無料ブログはココログ

« (ネタバレ)【梅ちゃん先生】第8週日別粗筋(5/21~5/26) | トップページ | 【ATARU】第6話感想と高視聴率♪&金環日食 »

2012年5月20日 (日)

【三毛猫ホームズの推理】第6話感想と視聴率

「復讐の卒業写真・・・涙の女刑事」

第6話の視聴率は、前回の12.9%より少し下がって、12.4%でした。

裏のサスペンスドラマ『灰色の虹』は、15.6%だったので、これに食われてしまったかもしれません。

 

ラスト、「久しぶりだね、ホームズ」って、栗原課長、ホームズを知っているのでしょうか?

犯人は、津川旬子(吉瀬美智子)で、何のひねりもありませんでした(汗)

あ~あ、深読みしてしまって、大外れでした(^^;)

これなら、別に2回に分けなくても、1話で良かったのでは?

 

写真の女性、藤田ゆかりは、本名、津川幸子で、旬子の妹でした。

北海道出身というのも嘘で、八王子出身。

15年前、久保山達と同じ都立八王子南高校へ通っていました。

義太郎は、ホームズに先導されてその高校に行きました。

そして、校内に、写真の鳥居の場所があることが分かり、そこで撮られた写真だと分かりました。

義太郎は当時からいた保険の先生に写真を見せ、彼女を覚えていたので、事情を聞きました。

15年前、1年生だった頃、彼女は久保山達グループに苛められていたそうです。

苛めというより酷い暴行だったそうです。

発端は、久保山の父の汚職を幸子の父が告発した事。

逆恨みして、幸子への暴行が始まりました。

一緒にいじめた久保山グループは、神田と安藤と結城の4人。

それを苦にして、幸子は飛び降り自殺。

でも死に切れずに、意識不明となり、10年以上、病院に入院していました。

4年程前、奇跡的に、意識を戻しました。

でも、記憶を失っていて、医者は、久保山達から受けたショックを思い出さないために自分で記憶を消しているのだろうと・・・

3年前のある日、幸子は病院を抜け出し、行方不明となりました。

 

洵子は自分の妹なのに、知らないふりをして、写真を手に入れてしまった義太郎をミスリードさせ、利用していたのでした。

 

病院を抜け出した幸子は、街頭で、石井一馬(長谷川朝晴)に出会い、彼が幸子を助けました。

幸子が記憶喪失だったので、"藤田ゆかり"という名前をつけて、DJの仕事も紹介しました。

そして、愛し合うようになり結婚する事になりました。

ところが、結婚前日、雑誌で"久保山良男"の記事を見つけ、幸子の写真の裏に書いてあった名前と一緒だったので、記憶を取り戻せるかもしれないと思って、彼に会いに行ってしまいました。

写真の裏には、母が憎い4人の名前を書いてあったのだそうです。

そうとは知らず、幸子はその写真を持って病院を抜け出したのでした。

そこで、幸子は彼にまた暴行され、記憶を取り戻しました。

幸子は逃げて、家を出ましたが、久保山に追われて、近くの階段から転落、亡くなってしまいました。

久保山は、身元が分かる事を恐れて、彼女の所持品を処分。

彼女は身元不明の遺体として、無縁墓地に葬られました。

行方不明になった幸子を捜していた石井一馬は、身元不明の遺体の洋服等を見て、彼女だと分かりましたが、知らないふり。

妹の復讐のために刑事になった津川旬子に協力して、久保山達に復讐しました。

 

最初、神田をレストラン内で、石井が注射器を使って毒殺。

洵子が窓の外から銃で撃ち、近くに弾丸を残しました。

次に安藤を洵子が刺殺。傍には注射器を置きました。

そして、結城を洵子が絞殺。傍にはナイフを。

最後は、久保山を銃殺すれば、フーガ殺人が完成します。

久保山も狙われている事を知っていて、逃げ回っていました。

逃げた久保山を洵子が追っていました。

久保山は自分は犯人ではないので、守って欲しいと警察に電話してきました。

根本達は、守ってやることに。

でも、迂闊な誰かが警察無線を使って、久保山の居場所を連絡してしまったので、洵子に久保山の居場所が分かってしまい、先回りされてしまいました。

洵子と石井は一緒に、久保山を最初の現場の八王子南高校に連れて行き、椅子に縛って、立てこもりました。

警察が取り囲み、誰かが説得に行く事に。

義太郎は立候補。

認められ、義太郎が殺さないよう、説得に行きました。

 

