

12/19(月)発売で、定価1300円(税込)です。

詳しい内容は、公式HPのNEWSを参照ください。


【送料無料】 『南極大陸』 公式シナリオ&ドキュメントブック

 

【第8話粗筋】 (公式HPより)

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、日本の未来に大きな夢を抱いた子どもたちの思いとともに、カブースの火事、遭難、南極の高峰・ボツンヌーテンの初登頂など勝負の連続だった1年間の南極越冬生活を終えようとしていた。迎えに来た「宗谷」に、第二次南極越冬隊との引継ぎのため乗り込んだのだが、激しいブリザードのため15頭の樺太犬だけを昭和基地に残し、日本に帰国することに...。

倉持は最後まで犬たちのためセスナを飛ばすよう懇願していた。しかし、隊員たちの命を優先するため犬たちを昭和基地に残し日本へ向けて出発することになった 「 宗谷 」 で、倉持は身を裂かれる想いでその場に崩れ落ちる。

日本では早速、新聞記事に犬たちを置き去りにした記事が掲載される。リキを家族のように飼っていた 綾子 (木村多江) や 遥香 (芦田愛菜) らは、衝撃を受ける。

人も船も満身創痍の 「 宗谷 」 は、ケープタウンで全員船を降り、空路にて帰国することになった。そして、第二次南極越冬断念と犬を置き去りにしたことが政府の中で問題視され、第三次観測隊は見送りも含めて検討されることになったという報告を受ける倉持たち。白崎 (柴田恭兵) は、南極観測の継続を日本に帰ったら政府と掛け合うことを約束するが...。

その頃、南極に残された樺太犬たちは、繋がれた首輪を必死に抜けようとしていた。鎖を外した犬たちは、基地に入り、脱ぎ捨てられた隊員たちの服やシーツなどのにおいを嗅ぎ、顔を擦り付け、吠えていた...。

倉持は、樺太犬の飼い主たち1軒ずつに、"南極での犬たちの生活" を伝える旅に出る。そこで、リキの飼い主・遥香の "リキを信じる気持ち" に触れ、倉持は自分が間違っていたことに気付かされる。犬たちが生きていることを信じ、第三次隊になり、再び南極へ行く決意をする倉持。その時、第三次観測隊が正式に決まった知らせを受ける。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]22.2%  [第2話]19.0%  [第3話]16.9%  [第4話]15.8%

第5話]13.2%  [第6話]19.1%  [第7話]13.4%  [第8話]15.0%

 

公式HP(プレゼントクイズ)(12/11(日)夜9時締切)

公式HP(犬達の撮影シーンの裏話)

 


1/350 TBSドラマ 南極大陸 南極観測船 宗谷"第一次南極観測隊" ハセガワ H

  

    

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2011年12月 4日 (日)

【妖怪人間べム】第7話感想と視聴率

「産みの親についに再会...もうすぐ人間に」

第7話の視聴率は、前回の14.3%より上がって、14.9%でした。

裏に、ドラマ『境遇』(16.2%)や、映画『THE LAST MESSAGE 海猿』(10.5%)があったのに、よく健闘したと思います。

 

サブタイトル、「産みの親についに再会」とありましたが、名前のない男がベム達の産みの親なのでしょうか?

最後に、ベム達の所に名前のない男(柄本明)が来て、

「悲観する事はありませんよ。

もうすぐ人間になれますから」

と言いました。

そのセリフだけで、サブタイトルが決まったという感じでした(汗)

今回、名前のない男も山田公平(偽名・鷹山)(綾野剛)にナイフで切りつけられて、手に傷を負いましたが、傷口の中は緑色で、すぐに傷が治りました。

ベム達と同じような体のようです。

それなのに、この人がベム達を作った人となると・・・

新聞記事の博士の細胞を元に作られた成功作なのでしょうか?

ベム達が失敗作とのことなので(^^;)

よく分かりませんが、早く謎が知りたいです。

今回、緒方教授達が、君達の正体が分かったと、ベラとベロに言いました。

でも・・・

緒方「君達、探偵でしょ」

 

笑ってしまいました♪(^^)Ф

ばれてなくて、良かったです♪

緒方教授の分析によると、杖は人間の骨でできているそうです。

不気味ですね(汗)

それが3本もあるなんて、何人の人間で作ったやら?(汗)

 

夏目は、今回、名前のない男に接触は受けませんでした。

ただ、前回、名前のない男に、5年前の爆発事故が「誰かに仕組まれた事だとしたら」と聞いたので、それについて、大久保に聞きました。

高度な技術なので、自分以外には操作できない。でも、東郷なら・・・

夏目は、東郷に話を聞きに行きました。

東郷は、自分が疑われていると危機感を覚えたのでしょうか?

