無料ブログはココログ

« 【カーネーション】第143回(3/22)と第24週視聴率 | トップページ | 【カーネーション】144回(3/23)&夏木マリin『あさイチ』 »

2012年3月23日 (金)

【相棒ten】最終回感想と視聴率最高&ストロベリーナイトと比較

最終回(第19話)の視聴率は、シーズン10で初めて20%を超え、20.5%(関東地区)でした。

最高視聴率で、有終の美を飾りました♪

全19話の平均視聴率は16.6%でした。

この冬の連続ドラマで平均視聴率1位は『ラッキーセブン』の15.6%で、2位は『ストロベリーナイト』の15.4%でした。

2クールの『相棒ten』は、これらを上回り、視聴率的には、風格を見せてくれました。

 

最後、どういう形で卒業するか注目していた神戸尊さんは、「警察庁長官官房付き」に、長谷川宗男(國村隼)と同じ所へ移動になりました。

長谷川氏が引っ張ったのでしょう。

左遷ではないようで、ほっとしました♪(^^)

右京を黙らせたと実績を認めたようです(^^;)

ちなみに、元警視庁副総監の長谷川氏は、今は単なる「警察庁長官官房付き」で、最後に移動になった神戸と同じです。個人的に親しいので、総理補佐官の雛子議員を手伝っていたようです。ただ、階級は神戸とは、うんと違うようです。

相棒スタッフブログ」には、オールアップ時や最終回撮影時等の写真もいろいろ載っています♪

 

神戸は、右京さんが大事にしている物を踏みにじり、右京さんの敵になって行動してしまったので、大河内さんに自分はもう特命係にいる資格はないと、自ら進んで移動させて欲しいと頼みました。

それを大河内さんは止めたのですが、長谷川氏が自分の所に移動させたのでした。

以前も一度警察庁に戻れというのを断っているので、今度、断ったらクビだと脅しました。

仕方なく、神戸は古巣の警察庁に移動したのでした。

 

最初に戻ります。

最終回、クローン人間誕生に揉めた家族内の殺人事件でした。

母の嘉神郁子(真野響子)がクローンの技術者で、娘の茜(浅見れいな)が釣り船の遭難事故で死んだ自分の子供・るいの体細胞クローンの赤ちゃんを生むつもりでした。

でも、宗教に嵌まった兄の隼斗(窪塚俊介)が反対。

公園でクローン人間が生まれようとしていると大声で叫んで、その姿がネットで公開されてしまいました。

その映像を見た茜が怒って、隼斗を殺してしまいました。

その直後、母の郁子に電話。

郁子が駆けつけ、自分が殺したという工作をして、代わりに自首しました。

クローンの子供は無事に生ませたいので、その事は伏して。

 

クローン人間を作る事は法律で禁じられていますが、殺人の起こる前、その事を知った長谷川と雛子議員は、郁子に「おろせませんか」と。

でも、もう25週目なので、中絶は母体保護法に抵触するとか、法を犯して作った子にはその法律は適用されないのかと(^^;)

雛子さんは、そういう事は想定されていないので分からないと言いました。

結局、検挙して世間に知られて騒がれては困るので、不問に伏すことに。

でも、右京さんはそういう事ができなくて、法律通り、捕まえようと・・・

そういうように右京さんが動くだろうと察した長谷川と雛子が、神戸に杉下が詮索するのを止めるよう命じました。

クローン人間を作る事は法律で禁じられていますが、もうできてしまった以上、その子には命があります。

公にしてその子が幸せになれるのかと、雛子さんが神戸に問いました。

神戸は迷いましたが、感情抜きで「罪は罪」と法律を遵守しようとする右京さんと対立して、クローン人間の事が表に出ないよう、行動しました。

神戸は、子供が可哀想なので、郁子をクローンの件で検挙するなら、子供を殺すと、右京さんを脅迫しました。

でも、医者でもないのに、どうやっておなかの子供だけ殺すのでしょうね?(^^;)

勿論、嘘でした。

神戸も神に逆らっても、クローンで再生させたい人がいるそうです。

昔、自分のせいで自殺に追いやってしまった木戸充のようです。

 

茜は幸子(鈴木杏樹)さんと一緒に、ホテルにいました。

幸子さん、今回、何気に役立って良かったです♪(^^)

塀の中でも申請すれば1年間、子供と一緒に過ごせるとか、いろいろ教えてあげました(^^)

 

結局、茜は法廷に立った時、具合が悪くなってしまい、クローンの赤ちゃん、流産してしまいました。

「天罰かしらね」と、郁子は言いました。

クローンの赤ちゃんが生まれる前に死んで、無難な終わらせ方でした(^^;)

無難に終わって、相棒のSPにしては、少し浅い話だったような気がしました。

事件そのものは古畑タイプで、最初から犯人が分かっていて、単純でした。

でも、その分、分かりやすくて、良かったかも?

