無料ブログはココログ

« (ネタバレ)【カーネーション】第18週 日別粗筋(1/30~2/4) | トップページ | 【カーネーション】第98回(1/30)&地震で最高視聴率♪ »

2012年1月30日 (月)

【平清盛】第4回感想と視聴率&濡れ場で視聴率UP?

第4回「殿上の闇討ち」の視聴率は、前回の17.2%より少し上がって、17.5%(関東地区)でした。

ただ、関西では、前回18.1%だったのに、今回15.7%と急落してしまったそうです。(デイリースポーツ・ニュースより)

関東は上がったのに、関西の急落、不思議です。

 

『平清盛』、視聴率が低迷しているので、NHK上層部での議論の末、最近、NHKお得意のエロ化路線を採用。普通の映画並のラブシーンを投入するよう、大幅な脚本の手直しが行われる事になったそうです。

既に、第1話で白河法皇(伊東四朗)が近習の女性の胸元に手を入れたり、舞子(吹石一恵)の授乳シーンなどがありましたが、それ以上のもっと過激で激しいシーンが予定されているそうです。

前半の見せ場は、鳥羽上皇(三上博史)を巡って得子(松雪泰子)と璋子(檀れい)が展開する女の闘い。権力者となった鳥羽に取り入られようと、女の色香とテクニックを使って責めたてるそうです(^^;)

三上さん、嬉しいかも?(笑)

もう一つの濡れ場は、平清盛(松山ケンイチ)が童貞を捨てるシーン。祇園女御と乙前(おとまえ)の1人2役に扮する松田聖子さんが相手役。

清盛に乙前が初めて性の手ほどきをするそうです(^^;)

また、清盛が源義朝の側室で絶世の美人・常盤御前(武井咲)を妾にする際も、半ば強引に体を奪うなど、NHKにはなかった演出が用意されているそうです。

niftyニュース『週刊実話』 2012.1.28 より)

週間誌の情報なので、どこまで本当か分かりませんが、最近の大河、エロシーンが多いので、本当っぽく感じます(汗)

得子と璋子のエロの女の戦いなら見応えあるかもしれませんが、

聖子さんが松ケンに性の手ほどきシーンは、ちょっと怖いかも?(^^;)

NHK、いくら視聴率が欲しくても、そんな下劣なテコ入れはしないで欲しいものです!(^^;)

 

さて、今回の第4回「「殿上の闇討ち」

貴族って嫌ですね(^^;)

平忠盛(中井貴一)、殿上して、貴族達から嫌がらせを受け、可哀想でした(汗)

今回は、その忠盛(中井貴一)と佐藤義清(後の西行)(藤木直人)が素敵でした♪

義清、清盛と同じ年のはずですが、随分、大人で、清盛とは大違いでした(^^;)

私でも知っている有名な歌が出てきました♪

 

堀河「長からむ 心も知らず 我が袖の

 濡れてぞ 今朝は ものをこそ思へ」

皆は褒めただけでしたが、義清は褒めた上で、

義清「“長からむ”と始めたのなら、“我が袖”よりも“長髪”を持ってきたらいかがでしょう?」

堀河「では“濡れてぞ”はどうなります?」

義清「“乱れて”となさってはいかが?」

堀河「長からむ 心も知らず 黒髪の

 乱れて 今朝は ものをこそ思へ」

堀河も璋子も気に入りました。

これが百人一首の80番の待賢門院堀河の歌ですね♪

  

清盛(松山ケンイチ)は、北面の武士として務め始めましたが、何もやっても未熟で、いいところがありませんでした(汗)

それでも問題を起こさなかっただけいいかも?

前述の歌を問われて、おねしょの話をしたのには笑ってしまいました(笑)

その後の義清の引き立て役になってしまったようでした(^^;)

 

忠盛は、武士で初めて内昇殿を許され、殿上人になりました。

平氏の皆は大喜び♪

藤原摂関家のおさ・藤原忠実(國村隼)はそれを心よく思っていませんでした。

忠盛は宴の席に呼ばれ、忠実に挨拶しましたが、舞を披露するよう命じられました。

上手に舞いましたが、演奏、わざと音を外し、更に、見ていた貴族達が忠盛に飲みかけの酒を投げつけて・・・

忠盛は滑って倒れてしまいました。

その場に居合わせた清盛は「やめろ!」と止めに行こうとしましたが、義清が止めました。

義清「ここで行われているのは、ただの宴ではない。政(まつりごと)だ」

清盛「まつりごと?」

義清「皆、それぞれに思惑があっての事だ。

 おまえさんのお父上とて同じだ」

 

