無料ブログはココログ

« (ネタバレ)【カーネーション】第16週 日別粗筋(1/16~1/21) | トップページ | 【カーネーション】第86回&栗山千明inスタパ »

2012年1月15日 (日)

【平清盛】第2回感想と視聴率「無頼の高平太」

第2回の視聴率は、前回の17.3%より上がって、17.8%でした。

上がって良かったです♪(^^)

関西地区では、初回18.8%から第2回は17.2%と下がってしまったそうです。

兵庫県知事の「画面(映像)が汚い」発言が影響したでしょうか?(^^;)

 

早くも白河法皇(伊東四朗)が崩御してしまいました。

もう少し出るかと思ったのに、残念です。

平太は、子役の前田旺志郎君から松山ケンイチさんに代わりました。

清盛は1118年生まれで、元服は1129年なので、数えで12歳ですね(^^;)

松ケン、元気一杯、熱演していました♪(^^)

しいて言えば、ちょっと力が入りすぎている気もしました(^^;)

大治4年(1129年)、平太は元服して「清盛」と名を改めました。

 

初回、登場しなかった新キャラ、他にも、結構、登場しました。

武者丸(後の源義朝)(玉木宏)、最後の方で少し出てきただけでしたが、素敵でした♪

1123年生まれなので、まだ数えで7歳ですが(^^;)

鱸丸(上川隆也)、ちょっと漁師に似合わない気がしました(^^;)

その内に、武士になると似合うかも?(^^)

岡田将生君の語り、前回は違和感を感じましたが、結構、馴れてきました♪(^^)

 

今回、私が一番好きだったのは、穴に落ちて、清盛に助けを求めた高階通憲(後に信西)(阿部サダヲ)です。

「誰なんだ、俺は!」と清盛が真剣に悩んでいたのに、見事にお笑いに変えてくれました♪(笑)

そのシーンです。

 

平太、馬で走って来て、落馬する。

地面で仰向けに寝たまま・・・

平太「くそ~! 誰なんだ、俺は! 誰なんだ~!」

声「誰でもよ~い!

 誰でもよいゆえ、助けてくれ!」

平太、驚いて立ち上がり、梯子を上って行く。

中に、男がいて、この時は名前は分かりませんでしたが、高階通憲(たかしなのみちざね)(阿部サダヲ)でした。

通憲「よう通りかかった。ささ、早う出してくれ」

平太は手を貸して、出してあげました。

通憲「助かった。礼を申すぞ」

平太「偉そうに・・・」

通憲「この穴は、今の世を表わしておる」

平太「いや、これは、俺が作った落とし穴で・・・」

通憲「この地へ都を遷してより三百余年、平らかかつ、安らかなる世が続くと思いきや、

 いつの間にやら、かように穴ぼこだらけ、隙だらけになっておる。

 更に見よ。 あの月を覆う煙を。

 輝く月をどす黒く染める煙。あれもまた、闇の続く今の世を表わしていると言えよう」

 

その煙は御所で漁網が焼かれているのであろうとの事でした。

単なるお笑いでなく、この世の乱れを憂い、白河院の出した殺生禁断令の事に繋げ、嘆いていました。

私は阿部サダヲさん、苦手なんですが、この通憲というキャラは、貴族ですが、理知的で、いい人で、面白いと思いました。

彼は、「白河の院は、泰平の世が生んだ怪物よ」と言いました。

怪物というのは、“現世のもののけ”とのこと。

この会話が清盛にも影響しました。

語りで、殺生禁断令の説明がありました。

「白河院が晩年に出した殺生禁断令は、御仏の教えに従ったもので、狩りや漁をも禁じて魚を捕る網は京に送らせ、御所の門前で焼かせたという」

 

平太が元服して清盛となった後、仲良しだった鱸丸(上川隆也)の父、滝次が連れて行かれてしまいました。

漁師なのに漁ができず、皆が飢えていたので、漁に出てしまい、捕まってしまったのでした。

清盛はそれを聞いて、白河院に滝次を放免して欲しいと直訴に行きました。

白河院は断り、清盛の出生の秘密を話しました。

自分が舞子を殺した事までちゃんと言って、ある意味、正直で良かったと思いました(^^;)

嘘をつきませんでしたから。

もののけだと言われて、そちにもこのもののけの血が流れていると言い、笑いました。

 

