無料ブログはココログ

« 【ATARU】第4話感想と視聴率&『家族のうた』また最低視聴率 | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第4話感想と視聴率打ち勝つ♪ »

2012年5月 7日 (月)

【平清盛】第18回感想と視聴率「誕生、後白河帝」

「誕生、後白河帝」

松田聖子さんより松田翔太さんの方が歌がうまいと思ったんですが、気のせいでしょうか?(^^;)

第18回の視聴率は、前回の13.9%より少し下がってしまい、13.5%でした。

 

今回は近衛帝が亡くなってしまい、次の帝を誰にするかの権力争いでした。

亡くなる前から、皆、鳥羽法皇と崇徳上皇のどちらにつこうか、迷いに迷っていました。

平氏一門でも話し合いましたが、清盛は・・・

清盛「法皇様、上皇様、お2人には仲良うして頂く。

 これは争いの始まりではない。

 法皇様と上皇様が互いに歩み寄る機会なのじゃ」

忠正「何を仰せか。お2人には長年の深い溝が」

清盛「その溝を埋めぬ限り、世の乱れは正せぬ。

 我ら平氏は、その溝を埋めるために働く」

 

これは、甘いというか、理想論で、とてもそんなうまく行かないでしょうね(汗)

 

久寿2年(1155年)7月23日、近衛帝が17歳の若さで崩御しました。

すぐに、次期帝を誰にするか話し合いが行われました。

その数日前、頼長の妻が亡くなり、頼長は喪に服していました。

信西は見張りに命じ、頼長を「服喪中だから」と昇殿拒否させ、この話し合いに入れませんでした。

その上、出た案を次々に貶して、話し合いを自分の思い通りの方に進め、なかなかの策士でした(^^)

一番の有力候補は、崇徳上皇の息子の重仁でした。

でも、それだと上皇が鳥羽法皇や関白・忠通などに、どんな仕返しをするか分かりません。

誰か別の人を帝に立てようか、いろいろ候補が出ました。

以前、清盛から上皇との和解を勧められた法皇は、

鳥羽「重仁を即位させる。いや、いっそ上皇を再び即位させてもよいと思うておる。

 朕はちゃんと詫びたいのじゃ。

 心より詫び、共に政を行っていきたい。

 それこそ、朕の務めなのじゃ」

と言いましたが、信西は甘くなく、法皇を褒めながらも、反対しました。

信西「されど、いささかお考えが甘うござりましょう。

 今更、詫びたところで、上皇様はお許しになるはずもなく、

 鳥羽の法皇様につく者と上皇様につく者、国が大きく2つに分かれましょう。

 天下の権を握るは、あくまで法皇様。

 法皇様が自在に操れるお方を帝の座におつけになるべきです。

 さもなくば、いずれ、天下大乱となるべきは必定にござりましょう」

そして、結局・・・

語り「久寿2年7月24日、誰も予想だにしなかったご裁断が下された。

 雅仁様が即位。後白河帝が誕生したのである。

 都の事態、芳しからず」

 

遂に、雅仁様が帝になりましたね♪

松田翔太さんのこのキャラ、好きなので、嬉しいです♪(^^)

これからもっと沢山登場してくれるでしょうか?

 

近衛帝の容体が悪く、皆が血相を変えて迷っている時に、一人関係ないように、信西の妻・朝子を伴って美濃の青墓宿(あおはかのしゅく)へ行きました。

そこで、白拍子・乙前(かつての祇園女御・松田聖子)の今様に、強く心を揺さぶられました。

 

遊びをせんとや生まれけむ

戯れせんとや 生まれけむ

 

雅仁様は乙前に、この今様の歌のように、生き生きと生きる男(清盛)を誰もが頼りにするが、自分は誰からも相手にされないと淋しい真情をもらしました。

雅仁「誰も私を見てくれる者はおらぬ。

 声の嗄れるほど歌うておっても。

 生まれて来ずとも何の障りもなかった者なのじゃ」

乙前「声を嗄らして歌われるのは、あなた様の内に何か得体の知れぬ力がみなぎっているからにござりましょう。

 ただ、あなた様はその力のやり場を見つけられぬだけ。

 いつかあなた様の内から何かが溢れて来る。

 それはきっと世をおおいに動かすものにござりましょう」

雅仁「まことか?まことか? 乙前」

乙前、頷く。

 

雅仁は、それで癒されて元気になったのでした。

清盛もその今様を聞いて励まされた事があって・・・

でも、さすがに聖子さんの再登場では視聴率は上がりませんでした(汗)

 

次回は、時子の妹・滋子(成海璃子)の再登場ですね。

絶世の美女らしいですが(^^;)

次回は「鳥羽院の遺言」

鳥羽法皇、亡くなるのでしょうか?