貴族「こっちに寄るでない」と、忠盛に酒をかける。

家成「もう、そのくらいでよろしいでしょう!」と、貴族達を止める。

忠盛、忠実の前に来て、

忠盛「未熟な舞にて、とんだお目汚しとなり、申し訳ございりませぬ。

 皆様のお言葉を肝に銘じ、益々、精進いたしまする」と礼をしました。

 

清盛はそんな姿を見て、

「王家に取り立てられ出世して、その果てに何があるというのじゃ」と、

父にも殿上にも幻滅しました。

でも、忠盛はじっと我慢して、ぶれない軸があったのでした。

それは、忠実に命じられた源為義(小日向文世)が殿上で忠盛を襲った時に分かりました。

 

それにしても、源氏の武士、清盛がいるところで、義朝に、「平忠盛を斬るつもりと存じます」と為義のことを報告するなんて(汗)

2人は慌てて、その場所・内裏の渡り廊に行きました。

清盛はともかく、為義も義朝も簡単に入れるんですね(汗)

あまりの警備の杜撰さにびっくりしました(笑)

殿上は刀を持つ事ができないので、その時を狙ったよう。

忠盛を斬っても為義も責任を取らされて殺されるでしょう。

それでも、息子・義朝のためにしてあげられるのはこの位の事しかないと為義は思い、忠盛に斬りつけてきました。

忠盛は、太刀で斬り返し、彼を説得しました。

忠盛「為義殿、斬りあいとならば、源氏も平氏もここで終わりぞ。

 源氏と平氏、どちらが強いか、それはまた先に取っておく事はできぬか?

 その勝負は、武士が朝廷に対し、十分な力を得てからでもよいではないか?」

為義「忠盛殿、一体、何を考えておる?」

忠盛「わしは王家の犬では終わりたくないのだ」

為義は驚き、去りました。

 

忠盛が持っていた太刀は、本物ではなく、銀箔を貼った木太刀でした。

新入りの殿上人に嫌がらせは付き物と家貞が用意してくれたそうです。

ばれなくて良かったです♪(^^)

 

清盛は後で、忠盛に聞きました。

「いつから考えていたのですか? 王家の犬で終わりたくないと」

「それはな、清盛。おまえを我が子として育てると決めた時からだ。

赤子のおまえをこの手に抱き、『平太』と呼びかけた時、わしの心に揺らぬ事なき、軸ができたのだ」

「清盛・・・おまえが思う以上に殿上は面白き所ぞ」

  

「王家に取り立てられ、出世して、その果てに何があるというのじゃ?」と清盛が疑問に思っていた答えが出ましたね。

父の軸を聞いて、ようやく父を尊敬できるようになったでしょうか?

清盛は、まだまだ未熟ですが、少しずつ学んで成長しているようです♪(^^)

 

次回は、「海賊討伐」

そして、前述の得子と璋子の女の熱い闘いが始まるそうです(^^;)(公式HPより)

男性の方、必見かもしれません(^^;)

 

【第4回粗筋】 (Yahooテレビより)

平氏に大きな知らせが舞い込む。朝廷に忠誠を尽くす忠盛(中井貴一)の功が認められ殿上人に武士として初めてなったというのだ。喜ぶ平氏一門。北面の武士として務める清盛(松山ケンイチ)にとっても、内心うれしい出来事だったが、貴族たちの中には武士の出世を面白く思わない者も多かった。そのひとり、藤原摂関家のおさ・忠実(國村隼)は配下の武士・源為義(小日向文世)をそそのかし、殿上で忠盛を襲わせようとする。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%   [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

(関西地区の視聴率推移)

[第1回]18.8%   [第2回]17.2%  [第3回]18.1%  [第4回]15.7%

 

公式HP(人物相関図)

公式HP(次回粗筋)

 


【送料無料】 平清盛 NHK大河ドラマ・ストーリー / NHK出版編 【ムック】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« (ネタバレ)【カーネーション】第18週 日別粗筋(1/30~2/4) | トップページ | 【カーネーション】第98回(1/30)&地震で最高視聴率♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


>NHK エロ化路線

の件、間違えて、他のブログに接続したかと思いましたよ。(;゜O゜)
でも、やっぱり、ショコラさんでした。そんな陰謀が進んでるんですか? 私は逆に エロ化、まかりならぬという話を聞きましたけど…。(^_^;)

