無料ブログはココログ

« 【平清盛】第21回感想と視聴率「保元の乱」 | トップページ | 来年大河『八重の桜』出演者発表♪ »

2012年5月29日 (火)

【鍵のかかった部屋】第7話感想と視聴率

「狐火の家」(新聞ラテ欄では「今回は、密室が破られません」)

第7話の視聴率は、前回の15.4%より上がって、16.1%でした。

裏に、『宮部みゆき・4週連続"極上"ミステリー最終夜・レベル7』があったので、食われてしまうかもと危惧したのですが、影響なくて良かったです♪(^^)

今回は芹沢さん、モナコグランプリに行くとの事で、一緒に長野に行きませんでした(汗)

佐藤浩市さん、お忙しかったのでしょうか?(^^;)

原作にいないキャラとはいえ、私はこのキャラが一番、好きです♪

 

雑誌の密室のプロの記事を見て長野から頼みに来るなんて、『トリック』みたいな始まり方でした(^^;)

でも、芹沢さん、探偵じゃないんだから(汗)

これって、弁護士の仕事じゃないのでは?(^^;)

 

遺体に30本近くの金塊を巻いて重りの代わりにしてトイレに隠したなんて、金塊が勿体ないような(汗)

石など取りに行く時間がなかったのでしょうね(汗)

その上からモルタルを流したのでしょうか?

金塊はもう取り出せない?(^^;)

 

密室を解くというよりも、事件解決、犯人推理が主流でした。

密室を作った猛が殺されてしまって、外に出なかったので、「密室が破られません」という事のようでした。

原作の原題は『狐火の家』です。

狐火というのは、青砥純子がトイレで見た青い光の事でしょう。

死体をバクテリアが分解する際、発生するリン化合物が光って見える現象だそうです。

聞いた事はありますが、実際に見た事はありません(^^;)

  

4年前、同級生を刺して警察に移送される途中で逃亡したという長男、西野 猛(郭智博)が、4年ぶりに田舎に帰ってきました。

丁度、一家は留守で、鍵がかかっていたので、近所のリンゴ園から脚立を勝手に借りてきて、2階のネジ締まり錠がバカになっている窓から家に侵入しました。

そして、中から玄関を開け、脚立を返し、家で一晩過ごしました。

翌日、愛美(森迫永依)が一人で友人と電話しながら帰ってきて、気配を感じ「誰?」と言って切りました。

兄の猛がいる事に驚き、戻ってきた事などを批判。

猛は怒って、愛美を殺してしまいました。

その後、帰宅した父の西野真之(吉田鋼太郎)は、猛が妹を殺しても笑顔で悪態をつくのに怒り、殺してしまいました。

そして、猛をトイレまで引き摺っていき、洗濯用のネットに金塊を入るだけ詰め込み、重りの代わりにして巻き、トイレに遺体を隠しました。

その後、北側の窓を開けて、逃走したように見せかけました。

でも、足跡をつけるのを忘れ、却って密室が強調されてしまいました。

 

猛は相当なワルのようで、こういう人が一人家族にいると大変ですね。

血の繋がりは一生、消えなくて・・・

真之さんは猛を殺した事ではなく、なぜもっと早く殺さなかったのだろうと後悔して泣きました。

もっと早く殺していれば、愛美が殺される事もなかったし、明日香が一人ぼっちになってしまう事もなかったと・・・

本当にそんな感じで、辛い結末でした。

 

芹沢さん、モナコ旅行中もネットで状況を聞き、とても気になる様子でした。

帰宅後、芹沢さんも2人と一緒に、密室推理。

模型を作って欲しそうでしたが、時間がなく、「イメージして下さい」と榎本さんに言われ、CGで(^^;)

現場に行っていない芹沢さんは想像できないですね(^^;)

一応、二人に聞いた範囲で一緒に推理しましたが、ワンシーンだけでした(汗)

次回は、芹沢さんも活躍しますように☆(^^)

 

【第7話粗筋】 (Yahooテレビより)

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に連れられ、築百年の日本家屋にやってきた。
案内したのは、家主・西野真之(吉田鋼太郎)の友人・遠藤晴彦(平田満)だ。
ここで西野の中学生の長女・愛美(森迫永依)が死亡したが、顔に殴打の跡があったため警察は他殺と断定、第一発見者の西野が容疑者として連行された。
西野を知る遠藤は、犯人は別にいると言い、愛美の兄・猛(郭智博)かもしれない、と明かした。
猛は以前、同級生をナイフで刺してケガを負わせ、逃走して現在も行方不明のまま。
現場が密室だったため、遠藤は芹沢豪(佐藤浩市)に調査を依頼したが、芹沢が休暇に入ってしまい、純子が榎本と調査に来た。
榎本は、玄関のドアの特殊な鍵に注目。泥棒とは無縁の田舎には重装備に思えた。
合鍵を持つのは西野と愛美だけだが、西野が愛美の遺体を発見した時、玄関は施錠され、愛美の合鍵は室内にあった。
鍵なしで外から施錠することはできない上、犯行時刻に近所のリンゴ園で作業中だった女性も、侵入者は見ていない。
検証を行う榎本に遠藤は、愛美が帰宅時に室内にすでに誰かがいた可能性がある、と言った。
電話をしながら帰宅した愛美の通話相手が、愛美が「誰?」と言った後に切れたと証言したからだ。
玄関以外の逃走経路として考えられるのは、なぜか1つだけ開け放たれた窓のみ。
榎本はここから逃走したのなら、あるはずの足跡がない、と指摘し・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.3%  [第2話]16.5%  [第3話]14.4%  [第4話]15.5%