よく分かりませんが、雅仁様が帝に即位してどう変わるのか、注目しています♪(^^)

 

【第18回粗筋】 (Yahooテレビより)

1154年、近衛天皇(北村匠海)の容態が悪化。朝廷は大きく揺れる。近衛天皇が崩御すると、再び鳥羽院(三上博史)と崇徳院(井浦新)の権力争いが激化するとされていた。清盛(松山ケンイチ)は、何とか2人の仲を取り戻そうと奔走を始める。一方、雅仁親王(松田翔太)は訪れた美濃青墓で乙前(松田聖子)という白拍子に会う。そしてついに、近衛帝は17歳の若さで崩御。そして次の帝(みかど)に選ばれたのは・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】NHK大河ドラマ 平清盛 オリジナル・サウンドトラック

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 【ATARU】第4話感想と視聴率&『家族のうた』また最低視聴率 | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第4話感想と視聴率打ち勝つ♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めてコメします。
平清盛の視聴率が気になって色々見ていたら、ここにたどり着きました。

ショコラさんのブログ、面白いですね。

時々見に来ますね。

過去のブログ見ていたら、「ATARU」面白そうなんで観てみようかなと思いました。

今様の歌♪確かに、聖子さんより翔太君の方が
声が通ってましたね。
あの時代はマイクありませんから。^_^;

崇徳院の御所で清盛はイラクに行った元首相のように、脱力する話をしてましたね。だから、具体的にはどうするんじゃ?と[壁]_-)。

鳥羽院グループは権力から降りたら、崇徳院側からの報復が怖い訳で。それぞれの安全を確保する方策を出さないと。清盛の頭ではムリっぽいですが。

崇徳院は再び転がってましたけど、また酷い目にあったのですね。井浦さん、ここを先途と短いシーンを頑張って演じてます。

忠盛さん亡き後の平氏一門の会議は悪ガキの学級会化し、池禅尼さん、微笑ましく見守っている場合ではありませんよね。

翔太さん、持って生まれたモノか、黙っていても、立ち姿が貴人に見えます。普通の人とは心の動きが違うようにも感じられます。

清盛とその仲間達が出てくると、脇役陣のせっかくの努力がぶち壊しになりますね。この所の大河の、悪例に沿っているようです。(-_-;)

>キャラメルマンさんへ

コメント、ありがとうございます。

>平清盛の視聴率が気になって色々見ていたら、ここにたどり着きました。

そうですか。
視聴率、低くても低いなりに気になりますね(^^;)

>ショコラさんのブログ、面白いですね。
>時々見に来ますね。

どうもありがとうございます♪happy01
ぜひ、これからもよろしくお願いします♪(^^)

>過去のブログ見ていたら、「ATARU」面白そうなんで観てみようかなと思いました。

「ATARU」も面白いし、「鍵のかかった部屋」も面白いです♪(^^)
今、私の一番のお薦めは、「鍵のかかった部屋」です。
これが一番、無難な感じです♪
「ATARU」と「三毛猫ホームズ」も面白いですが、これは、好きな人とイマイチの人と好みが分かれそうです(汗)
人によって、好みは違うので(^^;)

「ATARU」が気に入ってもらえますように☆(^^)

>レッドバロンさんへ

コメント、ありがとうございます。

やはり今様の歌、翔太君の方が良かったですよね♪(^^)
本業、翔太君は俳優ですが(^^;)

>鳥羽院グループは権力から降りたら、崇徳院側からの報復が怖い訳で。それぞれの安全を確保する方策を出さないと。清盛の頭ではムリっぽいですが。

それぞれの安全を確保する方策が当然必要で、一番難しいですね。
鳥羽院と崇徳院を仲直りさせるのは、とても大変だと思います。
清盛のようなガキっぽい頭ではとても無理でしょう(汗)
信西のような策士が動かないと。
でも、信西は自分の得になる雅仁を推したので、無理ですが(汗)