そのシーンです。

白河院は清盛に、誰の腹から生まれたのか聞きました。

清盛は、知らないと答えました。

白河「そちの母は白拍子じゃ。

 いやしき、遊び女じゃ」

清盛「おやめくださいませ」

白河「その女・・・」

清盛「聞きとうございません!」

白河「陰陽師が申すに王家に災いをなす者を腹に宿しておった。

 それゆえ、腹の子を流すよう命じた。

 だが、従わず逃げおったゆえ、わしが殺した。

 そちの座っておるその場所でな。

 その腹よりいでた赤子のそちの目の前での」

清盛「・・・」と地面を見て、土を手で握り締め、泣く。

清盛「何故・・・ならば何故、私は生きておるのですか?

 王家に災いをもたらす者と言われ、母を殺されてなお・・・

 何故、私は・・・生きておるのですか?」

白河「それはのう。

 そちにもこの“もののけ”の血が流れておるからじゃ。

 分かったか、清盛!」

清盛「・・・」

白河院、笑う。

 

ここの親子の対面、迫力がありました♪

白河院、人が苦しむ姿を見るのが好きみたいですね(^^;)

白河院が父という事は前回、既に忠盛から聞いていたので、ショックはなかったでしょうけれど、母の事はショックだったでしょう。

 

それから清盛は、忠盛から舞を習いました。

そして、同年3月、石清水八幡宮の臨時祭で、白河院と沢山の貴族達の前で、清盛は舞を奉納しました。

剣舞で、白河院の近くまで行って斬り付けるような大胆な舞でした。

でも、白河院は全然、怖がりませんでした。

 

白河「なかなか面白き舞であった。

 まことに武士の子らしゅうての」

 

武士の子らしいと言ったのが、印象的でした。

白河院は祇園女御と共に去りました。

 

清盛の元に忠盛が来ました。

清盛「俺は父上のようにはならぬ。

 王家の犬にも平氏の犬にもならぬ。

 されど、俺は生きる。

 のら犬の声がこの面白うもない世を変えるまで。

 面白う・・・生きてやる」

忠盛「さようか。好きにせよ」

 

「王家の犬にも平氏の犬にもならない」というのは、最初の方でも言いましたが、

この舞の後は、意味がきっともっと深くなったのでしょう。

 

語り「これより4ヶ月後の大冶4年7月7日、白河院、崩御。

  白河院を頂く事により、良くも悪くも保たれていた均衡が崩れ、世は乱世へとなだれ込んでいく事になる」

 

清盛紀行では、「多くの貴族を前にして、舞を奉納したこの頃から、清盛は目ざましい出世を果たしていくのです」とのことでした。

でも、清盛は、大治4年(1129年)1月にに元服してすぐ、1月6日に従五位下に叙任、1月24日に左兵衛佐に任官されています。通常、武士の任官は三等官のから始まり、二等官のに任じられるのは極めて異例だったとのこと。(Wikiより)

舞は3月。その前の元服時から異例の出世だったのでしょう。

だからこそ、白河院と血が繋がっているという説があるのかも?

 

次回は、「源平の御曹司」。

武者丸(義朝)と清盛の対決、楽しみです♪(^^)

  

【第2回粗筋】 (Yahooテレビより)

若者になった平太(松山ケンイチ)は二人の父を持つという数奇なさだめのもと、何者でもない自分にいらだち賭場をうろつき、いつしか「無頼の高平太」と呼ばれるようになっていた。そんな折、白河法皇(伊東四朗)が出した殺生禁断令により兄弟のように慕う鱸丸(上川隆也)の父・滝次が捕らえられてしまう。元服して名を改めた清盛(旧:平太)は滝次救出のため御所を訪れ、ついに実の父にして最高権力者の白河と対面することに。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%   [第2回]17.8%

 

公式HP(人物相関図)

公式HP(次回粗筋)

  


【送料無料】 平清盛 NHK大河ドラマ・ストーリー / NHK出版編 【ムック】

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« (ネタバレ)【カーネーション】第16週 日別粗筋(1/16~1/21) | トップページ | 【カーネーション】第86回&栗山千明inスタパ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ショコラさん、こんにちは〜

