無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

【梅ちゃん先生】第8週視聴率最高&第49~52回(5/28~5/31)

先週(第8週「ゆずれない思い」)の週間最高視聴率は、最高だった前週の21.4%より更に上がって、22.1%(関東地区)でした♪

また、最高視聴率を更新しました♪å

関東では絶好調ですね♪(^^)

関西では、19.9%で、前週の18.9%より上がりましたが、最高ではありません。

関西で20%を超えたのは、第6週「次へのステップ」(21.3%)の1回だけです。

関東では、第1週からずっと週間最高視聴率が20%を超えていて、関東と関西、かなり差があります。

ただ、関西でも2番目の高視聴率でした♪(^^)

 

関東で最高の22.1%だったのは、5/21(月)で、関西でもこの日が19.9%で最高でした。

両方の地区で同じ日が週間最高視聴率になったのは、このドラマで初めてです。

この21日の内容は、

康子(岩崎ひろみ)の夫・和也(滝藤賢一)が復員して、近所の皆で喜びました。

その事を知らせようと梅子は、竹夫のもとを訪ね、そこで、あかねの結婚相手が実は既婚者で、妾になるのだと陽造が話したのを立ち聞き。心配になりました。

「ロミオとジュリエット」の本番、弥生は熱演しましたが、セットが壊れ、大失敗でした。

元気のない梅子を元気つけようと、松岡がお笑いの映画に誘いましたが、梅子はあかねの事が心配で、途中で出てきてしまいました。

最後の舞台のあかねを食堂で待ち、ようやくあかねが来て・・・。

 

これが、関東では今までで最高の視聴率となりました。

あかねは結婚ではなく妾と分かったのに、あかねにプロポーズできない竹夫も切なかったです。

翌日の雪の降る中で、竹夫があかねのタクシーを見送ったのはもっと切なかったです。

一方、松岡と梅子はラブラブで・・・

でも、この映画が松岡と梅子の最後となったようです。

今週、月日が飛んで、梅子は医専を卒業。

帝都大学医学部付属病院のインターンとなり、そこで、内科医となった松岡と久々に再会しました。

 

先週の視聴率ランキング、ドラマ部門では、2位の『鍵のかかった部屋』(15.4%)に大差をつけて、梅ちゃん1位(22.1%)でした♪ޥ

 

さて、今週は「インターンはつらいよ」です。

昭和26年の年が明けて、下村家は新築工事が終わったそうです。

境界線はお互いに譲り合い、真ん中で決着したそうです。

 

医専を卒業するとインターンがありますが、卒業試験の前に、インターン希望者の多い所は選抜試験があります。

雪子と典子と江美は、城南医学専門学校の付属病院に行きました。

でも、弥生は帝都大学医学部の付属病院を希望しました。

梅子も弥生が帝都大学の食堂の日替わり定食がおいいしいと言ったので、心が動いて・・・(笑)

梅子も帝都大学を受けました。

インターンの選抜試験の面接、試験官5人の中に、建造もいました。

梅子、志望動機に日替わり定食がおいいしいからと、正直に言ってしまいました(笑)

それでも、無事に合格♪餭

教授の娘はいいですね(^^;)

ここにしかいない優秀な医者がいて、その人の治療する姿をもっと見たいと言ったのが決め手だったのでしょうけれど♪

皆、それが父の下村教授の事だと分かったでしょう。

他の先生方も皆、建造を見たので(笑)

 

インターンは1年間、それぞれの科を決まった日数で回っていくそうです。

梅子はまず、耳鼻科でした。

弥生は外科でした。

耳鼻科で喉に物が詰まっていた患者が飲み込んでしまって、梅子が内科に連れて行ったら、そこに松岡がいて、再会しました。

そして、山倉と松岡と弥生と梅子の4人で一緒に食堂で昼食を食べました。

日替わりランチ、梅子はお気に入りです♪(^^)

これからはこの4人が中心になっていくのでしょうか?

 

建造を先頭に大名行列(教授回診)もありました。

あの頃からもう無意味な行列してたんですね(^^;)

私は田舎者で、大学病院に行った事がないので、実際にああいう行列の回診、見た事がないです。

でも、ドラマにはよく出てきますね。

 

松子は28歳になり、上司から何度も見合いを勧められているようです。

肩叩きのようでした(汗)

それでも、松子は仕事、頑張るようです。

女性は、20代後半で、もう結婚退職を勧められて辛いですね。

ぜひ、負けないで頑張って下さい♪

 

住宅営業の加藤は、下村家のアフターフォローの振りをして訪れ、隣りの安岡家の新築を狙っているようです。

安岡家も新築できればいいですが、家どころか、まだ皆、洋服、ボロなままです(汗)

幸吉さん、手術したのに、まだ定期的に病院に通っているようです。

やはり胃潰瘍ではなかったのでは??

松子と幸吉さんが心配です。。。

 

【週間最高視聴率推移】

                           関東         関西

初回                    18.5%        16.7%

第1週「新しい朝が来た」        20.5%(4/7(土)) 19.2%(4/4(水))

第2週「かがやく未来」         20.9%(4/12(木)) 18.2%(4/11(水))

第3週「やるなら、やらねば」      20.6%(4/21(土)) 18.1%(4/20(金))

第4週「ヒポクラテスの乙女たち」   21.0%(4/27(金)) 19.5%(4/26(木))

第5週「もつべきものは、友」      20.3%(5/2(水))  19.4%(5/1(火))

第6週「次へのステップ」        21.1%(5/10(木))  21.3%(5/9(水))

第7週「愛のから騒ぎ」         21.4%(5/18(金))  18.9%(5/17(木))

第8週「ゆずれない思い」        22.1%(5/21(月))  19.9%(5/21(月))

第9週「インターンはつらいよ」

 

先週のYahoo視聴率ランキング

 

公式HP(梅ちゃん新聞9号)

 

【過去感想・レビュー】

第47,48回 (5/25(金),5/26(土))「胃潰瘍?」

第43~46回(5/21(月)~5/24(木))と第7週視聴率また最高♪

第41,42回(5/18(金),5/19(土))

第37~40回(5/14(月)~5/17(木))と第6週視聴率最高♪

  

【今週と過去の日別粗筋】

第9週(49~54回)(5/28(月)~6/2(土))

第8週(43~48回)(5/21(月)~5/26(土))

第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))

 


【送料無料】 CD/蒲田・ニューオリンズ・クラブ・バンド/懐かしのメロディ~ NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」より [6/20発売]

  

【皆さんの感想・レビュー】

えみりーさん「えみりーの鈴木先生的神経症ブログ」

くうさん「ドラマ@見取り八段・実0段」

レベル999さん「レベル999のgoo部屋」

ひじゅにさん「もう・・・何がなんだか日記」

早乙女乱子さん「早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常」

    

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

来年大河『八重の桜』出演者発表♪

綾瀬はるかさん主演で、2013年に放送されるNHKの大河ドラマ『八重の桜』の主な出演者16名が、今日(5月30日)、発表されました。

西島秀俊、長谷川博己、剛力彩芽、黒木メイサ、西田敏行、松重豊、風吹ジュン(欠席)、長谷川京子、工藤阿須加、綾野剛、稲森いずみ、玉山鉄二、池内博之、斎藤工、北村有起哉(欠席)、中村獅童らが出演すると発表されました。

このうち、綾瀬さんと14名が新キャスト発表会見に出席したそうです。

 

『八重の桜』は、幕末の会津藩に生まれ、明治の戊辰戦争では自ら銃を取って戦い、「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた新島八重の波乱の生涯を、福島県の会津地方などを舞台に描きます。

脚本は『ゲゲゲの女房』の山本むつみさん、テーマ音楽は坂本龍一さんが担当します。

2013年1月から放送。全50回の予定です。

  

八重の兄で、幕末の会津で蘭学を教えた山本覚馬(やまもと・かくま)役は西島秀俊さん。

八重の最初の夫となる川崎尚之助(かわさき・しょうのすけ)に長谷川博己さん。

八重の6つ年下の幼なじみ・日向ユキに剛力彩芽さん。

文武両道の才女で八重のライバルとなる中野竹子に黒木メイサさんが出演。

西田敏行さんは、藩祖以来、会津藩の家老を代々務める家柄の西郷頼母を演じます。

八重の父・山本権八に松重豊さん、八重の母・山本佐久に風吹ジュンさん、

覚馬の妻・山本うらに長谷川京子さん、八重の弟・山本三郎に工藤阿須加さん、

会津藩最後の藩主・松平容保に綾野剛さん、会津藩の照姫に稲森いずみさん、

会津藩士に玉山鉄二さん、池内博之さん、斎藤工さん、北村有起哉さん(欠席)、中村獅童さん。

いつもながら蒼々たるメンバーですね。

この夏から撮影が始まるそうです。

 

黒木メイサさんは、今年秋に出産予定だそうですが、いつから撮影参加するのでしょうか?

出産、子育てになるべく影響のないよう、頑張って欲しいです。

 

主演の綾瀬はるかさんは、先日、『あさイチ』に出演しました。

このドラマの事も少し話し、映画『ホタルノヒカリ』(6/9(土)公開)の宣伝を中心に話しました♪(^^)

『八重の桜』の放送は来年1月からですから、今、宣伝しても仕方ないですからね(^^;)

綾瀬さん、大好きですし、メイサさんも大好きなので、楽しみです♪֥ϡ

西島秀俊さんや綾野剛さんなどのイケメンも楽しみです♪(^^)

 

【参考ニュース】

大河ドラマ 「八重の桜」出演者発表(NHKニュースWeb)

2013年NHK大河『八重の桜』、新キャスト発表 剛力彩芽、黒木メイサらが初出演

黒木メイサ:13年の大河「八重の桜」に出演決定 ふっくらしたおなかで会見に

    


【送料無料選択可!】新島八重と幕末 会津に咲いた八重の桜 (単行本・ムック) / 由良弥生/著


【23%OFF!】【送料無料】ホタルノヒカリ2 DVD-BOX(DVD)

 

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月29日 (火)

【鍵のかかった部屋】第7話感想と視聴率

「狐火の家」(新聞ラテ欄では「今回は、密室が破られません」)

第7話の視聴率は、前回の15.4%より上がって、16.1%でした。

裏に、『宮部みゆき・4週連続"極上"ミステリー最終夜・レベル7』があったので、食われてしまうかもと危惧したのですが、影響なくて良かったです♪(^^)

今回は芹沢さん、モナコグランプリに行くとの事で、一緒に長野に行きませんでした(汗)

佐藤浩市さん、お忙しかったのでしょうか?(^^;)

原作にいないキャラとはいえ、私はこのキャラが一番、好きです♪

 

雑誌の密室のプロの記事を見て長野から頼みに来るなんて、『トリック』みたいな始まり方でした(^^;)

でも、芹沢さん、探偵じゃないんだから(汗)

これって、弁護士の仕事じゃないのでは?(^^;)

 

遺体に30本近くの金塊を巻いて重りの代わりにしてトイレに隠したなんて、金塊が勿体ないような(汗)

石など取りに行く時間がなかったのでしょうね(汗)

その上からモルタルを流したのでしょうか?

金塊はもう取り出せない?(^^;)

 

密室を解くというよりも、事件解決、犯人推理が主流でした。

密室を作った猛が殺されてしまって、外に出なかったので、「密室が破られません」という事のようでした。

原作の原題は『狐火の家』です。

狐火というのは、青砥純子がトイレで見た青い光の事でしょう。

死体をバクテリアが分解する際、発生するリン化合物が光って見える現象だそうです。

聞いた事はありますが、実際に見た事はありません(^^;)

  

4年前、同級生を刺して警察に移送される途中で逃亡したという長男、西野 猛(郭智博)が、4年ぶりに田舎に帰ってきました。

丁度、一家は留守で、鍵がかかっていたので、近所のリンゴ園から脚立を勝手に借りてきて、2階のネジ締まり錠がバカになっている窓から家に侵入しました。

そして、中から玄関を開け、脚立を返し、家で一晩過ごしました。

翌日、愛美(森迫永依)が一人で友人と電話しながら帰ってきて、気配を感じ「誰?」と言って切りました。

兄の猛がいる事に驚き、戻ってきた事などを批判。

猛は怒って、愛美を殺してしまいました。

その後、帰宅した父の西野真之(吉田鋼太郎)は、猛が妹を殺しても笑顔で悪態をつくのに怒り、殺してしまいました。

そして、猛をトイレまで引き摺っていき、洗濯用のネットに金塊を入るだけ詰め込み、重りの代わりにして巻き、トイレに遺体を隠しました。

その後、北側の窓を開けて、逃走したように見せかけました。

でも、足跡をつけるのを忘れ、却って密室が強調されてしまいました。

 

猛は相当なワルのようで、こういう人が一人家族にいると大変ですね。

血の繋がりは一生、消えなくて・・・

真之さんは猛を殺した事ではなく、なぜもっと早く殺さなかったのだろうと後悔して泣きました。

もっと早く殺していれば、愛美が殺される事もなかったし、明日香が一人ぼっちになってしまう事もなかったと・・・

本当にそんな感じで、辛い結末でした。

 

芹沢さん、モナコ旅行中もネットで状況を聞き、とても気になる様子でした。

帰宅後、芹沢さんも2人と一緒に、密室推理。

模型を作って欲しそうでしたが、時間がなく、「イメージして下さい」と榎本さんに言われ、CGで(^^;)

現場に行っていない芹沢さんは想像できないですね(^^;)

一応、二人に聞いた範囲で一緒に推理しましたが、ワンシーンだけでした(汗)

次回は、芹沢さんも活躍しますように☆(^^)

 

【第7話粗筋】 (Yahooテレビより)

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に連れられ、築百年の日本家屋にやってきた。
案内したのは、家主・西野真之(吉田鋼太郎)の友人・遠藤晴彦(平田満)だ。
ここで西野の中学生の長女・愛美(森迫永依)が死亡したが、顔に殴打の跡があったため警察は他殺と断定、第一発見者の西野が容疑者として連行された。
西野を知る遠藤は、犯人は別にいると言い、愛美の兄・猛(郭智博)かもしれない、と明かした。
猛は以前、同級生をナイフで刺してケガを負わせ、逃走して現在も行方不明のまま。
現場が密室だったため、遠藤は芹沢豪(佐藤浩市)に調査を依頼したが、芹沢が休暇に入ってしまい、純子が榎本と調査に来た。
榎本は、玄関のドアの特殊な鍵に注目。泥棒とは無縁の田舎には重装備に思えた。
合鍵を持つのは西野と愛美だけだが、西野が愛美の遺体を発見した時、玄関は施錠され、愛美の合鍵は室内にあった。
鍵なしで外から施錠することはできない上、犯行時刻に近所のリンゴ園で作業中だった女性も、侵入者は見ていない。
検証を行う榎本に遠藤は、愛美が帰宅時に室内にすでに誰かがいた可能性がある、と言った。
電話をしながら帰宅した愛美の通話相手が、愛美が「誰?」と言った後に切れたと証言したからだ。
玄関以外の逃走経路として考えられるのは、なぜか1つだけ開け放たれた窓のみ。
榎本はここから逃走したのなら、あるはずの足跡がない、と指摘し・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.3%  [第2話]16.5%  [第3話]14.4%  [第4話]15.5%

第5話]15.6%  [第6話]15.4%  [第7話]16.1%

 

【原作】 貴志祐介 「防犯探偵・榎本シリーズ」のうち 『狐火の家』

 

【主要キャスト】

榎本 径(大野智)(30)東京総合セキュリティ勤務。鍵オタク

青砥純子(戸田恵梨香)(26)芹沢のアシスタント。フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

芹沢 豪(佐藤浩市)(50)フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

水城里奈(能年玲奈)フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書

<第7話>

西野 真之(吉田鋼太郎)荒神村地主・愛美の父親

西野 猛(郭智博)西野家長男

西野 愛美(森迫永依)西野家長女

西野 明日香(石井心愛)西野家次女

辻 登美子(高柳葉子)荒神村りんご園農家

遠藤 晴彦(平田満)真之の友人

 

公式HP(第7話オンエア前クイズ)←6月4日(月)18:00迄

 


【送料無料】狐火の家


初回盤+通常盤セット[5/9出荷]■嵐 CD+DVD【Face Down】12/5/9発売


嵐の大野智さん演じる榎本径が【ドラマ】「鍵のかかった部屋」で着用!【レイバン メガネ】Rayban RX5250 5114 ダテメガネ一式セット

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【平清盛】第21回感想と視聴率「保元の乱」

「保元の乱」

視聴率、裏の『ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』(23.3%)に食われてしまったのかもしれません。

第21回の視聴率は、前回の11.8%より下がってしまい、10.2%でした。

このドラマの最低視聴率です。

保元の乱で盛り上がるかと思ったのに、残念です。

私は面白かったと思ったんですけど。。。

頼長と信西の対比が多くて、良かったです。

どちらも夜討ちを武士から提案されましたが、頼長は卑怯な手だと却下。

信西は採用しました。

どちらも同じ孫子の「子曰く 利に合えば 而ち動き 利に合わざれば 而ち止まる」を引用して説明したのに、反対の結論で面白かったです(^^)

信西は、火をかけるのも承諾したし、勝つためには手段を選ばなかったですね。

やはりそのくらいでないと勝てないでしょう(^^;)

火をかけたいが、風向きによって、法勝寺まで火が及び、伽藍を消失する恐れがあるかもしれないと我が主(義朝)が懸念していると、正清は言いました。

でも、信西は、この戦に勝てば法勝寺の伽藍などすぐに再建できるので、即刻、火をかけるよう、命じました。

上に立つ人の判断力で、勝敗が分かれたようでした。

 

近くで通清が死んでしまい、頼長のうろたえぶりが貴族らしくて、良かったです。

火をかけられてしまい、オウムを連れて逃げようとしましたが。。。

途中から、オウムさえ置いて行きました(^^;)

オウムを宝物みたいに抱えて逃げる姿は可愛いかったですが、オウムが話した言葉が悪かったですね(^^;)

オウム「ヨリナガサマノサイハ、ココンワカンニ ヒルイナキモノ ヨリナガサマノサイハ ヨリナガサマノサイハ」

皮肉みたいでした(^^;)

  

崇徳上皇も逃げ、頼長とばったり会いました。

崇徳「そなたを信じた朕が愚かであった」

確かに、そうでしょう(^^;)

でも、何もしないで全て頼長に任せていた崇徳院にも責任があるのでは?

 

信西は、武功を立てた者には昇殿の褒美もあると言い、

義朝は、死ぬ覚悟で来たので、死んでから恩賞をいただいても何もならないので、今すぐ昇殿を許してほしいと頼みました。

それに対して、後白河帝は、面白い男だと許してやりました。

また、後白河帝は、全軍出陣の前、ちゃんと皆の前で挨拶しました。

白河院から始まった王家の争いの歴史を説明し(天皇家の事をまた王家と言った)、

後白河帝「全ては白河院の御代からから始まった事。

 これを止められるは、武士しかおらぬ。

 そなた達武者どもの力を持って、白河北殿を落とす事が・・・新しき世の始まりである」

 

いつもながら後白河帝、素敵でした♪(^^)

任せっきりで何もしない崇徳院とは、かなり違いました。

 

保元元年(1156年)7月11日、後白河帝方の軍勢は三手に分かれて、崇徳上皇軍が立てこもる白河北殿に向かいました。

それにしても、お互いに名乗りあったりして、この時代の戦はのんびりしていますね(^^;)

夜討ちの効果が減ってしまいそう(汗)

 

まずは義朝の軍勢が最初に敵と相対しました。

敵は弟の源頼賢です。

頼賢「弟殺しに父上への不幸。

 源氏の面汚しとはそなたのことじゃ!

 かかれ!」

 

そして南門では、伊藤忠清と源氏の鎮西八郎忠朝が名乗りあい、弓を引きました。

皆が恐れていた鎮西八郎忠朝の矢は、特別な威力がありました(汗)

 

北門では、清盛が忠正と相対しました。

清盛「われらの目的は上皇様と左大臣様を捕らえること。

 無駄な血を流しとうはござりませぬ。

 すみやかに門をお開け下さい」

でも、忠正は開けず、

忠正「いざ! 勝負!」と弓を射ました。

やはり清盛、甘いですね(^^;)

 

甘いと言えば、親子で敵味方になってしまった源氏の通清は、鎮西八郎忠朝の矢を受けそうになった正清を守って、代わりに当たってしまいました。

正清「父上!」

通清「武士の風上にもおけぬ事をしてしまった。

 断じて、この父を見習うでないぞ」

この親子は一貫して親子愛に溢れていました。

この時代に生まれてしまって、気の毒でした。

この後、深手を負った体で、通清は為義に戦況報告に行き、死んでしまいました。

為義は悲しみ、怒り、義朝に勝負に行きました。

この親子は真剣に刀で斬り合いましたが、勝負がつかず、分かれました。

 

親不孝者で、出世欲一杯ですが、なぜか義朝は清々しく感じます。

却って、清盛の方が優しいのに、甘いように見えてしまいます(汗)

 

この戦いは、後白河帝方の圧勝で、たった1日で終わりました。

語り「保元元年7月11日、かつて世を思うがままに動かした白河院の御所が武士達によって落とされた。しかし、武士の世は、そうたやすくは来なかった」

 

次回は、「勝利の代償」。

頼長と為義と忠正の最期?

頼長は素敵な悪役だっただけに、退場、残念です。。。

オウムはどうなったのでしょうか?(^^;)

 

【第21回粗筋】 (Yahooテレビより)

ついに保元の乱開戦!後白河帝(松田翔太)対崇徳上皇(井浦新)に分かれた朝廷内争いは、平氏・源氏の武士集団を巻き込んで京の都を二分する争いに!清盛(松山ケンイチ)は叔父・忠正(豊原功補)と、義朝(玉木宏)は父・為義(小日向文世)と、それぞれ身内同士斬り合うつらい戦いとなる。さらに、強弓の使い手・源為朝(橋本さとし)の参入で、戦況の行方は?勝つのは果たして...。そして「武士の世」が到来する。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%

   

公式HP・次回粗筋

   

来年大河『八重の桜』出演者発表(2012.5.30)

 


【送料無料】 NHK大河ドラマ≪平清盛≫サウンドトラック 【CD】

   

   

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

2012年5月28日 (月)

【ATARU】第7話感想と視聴率

「さらば男達の絆!!殺人刑事」

第7話の視聴率、前回の17.4%より大幅に下がってしまい、13.5%でした。

第3話(10.9%)に次ぐ低い視聴率でした。

裏に、『ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』(23.3%)に食われてしまったのかもしれません。

面白かったのに、残念です。。。

 

チョコザイ、「鍵のかかった部屋」なんて言ったりして、月9の大野君のドラマの宣伝をしてました(笑)

局が違うので、向こうでも宣伝するのでしょうか?(^^;)

右手の動きも似てますよね(^^)

 

5年前の沢(北村一輝)さん、髪型が全然違って、頭の上がちょっと薄いようでした(笑)

今は、ちゃんと髪の毛フサフサなのに、当時はストレスで薄かったのでしょうか?(^^;)

 

事件は、滝沢署の警官・和田係長の自殺。

自殺に見せかけた殺人で、犯人は5年前、沢の上司で突然、行方不明になった福留班長(升毅)ではないかと思われました。

でも、実際は、殺人に見せかけた自殺でした。

結局、今回の捜査は取り越し苦労?(^^;)

 

舞子「救われないわね。

 捨て山を掘り起こしても、やはり事故や自殺だったら。

 亡くなった人も遺族も刑事だって」

 

今まで、捨て山を殺人事件と暴いてきましたが、こういう事だってありますね。

舞子は、お母さんの自殺もあるので、人事ではないでしょう。

ただ、5年前の沢さんが変わってしまったという事件の詳細が分かったので、それは良かったです。

半年かがりで寝る間も惜しんで捜査して、家族も犠牲にしてきて、ようやく犯人が分かって逮捕することになったのに、前日、その容疑者にアリバイが見つかってしまいました。

福留は、上司と現場の捜査員の間で、その容疑者にアリバイがあった事を皆に告げられず、 予定通り逮捕しに行き、直前で逃げてしまいました。

前夜だったんだから、アリバイが見つかったと、一事、皆に言えば良かったのにねえ。。。

逮捕してから誤認逮捕になるより余程いいでしょう。

逃げ出すなんて最低ですね(汗)

沢さんが尊敬していた班長がそんな人だったとは(汗)

福留と同期だった和田(神保悟志)が1年ほど前、「尋ね人サイト」で福留を捜して、交流が始まりました。

和田のいる滝沢署に、その頃、味谷課長が転勤してきて、それ以来、彼はずっといじめられていたようです。

それで福留が行方不明になった気持ちが分かるようになったそうです。

福留と和田はメールをやりとりし、最後に、福留が和田に出したメールの内容は、殺人に見せかけて自殺する方法でした。

和田はその通りに自殺し、メールを消し忘れていたのでした。

自殺直後に同じ署の人が彼の携帯をチェックし、メールを削除。

偽装自殺を指南した相手が誰か分からなかったので、相手から自殺の原因がもれるのを恐れて隠蔽を行ったとの事でした。

でも、警察なんだから、調べればメールの相手なんて、すぐ分かるのではないでしょうか?

プリペイド式だと分からないのかな??

それに銃声が2発したのに、1発と偽装だなんて、近所の住民、皆聞こえてたと思うんですけど(汗)

銃声がして、沢と舞子達が駆けつけた時、福留とすれ違いました。

すぐに駆けつけたのに、もう署内で自殺もみ消しの偽装のポスター張り等もされていて、メールも消されていたようで、時間関係、よく分かりませんでした。

チョコザイは、福留の方に暴露ウィルスを送って福留の携帯に保存されていたメールを全てネットに公開させ、舞子の携帯にメールしました。

その中に、殺人に偽装自殺指南のメールもありました。

そうとは知らず、その後、福留は自分の携帯内のメールを削除し、自分が殺したとして、遺書を書き、拳銃自殺しようとしました。

それを駆けつけた沢が止め、舞子とチョコザイも駆けつけ、舞子が自分の携帯にきた偽装自殺指南のメールを見せ、真相を言いました。

福留「5年前、俺が捨てたのは、おまえらや現場だけじゃない。

 妻や子も家族も一緒に捨てたんだ。

 だから、せめて和田には奥さんに退職金や年金を遺してやりたかった」

でも、警察は自殺と判断したので、退職金も年金も出ません。

沢「自殺教唆、または自殺幇助の容疑で任意同行願います」

福留「自殺幇助? やめてくれ! 殺人だ!

 頼む! おまえの手で他殺にしてくれ!

 自殺になったら、奴も奴の家族も救われない!」

舞子「自殺じゃなかったら救われるんですか?

 退職金や年金が出れば、本当に救われると思ってんの?!

 楽にしてやりたかった? 嘘つかないで下さい!

 あなたが楽になりたかっただけ。

 5年間の肩の荷を降ろしたくなっただけ。

 そんな勝手なエゴで殺した。

 あなたは・・・ただの人殺し」

 

舞子のセリフは説得力がありました。

和田の事を考えるのなら、自殺の仕方を教えるのではなく、転職を勧めたらどうだったでしょう?

警備会社とか別の仕事がやれたのでは?

自分を基準に考えていたから、そういう最悪な思いやりになってしまったのかも??

 

コネタは今回もいろいろありました。

掛け軸、「生玉子」

を持てば 道捨てても きる道」

これの最初の文字を横から読んで「生玉子」というのは分かりましたが、何か意味があるのでしょうか?(汗)

真面目な話の前だったのに(汗)

 

ケチャップで死んだ真似、初回にもあったので、今回はすぐ分かりました(^^;)

 

ラリーはチョコザイと会って、舞子との信頼関係を知りました。

楕円形の話、興味深かったです。

ラリー「多くの人間は丸い魂を持っている。

 だから、おまえの楕円形の魂がいびつに見えるんだ。

 だが、楕円は円より大きい。

 その分、能力も計り知れない。

 だが、世の中には、おまえの楕円の魂を削り、可能性をなくし、丸い魂にしようと目論む人間ばかりだ。

 私とは違う」

チョコザイ「エビナは違う」

ラリー「どこが違うんだ? アタル。

 私と蛯名舞子と、どこが違うんだ?」

 

どこが違うのでしょうね?

