無料ブログはココログ

« 【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の決断」 | トップページ | 向井理&尾野真千子共演(夏ドラマ)&『クレオパトラ~』8話終了 »

2012年5月22日 (火)

【鍵のかかった部屋】第6話感想と視聴率

「密室劇場」(新聞ラテ欄では「舞台を密室にした犯人の話」)

第6話の視聴率は、前回の15.6%より、少し下がってしまい、15.4%でした。

でも、この程度は誤差の範囲でしょう。

今回、ようやく芹沢の法律事務所の秘書の水城里奈(能年玲奈)にスポットが当たりました♪

彼女の父の水城重治(清水紘治)は、日本企業法務弁護士協会会長で、偉かったんですね♪(^^)

時々、娘の様子を見に、芹沢の事務所に来るようです。

芹沢は彼のご機嫌をとって、頭が上がらない様子(^^;)

でも、里奈は、父に内緒で、演劇をやっていました。

 

彼女の所属する劇団の人、薬師寺(山中聡)が木刀で撲殺されてしまいました。

それも丁度、青砥純子と榎本径が彼女の出演する演劇「密室に囚われた男」を見に行った、その最中に。

里奈の彼氏の井岡祐樹(桐山照史)が容疑者になってしまいました。

 

でも、キャストから鬼塚隼人(坂本昌行)が犯人だろうと、登場した時から思いました(汗)

鬼塚は、パフォーマー兼脚本家で、脚本で章を受賞したのですが、本当は、その脚本は井岡が書いていました。

薬師寺がそれに気づいて、鬼塚を非難。

口封じに計画的に殺してしまいました。

密室っぽくない密室でした(^^;)

 

殺害現場の下手の楽屋から、どうやって鬼塚は上手の楽屋に行ったのか。

それがトリックの最大の難問でした。

舞台上演中に、背景の切り出しの影に隠れて、少しずつ移動していったそうです(汗)

確かに、観客、バックにはあまり気をつけて見ないかもしれませんが・・・

左端から右端まで動いて、本当に気づかないものでしょうか?(汗)

結構、バックに注目する人もいそうな気がします(^^;)

密室というより、普通の事件ぽいお話でした。

 

ただ、里奈のキャラは可愛くて、良かったです♪(^^)

スピンオフ企画『純子の手帳』では主演を演じているので、注目です♪(^^)

【YouTube】 『鍵のかかった部屋』スピンオフ企画「純子の手帳」No.6

 

【第6話粗筋】 (Yahooテレビより)

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に誘われて、水城里奈(能年玲奈)が出演する「密室に囚われた男」という舞台を見に来た。  観劇後、里奈の楽屋を訪ねると劇団員たちが慌ただしい。純子が聞くと、下手の楽屋で薬師寺(山中聡)という役者が頭から血を流して死んでいたという。薬師寺は、演劇の前のパフォーマンスパートに出演していた。死亡した薬師寺のそばには、凶器と思われる木刀と血に染まった「密室に囚われた男」のチラシがあった。  事件から3日が経ち、容疑者のひとりに劇団員で里奈の恋人の井岡(桐山照史)が浮上していた。  純子から事件のことを聞いた芹沢豪(佐藤浩市)は、榎本を呼べと指示する。  劇場では、すでに練習が再開されていた。そこにやってきた榎本、純子、里奈を演出の畑山(堀内敬子)、脚本家兼役者の鬼塚(坂本昌行)が迎えるが、無愛想な畑山はどこかへ行ってしまう。純子は、楽屋には上手と下手があるのに、なぜ薬師寺だけが下手にいたのか、と鬼塚に尋ねる。鬼塚はそこが薬師寺専用になっていたと明かした。  薬師寺の楽屋に行くには、売店があるロビーを通るか、舞台上を横切るしか方法がない。演劇の上演中で、売店にも人がおり、客席にも300人の観客がいるなか、犯人はどうやって密室状態の薬師寺の楽屋に入り殺害したのか。  純子、芹沢に聞かれた榎本は、この密室は破れないかもしれないと言い・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.3%  [第2話]16.5%  [第3話]14.4%  [第4話]15.5%

第5話]15.6%  [第6話]15.4%

 

【原作】 貴志祐介 「防犯探偵・榎本シリーズ」のうち 『鍵のかかった部屋』より「密室劇場」

 

【主要キャスト】

榎本 径(大野智)(30)東京総合セキュリティ勤務。鍵オタク

青砥純子(戸田恵梨香)(26)芹沢のアシスタント。フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

芹沢 豪(佐藤浩市)(50)フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

水城里奈(能年玲奈)フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書

鴻野光男(宇梶剛士)警視庁捜査一課刑事部刑事

<第6話>

鬼塚隼人(坂本昌行)(V6)劇団幸楽園パフォーマー兼脚本家

畑山奈緒(堀内敬子)劇団幸楽園パフォーマー兼演出家

井岡祐樹(桐山照史)(関西ジャニーズJr.)劇団幸楽園パフォーマー・里奈の彼氏

薬師寺 剛史(山中聡)劇団幸楽園パフォーマー

水城重治(清水紘治)日本企業法務弁護士協会会長・里奈の父親

 

公式HP(第7話オンエア前クイズ)←5月28日(月)18:00迄

 


【送料無料】鍵のかかった部屋


初回盤+通常盤セット[5/9出荷]■嵐 CD+DVD【Face Down】12/5/9発売


嵐の大野智さん演じる榎本径が【ドラマ】「鍵のかかった部屋」で着用!【レイバン メガネ】Rayban RX5250 5114 ダテメガネ一式セット

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の決断」 | トップページ | 向井理&尾野真千子共演(夏ドラマ)&『クレオパトラ~』8話終了 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54775506

