無料ブログはココログ

« (ネタバレ)【カーネーション】第25週日別粗筋(3/19~3/24) | トップページ | 【カーネーション】第140回&ヒロインバトンタッチ尾野→堀北 »

2012年3月18日 (日)

【平清盛】第11回感想と視聴率最低「もののけの涙」

第11回の視聴率は、前回の14.7%より下がり、13.2%でした。

このドラマの最低視聴率です(汗)

裏の『世界の果てまでイッテQ!春の珍獣祭りSP』(17.6%)に食われてしまったかもしれません(汗)

次回は、璋子様の死や、清盛と時子との結婚、義朝と由良姫の結婚など内容盛り沢山(下記アフィリのガイドブックより)のようなので、V字回復期待しています♪ (ネタバレなので、リバース表示しています)

   

今回、久々に時子が登場しました♪

そして、絶世の美女で、後に、後白河上皇(雅仁親王)の后になる時子の妹・滋子(しげこ)も登場しました♪

まだまだ子供で、絶世の美女とは分かりませんでした(^^;)

って言うか、滋子は1142年生まれなので、崇徳帝が躰仁に譲位した永治元年(1141年)には、まだ生まれてません(汗)

その後、永治2年(1142年)正月の平家の様子が出ましたが、この時から明子が亡くなるまで、何年経ったのでしょう?(^^;)

時子は、1147年に清盛の息子を生みましたが、その時でも滋子は5歳です(^^;)

    

明子さん、優しくていい人ですね♪

その優しさが仇になって、道で倒れた人を助けようとして疫病をうつされてしまいました。

清盛は愛妻の看病どころか、近づく事も許されず・・・

治す薬がないとの事なので、僧侶達を沢山呼んで祈祷させましたが、よくならず、陰陽師を呼べと盛国に言いましたが・・・

亡くなってしまいました。

不安な子供達の世話を時子がしたりして、協力。

何気に清盛と近づきましたね。

今回は、久々に再会した時子と、以前会った事をすっかり忘れていた清盛でしたが、次回は急接近でしょうか?

次回は、時子の弟・時忠役で、森田剛さんも登場するそうです。

 

崇徳帝、バカですね(^^;)

あんな得子の策略に簡単に騙されるなんて(汗)

得子は鳥羽院の傍女なんだから、鳥羽院が失脚するような策を崇徳帝に提案するはずないのに(^^;)

でも、史実も、本当に騙されてしまったようなので、仕方ないですね(^^;)

折角、保延6年(1140年)、崇徳帝に、待望の皇子・重仁(しげひと)親王が生まれたのに、翌年、以前、養子にしてしまった得子と鳥羽院の皇子、躰仁(なりひと)に譲位してしまいました。

崇徳帝は、重仁に譲位したかったのですが、重仁は、聖子の子ではありませんでした。

そのため、重仁に譲位すると、聖子の父の関白・忠通が気を悪くするだろうと得子が言い、聖子の養子になった躰仁に譲位して、崇徳帝は上皇になって実権を握ればいいと言いました。

そこまで関白に気を遣うことないのに(汗)

でも、譲位の儀式での宣命は、皇太弟(こうたいてい)に位を譲ると読み上げられたので、崇徳帝は愕然としました。

崇徳帝「弟でなく、子として躰仁に譲位したのじゃ!

 弟に譲ったのでは、上皇として政ができぬ」

 

まんまと得子の計略に嵌まってしまったのでした(汗)

こうして、折角、皇子が生まれたのに、躰仁に譲位してしまい、躰仁は近衛帝となり、出家して法王となった鳥羽院が引き続き、政を行いました。

 

盛国は明子の尽力で結婚しました。

漁師の出身だということを気にしていましたが、明子が気遣って、うまく説得してくれました。

待賢門院璋子様は、得子の策略で、呪詛したと言いがかりをつけられてしまい・・・

堀河局らとともに仏門に入りました。

堀河局は得子の策略だと悔しがりましたが、璋子様は悔しがるどころか救ってくれたと喜んで出家しました(汗)

義清の出家にも責任を感じていたようです(^^;)

本当に、いい人というか、相変わらず、常人離れしていて、好きです♪(^^)

出家してしまった璋子様、今までの暮らしと変わってしまいますが、どうでしょうか?

