無料ブログはココログ

« 【ATARU】第5話感想と視聴率&『家族のうた』打ち切り | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第5話感想と視聴率 »

2012年5月15日 (火)

【平清盛】第19回感想と視聴率上昇「鳥羽院の遺言」

「鳥羽院の遺言」

遅くなりましたが、6月から出演する新キャスト6人が5月5日に発表されたそうです。

高橋愛(25)(元モーニング娘)、窪田正孝(23)、中川大志(13)、渡部豪太(26)、宇梶剛士(49)、冨浦智嗣(20)の6人です。(それぞれの役名と登場日はこちらです)

これで視聴率、上がるでしょうか?

第19回の視聴率は、前回の13.5%より上がって、14.7%でした♪

14%台になったのは、3月11日の第10回(14.7%)以来、2ヶ月ぶりです。å

ようやくテコ入れの成果が出たようで良かったです(^^)

 

清盛、相変わらず、甘いですが、松山ケンイチさんの演技は、とてもよくなったような気がしました♪

鳥羽法皇、本当に亡くなってしまいました。

得子、法皇が長くない事を上皇に知らせに行き、今回はいい人になりました。

 

得子「法皇様はもう長うはありませぬ。

 どうか上皇様、ご余生、悔いを残されませぬように」

 

清盛も上皇と法皇が仲直りするよう働きましたが、得子の訪問の方が効いたのではないでしょうか?(^^;)

清盛は平氏一門の事をまず第一に考えなければならないのに、上皇と法皇の仲直りしか頭になかったみたいでした(汗)

雅仁様が帝に正式に即位して、後白河帝となりました。

お祝いに崇徳上皇から歌が贈られてきました。

「朝ぼらけ 長き夜を 超へ にほひたて

くもゐに見ゆる 敷島の君」

皆は褒めましたが、後白河帝はその句を見て、

「あ な に く し」と言い、険しい表情になりました。

信西が皆に解説。

信西「それぞれの句の初めの文字を繋げると、『あなにくし』、実に憎いとの言葉が織り込まれておりまする」

後白河帝「おのれ、上皇! 許さぬ!」

後白河帝は暴れて、膳や食器など滅茶苦茶にしました。

その姿を見て、鳥羽院は亡き白河院を思い出し、後白河帝を帝に指名した事を後悔。

鳥羽「ならぬ・・・ならぬならぬ。

 此度の即位は取り消しじゃ。

 今すぐ譲位せよ。

 朕が浅はかだった。

 帝は重仁じゃ」

後白河帝「法王よ。ここは私の世じゃ」

鳥羽法皇、後白河帝と白河院が重なり、ショックで倒れてしまいました。

後白河帝、威厳があって、素敵でした♪(^^)

 

法皇は、病床でしたが、時折、起きて、「これは我が子なり・・・」と書き続けました。

 

病床の法皇は、「朕が死んで後、何が起ころうとも、朕が上皇にしてきた事の報いじゃ」と言いました。

でも、信西は、「治天の君として、なすべきことをなさいませ」と。

そして、信西の意のまま、

「戦が起こった際には、鳥羽院をお守りすると誓え」と、都の武士達に広く命が出されました。

義朝は藤原家に仕える父の立場を考えず、簡単に誓いの文を書きました。

でも、清盛は、法皇と上皇の仲を取り持つため、どちらにも味方しないと・・・

そんな清盛を義朝は嘲りました。

宗子でさえ、不安に思ったようです(汗)

宗子「いざという時には、そなたが守っておくれ。亡き殿のお志を」と忠正に頼みました(^^;)

 

義朝は誓いの文を書きに行った帰りに清盛宅を訪れました。

そして、書いた書かないで、お互いを批判。

余計に世が乱れてしまうと言う清盛に

義朝「乱れればよいではないか。

 それでこそ、武士の働きがいがあるというもの」

清盛「おまえは己さえよければいいのか!」

義朝「貴様こそ、それでも武士の棟梁か!」

義朝、刀を抜き、清盛に突きつける。

義朝「友切だ。源氏重代の太刀。

 源氏の家督を継ぐ者の証だ。

 俺はこれを手に入れるため、わが子を遣わし、弟を殺した」

清盛「おまえ・・・(殴り)なんと言うことを」

義朝「源氏を率いるためには、この友切がなくてはならぬのだ」

清盛「だからと言うて、身内を・・・」

義朝「何が法皇様と上皇様の仲直りだ。

 揉めさせておけばよい。

 戦になるのなら、もっとよい。

 それこそ、武士にとって無二の機会だ」

清盛「そんな腐った土台の上に何が築けるというのだ」

義朝「土台はとうに腐っておる。

 腐った物はどうあがこうと、元には戻らぬ」

清盛「そんな事はない」

義朝「ならば勝手にせよ。

 せいぜいお上親子の仲直りにうつつを抜かし、一門を滅ぼすがよい」

 

