無料ブログはココログ

« 【ATARU】第7話感想と視聴率 | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第7話感想と視聴率 »

2012年5月29日 (火)

【平清盛】第21回感想と視聴率「保元の乱」

「保元の乱」

視聴率、裏の『ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』(23.3%)に食われてしまったのかもしれません。

第21回の視聴率は、前回の11.8%より下がってしまい、10.2%でした。

このドラマの最低視聴率です。

保元の乱で盛り上がるかと思ったのに、残念です。

私は面白かったと思ったんですけど。。。

頼長と信西の対比が多くて、良かったです。

どちらも夜討ちを武士から提案されましたが、頼長は卑怯な手だと却下。

信西は採用しました。

どちらも同じ孫子の「子曰く 利に合えば 而ち動き 利に合わざれば 而ち止まる」を引用して説明したのに、反対の結論で面白かったです(^^)

信西は、火をかけるのも承諾したし、勝つためには手段を選ばなかったですね。

やはりそのくらいでないと勝てないでしょう(^^;)

火をかけたいが、風向きによって、法勝寺まで火が及び、伽藍を消失する恐れがあるかもしれないと我が主(義朝)が懸念していると、正清は言いました。

でも、信西は、この戦に勝てば法勝寺の伽藍などすぐに再建できるので、即刻、火をかけるよう、命じました。

上に立つ人の判断力で、勝敗が分かれたようでした。

 

近くで通清が死んでしまい、頼長のうろたえぶりが貴族らしくて、良かったです。

火をかけられてしまい、オウムを連れて逃げようとしましたが。。。

途中から、オウムさえ置いて行きました(^^;)

オウムを宝物みたいに抱えて逃げる姿は可愛いかったですが、オウムが話した言葉が悪かったですね(^^;)

オウム「ヨリナガサマノサイハ、ココンワカンニ ヒルイナキモノ ヨリナガサマノサイハ ヨリナガサマノサイハ」

皮肉みたいでした(^^;)

  

崇徳上皇も逃げ、頼長とばったり会いました。

崇徳「そなたを信じた朕が愚かであった」

確かに、そうでしょう(^^;)

でも、何もしないで全て頼長に任せていた崇徳院にも責任があるのでは?

 

信西は、武功を立てた者には昇殿の褒美もあると言い、

義朝は、死ぬ覚悟で来たので、死んでから恩賞をいただいても何もならないので、今すぐ昇殿を許してほしいと頼みました。

それに対して、後白河帝は、面白い男だと許してやりました。

また、後白河帝は、全軍出陣の前、ちゃんと皆の前で挨拶しました。

白河院から始まった王家の争いの歴史を説明し(天皇家の事をまた王家と言った)、

後白河帝「全ては白河院の御代からから始まった事。

 これを止められるは、武士しかおらぬ。

 そなた達武者どもの力を持って、白河北殿を落とす事が・・・新しき世の始まりである」

 

いつもながら後白河帝、素敵でした♪(^^)

任せっきりで何もしない崇徳院とは、かなり違いました。

 

保元元年(1156年)7月11日、後白河帝方の軍勢は三手に分かれて、崇徳上皇軍が立てこもる白河北殿に向かいました。

それにしても、お互いに名乗りあったりして、この時代の戦はのんびりしていますね(^^;)

夜討ちの効果が減ってしまいそう(汗)

 

まずは義朝の軍勢が最初に敵と相対しました。

敵は弟の源頼賢です。

頼賢「弟殺しに父上への不幸。

 源氏の面汚しとはそなたのことじゃ!

