無料ブログはココログ

« ホイットニー・ヒューストンさん、急死 | トップページ | 【カーネーション】110回(2/13)「受賞の明暗」 »

2012年2月13日 (月)

【平清盛】第6回感想と視聴率急落「西海の海賊王」

昨日、近所の本屋で、『NHKドラマストーリー 平清盛 前編』の本を買って来ました。

それに、今回の見せ場の海上ロケや海賊船を作った事が沢山載っていました。

平清盛ガイド宋船ブログ1

平清盛ガイド宋船ブログ3

相当、この海賊船の海上ロケにお金と手間をかけたようです(^^)

船は全部で8隻作ったそうです(唐船1、大型和船1、中型和船2、中型くり舟2、小型くり舟2)。

本には宋船と書いてありますが、ドラマでは唐船(からふね)と言ったので、唐船と書きます。

でも、宋の時代の船だから、普通、宋船ですよね(^^;)

音の響きが悪いので、唐船としたのでしょうか?

一番大きい唐船は、全長22メートルで、メインマスト高14メートル、30人乗り。

船体や手摺りになどに使いこんだ感じを出すため、美術的な汚しをかけたそうです。

それを中心に8隻も海に浮かべて撮影するのは、大河ドラマ始まって以来の挑戦だったそうです。

通常、漁船の船体に木を張ったり、セットとCGで合成したりするそうです。

でも、このドラマは、「海」をルーツに持つ平清盛が主人公で、清盛は海賊を束ねてのし上がっていくので、リアル感を重視したそうです。

絵巻などの資料を見て、当時の船を研究している先生に話を聞いて、素材や構造の調査にかなりの時間を費やしたそうです。

すごいですね(^^)

確かに、見応えありました。

平家の皆が清盛を助けに来るシーン、撮影日は初秋だというのに、気温が35度に迫る暑い日で、俳優の皆さん、大変だったようです。

本当の船の上で、松ケン、帆柱に宙吊りにされて、怖かったではないでしょうか?(汗)

ご苦労さまでした(^^)

兎丸と清盛の「海賊王になる」という話とその後の戦い、迫力がありました♪

これが清盛の今後の人生にも深く影響しそうですね♪

海賊の棟梁が誰か、清盛は知りたくて、一人で小船で海賊船に近づこうとしたら、高階通憲も船に行こうとしていて、喧嘩しながら、2人で行きました(笑)

通憲は、宋へ行きたかったようです。

宋の言葉も喋れました。

でも、海賊船だから、あの船に乗れても、宋へは行かないと思いますが(^^;)

着く前に、2人は捕まってしまいました(汗)

海賊の棟梁は、以前、清盛と因縁のあった兎丸(加藤浩次)でした。

唐船は、乗組員ごと乗っ取ったそうです。

殆どの船員を逃がしましたが、彼の考え方を面白がった人達だけ残って、船を操縦しているそうです。

その考えとは何か、捕まった清盛が聞きました。

兎丸「俺はな、海賊王になる。

 ええか? 今は都の帝さんがこの国のお頭や。一番のお偉いさんや。

 この国のてっぺんたるお頭さんに義がある。

 せやから、お頭さんが嫌がる俺らが悪っちゅう事になる。

 よう考え。けどな、海賊の俺がこの国のてっぺん取ったら・・・」

清盛「義と悪がひっくり返る」

兎丸「そういうこっちゃ!

 海賊王、兎丸がこの国の義となり、民を虐げるお頭さんが悪となるっちゅう寸法じゃ!」

清盛「面白い! そなたとは気が合いそうじゃ!」と手を握る。

兎丸、手を握り返したものの、ハッと気づいて、

兎丸「図にのんなよ」とその手を振り払う。

清盛「しかし、海賊王とは、途方もない事を考えたものよ」

おとうが生きていたら、きっと同じ事を考えただろうと、父・朧月の話になり、父が王家の犬の忠盛に殺されたと・・・

それを聞いて、清盛はかつて自分が忠盛が王家から貰った子だと兎丸に言われた事を思い出しました。

それを聞かなければ、父を父と信じて、迷わず、武士でいれたものを、あれ以来、父をなくし、自分が誰か分からなくなり、どれほど苦しんできたことか・・・

お互いに仇と思い合っていたのでした。

その話を聞いて、兎丸は追討使が平家であると分かり、清盛を帆柱に吊しました。

そして、忠盛に「ガキを預かった。返して欲しければ、明日午の刻、忠盛が一人で来い」と文を届けました。

「ガキ」というのが良かったです(笑)

