無料ブログはココログ

« (ネタバレ)【梅ちゃん先生】第3週日別粗筋(4/16~4/21) | トップページ | 【平清盛】第15回感想と視聴率「嵐の中の一門」 »

2012年4月15日 (日)

【三毛猫ホームズの推理】初回感想と視聴率

「天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人」

初回視聴率は、15.9%(関東地区)でした♪

春の連ドラの中で、今のところ、『ATARU』(19.9%)に続いて、2番目の高視聴率です♪(^^)

ドラマも面白かったですね♪(^^)

三毛猫、可愛かったです♪

でも、その化身がマツコ・デラックスとは(汗)

プクプクしてて、確かに猫っぽいかもしれまんせんが、変身した途端に可愛くなくなります(笑)

原作って、猫が変身したでしょうか?? (変身しないそうです(^^;))

この三毛猫・ホームズが、先導してくれたり、いいアドバイスをしてくれて、事件解決に導いてくれます。

ダメダメな刑事、片山義太郎(相葉雅紀)君は、女性恐怖症で、高所恐怖症で、血を見るのもダメで、ほんと刑事に向いてません(^^;)

刑事を辞めたくて、辞表を出しますが・・・

ミステリー好きの兄・ヒロシ(藤木直人)と、超行動的な妹の晴美(大政絢)が「一家に一刑事」という家訓を守るため、義太郎がやめないよう、警視庁まで来て、辞表を取り返したり、事件内容を聞いて、推理して事件解決のために協力したり・・・

この兄妹、いいですね♪(^^)

この2人と猫がいなかったら、普通の刑事ドラマなんですが、彼らの存在がこの作品の魅力だと思います(^^)

兄の推理で、いい線まで迫り、最後の詰めはホームズと義太郎の活躍で事件解決という流れでした。

キャラが濃くて、楽しいし、マツコは不気味だけど、いい味出してたと思います(笑)

怒ってばかりの先輩刑事、根本敏夫(尾美としのり)さんや、

優しく見守ってくれる栗原課長(石坂浩二)も良かったです♪(^^)

 

刑事仲間の石津良平(大倉忠義)は、二枚舌で信用できませんね(^^;)

手柄を自分の物にしようとしたり・・・(汗)

でも、義太郎が手柄を立てるのに協力もしてくれて、いい奴なのか、悪い奴なのか、よく分からないところがいいです(笑)

ヒロシと晴美と義太郎と一緒に、勝手に捜査会議開いちゃってるし(笑)

普通、刑事の家族とはいえ、捜査情報、話しちゃダメですね(^^;)

でも、そういうお固い事は抜きの軽いドラマなので、細かい事は気にしちゃいけませんね(^^)

 

雪子役のベッキー、悪女なのに、本当はいい人みたいなオーラがあって、はまり役だったと思います♪(^^)

女性恐怖症の義太郎でしたが、最後は、45センチを克服して、ハグする事ができました♪

でも、これで女性恐怖症が治った訳ではないでしょうね(^^;)

義太郎、もう29歳だから、そろそろ治らないと、結婚、困るかも?(^^;)

でも、お兄さん、もう39歳だけど、まだ独身ですね(汗)

働いてないし(^^;)

 

義太郎は優しいですね♪(^^)

追っていた犯人がビルの階段から落ちて頭部陥没による脳挫傷で死んでしまった時も、とても落ち込みました。

義太郎「逃げられた方が良かった。死なせちゃうよりは」

確かにそうかもしれません。

逃げられたら、また捕まえればいいですが、死んでしまったら取り返しがつきません(汗)

優しいだけにショックだったでしょう。

 

落ち込んだ義太郎に、ホームズが清掃人(マツコ)に変身してカツを入れました。

清掃人「この事件を止められるのは、あなたしかいないの」

義太郎「僕、刑事に向いてないんです」

清掃人「向いてる向いてないって言う前に、自分に何ができるか考えてみなさい!」

義太郎「あの、僕に何ができるんですか?」

清掃人「そんくらい、自分で考えニャ~!」

 

「自分で考えニャ~」の「ニャ~」で、義太郎もきっとホームズの化身だと分かったでしょう(^^)