同じ人間として対等に見ているという事じゃないのでしょうか??(単なる予想です)

予告編の時、もうすぐ最終回みたいなテロップがありましたが、今のところ、最終回は6月24日の予定(Wikiより)のようなので、あと4回?

まだまだ続くと思います(^^)

そろそろ佳境で、いろいろな謎が明らかになるのかもしれませんね。

楽しみです♪(^^)

 

【第7話粗筋】 (Yahoo TVより)

チョコザイ(中居正広)と共同生活を始めた沢(北村一輝)は、「洗濯は午後九時に」というチョコザイルールを守るため、チョコザイ・舞子(栗山千明)と共に近くのコインランドリーにいた。すると、そこに2発の銃声が響いた。「M37」と呟くチョコザイ・・・M37は制服警官の銃であることを瞬時に察した沢たちは、コインランドリーの裏にある交番に急いだ。途中、かつて上司であった福留班長(升毅)とすれ違った沢は、気になりつつもそのまま現場へと走った。交番の2階には、手袋制服姿の和田(神保悟志)が、左胸から流血して倒れていた・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]16.9%  [第3話]10.9%  [第4話]13.8%

第5話]14.5%  [第6話]17.4%  [第7話]13.5%

 

公式HP(次回粗筋)

 


【送料無料】ATARU(1)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月27日 (日)

【三毛猫ホームズの推理】第7話感想と視聴率

「完全犯罪!?放火の真実を追え」

第7話の視聴率、前回の12.4%より下がってしまい、10.2%でした。

このドラマの最低視聴率です。

裏の土曜ワイド『アナザーフェイス』(14.0%)や『爆生レッドカーペットSP』(12.5%)に食われてしまったかもしれません。

 

シュシュの唄の動画が公式HPにアップされました。

これ、ホームズ役の猫・シュシュの動画で、とても可愛いです♪(^^)

 

今回は珍しく社会派ドラマでした。

囲い屋」、数年前、NHK『クローズアップ現代』で見ました。

こういう物は早くなくしてほしいです。

「相棒」でも扱いそうな素材で、素材その物は興味深かったです。

ただタッチがホームズ流なので、あちこち甘いというか・・・(汗)

原作は、『三毛猫ホームズの大改装』で、未読ですが、原作には義太郎の彼女を自称する女子高生が登場したりして、ドラマと登場人物もストーリーもかなり違うそうです(Wikiより)

 

「悲劇を未然に防ぎます」なんて、義太郎、安易に約束して相変わらずです(^^;)

警察の仕事は、根本さんの言う通り、「悲劇を起こした犯人を捕まえるのが警察の仕事」だと思います。

ホームズには、「口だけ番長」と言われてしまいました。

 

立石殺害に関して、不整脈を起こす方法が分からず、殺害の証拠がないのに、義太郎、LR企画の鮫田を任意取り調べに引っ張ってしまい、素人から見ても甘すぎでした(汗)

ホームズにも「猫以下だね」と言われてしまいました。

一生懸命なだけじゃ、ちょっと辛いんですよね(汗)

義太郎は、「悲劇を未然に防ごう」、「困っている人がいたら、全員助けたい」という気持ちだけで、空回りしていて、中盤、イライラしてしまいました(汗)

今回も推理してたの、殆どヒロシだし・・・(^^;)

 

ホームズが義太郎に言った猫の死ぬ時の話は興味深かったです。

「まるで、死ぬ直前の猫だね。

あんた、知ってる? なんで、猫が死ぬ時、姿を隠すのか?」

「家族のためを思ってに決まってるでしょ。

大好きな人に自分の死ぬ姿を見せて悲しませないように、迷惑をかけないように、それで一人ぼっちで死んでいくのよ。

なのに、あんたときたら・・・猫以下ね!

無茶な取り調べして、皆に迷惑をかけて・・・」

 

猫が死ぬ時、姿を隠すって、それすら私は知りませんでした(汗)

これ、本当でしょうか?

 

あと、肝心の不整脈を起こした方法。

氷と塩を大量に買って持って行き、酔って意識を失った立石を浴槽に入れて、水に氷と塩を入れて急激に冷やして不整脈を起こさせます。

死んだ事を確認して、お湯を流し続け、氷も解けて、塩も流れたとの事でした。

でも、上から湯が零れただけでは、下に溜まった塩はなかなか抜けないでしょう。

浴槽はお湯が一杯だったので、その湯を調べればすぐにナトリウムが出たのでは?

義太郎が言ってから鑑識が調べたのも不思議でした。

スーパーで塩と氷を大量に買ったのも、防犯カメラに写ったスーパーの袋と照合して調べれば、すぐに分かりそう(汗)

鮫田達の帰った時間が出てきませんでしたが、防犯カメラに帰ったのも写っていたでしょうから、死んだ時刻とかち合ってしまい、いくら病死でも最初から疑われるのでは?

とにかく、??だらけでした(汗)

 

順番が前後しますが、今回、事件が複雑だったので、まとめます。

事件の全容は、LR企画による連続放火事件。

古いアパートの立替のため住人を追い出したいオーナーに頼まれ、放火して、住まいをなくしたお年寄り達を囲い屋の餌食にして生活保護費を奪い取る。

その不正行為を週刊誌の編集長の有田令子(紺野まひる)が取材していました。

連続放火のうちの一件の火事に義太郎達が遭遇。

仲谷夫妻とペットのインコを助けました。

でも、お年寄り1人と若い女性1人が逃げ遅れて死亡。

亡くなった若い女性の夫・立石貢が火事を119番通報しました。

でも、場所を全然違うエリアを言ったので、消防車は間違えてしまい、間に合いませんでした。

立石はLRファイナンスに多額の借金があり、LRファイナンスの鮫田に脅されて、妻に多額の保険金を掛け、その直後に放火したのでした。

でも、この場合、保険金は下りないとの事で、立石は「話が違う。この事を有田令子に言うぞ」と鮫田を脅しました。

有田令子は、立石から次の放火のターゲットの情報を買い、お金を渡していたので、最初、疑われてしまいました。

他にも情報を買うつもりでしたが、殺されてしまいました。

警察は、最初、令子を疑っていましたが、変更。

保険金殺人で立石が放火したとみて、立石を追いました。

でも、立石は、ホテルの部屋の浴槽でお湯に浸かったまま死んでいて、義太郎と石津に発見されました。

死因は、不整脈。

時期的に怪しいですが、殺害の証拠はなく、酔って風呂に入っての病死だろうと処理されました。

一方、仲谷夫妻は焼け出された後、囲い屋に斡旋されて、生活保護費を搾取され、部屋を仕切った狭いスペースで家畜のような生活を送っていました。

取材で見かねた冷子が自分の住んでいるマンションを紹介し、仲谷夫妻はそこで暮らす事になりました。

ところが、今度は、そのマンションがターゲットだと知り、3人は絶望。

警察が役に立たないので、仲谷夫妻は復讐殺人を実行する事にしました。

仲谷「奴らの家畜のような生活をするより、刑務所を最期の家にする方がずうっとマシですよ」

そう言われて、令子も協力しました。

義太郎は、仲谷夫妻の計画実行の前に犯人を逮捕しようと焦りました。

死の90分前に鮫田と大家が沢山の買い物袋を持って立石の部屋に入ったというビジネスホテルの防犯カメラの映像をみつけました。

不整脈死の謎が解けず、それだけで、鮫田に自白させようと引っ張ってしまいました。

鮫田は袋の中身は全部酒だったと言い、殺害を否認。

死因は、不整脈でしょうと開き直り、逆に、名誉毀損で弁護士に相談すると。

根本は鮫田を帰し、義太郎を怒りました。

その後、ホームズとヒロシのヒントで不整脈死の方法が分かりました。

 

令子が聞いていたのは、仲谷夫妻が鮫田達を殺し、その殺人映像とメッセージを公表して世間に訴える復讐殺人計画。

令子はカメラをセットし、自宅からカメラの映像を見ている役目でした。

でも、彼らがペットのインコを令子に預けたので、義太郎は2人が死ぬつもりだと察し、令子に彼らの居場所を聞き出しました。

仲谷夫妻は、訪れた鮫田と大家を電気ショックで襲い、縛りました。

仲谷は、自分達も一緒に死ぬつもりで部屋に火をつけました。

危うい所に義太郎と石津が消火器を持って来て、火を消しました。

悲劇を未然に防げたので、令子も義太郎を認めてくれました♪

 

最後に、「一家に一刑事」の家訓の額が風で落ち、額の裏からホームズと祖父の写った写真が出てきました。

以前、栗原さんもホームズを知っていたし、ホームズは不死身なのでしょうか?(汗)

それとも化け猫?(^^;)

マツコに変身するので、どんな猫だったとしても驚かないです(笑)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]15.9%  [第2話]12.1%  [第3話]12.7%  [第4話]13.1%

第5話]12.9%  [第6話]12.4%  [第7話]10.2%

 

【主要キャスト】

片山義太郎(29)(相葉雅紀)捜査一課刑事

片山ヒロシ(39)(藤木直人)義太郎の兄

片山晴美(24)(大政絢)義太郎の妹

石津良平(25)(大倉忠義)(関ジャニ∞)捜査一課刑事

ホームズ(シュシュ)/猫の化身(給食のおばさん)(マツコ・デラックス)

根本敏夫(尾美としのり)捜査一課係長

栗原 肇(石坂浩二)捜査一課課長 警視

<第7話ゲスト>

有田令子(紺野まひる)永光出版「週刊QQ」編集長

仲谷貞吉(織本順吉)アパート放火事件被害者

仲谷とよ(森康子)貞吉の妻

鮫田悠一(金山一彦)LR企画&LRファイナンス役員

大家啓介(八代真吾)LR企画社員

立石 貢(飯田基祐)LRファイナンス債務者

間宮健二(平賀雅臣)永光出版社長

 

【原作】

←原作内容はこちらで確認

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月26日 (土)

(ネタバレ)【梅ちゃん先生】第9週日別粗筋(5/28~6/2)

これは来週(第9週)「インターンはつらいよ」の日別粗筋です。


NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」タイアップ!梅ちゃん先生 梅酒【菊川酒造】720ml

 

<日別粗筋 第9週(49~54回)(5/28(月)~6/2(土))> (Yahooテレビより)

第49回[5/28(月)]

昭和26年。下村家の新築工事が無事終わり、梅子(堀北真希)もいよいよ最終学年。卒業試験の勉強に励む、梅子。しかし、その前に卒業後のインターン先の病院を決めなければならなかった。雪子(黒川智花)たちが医専の附属病院に進むというのを尻目に、弥生(徳永えり)は、建造(高橋克実)のいる帝都大学病院に行くつもりだと言う。建造とインターン先のことを話す梅子。そこで、梅子はある決意を口にする。

第50回[5/29(火)]

帝都大学病院でのインターン面接を受ける梅子(堀北真希)。その梅子の視線の先には、なんと面接官として座る建造(高橋克実)の姿が...。頭が真っ白になってしまった梅子は、面接では言ってはいけないことを口走ってしまうほど動揺していた。祖母・正枝(倍賞美津子)は梅子に面接のことを聞こうとするが、建造のそぶりから、梅子はその話題に答えられずにいた。そして合格発表の日、梅子が目にしたものは・・・。

第51回[5/30(水)]

耳鼻科にインターンとして配属された梅子(堀北真希)。そこである偶然が...。建造(高橋克実)を慕い、帝都大学病院で働いていた松岡(高橋光臣)と3年ぶりの再会を果たしたのだ。大忙しのインターン生活の中、外科に配属された弥生(徳永えり)や山倉(満島真之介)、松岡らと食堂で一緒に食べることが、梅子にはうれしく思えるのだった。やがて、梅子は耳鼻科のインターンを離れ、外科に配属されるのだが・・・。

第52回[5/31(木)]

外科のインターンとして大忙しの梅子(堀北真希)。ある日、弥生(徳永えり)から医専の仲間たちと夕食を食べようと誘われるが、急きょ宿直を頼まれてしまう。そんな折、建造(高橋克実)が主治医を務める患者・篠田(正名僕蔵)に、梅子は呼び止められる。篠田は梅子にあることをお願いする。それは"篠田の病気が深刻で、もう後がないはずだから、余命を建造に聞いて教えてほしい"というものだった。答えに窮する梅子は・・・。

第53回[6/1(金)]

篠田(正名僕蔵)の依頼をどうしてよいか分からないでいた梅子(堀北真希)は、それとなく建造(高橋克実)に聞いてみるが、建造は「問題ない」と言う。そんな中、検査室の岡部(品川徹)を訪ねた際、梅子はある検査結果を目にしてしまう。一方、松子(ミムラ)の会社に、新潟支社から転勤になった者が現れる。松子はそれとなく真田のことを尋ねるが「新潟支社には今はいない」と言われてしまう。そこで松子は・・・。

第54回[6/2(土)]

篠田(正名僕蔵)のことを放っておけなくなった梅子(堀北真希)は、篠田に生きる希望を持ってもらおうと考え、篠田の妻と子どもを連れてくる。そんなことをしたら、かえって「自分はもうすぐ死ぬ」と篠田は思ってしまうと弥生(徳永えり)に言われ、梅子は自分がしたことを後悔し始める。そんな矢先、篠田が主治医・建造(高橋克実)を呼び出す。なんとか生かしてほしいと言う篠田に、建造があることを言い・・・。

 

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(梅ちゃん新聞9号)

公式HP(新キャスト・ニュース)(2012.5.8)

 

【過去レビュー】

第47,48回 (5/25(金),5/26(土))「胃潰瘍?」

第43~46回(5/21(月)~5/24(木))と第7週視聴率また最高♪

第41,42回 (5/18(金),5/19(土))

第37~40回(5/14(月)~5/17(木))と第6週視聴率最高♪

第35,36回(5/11(金)~5/12(土))「ダンパで家族和解」

第31~34回(5/7(月)~5/10(木))と第5週視聴率

第5週(第25~30回)(4/30(月)~5/5(土))と第4週最高視聴率♪

第23,24回(4/27(金)、4/28(土))「のど自慢」

第20~22回(4/24(火)~4/26(木))と第3週視聴率

第2回(4/3(火))&初回視聴率好発進♪

第1回(4/2(月))&主要人物表「新しい朝が来た」

 

【今までの日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第8週(43~48回)(5/21(月)~5/26(土))

第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

第4週(19~24回)(4/23(月)~4/28(土))

第3週(13~18回)(4/16(月)~4/21(土))

第2週(7~12回)(4/9(月)~4/14(土))

第1週(1~6回)(4/2(月)~4/7(土))

 


【送料無料】梅ちゃん先生(1) NHKドラマガイド

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【梅ちゃん先生】第47,48回(5/25(金),5/26(土))感想

5/28(月)のスタパ大島蓉子さん(安岡和子役)が出演予定だそうです。

安岡幸吉さんは本当に胃潰瘍

梅の木の祟りでは?(笑)

掘り起こして移動しようとしたから(^^;)

ただ、手術を嫌がる幸吉さんに、建造さんが「今度倒れたら死ぬぞ」と言ったので、

胃癌なのを隠して胃潰瘍と言っているようにも見えました(汗)

胃潰瘍なら2度目の発作で死なないでしょう?(^^;)

それとも手術を受けるよう、ただの脅しで言っただけ?

よく分かりませんが、とにかく、建造は内科医なので、手術の執刀はしないそうです(笑)

安岡家の人達が勘違いしていたのは、ともかく、梅子は医者の卵なんだから、父が内科医で、内科医は執刀しないって知っていたでしょう?(^^;)

 

隣の和子さんと信郎が来て、江美と一緒にいた梅子に建造さんへの伝言を頼んだ時の会話です。

幸吉が手術をしないと言い張って、手術を勧めた建造と喧嘩してしまったそうです。

怒って、手術に手を抜かれたら困ると、和子達は心配したのでした。

和子「うちの境界線、もうお宅の好きなようにしてもらっていいよ」と、建造に伝えて欲しいとのこと。

梅子「うちの父は喧嘩したからって、治療で手を抜いたりしません。

 何もしなくていいの。 ただ、手術を受けると言って。

 それだけでいいと思うの」

信郎「でもよ、腹の立つ相手の手術はいい加減になるだろう」

梅子「医者は、そんな事、関係ないわ。

 目の前に病気の人がいたら全力で治そうとする。

 その患者さんに元気になって欲しい。 それだけを考えるの。

 お父さんを信用して。 おじさんをきっと治すから」

 

信郎は手術の事を言っています。

父は内科医だから執刀しないとつけ加えれば良かったのに、梅子、このセリフ、カッコつけすぎでした(汗)

ただ、嘘ではなくて、本当に全力で治そうとしてくれるでしょうけどね(^^;)

隣で聞いていた江美は、この言葉に感動して、医専の授業に復帰しました。

江美は、臨床実習で会った幼馴染みの熊沢が治らないと知って、人の死を見るのが恐ろしくなったという理由で、「おら、医者をやっていく自信ねえ」と脱落しかけていました。

なのに、これで心を入れ替えたのも少し、不思議でした(^^;)

 

とにかく、今日の第48回の最初に戻ります。

幸吉さんは、酔っ払って、土地の境界線を有利にしようと、梅の木を動かそうとしたら、突然、腹痛が起こり倒れてしまいました。

それで建造に見てもらい、建造の病院に入院。

すぐに手術が必要と言われてしまいました。

退院するには3週間かかるとのこと。

幸吉「その間に家建てちまうんだろ」と、幸吉さんは土地の境界線の事を心配します。

それに3週間も工場の仕事を休めないから、手術しないと言い張ります。

建造「心配するな。おまえの入院している間に家は建てない」と、幸吉と約束しました。

もめてる最中なんだから、当然ですよね。

その間にシメシメと家を建てたら、余程の悪人です(汗)

幸吉は手術直前まで境界線の事を建造と言い合い、手術室に入って行きました。

それを見送る建造が和子と信郎に

建造「あの男、私が手術すると勘違いしているようだな」と。

和子「え? 下村先生がやるんじゃないんですか?」

建造「執刀するのは外科の医師です。

 私は内科ですから」

これが今日の落ちみたいでした(笑)

 

約束通り、建造は工務店の加藤(大沢健)に新築の件、事情を話して、しばらく棚上げにしたいと言いました。

それを聞いて、加藤は納得しましたが、正枝(倍賞美津子)が納得しませんでした。

正枝「私は分からないんですけどね。

 隣の人が病気だからって、どうして私のうちが家を建て直しちゃいけないのか」

 

嫌なおばあさんですね!

隣と境界線を争っていた事を知っている筈なのに・・・

本当に、下村家の家族は冷たい人が多くて・・・(^^;)

 

とにかく、今回はしばらく棚上げとのことでしたが、来週は、梅子がインターンになるんですよね。

次週、月日が飛んだ時、下村家は新築されているでしょうか?

 

今週の流れを箇条書きにしてみました。

・智司に世話になったのを口実に、家新築の営業マンが来る

→土地の境界線で隣ともめる

→幸吉さんが病気になり、境界線争いは先送り

→新築話も先送り(それとも、おしまい?)

 

以前、ダンスパーティーの時も、途中から下村家がダンパを乗っ取ったような家族の絆再生話に変わってしまいました。

今週も新築話が醜い境界線争いに変わり、そして、幸吉が病気になって、医者としての心構えみたいな話に摩り替わり、一見、綺麗にまとめました(汗)

そして、無理矢理、江美の話とも結びつけた感じでした(^^;)

以前の判事の餓死事件といい、土地の境界線の争いといい、戦後、実際にあった話を安易にドラマに盛り込んでいるような気がします(汗)

安易に闇米拒否を真似た建造にがっかりしましたが、

今週の境界線争いも、建造と正枝の強欲さを見たようで、がっかりでした(汗)

今週前半はあかねさんが気の毒で、後半はお隣の安岡家の人々が気の毒で、経済格差を思い知らされた感じでした。

梅子は、勝ち組でいいですね(^^;)

遊んでばかりいたのに、落ちこぼれだった話はもう遠く、医者への道はあと少しです。

信郎君の工場も立派な工場になって、下村家を見返して欲しいものです♪

 

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(梅ちゃん新聞9号)

 

【過去レビュー】

第43~46回 (5/21(月)~5/24(木))と第7週視聴率また最高♪

第41,42回(5/18(金),5/19(土))

第37~40回(5/14(月)~5/17(木))と第6週視聴率最高♪

第35,36回(5/11(金),5/12(土))「ダンパで家族和解」

第31~34回(5/7(月)~5/10(木))と第5週視聴率

 

【今週と過去の日別粗筋】

第8週(43~48回)(5/21(月)~5/26(土))

第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

  

【皆さんのレビュー】

えみりーさん「えみりーの鈴木先生的神経症ブログ」

くうさん「ドラマ@見取り八段・実0段」

レベル999さん「レベル999のgoo部屋」

ひじゅにさん「もう・・・何がなんだか日記」

  


堀北真希主演ドラマ関連梅酒!NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」タイアップ!梅ちゃん先生 梅酒【菊川酒造】720ml

   

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月25日 (金)

【カエルの王女さま】第7話感想と視聴率

「M あなたしか見えない」

『M』も『ウエディング・ベル』も好きですが、曲の人気だけじゃ、視聴率上がりませんね(汗)

第7話の視聴率は前回の9.2%より下がってしまい、7.4%でした

残念ながら、このドラマの最低視聴率です。

澪の元恋人の石井竜也さん、あれだけで終わりとは残念でした。

もっと絡んで欲しかったです。

 

今回、合唱コンクールに出場して結果が出るのかと思いましたが、次回に先送りされてしまいました。

2話続きのエピソードは、今回が初めてではないでしょうか?

 

哲郎と玲奈の関係を知った忠子が、家出して東京へ行ってしまいました。

リーダーを欠いたシャンソンズは、ガタガタになってしまいました。

忠子が辞めるか、玲奈が辞めるか。

忠子の夫婦関係の修復と、玲奈との仲直り?が中心でした。

 

澪は市長の挑発に乗ってしまい、合唱コンクールの県大会で優勝しなかったらシャンソンズを解散すると約束してしまいました。

合唱コンクールには、安見市の3年連続優勝の強豪チームが出ます。

彼らは、今年全国優勝を目指して、ドイツ国立ベルリン合唱団の指揮者、ファインバッハ氏を招聘し、指導を仰ぐそうです。

ファインバッハが教えた合唱団は各種コンクールを総なめ。言わば優勝の請負人との事。

自分のベルリン合唱団の指導は、誰がやっているのでしょうか?(笑)

 

一希は、「あんたのせいで、あいつらは夢や目標を失う」と、勝手に無謀な約束をしてしまった澪を責めました。

澪は、シャンソンズの皆には優勝するための秘策があるとミエをはりましたが、全然ありません。

相変わらずの性格です(^^;)

 

ただ、今回、桜ママが帰ってきて、良かったです。

ジャマイカでは、トライアスロン、完走しましたが、ドンケツだったそうです(^^;)

でも、完走しただけいいですよね。素人なんだから。

 

テレビで、昔、澪と一緒の劇団にいてパートナーであり元恋人だった三宅 光矢(石井竜也)が映りました。

彼は、パリ・オペラ座での公演を成功させて、日本に凱旋帰国しました。

澪は、それを見て、彼に指導を頼もうと思いつきました。

早速、シャンソンズの皆を引き連れて、バスで東京へ行き、車内で「TOKIO」を合唱。

現地では、自由行動としました。

皆には、刺激を受け感性を磨くため東京へ行くと伝えましたが、本当は、自分が三宅に会って頼みたかったからでしょう(^^;)

でも、交通費がなかったから、嘘をついたのではないでしょうか?

 

澪は、偶然、東京タワーを見ていた忠子と会いました。

忠子は、哲郎にここでプロポーズされたけど、結婚式は挙げていない。だから本当の夫婦ではないのではないかと、澪に話しました。

 

一希は、東京で就活のまひるにお守りをあげたり、この2人、いい感じになってきましたね♪ 

忍は悔しそうでした(^^;)

 

澪は、三宅に相手にされませんでしたが、ビルの外で待ち伏せ。

ようやくゆっくりと話を聞いて貰えました。

シャンソンズという合唱団で今、ショークワイアーを教えているが、自分一人では今度の合唱コンクールで優勝する自信がない。

あなたに指導して欲しい、指導が駄目なら選曲だけでもいいからして欲しいと頼みました。

澪「力貸して。他の誰でもない。あなただから頼んでるの」

三宅「君は僕のブランドが欲しいだけだろ。

 僕は君と一緒にいたかった。

 だけど、君は恋よりも夢を選んだ。

 それが今更、僕に頼みに来るなんて。ちょっと笑えるね」

澪「向こうに行って頼りたい時だってあったよ。

 負けそうになってあなたに電話しようとした」

三宅「何か随分、健気だね。

 そっかやっぱ、後悔してるんだ」

澪「まさか、あの時の選択は間違ってない」

三宅「なら、その選択に最後まで責任を持つんだな。

 自分に自信がないなら、その連中と右往左往すればいい。

 まあ、僕には到底できないけど」

三宅が帰ってしまい、澪は『M』を歌いました。

 

澪の過去の恋話が分かって良かったです♪

ただ、石井さん、これだけの出演とは残念でした。

ハードスケジュールの中、澪の指導を少し見に来て欲しかったです。

 

その後、三宅は白紙の五線譜を送ってくれました。

メッセージも何もなくて、澪はがっかりし、それをゴミ箱に捨ててしまいました。

でも、後で、三宅が海外に行く時のテレビ中継で彼は画面に向かって、こう言いました。

三宅「真っ白い五線譜にメロディーを描く事からステージは始まるんじゃないかと思ってます。

 本当のオリジナリティーはそこからしか始まらない」

ようやく、澪は白紙の五線譜の意味が分かり、ゴミ箱からそれを拾いました。

そして、シャンソンズの皆に県大会で優勝する秘策は「オリジナル曲」だと言い、一希を指名しました。

一希「ふざけんな! 曲なんか、そんな簡単にできるわけねえだろ」

澪「作るの! 何が何でも!

 でないと、シャンソンズは音楽堂と共に消える。

 この譜面に私達の歌を刻み込むの。 んっ」と、五線譜を一希に押し付ける。

澪、皆に「レディス、決戦に向けて、Let’s do it!」

 

これが合唱コンクールに向けての流れでした。

でも、その合間に、忠子達の三角関係を知った澪が、仲裁をし、円満に解決しました。

 

結婚式をあげていないという忠子達のために、シャンソンズの皆で結婚式をやり、「ウエディング・ベル」を歌いました♪

「くたばっちまえ」というところを玲奈が歌って、この3人の状況に似ていて良かったです♪(^^)

 

忠子は最初、玲奈に「あなたとはもう一緒に歌えない」と言っていましたが、

この結婚式のイベントで、とりあえず、これからも2人ともシャンソンズで一緒に歌っていくことにしました。

 

澪は「まあ、学級委員じゃなきゃできない手打ちですけどね」と

香奈絵先生に2人が和解した事を報告しました。

 

普通は、どちらもやり辛いでしょう(汗)

忠子だけでなく、玲奈もよく続ける決意をしましたね。

哲郎は、これからは婿養子ではなく、夫としてシャンソンズを応援していくと、市長に決意表明しました。

これはびっくりでした♪(^^)

 

次回、合唱コンクールの結果が分かるでしょうか?

一希はオリジナル曲ができるでしょうか?