確かに、白河院と清盛の対決は迫力ありましたね。伊東四朗さん、さすがに次のセリフを吐くまでの間が素晴しい。緊張感高まります。

時の最高権力者に直談判に及ぶなど、ストーリー的には荒い所もありますけど、おっかない実父に加えて、忠盛夫妻ら、周りを固めるキャストが名優さん揃い。危ないところは、崩壊しないよう食い止めてくれますね。
(^_^;)
清盛の元服での汚れた服装や反抗的な態度は、信長の法事での所行を思わせて、既視感があります。しかし、これも、伊勢の武将や嫌みな公家が、よい味を出してました。

清盛の舞の場面だけは 力強くあっても、きれいに仕上げた方がよかったと思います。結局、宮廷と武家が一体となる。いかに反抗しようと、その運命を背負わされた人ですからね。

他の方のブログや2ちゃんねるでも書かせていただいていますが、『平清盛』の出演者を見ると、全出演者の半分弱程度が大河初出演者で占められています。これについて、現段階では肯定も否定もできないのですが、私は既存の大河作品のイメージに捉われないようにしたのではないかと考えたのです。この推測は正しいでしょうか?

また、初出演ではないものの、前回の出演作品の放送がハイビジョン化が始まる前の作品で、且つ本作の放送開始時点でDVD化されていない作品という人もいます。レギュラー出演が予測される人では、藤木直人さんと阿部サダヲさんが、ゲスト出演者では中村敦夫さんが該当します。

尤も、私は出演期間にブランクが生じた人を全て同等に見ているわけではありません。第1話に登場した国広富之さんの場合、出演そのものは『草燃える』以来33年ぶり2回目ですが、『草燃える』が本作とほぼ同時代を舞台としていること、DVDが発売されNHKアーカイブスでも公開されていることから、リアルタイムで観ていなかった私でさえ「義経俳優」と言うイメージで見ていますからね。

>レッドバロンさんへ

コメント、ありがとうございます♪
お返事、遅くなってしまって、すみません。

>確かに、白河院と清盛の対決は迫力ありましたね。伊東四朗さん、さすがに次のセリフを吐くまでの間が素晴しい。緊張感高まります。

そうですよね。
迫力あって、伊東さん、さすがでした♪

>時の最高権力者に直談判に及ぶなど、ストーリー的には荒い所もありますけど、おっかない実父に加えて、忠盛夫妻ら、周りを固めるキャストが名優さん揃い。危ないところは、崩壊しないよう食い止めてくれますね。
(^_^;)

ストーリー的に粗いと言っても、前作「江」を見た後だと、とてもしっかりした本に思えます(^^;)
あれは、時の最高権力者に直談判だらけでしたね(汗)
これは、白河院にちょっと苦言を言った祇園女御、叱責されて、江とは大違いでした(^^)

>清盛の元服での汚れた服装や反抗的な態度は、信長の法事での所行を思わせて、既視感があります。

これはよくあるパターンですね(汗)

>しかし、これも、伊勢の武将や嫌みな公家が、よい味を出してました。

嫌みな公家は、この時代ではつきもののような気がします(^^)

>清盛の舞の場面だけは 力強くあっても、きれいに仕上げた方がよかったと思います。結局、宮廷と武家が一体となる。いかに反抗しようと、その運命を背負わされた人ですからね。

清盛の舞の場面は綺麗に仕上がっていたのではないでしょうか?
結構、長く舞いのシーンがあったので、松ケン、習ったのだろうなと感心しました(^^)

>旭川の自称美女さんへ

コメント、ありがとうございます♪
お返事、遅くなってしまって、すみません。

>他の方のブログや2ちゃんねるでも書かせていただいていますが、『平清盛』の出演者を見ると、全出演者の半分弱程度が大河初出演者で占められています。これについて、現段階では肯定も否定もできないのですが、私は既存の大河作品のイメージに捉われないようにしたのではないかと考えたのです。この推測は正しいでしょうか?

俳優が以前、出演した人がまた出演するのはよくあることですね。
それがどの位の割合かは、気にしたことがありません(^^;)
既存の大河作品のイメージに捉われないようにしたかどうかは、関係者でないと分からないのではないでしょうか?