その前、殺された被害者にも家族がいて、神田の奥さんと幼い息子が泣いていたのを、義太郎は何度か見ていました。

殴られて殴り返したら、いつまでたっても終わらなくなる。

ホームズがそう教えてくれて、復讐の連鎖を断ち切ろうとしました。

こういう復讐をやめさせるの、日本のドラマではよくありますが、私、苦手なんですよね。

一番悪い久保山を殺してから捕まればいいのにと思ってしまいます(汗)

こいつ、また悪い事しそうな気がします(汗)

でも、洵子さんは、すぐには久保山を撃ちませんでした。

なぜか立て篭もって警察がくるのを待って・・・

誰かに止めて欲しかったのでしょうか?

 

義太郎「これ以上、何の罪もない人を苦しめるのはやめてください」

洵子「何言ってんの? こいつらは・・・」

義太郎「殺された人達にだって家族はいます。

 確かに、久保山さん達がした事は決して許される事じゃない。

 でも、洵子さんがその引き金を引けば、あなたと同じ苦しい思いをする人が生まれるんです」

洵子「愛する人を殺された者の気持ちは、あなたには分からないわ」

義太郎「もうやめてください。洵子さん、あなたは刑事です」

洵子「15年前に、幸子の人生を狂わせたこいつらを法律で裁く事はできなかった。

 だから私は復讐するために刑事になったの」

義太郎「復讐は新たな憎しみを生むだけです。

 刑事はそういう悲劇を増やさないために存在する筈です。

 だから僕は被害者の力になりたい」

洵子「刑事、辞めるんじゃなかったの?」

義太郎「刑事です。今はまだ」

 

銃を構えた洵子に、銃を抜けと言われましたが、持っていなくて・・・

義太郎「僕は銃を持ちません」

洵子は銃を捨て、両手を差し出しました。

でも、手錠も持っていなくて・・・

洵子が手錠を義太郎に渡しました。

それでもためらう義太郎。

栗原「かけなさい。手錠をかけなさい。それが君の仕事だよ」

義太郎、涙を堪えて、洵子に手錠をかけました。

義太郎「洵子さん、僕、手錠をかけたの、洵子さんが初めてです」

 

初めての女になりました(^^;)

辛い初恋の終わりでした。

でも、お陰で、義太郎、刑事を続ける決意ができたよう♪

恋は破れましたが、刑事への気持ちが生まれて良かったですね。

吉瀬さん、本当に素敵でした♪(^^)

 

【第6話粗筋】 (Yahoo TVより)

刑事生活最後の事件として、奇妙な連続殺人事件を追う義太郎(相葉雅紀)。謎が深まる中、義太郎の辞職の日が近付き、義太郎は捜査から外されてしまう。義太郎に急接近してきた八王子南署の刑事・旬子(吉瀬美智子)は、プロポーズを決意した義太郎との待ち合わせの場所に現れず、そのまま姿を消す。恋に破れ、刑事生活最後の事件にも行き詰まった義太郎は、すっかり落ち込むのだった。
容疑者・久保山(赤木伸輔)の家を調べようとしていたところ、殴られて気を失った晴美(大政絢)。石津(大倉忠義)が倒れている彼女を発見し、大事に至らずに済む。晴美の身が心配で事件から手を引こうと考える義太郎に対して、晴美はさらに事件解決への意欲を燃やす。
片山家の捜査会議では、旬子が事件のカギを握っているのではないかという疑いが強まる。しかし、義太郎にはどうしても旬子を疑うことができない。そんな義太郎を見かねたホームズ(マツコ・デラックス)は、八王子に行くと言い出す。
一方、晴美と石津は、すべての事件現場に残されていた写真に写っている女性・ゆかり(肘井美佳)と久保山の接点を突き止める。
義太郎はホームズの指示に従って八王子へ向かい、ある高校にたどり着く。そこは、久保山と被害者たちがかつて通っていた学校だった。そのとき、義太郎とホームズの前に旬子が現れ...。
連鎖する連続殺人事件の真相が明らかに。義太郎を翻弄する旬子の正体とは? そして、義太郎はこの事件を最後に、刑事を辞めてしまうのか!?