今回のメインは、事件そのものより、神戸が右京の敵になるという事と、お別れという事でしょうし・・・

神戸さんが右京さんの敵になって行動するというのは、神戸さんの最終回らしくて良かったです。

最後の最後で、20%を超えて、良かったです♪

きっと神戸尊の最後という事で、注目されたのでしょう。

私もミッチー好きなので、卒業、がっかりです。

これからいつか再登場する事もあるかもしれないとの事なので、またシーズン11でも登場して欲しいと思います♪

シーズン11の相棒の後任、誰になるのか、注目しています♪(^^)

 

シーズン9はとても面白かったのに、今期のシーズン10の前半は、イマイチな感じでした。

今年になってから、『ストロベリーナイト』が始まり、姫川が根拠のない推測ばかりだと怒られると、右京さんも推測ばかりなのにと、『相棒』が貧弱に思えてしまった時もありました(汗)

でも、その『ストロベリーナイト』の視聴率、最初の頃は良かったですが、3回に渡ってやった最後のエピソード「ソウルケイジ」がダメ(最終回は視聴率15.9%、その前が最低視聴率12.9%)で、結局、平均視聴率は15.4%。

『相棒ten』(16.6%)に追いつくどころか、『ラッキーセブン』(15.6%)にも抜かれてしまいました。

『相棒』は1話完結でいいです。

今年になってからの後半は、懐かしいキャラが次々と登場して嬉しかったです♪

『ストロベリーナイト』は映画化が発表されました。

『相棒』はスピンオフも含めると、3本映画がありますね。

『ストロベリーナイト』がどこまで『相棒』に近づけるか、今後も注目しています。

 

及川さん、3年間、お疲れさまでした。

水谷さんとの不仲説とか、いろいろ噂されましたが・・・

ミッチーファンとしては、神戸というキャラは、ミッチーの王子様キャラとはかけ離れているので、この辺で卒業した方がイメージが固定しなくていいかもしれませんね(負け惜しみ)(^^;)

これからのミッチーのご活躍を期待しています♪(^^)

シーズン11の新しい相棒、期待して待っています♪(^^)

 

【最終回粗筋】 (公式HPより)

バイオテクノロジー研究所の主席研究員・嘉神郁子(真野響子)が、文科省に呼び出され、娘の茜(浅見れいな)を使いクローン人間を作っていることを認めた。
何者かが告発文を文科省に送り付けたらしいが、クローン人間が誕生するというのは本当なのだろうか?

娘の茜は、半年前に夫と5歳の息子を事故で亡くし、自殺未遂を起こすほどのショックを受けていた。
そんな失意のどん底にある茜に頼まれ、やむなくクローン人間の制作に着手してしまった郁子。
郁子の息子で茜の兄でもある隼斗(窪塚俊介)だけは茜が身ごもっているのがクローン人間だと知っていたが神への信仰心が強く、たとえ母親や妹であろうとも、クローン人間を作ることは「神への冒涜」だというのだ。

しかし、そんな隼斗に対して郁子は勝ち誇ったように言い放つ。
「ママは捕まらないと思う」と。
事実が公になれば、国際的な問題となってしまう。
そんなことになるぐらいなら、日本国家は事実を隠ぺいするはず...。
強気な母に驚きを隠せない隼斗だったが、事実、隼斗は片山雛子(木村佳乃)とあの長谷川宗男(國村隼)に首相官邸に呼び出されてしまう。
代議士の雛子は現在は総理補佐官を務めており、元警視庁副総監の長谷川は、警視庁人質籠城事件(「相棒-劇場版II-」より)を受けて警察庁長官官房付きという閑職の身分にいた。
「君は今後一切このことを口外しないこと」と言われクローン人間のことを口止めされてしまう。

やり切れない隼斗は公園にやってくると、突然大声で演説を始めてしまう。
「あと数カ月でこの日本に、クローン人間が誕生するんです!」
そんな奇行に誰もが耳を貸そうとしない中、偶然通りかかった右京(水谷豊)と尊(及川光博)は顔を見合わせ...。
事件に興味を抱いた右京と尊は、やがて真相へと近づくのだが、その解決方法をめぐって2人は...。

 