最後の方で、夜、後ろから夏目を襲いました。

 

5年前の爆発事故も確信に迫ってきましたね。

今回は、その事故でお母さんが亡くなったという被害者の息子、山田が出て来て、彼がメインになっていました。

主要な話はあまり進みませんでしたが、サイドに広がった感じでした。

 

山田は事故を起こした人に復讐ではなく、自分と母を捨てた父に復讐しようとしていました。

本当にダメな父でした(^^;)

妻と息子に暴力を振るい、

「面倒くせえ」と言って、家を出て行くなんて、最低ですね。

「面倒くせえ」が山田の復讐のきっかけとなった言葉でした。

他人に裏切られると切ないから裏切られる前に裏切る。

それがその後の彼の生き方になってしまいました。

でも、夏目は、山田を泊めてあげた時、お金を盗まれたりしましたが、彼を憎む事ができず・・・

それどころか、同じ事故の被害者と知って、自分の息子のように親近感を覚えたようです。

力になれるか分からないけれど、爪楊枝ぐらいになりたいと・・・

妻の菜穂子さんも、山田の笑い方が息子の誠に似ていると、親近感を覚えたようです。

彼が忘れていった穴の開いたマフラーを繕ってあげました。

 

山田は、名前のない男に目に緑色のアメーバを入れられて、父を殺そうとしたところを、ベムが止めました。

夏目が山田を警察に連れて行きました。

取調べで、彼に言いました。

夏目「マフラー忘れてったろ。穴の開いた奴。

 あれ、預かっとくから。

 だから、ちゃんと自分で取りに来い」

山田「はあ?!」と驚きましたが、「面倒くせえ」と涙ぐんで喜びました。

ようやく、信じられる人に巡り会えて、良かったですね♪Хϡ

「面倒くせえ」が、いい意味で使えて良かったです♪(^^)

 

それにしても、名前の無い男が、わざわざベム達に会いに来たのが、気になります。

「もうすぐ人間になれますよ」とベム達に言いましたが、そのまま信じていいものでしょうか?

彼がベム達を作った博士のクローンか何か分かりませんが、今までの事件に関わっていた事は事実。

今になって会いに来た意図が気になります。

次回も楽しみです♪(^^)

 

【第7話粗筋】 (Yahooテレビより)

悪いことをした人間の涙で、人間になれるかもしれない--。
新たな発見に喜ぶベラ(杏)とベロ(鈴木福)。
だがベム(亀梨和也)はまず夏目(北村一輝)に相談しようといい、警察署に向かう。
途中、ベムたちはナイフを持った男たちに囲まれた山田公平(綾野剛)を助ける。
山田はなぜか自分を「鷹山」と名乗り、ベムを慕いはじめる。
困ったベムは山田をまいて夏目のもとに向かう。

涙の話を聞いた夏目は、妙なことを言いだした。
ベムが捕まえた容疑者たちは、誰も事件を起こしたことも、ベムたちのことも憶えておらず、
さらに全員が事件の直前、帽子を被った男に声をかけられていた。
夏目はその男に会っているかもしれないという。涙の謎と、男には何か関係があるのか--。

そんなとき、先ほどの山田が現れ「寝るところがなくて困っている」という。
そんな山田を夏目は家に泊めてやることにする。が、翌朝。山田の姿はなく、奈穂子の財布や優衣の貯金箱まで消えていた。しかし優衣も奈穂子も怒るわけでもなく、夏目も苦笑いするだけだ。こんなにいい人たちに、恩を仇で返すとは・・・
ベムたちは山田を見つけ出し、夏目家に謝りに行かせようとする。
だが山田は悪びれるでもなく、さっさと逃げ出してしまった。
そんな山田のこめかみに傷痕があることを、ベムは気づいていた--。

そのころ夏目は警察署で山田の素性を洗っていた。
山田は何度も補導され、多くの逮捕歴のある男だった。
だが夏目は山田のことを放っておけない気持ちになっていた。
山田は誠が亡くなったのと同じ爆発事故で母親を亡くし、以来事件を起こしていたのだ。
夏目は山田のアパートを訪ね、「いつでも飯食いに来い」と言う。

だが山田は、ある計画を持っていた。それはかつて母親を苦しめ、彼女を死においやった父親・飯塚への復讐。彼のこめかみの傷痕も、飯塚につけられたものだった。山田はナイフを隠し持って、飯塚が入院している病院に忍び込む。が、父親に刃物を向けた寸前のところで、ベムに止められる。

その後、山田は飯塚と話し、気持ちのけりをつけたように見えた。
......しかし、またしても名前の無い男(柄本明)が現れ、山田の目にアメーバーを浸食させる。
そして山田は包丁を手に再び飯塚を襲ってしまう。
そのころ夏目は爆発事件に別の真相があるかもしれないと聞かされていた--?!