フーガのように絡み合う事件と片山の恋心、果たしてその行方は・・・

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]15.9%  [第2話]12.1%  [第3話]12.7%  [第4話]13.1%

第5話]12.9%  [第6話]12.4%

 

【原作】 赤川次郎  『三毛猫ホームズのフーガ』

 

【主要キャスト】

片山義太郎(29)(相葉雅紀)捜査一課刑事

片山ヒロシ(39)(藤木直人)義太郎の兄

片山晴美(24)(大政絢)義太郎の妹

石津良平(25)(大倉忠義)(関ジャニ∞)捜査一課刑事

ホームズ(シュシュ)/猫の化身(シスター)(マツコ・デラックス)

根本敏夫(尾美としのり)捜査一課係長

栗原 肇(石坂浩二)捜査一課課長 警視

樋口刑事(植木夏十)

村田刑事(君沢ユウキ)

<第5,6話ゲスト>

津川旬子(吉瀬美智子)八王子中央署所轄刑事

小林(升毅)本郷西署強行犯係係長。連続殺人事件の陣頭指揮を執る

石井一馬(長谷川朝晴)ラジオDJ

久保山 良男(赤木伸輔)都立八王子南高校OB

藤田ゆかり(肘井美佳)ラジオお天気DJ(少女時代:谷中唯彩)

神田勇一(隈部洋平)不動産会社社員

安東和敏(七枝実)飲食店店長

結城哲也(竹森千人)(フラミンゴ)都立八王子南高校OB

神田照代(羽里早紀子)勇一の妻

神田大祐(長島暉実)勇一の息子

 

公式HP(次回粗筋)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« (ネタバレ)【梅ちゃん先生】第8週日別粗筋(5/21~5/26) | トップページ | 【ATARU】第6話感想と高視聴率♪&金環日食 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54758122

この記事へのトラックバック一覧です: 【三毛猫ホームズの推理】第6話感想と視聴率:

» 【三毛猫ホームズの推理】第6話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第6話の視聴率は5/21(月)追加予定】「復讐の卒業写真・・・涙の女刑事」ラスト、「久しぶりだね、ホームズ」って、栗原課長、ホームズを知っているのでしょうか?犯人は... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第6話 [ドラマハンティングP2G]
第6話「復讐の卒業写真…涙の女刑事」2012.5.19 ある日、義太郎(相葉雅紀)が食事をしていたレストランに突然、弾丸が飛び込んできたことで始まった今回の事件。 被害者の出身地や犯行の凶器と、奇妙に連鎖する殺人事件を刑事生活最後の事件として追っていた義太郎であっ…... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『復讐の卒業写真…涙の女刑事』 内容 連続殺人事件が発生すると同時に、辞表が受理され、 最後の事件となった義太郎(相葉雅紀) 旬子(吉瀬美智子)の協力で捜査を進めていたのだが、 義太郎が結婚を決心した直後、旬子(吉瀬美智子)が姿を消す。 そんななか、ヒロシ...... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 (第6話・5/19) [ディレクターの目線blog@FC2]
4/14から日テレで始まったドラマ『三毛猫ホームズの推理』(公式)の第6話『復讐の卒業写真…涙の女刑事』の感想。なお、赤川次郎氏の原作小説は一切未読。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファ...... [続きを読む]

» 三毛猫ホームズの推理 #06 [ぐ~たらにっき]
『復讐の卒業写真…涙の女刑事』 [続きを読む]

» ドラマ「三毛猫ホームズの推理」 第6話 ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
復讐事件-----------!?いやぁ、まず最初に書いてしまうけど、今回は酷かったなぁ。何がって、台詞に説得力の欠片もないんだもん(^^;)使い古しの、今までどこかで1度は聞いた台詞... [続きを読む]

» 別館の予備(三毛猫ホームズ& モーレツ宇宙海賊) [スポーツ瓦版]
5月20日 三毛猫ホームズ& モーレツ宇宙海賊 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブ ... [続きを読む]

« (ネタバレ)【梅ちゃん先生】第8週日別粗筋(5/21~5/26) | トップページ | 【ATARU】第6話感想と高視聴率♪&金環日食 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31