無料ブログはココログ

« (ネタバレ)【カーネーション】第23週日別粗筋(3/5~3/10) | トップページ | 【カーネーション】128回「夏木@糸子初回」 »

2012年3月 5日 (月)

【平清盛】第9回感想と視聴率ダウン「2人のはみだし者」

前回の視聴率、ようやく15.0%まで戻してきたと喜んだのに、第9回の視聴率、また大幅にダウンしてしまい、13.4%(関東)でした。

裏の「世界の果てまでイッテQ! 5周年SP」が18.0%だったので、それに食われてしまったかもしれません。

最低視聴率は第6回の13.3%なので、ギリギリそれは上回りました(^^;)

 

今回のみどころは、雅仁親王(後の後白河法王)(松田翔太)でした。

私は松田翔太君、好きですが、このキャラ、清盛の子供の頃とそっくりで新鮮味がありませんでした(汗)

他のエピも既存のエピに似ていたし、もうネタぎれでしょうか?(汗)

副題「ふたりのはみだし者」ですが、一人は雅仁親王で、もう一人のはみだし者は誰でしょう?

清盛の事でしょうか?

それとも、得子が生んだ皇子、躰仁(なりひと)でしょうか?

まさか、佐藤義清のこと?

 

遂に、義清が待賢門院璋子様にまで手を出してしまいましたね♪(笑)

「待ってました♪」と嬉しかったです(笑)

以前から、義清は璋子さまの事、憧れていそうでしたし・・・♪

でも、予告編、

義清「手に入れたい。手に入らぬなら奪いたい。奪えぬなら殺したい」なんて言いました。

その上、次回の副題は「義清、散る」

次回、とても気になります。

"散る"というと、死ぬみたいですが、きっと出家するのでしょうね(^^;)

璋子様絡みでしょうか?(^^;)

美しく散って欲しいものです♪(^^)餭

 

最初に戻ります。

保延4年(1138年)、清盛に息子、清太が生まれました。

この時、清盛、20歳です。

 

翌年、保延5年(1139年)5月、得子が皇子・躰仁を生みました。

語り「ぎりぎりで保たれていた王家の均衡を崩す命が生まれた」

 

雅仁親王は清盛より9歳年下で、佐藤義清は清盛と同じ年です。

即ち、この時、清盛と義清は21歳、雅仁親王12歳です。

 

雅仁親王は、王家のはみだし者で博打をしたり、躰仁の頬をつねったり、言いにくい事をずけずけ言いました。

でも、前述の通り、少し前までの清盛に似ている感じで、イマイチ新鮮味がありませんでした(汗)

雅仁親王は、璋子が生んだ鳥羽上皇の4番目の息子で、得子が生んだ躰仁は9番目です。

 

清太が生まれたお祝いの宴と、躰仁のお祝いの宴と比較して描きました。

私はどちらの宴も苦手です(^^;)

清太の祝いの宴は、ただの馬鹿騒ぎでした(^^;)

 

躰仁の祝いの宴で、義清が得子に歌を詠むよう言われ、

「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の 割れても末に逢はんとぞ思ふ」

と崇徳帝の歌を披露しました。

躰仁様の誕生を喜んでいるが、微妙な立場で、兄として祝う事もできない崇徳帝の気持ちを代弁したのでした。

得子も鳥羽院も不快そうで、緊張した空気が流れました。

そこに雅仁親王の笑い声が響きました。

雅仁「我が兄君らしく、恨み深いお歌と存じまして」

雅仁親王は、鳥羽院にお祝いを言い、子供を抱きたいと言って、躰仁を抱き、頬をつねりました。

泣く赤ちゃん。

鳥羽院「雅仁、戯れが過ぎる」

雅仁「国の頂きでの壮大なるお戯れ、さぞかし楽しゅうござりましょう」

そして、得子が国母の座を狙っていると言いました。

得子「私は国母の座など欲してはおらぬ。

 ただ、この福々しげな女に地獄を味わわせたいだけじゃ。

 上皇様に入内しながら、先の院との密通を続け、子をなし、あろうことか、そのお子を帝の座につけ、上皇様を傷つけ・・・」

鳥羽院「よさぬか!」

得子「その事に何の罪も覚えておらぬ」

鳥羽院「よさぬか、得子!」

得子「何もかも失わねば、この女は目を覚まさぬのじゃ!」

鳥羽院「もうよい!」

一同、気まずい雰囲気。

璋子「分からぬのじゃ。私には・・・人をいとしく思う気持ちというものが・・・

 私はただ法王様の仰せのままに・・・

 私をお育てくださった法王様の仰せのままに・・・」と泣く。

雅仁、笑い「お聞きになられましたか、上皇様。

 これがあなた様の妻。

 そして、これが私の母上にござりまする」

 

政略結婚なんだから、いとしくなくても仕方ないと思いますが(汗)

皆の前で、白河法王との事を認めたのがまずかったのでしょうか?