心配です。(もう過去の人ですが)(^^;)

 

【第11回粗筋】 (Yahooより)

得子(松雪泰子)の策略に陥れられた崇徳帝(井浦新)は、得子の子・近衛帝に、みかどの座を譲ってしまう。一方、清盛(松山ケンイチ)は最愛の妻・明子(加藤あい)と子どもたちと共に、幸せな日々を送っていたが、明子が物乞いを助けたことで流行り病にかかり、死の床についてしまう。祈とう師たちを呼び、なんとか明子を助けようとする清盛だったが...。そして、駆けつけた忠盛(中井貴一)の目に映ったものとは...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%

 

公式HP・次回粗筋

  


【送料無料】 平清盛 NHK大河ドラマ・ストーリー(前編)

  

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« (ネタバレ)【カーネーション】第25週日別粗筋(3/19~3/24) | トップページ | 【カーネーション】第140回&ヒロインバトンタッチ尾野→堀北 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

待賢門院たまちゃん、だいぶ人間らしい感情が判るようになってきましたが、浮き世離れしたキャラは一貫してます。得子さんとの愛憎劇の終局、上手に出来てましたね。

出家後のたまちゃんと堀河さんの住むお寺に、西行法師が訪ねて行ってほしいものです。期待しております。

皇子が生まれて、俄然自信を持った崇徳帝。逆襲に転じますが、忽ち得子の陰謀で返り討ちに。coldsweats02たまちゃんの息子さんだから、しょうがないですか。

いかにも儚げな明子さんが一人浄土へと旅立ってしまいました。短い期間でしたけど、ご苦労様でした。しかし、主役が足を引っ張って、あんまり悲しくなかったですね。

バッチくて、騒々しいだけの清盛に、何の存在感もないです。退屈を通り越して、見るのが苦痛になってきました。

全体をまとめる主役パートがこれでは。視聴率ダウンも当然かと思われます。

>レッドバロンさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみません。

>待賢門院たまちゃん、だいぶ人間らしい感情が判るようになってきましたが、浮き世離れしたキャラは一貫してます。得子さんとの愛憎劇の終局、上手に出来てましたね。

そうですね。
得子の怖さが今回、うまく出ていて、たまちゃんの浮世離れした魅力を最大限に引き出してくれました。
ここの女の戦いの愛憎劇ドラマは良かったですね(^^)

>出家後のたまちゃんと堀河さんの住むお寺に、西行法師が訪ねて行ってほしいものです。期待しております。

う~ん、西行、どうでしょうね?(汗)
それより、たまちゃんの愛する鳥羽院が訪れた方が喜ぶと思います♪(^^)

>いかにも儚げな明子さんが一人浄土へと旅立ってしまいました。短い期間でしたけど、ご苦労様でした。しかし、主役が足を引っ張って、あんまり悲しくなかったですね。

清盛、妻を心配するのはいいですが、浅はかだし、僧侶に八つ当たりして足蹴にしたり、却って興ざめでしたね(汗)
あれで「もののけ」と白河院と結びつけるなんて、脚本家、センス、イマイチだと思ってしまいました(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54254188

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第11回感想と視聴率最低「もののけの涙」 :

» 【平清盛】第11回感想と視聴率「もののけの... [ショコラの日記帳]
【第11回の視聴率は3/19(月)追加予定】久々に時子が登場♪そして、絶世の美女で、後に、後白河上皇(雅仁親王)の后になる時子の妹・滋子(しげこ)も登場しました♪まだまだ子供で... [続きを読む]

