無料ブログはココログ

« 冬ドラマ視聴率一覧と最終回日程(2012年1~3月期) | トップページ | 【カーネーション】第134回「階段落ち」 »

2012年3月12日 (月)

【平清盛】第10回感想と視聴率「義清散る」

第10回の視聴率は、前回の13.4%より上がって、14.7%(関東地区)でした。

上がって良かったです♪(^^)

「義清散る」の散るは、命ではなく、髪の毛でしたね(笑)

一緒に、桜の花びらも散っていました。

時世の句みたいに歌を詠んで、切腹するかのようでしたが、髻(もとどり)を切り落としました。

「身を捨つる 人はまことに 捨つるかは 捨てぬ人こそ 捨つるなりけれ」

と、詠んだ後で、「今はこれまで」と言い、髪を切りました。

歌の意味、全然、分かりません(^^;)

出家して西行になるのは知っていましたが、こういう理由とは・・・(汗)

残された奥さんと娘さんはどうなるのでしょうか?

ちょっと、お気の毒でした(^^;)

映像は桜が舞い、綺麗でした♪(^^)

 

そこへ到るまでを振り返ります。

義清は、待賢門院璋子様を本気で好きになってしまったようです。

「待賢門院様をお救いしたい」と言いながら、自分の方が惚れてしまったようです。

今までいとしい気持ちを知らなかったのは、義清自身の方でした。

怪しいと思った堀河局が偽の文を出して、義清を呼び寄せ、璋子様にもう会うなと釘を刺しました。

でも、義清は気持ちを止められず・・・

鳥羽院が水仙見物にいった留守に、待賢門院璋子様の元を訪れました。

けれども、璋子様は義清を拒否。

彼女は菊に植え替えられてしまった庭の片隅に水仙を見つけて喜びました。

もう菊のない時期です。

璋子「まだ、咲いておったのじゃな、ここに」と嬉しそう♪

義清「許さぬ。許さぬ。何故、分かって下さらぬのですか?

 あなたをお救いできるのは私しかおらぬのに、

 何故、私ではなく、あのようにむごい方をいとしく思われるのですか?」

そう言いながら、璋子の首を絞めました。

水仙だから、鳥羽院を好きだと分かり、嫉妬したのでしょう。

この庭はかつて、鳥羽院が庭の水仙を自ら手折って璋子に持って来てくれたという思い出の庭です。

水仙は璋子にとって鳥羽院の愛の証のように大切に思えたのでしょうね♪(^^)

同じ頃、別の場所で鳥羽院も水仙見物をしていました。

きっと本当は鳥羽院も璋子が好きなのでしょう♪(^^)

義清「手に入れたい。手に入らぬなら奪いたい。奪えぬなら殺したい」

その言葉は、王家の乱れた、人をいとしく思う気持ちを説明する時、出てきたのですが、義清自身も「奪えぬなら殺したい」と思っているようでした。

義清、モテ男なのに、そんな怖い人とは、ちょっとがっかりでした。

殺そうとしたところを清盛が止めましたが、清盛が義清を連れて帰るところを、藤原頼長が見てしまいました。

堀河局も知り、鳥羽院に何があったのか聞かれましたが、喋りませんでした。

でも、義清をこころよく思っていなかった頼長が、その件を調べ、鳥羽院に報告しようと義清を院の前で問いただしました。

でも、鳥羽院は・・・

遅れて来た璋子に言いました。

鳥羽「そなたがどこで何をしようと、もはや私の心には さざなみ一つ立たぬゆえ」

鳥羽院は、義清を責めず、去りました。

これって、かなり璋子様はショックだったでしょう。。。

 

鳥羽院は、愛しいゆえ突き放すのだと、義清は分析し、清盛に言いました。

そんなものですかね?(^^;)

罪に問われませんでしたが、義清は出家を決意し、清盛に告げました。

義清「院がお許しになったのは、いまだ待賢門院様をいとしく思うておる故だ。

 いとしい故、突き放すのだ。

 王家の乱れの種は、手に入れたい。手に入らぬなら奪いたい。奪えぬなら殺したい。

 そんなどす黒い、醜い思いが渦巻いて、そこに人を・・・やがては国を巻き込んでいくのだ」

清盛「さればこそ、俺達、武士が・・・」

義清「矢は、的の中央に当たるが最も美しく、

 歌は、そこにふさわしき言葉が選ばれ、見事に組み合わされた時こそ最も美しい。

 いかなる世においても美しく生きる事が私の志だ。

 私には醜さにまみれて生きる覚悟などない」

清盛「義清・・・たわけた事を、たわけた事を・・・」と言いながら殴る。

清盛「さような事で逃げるなど、おまえらしゅうない!