でも、一希って元々、プレッシャーに弱いんですよね(汗)

それにパンクバンドだったし、合唱曲なんて(汗)

  

ところで、音楽堂がゴミ焼却場になってしまうのなら、周辺住民も普通、反対すると思います。

必ず排煙でダイオキシンとか発生するでしょうから(汗)

それなのに、周辺住民の反対運動が起こらないのが不思議です。

反対の署名は澪達が集めた300件(街頭)+700件(インターネット)の1000件だけでした。

市民は5万人なので、1000名以上だと議会が条例を再検討するそうです。

市長も再検討を約束したのに、澪が変な約束をしてしまって残念でした。

大筋は?な事だらけですが、ゼルエルのオリジナル曲は楽しみです♪(^^)

 

【第7話粗筋】

「シャンソンズ」が県の合唱コンクールに出ることになる。3年連続で優勝した安見市の合唱団は全国制覇を見据え、ドイツから著名な指揮者を招いたという。澪(天海祐希)は清忠(岸部一徳)の挑発に乗り、優勝できなければ解散すると宣言してしまう。一方、哲郎(小泉孝太郎)の浮気を知った忠子(石田ゆり子)は、家出を決行。そんな折、テレビを見ていた澪はかつて日本で属していた劇団でのパートナーであり元恋人だった三宅光矢(石井竜也)がパリ、オペラ座での公演を成功裏におさめ、東京での凱旋(がいせん)公演のため日本に戻ってきたことを知る。そこで澪はある秘策を思いつき、シャンソンズには刺激を受け感性を磨くためと伝え東京に向かうのだった。

 

【第7話 劇中使用曲】 (全てYouTube:無料動画)

TOKIO (原曲) 沢田研二

DOWN TOWN (原曲) シュガー・ベイブ

 (原曲) プリンセス・プリンセス (ラスト・ライブ、歌は4分程過ぎてからです)

ウエディング・ベル (原曲) Sugar

 

【公式HP・スペシャル動画】 ←第1~7話の劇中曲が全て見られます

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]9.0%  [第2話]10.7%  [第3話]9.7%  [第4話]9.0%

第5話]9.1%  [第6話]9.2%   [第7話]7.4%

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月24日 (木)

【梅ちゃん先生】第7週視聴率最高更新&第43~46回感想

今年夏のフジテレビの『FNS27時間テレビ』の総合司会はタモリさん(66)に決まったそうです。(これは募金番組ではないです)

詳しくは、こちらのYahooニュースで♪

 

『梅ちゃん先生』、先週(第7週「愛のから騒ぎ」)の週間最高視聴率、関東では、前週の21.1%より少し上がって、21.4%

また、このドラマの最高視聴率でした♪(^^)

でも、関西では、21.3%から18.9%に下がってしまいました。

関東で最高視聴率だった日は、5/18(金)で、関西の最高日は、5/17(木)です。

5/17(木)の内容は、

ジュリエット役、弥生と雪子で、オーディションをする事になりました。

梅子はロミジュリの脚本直しを手伝い、松岡といい雰囲気になってきました。

建造は山口判事が餓死した新聞記事を見て、自分も配給の物しか食べないと宣言しました。

たまたま松岡もそれを聞き、下村先生が父親だったらいいなと梅子に言いました。

真田が松子に転勤を告げました。

陽造は竹夫に、あかねさんを嫁さんに迎えればいいと言いました。

やはり関西は内容盛り沢山が好きなようです(^^)

 

関東最高日の5/18(金)の内容は、

ジュリエットは弥生と雪子でオーディションをし、弥生が熱演して、ジュリエット役に決まりました。

でも、うますぎて、伊東はロミオ役を降りて、演劇部の人がロミオをやる事になりました。

打ち合わせのために呼ばれた梅子と弥生は、松岡から、伊東に婚約者がいることを聞かされました。

伊東に婚約者がいると知って、弥生も雪子もがっかり。

仲直りしました。

 

これが今まで最高の21.4%だったとは驚きです(汗)

この週、竹夫とあかねさんの恋話もありましたが、それは今週に持ち越されしました。

今週の火曜日までは、昭和22年11月で、竹夫とあかねの恋話の続きが中心でした。

 

あかねさんが中島と結婚するという話は、嘘でした。

陽造さんが調べた話だと、中島には既に妻がいるそうです。

あかねさんは妾になるという事でした。

それを立ち聞きした梅子は心配になり、混んだ食堂にあかねを呼び出しました。

梅子「本当は、お妾さんになるんでしょう」と大きな声で問いただして。

あまりに無神経で、びっくりです(汗)

もう少し、人に聞かれないよう、気遣って欲しいものです(^^;)

あかねが妾になる理由を梅子に説明しました。

あかねの父は昔、家族を捨てて出て行ったので、てっきり死んだものと思っていたのに、沢山、借金を作って、先月、帰ってきたそうです。

中島はその借金を肩代わりしてくれるとの事。

梅子「でも・・・あかねさんは竹夫兄さんの事が好きなんじゃなかったの?」

あかね「好き・・・だった。でももう・・・」

梅子「どうして? 好き同士なのに。

 竹夫兄さんだって、あかねさんの事が好きよ。

 口では言わないけど、見てれば分かるわ」

あかね「・・・」

梅子「お金に困ってるなら、どうして相談してくれなかったの?

 竹夫兄さんだってあかねさんのためなら・・・」

 

お金の相談は、金持ちでないとできないですよね(汗)

竹夫さんに言ってもどうしようもないでしょう(汗)

梅子の説得は、あまりに不毛で、お金の苦労をした事のないお嬢様なんだろうなあと思いました(汗)

私だったら「あなたには分からないわよ!」と怒りそうですが、

あかねは怒らず、梅子に今までの事を感謝しました。

あかね「いいのよ、もう十分なの。

 歌手になれて、本当に幸せだった。

 梅ちゃんや竹夫さんとも仲良くなれて、楽しかった。

 梅ちゃん、短い間だったけど、梅ちゃんのお陰で夢を見られたわ。

 ありがとう。

 竹夫さんには『夢が実現できるよう祈ってます』と伝えておいて」

 

あかねは出て行き、梅子は泣きました。

その夜があかねの最後のステージでした。

ステージ終了後、竹夫が荷物を持って歩いていた街路を、美しいあかねの乗ったタクシーが通り過ぎて行きました。

あかねは気づかず、竹夫は寂しそうに雪の舞う中、見送りました。

11月だと思いますが、雪で、ムードがありました(^^)

竹夫は失恋を吹っ切るかのように、陽造の家を出て行き、独り立ちしました。

梅子も髪型を変えました。

康子さんがずっと待っていたご主人が復員しました。

「食事処みかみ」の看板を上げ、嬉しそうに2人で見上げました♪(^^)

 

水曜の冒頭、3年弱飛んで、昭和25年6月になりました。

梅子は、医専の最終学年の5年生になりました。

ただ、この後、インターンがあるそうです。

竹夫は、『フロンティア貿易』という会社を立ち上げ、社長です。

と言っても社員は竹夫だけです(^^;)

竹夫の会社にあった雑誌に中島とあかねの写った写真が載っていました。

見出しは「音楽で稼ぐ」でした。

あかねさん、歌を続けているのでしょうか?

中島の本妻が去年亡くなり、あかねさんは最近、正式に奥さんになったらしいと竹夫が梅子に言いました。

やはりあかねさんの事、気にかけていたんですね。

幸せかどうか、遠くから見守っているかのようでした♪(^^)

 

松子は今まで通り、会社勤めを続けています。

典子も例の人と結婚したようです。

 

戦後5年経ったので、世の中も変わってきました。

下村家の女性達は、家を建てて欲しいと思っています。

でも、建造は「当分は清貧を通す」と言って、バラックに住み続けるつもりでした。

ある日、松子を訪ねて、加藤(大沢健)という男がやってきました。

松子の元婚約者・智司に世話になったといい、松子に会えたことに感激して、すぐ帰りました。

でも、次の日曜もまた来ました。

今度は松子のお父さんと話したいとの事。

実は、鈴木工務店勤務で、家の新築を勧めるのが目的でした(^^;)

今なら見積もり・設計無料というのに、女性陣が心を惹かれました(笑)

そして、建造さんは、大黒柱の話に心を動かされました(^^;)

加藤「この家には大黒柱がありませんね。

 どっしりとした大黒柱のある真新しい家に、ご主人さまを中心に家族が集う。

 そんな本来、あるべき姿が私には見えるような気がします」

 

お父さん、大黒柱になりたいのでしょうか?(^^)

この話に心が動いて、新築しようと建造も思い始めました。

そうしたら、今度は、隣のと境界線を巡って、幸吉さんと建造さんの争いになってしまいました(汗)

確かに、当時は境界線の台帳がなくなり、いい加減だったんですよね(汗)

建造さんは役所に行って聞いてきたようです。

建造「区役所の方でも台帳が焼けて正確な境界線は分からなくなったそうだ。

 自分達で解決しろという事だ」

正枝「解決ってどうやって?」

建造「どうやって解決するかも、自分達で決めろという事だ。

 こうなったら、一刻も早く家を建てる事だ」

芳子「え? いいんですか?」

建造「隣に先を越されてはまずい」

 

竹夫が相談に来た梅子に、空襲でも残った梅の木を基準に考えればいいとアドバイスしました。

でも、梅の木の前で撮った写真を見てもまだもめて・・・(汗)

 

隣で、幸吉も困っていました。

幸吉「このままじゃ、向こうのいいように建てられちまう」

信郎の家の方が粗末なバラックなのに、銀行がお金を貸してくれそうもなくて建てられず、気の毒です。

信郎は、今更ながら梅子との違いを痛切に感じたようです。

梅子はもうすぐ医者になるし、自分達の工場は先が見えないようで・・・

確かに、この頃は建てたもの勝ちのような状況だったかもしれませんが、お隣りなので、なんとか、円満に解決して欲しいものです(^^;)

幸吉さん、頑張って♪(^^)

 

【週間最高視聴率推移】

                           関東         関西

初回                    18.5%        16.7%

第1週「新しい朝が来た」        20.5%(4/7(土)) 19.2%(4/4(水))

第2週「かがやく未来」         20.9%(4/12(木)) 18.2%(4/11(水))

第3週「やるなら、やらねば」      20.6%(4/21(土)) 18.1%(4/20(金))

第4週「ヒポクラテスの乙女たち」   21.0%(4/27(金)) 19.5%(4/26(木))

第5週「もつべきものは、友」      20.3%(5/2(水))  19.4%(5/1(火))

第6週「次へのステップ」        21.1%(5/10(木))  21.3%(5/9(水))

第7週「愛のから騒ぎ」         21.4%(5/18(金))  18.9%(5/17(木))

第8週「ゆずれない思い」

 

先週のYahoo視聴率ランキング (5/14~5/20)

  

【過去レビュー】

第41,42回(5/18(金),5/19(土))

第37~40回(5/14(月)~5/17(木))と第6週視聴率最高♪

 

【今週と過去の日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第8週(43~48回)(5/21(月)~5/26(土))

第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

向井理&尾野真千子共演(夏ドラマ)&『クレオパトラ~』8話終了

『ATARU』の後の7月期のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)の連続ドラマは、向井理さん主演の『サマーレスキュー~天空の診療所~』をやるそうです。

これのヒロイン・小山遥役は、尾野真千子さんが演じる事に決まったそうです。

ゲゲゲの向井さんとカーネーションの尾野さんで、朝ドラコンビですね♪(^^)

NHK『カーネーション』出演以後、民放地上波初出演になる尾野さんは「今までと違った尾野真千子をお見せできるように頑張ります」とのこと。

主役の向井さんの職業、医者で、『梅ちゃん先生』とかぶりますね(^^;)

 

ドラマの内容は、標高2000メートルを超える厳しい環境に実在する小さな山岳診療所をモデルに、診療所とそれに隣接する山荘で繰り広げられるひと夏の群像劇だそうです。

向井さん演じる主人公の速水圭吾は、大学病院で将来を期待されているクールな若き心臓外科医でしたが、上司からの命令で、夏の間、とある山の診療所で患者を診ることになる。

尾野さん演じる遥は、山小屋を経営する両親に育てられるが、5歳の時に山の事故で母親を亡くした経験から、東京で看護師になるが、ある事件をきっかけに、速水が診療所に来るのと同時期に逃げるように山小屋に帰ってくる・・・という設定。

そのほか、10年前から山の診療所で働くベテラン看護師・平原あかり役に小池栄子さん、あかりの娘・桃花役に人気子役の本田望結ちゃんなどが決定し、笹野高史さん、佐藤二朗さん、松重豊さんらも出演するそうです。

『ATARU』も好評だったので、その後、この枠の人気を維持して欲しいです♪(^^)

素敵なお2人の共演が楽しみです♪(^^)֥ϡ

【参考ニュース】

<尾野真千子>朝ドラ後、民放地上波初出演 向井理主演ドラマでヒロイン役

 

* * *

 

現在放送中の日本テレビのドラマ『クレオパトラな女たち』(毎週水曜、午後10時)が、6月6日放送の第8話で終了するそうです。

脚本家の大石静さんが、ご自身のブログで明かしたそうです。

「人生、思うようにはならないものですね~」などと残念がられていたそうです。

元々、何話までか公表されてなかったそうですが、視聴率がイマイチだったので、短めになってしまったのかもしれません。

ビデオリサーチの調べによる視聴率(関東地区)は、4月18日の初回は9.9%でしたが、第2話は6.7%に低下。5月23日の第6話は7.9%で、第6話までの平均視聴率は7.8%です。

プライムタイム(19:00~23:00)の時間帯の連続ドラマでは、これが『家族のうた』(平均4.0%)に次いで、視聴率が悪いです。

私もこのドラマ、イマイチなんですよね(汗)

全話録画していますが、時々見ています(^^;)

昨日の第6話はまだ見てません(汗)

 

『家族のうた』も既に、「8話までで打ち切り」と発表されています。

これは脱落してしまって、もう見てないです(汗)

今までのところ、『もう一度君に、プロポーズ』(平均8.6%)、『パパドル!』(平均9.1%)など、今期、10%以下の視聴率のドラマが多いです。

これ以上、短めで終わるドラマが続出しない事を祈ります。

【参考ニュース】

日テレ「クレオパトラな女たち」も第8話で終了

 


《メール便なら送料無料》【CD】持田香織 /美しき麗しき日々《CD+DVD》:TVドラマ『クレオパトラな女たち』主題歌<2012/6/6>


【25%OFF】[DVD] ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 1


【送料無料】カーネーション 完全版 DVD-BOX 1

   

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2012年5月22日 (火)

【鍵のかかった部屋】第6話感想と視聴率

「密室劇場」(新聞ラテ欄では「舞台を密室にした犯人の話」)

第6話の視聴率は、前回の15.6%より、少し下がってしまい、15.4%でした。

でも、この程度は誤差の範囲でしょう。

今回、ようやく芹沢の法律事務所の秘書の水城里奈(能年玲奈)にスポットが当たりました♪

彼女の父の水城重治(清水紘治)は、日本企業法務弁護士協会会長で、偉かったんですね♪(^^)

時々、娘の様子を見に、芹沢の事務所に来るようです。

芹沢は彼のご機嫌をとって、頭が上がらない様子(^^;)

でも、里奈は、父に内緒で、演劇をやっていました。

 

彼女の所属する劇団の人、薬師寺(山中聡)が木刀で撲殺されてしまいました。

それも丁度、青砥純子と榎本径が彼女の出演する演劇「密室に囚われた男」を見に行った、その最中に。

里奈の彼氏の井岡祐樹(桐山照史)が容疑者になってしまいました。

 

でも、キャストから鬼塚隼人(坂本昌行)が犯人だろうと、登場した時から思いました(汗)

鬼塚は、パフォーマー兼脚本家で、脚本で章を受賞したのですが、本当は、その脚本は井岡が書いていました。

薬師寺がそれに気づいて、鬼塚を非難。

口封じに計画的に殺してしまいました。

密室っぽくない密室でした(^^;)

 

殺害現場の下手の楽屋から、どうやって鬼塚は上手の楽屋に行ったのか。

それがトリックの最大の難問でした。

舞台上演中に、背景の切り出しの影に隠れて、少しずつ移動していったそうです(汗)

確かに、観客、バックにはあまり気をつけて見ないかもしれませんが・・・

左端から右端まで動いて、本当に気づかないものでしょうか?(汗)

結構、バックに注目する人もいそうな気がします(^^;)

密室というより、普通の事件ぽいお話でした。

 

ただ、里奈のキャラは可愛くて、良かったです♪(^^)

スピンオフ企画『純子の手帳』では主演を演じているので、注目です♪(^^)

【YouTube】 『鍵のかかった部屋』スピンオフ企画「純子の手帳」No.6

 

【第6話粗筋】 (Yahooテレビより)

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)に誘われて、水城里奈(能年玲奈)が出演する「密室に囚われた男」という舞台を見に来た。  観劇後、里奈の楽屋を訪ねると劇団員たちが慌ただしい。純子が聞くと、下手の楽屋で薬師寺(山中聡)という役者が頭から血を流して死んでいたという。薬師寺は、演劇の前のパフォーマンスパートに出演していた。死亡した薬師寺のそばには、凶器と思われる木刀と血に染まった「密室に囚われた男」のチラシがあった。  事件から3日が経ち、容疑者のひとりに劇団員で里奈の恋人の井岡(桐山照史)が浮上していた。  純子から事件のことを聞いた芹沢豪(佐藤浩市)は、榎本を呼べと指示する。  劇場では、すでに練習が再開されていた。そこにやってきた榎本、純子、里奈を演出の畑山(堀内敬子)、脚本家兼役者の鬼塚(坂本昌行)が迎えるが、無愛想な畑山はどこかへ行ってしまう。純子は、楽屋には上手と下手があるのに、なぜ薬師寺だけが下手にいたのか、と鬼塚に尋ねる。鬼塚はそこが薬師寺専用になっていたと明かした。  薬師寺の楽屋に行くには、売店があるロビーを通るか、舞台上を横切るしか方法がない。演劇の上演中で、売店にも人がおり、客席にも300人の観客がいるなか、犯人はどうやって密室状態の薬師寺の楽屋に入り殺害したのか。  純子、芹沢に聞かれた榎本は、この密室は破れないかもしれないと言い・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.3%  [第2話]16.5%  [第3話]14.4%  [第4話]15.5%

第5話]15.6%  [第6話]15.4%

 

【原作】 貴志祐介 「防犯探偵・榎本シリーズ」のうち 『鍵のかかった部屋』より「密室劇場」

 

【主要キャスト】

榎本 径(大野智)(30)東京総合セキュリティ勤務。鍵オタク

青砥純子(戸田恵梨香)(26)芹沢のアシスタント。フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

芹沢 豪(佐藤浩市)(50)フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

水城里奈(能年玲奈)フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書

鴻野光男(宇梶剛士)警視庁捜査一課刑事部刑事

<第6話>

鬼塚隼人(坂本昌行)(V6)劇団幸楽園パフォーマー兼脚本家

畑山奈緒(堀内敬子)劇団幸楽園パフォーマー兼演出家

井岡祐樹(桐山照史)(関西ジャニーズJr.)劇団幸楽園パフォーマー・里奈の彼氏

薬師寺 剛史(山中聡)劇団幸楽園パフォーマー

水城重治(清水紘治)日本企業法務弁護士協会会長・里奈の父親

 

公式HP(第7話オンエア前クイズ)←5月28日(月)18:00迄

 


【送料無料】鍵のかかった部屋


初回盤+通常盤セット[5/9出荷]■嵐 CD+DVD【Face Down】12/5/9発売


嵐の大野智さん演じる榎本径が【ドラマ】「鍵のかかった部屋」で着用!【レイバン メガネ】Rayban RX5250 5114 ダテメガネ一式セット

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の決断」

「前夜の決断」

第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11.8%でした。

最低視聴率の11.3%に次ぐ低い視聴率です。

視聴率、最近、持ち直しかけていたのに、残念です。

裏の「ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会」(13.1%)に食われてしまったかもしれません。

 

今回は、保元の乱の直前でした。

決戦当日までどちらにつくか、迷っていた人も多かったんですね。

清盛の弟の頼盛(西島隆弘)の代わりに、上皇方へついた忠正(豊原功補)、お気の毒で素敵だったです♪(^^)

今回の内容は、冒頭の説明と語りの説明の通りだったと思います。

 

<冒頭の説明>

「鳥羽法皇の死、それは国を二分する戦いの始まりでした。

次の最高権力者になるべく鳥羽法皇の子の後白河天皇と崇徳上皇、兄と弟が争います。

帝方か上皇方か、貴族、そして、武士も2つに分かれていくのです。

勝敗の行方は、朝廷の番犬と言われた武士の力にかかっていました。

どちらについて戦うのか、平氏、源氏一門の絆が揺さぶられます。

武士が世を動かす戦い。

清盛の棟梁としての力が試されようとしていました」

そして、冒頭の語りでは、

「これは時の帝、後白河帝と上皇、崇徳院というご兄弟の戦であり、信西入道と悪左府、頼長様という当代きっての2人の切れ者の戦でもあった」

   

政の実権を失った頼長が、崇徳上皇の元を訪れ、一緒に戦おうと誘いました。

そして、信西が操る後白河帝方と有力な武士の奪い合いになりました。

自分達が戦うわけではないので、強い武士を沢山集めた方が勝つわけです。

 

清盛は、すぐにはどちらにつくか決めませんでした。

清盛「こうして待たせて、戦の後の恩賞を吊り上げるのじゃ」と。

それに対して、頼盛は不安になりました。

 

清盛「ただ勝つだけでは駄目なのだ。

 上って父上(忠盛)はあと一息という所まで上りながら、公卿になれなかった。

 公卿になれぬでは政に関われぬ。

 政に関わらねば、世を変える事はできぬのだ」

 

忠正は、おとなしく従いました。

なぜ従うのか、家定が聞きました。

忠正「兄上(忠盛)が生きておったら、あやつと同じ事をしたのではないかと思うてな」

 

でも、このドラマでは大事な史実を隠しています。

忠盛の同僚の藤原忠隆の妻・栄子は崇徳上皇の乳母であり、忠隆の子・隆教は忠盛の娘を妻に迎えています。

忠盛の妻・宗子(池禅尼)は崇徳上皇の子・重仁親王の乳母でした。Wikiより)

それらの事から平氏は崇徳上皇との繋がりが強く、崇徳上皇につく方が、忠義があります。

でも、池禅尼は情勢をみて、後白河帝方に味方するよう清盛に勧めたそうです。

それら諸事情から、清盛は信西の推す後白河帝方についたんですよね。

その辺の事情、「坂の上のサインボード」さんがご自身のブログで詳しく解説してくれています。

よろしかったら参考にして下さい。

史実では、恩賞を吊り上げるなんて、せこい理由で遅くしたのではないと思います(^^;)

諸事情を鑑みての立派な遅延と、つく側の選択だったでしょう。

このドラマでは、そういう重さはなく、後白河帝に会って言われた言葉で帝方につくと決めました。

  

後白河帝「忠盛の遺した志など叶わぬぞ。

 どれだけ答えを引き伸ばしにし、どれだけ恩賞を吊り上げ、どちらについたところで、行き着く先は同じじゃ。

 たとえ、勝っても、そちの思い通りになどならぬ。

 朝廷の番犬として、こき使われたまま、志半ばで死んでいくのじゃ。

 忠盛と同じようにな。

 分かったか、清盛。

 分かったら、つまらぬ策など巡らしておらず、

(賽を投げつけ)賽でも振ってサッサと決めよ」

清盛、その賽を握り締めて考えました・・・

清盛「平氏は・・・必ず勝ってみせます。

 この戦にも、あなた様との勝負にも」

後白河帝、笑顔。

これで、清盛は後白河帝方につくと決めました。

 

7月9日(戦の前日)、当世無双の豪傑、源八郎為朝が上皇方へつきました。

それを知り、平氏から後白河帝方が負けるのではないかと動揺が生まれました。

頼盛も上皇方につこうと決意。腹心の家臣を集めました。

母の池禅尼はそれを知り、頼盛をいさめました。でも・・・

 

元々、兄上は平氏の血を受け継いでおらぬ方。

兄・家盛が亡くなり、平氏を絶やしてはならぬ、自分が生き残る事が大事だと、池禅尼に言いました。

 

でも、池禅尼は不安に思い、忠正に相談したようです。

忠正は、もしそれで上皇方が勝っても、頼盛は棟梁を裏切ったと謗りを受けると説得。

平氏の血を絶やさぬため、戦い当日、自らが上皇方につきました。

7月10日の出陣直前、忠正が上皇方についたと知って、清盛は驚きました。

 

清盛「『生きるも死ぬももろとも』それが平氏の絆じゃ。

 絆を断って、何を守ろうというのじゃ!」

頼盛が忠正の伝言を伝えました。

「清盛、わしとおまえの間には、絆など、はなっからないわ!」

 

というわけで、絆の強かった平氏も二分されました。

息子思いの池禅尼のために、彼女を好きな忠正が犠牲になったようで、ちょっと気の毒でした(^^;)

 

源氏も、義朝は後白河帝方につき、父・為義は上皇方につき決裂。

親子で戦う事の是非を問う鎌田通清に、為義は仕方ないと答えました。

義朝の乳兄弟である鎌田正清は、通清と共に為義方にいましたが、当日、義朝の元へ行きました。

こちらも父と子で敵同士です。

 

次回は、遂に、「保元の乱」ですね。

盛り上がる事を期待します♪(^^)

 

【第20回粗筋】 (Yahooテレビより)

ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた。清盛(松山ケンイチ)・義朝(玉木宏)ら平氏源氏の武士は果たしてどちらにつくのか?前夜の決断が彼らに託される。平氏方源氏方ともども身内の中でも意見が分かれ始め、親兄弟同士が争い合う様相を見せる。果たして決戦の行方は・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

 

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2012年5月21日 (月)

【ATARU】第6話感想と高視聴率♪&金環日食

「絶対音感の知られざる殺意」

金環日食、見られましたか?

こちらは、朝からずっと曇っていて、部分日食だけ時折、雲の隙間から見えました。

金環日食がテレビで映し出された頃は、雨も降り出して、金環の所は見られませんでした。

でも、9時頃から晴れだして、日中は良いお天気になりました(^^;)

もっと早く晴れてくれれば良かったのに。

テレビの日食中継は、フジの中継の1つの「横浜・ずーらしあ(動物園)」からの中継が面白かったです♪

チンパンジー?が日食の時、異常行動をするのではないかとの事で、時折、中継を入れてましたが・・・

特に、変わった事はなかったみたいでした(笑)

通常は開園前で、いつも寝ているそうですが、今日は日食の異常行動を見るため、特別に朝早くから開園しました。

チンパンジーも朝早くから起こされて、大変でした(^^;)

他の動物はどうだったのでしょう?

横浜・ずーらしあも中継中、少し雨が降りましたが、金環日食、少し見られたそうです。

お台場も曇りの合間に見られたようです。

フジは、SMAPも出演し、金環日食の直後、BSで『梅ちゃん先生』をやっている時間帯に、『さかさまの空』を歌いました。

ドラマの時間帯に歌うなんて、驚きました(汗)

 

中居君、チョコザイは、絶対音感を持っていました(汗)

音のヘルツまで当てます。

中居君が絶対音感を持っている役とはね(笑)

『ATARU』第6話の視聴率は、前回の14.5%より大幅に上がって、17.4%でした♪

初回の19.9%に次ぐ高視聴率でした♪å

絶対音感の持ち主の水瀬咲絵(寺島咲)が音で道路で苦しんでいるのを見て、舞子は助けました。

絶対音感を障がいのように扱ったドラマは珍しく、興味深かったです。

あんなに音で気持ち悪くなるなら、耳栓かヘッドホンをすればいいのに(^^;)

水瀬咲絵が犯人かと思いましたが、違って良かったです。

まさか第1発見者の大家さんが犯人だったとは(汗)

犯人は意外でしたが、事件より、絶対音感の方が気になりました。

音を聞いてヘルツまで当てるって、すごいですね。

でも、絶対音感があっても音楽の仕事はできないなんて、これも意外でした。

学校のピアノの調音が7ヘルツ違っているだけで気持ち悪く、歌の下手なクラスメイトの歌を聞いているだけで気持ち悪くなって、音楽の授業を受けないとは(汗)

これは嫌な奴と誤解されそうで、辛いですね(^^;)

実際、最初に舞子と会った時は、少し嫌な人でした。

自分が世の中で一番不幸みたいに思い込んでいて、

チョコザイに、理解してくれる人がいて、あなたが羨ましいと言いました。

チョコザイの方が余程、気の毒だと思いますが・・・

彼女は他人の不幸を思いやる心の余裕がなかったのでしょうね。

 

最後の方で、絶対音感について、昇が調べたみたいで、門倉教授(遠藤憲一)から教わった事を言いました。

固定ドと移動ドの説明、よく分からなかったです(汗)

そこの会話です。

咲絵「私はこれからずっとこの障がいと付き合っていかなきゃならないのよね」

昇「水瀬咲絵さん、あなたの絶対音階、固定ですか? 移動ですか?」

咲絵「私、音楽とか分からないから」

昇はキーボードで「ドレミの歌」を弾いて、音を確認させました。

昇「やはり固定ドですね。 調を移す事ができない。

 でも、訓練すれば移せるようになるそうです」

舞子「そうなるとどうなるの?」

昇「つまり、ソーラシーソ~から始まるこれを、ドーレミードミードーミ~と歌えるようになれば、あなたの体調もよくなるかもしれません」

門倉教授の名詞を渡し、一度来るように言っていたと伝えました。

 

この説明、難しくて、よく分かりません(汗)

ハ長調をイ短調に変えるとか、そういう事でしょうか?