 かかれ!」

 

そして南門では、伊藤忠清と源氏の鎮西八郎忠朝が名乗りあい、弓を引きました。

皆が恐れていた鎮西八郎忠朝の矢は、特別な威力がありました(汗)

 

北門では、清盛が忠正と相対しました。

清盛「われらの目的は上皇様と左大臣様を捕らえること。

 無駄な血を流しとうはござりませぬ。

 すみやかに門をお開け下さい」

でも、忠正は開けず、

忠正「いざ! 勝負!」と弓を射ました。

やはり清盛、甘いですね(^^;)

 

甘いと言えば、親子で敵味方になってしまった源氏の通清は、鎮西八郎忠朝の矢を受けそうになった正清を守って、代わりに当たってしまいました。

正清「父上!」

通清「武士の風上にもおけぬ事をしてしまった。

 断じて、この父を見習うでないぞ」

この親子は一貫して親子愛に溢れていました。

この時代に生まれてしまって、気の毒でした。

この後、深手を負った体で、通清は為義に戦況報告に行き、死んでしまいました。

為義は悲しみ、怒り、義朝に勝負に行きました。

この親子は真剣に刀で斬り合いましたが、勝負がつかず、分かれました。

 

親不孝者で、出世欲一杯ですが、なぜか義朝は清々しく感じます。

却って、清盛の方が優しいのに、甘いように見えてしまいます(汗)

 

この戦いは、後白河帝方の圧勝で、たった1日で終わりました。

語り「保元元年7月11日、かつて世を思うがままに動かした白河院の御所が武士達によって落とされた。しかし、武士の世は、そうたやすくは来なかった」

 

次回は、「勝利の代償」。

頼長と為義と忠正の最期?

頼長は素敵な悪役だっただけに、退場、残念です。。。

オウムはどうなったのでしょうか?(^^;)

 

【第21回粗筋】 (Yahooテレビより)

ついに保元の乱開戦!後白河帝(松田翔太)対崇徳上皇(井浦新)に分かれた朝廷内争いは、平氏・源氏の武士集団を巻き込んで京の都を二分する争いに!清盛(松山ケンイチ)は叔父・忠正(豊原功補)と、義朝(玉木宏)は父・為義(小日向文世)と、それぞれ身内同士斬り合うつらい戦いとなる。さらに、強弓の使い手・源為朝(橋本さとし)の参入で、戦況の行方は?勝つのは果たして...。そして「武士の世」が到来する。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%

   

公式HP・次回粗筋

   

来年大河『八重の桜』出演者発表(2012.5.30)

 


【送料無料】 NHK大河ドラマ≪平清盛≫サウンドトラック 【CD】

   

   

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【ATARU】第7話感想と視聴率 | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第7話感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

オウムが口にした台詞?は頼長の絶頂期に信西が語ったヨイショで、彼の日記に出てくるようです。よりにもよっての場面で、頼長にはひどい皮肉に聞こえたでしょうね。(;゜O゜)
大事に抱えていたオウムともお別れ、悪左府が哀れでした。

義朝の昇殿を許す鶴の一声、後白河帝は貫禄でしたが、これも「保元物語」に出てくるエピソードです。脚本家は相当に勉強してますし、テキトーに書いてる訳ではないのですが、視聴率は報われませんね。

主人公がその時代への知識や感覚に乏しいド素人の視聴者代表として、番組に参加している感じもあって、イライラさせられますね。先手必勝で、夜討ちをかけているはずなのに、戦いは全方面で滞ってしまい、忠正叔父さんとえんえんと一騎打ちをする清盛に、兎丸から「いつまでやってんのや!?」と突っ込みが入ってました。(=°ω°=)
オリキャラの言ってることの方が正しい… あたりに、どうも根本的な問題が…。sweat01

> レッドバロンさんへ
いろいろ詳しくご説明、ありがとうございます♪(^^)

>オウムが口にした台詞?は頼長の絶頂期に信西が語ったヨイショで、彼の日記に出てくるようです。

そうなんですか。
全くの創作というわけでもないんですね(^^)
オウムの言葉の内容、付け加えました。

>よりにもよっての場面で、頼長にはひどい皮肉に聞こえたでしょうね。(;゜O゜)

そうですね。weep

>義朝の昇殿を許す鶴の一声、後白河帝は貫禄でしたが、これも「保元物語」に出てくるエピソードです。脚本家は相当に勉強してますし、テキトーに書いてる訳ではないのですが、視聴率は報われませんね。

なるほど☆
この辺まで良かったんですけどね。
戦いが始まってからがちょっと・・・(汗)

