無料ブログはココログ

« 『SPEC』がハリウッド進出~海外ドラマリメイクへ | トップページ | 【梅ちゃん先生】第7回(4/9)「カロリー」 »

2012年4月 8日 (日)

【平清盛】第14回感想と視聴率「家盛決起」

第14回の視聴率は、前回の11.3%より上がって、13.7%でした。

人気の2人のBL効果でしょうか?(^^;)

ようやく上がって、良かったです♪(^^)

『台記』には、藤原頼長の男色の記録が数多く記されているそうですWikiより)

相手に、家盛は出てこないみたいですが(^^;)

     

あの落ち方ってどういう事?

何でもないのに、子供の頃を回想していて、馬から落ちたので、変な感じでした(^^;)

それに、馬が歩いていて落ちただけで、死ぬでしょうか?

あれは清盛が神輿に矢を射たバチが当たったって事?

よく分からない落馬ですが、これで家盛は亡くなってしまうんですよね。

  

今回は、今までいい弟だった家盛が急に嫡男になると言い出し、藤原頼長に翻弄されてしまうお話でした。

まさか、頼長もBLだったとは(汗)

このドラマ、BL、好きですね(^^;)

 

祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めないという事は、理があります。

家盛「兄上ではなく、私を跡継ぎにすると、この場ではっきりと、父上の口から言っていただきとうございります!

 ・・・兄上は跡継ぎでないことをはっきり世に示す事が、一門の安泰に繋がると存じまする」

清盛「一門の安泰だけを考えていて、世を変えられるか?!

 何のための一門じゃ!

 何のための武士じゃ!」

そして、神輿に矢を放った事を、今でも悔やんではいないと言いました。

 

舞も家盛が出る事になってしまいました。

家盛は見事に舞い、評判を上げました。

 

それにしても、あっさり、清盛が引き下がって、家盛が嫡男でいいと言ったので、驚きました。

清盛「俺はおりる・・・跡継ぎはお前じゃ」

 

清盛、弟に譲って、結構、いい人で、見直しました♪(^^)

 

忠盛は、家盛が自分が嫡男になると言い出して、驚いたようです。

自分の軸が揺らいだとのことで困っていました(^^;)

 

時忠、清盛のいる所で、

「今からでも姉上を家盛様の側女にできぬものか」

なんて言って、あからさますぎますね(汗)

清盛、ヤケクソで、

「時忠の申す通りじゃ。出て行くなり、家盛の側女となるなり、好きにせよ」と、言いました。

時子「一度、我が殿と決めたものを、そう易々と替えられると思いますか。

 どれだけ落ちぶれようと、あなたさまこそが我が光る君。

 それは生涯、変わる事はござりませぬ」

それを聞いて、清盛は時子を抱きしめました♪֥ϡ

 

このシーンが私は一番、好きだったです♪(^^)

雨降って、地固まるですね(^^)

愛が深まって良かったです♪happy01

 

清盛が降りて、平氏内部でも家盛にまとまり、頼長の後押しも受けて、家盛は出世し、喜びましたが・・・

頼長に呼ばれて、家に行ったら、酒を飲まされて、抱き寄せられ・・・

頼長「まこと私がそなたを棟梁の器と思い、引き立てたと思うておるのか?

 そなたが清盛よりも優れておるのは・・・遥かに御しやすい男ということじゃ。

 ・・・そなたは一門を売ったのだ」

家盛は呆然としました。

 

翌朝、庭で、鳥羽院の熊野詣のお供に出かける家盛と、宗子が会いました。

宗子「いよいよ出立じゃな。 しかと務めよ」

家盛「はい。・・・嫡男かそうでないか。さような事はどうでも良かった。

 私が求めていたのは・・・ただ、母上の笑うお顔・・・

 せめて帰ってきた時には・・・当たり前の母として、笑いかけてくださりませ」

そう言って、家盛は出掛けました。

 

まるで、死ぬ前の遺言みたいで、宗子は胸騒ぎがして、不安な面持ちで見送りました。

これ、いかにも死にますという感じでした(汗)

 

そして、出発してからは、清盛の息子達が木に登って遊んでいて・・・

それと清盛と家盛の子供の頃を対比して、交互に写し・・・

弟が木から落ちる所で、家盛が落馬しました。

 

子供の頃に結び付けて、いかにもお涙頂戴的でしたが、

今回は結構、いい感じだったのではないでしょうか?