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.9%   [第2話]17.1%   [第3話]15.8%   [第4話]16.7%

第5話]16.2%   [第6話]14.3%   [第7話]14.9%

 

公式HP(次回粗筋)

 


【送料無料】妖怪人間ベム オリジナル・サウンドトラック


BIRTH <CD+DVD>(初回限定盤 B)/KAT-TUN

 

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

どうか、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【カーネーション】第10週日別粗筋

【第10週(55~60回)(12/5~12/10)日別粗筋】 (Yahooテレビより)

これは来週の粗筋です。

第9週(11/28~12/3)のレビューは、こちらです。

 

第55回[12/5(月)]

昭和16年12月、太平洋戦争が始まる。糸子(尾野真千子)のもとに国防婦人会の澤田(三島ゆり子)たちがやって来て、モンペを強要する。嫌がっていた糸子だが、その動きやすさを気に入り、戦争中、モンペでもオシャレを忘れない女性がいると実感する。ある日糸子は、戦地から戻って閉じこもっていた勘助(尾上寛之)が仕事に出ているとを知り、サエ(黒谷友香)に会わせ元気づけようとするが、大きなショックを与えてしまう。

第56回[12/6(火)]

八重子(田丸麻紀)が、糸子(尾野真千子)と玉枝(濱田マリ)の間をとりなすが、糸子は追い返してしまう。内心落ち込んでいた糸子だが、昌子(玄覺悠子)のしったで目が覚め、家族のため仕事に専念すると誓う。昭和17年、衣料品売買には切符が必要となり、善作(小林薫)が来て整理を手伝うようになる。2人の娘に手を焼きつつも仕事に励む糸子は3人目を妊娠中。一方、勝(駿河太郎)は夜釣りと称して出歩くことが増えていた。

第57回[12/7(水)]

勝(駿河太郎)に初めて歌舞伎に誘われ、驚きつつも一緒に出かけた糸子(尾野真千子)。最初はおっくうだったが、戦時下でもオシャレをした女性を街中で見かけて刺激を感じる。歌舞伎座で美しい女に声をかけられた。女は糸子に、勝がひいきにしている料亭の者だと挨拶する。心斎橋百貨店で思いがけずショールを買ってもらい、嬉しくなった糸子。家に帰ってから、これからはオシャレもし、夫や子どもたちを大切にしようと思う。

第58回[12/8(木)]

昭和17年末、糸子(尾野真千子)の3回目の出産が近くなった矢先、勝(駿河太郎)に召集令状が届く。糸子はあえて仕事で気持ちを紛らわせるが、勝の髪をバリカンで刈っているうちに万感の思いが込み上げる。出征前夜、善作(小林薫)に向き合った勝は、すみませんと頭を下げ、糸子は思わず、むせび泣く。そして善作と勝は徹夜で飲み明かした。数日後、勝が送り返してきた背広のポケットにあった1枚の写真に、糸子は仰天する。

第59回[12/9(金)]

写真の女は、歌舞伎座で声をかけてきた勝(駿河太郎)の浮気相手だった。糸子(尾野真千子)は、勝の浮気を知りながら、もう出征したのだからと気にもとめず、面会に訪ねてみようなどと言う善作(小林薫)の態度に激怒する。自分は女として見られておらず、仕事好きだから重宝されたのだと、これまでの勝のすべてを腹立たしく思う糸子。そして糸子は、男たちではなく、珍しく奈津(栗山千明)に話を聞いてもらおうと思い立つ。

第60回[12/10(土)]

善作(小林薫)は勝(駿河太郎)の連隊を訪ねたが会うことはできなかった。糸子(尾野真千子)は歳暮として、野菜を近所に配ることにし、そのなかに、そっと安岡家を加える。勝が日本を離れたと知って間もなく、澤田(三島ゆり子)らが訪ねてきて、勝のミシンを資源として供出するように糸子に迫る。死んで国の役に立てという言葉に糸子は激怒し、その夜は隣にいない勝を愛しく思う。しかし階下では善作に大変なことが起きていた。

 

公式HP(来週の粗筋)

 

【最近の過去レビュー】

第9週(第49~54回)と視聴率(11/28(月)~12/3(土))

第8週(第43~48回)と視聴率関西最高(11/21(月)~11/26(土))

第7週後半(第41,42回)&波乱万丈の来週(11/18(金)~11/19(土))

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ(11/14(月)~11/17(木))

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪(11/7(月)~11/12(土))

 


送料無料■TVサントラ CD【NHK連続テレビ小説 カーネーション オリジナル・サウンドトラック】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2011年12月 3日 (土)