>崇徳院は再び転がってましたけど、また酷い目にあったのですね。井浦さん、ここを先途と短いシーンを頑張って演じてます。

雅仁様が帝になると、もう崇徳院は日の目を見ないですね(^^;)
そのこと事態がとてもショックでしょう。

>忠盛さん亡き後の平氏一門の会議は悪ガキの学級会化し、池禅尼さん、微笑ましく見守っている場合ではありませんよね。

平氏一門の会議、酷いものでしたね(汗)
清盛をよく見せるために、他の兄弟、子供達を悪くしたみたいでした(汗)
時子の兄は、相変わらずで、彼らしかったですが(笑)

>翔太さん、持って生まれたモノか、黙っていても、立ち姿が貴人に見えます。普通の人とは心の動きが違うようにも感じられます。

そうですね。
気品があって、素敵ですね♪(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54657487

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第18回感想と視聴率「誕生、後白河帝」:

» 【平清盛】第18回感想と視聴率「誕生、後白... [ショコラの日記帳]
「誕生、後白河帝」松田聖子さんより松田翔太さんの方が歌がうまいと思ったんですが、気のせいでしょうか?(^^;)第18回の視聴率は、前回の13.9%より少し下がってしまい、13.5%... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #18 誕生、後白河帝 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
気がついたら始まっていました。 近衛天皇の容体が一気に悪化し、 皇位継承問題が浮上してきました。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第18回 [日々“是”精進! ver.A]
新帝、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205060003/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 2003 Amazo... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第18回 [日々“是”精進!]
  第十八回「誕生、後白河帝」1154年、近衛天皇の容態はますます悪くなるばかり。父の鳥羽法皇は、長男の崇徳上皇を無理やり退位させた報いだと悔やむ。清盛は崇徳上皇から後ろ盾... [続きを読む]

» 平清盛 第18話「誕生、後白河帝」 [坂の上のサインボード]
 久寿2年(1155年)7月23日、近衛天皇(第76代天皇)が17歳の若さで崩御した。近衛帝は鳥羽法皇(第74代天皇)の第9皇子で、生母は皇后の美福門院得子。これまで何度も紹介してきたとおり、近衛帝の兄である崇徳上皇(第75代天皇)は、鳥羽院と中宮・待賢門院璋子との間に長男として生まれながら、鳥羽院は祖父の白河法皇(第72代天皇)と璋子が密通して出来たのが崇徳院だと信じて疑わず、鳥羽院は終生、崇徳院のことを「叔父子」と呼んで忌み嫌ったと伝えられる。そのことが理由だったかどうかはわからないが、鳥羽院政... [続きを読む]

» 平清盛 第18回「誕生、後白河帝」〜松田翔太が松田聖子の膝枕のファンタジー! [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』平清盛 第18回「誕生、後白河帝」 清盛 (松山ケンイチ)の顔つきが変わりましたね。 すこし穏やかになって良い顔しています。 『野良犬』から『平氏の棟梁』に立場が変わって、佇まいも変化したってことかな・・・。 低視聴率大河の変化は清盛の顔つきくらいで、現実には今回の『平清盛』も散漫なエピソードでした。 あちいったり、こっちいったりで、骨太さを感じられない展開です。 この前放映された映画『阪急電車 片道15分の奇跡』では、駅ごと、登場人物ごとのバラバラのエピソード... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第18話 [またり、すばるくん。]
第十八回「誕生、後白河帝」 視聴率13.5%   [続きを読む]

» 平清盛 第18話 感想「誕生、後白河帝」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、近衛帝の容体は芳しからず、崇徳上皇(井浦新)は清盛(松山ケンイチ)に味方になってくれと頼みます。清盛は鳥羽法皇(三上博史)と敵対している崇徳院には加勢できないとはっきり旗幟鮮明します。 雅仁親王(松田翔太)は武家の台頭に面白くないですが、帝が病気でも今様を自粛するつもりはありません。 平家では鳥羽法皇、崇徳上皇のどちらに味方するかで喧々諤々ですが、上皇に和歌を教えて欲しいなど方向性がズレていきます。家貞(中村梅雀)は盛国(上川隆也)が立派になったと涙ぐみますが、清盛が寛容なのでみん... [続きを読む]