>また、初出演ではないものの、前回の出演作品の放送がハイビジョン化が始まる前の作品で、且つ本作の放送開始時点でDVD化されていない作品という人もいます。レギュラー出演が予測される人では、藤木直人さんと阿部サダヲさんが、ゲスト出演者では中村敦夫さんが該当します。
>尤も、私は出演期間にブランクが生じた人を全て同等に見ているわけではありません。第1話に登場した国広富之さんの場合、出演そのものは『草燃える』以来33年ぶり2回目ですが、『草燃える』が本作とほぼ同時代を舞台としていること、DVDが発売されNHKアーカイブスでも公開されていることから、リアルタイムで観ていなかった私でさえ「義経俳優」と言うイメージで見ていますからね

そうですか。
過去、どんなNHK作品に出た人かは、私は関心がないので、すみません。
それより、どんな演技をしてくれるかの方が関心があります。
『草燃える』とか、昔の大河は全然、見てないです(^^;)
盛り上がらなくて、すみませんm(__)m

こんばんは。
一大河です。

清盛と高階通憲の掛け合いは面白かったですね。
今後、ギャグ担当師弟として笑いを振りまいて欲しいものです。

早くも怪物・白河法皇がご崩御なさってさびしい限りですが、
清盛のライバル源義朝も登場し、今後の展開に期待です!^^

>一大河さんへ

コメント、ありがとうございます♪(^^)

>清盛と高階通憲の掛け合いは面白かったですね。
>今後、ギャグ担当師弟として笑いを振りまいて欲しいものです。

はい。
面白いキャラなので、今後もギャグで盛り上げて欲しいですね♪(笑)

>早くも怪物・白河法皇がご崩御なさってさびしい限りですが、
清盛のライバル源義朝も登場し、今後の展開に期待です!^^

同感です♪
まだ12歳と7歳ですが、早くも対決、楽しみです♪(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53746769

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第2回感想と視聴率「無頼の高平太」:

» 平清盛 第2回 無頼の高平太 [レベル999のgoo部屋]
『無頼の高平太』 内容 忠盛(中井貴一)に引き取られ育てられた平太(前田旺志郎)は たくましく成長。。。。。。。。。平太(松山ケンイチ)となっていた。 賭場荒らしなどをして“無頼の高平太”と呼ばれていた。 忠盛の弟・忠正(豊原功補)は、平氏の嫡男としてはふ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.2無頼の高平太 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第2回 [日々“是”精進! ver.A]
面白く、生きてやる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201150004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 327 Amazonで詳しく見る... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #02 無頼の高平太 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
しっかり松山ケンイチがもう出てきています。 オープニングは毎回源氏の勝利宣言からでしょうか。 [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第2回「無頼の高平太」 [よくばりアンテナ]
松ケン登場〜〜♪ 調べてみると舞人に選出されたのって12歳って書かれてたんだけど、 当時の元服って早かったんだね。 で、そんな子どもの年齢を演じるのって大丈夫なの(^_^;) と、まぁ去年の『江』で...... [続きを読む]

» 平清盛 第2回「無頼の高平太」〜野良犬の声がこの面白くない世を変えるまで面白う生きてやる! [平成エンタメ研究所]
 「誰なんだ、俺は!?」  平太、後の清盛(松山ケンイチ)は叫ぶ。  平家であって、平家でない。  白河法皇(伊東四朗)の落とし胤であって、そうではない。  若さゆえの純粋な正義感もある。  白河法皇の悪政で民が苦しんでいるのに、異を唱えない父・忠盛(中井...... [続きを読む]

» 平清盛 第2話「無頼の高平太」 [坂の上のサインボード]
 現代の日本に生きる私たちは、生まれたときに命名された名前を原則として一生使い続けるが、明治維新以前の武家社会ではそうではなかった。武家の男子の場合は生まれるとすぐに幼名が付けられ、成人(元服)すると諱(いみな)と呼ばれる実名を名乗るようになる。また、幼名や諱の他に通称も用いたが、上級の武士の場合は朝廷から官職や受領と呼ばれる公式な職、職名を拝領し、それを名乗った。さらに、雅号などを名乗る場合もあり、また出家して法名を称する場合などもあり、ひとりの人物でも生涯で複数の呼び名があって実にややこしい。ゆ... [続きを読む]

» 平清盛 [AKIRAのドラマノート]
第2回「無頼の高平太」  [続きを読む]