義太郎にしか、マツコの姿は見えないようです♪

最後に、ホームズの力を借りて、義太郎自身が、事件を解決しました。

森崎学部長の殺害現場は、横12m縦3mのコンテナカフェ。

中の椅子とテーブルが全部外に出されて、部屋の隅に、頭部陥没による脳挫傷の遺体がありました。

この高さから転落死はあり得ない。

でも、実は、このコンテナを工事用のクレーンで立たせ、縦と横を逆にしていたのでした。

それで、12mの高さになって、転落死してしまったのでした。

そして、そこに呼び出し、鍵を自分で閉めさせたのが、雪子でした。

ホームズの導きで行った学部長室のメモに何か書いた跡があり、鉛筆でなぞってみたら、「22時 コンテナカフェ 雪子」と書かれていました。

だから、さすがに、義太郎も、そこへ森崎学部長を行かせたのは、不倫相手だった雪子しかないと思ったのでした。

でも、きっと何か理由があったに違いない・・・

雪子も信じていた森崎に裏切られ、森崎がやっていた学生証を偽装し、ローンを組む詐欺事件を雪子が主犯にされそうになっていたのでした。

森崎は自分の詐欺事件を隠すために、兄弟の汚職事件を暴いたりもして(^^;)

雪子が森崎をコンテナカフェに呼び、管理人の小峰がそのコンテナカフェを縦にして、転落させて殺害。

小峰は、口止め料を雪子に請求していました。

雪子が小峰にナイフを突きつけている所に、義太郎達が駆けつけて止めました。

そして、信じてると説得し、ハグして、

義太郎「また会おうね。いつかきっと」と言いました。

事件は一件落着。

いつか、雪子とまた会えるといいですね♪(^^)

 

赤川次郎さんの「三毛猫ホームズ」シリーズ、私も好きで、学生時代に沢山、読みました。

でも、もう昔の事で、全然、話、覚えていませんでした(^^;)

今回の第1話の原作「三毛猫ホームズの推理」は、このシリーズの第1作目ですね。

これには、石津刑事は登場しないですが、このドラマでは登場しています。

第1作が世に出てから34年。

シリーズ累計発行部数2800万部だそうです。

すごいですね。

次回は、義太郎、女性恐怖症を克服するために、恋愛セミナーを受講するそうです。

今度の犯人は幽霊?

朝ドラ「てっぱん」ヒロインの瀧本美織さんがゲスト出演します。

それはともかく、楽しみです♪(^^)

 

【原作】 赤川次郎「三毛猫ホームズ」シリーズ(光文社、角川文庫)

【脚本】 大宮エリー

【主題歌】 「Your Eyes」 / 嵐

【監督・演出】 中島悟 

  

【第1話粗筋】 (Yahooテレビより)

シリーズ累計発行部数2800万部!
赤川次郎の名作ミステリー「三毛猫ホームズ」シリーズが連続ドラマ化。
あらゆる弱点を兼ね備えたダメ刑事が、家族や同僚の刑事、そして天才的な推理力を持った
不思議な三毛猫の力を借りて次々と起こる難事件を解決していくという物語。

警視庁捜査一課の片山義太郎(相葉雅紀)は、女性恐怖症にして高所恐怖症、血も苦手で事件の現場検証すらまともにできないダメ刑事。
父親の遺言と「一家に一刑事」という一風変わった先祖代々の家訓を背負い、刑事となった義太郎は、ミステリー大好きな自称小説家の兄・ヒロシ(藤木直人)と、天真爛漫で好奇心旺盛、超行動派の妹・晴美(大政絢)という強烈な個性を持った兄妹に挟まれ、叱咤激励されながらも、「自分には刑事を向いていない」と、捜査一課長の栗原(石坂浩二)に何度も辞表を出すような日々を過ごしていた。

そんなある日、いつものように片山の辞表をノラリクラリと受理してくれない栗原の一方的な頼みで、後輩の石津刑事(大倉忠義)と共に恵心女子大学へ向かうことに。
その女子大では前日に殺人事件が起こったことで、多くの刑事が捜査にあたっていたが、義太郎たちが任されたのは、栗原の知人である森崎学部長(大浦龍宇一)の下、
学内に蔓延る詐欺事件について調べて欲しいというものであった。
ひとたび学内を歩けばそこには見渡す限りの女子!女子!女子!
女性恐怖症の義太郎にとってはあまりの惨劇にフラフラとする中、義太郎は校内に居ついていた一匹の不思議な三毛猫と出会う---。

 

【主要キャスト】

片山義太郎(29)・・・相葉雅紀(捜査一課刑事)

片山ヒロシ(39)・・・藤木直人(義太郎の兄)

片山晴美(24)・・・大政絢(義太郎の妹)

石津良平(25)・・・大倉忠義(関ジャニ∞)(捜査一課刑事)

ホームズ・・・シュシュ(猫の化身(清掃人)・・・マツコ・デラックス)

根本敏夫・・・尾美としのり(捜査一課、義太郎の先輩)

栗原 肇・・・石坂浩二(捜査一課課長 警視)