ゲスト:真野響子 浅見れいな 窪塚俊介 木村佳乃 國村隼

脚本:輿水泰弘

監督:和泉聖治

 

【視聴率推移】 (関東地区)

相棒1012345678910平均
前半 19.7 17.4 15.0 17.0 16.5 13.9 18.3 13.1 15.1 - -
後半 元日16.2 16.3 18.4 15.2 15.0 15.1 14.5

14.0

16.5 20.5 16.6

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【カーネーション】第143回(3/22)と第24週視聴率 | トップページ | 【カーネーション】144回(3/23)&夏木マリin『あさイチ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

神戸君こと及川光博さん、ご卒業おめでとうございました。

今回は 娘に死ぬと脅され、母の博士がクローン人間造りに手を出しました。極めて成功確率が低いにもかかわらず、奇跡的に出来てしまう。すると母親の科学者としての功名心が頭をもたげるというストーリーでしたね。
うまく生命倫理の問題からは逃げ、杉下・神戸の対決に的を絞りました。まとめ方が非常に上手だったと思います。

ただ、被害者の隼人は十字架を拾おうとして左脇腹を刺されます。これは、いわゆるロンギヌスの槍?ゴルゴダの丘であの人が刺されたのと同じ箇所なのですね。

隼人はカルトではなくて、実はまともなクリスチャンで、神学部に入ろうとしていました。移動したコートは多分「聖衣剥奪」がテーマ。イエスの外套を処刑人が持ち去る場面をグレコが描いてますけど、多分 これも宗教的な暗喩なのだろと思います。

クローン誕生=神殺し

ではないのか、という問いがドラマの根底に秘められていたような気がします。キリスト教文明で育った人ならピンと来るでしょうが、日本では分かりずらい隠し味です。

隼人君がずいぶん窮屈な姿勢で、非常に変わった箇所を刺され、あれっ?と思いまして。

「平清盛」もそうですけど、凝った台本が流行ってますね。効果の程は別ですけど。

>レッドバロンさんへ

まとめ方が上手だったですか?
私は2時間以上にしては、浅い話で間延びしていると思ってしまいました(汗)

>うまく生命倫理の問題からは逃げ、杉下・神戸の対決に的を絞りました。

そうですか?
結論を出さなかっただけで、生命倫理の問題が多すぎたような気がします(^^;)
その点で、右京と神戸が対立していたような・・・
生まれてくる子供の幸せを含めて・・・

>ただ、被害者の隼人は十字架を拾おうとして左脇腹を刺されます。これは、いわゆるロンギヌスの槍?ゴルゴダの丘であの人が刺されたのと同じ箇所なのですね。

そうなんですか。
詳しいですね(^^)

>隼人はカルトではなくて、実はまともなクリスチャンで、神学部に入ろうとしていました。移動したコートは多分「聖衣剥奪」がテーマ。イエスの外套を処刑人が持ち去る場面をグレコが描いてますけど、多分 これも宗教的な暗喩なのだろと思います。

なるほど☆

>クローン誕生=神殺し
>ではないのか、という問いがドラマの根底に秘められていたような気がします。キリスト教文明で育った人ならピンと来るでしょうが、日本では分かりずらい隠し味です。

もし、そうだとしたら、とても分かり辛いです。
キリスト教は中絶を否定しているので、できてしまった以上、クリスチャンの兄が中絶を促すのはおかしいような気もするのですが(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54290052

この記事へのトラックバック一覧です: 【相棒ten】最終回感想と視聴率最高&ストロベリーナイトと比較:

» 【相棒ten】最終回感想と視聴率最高&ストロ... [ショコラの日記帳]
最終回(第19話)の視聴率は、シーズン10で初めて20%を超え、20.5%(関東地区)でした。最高視聴率で、有終の美を飾りました♪全19話の平均視聴率は16.6%でした。この冬の連続ドラマで平... [続きを読む]

» 「相棒 ten」第19話(終) [日々“是”精進! ver.A]
神戸、異動… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203220000/ 相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック 池 頼広 avex io 2011-11-30 売り上げランキング : 29679 Amazonで詳しく見る by G-Tool... [続きを読む]

» 「相棒ten」第19話(終) [日々“是”精進!]
第19話「罪と罰」バイオテクノロジー研究所の主席研究員・嘉神郁子が、文科省に呼び出され、娘の茜を使いクローン人間を作っていることを認めた。何者かが告発文を文科省に送り付... [続きを読む]