» 「平清盛」第2回〜もののけ王子・清盛が舞を奉納 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第2回「無頼の高平太」 平太(松山ケンイチ)がサイコロとかして遊びまくっている京の町は、道路が舗装もされていないので汚いですねぇ。 清盛ら登場人物も、まるで何日も風呂に入っていないように汚れています。 きっと上下水道も整備されてないんでしょうねぇ・・・って、こんなの平安時代末期だから仕方ない。 でもね、町や人が汚れていたら「画面が汚い。鮮やかさのない画面ではチャンネルを回す気にならないというのが第一印象」「うちのテレビがおかしくなったのかと思うような画面だった」「時代考証は... [続きを読む]

» 平清盛 第2回 「無頼の高平太」 [青いblog]
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組概要 ...... [続きを読む]

» 平清盛、生類憐みの令!! [函館 Glass Life]
ドラマのテンポが意外と速く、見ていても飽きさせないように 作られているような感じがします 今回は高平太の元服がメインだったのでしょうね 高平太とは高下駄を履いて闊歩する平氏の御曹司の意味だと思 うのですが、忠盛が実子でもない清盛にはたして平太と命名す...... [続きを読む]

» 「平清盛」第2回 伊藤四朗さんの素晴らしい怪物ぶり [今日も何かあたらしいドラマ]
若い時にやんちゃで無頼、しかし大人になると大成するというパターンが日本人は好きなのかも。 ちょうど織田信長みたいに、反抗心丸出しにうす汚い格好の清盛=松山ケンイチさん。 その良し悪しは別とし...... [続きを読む]

» 「平清盛」第2話。 [Flour of Life]
「平清盛」第2話の感想です。いやー、ひさびさだわこの充実感…! [続きを読む]

» 平清盛 #2 無頼の高平太 [シフォンなキモチ]
マツケン登場です!いきなり、賭場から始まりますが、まだ12歳の設定です。成長しすぎだw とにかく、反抗期真っ只中の平太くんです。 まさに、盗んだバイクで走り出す年頃・・・。「俺は誰なんだー!」と叫ぶと「誰でもよーいっ (タスケテ)」って間の抜けた声が!! 平太の作った落とし穴に嵌っていた高階通憲さん、いや、いい味出して... [続きを読む]

» 平清盛 第2話 感想 [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
白河法皇がああああ あのインパクトある法皇が2話で退場とは… 「そちにも、このもののけの血が流れておるからじゃ・・・!」 あの顔はすごかったですねいろんな意味で。 気に ... [続きを読む]

» 『平清盛』 第2回「無頼の高平太」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ成長した平太は、都の暴れ者となっていました。バクチをする連中を相手に双六で勝負して、ケンカになっても圧倒的強さで勝ちます。追ってきた者も、用意の落とし穴におとして大笑い。そんな平太を、一門の人々、とくに叔父の忠正は苦々しく思っているようす。正室の子である平次を跡継ぎにすべき、と考えているのは彼だけではないでしょう。ある日、忠盛は平太に元服の日取りを決めた、と告げます。舞の稽古をするよう言われた平太は、すぐに拒絶して「おれは野良犬になる!」とも。そう叫んで平太は屋敷を飛び出... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「平清盛」第2回「無頼の高平太」 [真田のよもやま話]
いやあもうびっくり。この映像が汚くてよろしくないと某自治体の首長の方が!いやあ~、人それぞれですねええ。私なんかもう、この汚しがカッコ良くってカッコ良くって、もう初回からはまってしまいましたけど~。 とはいえ今宵は第二回でございます。もうあれですか、まえだまえだのお二人はお終い?朝飯前だ君はともかく、男前だ君の方は結構いい感じだったんですけど、まああんまり子役で引っ張りすぎるのもなんですし、ちょうど良い頃合いなのかもしれませんねええ~。... [続きを読む]

» 「平清盛」 第2回、無頼の高平太 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第2回、無頼の高平太。 元服を迎える平太ですが、前回ラストと同様、 自分というものに迷っているようです。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男2獣と罵るお前も獣の血が流れている獣だ!清盛は自らの出生を知り時代を変える決心をした舞を披露した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第2話は清盛は元服する年齢になっていたが幼少期に聞かされた忠盛は自分の実の父ではないという事で荒れ放題の日々を送っていた。そんな中清盛は元服するが ... [続きを読む]