【カーネーション】第9週(11/28~12/3)と視聴率

「第49~54回(11/28~12/3)」

駿河太郎さん(糸子の夫・勝役)が出演予定だった12/7(水)の「スタパ」は、国会中継のため、延期になってしまったそうです。

先週(第8週)の関東の週間最高視聴率は、19.7%(11/21(月))で、今までの最高視聴率とタイ記録でした。

関西は20.5%(11/26(土))でした。

 

関東最高日の第43回[11/21(月)]の内容は、

善作は小原呉服店を辞めて、質屋の雇われ店主となり、家族が出て行き、糸子は祖母と2人暮らしになってしまいました。

そして、春、糸子は、小原洋裁店を始めました。でも、すぐには繁盛しませんでした。

ある日、神戸のおじさんが、カフェで糸子と川本勝さんを会わせました。

 

関西最高日の第48回[11/26(土)]の内容は、

新婚の糸子は勝と、ようやく打ち解けて、仲良くなり、結婚してよかったと思いました。

2年後、店は「オハラ洋装店」と名前を変え、繁盛しました。

間もなく長女・優子が生まれ、糸子は幸せでした。

勘助に赤紙が届いたとのことで、落ち込んでいました。

 

私は、第47回(11/25(金))の糸子が祝言に来なくて、奈津が迎えに来てくれて、背負ってきてくれ、その上、花嫁衣裳を忘れたので、奈津が自分が着られなかった衣装を貸してくれた日が一番良かったかと思いましたが・・・

関東も関西も違いましたね(^^;)

 

さて、今週、勘助の出征で始まり、勘助の復員で終わりました。

無事、帰って来たものの・・・

心に深い痛手を負ってしまい、引きこもりになってしまいました。

私は、水木しげるさんのようになってしまうのではと危惧していましたが、

そうではなく、茂樹兄さんのようでした。

勘助「手ぇも足も残ってるけどなあ・・・もっと・・・なくなったわ」

糸子「何がや?」

勘助「心・・・」

茂樹兄さんは立ち直って、お医者さんになったので、勘助くんも何か生き甲斐がみつかるといいですね。

でも、もうすぐ太平洋戦争が始まってしまうので、また召集される可能性があるかも?

それとも、逆に、駄目なリストに載って、太平洋戦争に召集されなければ、却って、ラッキーかもしれません(^^;)

予告編では、勝さんも遂に、戦地に行くようでした。

まだ3人目の娘が生まれていないのに、悲しいです(汗)

来週も3人目の妊娠や勝さんの浮気や出征など、怒涛の展開のようです(汗)

そして、予告編の最後に、善作さんの周り、燃えてましたけど、大丈夫でしょうか?

心配です。。。

 

今週は、長女の優子ちゃん、大きくなり、次女の直子ちゃんが生まれました。

次女・直子ちゃんのモデルは、コシノジュンコさんですね♪

猛獣だそうで、子守りが大変なようです(汗)

直子ちゃん、もう少し大きくなって7歳になると、糸子の子役時代を演じた二宮星(あかり)ちゃんが演じます。

二宮星ちゃんは、年明け1月9日(月)からの週で登場するそうです。

その前に、三女が来週、生まれるかどうか、気になります。

勝さんが出征した後で生まれるのでしょうか?(汗)

 

今週は、戦争色が段々、濃くなってきました。

勘助から来た手紙が墨で塗り潰された所があったり、

北支事変から支那事変に変わり、国家総動員法が成立しました。

昭和14年(1939年)、国民徴用令が公布され、綿は作るのも売るのも規制がかかるようになりました。

昭和15年(1940年)、菓子屋に栗饅頭を買いに行ったら、大福しか売っていませんでした。

同年7月、七・七禁令(ぜいたく禁止令)が出て、100円以上の洋服を売ってはいけない事になりました。

そんな中、金糸が1本入った高級な布が贅沢品だと言われて、販売禁止になってしまったそうです。

善作さんが生地問屋と糸子を会わせて、「買うてやれ」と言いました。

100反あるそうです。

これが売れんと首くくらなあかんそうです。

とりあえず、1反貰って、試作品のワンピースを作り、まささんに着せて、お店に立たせました。

金糸は黒いリボンを縫い付けて、隠しました。

まささんだけでなく、静子を始め、縫い子、皆にその生地で作った洋服を着せました。

それが受けて、注文が殺到。

お客さんも宣伝してくれて、爆発的に注文が殺到しました。

この生地は冬物。

女性の洋服の流行は早いので、100反全部、今年中に売り切りたい。

まささんはとても5人では作りきれないので、注文を断るよう糸子に言いましたが、糸子は聞きません。

糸子は、勝さん達紳士服の職人3人と妹2人と母も手伝わせて、注文を受け続けました。

直子の子守りが皆に断られてしまったので、遠くの勝さんの弟の家(勝の実家)に預けに行きました。

続けて預けるとなると、糸子も勝さんも心配なようでした。

その辺の親子の愛情も描かれていて、良かったです。

猛獣ですが、可愛がられていて、良かったです♪(^^)