この記事へのトラックバック一覧です: 【鍵のかかった部屋】第6話感想と視聴率:

» 【鍵のかかった部屋】第6話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
「密室劇場」(新聞ラテ欄では「舞台を密室にした犯人の話」)第6話の視聴率は、前回の15.6%より、少し下がってしまい、15.4%でした。でも、この程度は誤差の範囲でしょ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 Episode6 [レベル999のgoo部屋]
『密室劇場』 「舞台を密室にした犯人の話 内容 水城重治(清水紘治)会長と談笑する芹沢(佐藤浩市) そんななか、、、娘・里奈(能年玲奈)が 純子(戸田恵梨香)に、出演する舞台に来て欲しいと伝えていた。 反対する父や、芹沢に言わないという約束で、純子は榎本(...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第6話〜V6坂本君が! 出番が来た能年玲奈ちゃん [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第6話 第4話、第5話は、謎解き部分が映像向きではなかったので説得力を欠く部分がありましたが、今回は映像コンテンツ向きだったので、消化不良を起こさない出来栄えでした!(^^)! (しっかりした作品だから基本は活字で読むべきものかとは思いますが・・・) −◆− 冒頭「人は一つのものに集中していると、他のものが見えなくなります。」と大野君が語りかけてきます。 謎解きのヒントを最初に提示するのは正統派的な手法であります。 昨日の『ATARU』の犯人捜しなんての... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」第6話 [またり、すばるくん。]
6「密室劇場」 視聴率15.4%   [続きを読む]

» すっごい、すごーい、すごいすごいすごい密室?(戸田恵梨香) [キッドのブログinココログ]
・・・そんなに凄かったか? いや、ただ、戸田恵梨香にこんなにすごいを連発されたらいつ死んでもかまわない・・・と思って。 まあ・・・新人脚本家が絶対にそう思いながら書いただろうことは充分に妄想できるな。 世の中には分類するのが好きな人っているよな。 ああ・・・「物理的要因の密室とか、心理的要因の密室と... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋  6話「舞台を密室にした犯人の話」 [昼寝の時間]
公式サイト 原作:貴志祐介「鍵のかかった部屋」「ガラスのハンマー」「狐火の家」( [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」 第6話 密室劇場 [トリ猫家族]
 エンディングで榎本が開けていた鍵はお仕事上の合法なアレ?それとも・・・・非合法なヤーツかい? あのにやりの意味も違って見えてくるぞ。 謎の男・榎本の見せ方がうまいな・ ... [続きを読む]

» 『鍵のかかった部屋』 第6話「密室劇場」 [英の放電日記]
 今週は視覚の死角を突いたトリックだった。  人間は超低速の動きや変化を知覚できないらしい。映像クイズでもよく出題されていて、「アハ体験」と言うと思い当たる方も多いかもしれない。「アハ体験」というのは、今まで分からなかったことを、いろいろ頭を働かせて分...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 #06 [ぐ~たらにっき]
『舞台を密室にした犯人の話』 [続きを読む]

» 別館の予備(鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター) [スポーツ瓦版]
5月23日 鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ま ... [続きを読む]

» 【鍵のかかった部屋】第6話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
人は一つのものに集中していると他のものが見えなくなります。 必死になればなるほど周りが見えなくなり、一番大切なことを見失ってしまうこともあります。 真実は人の目線によって幾とおりもの答えを持っ...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋第6話(5.21) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
榎本@大野智と青砥純子@戸田恵梨香が観に行った舞台で 劇団員薬師寺@山中聡が密室状態となっていた楽屋で殺害された事件、 ゴーストライターがいたのをネタに脅された脚本家鬼塚@坂本昌行が 観客の盲点を利用して殺害したと。 殺害トリック・犯人が犯行達成のために何度も練習していたという事実、 (何度も練習してたのは『ガリレオ1話』の唐沢寿明回を思い出した・・・) 面白そうな要素はあったのに、妙に面白味が感じられない回だったな なんでだろう?登場人物の描写が希薄だったかな。 密室というのがどうでもいい印象を受... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」解決する3つの鍵6誰も通れない表舞台を大胆に横切った犯人の欠陥だらけな密室の脚本 [オールマイティにコメンテート]
「鍵のかかった部屋」第6話は純子が榎本を誘って水城が出演する舞台を鑑賞していた。観劇後に水城の楽屋を訪れると劇団員が殺されているのを発見される。事件は楽屋が密室状態に ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋  6話「舞台を密室にした犯人の話」 [昼寝の時間]
公式サイト 原作:貴志祐介「鍵のかかった部屋」「ガラスのハンマー」「狐火の家」( [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋【第6回】フジ月9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
舞台を密室にした犯人の話  「キミがここに来てから、密室事件ばかり寄ってくる。オレはもう腹いっぱいなんだよ」by芹沢豪(佐藤浩市)。 「でもそれまでの事件は、芹沢さんものってたじゃないですか」by青砥純子(戸田恵梨香)。 「のってないよ。のってません。大人はそう簡単にのるもんじゃないんだよ」 「じゃあ前回の事件のとき、チーム榎本って言ってたのはなんだったんですか??」 「ああ、あれはノリだノリ。うん。事件が解決した昂揚感でさ、わけのわかんないことを口走っちまうことだってあるだろ。それくらいわかれよ... [続きを読む]

« 【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の決断」 | トップページ | 向井理&尾野真千子共演(夏ドラマ)&『クレオパトラ~』8話終了 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30