第5話]15.6%  [第6話]15.4%  [第7話]16.1%

 

【原作】 貴志祐介 「防犯探偵・榎本シリーズ」のうち 『狐火の家』

 

【主要キャスト】

榎本 径(大野智)(30)東京総合セキュリティ勤務。鍵オタク

青砥純子(戸田恵梨香)(26)芹沢のアシスタント。フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

芹沢 豪(佐藤浩市)(50)フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

水城里奈(能年玲奈)フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書

<第7話>

西野 真之(吉田鋼太郎)荒神村地主・愛美の父親

西野 猛(郭智博)西野家長男

西野 愛美(森迫永依)西野家長女

西野 明日香(石井心愛)西野家次女

辻 登美子(高柳葉子)荒神村りんご園農家

遠藤 晴彦(平田満)真之の友人

 

公式HP(第7話オンエア前クイズ)←6月4日(月)18:00迄

 


【送料無料】狐火の家


初回盤+通常盤セット[5/9出荷]■嵐 CD+DVD【Face Down】12/5/9発売


嵐の大野智さん演じる榎本径が【ドラマ】「鍵のかかった部屋」で着用!【レイバン メガネ】Rayban RX5250 5114 ダテメガネ一式セット

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【平清盛】第21回感想と視聴率「保元の乱」 | トップページ | 来年大河『八重の桜』出演者発表♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54831250

この記事へのトラックバック一覧です: 【鍵のかかった部屋】第7話感想と視聴率 :

» 【鍵のかかった部屋】第7話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
「狐火の家」(新聞ラテ欄では「今回は、密室が破られません」)今回は芹沢さん、モナコにグランプリに行くとの事で、一緒に長野に行きませんでした(汗)佐藤浩市さん、お忙しかっ... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 Episode7 [レベル999のgoo部屋]
『狐火の家』 “今回は、密室が破られません 内容 ある日、芹沢(佐藤浩市)を訪ね遠藤晴彦(平田満)と言う男がやって来る 友人・西野真之(吉田鋼太郎)の娘・愛美(森迫永依)が殺された事件の 相談に乗って欲しいと言う事だった。 タンスが物色され、30キロの金塊...... [続きを読む]

» 【鍵のかかった部屋】第7話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
今回の密室は山深い村に100年前から建っている古い日本家屋です。 ドアや窓には鍵が掛かっていましたが、なぜかこの窓が一つだけ開け放たれていました。 窓が開いているのに密室というのはどういうことで...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 #07 [ぐ~たらにっき]
『今回は、密室が破られません』 [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第7話〜初代”まる子”殺人事件〜都市伝説ではない「座敷わらし」 [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第7話 長野の古民家のロケーションが、原作のイメージとほぼ一致!! どうやって原作にマッチする日本家屋を見つけるんやろうかと、感心しました。 一方で、原作に居ない芹沢(佐藤浩市)のモナコ弾丸ツアーの話が冒頭から組み込まれてていて、さらには密室事件の専門家扱いされてる芹沢 (ほとんど”毛利小五郎”みたいな間違った名声!)に、遠藤(平田満)という男が長野から事件解決を依頼しに来ると言う流れ・・・。 遠藤をぞんざいにあしらうも、遠藤に土下座されて、青砥(戸田恵梨香)に... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」第7話 [またり、すばるくん。]
7「狐火の家」 視聴率16.1%   [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋 第7話 感想「狐火の家」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
鍵のかかった部屋ですが、榎本径(嵐・大野智)と青砥純子(戸田恵梨香)は田舎の旧家で起こった殺人事件を調べます。鍵はかかっており一応密室ですが、窓は開いていたりします。芹沢豪(佐藤浩市)はモナコでワインや生ハムを堪能します。(以下に続きます)... [続きを読む]