 俺の知っている義清は、そんな情けない男じゃないぞ!

 聞いておるのか、義清!」と殴る。

義清、傷だらけで・・・

たった一人の友だから、おまえに見届けて欲しいと言いました。

義清「佐藤義清、一世一代の我が儘を」

そして、前述の歌を詠んで、髻(もとどり)を切り落としました。

桜の舞い散る中を歩いて行きました。

ちょっと暗かったですが、綺麗なラストシーンでした♪

語り「京随一のもののふといわれた佐藤義清は、こうして乱世の舞台に立つことなく、世捨て人となった」

  

佐藤義清が保延6年(1140年)、23歳で出家し、西行となった理由はいろいろな説があるようですが、Wikiによると、出家の理由の一つに高貴な人との失恋説もあるようです。

 

・『源平盛衰記』に、高貴な上臈女房と逢瀬をもったが「あこぎ」の歌を詠みかけられて失恋したとある。

・近世初期成立の『西行の物かたり』には、御簾の間から垣間見えた女院の姿に恋をして苦悩から死にそうになり、女院が情けをかけて一度だけ逢ったが、「あこぎ」と言われて出家したとある。この女院は、西行出家の時期以前のこととすれば、白河院の愛妾にして鳥羽院の中宮であった待賢門院璋子であると考えられる。

 

そう書かれているので、これもその説に準拠していそうですね。

尚、義清は、出家後は心のおもむくまま諸所に草庵をいとなみ、しばしば諸国をめぐり漂泊の旅に出て、多くの和歌を残したそうです。

73歳まで生きました。

当時としては、かなりの長生きでしょう。

 

前回より、水仙と菊で、気持ちを表わしていたのは良かったです♪

その他の話は簡単に(^^;)

得子は、わが子・躰仁(なりひと)を東宮(次の帝)に立てようと考えましたが、身分が低いからと反対する人が多いと鳥羽院に遠回しに断られてしまいました。

それで、得子は崇徳天皇の中宮・聖子(きよこ)の父である関白・藤原忠通に接近し、躰仁を聖子の養子とすることを認めさせました。

保延5年(1139年)8月17日、生後僅か3月で、躰仁は、得子の思惑通り、東宮と決まりました。

 

同じ年12月27日、雅仁親王(松田翔太)、元服。

元服しても奇行を繰り返すとのことでしたが、元服時の歌と踊り、雅で素敵でした♪(^^)

よくよく めでたく 舞ふものは~

これは今様でしょうか?(^^)

今で言うと、ハードロックみたいなものでしょうか?

 

得子と雅仁親王が廊下ですれ違い、おめでとうと言い合った後、売り言葉に買い言葉で、悪口の言い合いになってしまいました。

雅仁「得子様もおめでとうござりまする。

  諸大夫の娘が先の院の寵愛を受けた我が母を蹴落とし、国母となる日も近うござりまするな」

得子「相変わらず、お見事にござりますな、雅仁様。

 誰に何を申せば、最も心が乱れるかよう、知っておいでじゃ。

 そのねじくれ曲がったご性分、とても院のお子とは思えません。

 むしろ、先の院に似ておいでじゃ。

 もしや、そなた、先の院のお子なのではござりませぬか?

 帝が院に疎まれしお子ならば、そなたは院にとっていらざるお子。

 生まれてこずとも何のさわりもなかった皇子ということ」

そこへ、璋子が来て、この子はまごうことなく院の子なので取り消してくださりませと、詰め寄りました。

璋子「取り消してくださりませ!」と何度も詰め寄りましたが、得子は取り消しませんでした。

余計に、璋子の立場は悪くなってしまいました。

でも、ちゃんと自分を守ろうとしてくれて、雅仁親王は少し嬉しかったでしょうね。

ねじくれた性分は、鳥羽院に似ているのではないかと思います(笑)

益々、追い詰められて気の毒な璋子様と、彼女に人生を惑わされてしまったかのような結末になってしまった義清の愛と美を求めた人生でした。

 

次回は、「もののけの涙」。

明子の死でしょうか?