ほんとまだガキなんですよね(^^;)

松ケンが演じているので、大人みたいに見えますが(汗)

 

鱸丸が国松、時松など、かつて、清盛と共に海の警護をしていた漁師達を連れて来ました。

暗闇の海でも彼らならお役に立てるとの事。

それで、夜明け前に皆で、奇襲をかける事にしました。

それがうまく行き、夜明けと共に、平氏の一同は海賊船に攻めかかりました。

清盛は助けられ、自分の太刀を取り戻し、兎丸と斬り合いました。

清盛「教えてやる。なにゆえ、俺がこの剣を持っておるか。・・・

 俺は武士だからだ!

 血は繋がらずとも、平氏の男だからだ!

 今、ここでそれを知るために、俺はあの日、あの海で、この剣と・・・出会うたのだ!」

兎丸の太刀をはじき飛ばし、追い詰めました。

兎丸がついに捕まりましたが、彼らの処分を自分に任せて欲しいと忠盛に頼みました。

清盛は兎丸に言いました。

清盛「おまえは俺だ、兎丸。ちちを失うた悲しみを抱え、乗り越え、この面白うもない世を面白う生きようとあがいておる男だ。

 共に生きてはくれぬか?

 平氏のもとでならいつの日かもっと面白き事ができる筈だ。

 それでこそ、朧月の義を証せる筈だ。

 お前の命、仲間の命、共々、我ら平氏に預けよ」

兎丸「俺に餅つけと言うとんのか? 王家の犬のために」

清盛「王家の犬では終わらぬ」

兎丸「お前、アホやろ?

 けど、俺も賭けは嫌いやない。

 お前のアホさ加減に賭けたってもええ」

清盛と兎丸、今度こそ、しっかり手を握り合いました。

忠盛「いざ、都へ!」

平氏一同「おう!」

ここでかかった曲、時々、かかりますが、私はこの曲が苦手です(^^;)

 

ようやく、叔父の忠正(豊原功補)も清盛を救ってくれて良かったです♪

まだ認めたわけではないけれど、兄が悲しむだろうからとの事で、見殺しにしないで、ちゃんと助けに行ってくれて、清盛を救ってくれました♪

叔父との確執、ようやく進展して、良かったです♪(^^)

 

捕らえた海賊達を連れて、京に凱旋した平氏一行を多くの人々が見守る中に、時子(深田恭子)の姿もありました。

予告編で、光源氏の事を言ってましたが、この人、光源氏好きの夢見る夢子ちゃんみたいで、面白いかも?(^^)

でも、清盛が好きになるのは、違う女性の加藤あい(明子)???

明子が最初の妻で、時子は2番目の妻ですね。

でも、時子の方が先に登場するとは(^^;)

聖子ちゃん(乙姫)がウブな清盛に性の手ほどきするっていうのは、いつでしょう?(汗)

 

一方、義朝の方も由良姫(田中麗奈)と出会い、苦言を呈して、恋愛モード?

熱田神宮大宮司の娘のようです。

今回は、清盛の2番目の妻と、義朝の正室の顔見せという感じでした(^^;)

 

恋愛といえば、佐藤義清と堀河局がそういう関係だったとはびっくりでした(汗)

義清は、情報が欲しくて付き合っているみたいですね(汗)

本当に好きなのは、璋子様では?