そうすれば、「ソ」が「ド」に変わるかも???

それで、どうしてよくなるのか分かりませんが(汗)

とにかく、咲絵はよくなる希望が持てて、明るくなりました。

そして、今までの自分の態度を謝りました。

その方法で、症状が改善するといいですね(^^)

 

沢さんはチョコザイの身元引受人になったので、チョコザイの部屋に引っ越してきました。

舞子がドーナツ食べてと3回言ったら、チョコザイが食べるようになりました。

それで沢は、チョコザイのアップデートの法則を見破りました。

「3回同じ事を言うとアップデートされる」

これで合っていると思うんですが、沢さんが「おにぎり食べて」と3回言った時はダメでした(汗)

舞子のお父さんが、「バナナ食べて」と3回言った時は、アップデートされて食べました(笑)

信頼されないとダメなのでしょうか?

以前、ラリーもアップデートされるのは信頼の証だと言っていましたね。

でも、チョコザイらしくないからと、舞子は最後、またカレースープに戻しました。

栄養も大事だと思いますが、個性とチョコザイの気持ちを尊重するみたいで、舞子、優しいですね(^^)

 

犬養、沢が止めるのも聞かず、一人でアメリカ大使館の違法電波を調べていて、ラリー達に拉致されてしまいました。

どうなることやら?

最近、全然、寝てないというチョコザイ、彼らに盗聴されているのを知っているのでしょうか??

なぜ寝ないのか気になります。

次回も楽しみです♪(^^)

 

【第6話粗筋】 (Yahoo TVより)

チョコザイの身元引受人となった沢が、チョコザイの仮住まいにしていたアパートで同居を始めることになった。理由は分からないが、舞子とチョコザイの間には、信頼関係さえ生まれているようで、舞子の言うことに反応しつつ少しだけ従うようになったチョコザイ。そして、チョコザイの生活ペースを掴み始めた舞子は、チョコザイが発する謎のワードが、事件の大きな手掛かりになっているということを確信し始めていた。そんな時、絶対音感を持った女性を助けた舞子と、自宅で死亡していた男性の捜査をしていた沢はじめ捜査一課の面々が、同じアパートで遭遇し・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]16.9%  [第3話]10.9%  [第4話]13.8%

第5話]14.5%  [第6話]17.4%

 

公式HP(次回粗筋)

 


【送料無料】ATARU(1)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月20日 (日)

【三毛猫ホームズの推理】第6話感想と視聴率

「復讐の卒業写真・・・涙の女刑事」

第6話の視聴率は、前回の12.9%より少し下がって、12.4%でした。

裏のサスペンスドラマ『灰色の虹』は、15.6%だったので、これに食われてしまったかもしれません。

 

ラスト、「久しぶりだね、ホームズ」って、栗原課長、ホームズを知っているのでしょうか?

犯人は、津川旬子(吉瀬美智子)で、何のひねりもありませんでした(汗)

あ~あ、深読みしてしまって、大外れでした(^^;)

これなら、別に2回に分けなくても、1話で良かったのでは?

 

写真の女性、藤田ゆかりは、本名、津川幸子で、旬子の妹でした。

北海道出身というのも嘘で、八王子出身。

15年前、久保山達と同じ都立八王子南高校へ通っていました。

義太郎は、ホームズに先導されてその高校に行きました。

そして、校内に、写真の鳥居の場所があることが分かり、そこで撮られた写真だと分かりました。

義太郎は当時からいた保険の先生に写真を見せ、彼女を覚えていたので、事情を聞きました。

15年前、1年生だった頃、彼女は久保山達グループに苛められていたそうです。

苛めというより酷い暴行だったそうです。

発端は、久保山の父の汚職を幸子の父が告発した事。

逆恨みして、幸子への暴行が始まりました。

一緒にいじめた久保山グループは、神田と安藤と結城の4人。

それを苦にして、幸子は飛び降り自殺。

でも死に切れずに、意識不明となり、10年以上、病院に入院していました。

4年程前、奇跡的に、意識を戻しました。

でも、記憶を失っていて、医者は、久保山達から受けたショックを思い出さないために自分で記憶を消しているのだろうと・・・

3年前のある日、幸子は病院を抜け出し、行方不明となりました。

 

洵子は自分の妹なのに、知らないふりをして、写真を手に入れてしまった義太郎をミスリードさせ、利用していたのでした。

 

病院を抜け出した幸子は、街頭で、石井一馬(長谷川朝晴)に出会い、彼が幸子を助けました。

幸子が記憶喪失だったので、"藤田ゆかり"という名前をつけて、DJの仕事も紹介しました。

そして、愛し合うようになり結婚する事になりました。

ところが、結婚前日、雑誌で"久保山良男"の記事を見つけ、幸子の写真の裏に書いてあった名前と一緒だったので、記憶を取り戻せるかもしれないと思って、彼に会いに行ってしまいました。

写真の裏には、母が憎い4人の名前を書いてあったのだそうです。

そうとは知らず、幸子はその写真を持って病院を抜け出したのでした。

そこで、幸子は彼にまた暴行され、記憶を取り戻しました。

幸子は逃げて、家を出ましたが、久保山に追われて、近くの階段から転落、亡くなってしまいました。

久保山は、身元が分かる事を恐れて、彼女の所持品を処分。

彼女は身元不明の遺体として、無縁墓地に葬られました。

行方不明になった幸子を捜していた石井一馬は、身元不明の遺体の洋服等を見て、彼女だと分かりましたが、知らないふり。

妹の復讐のために刑事になった津川旬子に協力して、久保山達に復讐しました。

 

最初、神田をレストラン内で、石井が注射器を使って毒殺。

洵子が窓の外から銃で撃ち、近くに弾丸を残しました。

次に安藤を洵子が刺殺。傍には注射器を置きました。

そして、結城を洵子が絞殺。傍にはナイフを。

最後は、久保山を銃殺すれば、フーガ殺人が完成します。

久保山も狙われている事を知っていて、逃げ回っていました。

逃げた久保山を洵子が追っていました。

久保山は自分は犯人ではないので、守って欲しいと警察に電話してきました。

根本達は、守ってやることに。

でも、迂闊な誰かが警察無線を使って、久保山の居場所を連絡してしまったので、洵子に久保山の居場所が分かってしまい、先回りされてしまいました。

洵子と石井は一緒に、久保山を最初の現場の八王子南高校に連れて行き、椅子に縛って、立てこもりました。

警察が取り囲み、誰かが説得に行く事に。

義太郎は立候補。

認められ、義太郎が殺さないよう、説得に行きました。

 

その前、殺された被害者にも家族がいて、神田の奥さんと幼い息子が泣いていたのを、義太郎は何度か見ていました。

殴られて殴り返したら、いつまでたっても終わらなくなる。

ホームズがそう教えてくれて、復讐の連鎖を断ち切ろうとしました。

こういう復讐をやめさせるの、日本のドラマではよくありますが、私、苦手なんですよね。

一番悪い久保山を殺してから捕まればいいのにと思ってしまいます(汗)

こいつ、また悪い事しそうな気がします(汗)

でも、洵子さんは、すぐには久保山を撃ちませんでした。

なぜか立て篭もって警察がくるのを待って・・・

誰かに止めて欲しかったのでしょうか?

 

義太郎「これ以上、何の罪もない人を苦しめるのはやめてください」

洵子「何言ってんの? こいつらは・・・」

義太郎「殺された人達にだって家族はいます。

 確かに、久保山さん達がした事は決して許される事じゃない。

 でも、洵子さんがその引き金を引けば、あなたと同じ苦しい思いをする人が生まれるんです」

洵子「愛する人を殺された者の気持ちは、あなたには分からないわ」

義太郎「もうやめてください。洵子さん、あなたは刑事です」

洵子「15年前に、幸子の人生を狂わせたこいつらを法律で裁く事はできなかった。

 だから私は復讐するために刑事になったの」

義太郎「復讐は新たな憎しみを生むだけです。

 刑事はそういう悲劇を増やさないために存在する筈です。

 だから僕は被害者の力になりたい」

洵子「刑事、辞めるんじゃなかったの?」

義太郎「刑事です。今はまだ」

 

銃を構えた洵子に、銃を抜けと言われましたが、持っていなくて・・・

義太郎「僕は銃を持ちません」

洵子は銃を捨て、両手を差し出しました。

でも、手錠も持っていなくて・・・

洵子が手錠を義太郎に渡しました。

それでもためらう義太郎。

栗原「かけなさい。手錠をかけなさい。それが君の仕事だよ」

義太郎、涙を堪えて、洵子に手錠をかけました。

義太郎「洵子さん、僕、手錠をかけたの、洵子さんが初めてです」

 

初めての女になりました(^^;)

辛い初恋の終わりでした。

でも、お陰で、義太郎、刑事を続ける決意ができたよう♪

恋は破れましたが、刑事への気持ちが生まれて良かったですね。

吉瀬さん、本当に素敵でした♪(^^)

 

【第6話粗筋】 (Yahoo TVより)

刑事生活最後の事件として、奇妙な連続殺人事件を追う義太郎(相葉雅紀)。謎が深まる中、義太郎の辞職の日が近付き、義太郎は捜査から外されてしまう。義太郎に急接近してきた八王子南署の刑事・旬子(吉瀬美智子)は、プロポーズを決意した義太郎との待ち合わせの場所に現れず、そのまま姿を消す。恋に破れ、刑事生活最後の事件にも行き詰まった義太郎は、すっかり落ち込むのだった。
容疑者・久保山(赤木伸輔)の家を調べようとしていたところ、殴られて気を失った晴美(大政絢)。石津(大倉忠義)が倒れている彼女を発見し、大事に至らずに済む。晴美の身が心配で事件から手を引こうと考える義太郎に対して、晴美はさらに事件解決への意欲を燃やす。
片山家の捜査会議では、旬子が事件のカギを握っているのではないかという疑いが強まる。しかし、義太郎にはどうしても旬子を疑うことができない。そんな義太郎を見かねたホームズ(マツコ・デラックス)は、八王子に行くと言い出す。
一方、晴美と石津は、すべての事件現場に残されていた写真に写っている女性・ゆかり(肘井美佳)と久保山の接点を突き止める。
義太郎はホームズの指示に従って八王子へ向かい、ある高校にたどり着く。そこは、久保山と被害者たちがかつて通っていた学校だった。そのとき、義太郎とホームズの前に旬子が現れ...。
連鎖する連続殺人事件の真相が明らかに。義太郎を翻弄する旬子の正体とは? そして、義太郎はこの事件を最後に、刑事を辞めてしまうのか!?

フーガのように絡み合う事件と片山の恋心、果たしてその行方は・・・

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]15.9%  [第2話]12.1%  [第3話]12.7%  [第4話]13.1%

第5話]12.9%  [第6話]12.4%

 

【原作】 赤川次郎  『三毛猫ホームズのフーガ』

 

【主要キャスト】

片山義太郎(29)(相葉雅紀)捜査一課刑事

片山ヒロシ(39)(藤木直人)義太郎の兄

片山晴美(24)(大政絢)義太郎の妹

石津良平(25)(大倉忠義)(関ジャニ∞)捜査一課刑事

ホームズ(シュシュ)/猫の化身(シスター)(マツコ・デラックス)

根本敏夫(尾美としのり)捜査一課係長

栗原 肇(石坂浩二)捜査一課課長 警視

樋口刑事(植木夏十)

村田刑事(君沢ユウキ)

<第5,6話ゲスト>

津川旬子(吉瀬美智子)八王子中央署所轄刑事

小林(升毅)本郷西署強行犯係係長。連続殺人事件の陣頭指揮を執る

石井一馬(長谷川朝晴)ラジオDJ

久保山 良男(赤木伸輔)都立八王子南高校OB

藤田ゆかり(肘井美佳)ラジオお天気DJ(少女時代:谷中唯彩)

神田勇一(隈部洋平)不動産会社社員

安東和敏(七枝実)飲食店店長

結城哲也(竹森千人)(フラミンゴ)都立八王子南高校OB

神田照代(羽里早紀子)勇一の妻

神田大祐(長島暉実)勇一の息子

 

公式HP(次回粗筋)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月19日 (土)

(ネタバレ)【梅ちゃん先生】第8週日別粗筋(5/21~5/26)

これは来週(第8週)「ゆずれない思い」の日別粗筋です。


[CD] 蒲田・ニューオリンズ・クラブ・バンド/思い出の歌~ NHK「梅ちゃん先生」より(仮)

   

<日別粗筋 第8週(43~48回)(5/21(月)~5/26(土))> (Yahooテレビより)

第43回[5/21(月)]

康子(岩崎ひろみ)の夫・和也(滝藤賢一)が復員してきた。そのことを知らせようと梅子(堀北真希)は、竹夫(小出恵介)のもとを訪ねる。そこで梅子は、あかね(宇野実彩子)の結婚相手が実は既婚者で、あかねはその男の愛人になるのだ、ということを陽造(鶴見辰吾)から聞かされる。あかねを訪ねるも、支配人・久保田(KONTA)に追い返されてしまう梅子。失意の梅子を見かね松岡(高橋光臣)が映画に誘うが・・・。

第44回[5/22(火)]

梅子(堀北真希)は、とにかくあかね(宇野実彩子)に会いたい一心で、久保田(KONTA)に伝言を頼む。食堂で待つ梅子。するとあかねが現れる。梅子は竹夫(小出恵介)とのことを考え結婚をやめてくれるよう、あかねに言う。しかし、あかねは家庭の事情から自分が選んだ道だと告げる。一方、気まずく別れたままになってた松岡(高橋光臣)から梅子に手紙が届く。そこには、松岡らしい誠実さあふれる言葉がつづられていた。

第45回[5/23(水)]

時がたち、昭和25年。梅子(堀北真希)は医専の最終学年、5年生となっていた。下村家の周りが復興していく中、芳子(南果歩)らは建造(高橋克実)に家の新築の話を勧めるが、建造は聞く耳を持たない。そんな折、松子(ミムラ)を訪ねて、加藤(大沢健)という男がやってくる。松子の元婚約者・智司に世話になったという加藤は、松子に会えたことに感激する。そして、しばらくしたある日、またも加藤が訪ねてくるのだが・・・。

第46回[5/24(木)]

加藤(大沢健)の申し出に、最初は斜めから見ていた建造(高橋克実)も、ついには新築を決意。その様子を正枝(倍賞美津子)や芳子(南果歩)は「変なところでヘソをまげないように」とそっと見守っていた。そんな折、そのことがお隣の幸吉(片岡鶴太郎)にバレてしまい、家の境界線をめぐって、大ゲンカとなってしまう。梅子(堀北真希)はなんとかしようと、実業家となった竹夫(小出恵介)の会社に向かうのだが・・・。

第47回[5/25(金)]

お隣りの幸吉(片岡鶴太郎)には、建造(高橋克実)の新築計画が面白くない。息子・信郎(松坂桃李)も巻き込んで、あれやこれやと作戦を練るもなかなか妙案が浮かばない。一方、梅子(堀北真希)は級友の江美(白鳥久美子)が「医者になる自信がない」と悩む様子を見て、梅子自身も医者になることを深く考え込むようになる。そんな折、幸吉がある計画を実行する。それは庭に植えてある梅の木を掘り起こそうというものだったが・・・。

第48回[5/26(土)]

急に倒れた幸吉(片岡鶴太郎)は、建造(高橋克実)の病院に入院。手術を提案する建造に、幸吉が「その間に家を建ててしまおうという魂胆か」と言い、そのことで建造と仲たがいする。しばらくして、幸吉の妻・和子(大島蓉子)と信郎(松坂桃李)が梅子のもとを訪ねる。「家の新築のことは自由にしていいから、その代わり幸吉を救うよう、とりなしてくれ」というのだ。梅子は、そんなことは必要ないと和子と信郎に告げるのだが・・・。

 

公式HP(梅ちゃん新聞8号)

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(新キャスト・ニュース)

 

【過去レビュー】

第41,42回(5/18(金),5/19(土))

第37~40回(5/14(月)~5/17(木))と第6週視聴率最高♪

第35,36回(5/11(金)~5/12(土))「ダンパで家族和解」

第31~34回(5/7(月)~5/10(木))と第5週視聴率

第5週(第25~30回)(4/30(月)~5/5(土))と第4週最高視聴率♪

第23,24回(4/27(金)、4/28(土))「のど自慢」

第20~22回(4/24(火)~4/26(木))と第3週視聴率

第19回(4/23(月))「見間違い」

第17,18回(4/20(金)、4/21(土))「合格?」

第13回~16回 (4/16(月)~4/19(木))「受験勉強」&第2週視聴率

第12回(4/14(土))「軽挙猛動」&2週間の感想

第11回(4/13(金))「ついでの求婚」

第10回(4/12(木))と第1週視聴率&レビューについて

第9回(4/11(水))&クドカン来春朝ドラ脚本決定

第8回(4/10(火))「買出し」

第7回(4/9(月))「カロリー」

第6回(4/7(土))&第1週の感想

第5回(4/6(金))&堀北さん明日土スタ出演♪

第4回(4/5(木))&第3回視聴率20%♪

第3回(4/4(水))「戦災孤児と復員兵」

第2回(4/3(火))&初回視聴率好発進♪

第1回(4/2(月))&主要人物表「新しい朝が来た」

 

【今までの日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

第4週(19~24回)(4/23(月)~4/28(土))

第3週(13~18回)(4/16(月)~4/21(土))

第2週(7~12回)(4/9(月)~4/14(土))

第1週(1~6回)(4/2(月)~4/7(土))

 


【送料無料】梅ちゃん先生(1) NHKドラマガイド

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

にほんブログ村

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【梅ちゃん先生】第41/42回感想(5/18(金),5/19(土))

あかねさん、「ニューオリンズ」を買収した中島という成金と結婚するようです。

竹夫は、あかねから結婚すると聞いて、ショックを受けました。

相手が中島と聞いて、陽造おじさんもショックのようでした。

この人が「ニューオリンズ」を買収したせいで、陽造の新しいキャバレーの話もなくなってしまったんですよね(汗)

たとえ、相手がお金持ちで竹夫が貧乏でも、竹夫と結婚した方が幸せになれそうな気がするんですが(汗)

でも、竹夫はそういう自信はないようです。

あかねさんが幸せになれるのならと、「おめでとうございます」と、あかねに言いました。

いい人ですね。ޤݤ

 

その八つ当たりもあったのか、竹夫は、配給の物しか食べない建造をきつく怒りました。

竹夫「馬鹿な事はやめてください!

 お父さんは医者でしょう。

 お父さんがちゃんと食べて健康じゃなきゃ、患者を助ける仕事はできないんじゃないですか」

その通りです。

空腹で、患者に満足な治療をしてあげられなかったり、医療ミスをしたら、大変です。

さすがに、建造も竹夫のお説教が応えたようです。

 

建造は、陽造のすき焼き作戦にも

梅子の父と一緒の物しか食べない作戦にも負けなかったですが、

遂に、皆と同じ煮魚とご飯を食べました。

こういう現代と変わらない食事、当時、なかなかできないと思いますが、ふんだんに食べられる下村家は幸福ですね。

 

陽造がくれたすき焼きの材料、牛肉で、現代でもなかなか高くつきそうです(汗)

豆腐もあると梅子が喜んでいましたが、当時、まだ豆腐も貴重品だったのでしょうか?

でも、子供じゃないんだから、おいしい物を皆が目の前で食べれば、それにつられて食べるだろうという作戦はちょっと(汗)

当然、この作戦では建造、つられませんでした。

 

梅子の父と同じ物しか食べないという作戦も、食いしん坊の梅子が初日で脱落(笑)

 

竹夫の説得で建造がようやく食べて良かったです。

医者としてすべき事・・・そこがポイントだったでしょう(^^)

家族に迷惑をかけるなとか、意地を張るなという事もありましたが。

家族も建造が食べてほっとしました。

 

梅子と松岡、いい感じです♪֥ϡ

伊東は、弥生があまりにも演技がうまかったので、自分がロミオ役をするのは不釣合いだと思い、演劇部の人に頼んだそうです。

弥生は高校時代、演劇部だったそうです。

伊東は、親が決めた婚約者がいるとの事。

松岡が弥生のいる前でその話をしだして、梅子はごまかしましたが、ダメ。

伊東自身も婚約者がいる話を弥生にもしました。

親が決めた婚約者と言っても、本人も納得しているようでした。

弥生はがっかりしたようでした。

雪子にも弥生が話しました。

雪子もがっかり。

でも雪子の親は帝国大学出身の人と結婚させたがっているので、ほっとしたと言いました。

だったら、山倉さんがいいのに(^^)

とにかく、弥生が雪子に謝り、雪子も謝り、仲直りしまた♪

梅子は、ほっとしました。

女の友情って男で壊れる場合が多いので、伊東さんに婚約者がいたことで仲直りというのは、ある意味、リアルだったかも?(^^;)

 

松岡さんは、梅子が伊東を好きだと誤解したみたいで、好きだったのは弥生の方だと聞いて、ほっとしました。

やはり松岡さんは梅子が好きみたいで、良かったです♪Хϡ

康子さんが梅子達に一緒に映画を見に行くようタダ券を2枚くれました。ӥǥ

これは、いろいろな映画が見られる券です。

2人は、一緒に映画館の前まで行きましたが・・・

梅子は「愛の抱擁」、松岡は「暗黒街の銃声」に入ろうとしました(笑)

見たい映画が違ったのでした(笑)

松岡が見たい映画が「暗黒街の銃声」で良かったです。

「愛の抱擁」を男性が見たいなんて言ったら、映画館内でHな事をしてこないか、心配です(^^;)

松岡が、それぞれ見たい映画を別々に見ようと言ったのは、驚きましたが(笑)

私だったら、「愛の抱擁」を男性と一緒に見るのは恥ずかしいので、「暗黒街の銃声」にします♪(^^)

松岡は「暗黒街の銃声」に入りましたが、梅子が「愛の抱擁」に入る前に、「ニューオリンズ」の支配人が来て、あかねを見なかったかと聞きました。

もうすぐ出番なのに、いなくて捜し回っているようでした。

梅子も心配になり、映画を見ないで捜しに行きました。

そして、兄の住んでいる陽造おじさんのバス住宅へ。

やはり、あかねさんはそこにいて、竹夫を待っていました。

丁度、竹夫と陽造が帰ってきました。

あかねは竹夫に、中島さんというお金持ちで優しい人と結婚すると言いました。

前述の通り、竹夫はがっかりしながらも祝福しました。

でも、この結婚、本当に大丈夫でしょうか?

来週の粗筋を読むと、何やら問題がありそう(汗)

竹夫ももっと頑張ればいいのに(^^;)

竹夫、却って医者になっていた方が、結婚するには良かったかも?(汗)

中島という相手が、本当にあかねさんを幸せにしてくれそうな人かどうか、気になります。

 

松子と真田さんはどうなったのでしょうね?

新潟営業所へ所長として転勤するとの事でしたが・・・

一緒に来てくれとは言わなかったんですよね。

そのまま、お別れするのでしょうか?

 

今週は「愛のから騒ぎ」でしたが、うまくいっているのは梅子と松岡だけで、あとは、皆、失恋してしまったようでした(汗)

 

次週は、「ゆずれない思い」。

竹夫、頑張れ♪(^^)

 

公式HP(梅ちゃん新聞8号)

公式HP(来週の粗筋)

 

【過去レビュー】

第37~40回(5/14(月)~5/17(木))と第6週視聴率最高♪ 

第35,36回(5/11(金)~5/12(土))「ダンパで家族和解」

第31~34回(5/7(月)~5/10(木))と第5週視聴率

 

【今週と過去の日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

 

【皆さんのレビュー】

えみりーさん「えみりーの鈴木先生的神経症ブログ」

くうさん「ドラマ@見取り八段・実0段」

レベル999さん「レベル999のgoo部屋」

ひじゅにさん「もう・・・何がなんだか日記」

 


【松坂肉の本場・松阪市より直送】肩・もも黒毛和牛すき焼き肉 WA 300g


楽譜 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」~主題歌「さかさまの空」 ピアノ&ギター・ピース

 

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月18日 (金)

【カエルの王女さま】第6話感想と視聴率

「あなたの嘘が許せない」

遂に、澪の嘘が皆にばれてしまい、「雨降って地固まる」の話でした。

第6話の視聴率は前回の9.1%より少し上がって、9.2%でした。

大筋は読めていましたが、でも、どうやって呼び戻すか。

それに歌を使ったのは、このドラマらしいですね♪(^^)

市役所の広報の市内放送で歌を流すなんて、びっくりでした♪

確かに、あれならどこにいても聞こえるし、玲奈が市役所の職員なので、身近でいい方法だと思います♪(^^)

玲奈が、迷子のお知らせをしていた広報の放送室を乗っ取って

玲奈「こちらは由芽市役所広報課。 迷子のお知らせです。

 かの有名なコーラスグループ・シャンソンズのコーチ、倉坂澪さん、倉坂澪さん、

 お言付けがございますので、お聞き下さい」

忠子「あなたからのメッセージ、受け取りました。

 でも、あなたはまだ私が選んだ歌を聴いていません。

 私が選んだ珠玉の1曲、この町の空に響く私達シャンソンズからのメッセージを聴いて下さい」

<『何度でも』を皆が歌ったのを流す>

 

私はどこかのラジオ局から歌を流すかと思いましたが、ラジオだと聞くとは限らないですからね。

市内放送、市民から私的に使うなと苦情は来なかったか、ちょっと心配ですが(笑)

 

今回のテーマは、メッセージソングでした。

メッセージソングで、お互いの心を通じ合わせました♪

 

香奈絵先生は、澪がブロードウェイスターじゃないと知っていたそうです。

確かに、発注者だし、スターなら月10万円で来てくれるわけないですよね(苦笑)

10万円のコーチ手当てから生活費とピートから請求が来た家賃滞納のお金を支払ったら、手元に320円しか残らなくなってしまいました。

普通、その状態で、ピートに払い込むでしょうか?(汗)

私ならそちらの支払いをもう少し待ってもらいますが(^^;)

320円で、食べ物にも困り・・・

最後に残った100円で、パチンコをして増やそうと。

パチンコ屋で玉子と会い、よく出る台を教えてくれました♪

パチプロだから、玉子という名前だったんですね(笑)

お陰で、澪は当座の食料品を確保しました。

私ならお金に変えますが(^^;)

玉子の夫は東京のメイドカフェへ通いつめて、玉子は悩んで歌えなくなっていました。

子供の頃からアイドルになりたかったのだけれど、姑からはリボンなどの格好を嫌がられて・・・

 

玲奈は、解雇通知の件、澪に聞こうとしたのですが、澪はお金がなくてそれどころではなくて取り合わず・・・

哲郎はその後、玲奈から無視されてしまい、澪の情報を得られなかったので、清忠市長から「出て行け」と怒られてしまいました。

それで、玲奈にもそれを伝え、これまで利用してきて悪かったと謝りました。

玲奈は彼が気の毒になり、つい、澪の解雇通知を渡してしまったようです。

 

清忠が哲郎と共に、シャンソンズが練習してる所へやってきました。

清忠「君はブロードウェイスターなんかじゃない。ただの詐欺師だ」と批判しました。

清忠「確かに、君はコーラスラインの舞台に立った。主要キャストのコニー役として。

 但し、6年前の6月21日、たった1度だけ。

 その朝、コニー役の女優が怪我をし、その夜の舞台に急遽、君は立った。代役としてね。

 それをこの田舎新聞が騒ぎ立てただけの話で、その後、オーディションを受けても落ち続けて、まともなオファーもない」

そして、指を鳴らして、哲郎に解雇通知を出させ、澪に見せました。

忠子がそれを受け取り、皆が回りに集まって見ました。

まひる「コーチ、嘘ですよね?」

清忠「これで分かったろう。

 君達が崇めていたスターはまがい物。

 行き場をなくした女が苦し紛れにここでブロードウェイスターを演じ続けてた。

 これでおまえも目が覚めたろう。

 ブロードウェイスターとして集めたこの署名も紙くずだ」

と署名の紙を上に投げ捨てました。

清忠「この女を広告塔として祭り上げてきたシャンソンズも同罪だ」

清忠は勝ち誇ったように、哲郎を従えて帰って行きました。

 

皆は騙されたと知って動揺し、澪を責めました。

まひる「理由を教えてください。どうしてそんな・・・」 

澪「チャンス・・・私がもう1度、舞台に立てるチャンスだと思ったから」

まひる「でも桜祭りでも、こんにゃく・イブニングでもあんなにシャンソンズのために頑張って・・・」

澪「あれも全部自分を売り込むため、ブロードウェイに返り咲くためにあんた方を利用しただけのこと。

 ハァー、ばれて清々した。正直、しんどかったのよね。

 署名活動だの、しち面倒くさいこと、言い出すし、元々、1ヶ月の約束だったし・・・

 私には音楽堂がなくなろうが、この町が消えようが関係ないし・・・」

忠子「何よそれ! 私達を騙しておいて、無責任な」

澪「騙す? でも、私は自分の責任は果たしてきた。

 じゃあ、あんた達は私が・・・フン・・・(溜息)・・・

 シャンソンズなんてさあ、そこらでないてる蛙と一緒。

 どんなに頑張ったって、蛙は蛙。

 蛙の合唱団には、そこのお堅いリーダーがお似合い。

 この人の言う事でも聞いてさあ」

忠子、澪を殴る。

忠子「もう、結構です。出て行って下さい!」

澪、出て行く。

一希「くだらねえ」

 

澪が溜息をした所から、もう投げやりになって、わざと怒らせる事を言ったようでした。

ブロードウェイスターという肩書きしか見てくれていなかったのかと、がっかりしたのではないでしょうか?