義朝、友切を得るために息子に弟を殺させたのはひどかったですが、

この会話は義朝の言う通りだと思いました。

平氏一門を守るのが一番大切でしょう。

でもこの時はまだ清盛、それが分からず、信西にも催促されてしまいました。

信西は法皇が最初は重仁を即位させようとし、迷って、雅仁様にした事を話しました。

今はそれを後悔しておられると清盛。

信西「つまりはそういう事じゃ。

 どなたが即位されようと、お2人が仲違いなされようと、仲直りなされようと時はそちらに向かって、うねっておる」

清盛「そちらとは?」

信西「即ち、天下大乱

 誓いの文を書くも書かぬもそなた次第。

 ただ、そなたにとって、最も守るべきものは何か、守りたい物は何か、よ~く考えて決めるがよい」

さすがに、それで清盛も誓いの文を書いたようです(汗)

 

法皇が危篤になり、上皇が会いに来ましたが、清盛も通しませんでした。

清盛「少しばかり遅うござりました、上皇様。

 私には私の守るべき物がござります」

上皇「・・・父・・・上・・・」

上皇は、雨の中、一人、歩いて、地面に泣き崩れました。

 

近衛帝が17歳の若さで崩御して、その翌年、鳥羽院も崩御しました。

遂に、戦に向かってきましたね。

信西がわざと戦を仕掛けているようで(汗)

確かに、敵を一掃するには、いい方法かも?(^^;)

次回は「前夜の決断」。

保元の乱が間近になり、盛り上がりそうです(^^)

 

【第19回粗筋】 (Yahooテレビより)

誰もが予想しなかった後白河天皇(松田翔太)の誕生に、朝廷は騒然となる。鳥羽院(三上博史)に再び裏切られた崇徳院(井浦新)の心中を推し量り、清盛(松山ケンイチ)は不安を覚える。その騒ぎをよそに、清盛の館に一人の美しい娘がやって来る。彼女は時忠(森田剛)の妹・滋子(成海璃子)で、強い意志を持つ滋子が清盛にはまぶしく見える。源氏方では、義朝(玉木宏)の子・義平(波岡一喜)が、棟梁(りょう)の証しである友切の太刀を持つ義朝の弟・義賢(阪本浩之)を討つ。そんな中、後白河帝即位のうたげが開かれる。そこに崇徳院から祝いの歌が届くが、歌に秘められた恨みの言葉に気付いた後白河天皇は、もののけのように暴れだす。その姿に白河院の面影を見た鳥羽院は、恐れのあまり体調を崩す。鳥羽院を見舞った清盛は、崇徳院への謝罪の写経を託され、崇徳院の元へ向かう。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%

 

公式HP・次回粗筋

 

   

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

« 【ATARU】第5話感想と視聴率&『家族のうた』打ち切り | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第5話感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

鳥羽院、菊の花に埋もれて逝ってしまいました。(+_+)
ナイーブで、かつ喜怒哀楽の激しい鳥羽院という難しい役を演じきった三上さん、ご苦労さまでした。

でも、臨終の時の音楽が待賢門院の時と同じ「アヴェ・マリア」だったので、鳥羽院がたまちゃんのところへ旅立ったような気も…。得子さんの気持ちを考えると、いささか複雑です。(~_~;)

後白河天皇即位、ショート・リリーフのはずが鳥羽院がすぐに亡くなってしまって。人生は賽子の目ですね。

見舞いに来た崇徳院に 宋剣を向ける清盛、二十話も重ねて、今さら妻子のためと言われても、共感できません。史実では宗子さんは崇徳院の乳母で、平氏一門はもっと切ない立場なのですがね。
崇徳院は清盛に「播磨守」と、官名で呼びかけていましたが、日頃の言動がアレなだけに、無知な海賊にしか見えません。(-_-;)
松ケンや脚本家のせいではなく、プロデューサーと演出家の責任ですね。歴史に残る悪演として、記憶されるでしょう。

>レッドバロンさんへ

コメント、ありがとうございます。

>鳥羽院、菊の花に埋もれて逝ってしまいました。(+_+)
>ナイーブで、かつ喜怒哀楽の激しい鳥羽院という難しい役を演じきった三上さん、ご苦労さまでした。
>でも、臨終の時の音楽が待賢門院の時と同じ「アヴェ・マリア」だったので、鳥羽院がたまちゃんのところへ旅立ったような気も…。得子さんの気持ちを考えると、いささか複雑です。(~_~;)

待賢門院の臨終の時と似てましたね(汗)
音楽、「アヴェ・マリア」なのも批判している人がいました(汗)
キリスト経っぽくて(^^;)
得子さん、ちょっと気の毒でした(^^;)