得子は身籠って勝ち誇った表情・態度でしたが、璋子様は、全然、気に留めない様子で、道を譲りました(^^)

さすがに、天然ボケの璋子様、女の勢力争い、どうでもいいようです(笑)

得子「ややができました。上皇様のお子にござりまする」

璋子「さようにござりますか。

 お勤め、ご苦労様にござります」とお辞儀する。

得子「・・・」(ブスっとした表情)

 

「お勤め、ご苦労さま」とは笑いました♪

璋子にとっては、上皇と床を共にするのは仕事だったのかもしれませんね(^^;)

相変わらずの璋子さまで良かったです♪(^^)

 

次回は、「光らない君」。

明子(加藤あい)と時子(深田恭子)は親友らしく、清盛との結婚話について相談するようです。

源氏物語好きの時子が楽しみです♪(^^)

 

そうそう、視聴率、13.3%(関東)(関西は12.6%)と急落してしまい、最低視聴率でした(汗)

裏の四大陸フィギュアの女子フリー(15.4%)(関東)に少し食われてしまったかも?

力を入れた海賊船のロケだったのに、残念です。。。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%

 

公式HP(第6回粗筋)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« ホイットニー・ヒューストンさん、急死 | トップページ | 【カーネーション】110回(2/13)「受賞の明暗」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>唐船

宋の時代なのですが、王朝が変わっても、日本では大陸のコトをずうっと唐と呼び続けてますね。

秀吉も「唐入り」と称しましたし、江戸時代の川柳でも「売り家と唐様で書く三台目」。極め付きは「唐人お吉」米国公使に仕えただけなのですが、唐は外国の総称でもありました。

「カリビアン瀬戸内海」
どうしてあんなに船を汚すんでしょうかね。長い公海の果てならともかく、メンテナンスなってねえ〜。

整備不良の船は速力が出ませんし、船内の不潔さもどうかと思います。
汚す以外にリアリティ出す方法が無いのでしょうか。

清盛の盾になって重傷を負った守り役の仇討ちに一人で出掛けて、同然、人質に。さらに忠盛はじめ、一門を危険に晒すアホの子ぶりは、並大抵ではありませんでした。図体だけはデカいですが、これ、どうやって、大人に仕上げて行くのでしょうか?

熱田の義朝と姫、都大路の清盛と時子、二人の出逢いの時は、短いセリフで、上手に描かれてました。いつも、義朝の方がカッコいいのよね。(^^;)
反対に、佐藤義清と堀河の仲は 安直過ぎますね。
>情報収集

の意味もあったでしょうが、二人は文学上の付き合いとした方が、高級感が出ます。当代きっての歌人なのは、お互いに解ってますし。そういう男女の交友も想定出来ないと、実は深い「恋」も描けないような気がするのですが。まだまだ、タマちゃんには 現役で頑張って欲しいですし。

>レッドバロンさんへ

>>唐船
>宋の時代なのですが、王朝が変わっても、日本では大陸のコトをずうっと唐と呼び続けてますね。
>秀吉も「唐入り」と称しましたし、江戸時代の川柳でも「売り家と唐様で書く三台目」。極め付きは「唐人お吉」米国公使に仕えただけなのですが、唐は外国の総称でもありました。

そうですか。
外国全部の事を言うんですね(^^)

>「カリビアン瀬戸内海」
どうしてあんなに船を汚すんでしょうかね。長い公海の果てならともかく、メンテナンスなってねえ〜。
>整備不良の船は速力が出ませんし、船内の不潔さもどうかと思います。
>汚す以外にリアリティ出す方法が無いのでしょうか。

海賊船だから、汚いという先入観があるのではないでしょうか?
それにこのドラマ、兵庫県知事が苦言を言ったように、最初からずっと汚い映像が多いですし・・・(汗)
演出家が好きなのかもしれません(^^;)

>清盛の盾になって重傷を負った守り役の仇討ちに一人で出掛けて、同然、人質に。さらに忠盛はじめ、一門を危険に晒すアホの子ぶりは、並大抵ではありませんでした。図体だけはデカいですが、これ、どうやって、大人に仕上げて行くのでしょうか?

