無料ブログはココログ

« (ネタバレ)【カーネーション】最終週(26週)日別粗筋(3/26~3/31) | トップページ | 【カーネーション】第146回(3/26)「老人ホーム」 »

2012年3月25日 (日)

【平清盛】第12回感想と視聴率「宿命の再会」

第12回の視聴率は、前回の13.2%より更に下がってしまい、12.6%でした。

最低視聴率を更新してしまいました。

大河ドラマの視聴率が12%台まで落ち込んだのは、2003年の「武蔵」以来、9年ぶりだそうです。

裏の「スーパーがんばった大賞!4時間SP」(15.2%)、「シルシルミシルさんデー特盛版2時間SP」(14.5%)、野球の「巨人×アスレチックス」(11.3%)が影響したかもしれません。

   

今回は清盛と義朝が対比されて描かれました。

水仙探しは、清盛の完敗ですね(汗)

時子の弟の平時忠(森田剛)、こんな人とは(^^;)

清盛、雅仁親王、時忠と、このドラマは博打好きが多いですね(汗)

時忠が清盛に、姉を後添えに迎えて欲しいと言い、時子に殴られました(^^;)

璋子様の臨終の際の水仙を使った鳥羽院とのやりとりは感動的でした。

水仙は以前から2人の愛の象徴のように出て来て、効果的ですね♪(^^)

出家してから病気になってしまった待賢門院璋子を見舞うために、鳥羽法皇は庭で水仙を探しましたがなく、武士など皆に水仙を探すよう命じました。

清盛は、最初は、明子の死は鳥羽院の悪政のせいだと思って、探すことすら嫌がりました。

でも、弟の家盛が平家一門のために、愛しい人と別れて名ある家の娘・秀子と結婚したという話を聞いて、捜しに行きました。

清盛が懸命に捜しているシーンだけ写りましたが、きっと他の平氏の人も皆、捜したでしょうね。

 

でも、義朝はもっと頭を使いました。

鳥羽院が水仙を探しているという事を尾張で知り、陸奥の山奥なら遅咲きの水仙が咲いているかもしれないと思い、すぐに早馬を出し、東国の家来達に捜させたそうです。

さすがですね♪(^^)

しっかり水仙を獲得して、鳥羽院に献上しました。

その途中の道中で会った清盛は羨ましそうでした(^^;)

 

その水仙を持って、鳥羽法皇は璋子を見舞いました。

このシーン、感動的だったです(^^)

今まですれ違っていた2人の心がようやく素直になれました。

鳥羽「璋子! 璋子、しっかりせい!」と、璋子を起こし、水仙を握らせ、頬を摺り寄せました。

でも、侍従達が来て、病人に近づかないようにと鳥羽院を部屋の外に出し、戸を閉めました。

璋子「法皇様・・・」

鳥羽院「璋子・・・」と戸にすがり、聞き耳を立てる。

璋子「やっと分かりましてござりまする。

 人を・・・愛しく思う・・・気持ちの・・・こんなにも優しく、清げなる事を・・・

 ああ、我が君・・・璋子は今・・・愛しさに・・・包まれておりまする」

鳥羽院「璋子・・・」

そして、沈黙・・・

堀河院「璋子様!」

璋子は亡くなってしまいました。

鳥羽「璋子! 璋子! 璋子!・・・」と、戸を叩いて泣きました。

 

三上博史さん、こういう演技はさすがですね♪(^^)

明子の臨終シーンの清盛とは大違いでした(^^;)

 

鳥羽院の御所では得子が庭を見て・・・

得子「あのお方に地獄を見せるが私の望みであった。

 されど、今は安らかなる心で極楽へ行かれる事を願ってやまぬ」と手を合わせました。

その前に、出家した璋子に会いに来て、私の仕業だと分かったはずなのに、なぜ出家したのかと聞いたし、最後は得子もいい人になりました。

この頃からもう璋子は咳をしていたので、結核でしょうか?

久安元年(1145年)8月22日、享年45歳。

出家して3年位で、璋子は亡くなってしまいました。

『台記』によると、実際、鳥羽院は璋子の元に駆けつけて看取り、臨終の際は磬(けい、読経の時に打ち鳴らす仏具)を打ちながら大声で泣き叫んだそうです(Wikiより)

 

その後、水仙の件で、義朝は鳥羽法皇に褒められました。

鳥羽「この度の働き、見事であった。

 聞けばその武勇にて東国武士をまとめあげたとのこと」

義朝「一朝事ある時は、東国のもののふをことごとく引き連れ、法王様のおんもとへ駆けつけまする」

鳥羽院はよく言ったと褒め、京に留まって勤めるよう言いました。

 

ようやく義朝、働きが認められて良かったですね(^^)