一度、弟に嫡男を譲ったところが良かったです(^^)

これで、時子や時忠や忠盛などの本心が分かりましたから。

ただ、家盛、母の笑顔が見たかっただけというのは子供過ぎないでしょうか?(^^;)

最後まで、家盛はマザコンのようでした(^^;)

 

鳥羽院があまり出てこなかったのも、少し物足りなかったです。

鳥羽院が平氏の嫡男に対して、何も言わないとは思えないんですが(^^;)

 

常盤御前(武井咲)の登場、あれだけだったとは、ちょっとがっかりでした(^^;)

もう少し出て欲しかったです。

身分が低かったんですね(^^;)

類いまれなる美貌の持ち主とは分かりませんでした(^^;)

来週は、「嵐の中の一門」です。

 

【第14回粗筋】 (Yahooより)

検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、弟・家盛(大東駿介)の反逆ののろしだった。"祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない"と家盛は決起する。そのことに目をつけたのは、藤原頼長(山本耕史)。家盛に接近し籠絡することで、平氏の武力と財力を我が物にしようとする。策略とは知らず、家盛は頼長の思うがままになってしまう。また、今回から類いまれなる美貌の持ち主といわれる女性が登場。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%

  

公式HP・次回粗筋

  

ビデオリサーチ公式HP(歴代大河ドラマ視聴率一覧)

  


【送料無料】 平清盛 NHK大河ドラマ・ストーリー / NHK出版編 【ムック】


貴族政治から武家政治へ--平清盛を中心とする平家一門の興亡を描いた壮大なドラマ。大河ドラマ 新・平家物語〈総集編〉全2枚セット

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 『SPEC』がハリウッド進出~海外ドラマリメイクへ | トップページ | 【梅ちゃん先生】第7回(4/9)「カロリー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

愚痴同然のコメントへの返事、ありがとうございます。「当方」の使い方を間違えてました(笑)。以後気をつけます(汗)。

今回の『平清盛』は比較的まともな回であったと思います。清盛は相変わらず中2でしたが・・・
家盛の最期は自殺であったと私は思っています。直前の母親との会話は遺言で、生きて戻るつもりはなかったのではないかと。母上のため、平家のために行ったことが、まったく意味をなさなかった事を思い知らされたための、故意による落馬ではないでしょうか。(あの落馬だけで死ぬかわかりませんが)。母上は喜ばず、平家はかえってバラバラになり・・・結局、藤原頼長に躍らされた自分にさえ失望したんだと私は解釈しています。

今回は藤原頼長の独壇場でしたね。ここ数年、主人公と対立するキャラクターはことごとくヘタレだったことが多かったんですが、頼長は大河では久々のヒールキャラですね。山本耕史さんは土方歳三のイメージが強いので、もう大河出演は無いと思っていましたが、まさかこんな形で戻ってくるとは思いませんでした。それにしてもなんでホモネタはいつも受けがいいんでしょうかね(笑)。

再来週は忠盛が亡くなり、頼長も23話辺りで出番がなくなる模様です。ドラマを引き締めていた役者さんがほとんど消えてしまうので、その後の視聴をどうするか考えてます。

家盛は体調不良なのに無理して鳥羽院の熊野御幸に同行し、京の手前で亡くなるのですね。病が悪化したせいで、落馬のせいではありません。

(ウチの父親なんて戦時中、馬上で居眠りし、何度も落っこちています。)ショコラさん得意の(汗)で、家盛が意識朦朧としてゆく感じを出すべきでした。

今回はホームドラマとしては良く出来てました。宗子に別れを告げにくる家盛は最初から夢の中の人のようで、そうした方が良かったかも?文学少女の時子も肝心な時はしっかりしていて、深キョン、予想以上にいいですよね。