ほんとガキでしたね(^^;)
これで次回は結婚話なんて、このままだと余計にアホに見えてしまうかも?(汗)

>熱田の義朝と姫、都大路の清盛と時子、二人の出逢いの時は、短いセリフで、上手に描かれてました。いつも、義朝の方がカッコいいのよね。(^^;)

義朝が主役の方がいいかもしれません(汗)

>反対に、佐藤義清と堀河の仲は 安直過ぎますね。
>>情報収集
>の意味もあったでしょうが、二人は文学上の付き合いとした方が、高級感が出ます。当代きっての歌人なのは、お互いに解ってますし。そういう男女の交友も想定出来ないと、実は深い「恋」も描けないような気がするのですが。まだまだ、タマちゃんには 現役で頑張って欲しいですし。

そうですね。
義清も堀河も有名な歌人なので、文学上の付き合いとした方がいいかもしれませんね(^^)
このドラマでは、文学上の付き合いと、色仕掛けの情報収集と両方あるようでした(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53972838

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第6回感想と視聴率急落「西海の海賊王」:

» 【平清盛】第6回感想と視聴率「西海の海賊王」 [ショコラの日記帳]
昨日、近所の本屋で、『NHKドラマストーリー平清盛 前編』の本を買って来ました。それに、今回の見せ場の海賊船を作った事やロケの事が沢山載っていました。相当、この海賊船の海上... [続きを読む]

» 「平清盛」第6回〜松田優作と、ルフィと、ジャック・スパロウ [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第6回「西海の海賊王」 清盛(松山ケンイチ)が”松田優作”の名セリフ「なんじゃこりゃ〜」と口にして、 海賊の棟りょう・兎丸(加藤浩次)は、むぎわらの”ルフィ”の「俺は海賊王になる」 これでは、こっちが「なんじゃこりゃぁ!」って感じ!? なんか、無茶苦茶です。 −◆− 東国での武者修行に出たイケメン義朝(玉木宏)は、尾張・熱田神宮で、盗賊に襲われている大宮司・藤原季範(山口良一・・久々に見た)を助けちゃいました。 お礼のもてなしを受ける義朝の前に現れた季範の三の姫・... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.6西海の海賊王 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第6回 [日々“是”精進! ver.A]
海賊王に、俺はなる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202120005/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 4082 Amazonで詳しく見る... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第6回 [日々“是”精進!]
  第六回「西海の海賊王」目の前に現れた巨大な宋船と戦闘を始める平氏一族。初めての本格的な戦闘にひるむ清盛をかばい、乳父の平盛康は深手を負ってしまう。宿営地に一時引き返... [続きを読む]

» 平清盛 第6回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
先ほども書きました、今日半分まで読んでいる(つまりまだ3時間読めてない^^;)「平清盛のことがマンガで3時間でわかる本」これで今日知ったのが堀河局さんも百人一首に歌が収めら... [続きを読む]

» 平清盛 第6回 西海の海賊王 [レベル999のgoo部屋]
『西海の海賊王』 内容 父・忠盛(中井貴一)とともに瀬戸内の海賊討伐へ向かった清盛(松山ケンイチ) やがて現れた巨大船に接触した平氏の軍勢は、海賊たちと戦闘を開始。 多くの兵士に交じり清盛も奮闘するのだが、 戦いのさなか、清盛を庇い乳父の平盛康(佐戸井けん...... [続きを読む]

» 【平清盛】第6話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
巨大な宋船と戦闘を始める平氏一族。初めての本格的な戦闘にひるむ清盛(松山ケンイチ) をかばい守役・盛康(佐土井けん太)は深手を負う。 圧倒的な海賊たちの武力の前に、宿営地に一時、引き上げた平氏...... [続きを読む]