その後、義朝とすれ違って喧嘩を吹っかけた清盛、情けなかったです(汗)

義朝の方が余程、凛々しくて、自分の実力で東国をまとめてきたし、水仙捜しでは頭も使い、清盛とは雲泥の差でした。

その上、清盛、ライバルが褒められると喧嘩を吹っかけ、大人げないです(汗)

こんなに、いつまで経っても主役が情けないと・・・(^^;)

プロポーズはあまり大差がなかったような、どちらも最悪だったような語りでしたが・・・

私は、これも義朝の方が策略であることをはっきり言った上で、由良姫が自分に惚れている事も見抜いていて、そんなに悪く感じませんでした(^^;)

由良姫が統子内親王に仕えているのが、自分の役に立つだろうと言いました。

これは以前、由良姫も自分で役に立つだろうと言っていた事なので、本人も承知でしょう(^^)

2人息子がいる事もちゃんと言い、

義朝「そなたも産むか?」と言いました(笑)

これは、カチンときたでしょうけれど・・・(^^;)

由良との子供を嫡男にするとの事なので正室ですね。

最初は怒った由良姫でしたが、納得しました。

ずっと待ってたんだから、望みが叶って正室になれて良かったでしょう♪(^^)

 

清盛もそれに対抗するかのように、時子にプロポーズしました♪

清盛「もうそなたでよい」

これは酷いですね(^^;)

清盛「そなたは俺に惚れておる。

 子供達もそなたになついておる。

 あとは俺がそなたに惚れれば良いだけじゃ」

時子「あんまりでござりまする。

 光る君と紫の上のごとき恋に憧れていたのに。

 どこまでも光らない君!」

そう言いながらも、時子は体当たりするかのように清盛に抱きつきました。

 

子供のためと平氏一門のためも少しあったでしょうね。

とにかく、早くも清盛は時子と、義朝が由良姫と結婚しました。

そして、久安3年(1147年)、義朝には子供も生まれました。

鬼武者(語りをやっている頼朝)の誕生です。

そして、その頃、時子も身籠っていました。

 

璋子の死と、清盛と時子、義朝と由良の結婚と懐妊など、いろいろ忙しい回でしたが、今回は結構、面白かったです♪(^^)

ただ、やはり清盛の未熟さが好感度を少し下げているような気がしました(汗)

義朝の方が凛々しくて素敵でした♪

語りが義朝の息子の頼朝だからでしょうか?(^^;)

主役が早く魅力的になりますように☆(^^)

次回は、「祇園闘乱事件」で、弁慶(幼名:鬼若)(青木崇高)の登場です♪(^^)

 

【第12回粗筋】 (Yahooより)

1145年、出家した待賢門院(檀れい)は、ついに重い病の床につく。鳥羽法皇(三上博史)は、武士たちに季節外れの水仙を探させ、待賢門院に届けようとする。水仙探しの途中で、清盛(松山ケンイチ)は10年前に別れて東国修行に出ていた義朝(玉木宏)と宿命の再会を果たす。そして、清盛は明子(加藤あい)の友人・時子(深田恭子)を、義朝は熱田神宮の由良姫(田中麗奈)を...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】 平清盛 NHK大河ドラマ・ストーリー(前編)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« (ネタバレ)【カーネーション】最終週(26週)日別粗筋(3/26~3/31) | トップページ | 【カーネーション】第146回(3/26)「老人ホーム」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


たまちゃん、逝ってしまいました。(T^T)

鳥羽院が懸命に求めた水仙の花を携えて法金剛院に駆けつけるところ、いいシーンでしたね。待賢門院が臨終のシーンで流れた曲は♪カッチーニのアヴェ・マリアでした。マリアの慈愛と悲哀を同時に感じさせる佳曲です。効果が上がってました。
壇れいさん、ご苦労さま。宝塚出身ということもあってか、浮き世離れしたお役が、ことのほか、似合ってましたね。

たまちゃんにいつも言ってた「ふくぶくしくて…」云々という得子の嫌味も、同じ台詞のまま、いつしか称賛の意味に変わってました。宮廷パートはまことにご立派です。

これに引き返え、清盛は…。前回の明子さんとの訣れのシーンも全然見劣りがするし、今回の幼稚な求婚劇では、義朝の方がまだ決まっていました。あの小汚い服装もいい加減、何とかしたらと思います。(\_\;
清盛は当時、有数の財力を有する、軍事貴族の御曹司ですからね。いつもボロッチいのはかえってリアリティを損ないます。

演出の問題もあるのでしょうが、この脚本家さん、得手不得手がかなりはっきりしてますね。主役が出てくると、いつもがっくりなのは、ちと?