家盛との件はフィクションですが、頼長は本当にああいう人で…。coldsweats02 彼の日記に関係した男性名がいっぱい残っています。
信長や秀次や家光が綺麗なお小姓を可愛がったのは有名ですが、、あれは少年愛で、武家社会では普通のことでした。そんなのさえ、今までの大河で一回も匂わしたことないのに、一気に成人同士とは。今年の大河はチャレンジャーですが (~_~;)何たって、頼長の悪達者ぶりが光りました。

ショコラさんの鋭いご指摘の通り、鳥羽院・得子があくまで清盛を支持し、藤原摂関家が家盛を支持して、平氏分裂一歩手前にした方が緊迫感があったでしょうね。その方が前回との繋がりが出ますし、また、そういう所が史劇としての彫りが深くならない原因かもしれません。

> リーゼントさんへ

コメント、ありがとうございます。

>今回の『平清盛』は比較的まともな回であったと思います。

そうですね(^^)

>家盛の最期は自殺であったと私は思っています。直前の母親との会話は遺言で、生きて戻るつもりはなかったのではないかと。母上のため、平家のために行ったことが、まったく意味をなさなかった事を思い知らされたための、故意による落馬ではないでしょうか。
(あの落馬だけで死ぬかわかりませんが)。

次回のネタバレになってしまうので、答えてしまっていいのか迷うところですが、これは自殺ではないです。

史実では、レッドバロンのご指摘の通り、熊野詣に出かける前から病気で、帰りにその病のせいで亡くなってしまいました。

でも、このドラマではアフィリに貼ってあるドラマ・ストーリーによると、落馬による死と次回の粗筋に書いてあります(汗)
このドラマでは、清盛の矢を射たバチと思わせたいようです(^^;)

>今回は藤原頼長の独壇場でしたね。ここ数年、主人公と対立するキャラクターはことごとくヘタレだったことが多かったんですが、頼長は大河では久々のヒールキャラですね。山本耕史さんは土方歳三のイメージが強いので、もう大河出演は無いと思っていましたが、まさかこんな形で戻ってくるとは思いませんでした。それにしてもなんでホモネタはいつも受けがいいんでしょうかね(笑)。

ホモネタ、大河は好きですよね(苦笑)
こんなにアカラサマに真っ向から描いたのは初めてですが(^^;)
でも、実際に、藤原頼長はBLだったようです(^^;)
家盛は相手してないみたいですが(^^;)
山本耕史さんの悪役ぶりは素敵でした♪(^^)

>再来週は忠盛が亡くなり、頼長も23話辺りで出番がなくなる模様です。ドラマを引き締めていた役者さんがほとんど消えてしまうので、その後の視聴をどうするか考えてます。

そうですね。
脇で持っているドラマなので、その辺りが去ると苦しいですね(^^;)
後白河さんに頑張って欲しいです(^^)

>レッドバロンさんへ

いつもコメント、ありがとうございます。

>家盛は体調不良なのに無理して鳥羽院の熊野御幸に同行し、京の手前で亡くなるのですね。病が悪化したせいで、落馬のせいではありません。

史実ではそうですね。
ありがとうございます。
ただ、アフィリに貼ったドラマストーリーの次回の粗筋では、落馬による死みたいに書いてありました。
このドラマでは、落馬のせいにするのかもしれません(汗)
でも、ふらふらだったので、やはり病気みたいでしたね(^^;)

>今回はホームドラマとしては良く出来てました。宗子に別れを告げにくる家盛は最初から夢の中の人のようで、そうした方が良かったかも?文学少女の時子も肝心な時はしっかりしていて、深キョン、予想以上にいいですよね。