以前も似たシーンがあったので、「また」という印象でした(^^;)

とにかく、相変わらず、正直ですね(^^;)

得子だって、鳥羽院をいとしいわけではなく、ただ国母になりたいだけでしょう。

 

それより、その後、鳥羽院と得子が2人きりの時、

得子に、今でも待賢門院がいとしいのかと聞かれた答えが良かったです(苦笑)

鳥羽「いとしく思うほどに、璋子を傷つけとうなる。

 そして、傷つけるほどに、璋子をいとしく思うのだ」

鳥羽院はSMのSでしょうか?(汗)

崇徳帝は妙なポーズで義清を誘っていて、相変わらずBLだし・・・(汗)

これでは子供ができないわけです(^^;)

 

お祝いの宴終了後、清盛は高階通憲に言いました。

清盛「これが皇子様の誕生を祝う宴か。

 誰も彼も生まれてきた子を己の欲得のための道具としか思わぬ。

 人の痛みも分からぬ。かような者達によって、この国は治められておったのか」

通憲「それがこの国の今じゃ」

 

この清盛のセリフ、なんか浮いていました(汗)

「誰も彼も」と言いましたが、得子が国母になりたい欲得しか出てこなかったと思いますが(^^;)

 

通憲は、妻の朝子と共に、雅仁親王の乳母・乳父をしているそうです。

この人、学者で宋に行きたいと唐船に乗ろうとした位なのに、雅仁親王の乳父をしていたとは驚きました。

世を変えるための手段でしょうか?

通憲「清盛殿、綺麗事だけで政はできぬぞ。

 雅仁様こそが王家に渦巻く積年の鬱屈より流れ出た膿。

 全ての歪みの毒の巣じゃ」

清盛「毒の巣?」

通憲「国にもの申すなら、あの方を知らねばならぬ」

 

その雅仁親王が行方不明になったので、清盛と道憲が捜しました。

雅仁親王は博打で負けて、身包み剥がされていたので、清盛が屋敷に連れ帰りました。

祇園女御から貰った双六があったので、一緒にやりました。

たまたま清太が「父上」と来てしまって、清太を賭ける事になってしまいました。

久々に祇園女御(松田聖子)が登場しましたが、禍の元の双六を渡す役だったとは(汗)

父が双六勝負をしっかり断れなくて、清太は自分でサイコロを振って、雅仁に取られずにすみました(笑)

ダメな父を持つと子供は逞しく育つかも?(^^;)

 

語り「これが後に後白河帝となる雅仁親王と清盛との、これから長きに渡る双六遊びの始まりだった」

最後は、これからの後白河帝との戦いを双六遊びにかけて終わりましたが、ミエミエな演出でした(汗)

 

それより、今回は何と言っても、義清ですね♪(^^)

前述の件で傷心した璋子様を慰めて、義清、遂に、璋子を抱きました♪

その前、名前も覚えてもらい、ようやく話す機会ができたので、ここぞとばかり、頑張りましたね♪

 

義清「あなた様が知らず知らず人を傷つけてしまうは・・・

 あなた様ご自身が傷ついておいでになっているからです。

 されど、きっと眠っておりまする。あなた様の心の奥底に人をいとしく思うお気持ちが・・・

 その空っぽな瞳の奥に誰も見た事のない美しき物が宿ってるのが、私には分かる」

義清、跪いて璋子の手を取る。

璋子「何をする! 控えよ!」

義清「待賢門院様、これがいとしいと思う気持ちにござります。

 お救いとうござります」

と、璋子を抱き寄せ、

義清「待賢門院様」と、抱き締めました。

 

ラブラブな2人でしたが、次回の副題は「義清、散る」。

歴史上、死なないで、出家して西行となるのは分かっているので、少し安心です。

ただ、ドラマにはこれからも時々登場して欲しいです。

義清らしく美しく散って欲しいものです♪(^^)

 

【第9回粗筋】

崇徳帝(井浦新)の弟君の雅仁親王(松田翔太)は、ばくち場に入り浸る変わり者の親王。今様狂いのこの親王が、後に為政者として清盛(松山ケンイチ)と争うことになる後白河法皇の若き日の姿であった。そんな折、得子(松雪泰子)が念願の男児を生み、誕生祝いのうたげに清盛と義清(藤木直人)も呼ばれる。清盛はそこで初めて雅仁親王と対面するが、雅仁親王はうたげの裏に錯そうする各人の仮面を突如暴き始め、混乱に陥れる。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%

 

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« (ネタバレ)【カーネーション】第23週日別粗筋(3/5~3/10) | トップページ | 【カーネーション】128回「夏木@糸子初回」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今回は義清の頑張りに尽きました。遂に、待賢門院の手を握りました。

)まってました!