>先手必勝で、夜討ちをかけているはずなのに、戦いは全方面で滞ってしまい、忠正叔父さんとえんえんと一騎打ちをする清盛に、兎丸から「いつまでやってんのや!?」と突っ込みが入ってました。(=°ω°=)

いくら一騎打ちの時代とはいえ、忠正との一騎打ちは、ほんと呆れてしまいましたね(汗)
折角、連れていった200騎は、ぼうっと見ていたのか(汗)
これが視聴率を下げた一番の要因かも?(^^;)

私は 平清盛第一話より拝見しています、この時代は きっと今より緩やかで大きくしかも 確実に時代の流れ変わるお話です 私は 難しい事は分りませんが番組を作る方々も大変だと思います、第一 スケールがデカすぎる話だ、しかも 900年前の時代をど伝えどう映すか うう~たまらんねぇ 感心するのは 【ドンドン清盛が成長していく姿】ググッときます。

誰か 清盛殿に会ったら伝えて下さい、この私を 平家の一門に。どうか どうか。

清盛殿 がんばって下さい、いつも いつも応援しています。

>五月のツバメ さんへ

コメント、ありがとうございます。

>この時代は きっと今より緩やかで大きくしかも 確実に時代の流れ変わるお話です 私は 難しい事は分りませんが番組を作る方々も大変だと思います、第一 スケールがデカすぎる話だ、しかも 900年前の時代をど伝えどう映すか うう~たまらんねぇ 感心するのは 【ドンドン清盛が成長していく姿】ググッときます。

そうですか。
この時代のドラマは少ないのし、歴史が苦手なので、私はよく分かりません(汗)
作る方も資料が少なくて大変だと思います。
清盛、私から見ると、成長したと思うと、また後退したり、なかなか成長しきれてないような気がします(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54824491

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第21回感想と視聴率「保元の乱」:

» 【平清盛】第21回感想と視聴率「保元の乱」 [ショコラの日記帳]
「保元の乱」視聴率、裏の『ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』(23.3%)に食われてしまったのかもしれません。第21回の視聴率は、前回の11.8%より下がってしまい... [続きを読む]

» 【平清盛】第21回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ついに保元の乱開戦!後白河帝(松田翔太)対崇徳上皇(井浦新)に分かれた朝廷内争いは、 平氏・源氏の武士集団を巻き込んで京の都を二分する争いに! 清盛(松山ケンイチ)は叔父・忠正(豊原功補)と...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第21回 [日々“是”精進! ver.F]
戦の、始まり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205270003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-29売り上げランキング ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第21回 [日々“是”精進!]
  第二十一回「保元の乱」1156年(保元元年)7月10日深夜、のちに保元の乱と呼ばれる一戦が始まった。後白河天皇側では軍議が行われ、源義朝の夜討ちの策が採用される。ライバルに... [続きを読む]

» 平清盛 第21話「保元の乱」 [坂の上のサインボード]
 鳥羽法皇(第74代天皇)の崩御から1週間が過ぎた保元元年(1156年)7月10日深夜、ついに戦いの火蓋が切られようとしていた。平安京の南の鳥羽殿から賀茂川の東にある白河北殿へ移った崇徳上皇(第75代天皇)と藤原頼長のもとには、清和源氏の源為義をはじめ、源頼賢、源為朝(鎮西八郎)など為義の息子たちや、伊勢平氏では平清盛の叔父・平忠正の一族などであったが、武士としては二流どころで兵力も少なかった。対する後白河天皇(第77代天皇)方は、京で随一の兵力を誇る清盛をはじめ、清和源氏の嫡流で為義の息子である源... [続きを読む]