優子ちゃんはおとなしいですが、体が弱いので、すぐに病気にかかってしまうそうです。

優子ちゃんは善作さんが預かってくれていて、一緒に、春太郎の歌舞伎も見に連れて行きました(汗)

直子ちゃんは健康そうですが、善作さんも預かるの、断りました(^^;)

それぞれ、個性があって、三女はどんな子になるのでしょう?

戦争が身近になってはきたものの、順調なオハラ洋装店。

そして、直子ちゃんを中心に親子の愛情など、今週も内容盛り沢山でした。

生地100反、売り切って、良かったですね。

糸子達親子が、お正月、初詣に行ったら、その生地の洋服を来た女性を沢山見かけました♪

糸子は大満足でした♪(^^)

今以上に、この時代は1年違うと、全然、世の中の状況が違うでしょう。

翌年では、こういう贅沢な洋服は売れないかもしれません。

もうすぐモンペの時代になってしまいますね(汗)

無理してこの年に売り切って良かったと思います。

戦争がどんどん暗い影を落としていきそう。

勘助の事も心配ですが、勝さんの出征、もっと心配です。。。

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                        (関東)               (関西)

・第1週「あこがれ」 初回16.1% 17.4%(10/8(土))   17.2%(10/7(金))

・第2週「運命を開く」        18.5%(10/15(土))  17.3%(10/13(木))

・第3週「熱い思い」         17.9%(10/18(火))  17.9%(10/20(木))

・第4週「誇り」            19.2%(10/29(土))  17.7%(10/27(木))

・第5週「私を見て」     18.6%(11/3(木)と11/5(土)) 20.4%(11/4(金))

・第6週「乙女の真心」       19.7%(11/12(土))   20.0%(11/11(金))

・第7週「移りゆく日々」       19.6%(11/18(金))   21.1%(11/16(水))

・第8週「果報者」          19.7%(11/21(月))   20.5%(11/26(土))

・第9週「いつも想う」

 

公式HP(来週の粗筋)

Yahooテレビ(12/8(木))の粗筋

公式HP(主題歌の歌詞)←椎名林檎さん、今年の紅白歌合戦に出演します♪(^^)


【送料無料】カーネーション CD

 

【最近の過去レビュー】

第8週(第43~48回)と視聴率関西最高(11/21~11/26)

第7週後半(第41,42回)&波乱万丈の来週

第7週前半(36~40回)&視聴率最高&麻生祐未inスタパ

第6週(30~35回)と視聴率&二宮星ちゃん再登場♪

第5週(25~30回)と視聴率

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪

2011年12月 2日 (金)

【相棒ten】第7話感想と視聴率急上昇&相棒コラボパン食べました

「すみれ色の研究」

12/1(木)発売の『相棒』とヤマザキのコラボパン、昨日(12/2)、スーパーで売り切れてて、今日(12/3)、ようやく買えました。

相棒コラボパン袋11120322.JPG

近所のスーパーでは定価通り126円(税込)でしたが、ドラッグストアでは113円(税込)で、1つづつ買いました♪

相棒コラボパン中身(1).JPG

中身のパンはこんなです♪

結構、見た目はいいです♪

2つに割ると、下記の通り、白いホイップクリームと紅茶の味のする茶色のクリームと2種類入っています。

そんなに甘すぎず、結構、おいしかったです♪(^^)

相棒コラボパン中身(2).JPG

  

第7話の視聴率は、前回の13.9%より大幅に上がって、18.3%でした。

初回の19.7%に次ぐ高視聴率でした♪(^^)

今回、右京さんと神戸君が別行動で、別の事件を追い、それが繋がって、とても面白かったです♪(^^)

神戸君が右京さんを殴ったところなんて、いかにも演技だろうと思いました(^^;)

ちょっと強く殴りすぎたらしく、後で、右京さんが文句を言いました(笑)

喧嘩したふりをして、いいチームワークでした♪(^^)

親子の愛も溢れていて、2つの事件も絡んでいて、素晴らしかったです♪å

 

右京さん、大学でチェス部だったんですね。

チェス部の友人、加藤誠(柴俊夫)から「相談したい事がある」と電話がかかってきて、右京さんは、彼の研究室に行きました。

今、彼は、バイオマスエタノールの研究をしているそうです。

架空の研究で横領が行われている可能性があるけれど、内部告発になり、ばれたくないので、内密に調べて欲しいとのこと。

右京さんは、刑事ということを隠して、調べ始めました。

右京さんの昔の事も分かって良かったです。

右京さんは推理作家になりたかったんですね。

それが刑事になったとは(^^;)