ショコラさんと同じ思いです。こうでなくてはね。
「優雅とは至高の禁を犯すことである」と三島由紀夫が言ってます。さすがは佐藤義清、今時のへなちょこ男、言うだけ番長レベルとは違います。

後はどうでも良かったです。重盛が生まれて、清盛の中二病?が治ったと思ったら、宮様に感染していて。ああいうの、ドラマで見るの、退屈です。
あの手のお役は 半世紀以上前にジェームス・ディーンが完璧にこなしていて。しかも彼の演技は抑制されていて、繊細な魅力があり、今なお女性の母性愛をくすぐる…?と思います。

「エデンの東」や「理由なき反抗」を見た上で、コーンスープで顔を洗って、出直して来て欲しいです。

>レッドバロンさんへ

>今回は義清の頑張りに尽きました。遂に、待賢門院の手を握りました。
>)まってました!
>ショコラさんと同じ思いです。こうでなくてはね。

ですよね(^^)
今回、それ以外は退屈でしたよね(汗)

雅仁親王(松田翔太)の登場、期待していただけに、ちょっと目新しさがなくてイマイチでした(汗)

>あの手のお役は 半世紀以上前にジェームス・ディーンが完璧にこなしていて。しかも彼の演技は抑制されていて、繊細な魅力があり、今なお女性の母性愛をくすぐる…?と思います。

なるほど♪(^^)
ジェームス・ディーンは殆ど見た事がないです(汗)
伝説の人ですね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54146399

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第9回感想と視聴率ダウン「2人のはみだし者」:

» 大河ドラマ「平清盛」第9回 [日々“是”精進! ver.A]
高笑いは、泣き声のよう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203040004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 3298 Amazonで詳しく... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第9回 [日々“是”精進!]
  第九回「ふたりのはみだし者」崇徳帝は即位してから15年の歳月がたっても鳥羽院に疎まれ続け、子もなしていなかった。そんな崇徳の弟である四の宮・雅仁親王は兄の苦悩を横目... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.9ふたりのはみだし者 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第9話「ふたりのはみだし者」 [坂の上のサインボード]
 このドラマの中で再三登場する双六遊びのシーン。現代の私たちは双六というと、家族ぐるみで楽しむ和やかな盤上遊戯というイメージだが、平安時代における双六は、賽と駒、盤を用いる博打で、射幸心を著しくくすぐる危険な遊戯だった。このため、ときの為政者は再三再四、双六禁止令を出したようだが、なかなか徹底されることはなかったという。今の世の中でも、どれだけ不況の中でもパチンコ屋の売上は落ちることはないと聞くが、博打の麻薬性というのは、いつの時代も変わらないらしい。『平家物語』によると、白河上皇(第72代天皇)は... [続きを読む]

» 平清盛 第9回 ふたりのはみだし者 [レベル999のgoo部屋]
『ふたりのはみだし者』 内容 清盛(松山ケンイチ)と明子(加藤あい)の間に子が生まれた。 血を分けたわが子の誕生に、涙する清盛。 父・忠盛(中井貴一)弟・家盛(大東駿介)らも大喜びで祝いの宴が開かれる。 そのころ、鳥羽院(三上博史)に疎まれ続ける崇徳帝(...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第9回「二人のはみだし者」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛と明子のあいだに生まれた子は、清太と名づけられました。家盛の祝福も、兄であり父となった清盛は笑顔で受けます。わりと兄弟仲が良かったのは、平氏の美点というべき習いでした。しかし、さらに高い身分の方々は・・・・・・。崇徳帝は即位から15年の歳月が流れていながら、いまだに鳥羽院のもと実権のないままでした。その弟である四の宮、雅仁親王は、朝から今様をうたい博打場にも出入りする変わり者。乳夫として、必死にいさめる高階通憲の言でさえも、まさに馬耳東風です。清盛の屋敷に来た祇園女御... [続きを読む]

» 【平清盛】第9回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
崇徳帝(井浦新)の弟君の雅仁親王(松田翔太)は、ばくち場に入り浸る変わり者の親王。 今様狂いのこの親王が、後に為政者として清盛(松山ケンイチ)と争うことになる 後白河法皇の若き日の姿であった...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第9話「ふたりのはみだし者」 [英の放電日記]
 テーマは血の因縁  ふたりのはみ出し者、清盛(松山ケンイチ)と雅仁親王(松田翔太)、このふたりもライバルとなるらしいが、義朝(玉木宏)や頼長(山本耕史)とは違い、白河法皇がらみの血の因縁が絡んでいる。  鳥羽上皇(三上博史)、崇徳天皇(井浦新)との複雑...... [続きを読む]