タマちゃん、また鳥羽上皇をガーンと( ̄□ ̄;)!!やっちゃっいましたね。あの方は優雅で、怖くて、楽しい。院の心の空白を埋める忠盛の観音堂の献呈に、上手く話が繋がってました。

清盛はブーたれながらも何とか定職に付き、働いてました。忠盛は理想の父親像ですね。実際、こんな人がいたら、いつの時代でも、天下が取れます。

為義・義朝の親子関係が良かったですね。為義は、うだつの上がらない下請けの社長さんだけど、子供を思う気持ちは… (/_・、) 誰にも負けない。こちらはいつの時代にもいる、普通の親父さんです。共感された方が多かったのでは…。

上下、左右の対比のバランスが取れ、良く出来てました。

一つだけ、公家の嫌がらせが幼稚園児並みで、こけは、長袖者流の洗練された意地悪を見せて欲しいですね。(~_~;)

>レッドバロンさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみませんm(__)m

>NHK エロ化路線の件、間違えて、他のブログに接続したかと思いましたよ。(;゜O゜)
>でも、やっぱり、ショコラさんでした。そんな陰謀が進んでるんですか?
>私は逆に エロ化、まかりならぬという話を聞きましたけど…。(^_^;)

エロ化路線の件、週間誌の情報なので、本当かどうかよく分からないです(汗)
でも、以前も「龍馬伝」で福山さんの入浴で上半身裸を見せたり、「江」でも何回か、向井さんの入浴シーンを入れているので、ありえそうな気もします(^^;)
ただ、昔からの大河ファンは「エロ化、まかりならぬ」と思うでしょうね(^^)

>タマちゃん、また鳥羽上皇をガーンと( ̄□ ̄;)!!やっちゃっいましたね。あの方は優雅で、怖くて、楽しい。院の心の空白を埋める忠盛の観音堂の献呈に、上手く話が繋がってました。

はい。
相変わらずの天然ボケでいいですね(^^)
筋の繋がりにも活きていて、良かったです♪

>清盛はブーたれながらも何とか定職に付き、働いてました。忠盛は理想の父親像ですね。実際、こんな人がいたら、いつの時代でも、天下が取れます。

父の念願を叶えて、清盛が天下を取ったという形になりそうですね(^^)

>為義・義朝の親子関係が良かったですね。為義は、うだつの上がらない下請けの社長さんだけど、子供を思う気持ちは… (/_・、) 誰にも負けない。こちらはいつの時代にもいる、普通の親父さんです。共感された方が多かったのでは…。

はい♪
こちらの親子関係が切なくて、素敵でした♪

>上下、左右の対比のバランスが取れ、良く出来てました。

うまく対比できて、話の構成、良かったですね(^^)

>一つだけ、公家の嫌がらせが幼稚園児並みで、こけは、長袖者流の洗練された意地悪を見せて欲しいですね。(~_~;)

新参者の殿上人に対する貴族の嫌がらせ、常習的にあったそうです。
そして、実際に清盛を闇討ちしたとか・・・(^^;)
でも、為義が襲ったのではなく、貴族達で殺す目的ではなく、リンチ程度が目的だったようです。でも、銀箔を貼った木太刀とか機転を使ってうまく免れたそうです。
その辺の事、下記TBの[坂の上のサインボード]さんが詳しく説明されていました(^^)

初めまして、ひじゅにさん、えみりーさんのところから辿ってきました。純哉といいます。

私も平家に関してはあまり知識がないので毎回拝見してるんですが、貴族と武士の壮絶な関係を見事に描いていると思います。個人的には松ケンの演技が酷くてイライラしている点もありますがw

それにしても、この先、性の手ほどきだなんて、そんなシーンがあるんですねw もう見るのやめようかと思ってたんだけど、がんばって見てみようかな(笑)

ショコラさんのブログって、しっかりした文章を書かれているので読んでて分かりやすく楽しんで拝見させていただきました。勝手ながらリンクさせていただきます★

>純哉さんへ

ようこそ♪(^^)
リンク、ありがとうございます♪
こちらからもリンク、貼りたいのですが、貼り方が分かりません(汗)
以前、楽天ではできたのですが、もう外部とのリンクの機能がなくなってしまって(^^;)

私の文章、しっかりした文章と褒められるのは滅多にないです(笑)
ありがとうございます(^^)
よく小学生みたいな文章と言われます(汗)
分かりやすさが第一だと思っているので、開き直っています(笑)