» BLEACH&ストロベリーナイト [別館ヒガシ日記]
は代行証の秘密の回だが VS銀城は話が長過ぎだし が朽木&朽木と呼ぶ面白く 次は最終回で上手く纏め... [続きを読む]

» 相棒&D×D [別館ヒガシ日記]
相棒は最終回クローンSP回だが 雛子の出番が予想以上に少なく クローン死は予想通りだし... [続きを読む]

» 別館の予備(BLEACH&ストロベリーナイト) [スポーツ瓦版]
3月22日 BLEACH&ストロベリーナイト 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11198643662/97c83fc1 [続きを読む]

» 別館の予備(相棒&D×D) [スポーツ瓦版]
3月23日 相棒&D×D 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11200159332/216a3dd7 [続きを読む]

» 相棒season10 第19話最終回スペシャル 罪と罰 [レベル999のgoo部屋]
『罪と罰』 内容 何者かが、バイオテクノロジー研究所でクローンを研究している研究者を告発。 文部科学省の但馬は、嘉神郁子(真野響子)を問い詰めていた。 娘・須賀茜(浅見れいな)が再婚もしていないのに妊娠をしていると。 1年ほど前に夫・貴明と息子・瑠偉を事...... [続きを読む]

» 『相棒season10』 最終話 「罪と罰」 [英の放電日記]
 クローン赤ちゃんを巡る様々な思惑、そして、尊君(及川光博)の退場劇がメインで、推理モノとしては、殺害状況と黒いコートの移動の謎ぐらいで物足りなさであったが、却って焦点がはっきりしてよかったのではないだろうか?  あと、切羽詰った状況で、尊に右京(水谷...... [続きを読む]

» 相棒10最終話(3.21) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
『罪と罰』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治 嘉神隼人@窪塚俊介という青年の刺殺体が発見され、 隼人の母嘉神郁子@真野響子が自分が殺害したと自首してくる。 郁子はバイオテクノロジー研究所でクローンの研究をしていた人物、 一方、隼人はクローン人間が誕生しようとしていると公園で演説しており、 妊娠中の郁子の娘須賀茜@浅見れいなの胎児がクローン人間なのではないかと 杉下@水谷豊と神戸@及川光博は推測する。 事件の真相に気づき、クローンの件も明るみにしようとする杉下だったが、 片山雛子@木村佳乃・長谷川元副... [続きを読む]

» 相棒10 「罪と罰」〜「君に人殺しをさせる訳にはいかないじゃありませんか」 [平成エンタメ研究所]
 「存外ずるいですねぇ君は……。君に人殺しをさせる訳にはいかないじゃありませんか」  右京(水谷豊)さんって、「存外」って言葉を使うんだ。  なかなか使わない新鮮な言葉。  まあ、それはともかく、法に厳格だった右京さんが自分を曲げた。  人類のエネルギー問...... [続きを読む]

» 相棒season10:第19話 感想 [ホワイト・メモリー]
『罪と罰』 3日遅れの最終回スペシャル感想です。遅れた理由はもうめんどくさいので言わない。だって言い訳になるから。 気が向いたらどこに出掛けてたかは別の記事設けて語ろうかなと思いますが。 ではさっさと今週の感想行ってしまいましょう。 ...... [続きを読む]

» 相棒 ten(season10)最終回スペシャル「罪と罰」 [のほほん便り]
最終話は、随分、チャレンジ精神。大胆なテーマをもってきましたね。“クローン人間”の是非とは… (同局の「聖なる怪物たち」は代理母・問題だったので、それ真っ青) でも、オハナシ自体はシンプル。クローン技術に対する、倫理的問題、見解の相違がストーリーの柱。見どころは、それによる、右京(水谷豊)と尊(及川光博)の葛藤にあった気がしました。 クローン人間の尊厳を守るために、殺人もいとわないという尊。そんな彼に「君を犯罪者にさせるわけにはいきません」と、あの右京さんが、鋼鉄の信念を曲げたのに「をを... [続きを読む]

» 相棒シーズン10 最終回「罪と罰」 [ぷち丸くんの日常日記]
文部科学省所轄「バイオテクノロジー研究所」の生命科学部門主席研究員・郁子 (真野響子)は娘の茜(浅見れいな)を使い、クローン人間を作っていることを認めた。 茜は半年前に夫と5歳の息子を事故で亡くし、自殺未遂を起こすほどのショックを 受けていた。 そんな茜に頼ま... [続きを読む]

« 【カーネーション】第143回(3/22)と第24週視聴率 | トップページ | 【カーネーション】144回(3/23)&夏木マリin『あさイチ』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30