» 平清盛 第11回「もののけの涙」・・・ [人斬り藤次郎の雄叫び]
いつ以来だろ?でしゃばらず、控えめな良妻賢母の奥様パターン??すんごく懐かしいような感じがした明子@加藤あい。いまどき、こういう奥様は流行らないのかもしれんけど、やっぱりいいんだろうなって思う。 変わって出てくるのは深田恭子@時子。キャスト間違えてな…... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.11もののけの涙 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第11話 感想「もののけの涙」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、得子(松雪泰子)は自分の息子を天皇にして国母になる野心にギラギラ燃えます。おかげで、頼長の出番がなくなりますが、平忠正(豊原功補)もネチネチと清盛(松山ケンイチ)をイビることすら忘れてしまいます。 誰一人ネチらないのも慙愧にたえませんが、崇徳天皇(井浦新)が鳥羽上皇(三上博史)に宣戦布告するなど、王家の権力争いは激化します。 得子は関白・藤原忠通(堀部圭亮)に「面白くも何ともない男よのう」と辛辣な言葉を投げつけますが、海外ドラマならキャラが立ってないのは致命的であり、途中で自然消滅... [続きを読む]

» 「平清盛」第11話。 [Flour of Life]
「平清盛」第11話の感想です。そろそろ宮中の昼ドラ展開にも限界が見えてきた気が… [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第11回 [日々“是”精進! ver.A]
明子、死去… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203180004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 5779 Amazonで詳しく見る by G-... [続きを読む]

» 明子、逝く/平清盛 第十一回『もののけの涙』 [(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート]
トップ>平清盛>明子、逝く/平清盛 第十一回『もののけの涙』 平清盛 第十一回『もののけの涙』 ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「そなたは、まこと琵琶のようなおなごじゃ」 (平清盛) 【あらすじ】 1140(保延6)年、崇徳帝に待望の第一子・... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第11回「もののけの涙」 [よくばりアンテナ]
うーん。。。このサブタイトルの「もののけの涙」は ちょいとぴったりこない感じがする。 それというのも、 ラストに明子が疫病で苦しみ、看病も許されず、息を引き取ったことで 清盛の悲しみは深く、 祈...... [続きを読む]

» 【平清盛】第11回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
得子(松雪泰子)の策略に陥れられた崇徳帝(井浦新)は、得子の子・近衛帝に、 みかどの座を譲ってしまう。 一方、清盛(松山ケンイチ)は最愛の妻・明子(加藤あい)と子どもたちと共に、 幸せな日々を...... [続きを読む]

» 平清盛 第11回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
お~~、崇徳帝にお子様誕生‥‥ これは間違いなく争いのもとに‥‥‥!!と思ったらば得子さん、さすがでございました(^^;)崇徳帝に会いに行き、何とか自分の子の方を帝にと約束を... [続きを読む]

» 平清盛 第11回「もののけの涙」〜清盛と明子が見た景色 [平成エンタメ研究所]
 ラストのナレーションが気になった。  「父・忠盛は清盛の中にある白河法皇のもののけの血を見たのでした」といった感じのナレーション。  清盛(松山ケンイチ)は膨大なエネルギーの持ち主である。  そのエネルギーをプラスのことに使うか、マイナスなことに使うか...... [続きを読む]

» 平清盛 第11回 もののけの涙 [レベル999のgoo部屋]
『もののけの涙』 内容 ついに得子(松雪泰子)は、わが子・躰仁を皇太子とすることに成功する。 そんな折、得子により挑発され動揺する璋子(檀れい) その璋子の想いに触れ義清(藤木直人)は、 清盛(松山ケンイチ)が止めるにもかかわらず、出家してしまうのだった。...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第11回「もののけの涙」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ崇徳帝の内裏によばれた清盛は、義清が出家したわけを聞かれます。清盛は、義清が残した歌をよみ、まつりごとの批判までしました。帝は、「朕のせいと申すか」と不快になりますが、清盛は「それがしも白河院の血をうけた者。しかし、それにしばられず面白く生きまする」と断言したのでした。その後、帝に待望の皇子が生まれました。これが重仁親王です。この皇子に天皇の地位をゆずりたいと考える帝は、院に申し入れをしました。が、その申し出を利用せんと企む得子に、うまく言いくるめられることになります。永... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #11 もののけの涙 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
もののけ…とは… [続きを読む]

» 平清盛 第11回「もののけの涙」 [みはいる・BのB]
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・ [続きを読む]