» ちびまる子ちゃん(森迫永依)殺人事件と私(戸田恵梨香)と彼(大野智) [キッドのブログinココログ]
ふと・・・振り返ると・・・戸田恵梨香と長澤まさみという二人のプリンセスは・・・。 遭遇していないような気がする。 二人をつなぐ糸はガッキーなんだな。 「ドラゴン桜」で長澤まさみとガッキー。 「コードブルー」で戸田恵梨香とガッキー。 この組み合わせがあるが・・・長澤まさみと戸田恵梨香のコンビネーション... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋  7話「今回は、密室が破られません」 [昼寝の時間]
公式サイト 原作:貴志祐介「鍵のかかった部屋」「ガラスのハンマー」「狐火の家」( [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋「狐火の家」  [のほほん便り]
今回は、芹沢(佐藤浩市)が、モナコ(グランプリ)に出かけちゃったし、田舎の古い家屋が「密室になる」という変化球バージョン。 しかも、殺された女生徒、愛美は(ちびまる子ちゃんや、チビのだめの)森迫永依だったんですね。本当に子役さんが成長するの、早いなぁ… 山深い山村で、近所にリンゴ農園があるという、古い家屋の感じがリアリティでした。いつにない雰囲気、ビビる純子(戸田恵梨香)と、いつもと変わらず、あくまでマイペース。淡々と検証する榎本(大野智)の表情が好対照… (それにしても、榎本が偶... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」 第7話 狐火の家 [トリ猫家族]
「どうして、もっと 早く殺さなかったのか・・・」 親が口にするには悲しすぎる言葉・・・ でも、家族だからこそ、憎しみはさらに深くねじ曲がり、果てしがないんだろうね。 そし ... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」第7話感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
あらすじ 公式サイトより .榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に連れられ、築百年という日本家屋にやってきた。ふたりを案内したのは、家主・西野真之(吉田鋼太郎)の友人・遠藤(平田満)だ。先日、この家で西野の中学生の長女・愛美(森迫永依)が死亡したが、顔に殴打の跡があったため、警察は他殺と断定、第一発見者の西野が容疑者として連行された。子供の頃から西野を知る遠藤は、絶対に犯人は別にいると言い、西野の長男・猛(郭智博)かもしれない、と明かした。 殺人現場が密室だったとい...... [続きを読む]

» 別館の予備(鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター) [スポーツ瓦版]
5月30日 鍵のかかった部屋&タイムスクープハンター アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ま ... [続きを読む]

» 「鍵のかかった部屋」解決する3つの鍵7この密室は破れられない・・・鍵は家族の中にありその結末は問題児の息子を抱える父親の苦悩がもたらした悲劇的事件だった [オールマイティにコメンテート]
「鍵のかかった部屋」第7話は窃盗事件が殆ど起きない長野の田舎で殺人事件が発生した。築100年の日本家屋が殺人の場所となったが、その家は完全な密室になっており、前日には雨が ... [続きを読む]

» 家族のうた七話&鍵のかかった部屋七話感想 [NelsonTouchBlog]
■家族のうた七話 ヒデじいの貯金も底を尽きかけ、年金でやりくりすることにも限界がある。。早川正義ことオダギリジョーはあいかわらず仕事らしいものもなく、家庭財政は切迫していた(笑)子供達からも散々にからかわれている。「あのな!浮き沈みがあって当たり前なんだよ。それがロックなんだよ!?」「沈みっぱなしだけど?」「浮上する気配もないし。」「ロックって大変だよね。」 そのタイミングでマネージャー・ユースケサンタマリアからの電話が鳴った。3年続けていたローカルFM、毎週土曜朝六時からのパーソナリ...... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋第7話(5.28) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回は長野の資産家西野真之@吉田鋼太郎の家で 長女愛美@森迫永依の遺体が発見され、真之が容疑者と疑われた事件 榎本@大野智や青砥純子@戸田恵梨香が調査をする中、 失踪中の真之の長男猛@郭智博への疑惑が深まっていくが、 愛美を殺害したのは盗み目的で西野家に侵入した猛であり、 妹を殺しながら平然と逃亡資金を要求してきた猛を真之が殺害した というのが真相だったと もともと真之は強盗の犯行と思わせたくて偽装工作をしたのに 現場は脱出不可能な密室状態となってしまい、 やむなく猛の犯行に見せかけようとした。 依... [続きを読む]

» 鍵のかかった部屋【第7回】フジ月9 [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
今回は、密室が破られません  「なるほど~。でもねぇ、おいしい空気や水よりも、生ハムやワインの方がよっぽどリフレッシュできるんだぁボク。悪いけどな、オレはぁ都会が好きなんだよ。自然とかぁ田舎とかぁ全く興味ないから。ほら、服とか靴とかぁ汚れちゃうじゃないそれに虫刺されもひどいだろうしさ。あとあれだ、トイレなんかまだ汲み取り式残ってるんだろ??あと…、出ちゃうぞ…、座敷童子…。間違いない」by芹沢豪(佐藤浩市)。 芹沢不足~~~~~~~~っ!!!お茶目な芹沢不足~~~~~~~~っ!!!もはや芹沢目当... [続きを読む]

» 別館の予備(黒子のバスケ&ATARU) [スポーツ瓦版]
6月4日 黒子のバスケ&ATARU アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB ... [続きを読む]

« 【平清盛】第21回感想と視聴率「保元の乱」 | トップページ | 来年大河『八重の桜』出演者発表♪ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31