 

一方、神戸は、右京さんの留守中、特命係にかかってきた電話に出ました。

それは、無言電話でしたが、かけ直したら、加藤の娘、美咲(岡野真也)からでした。

美咲「父は疑われているのでしょうか?」

会って事情を聞きました。

父の共同研究者・倉田真理(笹峯愛)が自殺したとのこと。

かつて、父の助手をしていた母・恵子(舟木幸)も、海外で病死。

2人も父の共同研究者が死んだので気になると・・・

神戸君は、1人で、こちらの件を調べました。

でも、同じ研究所が舞台なので、身分を隠している右京さんと摩擦が生じて・・・

 

まるで、この真理を殺したのが加藤誠のようなミスリードでしたが・・・

結局、真理を殺したのは、加藤の部下の竹山学(久ヶ沢徹)でした。

彼、調べ回っている右京さんが警察の人かどうか気にしていたので、いかにも怪しかったです(^^;)

研究費の不正がばれそうになり、所長は辞職して、海外に逃げてしまいました。

 

昔、加藤の妻は白血病を発症させるウィルスに感染してしまいました。

でも、すぐに白血病を発病するわけではなくて・・・

加藤はそれまでの研究所を辞めて、妻の病気を治すために、民間の研究所に移り、そのウィルスの研究を続けました。

その研究は進みませんでしたが、妻はずっと発症しなくて・・・

油断したのか、つい、夫婦で海外に行ってしまいました。

そこで、急性白血病を発症してしまい、亡くなってしまいました。

娘にもそのウィルス、生まれた時に母子感染していたので、娘に知られたくなくて、隠していました。

だから、娘は父を疑ってしまったわけで・・・

右京さんは、真実を話すように勧めました。

一生、発症しない場合もあるわけだし、もしかしたら、子供を産んで、また母子感染してしまう可能性もあるし、やはり本人に言った方がいいと思います。

海外に留学したいと言っているので、余計でしょう。

最後に話があると加藤さんが娘に告げたところで終わりましたが、きっと真実を話したと、私は思います。

奥さんのために研究テーマを変えたり、娘のために研究を続けたり・・・

天才なのに、家族思いのお父さんの不器用な愛の物語でした♪

 

右京さんと神戸君、チームワーク良かったですね♪

捜査1課が出てくるより、やはり2人が中心の方がいいです。

これぞ相棒と言った感じで、ほっとしました♪

 

もう元日スペシャルも撮ったそうです♪

元日夜9時スタートで、

ゲストは、斎藤工さん、遠藤雄弥さん、大橋のぞみさん、目黒祐樹さん、吉田栄作さん。

相棒スタッフブログに、撮影中の写真も載っています)

こちらも楽しみです♪(^^)֥ϡ

 

【第7話粗筋】 (公式HPより)

女性研究員が首を吊った状態で発見された。
後日、「父は疑われているのでしょうか?」と右京のいない特命係に一本の電話が入る。
出たのは尊。電話の相手は女子高生。
父親(柴俊夫)というのは、女性研究者の共同研究者だという。
電話を受けた尊が研究室へ向かうと、なぜかそこにはすでに右京の姿があった。
女子高生の父親は右京の大学時代の友人だという。
その父親を庇うようにも見える右京の言動に尊は反発し、1人で捜査を進めるが...

ゲスト:柴俊夫

脚本:徳永富彦

監督:田村孝蔵

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.7%   [第2話]17.4%   [第3話]15.0%   [第4話]17.0%

第5話]16.5%   [第6話]13.9%   [第7話]18.3%

 

公式HP(サントラCDプレゼント)(しめきり:12月6日(火)24:00)

 


【送料無料】相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック[CD]11.11.30発売


相棒season9 DVD-BOX II

    

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2011年12月 1日 (木)

【家政婦のミタ】第8話感想と視聴率ばく進♪

「私の過去、すべてお話します」

第8話の視聴率は、前回の23.5%より大幅に上がり、29.6%でした♪

今期どころか、今年放送された連続ドラマで最高の視聴率でした♪餭

この枠でも最高視聴率です♪

絶好調ですね♪(^^)