澪は町を出て行きました。

ヒッチハイクで車を止めようとしましたが、止まってくれなくて、大きな荷物を引きずりながら歩いて・・・

一希が来ましたが、話をしただけで、澪はまた歩いて行きました。

 

皆は、その後、澪のメッセージソング「歌うたいのバラッド」を聴いて、考え直しました。

忠子「あの人の歌に嘘はなかった。

 ごめんなさい。私、間違ってた」

まひる「私、コーチに戻ってきて欲しい」

皆も戻ってきて欲しいと思い、方法を考えました。

 

それで前述の市内放送を実行しました。

澪はそれを聴いて、「バッカじゃないの」と涙を流しました。

 

一希が皆を市の境にいた澪の元に連れてきました。

忠子「ただ、変わりばえのしない毎日を過ごす事しかできなかった私達に、変わる事を教えてくれたのはあなた。

 だから最後まで戦い方を教えて下さい」

一希「どうせおまえ、行き先なんかねえんだろうが」

澪「だから、行き先は・・・」

忠子「ここです。これからは私達があなたを雇います。

 必要なんです。私達が進むために」

 

そして、戻ってきて、香奈絵さんの前で、2人は本気だと頷き合いました。

良かった良かった♪

嘘がばれて、澪も気がラクになり、皆との結束も強くなりました。

 

次は、群馬県の合唱コンクールに出て、優勝して、音楽堂の存続を訴えると、香奈絵は清忠市長に言いました。

香奈絵「もう清ちゃんがどんなに邪魔をしてもシャンソンズの結束は壊れない。

 一枚岩になった彼女達は強い」

 

喫茶店で忠子は哲郎と会い、どうしてコーチの私物をあなたが持っていたのかと問い詰めているところへ、玲奈から電話が。

出ませんでしたが、忠子が折り返し掛けました。

忠子からだとは知らず、玲奈が別れを宣言。

忠子に浮気がばれてしまいました(汗)

署名活動を皆とする清々しい澪と、深刻な忠子達3人との対比で終わりました。

 

とにかく、嘘がばれても皆が受け入れてくれて良かったです♪(^^)

次回は、石井竜也さんが登場♪

澪の昔の男?

楽しみです♪(^^)

 

【第6話 劇中使用曲】 (全てYouTube:無料動画)

「それが大事」 (原曲)大事MANブラザーズバンド

「それが大事」 第6話 シャンソンズ歌唱版

「歌うたいのバラッド」 (原曲)斉藤和義

「歌うたいのバラッド」  第6話 倉坂澪(天海祐希)歌唱版

「何度でも」 (原曲)DREAMS COME TRUE

「何度でも」 第6話 シャンソンズ歌唱版

 

『浪漫飛行』 第2話 シャンソンズ 歌唱版(WEB限定)

 

【公式HP・スペシャル動画】 ←第1~6話の劇中曲が全て見られます

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]9.0%  [第2話]10.7%  [第3話]9.7%  [第4話]9.0%

第5話]9.1%  [第6話]9.2%

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

日食グラスを買いました♪

5月21日(月)は金環日食ですね♪

金環日食を見たくて、先日、夫の分と2つ、日食グラスを買いました♪

日食グラス外

そのうち、左側のを開けました。

日食グラス中身

ちょっと覗いて見ましたが、真っ暗で何も見えません。

ネットで買うのは危ないと、先日、テレビで放送していたので、近所のホームセンターで買いました♪

1つ800円でした。

粗悪品も多いらしいく、蛍光灯で透かして見て、輪郭が見えると危ないと、今日の朝日新聞に載っていました。

試してみましたが、見えませんでした(^^)

良かった良かった♪

 

裸眼で1秒でも太陽を見ると日食網膜症になってしまうそうなので、ご注意を♪

「太陽はどこ?」と裸眼で捜してはいけないそうなので、このグラスをして捜さないと(^^;)

下敷きやサングラスも危ないそうです。

専用のグラス・メガネをしても長くても2分以上連続して太陽を凝視しないようにとのことです。

  

でも、21日の天気予報、イマイチなんですよね(^^;)

せめて、日食の時間の朝だけでもいい天気でいて欲しいです♪

金環日食、楽しみです♪(^^)

 

<参考ニュース>

日食網膜症ってどんな病気?

金環日食の観察用メガネに注意呼びかけ

 

 


ケンコートキナ 金環日食 観察に太陽観察専用SUNGLASS KSG-03 日食グラス

私が買ったのと同じみたいです(^^;)

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2012年5月17日 (木)

【梅ちゃん先生】第6週視聴率最高♪&第37~40回感想

先週(第6週)の週間最高視聴率、このドラマの最高視聴率でした♪(^^)

特に、関西地区では初めて20%を超えて、21.3%(5/9(水))で、関東地区の今週の最高の21.1%(5/10(木))を越えました。

日付は1日違うものの、関東・関西、両方共、このドラマの最高視聴率で、凄かったですね♪(^^)

関西が関東の週間最高視聴率を超えたのも今度が初めてです♪

関西の最高の21.3%は5/9(水)で、この日の関東の視聴率は19.2%でした。

この日の内容は、

梅子は解剖実習室に忘れ物をして取りに行き、柴田先生に遭遇。

柴田先生は梅子達に、「そのうち解剖に慣れてくると、人の体が物にしか見えなくなってくる。それも大事だけれど、人を人として見る心も失ってはいけない」などと言いました。

ダンパに予定していた会場が使えない事になってしまい、梅子は、「ニューオリンズ」を訪ね、会場として貸してくれるよう頼み込みました。

雪子は山倉に帝都大学の学生もダンパに誘ってくれるよう頼み、それがきっかけで、父・建造にダンパの事がばれてしまいました。

そして、松子が真田のお見舞いに通い、信郎は梅子を遠く感じたりと、幅広くいろいろな話が盛り沢山でした。

関西では、こういう展開の早い話が好まれるのかもしれません。

 

関東の最高日は、翌日の5/10(木)で、この日の内容は、

建造がダンパに大反対。でも、母・芳子は昔ダンスをやっていたので、梅子の味方をしてくれました。そして、梅子達にダンスを教えてくれました。

江美がマンホールに落ちて捻挫してしまいました。それでもダンパに参加すると。

松岡が梅子の父が帝都大学の下村建造先生だと知り、尊敬しているので会わせて欲しいと梅子に頼みました。

松岡が下村家に来て、建造は梅子が好きな相手かと勘違い。

結核で3年間休学していたなど、松岡の事も分かりました。

両親は彼を気に入り、芳子が「結婚相手にどうかしら?」と言いました。

それを立ち聞きした信郎が勘違い。梅子に結婚するのか聞きました。

この日は、梅子が松岡を下村家に連れて来たので、松岡の事が分かったり、梅子の結婚話が出てきて、信郎が嫉妬したり心配したり・・・

関東は、梅子の結婚話と信郎君に興味があるのかもしれません。

このところ、関東の最高視聴率の日はいつも信郎君が登場しています(^^)

金曜、土曜は、下村家の家族の絆の話になり、ダンパも下村家が乗っ取ったような話になってしまったので、視聴率、低下してしまったのでしょう(汗)

 

最高視聴率だったので、つい説明が長くなってしまいました(^^;)

さて、今週は・・・

ダンパは盛況で、梅子達が儲かったお金を学校に寄付。

それがきっかけで、校舎の窓ガラスが入れて貰えたそうです。

1回のダンパで窓ガラスが全部入ったとは驚きです(汗)

それに、ダンパで稼いだお金で窓ガラスなんて、学校側、不謹慎だと怒らなかったのでしょうか?

 

とにかく、ダンパが終わったら、今度はまた中央医大の男子学生達と学祭で「ロミオとジュリエット」の演劇をやるという話。

相変わらず、勉強より青春を謳歌しています(^^;)

松岡は建造に最新の治療方法を教わり、松岡が梅子に勉強を教えて仲良く関係は続いています。

皆で制服を着ようと言った雪子が早くも綺麗なドレスを着てきて、あなたが言い出した事だったのにと弥生が責めて喧嘩。

ジュリエット役をやりたいと立候補した雪子と対立。

弥生は、江美と梅子を誘って、「アンチ恋愛同盟」を作りました。

これは「おひさま」の白紙同盟をオマージュしたのでしょう(^^;)

松岡は、「ロミオとジュリエット」の脚本の書き直しをくじ引きで負けて担当する事になりました。

恋愛の本は読んだ事がないので、梅子に手伝って欲しいと頼みました。

梅子「どうして私に?」

松岡「まあ、手近にいたからでしょうか?」

梅子はムードのない理由に少しがっかりしながらも手伝いました(笑)

松岡は、ロミオがジュリットのバルコニーの下に一晩中いる気が知れないとか、恋愛には疎いようで(^^;)

梅子も命をかけて愛しあう気持ちが分からないよう・・・

この2人、恋愛に疎い者同士で結構お似合いな気がします♪(^^)

 

進駐軍の物資横流し業者の一斉摘発があり、梅子は竹夫を心配して駆けつけました。

陽造おじさんと竹夫は無事でした。

陽造は新しくできるキャバレーを任されるようで、あかねを引き抜いて、竹夫の嫁さんにすればいいと言いました。

でも、竹夫は自分はまだまだだと尻込みしているようです。

あかねさんと結婚できればいいですが、先週の予告だと、どうも無理っぽかったですね(汗)

ヤミ市で物を売る事は違法ですが、ヤミ市で食料を買ったり、買出しに行く事も違法です。

新聞に山口判事がヤミの食べ物を食べずに配給の物だけを食べて、栄養失調で亡くなったと載りました。(これは実話です)

それを読んで、建造ももうヤミの物は食べないと宣言。

家族には今まで通り、食べていいと言いました。

亡くなった人の記事を見て、真似するとは(汗)

判事なら分かりますが、大学病院の医者で。。。

陽造「法律、破んなきゃ生きていけないようなら、その法律の方が間違えてんだよ」

陽造おじさんのこの言葉の方が重いです。

医者としてやるべき事は、栄養失調の患者さんの数を調べて法律を変えるよう訴えるとか、他にできることがないでしょうか?

 

たまたま脚本の相談で梅子と会って、下村家に寄った松岡は、建造がヤミの物を食べないと宣言した所に居合わせました。

恥ずかしいところをお見せしてと言った梅子に、

松岡「すばらしいお父様じゃないですか。

 僕は早くに父を亡くしたもので、ああいう父親像に憧れるんです。

 下村先生が自分の父親だったらいいだろうな」

 

松岡さん、建造が好きで、山倉さんに、ちょっと似てますね(^^;)

でも、山倉はその後、雪子を好きになって、雪子は伊東が好きなのに気づいてなくて(汗)

 

松岡と梅子の「甘味処 みかみ」での脚本の打ち合わせ

松岡「そうだ。 楽しい時間は意外に早く過ぎる。

 ロミオが窓の下で一晩過ごしたのは楽しかったからか」

梅子「えっ? 今、楽しかったんですか?」

松岡「ええ、意外と。 楽しくなかったですか?」

梅子「・・・はい・・・楽しかったです」

 

段々、仲良くなってきました♪(^^)

父親も好きだし、梅子本人も好き♪

もうこれは結婚するしかないですね♪(笑)

ただ、梅子も松岡もそれが好きという気持ちと気づいているか微妙ですが(^^;)

 

ジュリエット役、弥生も立候補しました。

伊東さんは、うまければどちらでも良いとの事で、2人でオーディションをする事になりました。

江美も手をあげたのに、気づかれなくて気の毒でした(^^;)

最近の雪子の態度、イマイチなので、ジュリエット役は弥生に決まって欲しいです。

弥生も伊東さんが好きらしいですが、松岡さんの方が素敵だと思います♪(^^)

松岡さんを好きな人はいないみたいで、梅子、ライバルがいなくてラクですね(^^)

信郎君の読んでいたサルカニ合戦、何かの伏線になるでしょうか?

注目しています。

 

【週間最高視聴率推移】

                           関東         関西

初回                    18.5%        16.7%

第1週「新しい朝が来た」        20.5%(4/7(土)) 19.2%(4/4(水))

第2週「かがやく未来」         20.9%(4/12(木)) 18.2%(4/11(水))

第3週「やるなら、やらねば」      20.6%(4/21(土)) 18.1%(4/20(金))

第4週「ヒポクラテスの乙女たち」   21.0%(4/27(金)) 19.5%(4/26(木))

第5週「もつべきものは、友」      20.3%(5/2(水))  19.4%(5/1(火))

第6週「次へのステップ」        21.1%(5/10(木))  21.3%(5/9(水))←最高

 

公式HP(梅ちゃん新聞7号)

 

【過去レビュー】

第35,36回(5/11(金)~5/12(土))「ダンパで家族和解」

第31~34回(5/7(月)~5/10(木))と第5週視聴率

 

【今週と過去の日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

 

【皆さんのレビュー】

えみりーさん「えみりーの鈴木先生的神経症ブログ」

くうさん「ドラマ@見取り八段・実0段」

レベル999さん「レベル999のgoo部屋」

ひじゅにさん「もう・・・何がなんだか日記」

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^) 

2012年5月15日 (火)

【鍵のかかった部屋】第5話感想と視聴率

「鍵のかかっていない部屋」(原作:『鍵のかかった部屋』の「歪んだ箱」)

榎本さんの奪い合い、面白かったです♪(^^)

第5話の視聴率は、前回の15.5%より少し上がって、15.6%でした♪

裏に、『宮部みゆき・4週連続"極上"ミステリー第二夜スナーク狩り』があったのに、上がって良かったです♪å

 

今回の原作の原題は、「歪んだ箱」だそうですが、ドラマのタイトルが『鍵のかかった部屋』なので、副題「鍵のかかっていない部屋」で良かったと思います(^^)

今回の密室のドアは鍵がかかっていなくて、建てたばかりの家が震度4の地震で大きく歪んでしまって、開閉がしにくくなっていました。

今回、現場に榎本さん(大野智)を呼んだのは、青砥純子(戸田恵梨香)でも芹沢さん(佐藤浩市)でもなく、刑事の鴻野(宇梶剛士)でした。

榎本さんが青砥と共に来た時、芹沢さん、とても嬉しそうだったのに、呼んだのが鴻野刑事だと知ってがっかり(笑)

嫉妬したようで、面白かったです(笑)

「焼きもちじゃないからな」って念を押したので、認めたようなものですね(笑)

榎本を呼ぶ時は自分を通すよう、鴻野刑事に言いました(^^)

同じ会社の上司でもないのに、それってとても変ですね(笑)

 

青砥は青砥で、友人から榎本が彼氏かと思ったと言われて否定。

でも、どんな関係か説明できなくて・・・

どんな関係か真剣に考えました(^^)

最近、結構、2人、仲が良さそうだったので、恋が始まりかけてると思ったのですが、まだそうでもないようです(^^;)

最後に、芹沢さんが「チーム榎本」と言ったので、チームメイトなんだと納得したみたいでした♪(^^)

今回、密室の謎解きはあまりなく、事件解決以上に、そういう人間関係が面白かったです♪(^^)

ピッチングマシーンでボールを打ち込んで戸を閉めるというのは、なるほどと思いましたが♪

ただ、コロコロ転げて、死体に当たったり血がついたりしなかったのでしょうか?

いくらビニールシートがあったとしても、血も沢山流れていたでしょうし・・・

 

最初の方は、榎本さん、鴻野刑事と共に密室の謎を追求していたのですが、事件性はなく、事故と判断されて、捨て山となりました(^^)

その後、現場が保持されているうちに、青砥が榎本を呼んで一緒にもう一度、現場を見て・・・

その家の持ち主の高校教師・杉崎(新井浩文)のトリックを解いて、アリバイを崩しました。

リビングの壁に開けられたエアコンのダクト用の穴から、ピッチングマシーンでテニスボールを沢山投げ込み、歪んだドアを閉めたのでした。

そして、床も歪んでいるので、自然にボールが集まり、それらを掃除機を使って吸い取り、回収したのでした。

ボールが集まり易いよう、大きなビニールシートも張っていたようですが、これの回収はちょっと大変そうな気がしました(汗)

あの小さな穴から出したようです(^^;)

 

杉崎は、野球部のコーチをしていて、アリバイがあるとの事でしたが、部員は1時間位、ランニングしていて、その時間、杉崎のアリバイがない事が分かりました。

また、いつもランニングをサボる部員がいて、彼らは当日もサボり、その日、部室にいつもあるはずだった物がなかった事を覚えていました。

それはピッチングマシーンでした。

野球のボールではエアコンの穴に入らないので、テニスボールを使ったのでした。

 

事件前日、杉崎は婚約者から結婚を断られていました。

補修工事に来た竹本(田窪一世)に、杉崎は、この家のせいで結婚がだめになった。もう家はいらないのでお金返してくださいと言いました。

竹本「本当にあんたの事が好きなら、家がどうなろうと一緒になった筈だよ。

 こう言っちゃ何だけど、最初からその程度にしか思われてなかったって事だろ?

 とにかく予定通り補修はするから。

 これ以上、言いがかりつけんのはやめてくださいよ!」

その言葉がカチンときて、殺してしまったのでした。

いくら密室ぽくても、遺体の状況から殺されたかどうか分かりそうなものだと思うのですが(汗)

刑事が鴻野さん一人しか来ないのも・・・(^^;)

 

最後に、鴻野刑事が榎本の写真や指紋?の載った書類を見ていて、何かの指紋と一致するみたいでした。

やはり、榎本さんは、原作通り、本業、泥棒なのかもしれませんね。

鴻野刑事が今後、榎本さんを捕まえようとするのか、それとも気づかないふりをするのか気になります。

 

【第5話粗筋】 (Yahooテレビより)

榎本径(大野智)は、ある新築の家で起こった死亡事件現場にやってきた。その家は、高校教師・杉崎(新井浩文)が結婚を機に建てたものだが、引き渡し直後に起こった震度4の地震で大きく歪んでしまった。杉崎は施工会社に手抜きだとクレームをつけ、社長の竹本(田窪一世)が補修工事を請け負うことになった。その下見の最中に、竹本が亡くなったのだ。  榎本を呼んだのは、青砥純子(戸田恵梨香)でも芹沢豪(佐藤浩市)でもなく、刑事・鴻野(宇梶剛士)だった。榎本の知識や能力を見て協力を依頼したのだ。現場には、現在手がけている買収契約に施工会社が関係していた芹沢と、偶然、榎本と行動をともにしていた純子も集まった。  遺体発見現場のリビングも、大きく歪んでいた。ドア枠も歪みまともにドアが開閉できない状態だった。窓は完全に施錠されていたため、逃走経路に使えた可能性があるのは廊下側のドアだけだが、歪んだドアを閉めるには内側からある一定の場所を何度も強い力で叩く必要があった。しかし、閉めてしまえば開けることは困難で、仮に殺人だったとしても犯人は部屋に閉じ込められることになる。  この部屋は密室だったのか、と尋ねる純子に、榎本は部屋にもうひとつの開口部があるので断定できないと言った。その穴とは、リビングの壁に開けられたエアコンのダクト用の穴だった。その穴を使い、外からドアを閉めることが可能なのか、榎本は考え込み・・・。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.3%  [第2話]16.5%  [第3話]14.4%  [第4話]15.5%

[第5話]15.6%

 

【原作】 貴志祐介 「防犯探偵・榎本シリーズ」のうち 『鍵のかかった部屋』(原題:歪んだ箱」)

 

【主要キャスト】

榎本径(大野智)(30)東京総合セキュリティ勤務。鍵オタク

青砥純子(戸田恵梨香)(26)芹沢のアシスタント。フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

芹沢豪(佐藤浩市)(50)フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

水城里奈(能年玲奈)フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書

<第5話>

鴻野 光男(宇梶剛士)警視庁捜査一課刑事部刑事

杉崎 俊二(新井浩文)東京都立望ヶ丘高校教師・野球部顧問

飯倉 加奈(関めぐみ)東京都立望ヶ丘高校教師・杉崎の婚約者

斉藤 美里(小松彩夏)純子の友人

竹本 袈裟男(田窪一世)明新工務店社長

三井(横堀悦夫)城栄ホームズ取締役

 

公式HP(第6話オンエア前クイズ)←5月21日(月)18:00迄

  


【送料無料】鍵のかかった部屋


初回盤+通常盤セット[5/9出荷]■嵐 CD+DVD【Face Down】12/5/9発売

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【平清盛】第19回感想と視聴率上昇「鳥羽院の遺言」

「鳥羽院の遺言」

遅くなりましたが、6月から出演する新キャスト6人が5月5日に発表されたそうです。

高橋愛(25)(元モーニング娘)、窪田正孝(23)、中川大志(13)、渡部豪太(26)、宇梶剛士(49)、冨浦智嗣(20)の6人です。(それぞれの役名と登場日はこちらです)

これで視聴率、上がるでしょうか?

第19回の視聴率は、前回の13.5%より上がって、14.7%でした♪

14%台になったのは、3月11日の第10回(14.7%)以来、2ヶ月ぶりです。å

ようやくテコ入れの成果が出たようで良かったです(^^)

 

清盛、相変わらず、甘いですが、松山ケンイチさんの演技は、とてもよくなったような気がしました♪

鳥羽法皇、本当に亡くなってしまいました。

得子、法皇が長くない事を上皇に知らせに行き、今回はいい人になりました。

 

得子「法皇様はもう長うはありませぬ。

 どうか上皇様、ご余生、悔いを残されませぬように」

 

清盛も上皇と法皇が仲直りするよう働きましたが、得子の訪問の方が効いたのではないでしょうか?(^^;)

清盛は平氏一門の事をまず第一に考えなければならないのに、上皇と法皇の仲直りしか頭になかったみたいでした(汗)

雅仁様が帝に正式に即位して、後白河帝となりました。

お祝いに崇徳上皇から歌が贈られてきました。

「朝ぼらけ 長き夜を 超へ にほひたて

くもゐに見ゆる 敷島の君」

皆は褒めましたが、後白河帝はその句を見て、

「あ な に く し」と言い、険しい表情になりました。

信西が皆に解説。

信西「それぞれの句の初めの文字を繋げると、『あなにくし』、実に憎いとの言葉が織り込まれておりまする」

後白河帝「おのれ、上皇! 許さぬ!」

後白河帝は暴れて、膳や食器など滅茶苦茶にしました。

その姿を見て、鳥羽院は亡き白河院を思い出し、後白河帝を帝に指名した事を後悔。

鳥羽「ならぬ・・・ならぬならぬ。

 此度の即位は取り消しじゃ。

 今すぐ譲位せよ。

 朕が浅はかだった。

 帝は重仁じゃ」

後白河帝「法王よ。ここは私の世じゃ」

鳥羽法皇、後白河帝と白河院が重なり、ショックで倒れてしまいました。

後白河帝、威厳があって、素敵でした♪(^^)

 

法皇は、病床でしたが、時折、起きて、「これは我が子なり・・・」と書き続けました。

 

病床の法皇は、「朕が死んで後、何が起ころうとも、朕が上皇にしてきた事の報いじゃ」と言いました。

でも、信西は、「治天の君として、なすべきことをなさいませ」と。

そして、信西の意のまま、

「戦が起こった際には、鳥羽院をお守りすると誓え」と、都の武士達に広く命が出されました。

義朝は藤原家に仕える父の立場を考えず、簡単に誓いの文を書きました。

でも、清盛は、法皇と上皇の仲を取り持つため、どちらにも味方しないと・・・

そんな清盛を義朝は嘲りました。

宗子でさえ、不安に思ったようです(汗)

宗子「いざという時には、そなたが守っておくれ。亡き殿のお志を」と忠正に頼みました(^^;)

 

義朝は誓いの文を書きに行った帰りに清盛宅を訪れました。

そして、書いた書かないで、お互いを批判。

余計に世が乱れてしまうと言う清盛に

義朝「乱れればよいではないか。

 それでこそ、武士の働きがいがあるというもの」

清盛「おまえは己さえよければいいのか!」

義朝「貴様こそ、それでも武士の棟梁か!」

義朝、刀を抜き、清盛に突きつける。

義朝「友切だ。源氏重代の太刀。

 源氏の家督を継ぐ者の証だ。

 俺はこれを手に入れるため、わが子を遣わし、弟を殺した」

清盛「おまえ・・・(殴り)なんと言うことを」

義朝「源氏を率いるためには、この友切がなくてはならぬのだ」

清盛「だからと言うて、身内を・・・」

義朝「何が法皇様と上皇様の仲直りだ。

 揉めさせておけばよい。

 戦になるのなら、もっとよい。

 それこそ、武士にとって無二の機会だ」

清盛「そんな腐った土台の上に何が築けるというのだ」

義朝「土台はとうに腐っておる。

 腐った物はどうあがこうと、元には戻らぬ」

清盛「そんな事はない」

義朝「ならば勝手にせよ。

 せいぜいお上親子の仲直りにうつつを抜かし、一門を滅ぼすがよい」

 

義朝、友切を得るために息子に弟を殺させたのはひどかったですが、

この会話は義朝の言う通りだと思いました。

平氏一門を守るのが一番大切でしょう。

でもこの時はまだ清盛、それが分からず、信西にも催促されてしまいました。

信西は法皇が最初は重仁を即位させようとし、迷って、雅仁様にした事を話しました。

今はそれを後悔しておられると清盛。

信西「つまりはそういう事じゃ。

 どなたが即位されようと、お2人が仲違いなされようと、仲直りなされようと時はそちらに向かって、うねっておる」

清盛「そちらとは?」

信西「即ち、天下大乱

 誓いの文を書くも書かぬもそなた次第。

 ただ、そなたにとって、最も守るべきものは何か、守りたい物は何か、よ~く考えて決めるがよい」

さすがに、それで清盛も誓いの文を書いたようです(汗)

 

法皇が危篤になり、上皇が会いに来ましたが、清盛も通しませんでした。

清盛「少しばかり遅うござりました、上皇様。

 私には私の守るべき物がござります」

上皇「・・・父・・・上・・・」

上皇は、雨の中、一人、歩いて、地面に泣き崩れました。

 

近衛帝が17歳の若さで崩御して、その翌年、鳥羽院も崩御しました。

遂に、戦に向かってきましたね。

信西がわざと戦を仕掛けているようで(汗)

確かに、敵を一掃するには、いい方法かも?(^^;)

次回は「前夜の決断」。

保元の乱が間近になり、盛り上がりそうです(^^)

 

【第19回粗筋】 (Yahooテレビより)

誰もが予想しなかった後白河天皇(松田翔太)の誕生に、朝廷は騒然となる。鳥羽院(三上博史)に再び裏切られた崇徳院(井浦新)の心中を推し量り、清盛(松山ケンイチ)は不安を覚える。その騒ぎをよそに、清盛の館に一人の美しい娘がやって来る。彼女は時忠(森田剛)の妹・滋子(成海璃子)で、強い意志を持つ滋子が清盛にはまぶしく見える。源氏方では、義朝(玉木宏)の子・義平(波岡一喜)が、棟梁(りょう)の証しである友切の太刀を持つ義朝の弟・義賢(阪本浩之)を討つ。そんな中、後白河帝即位のうたげが開かれる。そこに崇徳院から祝いの歌が届くが、歌に秘められた恨みの言葉に気付いた後白河天皇は、もののけのように暴れだす。その姿に白河院の面影を見た鳥羽院は、恐れのあまり体調を崩す。鳥羽院を見舞った清盛は、崇徳院への謝罪の写経を託され、崇徳院の元へ向かう。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%

 

公式HP・次回粗筋

 

   

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2012年5月14日 (月)

【ATARU】第5話感想と視聴率&『家族のうた』打ち切り

「本当にあった透明人間事件」

裏のフジの『家族のうた』、あまりの視聴率の低さに、打ち切りが決まったそうです。

今回は、ようやく下げ止まって久々に上がり、3.3%でした(前回3.1%)。

2000年以降のプライム帯(19時~23時)の民放ドラマの最低視聴率は、2003年の『メッセージ』(真中瞳主演)第6話の3.1%で、最低平均視聴率もこのドラマの4.4%(全8話)だそうです。

「家族のうた」視聴率推移(関東地区)

(第1話6.1% 第2話3.6% 第3話3.4% 第4話3.1% 第5話3.3% 平均4.01%)

当初の予定は全11話らしいですが、全8話となり、6月3日まで放送します。

最近は、8話や9話のドラマが多いので、打ち切りと言ってもそんなに短くないですね。

6月10日以降の穴埋めは、まだ決まっていないそうです。

7月からのこのフジの枠のドラマは、豊川悦司(50)と芦田愛菜(7)のダブル主演のドラマ「ビューティフルレイン」で、親子愛を描くそうです。

若年性アルツハイマーを発症する父親とそれを支える娘の物語。

三浦翔平(23)や、でんでん(62)、蟹江敬三(67)なども出演するそうです。

芦田愛菜ちゃんの再登場で、『マルモのおきて』の時のように巻き返しできるでしょうか?