» 平清盛 第9話 感想「ふたりのはみだし者」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)は明子(加藤あい)が男児を出産して初めて子供をもちます。清盛は感激にうち震え、一族郎党でドンチャン騒ぎをします。庭先で褌一丁で歩いてますし、南京玉簾まで登場して収拾がつかなくなりますが、あの平忠正が毎週恒例の清盛イビりを忘れるくらいの盛り上がりようです。 忠正は多分画面に映っていない所で、清盛をネチネチとイビっているに違いないわけですが、これほどみんなに喜ばれる子供と、王家の鳥羽上皇(三上博史)と得子(松雪泰子)の念願の男児の差がありすぎなので、清盛は義憤にかられ... [続きを読む]

» 日本一の大天狗 ~平清盛・ふたりのはみ出し者~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
後に源頼朝から、『日本一の大天狗』と評されるキレ者、後白河法皇 当時は雅仁親王という名前だったが、皇位継承争いに関わることもなく、遊興に没頭していたという。 天皇が弟だと院政が出来ないということ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #09 ふたりのはみだし者 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
録画に失敗してしまった動揺を見せつつ、 レビューです。まぁ、再放送があるから…。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第9話 [またり、すばるくん。]
第九回「ふたりのはみだし者」 視聴率13.4% [続きを読む]

» 平清盛 #9 ふたりのはみだし者 [シフォンなキモチ]
後の後白河法皇こと、雅仁親王登場です! みずらが似合うーーーーー! 危ない雰囲気が最高! 是非、厩戸王子をやって欲しいw それにしても、今週の朝廷はぶっちゃけ過ぎでしたわw 折角の誕生日パーティが台無しっ そりゃ、清盛も怒るって[E:coldsweats01] 清太くん誕生パーティはあんなに和やかだったのにねぇー。 で... [続きを読む]

» 平清盛 第9回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
と言う訳で、本日は秋山さん再びです(笑)今日は最初の5分くらいがリアルタイムで見れなかったので 何があったのか分からないのですが大河で最初に見た雅仁親王は博打に興じてい... [続きを読む]

» 平清盛 第9回「ふたりのはみだし者」 [みはいる・BのB]
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・ [続きを読む]

» 「平清盛」 第9回、ふたりのはみだし者 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第9回、ふたりのはみ出し者。 雅仁親王(後の後白河法皇)が登場! 2日遅れての視聴のため、簡単に感想のみ。 [続きを読む]

» 平清盛【第9回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
ふたりのはみだし者  「脆いものぞ、親子の絆など…。そなたにも流れておろう。王家の血が。白河院の血が。きっといずれ疼こうぞ…。現に生きる物の怪の血が…。はっはっはっはっはっはっ!!!はっはっはっはっはっはっはっ!!!」by雅仁親王@のちの後白河法皇(松田翔太)。 キタ――――――――――――――――――――――――っ!!!大天狗キタ――――――――――――――――――――――――っ!!!待ってました雅仁親王っ!!!のちの後白河法皇っ!!! いやいいよいいよ~。松田翔太いいよ~。「日出処の天子」み... [続きを読む]

» 平清盛 第9回 「ふたりのはみだし者」 [青いblog]
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組概要 ...... [続きを読む]

» 『平清盛』第9話で考える家庭問題 [Allright三丁目の研究会@JIMO☆ログ]
span style=font-size: large; line-height: 120%; span style=color: #ff0000;第9回 ふたりのはみだし者/span    必見!前回見られなかった方のための       5分間ダイジェスト&次回予告   a href=http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/story/digest.h... [続きを読む]

» 『平清盛』第9話で考える家庭問題 [Allright三丁目の研究会@JIMO☆ログ]
span style=font-size: large; line-height: 120%; span style=color: #ff0000;第9回 ふたりのはみだし者/span    必見!前回見られなかった方のための       5分間ダイジェスト&次回予告   a href=http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/story/digest.h... [続きを読む]

» 大河ドラマ『平清盛』の多様解釈について [Allright三丁目の研究会@JIMO☆ログ]
span style=font-size: large; line-height: 120%; 阿部サダヲのセリフが見事にいい当てている。 「誰でもよ~い」(高階通憲:後の信西)    大河ドラマ『平清盛』第9回のサブタイトルは、「ふたりのはみだし者」であった。     あらすじ  a href=『a href=http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003GQSXW... [続きを読む]

« (ネタバレ)【カーネーション】第23週日別粗筋(3/5~3/10) | トップページ | 【カーネーション】128回「夏木@糸子初回」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30