>後白河天皇即位、ショート・リリーフのはずが鳥羽院がすぐに亡くなってしまって。人生は賽子の目ですね。

そうですね。
これで、信西の思うままになりそうです(汗)

>見舞いに来た崇徳院に 宋剣を向ける清盛、二十話も重ねて、今さら妻子のためと言われても、共感できません。

>史実では宗子さんは崇徳院の乳母で、平氏一門はもっと切ない立場なのですがね。

宗子さんは、崇徳院の息子の重仁の乳母ではないでしょうか?
全然、出てこなかったですが(汗)

>崇徳院は清盛に「播磨守」と、官名で呼びかけていましたが、日頃の言動がアレなだけに、無知な海賊にしか見えません。(-_-;)
>松ケンや脚本家のせいではなく、プロデューサーと演出家の責任ですね。歴史に残る悪演として、記憶されるでしょう。

ここまで悪いと、相乗効果で皆が悪いような気がしてしまいます(汗)
ただ、今回、少しよくなってきたので、相乗効果で、皆がよくなってほしいです(^^)
とりあえず、画面が暗かったのが、最近、明るくなって、分かり易く最初に説明するようにはなりました(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54713427

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第19回感想と視聴率上昇「鳥羽院の遺言」 :

» 【平清盛】第19回感想と視聴率上昇「鳥羽院... [ショコラの日記帳]
「鳥羽院の遺言」遅くなりましたが、6月から出演する新キャスト6人が5月5日に発表されたそうです。高橋愛(25)(モーニング娘元リーダー)、窪田正孝(23)、中川大志(13)、渡... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第19回 [日々“是”精進!]
  第十九回「鳥羽院の遺言」誰も予想していなかった後白河天皇が誕生し、朝廷は大騒ぎになる。再び父親である鳥羽院に裏切られた崇徳院の心のうちはいかばかりかと清盛は不安にな... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第19回 [日々“是”精進! ver.F]
鳥羽院、崩御… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205130004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロム... [続きを読む]

» 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」〜義朝(玉木宏)の息子は悪源太 (波岡一喜) [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第19回「鳥羽院の遺言」 思いつきなんですが、小沢氏が国民から好かれないことと、『平清盛』の視聴率が低いことには共通項があるような・・・。 表舞台でスパッと物事が進まず、ドロドロと陰湿な権力闘争に明け暮れするばかり・・・。 夏場のガムテープみたいにネトネトしていて気持ち悪い。 −◆− 巫女が、のたうちまわりながら口寄せ・・・。 凄いのなんのって、『テンペスト』(ドラマ版は出来が悪い)の世界かぁ? はたまたオセロ中島が信じた霊能者?? 目に打ち込まれた天公像 (プ... [続きを読む]

» 平清盛 第19回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
食後の後片付けまでみんなにやってもらいました‥‥母の日、有り難いです(^^)ただ、最初の10分は見れませんでしたね。作ってもらった母の日ご飯、しっかりいただいておりました(^^)... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 Vol.19鳥羽院の遺言 [Refreshing-wind-blows※別館※]
【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送局版) 平清盛 公式HP(神戸放送局版) 平清盛 公式HP(高松放送局版) 第19回「鳥羽院の遺言」 【あらすじ】 誰も予想していな... [続きを読む]

» 平清盛、性格に問題があった義朝!! [函館 Glass Life]
後白河天皇を即位させた事に後悔する鳥羽法皇と恨みを募らせる 崇徳上皇 このまま何事もなく時が過ぎる筈がありません。 全ての争いの元は後白河天皇を即位させた鳥羽法皇にあるようで す 鳥羽法皇晩年の失策と言ってもよいですね 権力を維持したい者、権力を奪い取...... [続きを読む]

» 【平清盛】第19回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
予想し得なかった後白河天皇(松田翔太)誕生に、朝廷は揺れる。 強大な軍事力を持つ平氏の棟りょう・清盛(松山ケンイチ)は、この人事によって決定的と なった崇徳上皇(井浦新)と鳥羽法皇(三上博史)...... [続きを読む]

» 平清盛 #19「鳥羽院の遺言」 [昼寝の時間]
公式サイト 後白河の即位が大きな波紋を起こす中、即位を演出した乳人の信西が台頭。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第19話  [またり、すばるくん。]
第十九回「鳥羽院の遺言」 視聴率14.7%   [続きを読む]

» 平清盛 第19回 鳥羽院の遺言 [レベル999のgoo部屋]
『鳥羽院の遺言』 内容 誰ひとり予想できなかった後白河帝(松田翔太)の誕生。 鳥羽法皇(三上博史)の信頼厚い信西(阿部サダヲ)の策略によるモノだった。 権力を握っていた頼長(山本耕史)を失脚させ、父乳として権力を握ることに。 動揺が走る朝廷。 それは清盛(...... [続きを読む]