» 平清盛 第2回「無頼の高平太」 [みはいる・BのB]
「あそびをせんとや うまれけん」 ドラマのテーマが好印象。 大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第2話 [またり、すばるくん。]
第2回「無頼の高平太」 視聴率17.8%  [続きを読む]

» 平清盛 第2回「無頼の高平太」 [ブルー・カフェ]
「汚すぎる」「画面に爽やかさが無い」と、兵庫県知事からぶーぶークレームが出たという平清盛 第1回「ふたりの父」。「こんなんじゃイメージ悪過ぎて、観光客誘致に支障が出る」というのが本音らしいんですがhellip;ま、ある程度のリアリティーがなきゃドラマに厚み...... [続きを読む]

» 平清盛第2話(1.15) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
平太@松山ケンイチは元服して平清盛に改名、 実父白河法皇@伊東四朗の悪政を憎む清盛が 世の中を変える決意をしたという話 阿部サダヲ、牢屋にでも入れられてたのかと思ったら、 公式HPのあらすじ見たら、落とし穴にはまっていたらしい。 しかも、役が高階通憲って・・・おまえ、信西かよ(笑)。 あれが清盛と信西の出会いだったのね・・・。 先週の初回は、清盛の二人の父親の対照的な存在感、 平忠盛@中井貴一の武骨さと白河法皇の不気味な威圧感に惹かれたのですが、 主人公の清盛が本格的に物語の中心になって・・・ちょ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第2話 あらすじ感... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
平清盛の誕生-----------!!1話目はかなり厳しい視聴率(17.3%)でのスタートになった「平清盛」なんでも歴代ワースト3位だったんだとか。みんな「江」で懲りた面もあったろうし、ニ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第2話 あらすじ感想「無頼の高平太」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
平清盛の誕生-----------!! 1話目はかなり厳しい視聴率(17.3%)でのスタートになった「平清盛」 なんでも歴代ワースト3位だったんだとか。 みんな「江」で懲りた面もあったろうし、ニュースでは、「皇家」ではなく「王家」を使った事がかなりネックになった...... [続きを読む]

» 平清盛第2回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
「平清盛」について 余りいいニュースを聞かなかったこの1週間でしたが‥‥頑張ってくださいね!!!!今回は 自分を野良犬に例えた清盛さんと白川法皇の出した「殺生禁断令」と... [続きを読む]

» 平清盛 第ニ回『無頼の高平太』を観る [(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート]
トップ>平清盛>平清盛 第ニ回『無頼の高平太』を観る 平清盛 第ニ回『無頼の高平太』 清盛が舞を奉納した石清水八幡宮 ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「そちにも、このもののけの血が、流れておるからじゃ」 (タフマン白河上皇) 【あらすじ】... [続きを読む]

» 平家の野性児 〜平清盛・無頼の高平太〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
清盛の幼名についてはよく分かっておらず、 この物語では平家の太郎という意味の『平太』という名前になっている。 従四位の官位をもらっている父・忠盛と違い、清盛は12歳まで朝廷から官位を持たず、高下駄...... [続きを読む]

» 「平清盛」 第2回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/玉木宏/松田聖子/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/金田明夫/阿部サダヲ/三上博史/檀れい/りょう/岡田将生/杏/和久井映見/小日向文世 第2回「無頼...... [続きを読む]

» 平清盛【第2回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
源平の御曹司  「本日より、名を、清盛と改めよ」by平忠盛(中井貴一)。 あれ、前回はなんだかおもしろそうだなぁなんて思ったのに、今回ちょっと盛り上がりに欠けるというか拍子抜けしちゃってます…。あれ…、なんでだろ…。 今回から早くも松ケン登場ってことなんですが、それがどうにもしっくりこないからなのかもしれません。大河ドラマで幼少期を大人の俳優が演じることとか、役の年齢と俳優の年齢が大幅にずれていることなどよくあることなんですが、やっぱり子供時代は子役に演じてもらいたいなぁと思わずにはいられません... [続きを読む]

« (ネタバレ)【カーネーション】第16週 日別粗筋(1/16~1/21) | トップページ | 【カーネーション】第86回&栗山千明inスタパ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31