>レッドバロンさんへ

おやおや、午前中にお返事書いたつもりだったのに、消えてました(汗)
もしかしたら、「確認」のあと、「送信」押さなかったのかも?(汗)
遅くなってしまって、すみません。

たまちゃん、逝ってしまって、淋しいですね。crying
鳥羽院が懸命に求めた水仙の花を携えて駆けつけたところ、本当にいいシーンでしたね(^^)

>待賢門院が臨終のシーンで流れた曲は♪カッチーニのアヴェ・マリアでした。マリアの慈愛と悲哀を同時に感じさせる佳曲です。効果が上がってました。

アヴェ・マリアだったんですか。
確かに、格調高くて、合っていたと思います。

壇れいさんとお別れ。
「相棒」の及川さんもくしくも先日、最終回で、お別れでした。
ご夫婦で少しゆっくりできるかもしれませんね(^^)

>宮廷パートはまことにご立派です。
>これに引き返え、清盛は…。前回の明子さんとの訣れのシーンも全然見劣りがするし、今回の幼稚な求婚劇では、義朝の方がまだ決まっていました。あの小汚い服装もいい加減、何とかしたらと思います。(\_\;
清盛は当時、有数の財力を有する、軍事貴族の御曹司ですからね。いつもボロッチいのはかえってリアリティを損ないます。
>演出の問題もあるのでしょうが、この脚本家さん、得手不得手がかなりはっきりしてますね。主役が出てくると、いつもがっくりなのは、ちと?

軍事貴族の御曹司というより、海賊のカシラという感じですね。いつまで経っても(汗)
ボロっちいのと汚い感じのシーンが多いのは演出も関係しているでしょうけれど、清盛がいつまで経っても幼稚なのは脚本家のせいですね。
そろそろなんとかしてくれないと、視聴率、10%を切ってしまうこともあるかもしれませんね(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54308387

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第12回感想と視聴率「宿命の再会」 :

» 【平清盛】第12回感想と視聴率「宿命の再会」 [ショコラの日記帳]
【第12回の視聴率は3/26(月)追加予定】今回は清盛と義朝が対比されて描かれました。水仙探しは、清盛の完敗ですね(汗)璋子様の臨終の際の水仙を使った鳥羽院とのやりとりは感動的... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第12回「宿命の再会」 [よくばりアンテナ]
明子を失って悲しんでばかりの清盛。 清盛の子ども達を慰めるために琵琶を持って通う時子。 その時子の弟登場~~平時忠(森田剛) 「平家にあらずんば人にあらず」って言った人らしい。 けど、今のところ...... [続きを読む]

» 平清盛 第12回「宿命の再会」 [あしたまにあーな]
少しずつではありますが、源氏の勢いが出てきて何となく嬉しくなりました。やはり物語を白熱したものにするためにはライバルという存在が必要であり、お互いに切磋琢磨することで人間的にも魅力的になって行き、世の中も良くなっていけばいいんではないかと思っています。 そういう意味で、今回東国から帰ってきた義朝はそのインパクト十分でした。片手には鳥羽法皇が求めていた水仙の花を携え、完全に清盛を出し抜いた形になります。義朝は東国の部下たちに命じて東北の山から取ってこさせたといっています。それに対して清盛は自ら原っぱの... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第11回 [日々“是”精進! ver.A]
清盛、再婚… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203250004/ 平 清盛 一 藤本 有紀 NHK出版 2011-11-25 売り上げランキング : 15418 Amazonで詳しく見る by G-Tools 平 清盛 二... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第12回 [日々“是”精進!]
  第十二回「宿命の再会」1145年、出家した待賢門院は重い病にかかる。鳥羽院は取り乱し、待賢門院を慰めるには水仙の花しかない、と季節外れの水仙を探すことを配下の武士に... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.12宿命の再会 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第12話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
義朝再び-------!!宿命のライバルの再会。そして、話題の方(?)すべての騒動の中心人物であった璋子の死で、ようやく今回で朝廷側の騒動もひと段落した形でしょうか。明子の死が... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第12話 あらすじ感想「宿命の再会」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
義朝再び-------!! 宿命のライバルの再会。 そして、話題の方(?)すべての騒動の中心人物であった璋子の死で、ようやく今回で朝廷側の騒動もひと段落した形でしょうか。 明子の死がもたらしたもの。 清盛の落胆振りは傍から見ても大きかったよう。 すっか...... [続きを読む]

» 平清盛 #12「宿命の再会」 [昼寝の時間]
公式サイト 久安元年(1145年) 寺社の強訴を、彼らに自らの所領を渡して治める [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #12 宿命の再会 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
忠盛は思ったより昇進できず…。 [続きを読む]