<参考ニュース>

「家族のうた」8話で打ち切り決定

穴埋め番組未定のまま打ち切り決断

フジ低迷日9 愛菜で巻き返す!トヨエツとW主演

 

『ATARU』第5話の視聴率は、前回の13.8%より上がって、14.5%でした♪(^^)

裏の映画『アルマゲドン』は11.9%でした。

今回は強力な裏番組がなくて、良かったです♪(^^)

 

さて、今回は、舞子の弟・昇君の通う帝都医科大学での殺人事件でした。

梅ちゃんのお父さんは帝都大学の医学部教授。

似てますね(笑)

『梅ちゃん先生』の主題歌は、SMAPだし、その繋がり?

脱線してしまいました(^^;)

 

精神科教授の植松(小島康志)が学内の階段から転落死しました。

その現場を目撃した昇は、植松の近くに人影があったと証言。

でも、もう1人の目撃者で精神科助手の浅尾(岡田義徳)は、誰もいなかったと証言しました。

誰もいなければ、事故ですが、傍に人がいれば突き落とされた可能性があり、事件です。

捨て山か殺人事件か・・・

もしかしたら、浅尾は人を見たのに、隠しているのではないかと、沢達、警察は思い、調査。

でも、そうではなく、浅尾は「半側空間無視」で左半分が認識できなかったのでした。

国家試験に合格した後、スキーで転んだ時、脳挫傷になり、脳血腫の摘出を受けた。

それが元で「半側空間無視」になってしまったようです。

左側が完全に見えていないわけではなく、彼が大切だと認識した物はちゃんと見えるそうです。

学食でチャーハン?を半分残したので、その時、左が見えてないんだなと、私は分かりました(^^)

チョコザイも「真ん中はどこ?」と騒ぎましたし・・・

ただ、「真ん中はどこ?」は、あちこち線を引いて、騒ぎすぎだったような・・・(汗)

他にも、今回は、遊び過ぎのシーンが多かったような気がします。

チョコザイを椅子に乗せて、鑑識課の石川 唯と舞子が何度も押しあったり、

プロレスラーの中西学が1日署長になって、叫び声をあげたり・・・

こういう遊びが好きな人もいるかもしれませんが、私は苦手です(^^;)

 

「真ん中はどこ?」で騒いだお陰か、関係者を集めて、数本ラインを引いた紙を配り、真ん中に印をつけさせるテストをしました。

私の予想通り、浅尾の結果は右に寄っていて、左が認識できない事が分かりました。

昇君が偽証していない事が分かって貰えて良かったです♪

僕の見間違いかもなんて、落ち込んでいて、可哀想でした(^^;)

浅尾は、初めて自分の異常を知り、「もう医者になれない」と落ち込みました。

でも、門倉教授(遠藤憲一)は、そういう症状を持った医者がいてもいいのではと、浅尾を励ましました。

こんな症状を持っていて、本当に医者になれるのでしょうか?

臨床の医者ではなく、研究者だからいいのかしら??

私は、犯人、門倉教授かと思いましたが、彼はいい人でした♪

昇君も将来、門倉教授の研究室に入りたいと言いました。

 

浅尾の恋人で、同じ門倉研究室の講師の桂井まどか(臼田あさ美)が

「私がいつもあなたの左側にいるから。

私があなたの左側になるから」と言ってくれました♪

浅尾は、最初、ドジばかりしていましたが、優しい人達に囲まれ、幸せな人でした♪(^^)

 

結局、突き落とした犯人は、優志製薬のMR(医薬情報担当)の北見光治(東根作寿英)でした。

植松教授は優志製薬に都合のいい論文を書いて、寄付金(賄賂)を貰っていました。

今回、臨床試験をしていた新薬、高血圧や狭心症の薬と、高コレステロール症の薬を1つにした薬、効果がないのに効果があるような論文を植松教授が書いていました。

北見はMRとして誇りを持って、自ら治験に参加して、その新薬を飲んでいました。

その新薬の主成分は、現場に落ちていた物についていた血と同じ成分のアムロジピンとスタチンでした。

北見はMRとしての誇りがあり、患者に効果がない薬を飲ませる事が忍びなくて・・・

新薬の説明会があったあの朝、北見は植松にデマの論文を発表しないよう頼みました。

でも、植松は拒否し、階段の上でもつれ合っているうちに、植松が落ちてしまいました。

殺すつもりではなかったのですが、北見は逃げてしまいました。

 

チョコザイはまた病院を抜け出して捜査に協力してしまったので、

もう病院へ戻さない事になったと、保護主任者の安孫子から舞子に電話が来ました。

安孫子「そんなにあなたの所に戻っちゃうんならね、

 あなたの所から検査に通わせようかという案が出てましてね。

 ただ、その場合、あなたが保護責任者になって、

 それとは別に、身元引受人、第三者が必要なんですがね」

 

事件解決後、いつものように、チョコザイは

「Mission  accomplished(捜査、終わりました)」と言って涙を流しました。

その涙を沢と舞子と昇が見て、

舞子「泣いてるの?」

沢「ああ、前もそうだった」

昇「もしかしたら、誰よりも人の気持ちが分かるのかもね。

 特に、事件関係者の気持ちが」

沢「チョコザイ君の身元引受人、俺で良かったらなるよ」

舞子「主任・・・」と喜び笑顔。

 

チョコザイ、これで舞子とまた一緒に暮らせるようになって、良かったですね♪(^^)

チョコザイの身元はまだ分かりませんが、家族、何か事件に巻き込まれたのでしょうか?

4つの花のユリが好きそうだし・・・

時々、回想に出てくるお父さん(市村正親)、もう生きていないのでしょうか?

チョコザイの事で今回、分かったのは、仲蒲田にチョコザイが関心を示した事。

そこに、昔、住んでいたのでしょうか?

それとも、そこで家族4人が殺された??

 

昇君が医者になりたいと思った理由、分かりました。

昇「何で医大を目指したのか、やっと分かった。

 時々思い出すんだ。

 あの日、出かける前に、母さんが自殺する直前に、何であんな笑顔ができたのか、

 それがずっと気になってた

沢「それ、警察で話したか?」

舞子「まだ小学生だったしね」

沢(独り言)「聞いてないよ」

 

沢刑事、舞子達のお母さんの捜査に加わっていたのでしょうか?

こちらの捨て山も早く掘り返して欲しいです。

そろそろ中盤になってきたので、チョコザイの過去と舞子の母の事、早く解明されますように。

 

【聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]16.9%  [第3話]10.9%  [第4話]13.8%

[第5話]14.5%

 

公式HP(次回粗筋)

 


【送料無料】ATARU(1)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月13日 (日)

【三毛猫ホームズの推理】第5話感想と視聴率

「回る殺人の怪!?初恋の義太郎」

第5話の視聴率は、前回の13.1%より少し下がってしまい、12.9%でした。

裏に、映画『プリンセストヨトミ』(13.2%)と、『土曜ワイド劇場・事件15復讐殺人法廷』(12.6%)があったので、それらに少し食われてしまったかもしれません。

 

犯人は津川旬子(吉瀬美智子)さん?

そんな感じのラストと予告編でしたが、最初の神田勇一(隈部洋平)の殺害現場のレストラン内に彼女はいなかったので、彼女が注射器を使って神田を毒殺するのは無理ですね。

神田殺害の犯人は、あのレストランにいたカリスマ・ラジオDJの石井一馬(長谷川朝晴)ではないでしょうか?

藤田ゆかり(肘井美佳)が主犯で、石井と久保山(赤木伸輔)を利用していたのかも??(^^;)

とにかく、原作未読なので、単なる推測です(かなり的外れかも?)(汗)

真犯人を知っている方、教えないでくださいね。

予告編では、

根元「一連の事件はあの女の復讐って事か」とか

津川「クズに生きる資格はない」とか

栗原「彼女に利用されていたのかもしれませんね」なんて

いかにも、津川旬子刑事が犯人みたいな予告編でしたが・・・

私は、これはミスリードではないかと思います(^^;)

 

今回は、フーガのような連続殺人事件でした。

「最初の被害者・神田の死因は注射器による毒殺。傍には銃弾が撃ち込まれていた。

そして、次の被害者・安藤の死因は刺殺。傍には注射器があった。

そして、結城は絞殺。傍にはナイフ。

つまり、死因になった凶器が次のガイシャの傍にあるという。

最初の被害者・神田の傍にあったのは銃弾だ。

という事は、回り回って誰かが銃殺されれば、それで全てが終わるという。

まさに、フーガだよ」

と栗原課長が言いました。

これは凝ってますね。

 

殺された結城の携帯に、殺害前に犯人から脅迫されたメッセージが残されていました。

「おまえの過去の過ちをばらされたくなければ、私の指示する場所に来るように・・・」

この背景音は山手線の大崎駅で使われているメロディーだと、根本が突き止めました。

その声の人物は、久保山良男(赤木伸輔)だと、津川が義太郎に発表させました。

久保田が犯人ではないかと捜査本部では疑い、彼の行方を捜しましたが、家は留守。

街頭で、車中にいたのを巡査に呼び止められ免許証を見せましたが、その巡査は久保山が追われているのを知らないようでした(汗)

免許証を見せたのだから、あのビクビクした様子は、警察が怖いというより、犯人が怖いのでは?

彼が銃殺されて、フーガが完結するのではないでしょうか?

ラストで、津川刑事が銃を持っていて、久保山宅を勝手に調べに来た晴美(大政絢)を殴って気絶させ、いかにも津川が久保山を銃殺しようとしているという感じでした(汗)

 

でも、今回、殺人事件の話より、津川刑事と義太郎(相葉雅紀)との恋話の方が中心でした♪(^^)

一緒に捜査した後で、一緒に飲みに行った時、津川が酔って、

津川「私、片山君の事、好きかも?」と言って、義太郎にキスしました♪֥ϡ

義太郎は驚いて、彼女を意識。

女性恐怖症なのに、彼女にだけは発症しなくて、ヒロシ(藤木直人)は彼女との結婚を勧めました。

 

義太郎が以前から出していた辞表が受理されて、再来週から義太郎君はただの人だと、栗原課長が最初に言いました。

これが最後の事件とのこと。

義太郎が刑事を辞めた場合でも「一家に一刑事」の家訓を守るため、刑事のお嫁さんを貰えばいいとヒロシが。

義太郎も段々、津川が好きになり、その気になってしまいました♪(^^)

でも、辞表を受理したというのは、栗原の逆療法との事。

栗原「彼は今まで片山家の家訓を守らなければならないという一心で、周りに言われるままに刑事をやってきた。

でも、今後、本気で刑事を続けていくには、彼自身の自覚という物が必要なんだ。

だからね、あえてその辞表を受理する振りをして、刑事でなければならないというプレッシャーから開放したんだ」

晴美「じゃあ、津川さんとの結婚話は?」

栗原「それは私の提案に賛同したヒロシ君のアイデアだ」

ヒロシ「どうせやるなら『一家に一刑事』のプレッシャーからも開放させてやろうと思って」

晴美「全部、お芝居だったってこと?」

栗原「いや、義太郎君はね、これから自分の歩むべき道を自由に考えられるようになったって事だ。

 あとは彼の本当の気持ち次第だ」

 

ちょっと過保護ではないでしょうか?(汗)

とにかく、辞表を受理がお芝居なのは分かりましたが、結婚話の方は・・・

ヒロシが津川さんに「ヨシ坊にキスして」と頼んだわけでもないでしょう(^^;)

まさか、ここからもうヒロシの作戦?(汗)

とにかく、今回、事件内容より、津川刑事役の吉瀬美智子さんに魅了されました♪(^^)

あの人が裏がない筈ないと思っちゃうし♪(笑)

最初に、予告編を見た時は、吉瀬さんが犯人かと思いました(笑)

でも、いろいろ考えているうちに、そんな単純でないかもと思えてきて・・・

予告編の

根元「一連の事件はあの女の復讐って事か」の

「あの女」というのは、石井の婚約者で行方不明の藤田ゆかりの事ではないでしょうか?

女子高生が写った写真は、一緒に写った“たまごっち”が「新種発見たまごっち」という物で1997年2月に発売された物だとヒロシが指摘。

つまり、この写真は10年以上前に撮った物かもしれないので、この子はもう三十路を過ぎているかもしれないと指摘。

晴美は、携帯のカメラで撮った顔を若返らせたり、老けさせたりするアプリを持っていて、それでその写真の女性を撮って、10歳老けさせて・・・

石津がラジオのお天気DJの藤田ゆかりだと気づきました。

ゆかりは石井の婚約者で、3ヶ月前、結婚式の前夜に失踪してしまって音信不通とのこと。

出身地は北海道。

八王子との繋がりは分からないとの事でした。

この写真の女性、ゆかりが、やはり鍵を握っているのではないかと思います。

次回の解決編、とても楽しみです♪(^^)

 

【第5話粗筋】 (Yahoo TVより)

ある日、栗原一課長(石坂浩二)と共に食事をしていた義太郎(相葉雅紀)・ヒロシ(藤木直人)・晴美(大政絢)。そこで栗原から衝撃の一言が告げられる。なんと、以前提出していた辞表が受理され、義太郎は刑事を辞めることに。驚き、必死に抵抗しようとする片山一家。義太郎もなんと反応していいか迷っていると、そこに一発の弾丸が飛び込んでくる。ガラスが割れ、大騒ぎの店内で神田勇一(隈部洋平)がドタリと倒れる。巻き起こる片山義太郎最後の事件。神田の死には不可解なことがあった。神田は飛び込んできた銃弾が原因ではなく、注射器を使った毒殺だという。現場に駆け付けた石津(大倉忠義)は、客の1人がラジオ界のカリスマDJ・石井(長谷川朝晴)だと気付く。遺留品には「過去を公表されたくなければ指示に従え」という旨の脅迫状と、女子高生が写った写真があった。不思議な事件に悩む一同。義太郎はその女子高生の写真を手がかりに捜査を進める。
そんな中、義太郎が石津とともに神田の部屋を調べに行く。そこで前話で捜査一課に訪れていた八王子南署の刑事・津川旬子(吉瀬美智子)と再会する。なぜか義太郎お得意の女性恐怖症が、旬子にだけは全く発症しない。勝気で独自の考えを持っている旬子のことを少しずつ気になり始める義太郎。すると、一軒の飲み屋でお酒を飲んでいた時、義太郎は突然、旬子にキスをされてしまい・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]15.9%  [第2話]12.1%  [第3話]12.7%  [第4話]13.1%

[第5話]12.9%

 

【原作】 赤川次郎 「三毛猫ホームズ」シリーズより 『三毛猫ホームズのフーガ』

 

【主要キャスト】

片山義太郎(29)(相葉雅紀)捜査一課刑事

片山ヒロシ(39)(藤木直人)義太郎の兄

片山晴美(24)(大政絢)義太郎の妹

石津良平(25)(大倉忠義)(関ジャニ∞)捜査一課刑事

ホームズ(シュシュ)/猫の化身(シスター)(マツコ・デラックス)

根本敏夫(尾美としのり)捜査一課係長

栗原 肇(石坂浩二)捜査一課課長 警視

樋口刑事(植木夏十)

村田刑事(君沢ユウキ)

 

津川旬子(吉瀬美智子)八王子中央署所轄刑事

小林(升毅)本郷西署強行犯係係長。連続殺人事件の陣頭指揮を執る

<第5話ゲスト>

石井一馬(長谷川朝晴)ラジオDJ

久保山 良男(赤木伸輔)都立八王子南高校OB

藤田ゆかり(肘井美佳)ラジオお天気DJ(少女時代:谷中唯彩)

神田勇一(隈部洋平)不動産会社社員

安東和敏(七枝実)飲食店店長

結城哲也(竹森千人)(フラミンゴ)都立八王子南高校OB

神田照代(羽里早紀子)勇一の妻

神田大祐(長島暉実)勇一の息子

 

公式HP(次回粗筋)

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月12日 (土)

(ネタバレ)【梅ちゃん先生】第7週日別粗筋(5/14~5/19)

これは来週(第7週)「愛のから騒ぎ」の日別粗筋です。


[CD] 蒲田・ニューオリンズ・クラブ・バンド/思い出の歌~ NHK連続テレビ小説 梅ちゃん先生 より(仮)

  

<日別粗筋 第7週(37~42回)(5/14(月)~5/19(土))> (Yahooテレビより)

第37回[5/14(月)]

ダンスパーティーを経て、雪子(黒川智花)や弥生(徳永えり)ら仲間との結束が強まったと思ったのもつかの間、雪子が制服ではなく派手な洋装で現れたことをきっかけに、弥生は「ずっと制服でいようと言っていた」と言い合いになる。そんな中、中央医大の松岡(高橋光臣)が、パーティーをきっかけに梅子(堀北真希)の家へ頻繁に訪ねてくる。そのことに周りの人々は梅子を冷やかすのだが、その実情は・・・。

第38回[5/15(火)]

ある日、医専にダンスパーティーで知り合った中央医大の伊東(庄野崎謙)たちが「今度は、演劇を一緒に。それも『ロミオとジュリエット』を」と梅子(堀北真希)たちを誘う。伊東に、ほのかな思いを寄せていた雪子(黒川智花)は乗り気。すでにジュリエット役を演じるつもりでいた。行きがかり上、参加することになった梅子のもとに、松岡(高橋光臣)が折り入って相談があると訪ねてくる。その相談とは・・・。

第39回[5/16(水)]

江美(白鳥久美子)も洋装で通学してきたことをきっかけに、弥生(徳永えり)は裏切られたという思いから、教室を飛び出す。後を追う梅子(堀北真希)。そして、梅子は弥生の本当の気持ちを知る。一方、姉・松子(ミムラ)にも異変が起こる。職場の上司・真田(平岳大)が話をしたいと言うのだ。複雑な気持ちで向き合う松子と真田。そんな中、真田が口にした言葉は・・・。

第40回[5/17(木)]

突然、弥生(徳永えり)がジュリエット役に名乗り出るも、雪子(黒川智花)は自分がジュリエットに決まっていると譲らない。それなら伊東(庄野崎謙)に決めてもらおうと伊東を訪ねるが、伊東は「候補は多いほどよい」と言い、結局2人でオーディションをすることになる。そんな中、松岡(高橋光臣)の脚本作りを手伝う梅子(堀北真希)は、松岡の恋愛オンチぶりから言い合いになってしまい、気まずい雰囲気に・・・。

第41回[5/18(金)]

オーディションでの弥生(徳永えり)の熱演は、伊東(庄野崎謙)たちの驚くところとなり、ジュリエット役は弥生が射止めることになる。打ち合わせのために呼ばれた梅子(堀北真希)は、そこで松岡(高橋光臣)から、伊東に婚約者がいることを聞かされる。ちょうどその時、弥生が伊東とともに現れる。婚約者のことを松岡に口止めしようと身振り手振りで合図を出すが、松岡は気づかず、そのことを弥生の前で話してしまい・・・。

第42回[5/19(土)]

松岡(高橋光臣)は、気まずい別れをしてしまった梅子(堀北真希)のもとを訪ねてくる。松岡は相変わらず見当外れだが、その不思議な優しさに、梅子は少し笑顔を取り戻す。そんな矢先"あかね(宇野実彩子)がキャバレーに来ない"という話を梅子は聞きつけ、竹夫(小出恵介)のもとへ行く。するとそこには、あかねの姿が。そして梅子と竹夫に、あかねは衝撃の事実を告げる。

 

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(梅ちゃん新聞7号)

公式HP(新キャスト・ニュース)

 

【過去レビュー】

第35,36回(5/11(金)~5/12(土))「ダンパで家族和解」

第31~34回(5/7(月)~5/10(木))と第5週視聴率

第5週(第25~30回)(4/30(月)~5/5(土))と第4週最高視聴率♪

第23,24回(4/27(金)、4/28(土))「のど自慢」

第20~22回(4/24(火)~4/26(木))と第3週視聴率

第19回(4/23(月))「見間違い」

第17,18回(4/20(金)、4/21(土))「合格?」

第13回~16回 (4/16(月)~4/19(木))「受験勉強」&第2週視聴率

第12回(4/14(土))「軽挙猛動」&2週間の感想

第11回(4/13(金))「ついでの求婚」

第10回(4/12(木))と第1週視聴率&レビューについて

第9回(4/11(水))&クドカン来春朝ドラ脚本決定

第8回(4/10(火))「買出し」

第7回(4/9(月))「カロリー」

第6回(4/7(土))&第1週の感想

第5回(4/6(金))&堀北さん明日土スタ出演♪

第4回(4/5(木))&第3回視聴率20%♪

第3回(4/4(水))「戦災孤児と復員兵」

第2回(4/3(火))&初回視聴率好発進♪

第1回(4/2(月))&主要人物表「新しい朝が来た」

 

【今までの日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

第4週(19~24回)(4/23(月)~4/28(土))

第3週(13~18回)(4/16(月)~4/21(土))

第2週(7~12回)(4/9(月)~4/14(土))

第1週(1~6回)(4/2(月)~4/7(土))

 


【送料無料】梅ちゃん先生(1) NHKドラマガイド

  

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【梅ちゃん先生】第35/36回感想(5/11~5/12)「ダンパで家族和解」

5/14(月)のスタパに、江美役の白鳥久美子さんが出演予定だそうです。

 

コメントのお返事、遅れていて、すみません。

この後、来週のネタバレを書いた後で書きます。

 

木曜までは、ダンスパーティーと恋愛話が中心でしたが、恋愛話は金曜に皆、足踏み。

なぜか、下村家の家族話にすり替わってしまいました(汗)

芳子が「結婚相手にどうかしら?」と言ったのも、梅子の結婚相手ではなく、松子の相手のつもりだったようです(笑)

梅子は信郎に怒りました(笑)

信郎「やっぱり」と言いながらも安心しました。

そして、松子、いつも帰りが遅く、残業と偽っていましたが・・・

建造が、毎晩、女に遅くまで残業させて会社に文句を言うと言ったので、

実は、帰りに入院した上司の男性のお見舞いに行っていた事を明かしました。

建造は怒り、松子はお見舞いに行けなくなってしまいました。

病院では、真田に看護婦が

「あの人、最近、いらっしゃいませんね。

愛想つかされてしまったのかしら?」と。

真田さん、無言でしたが、淋しそうでした。

余計な事を言う看護婦さんですね(汗)

どんな病気か知りませんが、患者を落ち込ませるような事を言うのはよくないのでは?

 

竹夫とあかねは、康子の「甘味処みかみ」で、今後の事を会話。

あかね「竹夫さんは、ずっと叔父さんの所で働くんですか?」

竹夫「さあ・・・どうして?」

竹夫「叔父さんには、随分と勉強させて貰いました。

 でも、ずっと闇市の仕事をしていく訳にもいかないと思ってます。

 時代は変わる。

 闇市も役割を終える時が来るでしょう。

 いつか僕は・・・何て言うか、地にしっかり足をつけて、人の役に立つ仕事をしたいと思います」

あかね「立派ですね」

竹夫「いえ・・・」

あかね「じゃあ、いつか竹夫さんは・・・この町を出て行くんですね」

竹夫「・・・」

 

という訳で、何となくカップルが足踏みをしてしまったところで、康子さんのお父さん、邦夫(小倉久寛)さんが来ました。

もう戦争が終わって2年も経ったのに、康子の夫が復員しないので、店を畳んで帰って来いとのこと。

康子「何言ってんの! 私はここであの人、待つのよ」

邦夫「もう2年だ。諦めた方がいい。

 おめえの事だけじゃねえ。千恵子の事も考えろ」

康子「私はここにいる。

 世の中、どんどん変わって新しい物もできて、皆、段々、戦争の事を忘れていってる。

 私まで変わる事はできないよ!」

邦夫「あいつは戦争に行く前から、お前に苦労かけ通しだったじゃねえか。

 戦争に行ったら行ったで、こんなに待たせて・・・」

康子「幸せだよ、私は・・・

 気にかけたり、心配できる相手がいる事は幸せなんだよ。

 人を待たせるより、私は・・・人を待つ方がいい。

 幸せだよ、私は」

 

「人を待たせるより待つ方がいい」とは、典子とは逆ですね(^^;)

はっきりと戦死と分かった方が幸せなのか、僅かでも生きているという望みがあった方が希望があっていいのか、それも難しいところですね。

康子さんはご主人が好きみたいなので、いつまでも待つみたいですが、はっきりしないと再婚もできなくて、困る人もいるでしょう(汗)

 

それはともかく、「気にかけたり、心配できる相手がいる事は幸せ」という言葉が、梅子と松子の心に響いたようです。

邦夫さんを囲んで近所の人が集まって食事をしていたのですが、今、帰ってきたばかりの建造が後ろでその話を聞いていました。

松子は父の姿に気づいて駆け寄りました。

でも、建造は言葉をかけずに帰りました。

その後ろ姿を梅子も来て一緒に見送りました。

語り「家族をいつも近くで見守ってくれている父の後ろ姿が遠くに感じた梅子でした」

ダンパを許さないくらいで、遠くに感じるとは(^^;)

 

そして、今日の第36回。

梅子はダンスパーティーに家族皆を誘いました。

入場券50円だったと思いますが、自分も含めて5枚、ちゃんと買ったのでしょうか?