» 「平清盛」 第11回、もののけの涙 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第11回、もののけの涙。 良妻・明子を失った清盛の涙。 取り乱した清盛にもののけの血を感じる!? [続きを読む]

» 平清盛 第11回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/深田恭子/上川隆也/玉木宏/加藤あい/田中麗奈/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/加藤浩次/松雪泰子/小日向文世/和久井映見 第11回 「もののけの涙」 13.2% ...... [続きを読む]

» 妻の死 ~平清盛・もののけの涙感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
琵琶を奏でながら平家をいやしてきた、明子。 疫病にかかり、なくなることになる。 明子という名はフィクションであり、実際の記録は、高階元章の娘とあるだけで、具体的な名前は記されていない。 平重盛...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第11話「もののけの涙」 [shaberiba]
「虐げられていた帝がはじめて牙をむかれたのだ 受けて立ってさしあげねば----!! 待望の皇子が誕生し「帝の座は我が子に---!」 はじめて野心を見せた崇徳天皇に牙をむく得子--!! なんと彼を欺き、...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第11話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
義清の出家--------。人が人を愛おしく思うことの罪深さを知った故の出家。崇徳帝も悲しんだこの出家のおかげで、なんだか本末転倒な形になってしまい、崇徳帝を救うために璋子に近づ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第11話 あらすじ感想「もののけの涙」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
義清の出家--------。 人が人を愛おしく思うことの罪深さを知った故の出家。 崇徳帝も悲しんだこの出家のおかげで、なんだか本末転倒な形になってしまい、崇徳帝を救うために璋子に近づいたのに、すっかり主旨が変わってるし(^^;) 義清が最後に詠んだ歌を携...... [続きを読む]

» もっと元気にしちゃおうか! [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「それぞれがそれぞれの色を出し互いに足りないものを補い合うこれこそ平氏一門が追い求める姿じゃ」平安臭っ!「上手いこと言われ過ぎでござりまするぞ」家貞、太鼓持ち過ぎ平清盛... [続きを読む]

» もっと元気にしちゃおうか! [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「それぞれがそれぞれの色を出し互いに足りないものを補い合うこれこそ平氏一門が追い [続きを読む]

» 『平清盛』 第11話「もののけの涙」 [英の放電日記]
 タイトルの「もののけの涙」、得子(松雪泰子)のどろどろの権力欲、白河法皇の血をひく平清盛(松山ケンイチ)と崇徳天皇(井浦新)の対比……この脚本家(制作サイド)は、こういった宮廷のドロドロ劇場を描きたいらしい。  主人公サイドの清盛の妻・明子(加藤あい)...... [続きを読む]

» 平清盛、崇徳帝の反撃!! [函館 Glass Life]
虐げられていた崇徳帝が遂に反撃に出ました 崇徳帝による院政の可能性もあったのですが、政治力では 上手の得子にまんまと騙されてしまった崇徳帝 宣旨には養子であるはずの躰仁親王を皇太弟とhellip; 食うか食われるかの中で敵対する側の話を鵜呑みにすると は...... [続きを読む]

» 平清盛 第11話「もののけの涙」 [坂の上のサインボード]
 平清盛の最初の妻については、高階基章という廷臣の娘だったということと、長男・平重盛、次男・平基盛の二人の男子を産んだということ以外は何もわかっていない。したがって今話の彼女に関するストーリーは全て創作である。重盛が生まれたのは保延4年(1138年)、基盛が生まれたのは保延5年(1139年)とされており、清盛の2番目の妻となる時子が三男・平宗盛を生むのが8年後の久安3年(1147年)のことなので、おそらくはこの間に何らかの理由で死別したものと思われる。清盛と最初の妻との結婚は身分違いの“格差婚”で、... [続きを読む]

» 平清盛 #11「もののけの涙」 [昼寝の時間]
公式サイト 崇徳帝に待望の皇子、重仁親王が誕生しました。母親の身分は低いとはいえ [続きを読む]

« (ネタバレ)【カーネーション】第25週日別粗筋(3/19~3/24) | トップページ | 【カーネーション】第140回&ヒロインバトンタッチ尾野→堀北 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30