» 平清盛 第6話「西海の海賊王」 [坂の上のサインボード]
 保延元年(1135年)4月、平清盛の父・平忠盛に瀬戸内海に荒らしていた海賊討伐の命が鳥羽院より下った。この当時、瀬戸内海では海賊がはびこり、数十艘の船を操って輸送船を襲い、乗員を殺害して貨物を略奪していた。のちに西国では“水軍”と呼ばれる武力集団が生まれるが、その前身がこの頃から形成されつつあったのである。  忠盛はこの6年前の大治4年(1129年)にも一度、山陽・南海道の海賊討伐を命じられており、おそらく、このときの手腕が買われたのだろう。公卿たちの忠盛の人選の理由は「西海に勢力を有する」... [続きを読む]

» 『平清盛』 第6回「西海の海賊王」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ巨大な船は、平氏勢が偽装した輸送船を襲いました。nbsp;しかし、躍り出た清盛や平氏勢に、いったん制圧されます。指揮船から忠盛は、海賊の棟梁は誰かと問いかけたものの・・・。必死の反撃に出た海賊と、巨船の上から矢を射掛ける仲間に苦戦。清盛の乳夫である盛康は、彼をかばって矢を身に受けて倒れました。そのころ、東国への途上で尾張の熱田神宮へ寄った義朝は、盗賊に遭遇。神宮への奉納米を奪おうとした連中を、鎌田正清とともに撃退しました。熱田の大宮司は喜び、二人を屋敷でもてなし... [続きを読む]

» ええ体しとるな [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「そこの醜い女」心根が醜いって意味だったけど、良い宮司の娘役が田中麗奈だっただけに悪意を感じた平清盛第6回西海の海賊王それにしても、義朝は12歳なのに老け過ぎKARA船... [続きを読む]

» ええ体しとるな [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「そこの醜い女」心根が醜いって意味だったけど、良い宮司の娘役が田中麗奈 だっただ [続きを読む]

» 「平清盛」 第6回、西海の海賊王 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第6回、西海の海賊王。 俺は海賊王になる! あからさまにワンピースを意識してるだろw 平清盛は海賊王を目指すようです(違 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第6話 あらすじ感... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
清盛、初陣------------!!米俵に扮装(?)して、海賊共をおびき寄せた平氏たち。だが、海賊共も棟梁を売るつもりはないと、すぐさま激しい合戦に!!おお!!パイレーツ~♪いいねぇ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第6話 あらすじ感想「西海の海賊王」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
清盛、初陣------------!! 米俵に扮装(?)して、海賊共をおびき寄せた平氏たち。 だが、海賊共も棟梁を売るつもりはないと、すぐさま激しい合戦に!! おお!! パイレーツ〜♪ いいねぇ、活気があって。 こういう思い切りなシーンはやっぱ面白い。 ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #06 西海の海賊王 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
海賊王って、ワンピースですかヽ(´o`; とりあえず海賊退治の話のようです。 [続きを読む]

» 「平清盛」 第6回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/深田恭子/上川隆也/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/檀れい/りょう/阿部サダヲ/尾美としのり/加藤浩次/田中麗奈/松雪泰子 第6回 「西海の海賊王」 ...... [続きを読む]

» 平清盛 第6回「西海の海賊王」〜お前の命、わしに預けよ! [平成エンタメ研究所]
 清盛(松山ケンイチ)がまたひとつ成長した。  前回、「面白う生きたい」と語った清盛。  でも、具体性に欠けていたんですよね。  それを今回、海賊の兎丸(加藤浩次)の言葉から与えられた。  つまり  「俺は海賊王になる。海賊王になって義と悪を逆にする」  海...... [続きを読む]

» 平清盛 第6話 感想「西海の海賊王」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、平氏は米俵に化けて海賊を誘き寄せます。海賊は宋の唐船で巨大な帆船にもビックリですが、なかなか手ごわいので鎮圧できません。清盛(松山ケンイチ)は小船で海賊船に潜入しようと吉田松陰気取りですが、高階通憲(阿部サダヲ)もついてきます。高階は自分は博学なのに身分が低い為にバカな公卿の下にいると嘆きますが、清盛だって武家として公家に虐げられているわけで、二人ともこの国を見限ります。実力主義の宋に渡ろうとしますが、博識な大学者は食料が無いので着くまでに飢死すると分析します。ここで清盛は「気合で!」... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第6話 [またり、すばるくん。]
第六回「西海の海賊王」 視聴率13.3% [続きを読む]