250円もしますが(汗)

きっと主催者特権でタダで貰ったのでしょうね?(^^;)

会場の「ニューオリンズ」を貸して貰えるよう交渉したのは梅子なので、きっと皆、文句を言わないでしょう。

他の参加者は誰も父兄同伴はなく、梅子だけ。

下村家のためのダンパみたいでした(汗)

どうせなら竹夫兄さんも誘って、あかねさんと竹夫兄さんを一緒に踊らせてあげれば良かったのに。

でも、竹夫、父の目の前で、あかねとは踊れないかな?(汗)

梅子に誘われても、最初は参加を嫌がっていた建造でしたが・・・

芳子がダンスを習った相手が従兄弟の義雄さんだと聞いて、安心したようです(笑)

お父さん、嫉妬してたのでした♪(^^)

それにしても、ダンパに誘うのに、木登りの話をして父に感謝し、「お父さんと踊りたいの」という流れがイマイチ、よく分かりませんでした(汗)

もうすぐ母の日ではなくて父の日なら、このこじつけの展開も分からなくもなかったですが(汗)

建造「木登り、降りて来なかったじゃないか。

 それどころか、どんどん上に行って」

梅子「お父さんが下で見守ってくれてると思うと、安心して上に行けたの」

建造「何が言いたい」

梅子「私も竹夫兄さんも松子姉さんもお父さんやお母さんが心配してくれてるから、もう少し先に行ってみようと思えるの、きっと。

 お父さんが心配しててくれてるから、私達、大丈夫なの」

建造「(ため息して)勝手な事を」

梅子「ごめんなさい。

 ううん、いつもありがとう。心配してくれて。

 今日はお父さんと踊りたいの。ねえ」

 

まるで、明日は、母の日ではなく、父の日ではないかと、一瞬、疑うようなセリフでした(汗)

とにかく、こんな可愛い娘から一緒に踊ってと言われたら、お父さん、皆、嬉しいでしょう(笑)

踊らないのではなく、踊れないみたいでした(笑)

それは母直伝のダンスを梅子が教えるという事で解決。

そして、芳子がダンスを教わった相手の誤解も解けて、ようやく建造は梅子と一緒に会場に行きました。

既に、母・祖母・松子は会場に行っています。

捻挫を負った江美も着物で参加しました。

雪子も典子も弥生も皆、綺麗なドレスでした。

制服なのは梅子だけです(汗)

松岡と一緒に踊るかもと両親に心配のタネを吹きこまれた信郎も参加。

山倉と松岡と信郎は、「壁のシミ」になっていました(笑)

私の青春時代の頃もやはり、踊らないで壁際に立っている人の事を「壁のシミ」と言いました(笑)

ジルバは弥生達も芳子に習わなかったようで、ジルバの時は彼女達も踊れませんでした。

ワルツ、ルンバ、ジルバ、マンボ、チークなどいろいろありますが、私はジルバとルンバが好きです♪(^^)

途中で、停電になって真っ暗に。

 

父と共に遅れて来た梅子は、あかねと一緒に、蝋燭を皆に配りました。

あちこちに蝋燭が灯され、ムードが出ました♪

演奏も生演奏だし、いいですね♪

KONTAさん(支配人)も一緒に楽器を演奏して、素敵でした♪(^^)

バービーボーイズ、好きでした♪

 

チークダンスになり、母が父に「踊りましょうか」と誘いました。

2人は一緒に踊りました。

これはくっついていればいいからラクですね(^^)

少し踊って、芳子は松子と代わりました。

父と一緒に踊りながら

松子「お父さん、心配かけてごめんなさい」

梅子は父とは踊らず、松岡さんに誘われて一緒に踊りました。

心配そうに見つめる信郎。

でも、踊れないので、悔しいところですね(^^;)

ダンスパーティーで、夫婦も父娘も和解。

良かった良かった(皮肉です)(^^;)

無理矢理、ダンパを家族の絆に持っていった今回でした(汗)

 

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(梅ちゃん新聞7号)

公式HP(新キャスト・ニュース)

 

【過去レビュー】

第31~34回(5/7(月)~5/10(木))と第5週視聴率

第5週(第25~30回)(4/30(月)~5/5(土))と第4週最高視聴率♪

第23、24回(4/27(金)、4/28(土))「のど自慢」

 

【今週と過去の日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

  

【皆さんのレビュー】

くうさん「ドラマ@見取り八段・実0段」

JAOさん「JAOの趣味日誌」

レベル999さん「レベル999のgoo部屋」

ひじゅにさん「もう・・・何がなんだか日記」

   

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月11日 (金)

【カエルの王女さま】第5話感想と視聴率

「超セクシーダンス戦争」

桜ママ(濱田マリ)、ジャマイカ・トライアスロンに挑戦するため、店を澪に託して旅立ってしまいました(笑)

まるで玲奈(片瀬那奈)が澪(天海祐希)の部屋に不法侵入して、クビの手紙を見つけるためみたいでした(汗)

第5話の視聴率は前回の9.0%より少し上がって、9.1%でした。

10%以下が定着してしまったようです(汗)

でも、澪が隠していた秘密が玲奈にばれてしまったので、次回は盛り上がりそうな気がします(^^)

 

それにしても玲奈、センター(一番)じゃないから皆の公演潰したなんて、嫌な女ですね(汗)

2番で不満なんて贅沢では?(^^;)

今まではそんな事、言わなかったのに(汗)

大体、妻がいるのに、不倫する方が悪いんだし、

実力で、まひるちゃんに負けてしまって、センター取られたって、それは仕方ない事でしょう。

センターじゃないから嫌と、練習場から出て行くところ、子供みたいでした(汗)

センター取られた悔しさは、まひる役の大島優子さん(AKB48)の方が身に染みているかも?(^^;)

 

忠子(石田ゆり子)がすぐ玲奈の後を追って、慰めましたが・・・

忠子「待って! 玲奈さんのダンスも素敵よ」

玲奈「何それ! 同情?」

忠子「同情なんかじゃないの。

 あたし、踊れないから本当に玲奈さんが羨ましくて。

 誰がセンターとか、どっちが一番とか二番とか、関係なく、皆で一緒に頑張れば・・・」

玲奈「ほっといてよ!」

 

忠子、玲奈が夫の浮気相手だと知らないのでしょうね(汗)

玲奈、一番の妻に同情されたら、余計にショックだったでしょう(汗)

でも、だからと言って、センターでないと嫌なんて、我が儘すぎです。

他人の夫に一番に愛されたいと思うのもなんだかねぇ・・・

こんな人から、澪の情報を集めようと利用しようとした哲郎も嫌な奴ですね(汗)

とにかく、今回、澪と玲奈を重ねて、澪は良かったんですが、玲奈と哲郎がイマイチでした(^^;)

 

始めに戻ります。

まひるが通う安見学園大学の学園祭実行委員から「シャンソンズ」に出演依頼がきました。

本当は、「ももクロ」という人気アイドルが出演予定でしたが、盲腸でドタキャン。

その代役で主演ということだったので、澪は断ろうとしました。

でも、以前、有名なラッパーが出た時は全国ネットのニュースになったと聞いて、出る事に(笑)

澪「今回のテーマは、ダンスナンバーです。

 オムツを穿いた青二才どもに、本物の色気を見せつけてやるの。

 あなた方は、テレビ出演を経て、度胸を身につけました。

 バット、まだ足りない物がある。 それはセクシーさよ。

 体中に眠っているフェロモンを呼び覚まし、熟した女の色気を存分に見せつけてやるの」

 

後から来た一希(玉山鉄二)を椅子に座らせ、彼を誘惑するつもりで踊るよう指示しました。

澪「ダンスは元々、祈りであり、求愛行動。

 相手があってこその物です。

 愛されたいなら、その気持ちを表現して。

 ダンスは言葉に頼らずに人を魅了する最強の武器なのよ」

 

玲奈が1人で「キューティーハニー」を踊り、上手だと皆が絶賛。

澪は玲奈がセンターだと言いました。

玲奈は大喜び♪

ところが、就活で遅れてきたまひるが踊ったら、とてもうまく、澪はまひるをセンターに変えました。

それを聞いて、玲奈はショックで出て行ってしまい、前述のように。

 

玲奈がツイッターで、肖像権侵害だの詐欺だの、変な呟きを流して、

学校側が学園祭の実行委員会にシャンソンズを出さないよう指示。

シャンソンズは学園祭に出られなくなってしまいました。

 

それでも、出て行った玲奈を連れ戻して、観客がいない音楽堂で、観客がいるのをイメージして、皆でパフォーマンス♪

素敵でした♪(^^)

 

澪「何、言っちゃってんのよ! 甘えてんじゃないわよ!

 代役の何が悪いの!

 ブロードウェイだってね、一番手だって、一瞬で二番手に取って代わられちゃうの。

 食うか食われるかの世界なの。

 二番手だろうが何だろうが、皆、主役を引きずり下ろそうと必死になってんのよ。

 でも、あんたみたいに、いじけた真似するんじゃなくて、皆、自分のパフォーマンスでスポットを浴びようと、死にもの狂いで戦ってんのよ。

 来なさいよ、ミス二番手さん」

音楽堂から出て行った玲奈を連れ戻して、皆の元に。

澪「OK。学園祭は中止。忘れなさい。

 今日のステージはここ。

玉子「観客がいない所で歌っても・・・」

澪「たとえ、誰もいなくても、自分がスターだと信じれば、どこだってステージになる。

 自分にとっては、自分が一番手。誰の代役でもない。

 まずは自分を信じなきゃ、誰1人、魅了する事なんてできない」

皆で手を繋いで・・・

澪「ここは満員御礼。最高を求めて戦いましょう。

 オープン。 私達はいつだってファイターよ」

最高を求めて~

皆で、「Dream Fighter」を歌いました。

香奈絵(久野綾希子)が入ってきて、拍手しました。

  

ここは良かったですけど、玲奈はそう簡単に変わらないだろうなあ(^^;)

 

シャンソンズに出演依頼をした学園祭実行委員は、安見市の鴻池市長の孫娘でした。

孫娘が泣いたので、鴻池市長は怒って、余計な揉め事は困ると、井坂市長(岸部一徳)に電話してきました。

向こうは、合併しなくてもいいようです(^^;)

井坂市長は、余計に澪を恨みました(汗)

 

最後に、玲奈は、澪の部屋から丸められた手紙、アメリカのエージェントからの解雇通知を見つけて読んでしまいました。

玲奈は、哲郎に頼まれて、ずっと澪の正体を暴こうと奔走していましたが、この手紙、彼に渡してしまうのでしょうか?

どうなることやら?(汗)

  

最後に、エージェントから澪に届いたRENT(請求書)、家賃立替分の請求のようです。

今の澪では大変そう。

次回、澪の経済状態も心配です(汗)

  

【第5話粗筋】 (Yahoo TVより)

清忠(岸部一徳)から澪(天海祐希)の過去を調べるよう命じられた哲郎(小泉孝太郎)は、玲奈(片瀬那奈)に協力を求める。そんな中、まひる(大島優子)が通う大学の学園祭実行委員から「シャンソンズ」に出演オファーが舞い込む。アイドルの代役と知った澪は断ろうとするが、去年は全国ニュースになったという。さらに街の若者が「シャンソンズ」を‘色気のないオバサン'と言うのを聞き、澪はセクシーなダンスナンバーで勝負しようとする。

 

【第5話 劇中使用曲】

【YouTube】 「Like A Virgin」 Madonna

【YouTube】  「キューティーハニー」 倖田 來未

【YouTube】 「EZ DO DANCE」 TRF

【YouTube】 「Flashdance・・・What a Feeling」 アイリーン・キャラ

【YouTube】 「TRY ME ~私を信じて~」 安室奈美恵 with Super Monkey's

【YouTube】 「Dream Fighter」 Perfume

 

【YouTube】 『終わらない歌』 第3話 シャンソンズ 歌唱版

【YouTube】 『Crazy Operation』 第3話 ドクター・リリス 完全版

【YouTube】 『あの鐘を鳴らすのはあなた』 第1話 倉坂澪(天海祐希)歌唱版

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]9.0%  [第2話]10.7%  [第3話]9.7%  [第4話]9.0%

[第5話]9.1%

 

【主要キャスト】

倉坂澪(天海祐希)(40)『シャンソンズ』のコーチ。元ブロードウェイ・ミュージカルスター。

井坂忠子(石田ゆり子)(37)由芽市長の娘。『シャンソンズ』のリーダー。

野々村まひる(大島優子)(22)(AKB48)『シャンソンズ』新メンバー。就活中の大学生。
  
馬場みぞれ(大島蓉子)(48)『シャンソンズ』旧メンバー

皆川玉子(菊地美香)(30)『シャンソンズ』旧メンバー

桜井玲奈(片瀬那奈)(32)『シャンソンズ』新メンバー。由芽市役所の受付嬢。

羽田南(福原美穂)(24)『シャンソンズ』新メンバー

高垣忍(千葉雄大)(26)『シャンソンズ』唯一の男性メンバー。鉄工所の事務員。

 

乾一希(玉山鉄二)(36)忍と同じ鉄工所の溶接工。

桜ママ(濱田マリ)(40)カラオケバーのママ。 澪の友人。

井坂哲郎(小泉孝太郎)(33)井坂忠子の夫。由芽市役所の職員。
井坂清忠(岸部一徳)(60)由芽市市長。忠子の父。
森香奈絵(久野綾希子)(60)シャンソンズの拠点の音楽堂の館長。澪の恩師。

ピート佐藤(草刈正雄)エージェント会社社長。澪を解雇。

鴻池(ミッキー・カーチス)安見市市長

 

公式HP(次回予告)

 


【CD】家入レオ /Shine《DVD付限定盤》:TVドラマ『カエルの王女さま』主題歌<2012/5/16>

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月10日 (木)

【梅ちゃん先生】第5週視聴率と第31~34回感想(5/7~5/10)

今日のお昼過ぎ、東京都と関東・東海の8県(栃木、山梨、静岡、茨城、群馬、埼玉、千葉、神奈川)に竜巻注意報が出たそうです。

皆さんの所は、大丈夫だったでしょうか?

私の所(神奈川県)は、午前中はいいお天気でしたが、昼過ぎに急変。

雷が鳴り、雹が降りましたが、停電もなく、竜巻もありませんでした。

 

先週(第5週)の週間最高視聴率は、関東では20.3%(5/2(水))で、関西は19.4%(5/1(火))でした。

関西最高の5/1(火)の内容は・・・

江美の友人のハナちゃんが病気で、すぐにでも故郷・秋田に帰りたいけれど、その汽車賃がないので、梅子が売った体温計を売りたいと言いました。でも、それは無理なので、皆で、コーラを作って売り、その売り上げで江美を帰す事にしました。

関東の最後日、5/2(水)の内容は・・・

竹夫や山倉も巻き込んで、皆でコーラ作りに励みました。そして、陽造おじさんに売ってもらいました。

梅子が作ったコーラを持って帰って来たところを信郎に見つかってしまい隠しました。たまたま警官が来たので、信郎は勘違いをして、そのコーラを持って逃げ、警官から怪しまれ、捕まってしまいました。

梅子が警察に迎えに行き、コーラだと説明。でも、未成年なので、建造に迎えに来てもらわなければ帰れず、コーラ作りがばれてしまいました。

 

連休の谷間だったから視聴率が一番だったのか、コーラ作りが楽しそうで受けたのか、理由はよく分かりません。

関東は、前週も信郎(松坂桃李)君が登場した日が最高でした♪

関東では、松坂桃李君、人気があるのかも?(^^)

 

さて、今週は・・・

梅子は、全然、勉強した様子がなかったのに、トリコン(再々試験)に合格し、無事に医専2年生になりました。

そして、また、遊んでいます(汗)

少しだけ、解剖実習の話があって、あと、主な話はダンスパーティーの話。

そして、あかねと竹夫、松子と真田の恋話を入れ、雪子が中央医大の学生の伊藤が好きという話も♪

今日は、中央医大の4年生、松岡(高橋光臣)を梅子の両親が気に入って梅子の結婚相手にどうかと(^^;)

今週は、恋愛話が多く、ダンパと共に華やかですね♪(^^)

 

中央医大の男子学生達が医専を訪ねてきました。

梅子達5人は、彼らに誘われて、一緒に、ダンスパーティーを開く事になりました。

戦後2年位で、極度のインフレが続いていて、皆、生活が苦しい頃の筈なのに、ダンパなんて、優雅で呑気でいいですね(^^;)

1人50円ずつ入場料を取り、経費を引いて、儲けが出る。

医専の校舎の窓ガラスがないままなので、ダンパで儲けたお金で窓ガラスを入れようという目的のようです。

学校の窓ガラスなんて沢山あるでしょうから、かなり沢山の人が参加しないと無理かも?(汗)

典子、結婚待ってくれるよう、先週、プロポーズされた人に頼んだようなのに、子供、放っておいて、一緒に、ダンスの練習とかしていていいのでしょうか?(汗)

先週だけ、子供を学校に連れてきましたが、この人、全然、シングルマザーの感じありませんね(^^;)

 

雪子は、ダンスができると皆に言いましたが、嘘でした(^^;)

雪子は中央医大の伊藤さんが好きと言ったのに、山倉を誘い、帝都大学の学生を誘ってもらいました。

帝都大学の学生がくれば、女子もそれ目当てに沢山参加するだろうとの計算です(^^;)

山倉は雪子が好きなので、やる気満々。

帝都大学の校内でダンパのチラシを配り・・・

建造が山倉が配っているのを見かけ、梅子達が主催だと、ばれてしまいました。

まるで建造に知られるために、雪子が山倉を誘ったみたいでした(^^;)

梅子の父が帝都大学の教授だと知っているのに、雪子、考えが浅かったですね(^^;)

梅子も父にばれると困ると止めれば良かったのに(^^;)

 

ダンパ、予約してあった銀座の会場がダメになってしまい、中止だと、皆、嘆きました。

それで、梅子はあかねが歌手をしているキャバレー「ニューオリンズ」に会場を貸して欲しいと頼みに行きました。

断られそうになりましたが、あかねも一緒に頼んでくれて、そこでやれる事になりました♪

 

雪子がダンスできなかったので、皆、ダンスが習えなくて困ってしまいました。

中央医大の学生達はできるのでしょうか?

彼らに教わればいいのに(^^;)

母・芳子が昔ダンスをやっていた事が分かり、梅子達5人にダンスを教えてくれました。

結婚前の若い頃、従兄弟の義雄さんから教わったそうです。

建造は知らなかったので、ちょっと不服のようでした(笑)

建造は梅子達のダンパに反対したのですが、芳子の助けで許して貰いました。

 

江美は、ダンパをとても楽しみにしてたのですが・・・

夜道を5人で歩いていた時に、1人ダンスの練習をしながら歩いていたせいか、マンホールに落ちて捻挫してしまいました。

当時は、まだ戦争中の金属供出の影響で、蓋のないマンホールが多かったそうです。

街灯もないので、危ないですね。

それでも、どうしてもダンスパーティーに出るという江美。

大丈夫でしょうか?

 

松岡は、梅子に帝都大学の下村建造先生の娘か聞きました。

松岡は、下村先生の急性気管支炎の論文に感銘を受けたので、ぜひお会いしたいと梅子に頼みました。

梅子は松岡を家に連れて行き、建造と芳子に

梅子「あの・・・紹介したい人がいるんです」

建造「梅子、いつの間に、おまえは。

 いきなり連れて来る前に、私に話すのが筋だろう」

松岡「(梅子に小声で)お父さまは誤解されているようですが・・・」

梅子「え? 誤解?」

 

相変わらず、鈍い梅子でした(笑)

今まで男性を連れて来た事がないので、両親が誤解するのも当然でしょう(^^;)

 

松岡は、ストレプトマイシンとか、結核の最新治療の話を建造から聞きました。

松岡自身が結核で3年間、休学していたそうです。

だから戦争に行かなくてすんだと。

彼が帰るのを、梅子は途中まで送りました。

家の前で見送る芳子と建造。

芳子「いい人じゃない。

 あの人、いくつかしら?」

建造「病気で休学したと言ってたから、25歳だろう」

芳子「結婚相手にどうかしら?」

建造「うん?・・・なるほどな」

 

それを信郎が立ち聞きしていて、梅子に結婚するのか聞きました。

梅子は驚き、否定。

両親がそういう話をしていたと聞いて、「絶対断るから」と言いました。

両親もまだそんなに真剣に考えていないと思いますが(^^;)

とにかく、あの動揺した様子を見ると、やはり信郎は梅子を好きみたいですね♪(^^)

梅子は、きっとそういう目で見てないでしょうけど(^^;)

ただ、公式HPに新キャストが発表され、その中に信郎の恋人もあったので、びっくりでした(汗)

このキャストは、かなり先のキャストのようです。

世良公則さんも登場するようで、楽しみです♪(^^)

 

ダンパは土曜日でしょうか?

私も若い頃、ダンスを習った事があり、ダンパも出た事がある(この程度のダンパ)ので、ちょっと楽しみです(^^)

芳子と建造も踊りますように☆(^^)

 

【週間最高視聴率推移】

                            関東         関西

初回                     18.5%        16.7%

第1週「新しい朝が来た」         20.5%(4/7(土)) 19.2%(4/4(水))

第2週「かがやく未来」          20.9%(4/12(木)) 18.2%(4/11(水))

第3週「やるなら、やらねば」       20.6%(4/21(土)) 18.1%(4/20(金))

第4週「ヒポクラテスの乙女たち」    21.0%(4/27(金)) 19.5%(4/26(木))←最高 

第5週「もつべきものは、友」       20.3%(5/2(水))  19.4%(5/1(火))

第6週「次へのステップ」

 

公式HP(新キャスト・ニュース)

 

【過去レビュー】

第5週(第25~30回)(4/30(月)~5/5(土))と第4週最高視聴率♪

第23、24回(4/27(金)、4/28(土))「のど自慢」

第20~22回(4/24(火)~4/26(木))と第3週視聴率

 

【今週と過去の日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

第4週(19~24回)(4/23(月)~4/28(土))

  

【皆さんのレビュー】

くうさん「ドラマ@見取り八段・実0段」

JAOさん「JAOの趣味日誌」

レベル999さん「レベル999のgoo部屋」

ひじゅにさん「もう・・・何がなんだか日記」

  

    

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月 8日 (火)

【鍵のかかった部屋】第4話感想と視聴率打ち勝つ♪

「黒い牙」(新聞ラテ欄では「先入観殺人!被害者はスパイダーマン!?」)

今回から、TBS、この裏に、『宮部みゆき・4週連続"極上"ミステリー』をぶつけてきました(第1話「理由」13.3%)。

テレビ東京は、『完全犯罪ミステリー!実録』を。

これらは、ミステリーの『鍵のかかった部屋』に、わざわざミステリーをぶつけて、『鍵のかかった部屋』潰しかもと危惧しましたが・・・

『鍵のかかった部屋』第4話の視聴率は、前回の14.4%より上がって、15.5%でした♪

上がって良かったです♪å

あまり影響がなかったようで、ほっとしました♪(^^)

TBSの『ATARU』の裏には、テレビ朝日の『相棒劇場版』が2週連続してありました。

今期は、潰し合いが激しそうなので、どれも視聴率、あまりいかないかもしれませんね(汗)

現在、このドラマが平均視聴率トップです♪(1~4話平均16.31%で、『ATARU』は15.76%)

   

さて、今回の内容は、密室ではありましたが、毒蜘蛛に刺されて飼い主が亡くなった事件。

警察は事故と判断したそうですが、殺人事件だと見破り、犯人を暴きました。

これは密室のトリックを破るというより、普通の殺人事件の謎解きみたいでした。

事件のあった部屋は、青砥純子(戸田恵梨香)の住むマンションの上の部屋でした(^^;)

青砥さんの部屋、散らかっていて、我が家みたいでした(笑)

事件のあった部屋の間取りがどんななのか、芹沢豪(佐藤浩市)と榎本径(大野智)が青砥さんの部屋に入って確認しました(笑)

 

犯人の桑島美香(白石美帆)、毒蜘蛛のような人でした(汗)

桑島の友人・古溝(松尾諭)が怪しいみたいにミスリードしてる感じがありましたが、

美香、最初に部屋に靴で入ったところから、ちょっと怪しかったですね(^^;)

それを見て、土足でいいのか靴を脱ぐか迷う芹沢さんと青砥さん、面白かったです(笑)

毒蜘蛛と一口に言っても、かまれても大丈夫な毒蜘蛛と命が危ない毒蜘蛛がいるそうです。

それが大事でした。

まだ毒蜘蛛が生きている可能性があったから靴を脱がなかったんですね。

クロドクシボグモは、1匹で80人の人を殺せる毒を持っているそうです。

タランチュラの方は、死ぬほどの毒ではないそうです。

芹沢さんが、この部屋でタランチュラにかまれてしまいました。

古溝はそれは死ぬ程の猛毒ではないからと放置。

でも、美香は驚いて、救急車を呼ぼうとしました。

美香も蜘蛛に詳しいはずなのに、どうしてそんなに慌てたのか?

 

それは、そのタランチュラがクロドクシボグモかもしれないと思ったのでした。

美香は、猛毒のクロドクシボグモの上に、大した毒を持っていないタランチュラの皮をかぶせて、タランチュラに見せかけたのでした。

それで、夫の桑島は、タランチュラだと思って餌をやろうとした時にかまれてしまいましたが、タランチュラは猛毒でないので放置。

でも、実際はその蜘蛛はクロドクシボグモだったので、死んでしまったとのこと。

 

ひぇ~!