貴族に権力があった時代なので、ドロドロしていて、視聴率、イマイチかもしれません(汗)
でも、この時代らしさは結構出ていますよね?
私は歴史、詳しくないですが、一緒に勉強したいと思います。

聖子さんが松ケンに性の手ほどきシーンがあるとの事ですが、NHKだからあまり期待しない方がいいかもしれません(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53858045

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第4回感想と視聴率&濡れ場で視聴率UP? :

» 【平清盛】第4回感想と視聴率&濡れ場で視聴... [ショコラの日記帳]
【第4回「殿上の闇討ち」視聴率は1/30(月)追加予定】『平清盛』、視聴率が低迷しているので、NHK上層部での議論の末、最近、NHKお得意のエロ化路線を採用。普通の映画並のラブシーン... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第4回 [日々“是”精進! ver.A]
殿上は、面白きところ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201290004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 1029 Amazonで詳しく見... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第4回 [日々“是”精進!]
  第四回「殿上の闇討ち」平氏に大きな知らせが舞い込む。朝廷に忠誠を尽くす忠盛の功が認められ、忠盛が内裏の清涼殿にあがる資格をもつ殿上人に武士として初めてなったというの... [続きを読む]

» 容姿端麗? [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝はものをこそ思へ百人一首の待賢門院堀河の歌を、西行が添削したって事実なん?平清盛第四回殿上の闇討ち不親切なNHKに代わり、登場人物の年... [続きを読む]

» 容姿端麗? [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は ものをこそ思へ百人一首の待賢門院堀河 [続きを読む]

» 平清盛 第4話「殿上の闇討ち」 [坂の上のサインボード]
 平清盛の祖父・平正盛の代に白河上皇の引き立てによって中央政界へ進出した伊勢平氏は、清盛の父・平忠盛の代には鳥羽上皇の側近として脇を固め、さらに、得長寿院をはじめとする寺院を寄進するなどして忠勤にはげみ、清盛がが15歳となった長承元年(1132年)、忠盛は初めて武士として内昇殿を許された。内昇殿とは、天皇の居所である清涼殿の殿上の間に上ることを許されることで、貴族にとって非常に名誉なことであった。ましてや、武士である忠盛がこれを許されるのは破格の待遇であり、当時の貴族の日記のなかには「未曽有の事なり... [続きを読む]

» 平清盛 第4回 殿上の闇討ち [レベル999のgoo部屋]
『殿上の闇討ち』 内容 長承元年。その胸の内に秘めたる想いとは裏腹に、 鳥羽院(三上博史)を守る“北面の武士”となった清盛(松山ケンイチ) とはいえ、その職務には待賢門院璋子(檀れい)の警固をするなど、 思わぬ仕事もあり、悶々とした毎日を送っていた。 「何が...... [続きを読む]

» 平清盛 第4回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今NHKスペシャルのナレーションを何故か藤原竜也君がやってると上の子が言ってるんですが藤原君、大河ドラマに出てみてはいかがでしょうか?(^^)いや、わたし何か出そうな気がしてた... [続きを読む]

» 「平清盛」第4回〜百人一首80番「長からむ 心も知らず 黒髪の〜」 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第4回「殿上の闇討ち」 前作『江〜姫たちの戦国』が残念すぎる大河だったので、『平清盛』の濃密さに圧倒されるのですが、一方で、今のところ物語的には目に見える大きな動きがなく、じっくり見ると面白いけど、パッと見には辛気臭さを感じなくもないですねぇ・・・。 登場人物の心象風景を描いた概念的・抽象的な部分や、階級闘争にまつわる陰気で内向きの展開が多い中、時折エネルギッシュなセリフがあったり、”中井貴一”らの力演があるのがアクセントになってますね。 あとは、玉木 宏、藤木直人のイケ... [続きを読む]

» 【平清盛】第4回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
平氏に大きな知らせが舞い込む。朝廷に忠誠を尽くす忠盛(中井貴一)の功が認められ 殿上人に武士として初めてなったというのだ。喜ぶ平氏一門。 北面の武士として務める清盛(松山ケンイチ)にとっても...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第4回「殿上の闇討ち」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ御所のなかで、北面の武士たちが流鏑馬の稽古をしています。そこには、新参者というべき清盛の姿も。が、的を狙ううちに駆けすぎてしまい、笑いものになってしまいました。nbsp;颯爽と命中させた佐藤義清に、清盛は歯がみします。そのあと、待賢門院がお出かけのため、警護することに。ところが、北面の武士たちはいっせいに白粉を塗り始め、清盛は唖然呆然。出先の歌会では、門院の前で堀河局が歌を詠み、武士たちにも感想を求められました。ここでも清盛は、情緒もなにもない発言で、門院をとり... [続きを読む]