心配です。。。 

 

【第10回粗筋】 (Yahooテレビより)

うたげ以来、傷ついた待賢門院(檀れい)に接近した義清(藤木直人)であったが、義清と男女関係にある堀河局(りょう)は、あまりにも身分違いの恋は身の破滅を招くと義清に警告する。そんな折、待賢門院は息子・雅仁親王(松田翔太)をめぐって得子(松雪泰子)とつかみ合いのケンカをしてしまう。待賢門院の身を案じた義清は、その夜忍んでいくが、待賢門院の心が実は鳥羽(三上博史)にあることを知り...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%

 

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 冬ドラマ視聴率一覧と最終回日程(2012年1~3月期) | トップページ | 【カーネーション】第134回「階段落ち」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

)身を捨つる…

の歌は 捨てぬ人こそ捨てるなりけり。で、

すなわち道を究めようと出家する自分よりも、のんべんだらりとお茶しながらtv大河ドラマを見ている私やショコラさんのような俗世の横着な人間の方が、むしろ世を捨てているのだ、という意味でしょうかね。

彼の、強烈な自意識かも?です。 西行は仏教の修行と歌道の完成を同時に求め、ひょっとしたら「恋」もしていた人で、いずれにせよ、普通の坊さんではありませんね。
それにしても たまちゃんの首を絞め、子供を蹴倒したのは感心しません。危うくストーカー殺人するところでした。崇徳帝への同情から始まっはずなのに。気の毒な帝はどこにいったの?

だから堀河局に手を出すのはマズいと言ってたんです。橋渡しして貰わなきゃいけないのに。彼女、完全に怒ってましたよね。(ノ-"-)ノ~┻━┻

水仙のエピソードもそうですが、鳥羽院はむしろ待賢門院の体面を重んばかって、義清の罪を問わなかったと思えますね。言葉と心は全然違って、前回、狼藉の報を聞いた時には、鳥羽院の顔は青ざめ、狼狽しきってましたもの。

たまちゃんを救ったのは義清ではなくて、憎っくき鳥羽院の方だったのですね。これでは義清の自意識もプライドもズタズタになりますよ。

なかなか、これ、視聴者は気がつかないのでは、と思います。

このドラマ、堀河の「乱れて今朝は…」の歌からネコの動きまで、微妙に位置を変え、伏線を張り巡らしていて、視聴者の注意力と記憶力が試されるところがあります。

主役パートを除き、表現意欲は極めて高いのですが、さて、効果としては?どうでしょう。評価が別れるかもしれませんね。
複雑なのはいいですが、主役の所でストーリーをまとめる、求心力が無いと言うべきかな。

>レッドバロンさんへ
お返事、遅くなってしまって、すみませんm(__)m

出家時の歌の説明、ありがとうございます♪(^^)
確かに、自意識過剰かもしれませんね(^^;)

>それにしても たまちゃんの首を絞め、子供を蹴倒したのは感心しません。危うくストーカー殺人するところでした。崇徳帝への同情から始まっはずなのに。気の毒な帝はどこにいったの?

本当にストーカー殺人未遂みたいでしたね(汗)
カッコ悪かったです(汗)
子供を蹴落としたのは、『西行物語絵巻』に載っている逸話だそうです。
でも、本当の事かどうか分かりません。
心から愛しいと思いながらも、これこそ俗世への煩悩であると考えた義清は、娘を縁側から蹴り落としたということですが、ちょっとオーバーですよね(汗)
最後の最後で、ボロボロに義清がカッコ悪くなってしまったみたいで残念でした。

>主役パートを除き、表現意欲は極めて高いのですが、さて、効果としては?どうでしょう。評価が別れるかもしれませんね。
>複雑なのはいいですが、主役の所でストーリーをまとめる、求心力が無いと言うべきかな。

今回は、主役は義清のようで、清盛は目立ちませんでした。
でも、出家の止め方は普通で、目障りになっていなかったので、まあまあだったのではないでしょうか?(^^)
来週は明子の死で、今度こそ、清盛が主役になりそうですね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54204263

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第10回感想と視聴率「義清散る」:

» 【平清盛】第10回感想と視聴率「義清散る」 [ショコラの日記帳]
第10回の視聴率は、前回の13.4%より上がって、14.7%(関東地区)でした。上がって良かったです♪(^^)「義清散る」の散るは、命ではなく、髪の毛でしたね(笑)一緒に、桜の... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第10回 [日々“是”精進! ver.A]
佐藤義清、出家… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203110004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 5869 Amazonで詳しく見る b... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第10回 [日々“是”精進!]
  第十回「義清散る」自らの罪深さに気づいた待賢門院に接近した佐藤義清であったが、堀河局は義清にその強い感情は、いずれ身の破滅を招く、と警告する。清盛も長年の友である義... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.10義清散る [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第10回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
「義清散る」感想です。得子さんが自分の息子を東宮にしようと頑張ります。得子さんvs雅仁さん、今後もあるでしょうね。 ここはなかなかお互い言いますよね。雅仁さんのお召し物な... [続きを読む]