» 平清盛 第18回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今日は珍しくフォーゼも大河も感想書けております!!(^0^)今日はもう皆さん、「芳しくない」の大合唱でしたね(^^;)気になったところを幾つか書きますと松田聖子さんに会う松田翔太君(^... [続きを読む]

» 平清盛、天皇の名前の由来!! [函館 Glass Life]
いよいよ保元の乱へのカウントダウンが始まりました 近衛帝が亡くなり次期天皇選びも混沌としてきましたね 近衛帝が亡くなったのは崇徳帝を苛め抜いた事への呪いだと 自暴自棄に陥っている鳥羽上皇。 と言う事は崇徳帝は生霊と言う事なのでしょうか?? 自らへの災...... [続きを読む]

» 平清盛 第18回 誕生、後白河帝 [レベル999のgoo部屋]
『誕生、後白河帝』 内容 久寿元年、病に倒れた近衛帝(北村匠海) 父である鳥羽法皇(三上博史)母・美福門院得子(松雪泰子)は、苦悩していた。 特に鳥羽法皇は、崇徳(井浦新)を強引に退位させたことの報いではと考える。 そんな折、法皇の信頼厚く相談相手であっ...... [続きを読む]

» 【平清盛】第18回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1154年、近衛天皇(北村匠海)の容態が悪化。朝廷は大きく揺れる。 近衛天皇が崩御すると、再び鳥羽院(三上博史)と崇徳院(井浦新)の権力争いが 激化するとされていた。 清盛(松山ケンイチ)は、何と...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.18誕生、後白河帝 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版)... [続きを読む]

» 平清盛 第18回「誕生、後白河帝」 [みはいる・BのB]
GW最後の日で『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・ [続きを読む]

» 「平清盛」 第18回、誕生、後白河帝 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第18回、誕生、後白河帝。 近衛天皇が崩御して、後白河天皇が誕生する。 [続きを読む]

» 『平清盛』 第18回「誕生、後白河帝」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ平氏一門のため親身になってくれた藤原家成は、病でなくなりました。このころ朝廷でも、まだ若い近衛帝が床に臥せっていました。もし帝が崩御となれば、おそらく崇徳上皇の皇子が帝位につくはず。この予想にどう対処するかで、平氏は一門会議を開きます。おそらく鳥羽院にばかり仕えてきた平氏に、これからは風当たりが強くなるかもと盛国。この当然の意見に、家貞は「立派になった」と涙します。どうやら寄る年波で涙もろくなったようす?その他、どちらにも良い顔をすればいいだろ、という身もふたもない時忠。... [続きを読む]

» 平清盛 第18回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/森田剛/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第18回 「誕生、後白河帝」 13.5% 1154年、近衛天...... [続きを読む]

» 平清盛【第18回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
誕生、後白河帝  「身に余るお言葉ながら、その儀ばかりは、お受けいたしかねまする。我ら平氏は、鳥羽の法皇様に忠義を尽くす身。その法皇様と御仲悪しきお方に軽々しく力をお貸しするなど、とてもかなわぬこと。御用がそれだけでござりますならば、これにて、ご無礼をつかまつります」by平清盛(松山ケンイチ)。 えええええええええっ!!!いくら崇徳上皇(井浦新)が上皇とは名ばかりで朝廷ではなんの権限も持っていないからと言って、武士風情が上皇さまにこんなこと言っちゃっていいんですか??何様ですか??あぁ平氏様です... [続きを読む]

» 平清盛【第18回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
誕生、後白河帝  「身に余るお言葉ながら、その儀ばかりは、お受けいたしかねまする。我ら平氏は、鳥羽の法皇様に忠義を尽くす身。その法皇様と御仲悪しきお方に軽々しく力をお貸しするなど、とてもかなわぬこと。御用がそれだけでござりますならば、これにて、ご無礼をつかまつります」by平清盛(松山ケンイチ)。 えええええええええっ!!!いくら崇徳上皇(井浦新)が上皇とは名ばかりで朝廷ではなんの権限も持っていないからと言って、武士風情が上皇さまにこんなこと言っちゃっていいんですか??何様ですか??あぁ平氏様です... [続きを読む]

« 【ATARU】第4話感想と視聴率&『家族のうた』また最低視聴率 | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第4話感想と視聴率打ち勝つ♪ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31