» 平清盛 第4回「殿上の闇討ち」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『平清盛』のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第4話 [またり、すばるくん。]
第四回「殿上の闇討ち」  [続きを読む]

» 伊勢の瓶子は素甕なりけり 〜平清盛・殿上の闇討ち〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
原作のない今回の大河ドラマ。 激しく、つかみどころのないオープニング曲にもだいぶ慣れてきたけれど。 最近の大河ドラマは緩急の付いたオープニング曲が多いなあ。 (江は違ったか。) 映像は龍馬伝を...... [続きを読む]

» 平清盛 #4 殿上の闇討ち [シフォンなキモチ]
今年の大河は面白いわー。いや、まじで、これ見ない人はもったいないよ! 今日も、忠盛パパ無双!でした。いやはや、なんとも器の大きい親父様です。 鳥羽上皇への寄進がはんぱなくて、平家ってもの凄く羽振りがいいのがわかりましたねー。地味にしてるけど、金は持ってるよと。 清盛は北面の武士になっても、まだまだお子ちゃまw 義清みた... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第4回「殿上の闇討ち」 [よくばりアンテナ]
まだまだ清盛は子どもっぽいけれど、 面白くなってきた〜〜 北面の武士としての役目もまだまだ不慣れな清盛。 同じ役目の同僚たちが、 女房たちの歌の会(?)の警護に来てウキウキしているのが 武士ら...... [続きを読む]

» 「平清盛」 第4回、殿上の闇討ち [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第4回、殿上の闇討ち。 平忠盛が、武士で初めて殿上人となる。 大きく差のついた平氏と源氏。 その時、その御曹司たちは・・・ [続きを読む]

» 『平清盛』第4回 [悠雅的生活]
〜殿上の闇討ち〜 [続きを読む]

» 「平清盛」 第4回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/三上博史/檀れい/りょう/和久井映見/小日向文世/國村隼 第4回 「殿上の闇討ち」 17.5% 朝廷...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男4忠盛が為義に暗殺未遂されるも忠盛は王家の犬にはならないと説き伏せ清盛はそれを見て自覚が芽生えた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第4話は清盛が北面の武士となり朝廷に仕えるも、その実態は姫たちへのすり寄りに清盛は呆れてしまう。そんな中忠盛が朝廷への忠誠が認められ、内裏の清涼殿 ... [続きを読む]

» 平清盛 第4回 「殿上の闇討ち」 [青いblog]
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組概要 ...... [続きを読む]

» 平清盛第4話(1.29) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
待賢門院璋子@檀れいとの愛憎に苦しむ鳥羽上皇@三上博史に 得長寿院観音堂を造営、巧みに取り入った平忠盛@中井貴一は 殿上人に昇進、武士でありながら昇殿が許される 忠盛の台頭を不快に感じる藤原忠実@國村隼は 源為義@小日向文世に闇討ちを命じるが、 銀箔の刀を用意していた忠盛は為義を一蹴したという話。 待賢門院璋子は心の機微に弱いが、歌の心はわかるのか。うーむ・・・ 平忠盛と... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #04 殿上の闇討ち [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
料理をしながら見ていたので、録画したものを見直しています。 [続きを読む]

» 平清盛 第4回「殿上の闇討ち」〜わしは王家の犬では終わりたくないのだ。 [平成エンタメ研究所]
 「わしは王家の犬では終わりたくないのだ」  忠盛(中井貴一)の口から出た言葉。  忠盛は「未熟な舞ゆえ、お目汚しになり申し訳ございません」と貴族たちに謝りながら、胸に刃を秘めていた。  忍従は「武士が十分な力を得る」までのひとつの過程だった。  忠盛が...... [続きを読む]

» 平清盛「殿上の闇討ち」 [のほほん便り]
“北面の武士”となった清盛クン(松山ケンイチ)なれど、まだまだ十代前半のおこちゃま。そのオシゴトには、待賢門院璋子(檀れい)の警固もあるものの、歌に関しても風情も理解がなく「濡れる」を、オネショと勘違いしてしまう始末 (^^;) そんな中、文武両道。イケメンで、歌の指導までして周囲を感心させる佐藤義清(藤木直人)なぞ、清盛クンには、面白くありません。 また、鳥羽院からの信頼厚い父・忠盛(中井貴一)が、武士として初めて“殿上人”の仲間入りして、一同は喜びますが、その現実は厳しく、舞を待って... [続きを読む]