» 平清盛 #06「西海の海賊王」 [昼寝の時間]
公式サイト 「俺は海賊王になる!」 思わずお茶を吹き出してしまいました。(大爆) [続きを読む]

» 平清盛、究極の女性!! [函館 Glass Life]
東へ向かった源義朝と西へ向かった平清盛、東国の源氏、西国の平氏 として中央での覇権を得るためいよいよ動き始めたようです 義朝が東国へ行ったのは事実のようですが、清盛と父・忠盛が海 賊征伐に行ったというのは考え辛いですね おそらく名代として誰かを派遣し在...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第6話「西海の海賊王」 [英の放電日記]
 登場したのは、ジョニー・デップではなく、加藤浩次だった。  しかも、『パイレーツ・オブ・カリビアン』ならぬ『ワンピース』(海賊王)であった。 因縁の対決であったが  海賊の棟梁の兎丸(加藤浩次)は、かつて忠盛(中井貴一)が盗伐した朧月の息子だった。清盛...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第6回「西海の海賊王」 [よくばりアンテナ]
いやぁ〜〜パイレーツ・オブ・瀬戸内海なかなか良かったですねぇ 実際に海で予算かけてロケしたとあって、 迫力もありましたし、 役者さんたちの意気込みも感じられるワクワクする内容でした(*^_^*) ...... [続きを読む]

» 「平清盛」第6話。 [Flour of Life]
「平清盛」第6話を見ました。サブタイトルは「西海の海賊王」。はいワン○ースですねわかります(棒読み) [続きを読む]

» 平清盛 第6回「西海の海賊王」 [みはいる・BのB]
今週も『平清盛』のお時間です。(^-^) あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 『平清盛』第6回 [悠雅的生活]
〜西海の海賊王〜 [続きを読む]

» 新たなる仲間 〜平清盛・西海の海賊王感想〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
いよいよ海賊と闘うことになった清盛。 が、敵は意外に手ごわい。 そして清盛は高階通憲と、単身宋へ行くために船に乗り込む・・・。 通憲は学者でありながら出世できぬ・・・と言っていたようだが。 実...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男6初陣は敗走で終わるも兎丸との一騎打ちに勝利し海賊たちを家臣に引き入れた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第6話は海賊退治に向かった忠盛らは海賊たちの勢力の大きさに驚き、清盛は怯んだばかりに盛康を負傷させてしまい初陣を飾れなかった。その頃義朝は熱田で盗 ... [続きを読む]

» 平清盛 #6 西海の海賊王 [シフォンなキモチ]
「海賊王に俺はなる!」 厳密には、ちょっとニュアンス違ってますけどもw 今回、ワンピース回でした!少年ジャンプ王道回!! 死力を尽くした戦いの後に良き仲間になる・・・って、まんまやんっっ いや、凄く好きですけど。こういうのw 先週出てきたでっかい海賊船。これって唐船(からふね)だったそうで。しかも、清盛をかばって乳人の... [続きを読む]

» 平清盛【第6回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
西海の海賊王  「おれは海賊王になるぞ~~~~~っ!!!」by平清盛(松山ケンイチ)。ついでに兎丸(加藤浩二)。 ぽか~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん…。なんなんだこれ…。なんなんだこれ…。なんなんだ??これはっ!!!お前は「ワンピース」のルフィかっつ~のっ!!!おそらく視聴者の約8割はこうつっこんだに違いないわ。なんなのこれ…。ホントになんなんですかっ!!! こんなセリフ入れなきゃいいのに…。こんなセリフがなきゃ、ギリギリ見ていられるレベル…、いや…、今回は確かに海賊討伐でアクションシー... [続きを読む]

« ホイットニー・ヒューストンさん、急死 | トップページ | 【カーネーション】110回(2/13)「受賞の明暗」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31