瞬間最高視聴率は、午後10時37分の31.5%でした。

37分前後は、うららとおじいちゃん・義之(平泉成)が阿須田家を訪れ、自分が買った仏壇に手を合わせました。

恵一が義之に謝りました。

そして、うららが、明日、父の退院祝いをやるから来て欲しいと誘いました。

恵一はミタさんも誘いましたが、ミタさんは家族ではないからと断りました。

おじいちゃんは、病院でミタさんを殴った事を謝り、来て欲しいと頭を下げました。

義之「この前は酷い事をして悪かった・・・なり。

 あんたは本当はいい人だと思う・・・なり。

 来て欲しいなり!」

この辺り、おじいちゃんと和解ができて、確かに良かったです♪

うららが語尾につけるように言った“なり”もいい雰囲気を出しました♪(^^)

 

最初の方で、ミタさんとうららの逆パターン、面白かったです♪

やはり、結の夢でした。

ミタさん、ジャンケン、強いし、ルービックキューブ、超早かったです。

翔がバスケットボールで勝負を挑みましたが、完敗でした(^^;)

皆、ミタさんの過去を知りたくて、勝ったら教えて貰う約束をしたのに、希衣も海斗も翔も完敗でした。

 

でも、最後に、遂に、最中で陥落。

ミタさんが自分の過去を話しました。

私は、そのミタさんの告白で、その前のドラマ内容が皆、頭から飛んでしまいました。

その位、衝撃的な過去でした(汗)

火事かな? ストーカーかな?

なんて想像してましたが、それらも含めて、子供時代から、超気の毒な身の上でした。

松嶋さん、長いセリフ、お疲れさまでした。

そのセリフをノーカットで書きます。

 

うららが父の退院祝いの食事会の店の予約を間違えていたので、仕方なく、阿須田家の皆とミタさんは、家に帰り、お寿司を取る事にしました。

届くのを待っている間に、皆で最中を食べました。

ミタさん、思い出の最中を食べて、過去を告白しました。

 

「私が初めて最中をいただいたのは、希衣さんと同じ年の頃でした。

その1年前、近所の川で溺れそうになった私を救おうとして、大好きだった父が死にました。

それ以来、母は心のどこかで、最愛の夫を殺した娘を憎み、避けるようになりました。

私は勉強や習い事を必死で頑張り、何とか母に喜んで貰おうとしました。

しかし、再婚し、子供を作ると、弟の事ばかり可愛がるようになりました。

義理の父が私に色目を使うようになると、母は益々、私を憎むようになりました。

『おまえのその笑顔が悪いんだ。その笑顔が周りを不幸にする』と、何度も責められました。

それでも当時、うちの家政婦をやっていた所長さんに励まされ、私は懸命に笑顔を作りました。

いつかこんな自分を愛してくれる人に巡り会えると信じていました。

そして、主人と出会いました。

彼にそっくりの男の子もできました。

私のこしらえた料理を『おいしい。おいしい』と食べてくれる2人を見ているだけで他には何も入りませんでした。

毎日毎日が幸せで心から笑って過ごしました。

そんな時、弟が家に来るようになりました。

私を愛していると言い出し、つきまとうようになりました。

主人はそんな事とは夢にも思わず、弟をいつも歓迎しました。

それをいい事に、弟は私に関係を迫り、ストーカー行為を始めました。

父親が違うとはいえ、姉弟であり、私はなんとか彼の善意に訴えようとしました。

何度も何度も許して欲しいと頼みました。

しかし、駄目でした。

やがて、主人が弟の正体を知りました。

2度と来ないでくれと主人に責められた弟は、逆上し、

『おまえが俺を誘惑した。おまえが悪いんだ』と私達の家に火をつけました。

燃え盛る火の中、『お母さん、助けて! お母さん、助けて!』と叫ぶ息子の声が聞こえました。

私は火の中に飛び込もうとしました。

でも、消防の人に止められました。

私がこの世で一番大切だった主人と息子は死にました。

そんな私を嘲笑うかのように、弟が自ら命を断ちました。

残された母や主人の両親は、

『おまえが悪い。おまえのその笑顔が結局、周りを不幸にする』と。

『もう謝らなくていい。何もしなくていい。ただ、もう死ぬまで2度と笑うな』と。

こうして私の人生から、光が、希望が、夢が、愛が、喜びが、幸福が、未来が消えました。

私の事は全てお話しましたので」

ミタさんは、席を立ち、鞄を持ち、

「約束通り、お暇をいただきます」と言い、出て行きました。

 

壮絶な過去で、皆、何も言えませんでした。

ここまで子供の頃から不幸の連続だったとは・・・

諸悪の根源は、お母さんじゃなかったでしょうか?

父の死で娘を憎むなんておかしいし、義父が娘に色目を使うのを窘めないで、娘を憎むなんて。

そんな父を見ていたので、弟もおかしくなったのでは?

 

慌てて、皆でミタさんの後を追いましたが、もうミタさんの姿はありませんでした。

ミタさんは歩き去りましたが、一度、振り返りました。

多少、別れが辛い気持ちもあったのでしょうか?