» 平清盛「殿上の闇討ち」 [のほほん便り]
“北面の武士”となった清盛クン(松山ケンイチ)なれど、まだまだ十代前半のおこちゃま。そのオシゴトには、待賢門院璋子(檀れい)の警固もあるものの、歌に関しても風情も理解がなく「濡れる」を、オネショと勘違いしてしまう始末 (^^;) そんな中、文武両道。イケメンで、歌の指導までして周囲を感心させる佐藤義清(藤木直人)なぞ、清盛クンには、面白くありません。 また、鳥羽院からの信頼厚い父・忠盛(中井貴一)が、武士として初めて“殿上人”の仲間入りして、一同は喜びますが、その現実は厳しく、舞を待って... [続きを読む]

» 平清盛 第4話 感想「殿上の闇討ち」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)は晴れて北面の武士となり佐藤義清(藤木直人)などと高貴な人々を護衛することになります。武芸の鍛錬は欠かせませんが、色男の西行は流鏑馬もソツなくこなします。清盛も馬を疾駆させて矢を射ようとしますが、馬に乗りながら矢を取るのは難しいです。 待賢門院璋子(檀れい)の歌会も護衛しときますが、後朝がどうのこうのという風流な王朝文化の世界に、ロクに顔も洗ってない蓬頭垢面の野人のように小汚い清盛が混ざってしまったのは慙愧にたえません。 雲上人のお嬢様方は「北面の武士の方々はど... [続きを読む]

» 平清盛 #04「殿上の闇討ち」 [昼寝の時間]
公式サイト 北面の武士として務め始める清盛。しかし、実力はまだまだ、その上半分貴 [続きを読む]

» 「平清盛」 第4回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/三上博史/檀れい/りょう/和久井映見/小日向文世/國村隼 第4回 「殿上の闇討ち」 17.5% 朝廷...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「平清盛」第4回「殿上の闇討ち」 [真田のよもやま話]
ようよう北面の武士となって出世の階段を踏み出した清盛様。義理の父上の忠盛様とはまだ気持ちが通い合っていない感じですし、そもそも先週の手下の三松がどうなったのか疑問が渦巻く展開ですけど!とにもかくにも新人北面の武士の出たとこ勝負!ヒアウイゴオオ~~!!!... [続きを読む]

» 平清盛【第4回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
殿上の闇討ち  「為義殿、斬り合いとならば、源氏も平氏もここで終わりぞ。源氏と平氏どちらが強いか、それはまた先にとっておくことはできぬか。その勝負は、武士が朝廷に対し、十分な力を得てからでもよいのではないか。わしは、王家の犬では終わりたくないのだ」by平忠盛(中井貴一)。 うひょ~~~~~~~っ!!!忠盛カッコいい~~~~~っ!!!なになにこのカッコよさっ!!!厨二病を卒業したとはいえ、まだまだくそガキ清盛(松山ケンイチ)に見習ってほしいもんだわよっ!!!... [続きを読む]

» 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第4回「殿上の闇討ち」 落成したばかりの得長寿院が汚い!と言うべからず [しっとう?岩田亜矢那]
平忠盛が建立した 「得長寿院 観音堂」に鳥羽上皇が訪れるんだけど 「落成したばかりなのに汚い!」 と明日あたり井戸敏三兵庫県知事がまた噛み付いているかも? もう今は「得長寿院跡」と言う石碑しか残っていないので 同規模と言われる蓮華王院本、つまり 「三十三間...... [続きを読む]

» 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第4回「殿上の闇討ち」 得長寿院が汚い!と言うべからず。 [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
平忠盛が建立した 「得長寿院 観音堂」に鳥羽上皇が訪れるんだけど 「落成したばかりなのに汚い!」 と明日あたり井戸敏三兵庫県知事がまた噛み付いているかも? もう今は「得長寿院跡」と言う石碑しか残っていないので 同規模と言われる蓮華王院本、つまり 「三十三間堂... [続きを読む]

« (ネタバレ)【カーネーション】第18週 日別粗筋(1/30~2/4) | トップページ | 【カーネーション】第98回(1/30)&地震で最高視聴率♪ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31