深キョンの時子は、私、結構、好きです(^^)
今回、結構、まともに良かったですよね。
あのBLシーンはちょっとでしたが(^^;)

>家盛との件はフィクションですが、頼長は本当にああいう人で…。 彼の日記に関係した男性名がいっぱい残っています。

そうですね。
彼の「台記」はホモ日記ともとれる露骨な内容の日記なようで、それにいろいろな人物とのBLが載っているらしいですね(汗)
本当は、政治の事を書きたかったようですが、政治とBLは密接な関係があったようで(汗)
ただ、家盛がこれに出てこないというのが、イマイチ自信がなかったので、レッドバロンさんからお墨付きをいただけてよかったです(^^)

>ショコラさんの鋭いご指摘の通り、鳥羽院・得子があくまで清盛を支持し、藤原摂関家が家盛を支持して、平氏分裂一歩手前にした方が緊迫感があったでしょうね。その方が前回との繋がりが出ますし、また、そういう所が史劇としての彫りが深くならない原因かもしれません。

そうですよね。
みすみす、藤原摂関家に金づるを取られたくないでしょうし・・・(^^;)
ここの描き方がちょっと浅かったですね。


ショコラさん、いつもご丁寧な返信有難うございます。

私も番組案内見てみましたら、確かに落馬により死亡と書いてありました。普通は落ちでも死にませんけどね。障害物を飛び越え損ねるとか、高速走行中なら危険もありますが。(馬術部3日坊主の弁)

頼朝が亡くなったのは落馬が原因と言われてますので、ちょっと頭が混乱しました。

と言うのは、平治の乱の後で、頼朝(鬼武者)は家盛の子供の頃によく似ているというので、宗子が清盛に助命嘆願します。(平家物語)

死に方も一緒って、なんなんでしょう?

真面目にお勤め中に亡くなった、本来はお地味な家盛ですけれど、後々の源平の運命に大きな影響を与えます。

>レッドバロンさんへ

こちらこそ、いつも専門的な史実や情報入りのコメント、有難うございます♪(^^)

>私も番組案内見てみましたら、確かに落馬により死亡と書いてありました。普通は落ちでも死にませんけどね。障害物を飛び越え損ねるとか、高速走行中なら危険もありますが。(馬術部3日坊主の弁)

普通、歩いている馬から落ちても死にませんよね(^^;)
ドラマ内でも、病気で死亡の方が説得力がある気がしますが(汗)

>頼朝が亡くなったのは落馬が原因と言われてますので、ちょっと頭が混乱しました。
>と言うのは、平治の乱の後で、頼朝(鬼武者)は家盛の子供の頃によく似ているというので、宗子が清盛に助命嘆願します。(平家物語)
>死に方も一緒って、なんなんでしょう?
>真面目にお勤め中に亡くなった、本来はお地味な家盛ですけれど、後々の源平の運命に大きな影響を与えます。

家盛と頼朝がよく似てたんですか。
それは今後の源平の運命に大きな影響を与えそうですね。
宗子が清盛に助命嘆願して、頼朝が生き残り、彼を生き残らせた事で、義経なども生き残らせ、常盤御前ともいい仲になって・・・(^^;)
全てに繋がっていきそうですね。
それにしても、頼朝が落馬で死だったとは(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54424806

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第14回感想と視聴率「家盛決起」 :

» 【平清盛】第14回感想と視聴率「家盛決起」 [ショコラの日記帳]
【第14回の視聴率は4/9(月)追加予定】あの落ち方ってどういう事?何でもないのに、子供の頃を回想していて落ちたので、変な感じでした(^^;)それに、馬が歩いていて滑り落ちた... [続きを読む]