 

次回は15分拡大版です。

次回の予告、ミタさん、焼身自殺をはかりそうな雰囲気でした(汗)

次回もとても気になります。

どうかミタさんに笑顔が戻りますように・・・

 

【第8話粗筋】 (公式HPより)

 三田(松嶋菜々子)のことを知りたい恵一(長谷川博己)と子供たちは、三田に声をかけてコミュニケーションをとろうとする。しかし三田は、ことごとく拒絶し「これからは業務命令以外で話しかけないでほしい」と冷たく言い放つ。翔(中川大志)は、三田が母の幽霊ではないかと言い出す。
希衣(本田望結)は三田に「じゃんけんで負けたら自分のことを話してほしい」という"業務命令"を出す。しかし、何度やっても、三田に勝つことができない。さらに、海斗(綾部守人)がルービックキューブで、翔がバスケットボールで勝負を挑むが、二人ともまったく歯が立たずに負けてしまう。

 そんな中、義之(平泉成)がケガをして病院に運ばれた。うらら(相武紗季)から連絡を受けた恵一と子供たちは見舞いに行くが、義之は養子の話を断った恵一や子供たちを受け入れない。

 結(忽那汐里)は義之と阿須田家が仲直りできるよう、三田にとんでもない依頼をする。
義之が退院し、家族でお祝いの食事会を開くことになった。しかし、うららのミスでレストランが予約できず、家で出前を取ることに。子供たちは、三田の心を開こうと必死に訴えかける。
希衣は三田にモナカを差し出す。それを三田は、噛みしめるように食べた。
そして、ついに自分の過去を語り始めるのだった。
三田「こうして、わたくしの人生から未来が消えました。」
まるで、ダムが決壊したようにあふれる想いを吐露する三田。家族はなぜ死んだのか?
三田が感情を失い、笑わなくなった背景には、壮絶な過去があった・・・

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.5%   [第2話]18.7%   [第3話]19.8%   [第4話]19.5%

第5話]22.5%   [第6話]23.4%   [第7話]23.5%   [第8話]29.6%

  

公式HP(次回粗筋)

  


つぶあん こしあん 二種類の味が楽しめます パリパリの手作り最中 6個入り


家政婦のミタ ドクターズバッグ

   

 

  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)snowheart04

紅白歌合戦、出場歌手決定!一覧表

今日(11/30(水))、今年のNHK紅白歌合戦の出場歌手全55組が発表されました。

初出場は、紅5組、白2組の計7組。

K-POP勢よりKARA、少女時代が初登場。

東方神起(3回)も出演します。

松田聖子さんの娘の神田沙也加さんが初出演で、びっくりです。

親娘共演が期待されるそうですが、母親だけでいいのでは?(^^;)

震災のあった福島県出身のミュージシャンとクリエイターによるバンド・猪苗代湖ズ

人気子役コンビ"薫と友樹、たまにムック。"の芦田愛菜ちゃんと鈴木福君

朝ドラ『カーネーション』の主題歌を歌う椎名林檎さんの7組が初出場するそうです。

椎名林檎さん、滅多にテレビに出ないので、楽しみです♪(^^)

松任谷由実さん、2回めだそうですが、珍しいですね。

どんな歌を歌うのか楽しみです♪

バセドー病で病気療養中だった絢香さん(5回)も出るんですね♪

ご主人の水嶋ヒロさんも応援に出ればいいのに♪(^^)

その他、いきものがかりや福山雅治さん、司会のも楽しみです♪(^^)

 

出場歌手の一覧は下記の通りです。

綺麗な一覧表は、こちら(紅白公式HP)です。

 

「第62回NHK紅白歌合戦」出場歌手一覧

<紅組>

aiko、芦田愛菜、絢香、アンジェラ・アキ、いきものがかり、石川さゆり、AKB48、KARA、川中美幸、神田沙也加、倖田來未、伍代夏子、小林幸子、坂本冬美、椎名林檎、少女時代、天童よしみ、夏川りみ、西野カナ、Perfume、浜崎あゆみ、平原綾香、藤あや子、松田聖子、松任谷由実、水樹奈々、水森かおり、和田アキ子

<白組>
秋川雅史、嵐、五木ひろし、猪苗代湖ズ、EXILE、NYC、北島三郎、郷ひろみ、鈴木福、SMAP、千昌夫、東方神起、TOKIO、徳永英明、AAA、長渕剛、西田敏行、氷川きよし、平井堅、FUNKY MONKEY BABYS、福山雅治、flumpool、細川たかし、ポルノグラフィティ、森進一、ゆず、L'Arc~en~Ciel

 

 

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

どうか、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30