» 『平清盛』 第10回「義清、散る」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ美福門院得子は、生まれたばかりの子を東宮に立て、はやくも次の帝への第1歩としました。公卿たちの難色があると聞けば、関白の藤原忠道に話して、その娘で中宮の養子とする策で対応。清盛は義清と弓の稽古をしながら、世の矛盾を語ります。その義清を、内大臣の頼長は問題視していました。ある日、義清のもとに待賢門院から誘いの文が。しかし、邸内の帳でまっていたのは、堀河局でした。かつて義清とひそかに逢瀬をかさねた局は、その内面を知っているようす。「私は門院さまを愛しく思うゆえ、お救いしたいの... [続きを読む]

» 勝負は熱くなった方が負け [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
面白い楽しいさすがポジティブな内容を含んだ書き込みが1万2300件暗い荒いがっかりネガティブな内容を含んだ書き込みは4500件2月9~29日の3週間で、5万件 ツイッタ... [続きを読む]

» 勝負は熱くなった方が負け [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
面白い楽しいさすがポジティブな内容を含んだ書き込みが1万2300件暗い荒いがっか [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第10話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
お救いしとうございます----------。義清の言葉にほだされたか、璋子は翌日歌を詠む。「乱れて今朝はものをこそ思へ」なんだか璋子さまめちゃ嬉しそうだ♪さて、ようやく男子を産んだ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第10話 あらすじ感想「義清散る」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
お救いしとうございます----------。 義清の言葉にほだされたか、璋子は翌日歌を詠む。 「みだれて今朝はものをこそ思へ」 なんだか璋子さまめちゃ嬉しそうだ♪ さて、ようやく男子を産んだ得子は、今度は息子を東宮にすべく奔走。 どうやら鳥羽院曰く、息子が...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男10義清の乱心を清盛が止めるも待賢門院は鳥羽院を忘れられず義清は武士を捨て出家を決意した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第10話は待賢門院に接近した義清は自らならぬ関係である事を知りながら待賢門院に恋をしてしまった。そんな義清を清盛は案じるが聞く耳を持たない。そんな ... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #10 義清、散る [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
禁断の果実を手にしてしまった佐藤義清。 大きな波を立てて行く。 [続きを読む]

» 平清盛 第10回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/松田翔太/藤木直人/玉木宏/加藤あい/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/山本耕史/加藤浩次/松雪泰子/阿部サダヲ/小日向文世 第10回 「義清散る」14.7...... [続きを読む]

» 【平清盛】第10回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
うたげ以来、傷ついた待賢門院(檀れい)に接近した義清(藤木直人)であったが、 義清と男女関係にある堀河局(りょう)は、あまりにも身分違いの恋は身の破滅を 招くと義清に警告する。 そんな折、待...... [続きを読む]

» 平清盛 第10話「義清散る」 [坂の上のサインボード]
 のちに歌人・西行となる佐藤義清は平清盛と同じ元永元年(1118年)生まれ。祖先は平将門の乱で活躍した藤原秀郷(俵藤太)という武門の家で、代々朝廷に仕え、紀伊田仲荘の預所を務める裕福な家に義清は生まれた。幼い頃に死別した父の後を継いで18歳で兵衛尉(ひょうえのじょう、皇室の警護兵)の官職を得た義清は、清盛と同時期に鳥羽院(第74代天皇)の「北面の武士」に任命された。武芸は弓や乗馬が得意で、流鏑馬の達人だったという。また、公家社会の社交スポーツである蹴鞠の名手だったといい、その傍ら、和歌を能くし、有職... [続きを読む]

» 「平清盛」 第10回、義清散る [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第10回、義清散る。 今回は佐藤義清の話。 義清散る!って、死んだみたいだけど死にません ^ ^; [続きを読む]

» 平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ [新ドラマQ]
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日~ [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...... [続きを読む]

» 平清盛【第10回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
義清散る  「出家する。院が私をお許しになったのは、いまだ、待賢門院様を、愛しく思うておるゆえだ。愛しいゆえ…、突き放すのだ…。王家の乱れの種は、人が、人を愛しく思う気持ち…。手に入れたい…。手に入らぬなら、奪いたい…。奪えぬなら、殺したい…。そんなどす黒い、醜い思いが渦巻いて、そこに人…、やがては、国を巻き込んでいくのだ。矢は、的の中央に当たるが最も美しく、歌は、そこにふさわしき言葉が選ばれ、見事に組み合わされたときこそ、最も美しい。いかなる世においても、美しく生きることが、私の志だ。私には、醜... [続きを読む]

« 冬ドラマ視聴率一覧と最終回日程(2012年1~3月期) | トップページ | 【カーネーション】第134回「階段落ち」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31