» 平清盛 第14回「家盛決起」 [あしたまにあーな]
前回、弟から決別と共に今後は兄とは思わず家督を継ぐとまで言われてしまった清盛は、今回そのショックから立ち直ることができずに、最後まで落ち込んだ様子でした。家を継ぐことを宣言されたことよりも、小さい頃からずっと仲良しで、自分のことを兄上と慕ってもらった家盛が突然反旗を翻したことに対してショックを受けたのです。 事実、途中で平氏一門で集まった際に家盛に対して、もう自分は降りたとまで宣言したことからも、家督に関するこだわりはなく、ただただ弟のことを思っていたのだとわかります。 しかし、演出家は、家盛のこと... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.14家盛決起 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第14回 家盛決起 [レベル999のgoo部屋]
『家盛決起』 内容 神輿騒動を起こした清盛(松山ケンイチ)であったが、やがて釈放される。 屋敷に戻ると待っていたのは弟・家盛(大東駿介) 家盛は、清盛が平氏の跡継ぎにふさわしくないと告げ、跡継ぎになると宣言する。 「このままでは、平氏は滅びるのみにございま...... [続きを読む]

» 平清盛 #14「家盛決起」 [昼寝の時間]
公式サイト 久安3年(1147年)、前回の続きから。 検非違使庁から戻った忠盛に [続きを読む]

» 平清盛 第14話 感想「家盛決起」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、神輿を射るという非常識な行動は清盛(松山ケンイチ)の立場を思った以上に悪くさせます。平忠盛(中井貴一)が宗子(和久井映見)を蔑ろにしたこともあり、家盛(大東駿介)が平家の跡目を意識するようになります。 清盛の処分が甘いので比叡山や藤原摂関家は面白くありません。平家一門の益々ご発展のために護摩も焚かれますが、藤原頼長(山本耕史)は鳥羽法皇(三上博史)や得子(松雪泰子)に嫌味を言います。 「法皇様は身分の低い者を取り立てるのがお好きなようだ」など得子も聞き捨てなりませんが、頼長絶好調な... [続きを読む]

» 第14回「家盛決起」 [shaberiba]
---これより先は私が一門を背負っていく所存--- 清盛を跡取りにすると決めていたのに・・ 跡を継ぎたいという家盛の言葉に心揺らしてしまったという史盛。 ソレを察し自から跡取りを降りると宣言した清盛...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第14話「家盛決起」 [よくばりアンテナ]
悪左府頼長~~~~! 悪い人だわっホントに! 仲良くしていた平穏な平氏一門に波風を立たせて 藤原摂関家に利をもたらすような策を考えつくとは。 清盛が神輿に矢を射た事件で、 鳥羽院の温情でも...... [続きを読む]

» 頼長と家盛のシーンに惑わされるな/平清盛 第14回「家盛決起」 [(自称)大河ドラマ批評家「一大河」の批評レポート]
平清盛 第14回「家盛決起」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「せめて一度だけでも… 当たり前の母として笑いかけてくださりませ。」 (平家盛) 【あらすじ】 祇園闘乱事件をきっかけに、家盛は、自分が平氏の棟梁になると清盛に 告げる。... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第14話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
兄弟対決---------!!家盛がついに、いまだ舞子を忘れない忠盛を想い、苦しむ母のために自らが平氏の次期棟梁になると宣言!!比叡山ではいまだ平氏に対し呪詛を念じ続けられていると... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第14話 あらすじ感想「家盛決起」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
兄弟対決---------!! 家盛がついに、いまだ舞子を忘れない忠盛を想い、苦しむ母のために自らが平氏の次期棟梁になると宣言!! 比叡山ではいまだ平氏に対し呪詛を念じ続けられているという。 そこで、賀茂の祭りでの舞は、今回は清盛の代役に家盛が命じられたと...... [続きを読む]