» 『平清盛』 第19回「鳥羽院の遺言」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマあらたに即位した後白河帝には、やはり朝廷内でも驚きの声が。しかし、身分の高い公家たちも、新帝の乳夫である信西に取り入ろうとします。清盛は高階通憲のころと別人のようになった信西を難詰します。が、飄々とかわされてしまうのみ。勢いにのる彼は、捏造の呪詛事件を告発し、頼長の力も弱めるのでした。源氏の内紛も、かなり根深いところまできています。義朝は、長男の悪源太義平を関東に派遣して、義賢の館を襲撃させます。そして義平は、弓をつがえて源氏重代の太刀「友切」を義賢に要求。これを拒否した... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ『平清盛』第19話「鳥羽院の遺言」 [よくばりアンテナ]
んむんむむ・・・・ 後白河天皇が誕生して、いよいよ面白くなってきた~って わくわくして見ておりましたよ。 信西のしてやったり顔もおもしれぇ~~!! だけど、まぁ清盛は鳥羽院と上皇との親子の...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第19話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
後白河天皇誕生---------鳥羽院の最期。逆転満塁ホームラン的に伏兵がまさかの頂点へ。いやぁ、これで一気に政治が動いたわけで。両者仲直りを・・・なあんて甘ちょろい考えが通じない... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第19話 あらすじ感想「鳥羽院の遺言」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
後白河天皇誕生---------鳥羽院の最期。 逆転満塁ホームラン的に伏兵がまさかの頂点へ。 いやぁ、これで一気に政治が動いたわけで。 両者仲直りを・・・なあんて甘ちょろい考えが通じない世になったのに、清盛はまだ夢をみている。 清盛は、平氏はどうするのか。 ...... [続きを読む]

» 平清盛 第19回 「鳥羽院の遺言」 [青いblog]
ついに鳥羽法皇が亡くなってしまいました。 番組紹介に「カリスマ・鳥羽法皇」って書いてありますが、カリスマだったんですね。 ずーっと可哀想な感じの人でした。 後白河天皇に、白河法皇と同じ事言...... [続きを読む]

» 平清盛 第19話「鳥羽院の遺言」 [坂の上のサインボード]
 久寿2年(1155年)の近衛天皇(第76代天皇)の崩御後、誰も予想していなかった後白河天皇(第77代天皇)が誕生すると、藤原忠通が関白に任ぜられ、後白河帝の乳父である信西が重用され、事実上この二人が国政を掌握する。一方で、崇徳上皇(第75代天皇)の皇子・重仁親王の即位を望んでいた藤原頼長は、後白河帝の即位によって内覧を解任され、朝廷内での存在感を失いつつあった。当然のごとく、頼長は後白河帝や信西に対して強い不満を抱くようになる。  もともと摂関家の藤原氏では、官位官職などの就任をめぐり、深刻... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #19 鳥羽院の遺言 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
信西に実権が集まることになった後白河帝践祚。 [続きを読む]

» 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」〜私には私の守るべきものがございます [平成エンタメ研究所]
 大きな歴史の流れの中では、個人は無力だ。  それは<平家>という力を持つ清盛(松山ケンイチ)であっても。  弱肉強食の時代。  仮に清盛があのまま中立を保ち、後白河天皇(松田翔太)側が勝利した場合、義朝(玉木宏)の源氏が力を持ち、平家の宮廷での発言力は...... [続きを読む]

» 平清盛 第19回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/森田剛/成海璃子/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第19回 「鳥羽院の遺言」 14,7% 誰もが...... [続きを読む]

» 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」 [みはいる・BのB]
今週も『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・ [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男19鳥羽法皇崩御!最後まで和解を模索した清盛も最後は現実を見据え後白河天皇に味方する苦渋の決断を下した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第19話は後白河天皇のまさかの誕生で朝廷は大混乱に陥っていた。そんな中で清盛は何とか鳥羽院と崇徳院の和解を模索するが手段が見えないままだった。そん ... [続きを読む]

» 平清盛【第19回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
鳥羽院の遺言  「まだ誓いの文を書いておらぬと聞く。なにゆえじゃ。法皇様ははじめ、上皇様の重祚すらお考えであった。だがそれは、世のさらなる乱れの元ともなる。散々迷われた末に、雅仁さまを帝にとご決断なされたのだ。つまりはそういうことじゃ。どなたが即位されようと、お二人が仲違いなさろうと仲直りなさろうと、ときはそちらに向かってうねっておる。すなわち天下大乱っ!!!誓いの文を書くも書かぬもそなた次第。ただ、そなたにとって最も守るべきものはなにか、守りたいものはものか、よ~~~~く考えて決めるがよい」by... [続きを読む]

« 【ATARU】第5話感想と視聴率&『家族のうた』打ち切り | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第5話感想と視聴率 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31