樋口刑事・・・植木夏十

村田刑事・・・君沢ユウキ

<第1話ゲスト>

吉塚雪子・・・ベッキー
森崎智雄・・・大浦龍宇一
富田和生・・・大鶴義丹
今井広三・・・須田康人
浅井信二・・・島津健太郎
小峰哲三・・・齋藤 曉

 

公式HP(人物相関図)

 


【送料無料】三毛猫ホームズの推理

   

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« (ネタバレ)【梅ちゃん先生】第3週日別粗筋(4/16~4/21) | トップページ | 【平清盛】第15回感想と視聴率「嵐の中の一門」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
ホームズかわいかったですよね(。・∀・。)
私も学生の頃、赤川次郎に凝って、このシリーズもかなり読んだはずなんですが、すっかり忘れきってました(笑
そもそもの設定すら忘れてる・・・
ホームズ=マツコというキャスティングはマツコ好きの私でも、最初は大丈夫か?って心配しましたが英断だったと思います(笑
片山家での捜査会議や兄弟での会話とかが楽しくていいですよね。
ヒロシ、ドラマが終わるまでには小説書けるようになってるのかな~(´m`)

>きこりさんへ

コメント、ありがとうございます♪

ほんと、ホームズかわいかったですね♪(^^)

やはり、学生の頃、このシリーズ、読んだはずなのに忘れてましたか(^^)
面白いけど、軽いので、すぐに忘れてしまうのかもしれませんね(^^;)

>ホームズ=マツコというキャスティングはマツコ好きの私でも、最初は大丈夫か?って心配しましたが英断だったと思います(笑

ほんと、ホームズ=マツコ、意外に良かったですね(笑)cat

>片山家での捜査会議や兄弟での会話とかが楽しくていいですよね。
>ヒロシ、ドラマが終わるまでには小説書けるようになってるのかな~(´m`)

ぜひ、最後には小説、完成させて欲しいですね(^^)
事件をそのまま書いてもよいから(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54479121

この記事へのトラックバック一覧です: 【三毛猫ホームズの推理】初回感想と視聴率 :

» 【三毛猫ホームズの推理】初回感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【初回視聴率は、4/16(月)追加予定】「天才化け猫ダメ刑事VS密室殺人」面白かったですね♪(^^)三毛猫、可愛かったです♪でも、その化身がマツコ・デラックスとは(汗)プク... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 #01 [ぐ~たらにっき]
『天才化け猫&ダメ刑事vs密室殺人』 [続きを読む]

» 「三毛猫ホームズの推理」 第1話 天才化け猫 & ダメ刑事 VS 密室殺人 [トリ猫家族]
 さて・・・始まりましたね。 てか、わたしゃ、推理がどうのよりホームズ役の三毛猫を見てるだけでいいかも・・・(p゚∀゚q) 顔も丸顔でちょっとふてぶてしい雰囲気もあり、毛皮 ... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『天才化け猫&ダメ刑事vs密室殺人』 内容 恵心女子大学の浅井信二教授が、何者かに殺された。 根本歳男刑事(尾美としのり)石津良平刑事(大倉忠義)らとともに 現場に臨場した片山義太郎(相葉雅紀)だったが、被害者の血を見て卒倒。 “一課に一刑事”という亡き...... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
警視庁捜査1課の刑事・片山義太郎(相葉雅紀)は、女性や高いところや血が 苦手で、事件の現場検証もまともに出来ない。 兄・ヒロシ(藤木直人)と妹・晴美(大政絢)に叱咤激励されながらも、自分に 刑事は向いていないと思い、何度も上司に辞表を出すような日々を過ごしてい... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第1話:天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人 [あるがまま・・・]
何故に清掃員?(=´∇`=)にゃん だけど次週の予告ではまた違った扮装してたので、毎回マツコのコスプレを楽しむ 作りになってるのかな? と、マツコはもちろんの事、レギュラーもゲストもクセのある俳優さんがいっぱいで 楽しかった〜!!! 相葉ちゃんは普通に相葉ち...... [続きを読む]

» ドラマ「三毛猫ホームズの推理」 第1話 あらすじ感想「天才化け猫&ダメ刑事vs密室殺人」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
高所恐怖症、血がダメで女性が苦手な刑事----------片山義太郎。 始まりました、『三毛猫ホームズ』 はるか遠い彼方、中学の時に原作をず〜〜〜っとシリーズで読んでたのは覚えているんですが、どんなお話だったか?はうろ覚え。 まぁ、今回のお話とかは見ててすぐ...... [続きを読む]