» 平清盛 第14回「家盛決起」感想 [空色きゃんでぃ]
アッー!!Σ(゚∀゚ノ)ノ 家盛がアッー!頼長がアッー! す、すごい展開でしたね(A;´・ω・)フキフキ 内大臣の頼長(山本耕史)の策略で、平清盛(松山ケンイチ)と弟・家盛(大東駿介)が対立することに・・・ 頼長、悪いやつやで!ヾ(。`Д´。)ノ ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第14回 [日々“是”精進!]
  第十四回「家盛決起」釈放された清盛を待っていたのは、厳しい表情の弟・家盛だった。清盛について悩む母・宗子を見かねた家盛は、祇園事件での兄の行動は嫡男にふさわしくない... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第14回 [日々“是”精進! ver.A]
家盛と頼長… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204080004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 1066 Amazo... [続きを読む]

» 平清盛 第14回「家盛決起」〜一度だけでも当たり前の母として笑いかけて下さいませ [平成エンタメ研究所]
 今回のドラマポイントは3つ。  ひとつめは時子(深田恭子)。  「どれだけ落ちぶれようと、あなた様こそがわが光る君。それは将来変わることはございません」  どんな逆境にあっても、変わることのない人と人の絆。  ストレートでくさいせりふだが、人が生きると...... [続きを読む]

» あずさゆみ [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
「よいから近こう寄れ」アッー!アッー!アッー!アッー!ネットで、その言葉が飛び交ったBLドラマ平清盛第14回家盛決起「あのような男には好かれとうない」ホモには掘られとう... [続きを読む]

» あずさゆみ [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「よいから 近こう寄れ」アッー! アッー! アッー! アッー!ネットで、その言葉 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第14話 [またり、すばるくん。]
第十四回「家盛決起」 視聴率13.7%   [続きを読む]

» 【平清盛】第14回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
検非違使庁から戻った清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、弟・家盛 (大東駿介)の反逆ののろしだった。 “祇園事件で世を騒がせた清盛を嫡男とは認めない”と家盛は決起する。 そのことに目をつけた...... [続きを読む]

» 平清盛 第14回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
いやぁ‥‥ 今日はですね もう副長がっ‥‥‥‥!!!!!!(///▽//)副長って言うか 頼長さんがねもうね いや 他にもいいシーンは ホントにいいシーンはありましたけど頼長さ... [続きを読む]

» 平清盛、忠正の影が… [函館 Glass Life]
どうやら祇園社事件を境に朝廷でも清盛に替り家盛が重用されて いるようです ドラマでは清盛に反旗を翻し、平家の棟梁になるべく宣言していま したが、平家の期待が家盛に集まるのは仕方の無い事ですね。 微罪で済んだとはいえ事件後の清盛は謹慎状態だったのかも知れ...... [続きを読む]

» 平清盛 第14話「家盛決起」 [坂の上のサインボード]
 祇園闘乱事件が発端となった比叡山延暦寺の強訴に一応の決着をみたものの、これまで順風満帆な人生を送ってきた平清盛にとっては初めての挫折となったようで、その後も一時不遇を強いられることとなった。そのことと関係していたかどうかはわからないが、にわかに異母弟の平家盛が朝廷における活動を活発化しはじめ、清盛の地位を脅かす存在となりつつあった。  ここで清盛の兄弟について触れておこう。清盛の生母については第1話でも触れたとおり(参照:第1話)、正確なことはほとんど何もわかっていない。わかっているのは、清... [続きを読む]

» 『平清盛』 第14回「家盛決起」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ家盛は、幼いころ庭の木から落ちて、母の宗子が清盛を叱った日を思い出します。兄が実の兄弟ではないと知った日のことを。それから、宗子の言うとおり、清盛を兄として立ててきましたが、ついに限界に。清盛は、舞の稽古をしますが、素質がないのと時子の調子がはずれているのとで悪戦苦闘。そんなところへ、藤原家成が訪れます。そして、祭の日に舞うのは、家盛に決まったと告げました。御輿に矢を放った事件は、まだ尾を引いていたのです。源氏の館では、為義が義朝にうれしい知らせを。頼長から、賀茂の祭の警... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「平清盛」第14回「家盛決起」 [真田のよもやま話]
決起!ですか・・・。いえ、あのおとなしそうな人がと思えばまああれですけど、兄弟で戦をしたり殺しあったりするわけではないんでしょう?いつぞやの武田家のように父を追放してお館の座に就こうというわけでもないんでしょう?いまいちこう・・・ねえ。まあそこら辺を言うなら、自分にはもって生まれた務めがあるという清盛様のお言葉も、何だか分かったような分からないような・・・ねえ。もう少し理詰めにしっかり詰めてほしいかなあ、なんて~~~。... [続きを読む]