» 平清盛 第21回「保元の乱」〜鎮西八郎為朝ワイルドだろぅ [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第21回「保元の乱」 前回はマシだと思ったけど、視聴率は11.8%に下落し、さらに今回は10.2%・・。 『女子バレーロンドン五輪最終予選:日本×セルビア』の影響を受けたとはいえ、大一番の『保元の乱』でこの有様ではねぇ・・・。 視聴者が求めていないモノを作ってるってことなのかなぁ・・・ −◆− 後白河天皇(松田翔太)方と、上皇(井浦新)方では、偶然にも夜討ちの可否が話し合われ、偶然にも崇徳サイドの頼長(山本耕史)も、後白河側の信西(阿部サダヲ)も『孫子の兵法』「夜呼ぶ者は... [続きを読む]

» 平清盛 第21回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
1156(いいころ)に起こる保元の乱、でしたかね(^^;)歴史が嫌いだったわたしが保元の乱で覚えているのはこの年号くらいのものでした(^^;)まさかこういうドラマがあったとは‥‥ですね。... [続きを読む]

» 平清盛 第21話 感想「保元の乱」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、崇徳上皇(井浦新)と後白河天皇(松田翔太)の日本を二分する戦いが始まります。清盛(松山ケンイチ)や源義朝(玉木宏)は後白河側、為義(小日向文世)と忠正(豊原功補)は新院側と、まさしく親子、叔父甥など関係なく争います。 藤原頼長(山本耕史)と信西(阿部サダヲ)の争いでもありますが、頼長は無作法な鎮西八郎為朝(橋本さとし)の意見も聞きます。為朝は夜討ちすべきだと言いますが、頼長は畏れ多くも上皇様と帝の争いに、そんな卑怯な真似はできないと、相変わらずお堅いことです。そういう理想とか、孫子の... [続きを読む]

» 平清盛 第21回 保元の乱 [レベル999のgoo部屋]
『保元の乱』 内容 鳥羽法皇の死により始まった、 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)による権力争い。 帝の擁立を画策した信西(阿部サダヲ)を筆頭に、 忠通(堀部圭亮)義朝(玉木宏)は後白河帝へつき。 一方で、頼長(山本耕史)為義(小日向文世)為朝(橋...... [続きを読む]

» 平清盛【第21回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
保元の乱  「皆の者、敵は白河の北殿にある。かつて我が曾祖父、白河院のおわした御所じゃ。白河院は、我が父 鳥羽院の后、すなわち、我が母 待賢門院と通じておられた。上皇は、白河院の子であると専らの噂。鳥羽院の側女の、美福門院は、上皇を追いやり、ご自分の皇子を帝の座につけた。だが、お若くして、崩御された。上皇は、おのが皇子の即位を望んでおったが、ウツケと評判の朕が、思いがけず帝となった。これに怒った上皇は、悪左府と組んで挙兵した。全ては、白河院の御代より始まったこと。これをとどめられるは、武士しかおら... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #21 保元の乱 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに都を巻き込んだ保元の乱 天下大乱 源平共に大分裂((((;゚Д゚))))))) [続きを読む]

» 平清盛 第21回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第21回 「保元の乱」 % ついに保元の乱...... [続きを読む]

» 「平清盛」第21話。 [Flour of Life]
今週の日曜日は日帰りで大阪に行ってたので、高速バスの中からワンセグで見ました。いや、一応録画もしてあるんだけど、家に着くまで待ちきれなくて…。 [続きを読む]

» 平清盛、ほうげんの乱らしいです?? [函館 Glass Life]
今の今まで保元の乱を「ほげんのらん」と思っていた僕 正しくは「ほうげんのらん」らしいのです 40年以上も「ほげんのらん」とばかり思っていたなんて何 ともhellip; 叔父と甥、父と子、兄と弟、実際戦うのは天皇や上皇では なく勿論摂関家でもありません。 ...... [続きを読む]

» 平安装束パレードや踊り 神戸で平清盛イベント [ローカルニュースの旅]
NHK大河ドラマで放映中の「平清盛」にちなんだ2つのイベントが2日、平家の史跡が多く残る神戸市兵庫区の平野地区で開かれた。平安時代の装束をまとった子どもらによるパレードや、清盛の「ゆるキャラ」をテーマにした踊りが披露された。... [続きを読む]

« 【ATARU】第7話感想と視聴率 | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第7話感想と視聴率 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30