» ドラマ「三毛猫ホームズの推理」 第1話 ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
高所恐怖症、血がダメで女性が苦手な刑事----------片山義太郎。始まりました、『三毛猫ホームズ』はるか遠い彼方、中学の時に原作をず~~~っとシリーズで読んでたのは覚えているん... [続きを読む]

» 【三毛猫ホームズの推理】第1話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
女性恐怖症、高所恐怖症、血が恐い、気弱、やる気なし… の、警視庁捜査一課の刑事が、三毛猫ホームズと事件に挑む。 「三毛猫ホームズの推理」第1話     簡単感想のみで。 片山義太郎は...... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 (第1話・4/14) [ディレクターの目線blog@FC2]
4/14から日テレで始まったドラマ『三毛猫ホームズの推理』(公式)の第1話『天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人』の感想。なお、赤川次郎氏の原作小説は一切未読。 なお、本作を面白いと思った方や出演者...... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理「天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人」 [のほほん便り]
ユーモア・ミステリーとあって、おもちゃ箱をひっくり返したような、何でもアリぶり。 刑事ドラマ、プラス、ホームドラマ。ギャグあり、動物あり(太めの三毛猫ちゃん、可愛い!)、マツコあり、ミステリーあり、と目を白黒だったけれど、圧倒されて(!)それなりに楽しめました 原作は、赤川次郎の超ロングセラーな人気シリーズ 主人公、相葉雅紀は、かぎりなく史上最弱の軟弱刑事。その兄弟が、大政絢 に藤木直人とは、なんて豪華! フジッキーも、ミステリー・オタクのひきこもり役だなんて… どう関わってくるの... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第1話 [ドラマハンティングP2G]
第1話「天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人」 2012.4.14 「俺は刑事になんて向いていない…」 そう嘆き、毎日のように辞表を提出するダメダメ刑事・片山義太郎。 女性恐怖症、高所恐怖症、幽霊恐怖症、人間としてのあらゆる弱点を兼ね備えた片山は 「一家に一刑事」という…... [続きを読む]

» 「三毛猫ホームズの推理」第1話 [三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ]
女子大新校舎建築の汚職。 三毛猫と密室殺人。 第1話『天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人』ネタバレです。 三毛猫ホームズの推理 (角川文庫 (5680))赤川 次郎 角川書店 by G-Tools [続きを読む]

» 別館の予備(三毛猫ホームズ&黒子のバスケ) [スポーツ瓦版]
4月16日 三毛猫ホームズ&黒子のバスケ 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11223147223/1926a63d [続きを読む]

» 三毛猫ホームズ&黒子のバスケ [別館ヒガシ日記]
三毛猫ホームズは初回だが ダメマツコ解決も 事件より小ネタの方が多くて 全体的に引き延ばし過ぎだ 黒子のバスケは宣誓&黄瀬だが 朝礼宣誓で入部ネタだけど 火神&黒子で最後の文字は良く... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第1話「天才化け猫&ダメ刑事VS密室殺人」感想 [空色きゃんでぃ]
マツコですにゃ('ω') にゃんこ可愛い~♪ 三毛猫ホームズの正体マツコ・デラックス!?Σ(゚∀゚ノ)ノ 化け猫なんだw 「一家に一刑事」という家訓の家に生まれた片山義太郎(相葉雅紀)。 警...... [続きを読む]

» 《三毛猫ホームズの推理》☆01 [まぁ、お茶でも]
嵐の相葉君の何人目かの片山刑事。 高所恐怖症。女性恐怖症。血液恐怖症。人を疑うよりは信じて、殺したくない。 よって、刑事という職業は向いていない。 だから、毎日辞表を持っていた。 恵心女子大学で、殺人事件が起きた。 ... [続きを読む]

» 『三毛猫ホームズの推理』 第1話 [英の放電日記]
 登場人物は個性的、密室トリックも大胆で、深く考えなければ、楽しめます。  しかし、これが長所であり、短所でもあります。 短所として観た場合、 ★登場人物の設定に無理がありすぎる ☆主人公・片山義太郎刑事(相場雅紀)  死体が駄目で、高所恐怖症、女性恐怖症で...... [続きを読む]

» 春ドラマ視聴率一覧と初期総評(2012年4~6月期) [ショコラの日記帳]
『ATARU』1位、『鍵のかかった部屋』2位、『三毛猫』3位、ジャニ系独占♪2012年春ドラマ視聴率一覧(2012年4~6月期)   【4/18(水)迄】局時タイトル12345平均評価開始TBS月20ハンチョウ5... [続きを読む]

« (ネタバレ)【梅ちゃん先生】第3週日別粗筋(4/16~4/21) | トップページ | 【平清盛】第15回感想と視聴率「嵐の中の一門」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31