» 『平清盛』 第14話「家盛決起」 [英の放電日記]
 今回のテーマ(と言って良いのだろうか?)は「それぞれの複雑な心情」  人の心は背反性があり、複雑である。  今回は、家盛(大東駿介)を中心に、清盛(松山ケンイチ)、宗子(和久井映見)、忠盛(中井貴一)、時子(深田恭子)の心情が絡み合い、そこに頼長(山本...... [続きを読む]

» 「平清盛」 第14回、家盛決起 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第14回、家盛決起。 いい弟で居続けた家盛が初めて清盛に反発。 清盛ではなく、自分が平氏を継ぐことを目指します。 [続きを読む]

» 平清盛 第14回「家盛決起」 [みはいる・BのB]
今週も『平清盛』のお時間です♪(^-^) あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 平清盛 第14回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/大東駿介/森田剛/田中麗奈/武井咲/國村隼/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一 第14回 「家盛決起」 13....... [続きを読む]

» 『平清盛』第14回 [悠雅的生活]
〜家盛決起〜 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男14家盛の欲望に頼長が付け込み清盛に家盛を棟梁に指名させるも頼長の罠と知り自分の力量のなさに絶望死した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第14話は鳥羽法皇から清盛は処分を軽くされたものの、以前蟄居の身のままであり、朝廷の仕事になかなか戻る事ができない。そんな中家盛は苦しむ母を見かね ... [続きを読む]

» 平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ [新ドラマQ]
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日~ [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...... [続きを読む]

» 平清盛【第14回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
家盛決起  「そなたも飲むがいい。よいから近う寄れ。長かったであろう。怪しげな出自の兄の陰で過ごした不遇のときは。物分かりの良い弟のかをしながら、なにゆえ正妻の子である自分が、こんな思いをせねばならぬのかと。まことならば、己こそが嫡男。己こそが次なる棟梁。あの兄さえいなければと、そう思うて生きてきたはずじゃ。私が叶えてやろう。清盛なんぞ取るに足らぬ。まこと世にきらめくべきは、家盛、そなたじゃ。そう思い知らせてやろう。平氏一門にも、鳥羽の院にも」by藤原頼長(山本耕史)。 あひゃひゃあひゃひゃあひ... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #14 家盛決起 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
なかなか視聴率が上がりません。 おかしいなぁ、ここ数年の中では珍しく45分が経つドラマなんだけどなぁ。 [続きを読む]

» 『平清盛』第14話>当たり前の母 [何がなんだか…ひじゅに館]
第14話『家盛決起』 「見目も申し分ないしの」by頼長 Twitter等では祭だったらしい。 見てないけど。 純情(ぇ)ひじゅにだから予告のあのシーンはミスリードっちゅーか 思わせぶりの遊びかと...... [続きを読む]

» 『平清盛』第14話>当たり前の母 [もう…何がなんだか日記]
第14話『家盛決起』「見目も申し分ないしの」by頼長Twitter等では祭だったらしい。見てないけど。純情(ぇ)ひじゅにだから予告のあのシーンはミスリードっちゅーか思わせぶりの遊びか... [続きを読む]

« 『SPEC』がハリウッド進出~海外ドラマリメイクへ | トップページ | 【梅ちゃん先生】第7回(4/9)「カロリー」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30