» 『平清盛』 第12回「宿命の再会」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ比叡山延暦寺の明雲がひきいる強訴の列が、都にむかってきました。鳥羽院の命で、平氏がこれを防ぐべく出陣します。しかし、僧兵の列には神聖な御輿があり、攻撃はできません。このため家貞が交渉で、荘園を寄進するという提案をして事をおさめました。nbsp;こうして武力と財力で朝廷に貢献している平氏にも、高い官位はあたえられません。武士を公卿にまで、できるものではないということでしょう。清盛の屋敷に高階通憲がたずねて来ました。いまは出家して、信西と名のっているとのこと。忠盛の... [続きを読む]

» 【平清盛】第12回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1145年、出家した待賢門院(檀れい)は、ついに重い病の床につく。 鳥羽法皇(三上博史)は、武士たちに季節外れの水仙を探させ、待賢門院に届けようとする。 水仙探しの途中で、清盛(松山ケンイチ)は10...... [続きを読む]

» 「平清盛」 第12回、宿命の再会 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第12回、宿命の再会。 源義朝との再会ってのも内容の1つだったけど、 全体的に色々詰め込んだ回って感じ。 メインストーリーってどこだったん?w [続きを読む]

» 平清盛 12回 「宿命の再会」 [shaberiba]
重い病に倒れた待賢門院の為に 清盛らに水仙を探すよう命じる鳥羽上皇 この花を見事手に入れたのは義朝(玉木宏)だった----。 ああ我が君 璋子は愛しさに包まれております---- 水仙は見事 待賢門院に...... [続きを読む]

» しっかりせえ! [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
三上博史顔ちっちゃ!佐藤二朗顔でけー!鳥羽院に続き、高階通憲も出家しハゲ率が、右肩上がりのドラマ平清盛第12回宿命の再会帰ってきた義朝が取ってきた水仙を手に鳥羽院は、死... [続きを読む]

» しっかりせえ! [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
三上博史 顔ちっちゃ! 佐藤二朗 顔でけー!鳥羽院に続き、高階通憲も出家し ハゲ [続きを読む]

» 平清盛 第12回 宿命の再会 [レベル999のgoo部屋]
『宿命の再会』 内容 妻・明子(加藤あい)を亡くした清盛(松山ケンイチ) その悲しみで絶望の中にいる清盛を見て、 父・忠盛(中井貴一)は、清盛に後添えを考えはじめる。 弟・家盛(大東駿介)も清盛を慰めるが。。。。。 一方。鳥羽法皇(三上博史)から比叡山か...... [続きを読む]

» たびたび流されるさかしき者 ~平清盛・宿命の再会感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
藤原通憲が出家して信西になった時期は1144年、7月11日。 重職につけない無力感からと言われていたが、一方で政敵・頼長は 『その才を以って顕官に居らず、すでに以って遁世せんとす。才、世に余り、世、之...... [続きを読む]

» 平清盛 第12回 「宿命の再会」 [青いblog]
時子と清盛が劇的に結ばれるお話でございました。 うむ。。。 本作の時代考証家の先生がこの番組の視聴率が低いことを愚痴られて波紋を呼んでおりましたが、このドラマ、おもしろく無いですか? 私...... [続きを読む]

» 平清盛 第12回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/森田剛/三上博史/檀れい/りょう/山本耕史/阿部サダヲ/田中麗奈/加藤浩次/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一 第12回 「宿...... [続きを読む]

» 平清盛 第12話「宿命の再会」 [坂の上のサインボード]
 保延5年(1139年)以降に最初の妻と死別した平清盛は、久安元年(1145年)頃に後妻を迎えた。名は時子。後年、壇の浦の戦いで平家一門が源氏軍に敗北を喫したとき、自らの孫である幼帝・安徳天皇(第81代天皇)を抱いて海中に身を投じたことで有名な、あの女性である。このとき、清盛は27~28歳ごろ。時子の生年は諸説あるので正確なことはわからないが、大治元年(1126年)という説にしたがえば、19~20歳頃のことだった。  時子の父は平時信という名の中級官僚で、清盛らと同じく桓武平氏である。ただ、清... [続きを読む]

» 平清盛、頼盛と頼朝!! [函館 Glass Life]
日本一の大天狗と言われた後白河法皇ですら手を焼いたのが 御坊さん、特に僧兵による強訴には打つ手なしですね 自分達に逆らうと天罰が下るとでも言いたげな僧兵達ですが、 呪詛が信じられていた時代、王家も武士も手が出せなかったよ うです そう言えば批判のあった...... [続きを読む]

» 平清盛 第12回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今日、明日と連れ合いが家におりますゆえ、ちょっとブログの時間が‥‥‥どうなるかな?という状態です。あと、最初にごめんなさいですが本日「平清盛」の12回放送分を見たのです... [続きを読む]

« (ネタバレ)【カーネーション】最終週(26週)日別粗筋(3/26~3/31) | トップページ | 【カーネーション】第146回(3/26)「老人ホーム」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30