タランチュラを殺して、その中身を出して、生きてる猛毒の蜘蛛・クロドクシボグモにかぶせるなんて、とんでもないです。Ӥä

よく被せてる最中に、猛毒の蜘蛛にかまれませんでしたね。

っていうか、蜘蛛を殺して中身を出すなんて、それだけで怖いです(汗)

白石美帆さん、それをやってのけただけの事はありそうな、さすがの悪女ぶりでした(^^;)

  

結局、その偽装された毒蜘蛛は、水槽の中で沢山のコオロギに食べられてしまっていました(汗)

餌の筈の多数のコオロギが、毒蜘蛛に勝ったということで(^^;)

コオロギは雑食だそうですが、人間を食べたりしないですよね??(^^;)

ちょっと怖くなりました(汗)

 

事件とは関係ないですが、芹沢さん、雑誌記者の女性の取材を受けて、コロッと態度が変わったりして、面白かったです(笑)

青砥さんの部屋も見れたことですし♪(^^)

そういう事件以外のサブネタも、とても楽しかったです♪(^^)

次回も楽しみです♪(^^)

    

【第4話粗筋】 (Yahooテレビより)

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)から、純子のマンションで起こった事件について聞く。 先日、和菓子店の社長・桑島が亡くなり、桑島が借りていた部屋にペットが残された。 しかし妻の美香(白石美帆)はその世話を拒否、桑島の友人・古溝(松尾諭)が申し出た引き渡しも拒んでいるという。困った古溝は、通りかかった純子に相談を持ちかけたのだ。 純子と芹沢が交渉した結果、美香は古溝が桑島に預けていた2匹については引き渡すと約束した。 後日、純子と芹沢は、美香、古溝とペット部屋にやってきた。そこは窓が閉め切られ、水槽で埋め尽くされた異様な空間だった。 水槽を見てペットが熱帯魚か何かだと早合点した純子の前に、古溝が差し出したのはタランチュラだった。しかも桑島は飼っていた毒グモにかまれて死亡したという。警察は水槽内の土に刺さっていたピンセットから、桑島は猛毒を持つクロドクシボグモにエサをやろうとして指をかまれたと推測した。 それらの話を聞いた榎本は、毒グモを扱うにしては桑島があまりにも不注意なのでは、と話した。芹沢も、毒グモにかまれて慌てて手を引っ込めたはずだから、ピンセットが垂直に土に刺さっていたのはおかしいと疑問を呈す。しかし部屋が密室だったことから、警察は事件性はないと判断したという。 しばらく考えていた榎本は、事故ではなかった可能性があると言い・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.3%  [第2話]16.5%  [第3話]14.4%  [第4話]15.5%

  

【原作】 貴志祐介 「防犯探偵・榎本シリーズ」のうち 『狐火の家』

  

【主要キャスト】

榎本径(大野智)(30)東京総合セキュリティ勤務。鍵オタク

青砥純子(戸田恵梨香)(26)芹沢のアシスタント。フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

芹沢豪(佐藤浩市)(50)フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

水城里奈(能年玲奈)フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書

<第4話>

桑島美香(白石美帆)桑島の妻、菓子鋪亀屋栄泉若女将

古溝俊樹(松尾諭)桑島の友人、生物系雑誌ビバリウムガイドライター

矢口(浅見れいな)芹沢を取材する記者

桑島悦子(かとうかず子)桑島の母親、菓子鋪亀屋栄泉大女将

桑島雄司(久ヶ沢 徹)菓子鋪亀屋栄泉社長、被害者

マンション管理人(三谷悦代)

 

公式HP(第5話オンエア前クイズ)←5月14日(月)18:00迄

 


【送料無料】狐火の家


初回盤+通常盤セット[5/9出荷]■嵐 CD+DVD【Face Down】12/5/9発売

   

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月 7日 (月)

【平清盛】第18回感想と視聴率「誕生、後白河帝」

「誕生、後白河帝」

松田聖子さんより松田翔太さんの方が歌がうまいと思ったんですが、気のせいでしょうか?(^^;)

第18回の視聴率は、前回の13.9%より少し下がってしまい、13.5%でした。

 

今回は近衛帝が亡くなってしまい、次の帝を誰にするかの権力争いでした。

亡くなる前から、皆、鳥羽法皇と崇徳上皇のどちらにつこうか、迷いに迷っていました。

平氏一門でも話し合いましたが、清盛は・・・

清盛「法皇様、上皇様、お2人には仲良うして頂く。

 これは争いの始まりではない。

 法皇様と上皇様が互いに歩み寄る機会なのじゃ」

忠正「何を仰せか。お2人には長年の深い溝が」

清盛「その溝を埋めぬ限り、世の乱れは正せぬ。

 我ら平氏は、その溝を埋めるために働く」

 

これは、甘いというか、理想論で、とてもそんなうまく行かないでしょうね(汗)

 

久寿2年(1155年)7月23日、近衛帝が17歳の若さで崩御しました。

すぐに、次期帝を誰にするか話し合いが行われました。

その数日前、頼長の妻が亡くなり、頼長は喪に服していました。

信西は見張りに命じ、頼長を「服喪中だから」と昇殿拒否させ、この話し合いに入れませんでした。

その上、出た案を次々に貶して、話し合いを自分の思い通りの方に進め、なかなかの策士でした(^^)

一番の有力候補は、崇徳上皇の息子の重仁でした。

でも、それだと上皇が鳥羽法皇や関白・忠通などに、どんな仕返しをするか分かりません。

誰か別の人を帝に立てようか、いろいろ候補が出ました。

以前、清盛から上皇との和解を勧められた法皇は、

鳥羽「重仁を即位させる。いや、いっそ上皇を再び即位させてもよいと思うておる。

 朕はちゃんと詫びたいのじゃ。

 心より詫び、共に政を行っていきたい。

 それこそ、朕の務めなのじゃ」

と言いましたが、信西は甘くなく、法皇を褒めながらも、反対しました。

信西「されど、いささかお考えが甘うござりましょう。

 今更、詫びたところで、上皇様はお許しになるはずもなく、

 鳥羽の法皇様につく者と上皇様につく者、国が大きく2つに分かれましょう。

 天下の権を握るは、あくまで法皇様。

 法皇様が自在に操れるお方を帝の座におつけになるべきです。

 さもなくば、いずれ、天下大乱となるべきは必定にござりましょう」

そして、結局・・・

語り「久寿2年7月24日、誰も予想だにしなかったご裁断が下された。

 雅仁様が即位。後白河帝が誕生したのである。

 都の事態、芳しからず」

 

遂に、雅仁様が帝になりましたね♪

松田翔太さんのこのキャラ、好きなので、嬉しいです♪(^^)

これからもっと沢山登場してくれるでしょうか?

 

近衛帝の容体が悪く、皆が血相を変えて迷っている時に、一人関係ないように、信西の妻・朝子を伴って美濃の青墓宿(あおはかのしゅく)へ行きました。

そこで、白拍子・乙前(かつての祇園女御・松田聖子)の今様に、強く心を揺さぶられました。

 

遊びをせんとや生まれけむ

戯れせんとや 生まれけむ

 

雅仁様は乙前に、この今様の歌のように、生き生きと生きる男(清盛)を誰もが頼りにするが、自分は誰からも相手にされないと淋しい真情をもらしました。

雅仁「誰も私を見てくれる者はおらぬ。

 声の嗄れるほど歌うておっても。

 生まれて来ずとも何の障りもなかった者なのじゃ」

乙前「声を嗄らして歌われるのは、あなた様の内に何か得体の知れぬ力がみなぎっているからにござりましょう。

 ただ、あなた様はその力のやり場を見つけられぬだけ。

 いつかあなた様の内から何かが溢れて来る。

 それはきっと世をおおいに動かすものにござりましょう」

雅仁「まことか?まことか? 乙前」

乙前、頷く。

 

雅仁は、それで癒されて元気になったのでした。

清盛もその今様を聞いて励まされた事があって・・・

でも、さすがに聖子さんの再登場では視聴率は上がりませんでした(汗)

 

次回は、時子の妹・滋子(成海璃子)の再登場ですね。

絶世の美女らしいですが(^^;)

次回は「鳥羽院の遺言」

鳥羽法皇、亡くなるのでしょうか?

よく分かりませんが、雅仁様が帝に即位してどう変わるのか、注目しています♪(^^)

 

【第18回粗筋】 (Yahooテレビより)

1154年、近衛天皇(北村匠海)の容態が悪化。朝廷は大きく揺れる。近衛天皇が崩御すると、再び鳥羽院(三上博史)と崇徳院(井浦新)の権力争いが激化するとされていた。清盛(松山ケンイチ)は、何とか2人の仲を取り戻そうと奔走を始める。一方、雅仁親王(松田翔太)は訪れた美濃青墓で乙前(松田聖子)という白拍子に会う。そしてついに、近衛帝は17歳の若さで崩御。そして次の帝(みかど)に選ばれたのは・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】NHK大河ドラマ 平清盛 オリジナル・サウンドトラック

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

【ATARU】第4話感想と視聴率&『家族のうた』また最低視聴率

「最大の危機!!チョコザイ拉致&天才鑑定士の罠」

裏の『家族のうた』第4話の視聴率は、3.1%と、更に低下。

2000年以降のプライム帯(午後7~11時)の民放連続ドラマ史上、最低記録を更新してしまいました。

2000年以降のプライム帯の最低記録は、日本テレビ『メッセージ』(真中瞳主演)の3.4%で、第3話で既にその数字に並んでいました。

『家族のうた』、打ち切りの噂がありますが、本当になってしまうかもしれませんね?(汗)

私も初回を見ただけで、脱落してしまいました(^^;)

 

『ATARU』第4話の視聴率は、前回の10.9%より上がって、13.8%でした♪

裏に『相棒劇場版2 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』(19.1%)などがあったのに、上がって良かったです♪(^^)

 

チョコザイ(ATARU)は、初回、ラリーから逃げたのですね。

はぐれてしまったと思ってました。

なぜ逃げたのでしょう?

 

チョコザイは、病院へ入院しました。

でも、その病院の前で、遂に、ラリーがATARUを見つけ、アメリカ大使館内のFBI日本駐在室に連れて行きました。

チョコザイは、久々にラリーに会った時も全然、表情を変えず、車に乗りました。

ラリー「10日も逃げて、その態度か。アタルらしい。安心したよ」

でも、チョコザイ、ラリーを好いていないような気がするんですが、気のせいでしょうか?(^^;)

ラリーは、アタルと一緒に、アメリカに帰るつもりで、搭乗券を手配し、受け取りました。

ラリー「アタルが逃げるという事故が起きた以上、日本でトレーニングを続けるメリットはありません」

チョコザイは、テレビでやっていた飛行機事故のニュースを見ました。

その画面に舞子が映ったのを見て、

チョコザイ「Mission  accepted (捜査始めます)」と言いました。

ラリーはそれを聞いて、

「日本でのトレーニングは終了だ」と3回言いました。

普通は同じ事を3回言うと、「updeteしました」と言って従いますね。

 

ラリーも「予定外の行動は3回指示すると、アタルはそれを新たな予定として更新します」

と以前、仲間に話していたのですが・・・

初めて、ラリーの指示に従わなかったようです。

ラリー「アタルは自ら事件をアクセプトした。私が止めたにもかかわらず。

 初めての事です。never(初めてだ)」

 

チョコザイは勝手に、事故現場の飛行場に行って舞子達と合流しました。

舞子と沢も驚きましたが、一緒に捜査しました。

 

パイロットの橋田 透(永岡佑)が小型飛行機の運転中、右にそれて樹木に衝突、死亡。

無許可の飛行で、シートベルトをしておらず、自殺の可能性が高いとのこと。

捨て山だと、処理されそうになりました。

でも、婚約者だという鈴原理子(木村文乃)が現れて、自分と結婚するはずだったのに、自殺するはずはないと反論。

ところが、橋田透の両親は、理子と息子が付き合っていた事すら知りませんでした。

理子が民間の鑑定会社の事故鑑定人、公原卓郎(平岡祐太)を雇って調べさせました。

理子は、自殺のはずはないと思って雇ったのに、公原は自殺と鑑定。

民間の鑑定社なんてあるんですね。

公原はやり手で、警察の判定を何度も覆した事があるそうです。

普通なら遺族の有利になりそうな“事故”という判定を出しそうなのに、“自殺”と鑑定しようとしている事に、沢は疑問を持ちました。

2人の関係を調べろと・・・。

2人は幼馴染みでした。

どうやら、公原は理子の事が好きで、公正にしようと思うあまり、厳しくなってしまっていたようです。

 

結局、チョコザイの指摘の言葉と公原の協力で、タイヤ跡から事故機(エスナー17T2)が右にそれたすぐ横で、スカイバードT-5が急接近して飛び立った事が判明。

スカイバードには肉眼では見えないものの衝突した後があり、その機と接触して、エスナーが右にそれて衝突したと思われる事も判明。

そうすると殺人の可能性もある。

スカイバードの機内に残っていた毛髪を採取。

その中から事件の5月11日に抜けたと思われる毛は1本だけ。

それは女性の毛で、その毛と一致するかDNA鑑定のため、毛髪を提出して欲しいと、沢と舞子は、笹井英子(安藤サクラ)に言いました。

英子は、観念して真実を話しました。

英子は橋田と付き合っていて、突然、別れて欲しいと言われたそうです。

結婚したい人がいるので別れて欲しいと。

彼にあの飛行機で操縦を教えたのは英子でした。

英子「私の前で飛ばして。 それをもう1度、私の目の前で飛ばして。

 それを見納めに別れてあげる」

そう彼に言ったのでした。

そして、彼女が前日に飛行を許可し、シートベルトに細工をし、無線も予め、どこにも届かないようにしてあったそうです。

その上、衝突しても、すぐに死ななかったので、飛行機に駆けつけ、殺したようです(汗)

こんなにいろいろ細工をしたり、後で頭を打ち付けたりしたのに、よく現場検証や検死などで気づかれなかったですね(汗)

シートベルトの細工なんて、すぐに、ばれそうな気がしますが(^^;)

人間関係の方に重視がおかれて、事件そのものは、ちょっと雑だったような気がします(汗)

まさか殺人だとは思いませんでしたが。

それにしても、殺された橋田さん、2股かけてる場合、ちゃんと一方と別れてからプロポーズして欲しいものです。

理子にプロポーズして、彼女の親にはもう挨拶をすませていたのに、まだ、英子と別れていなかったなんて、杜撰(汗)

理子に断られたら、英子と付き合い続けるつもりだったのでしょうか?

「順番が逆でしょ」と思ってしまい、被害者の男性に同情できませんでした。

公原さんは、清々しかったです♪(^^)

公原「その女との関係を清算してけじめをつけてから、それから彼は君を両親に会わせようと思ってたんだ。

 僕はそう思う。

 きっと君の事を愛していたから。

 それが僕の鑑定結果だ」

それを聞いて、理子は公原に抱きつき、泣きました♪

こちらもすぐラブラブになりそうで、理子の心の傷は深くなさそうでした(^^;)

 

ようやくアタル(チョコザイ)とラリーが接触したので、今回、少し話が前進した気がしました。

でも、チョコザイの本名や家庭の事はまだまだですね。

あの花4つに何か思い出がありそうですが・・・

早くチョコザイの過去が知りたいです。

 

聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]16.9%  [第3話]10.9%  [第4話]13.8%

 

【第4話粗筋】 (Yahooテレビより)

チョコザイ(中居正広)の施設入院が決まった。舞子はチョコザイに別れを告げることになる。その隙をついて、ラリーはチョコザイを確保しアメリカに連れ帰ることにする。そのころ、沢と舞子はセスナ機を使った事件に巻き込まれる。どう見ても自殺にしか見えない事件に捨て山と決断する警察に、遺族の婚約者を名乗る女性鈴原理子(木村文乃)が納得できないと外国帰りの優秀な民間の事故鑑定士 公原(平岡祐太)をつれてくる。

  

公式HP(次回粗筋)

  


8月咲カサブランカ 3球 送料無料【球根】【ユリ】【百合】お買得・高品質球根


【送料無料】ATARU(1)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月 6日 (日)

【三毛猫ホームズの推理】第4話感想と視聴率

「古城連続殺人!真犯人の涙」

第4話の視聴率は、前回の12.7%より少し上がって、13.1%でした♪

裏に、『土曜ワイド劇場・西村京太郎サスペンス鉄道捜査官(13)』(15.3%)などがあったのに、上がって良かったです♪(^^)

 

やはり犯人の主犯は、永江圭子(加藤あい)さんでした。

殆どの人の予想通りだったでしょう(笑)

爆発で死んだと思われていた北村は生きていて、英哉と有恵を彼が殺しました。

でも、それは圭子のためでした。

結局、圭子以外、皆、死んでしまいました(汗)

この辺も予想通りでしたが、今回、結構、スリリングで面白かったです♪(^^)

晴美が北村に「鉄の処女」で殺されそうになりました。

高熱で寝ていた石津も晴美を助けに来て、義太郎、石津、ヒロシの3人がリレーで晴美を助けました。

ここ、結構、緊迫感もあり、皆のチームワーク、良かったです♪(^^)

前回より、解決編の今回の方が、皆で助け合って兄弟愛、ほのぼのとしました♪

ホームズも電気を消して、ヒントをくれました♪

遺産相続の事しか頭にない永江兄弟と、喧嘩しても仲のいい片山兄弟を比較していたようでした。

 

元々は、2年前の智子と英哉の結婚を決めた事が発端だったんですね。

永江英哉は、前妻が生きていた頃、圭子の母と付き合っていました。

そして、前妻が病死したので、圭子の母と再婚するという話が出ました。

圭子と母は喜びました。

でも、英哉は、智子を好きになってしまい、智子と再婚する事にしました。

圭子の母は絶望して自殺。

英哉と智子との結婚式の前日、和哉と有恵と紳也の兄弟3人が圭子を呼んで、言いました。

和哉「君のお母さんは、自殺なんかじゃない。

 智美だよ。あの女が親父を自分の物にするために、君のお母さんを殺したんだ」

 

圭子は、いつも彼らに苛められてばかりいた癖に、その嘘を信じてしまいました。

よく彼らの話を信じましたね(汗)

きっと彼女自身も内心、そう思っていたのでしょう(^^;)

でなければ、憎い彼らの話を信じなかったのではないかと思います。

圭子は母の復讐で、智子を殺してしまいました。

でも、智子が圭子の母を殺したというのは、和哉達の嘘でした。

3人は喜んで笑いました。

和哉「あんなにうまくやってくれると思わなかったな」

紳也「圭子さまさまだよ。俺達の財産、全部守ってくれたんだよ」

有恵「ホント、馬鹿な女。あんなデタラメ、信じるなんて」

それらを北村が聞いて、圭子に伝えたのでした。

 

圭子「心の底から恨んだ。

 私を騙したあの3人も、母が死んだのに、のうのうと智美と幸せになろうとする父も・・・」

 

圭子「私・・・あいつらに復讐したい」

北村「力になるよ。愛する君のためなら」

 

そして、それが今回、実行されたのでした。

でも、北村は、英哉の殺害を梶本に目撃されて、強請られてしまいました。

その上、英哉を犯人に仕立てるつもりだったのに、予想外に早く彼の遺体を発見されてしまいました。

それで、別の人を犯人に仕立てる事にしました。

圭子は紳也と組んで、和哉が射った矢が紳也の脚に刺さったと嘘をつき、紳也は歩けなくなった振りをしました。

そして、和哉が犯人だと思わせ、自殺させる事に。

遺書をパソコンに残し、自殺の偽装をされて、和哉も殺されてしまいました。

でも、片栗粉でヒロシがパソコンのキーボードの指紋を調べたら、よく使う文字の指紋がなくて・・・

犯人が手袋をして、キーボードを打ったのだろうと。

 

義太郎が頼りにならないので、自分で犯人を捜そうとした晴美が北村に襲われ、前述の通り、殺されそうになってしまいました。

皆で力を合わせて晴美を助け、晴美を襲った北村を義太郎が追いかけました。

でも、屋上でもみ合っているうちに、北村が落ちて死んでしまいました。

残りは、紳也と梶本と圭子だけ。

銃声が聞こえ、義太郎兄弟達と、途中で会った圭子が駆けつけました。

地下室で、紳也と梶本が相討ちで亡くなっていました。

 

でも、歩けなかったはずの紳也がどうしてここまで来れたのか?

相討ちのはずなのに、義太郎達が地下室に入った時、電気が消えていたのはなぜか?

紳也の怪我は偽装で、それをできたのは圭子だけ。

紳也が梶本を殺した後、圭子が紳也を銃殺。

その後、矢で紳也の脚に傷をつけるつもりだったのに、早く人が来てしまったので、慌てて電気を消して、今、駆けつけたように、演技。

でも、義太郎達は皆一緒にいたので、電気を消せたのは圭子しかいなかったのでした。

 

遺言書を晴美が見つけました。

その封筒の中に戸籍の書類も同封されていたようです。

それによると、圭子は英哉と血が繋がっておらず、養子縁組されていました。

そして、遺言書には、遺産は寄付するが、英哉が愛したこの城だけは、圭子に遺贈すると書かれていました。

 

晴美「何にも分かっていない。 あんたは醜いアヒルの子ですらない」

その書類を見せて、養子の事など説明しました。

でも、醜いアヒルの子は白鳥だったんだから、血が繋がってなくて正しいのではないでしょうか??

圭子は、自分を見守ってくれていた英哉と北村の愛に気づかず、勝手に一人ぼっちだと思い込んでいたのでした。

圭子「あたし・・・壊しちゃった。 自分で壊しちゃった」と泣きました。

 

結局、圭子以外、「そして誰もいなくなった」から、ようやく犯人が分かったのでした(汗)

 

地元の署から連絡を貰ったと、栗原課長と根本さんが迎えに来てくれました。

ボディーガードを頼まれて来たのに、皆、殺されてしまったので、怒られると思いましたが・・・

叱られるどころか、根本さんまで意外と優しかったので、びっくりでした(汗)

 

これで終わるのかと思ったら、八王子中央署から来た津川洵子刑事(吉瀬美智子)が出て来て・・・

エレベーターで義太郎が痴漢と間違われて・・・

皆が「女性恐怖症のこいつがありえねえ」と笑いました。

義太郎は彼女と握手してもドキドキしなくて、びっくり。

予告で、「女性恐怖症の片山義太郎が敏腕女性刑事に恋をした?」

引っ張り方、うまいですね(^^;)

次回も楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]15.9%  [第2話]12.1%  [第3話]12.7%  [第4話]13.1%

 

【第4話粗筋】 (Yahooテレビより)

永江財閥の古城で起こった連続殺人事件に巻き込まれた義太郎(相葉雅紀)。有恵(北川弘美)が殺され、北村(小松和重)も死亡。さらに、犯人と思われた英哉(榎木孝明)も殺されていた。義太郎は「これ以上、犠牲者は出さない」と決意するものの、頼みの綱のホームズには愛想を尽かされ、ヒロシ(藤木直人)・晴海(大政絢)の兄妹にはその不甲斐なさをついに呆れられ、おまけに石津刑事(大倉忠義)も病に倒れ、完全に孤立してしまう。一方、永江家の人々は英哉の死を悲しむこともなく、財産を手に入れようと英哉の遺言状を探していた...。義太郎はなんとか犯人を捕まえようと、人を疑うことが何よりも嫌いな義太郎が歯を食いしばりながら、必死に人を疑い、推理をしていく中で、古城の執事である梶本(長江英和)に容疑をかける。梶本を問い詰める義太郎。しかし、梶本が犯行を否定する最中、どこかから次男・紳也(細田よしひこ)の叫び声が聞こえる。駆けつけた義太郎が見たのは、足に一本の矢が突き刺さり、倒れている紳也の姿であった。伸也に駆け寄り看病する次女の圭子(加藤あい)。閉ざされた古城。止まらぬ恐怖。義太郎は果たして事件を解決することができるのか・・・。

 

【主要キャスト】

片山義太郎(29)・・・相葉雅紀(捜査一課刑事)

片山ヒロシ(39)・・・藤木直人(義太郎の兄)

片山晴美(24)・・・大政絢(義太郎の妹)

石津良平(25)・・・大倉忠義(関ジャニ∞)(捜査一課刑事)

ホームズ・・・シュシュ(猫の化身(キャディ)・・・マツコ・デラックス)

根本敏夫・・・尾美としのり(捜査一課、義太郎の先輩)

栗原 肇・・・石坂浩二(捜査一課課長 警視)

樋口刑事・・・植木夏十

村田刑事・・・君沢ユウキ

津川旬子・・・吉瀬美智子(八王子中央署所轄刑事)

<第3、4話ゲスト>

永江圭子・・・加藤あい(英哉の次女)

永江英哉・・・榎木孝明(永江財閥当主)

永江和哉・・・ 山口馬木也(英哉の長男、永江物産社長)

永江有恵・・・北川弘美(長女)

永江紳也・・・細田よしひこ(次男)

北村 章・・・小松和重(永江物産社長秘書)

梶本・・・長江英和(永江財閥執事)

智美・・・春日井静奈(殺害された英哉の婚約者)

 

公式HP(次回粗筋)

 

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月 5日 (土)

【梅ちゃん先生】第4週最高視聴率と第5週感想(4/30~5/5)

『カーネーション』の総集編、前編も後編もチラッと見ました。

元々、テンポ早いドラマだったのに、それを抜粋してあるものだから、あれではドラマの本放送を見た人でないと内容分からないだろうというほどのスピードでした(汗)

 

2日間、ブログ、お休みして、すみませんでした。

昨日、日帰りで、静岡県の両方の実家に帰省しました。

新東名、初めて通りましたが、ずっと山の中です(新清水で東名に戻りましたが)。

これなら津波は来ないかも?(^^)

綺麗で起伏があまりなく、ほぼ真っ直ぐで、運転しやすかったと夫が言いました。

ただ、まだ御殿場からなので、御殿場までが滅茶苦茶、混んでいました(汗)

帰りも御殿場からが、とても混んでいました。

早く海老名まで、できて欲しいものです。

 

『梅ちゃん先生』、先週(第4週)の週間最高視聴率は、既に、お伝えした通り、4/27(金)の21.0%(関東)で、これまでの最高視聴率でした♪(^^)

その上、第1週から4週連続20%台をキープしていています♪

絶好調ですね♪(^^)

この最高視聴率の日の内容は、梅子があかねと共に警察に捕まってしまい、弥生と共に建造が迎えに来てくれました。

お隣りの幸吉おじさんに、のど自慢大会に出るハガキが届きました。

 

さて、今週は、梅子の夏休み。

コーラ作り・販売体験と、ビーコン(再試験)の話でした。

梅子は、学費代を稼ごうと体温計を売って、無断で売るなと怒られたり、

江美(白鳥久美子)が故郷・秋田の友達のハナちゃんが具合が悪いので、帰りたいけど、汽車賃がないので、梅子がしていた体温計売りをしたいと梅子に言い・・・

体温計売りはダメなので、江美の汽車賃を稼ぐため、皆でコーラを作って売りました。

 

お金を稼ごうと思ったら、店員とかのアルバイトをしようと思うのが普通だと思うのですが、これは最初から、そういう気持ち、全然なかったですね(汗)

いきなり、物を売ろうなんて、無謀で・・・(汗)

体温計売り、陽造おじさんが間に入って取りなしてくれたから良かったですが、ショバ代を取られたら、赤字になってしまったでしょう(汗)

コーラを作って売るには食品衛生法とか何か法律の許可なくていいのでしょうか?(^^;)

信郎がコーラ、よく分からなくて、警官の前でいかにも怪しそうにそれを隠して逃げたので、警察にあらぬ疑いをかけられてしまい、誤認逮捕されてしまいました。

梅子が助けに行き、コーラだと誤解を解きましたが、未成年なので、親が迎えにきてもらわなければならなくて・・・

建造に皆で勉強会と偽っていたのに、皆でコーラを作って陽造の協力で売っていたとばれてしまい、怒られてしまいました。

でも、そのお金で秋田に帰れた江美が、下村家に来て、建造に私のためだと説明してくれました。

 

江美が心配していた友達のハナちゃん、元気になったとのこと。

写真を皆に見せてくれましたが、牛でした(笑)

私はきっと犬か何かのペットだろうと思っていましたが、まさか、牛だったとは(笑)

犬でも馬でもなく、牛というところが江美ちゃんらしいかも?(^^)

でも、友達は友達なので、元気になって良かったですね(^^)

 

そして、夏休みも終わり、医専は前期試験。

梅子は、英語、ドイツ語、化学、数学がビーコン(再試験)になってしまいました。

学制の変更により、医専は今年限りで廃止になるので、落第すると、1年生をやり直す事ができず、即退学。

ビーコン4科目あって、丁度、4人いるから、皆で得意な1科目ずつ梅子に教えてくれる事になりました。

いい友達がいて良かったですが、皆、4人共、得意な科目が違ったのでしょうか?

普通は、得意科目、重なりそうですね(^^;)

とにかく、肝心の梅子は自分のビーコンより、典子(西原亜希)が、ある男性に求婚されているのに、断るという話を聞いて、その方が気になって再試験に身が入らない始末。

プロポーズしてくれた人、皆で引揚者の援護活動をした時の復員兵だそうです。

いい人だけど、ご主人が戦死して2年しか経っていないので、自分だけ幸せにはなれないとの事。

梅子は松子に相談しました。

梅子「結婚したら生活だってラクになるし、子供さんのためにも結婚した方がいいと思うの。

 何か言ってあげられる事はないかな?」

松子「多分ね。その人がいい人だから・・・

 その人の事が好きだから・・・

 だから、結婚できないって思うのよ」

 

松子、自分の事を言ったのかもしれませんね。

職場の真田(平岳大)の事が気になっていたようなので。֥ϡ

真田は、自分が生き残った事に罪悪感を抱いているようです。

真田「俺なんかより、生きる価値のある奴は沢山いた。

 なんで俺なんだよ」

負傷して無事、手術が終わった時に、丁度、戦争が終わったそうです。

松子はこれまで嫌っていた彼の事を見直したようでした。

 

脚本、松子の事と、典子の事を重ね合わせていたようでした。

典子の相手は、見合い話があるとの事。

梅子は、典子の事が気にかかって、ドイツ語の再試験の最中に抜け脱してしまいました。

結局、典子はその人にもう少し待って欲しいと言い、その人も見合いを断って何年でも待つと言ってくれたそうです。

良かったですね♪(^^)

友人4人がドイツ語の先生に、もう一度梅子の再試験をして欲しいと頼み、再度、試験をしてくれる事になりました。

「トリコン(再々試験)なんて、前代未聞だ。いい友達を持ったな」

梅子は友人達のお陰で、無事、トリコンをしてもらい、なんとか、退学を免れました。

良かった良かった♪(^^)

 

でも、梅子、ビーコンになっても、あまり勉強していた感じはなかったですね(^^;)

ヒロインより、キャバレーの歌手に就職できたあかねとか、

松子と真田の恋の行方とか、周りの方が気になった週でした(汗)

 

【週間最高視聴率推移】

                            関東         関西

初回                     18.5%        16.7%

第1週「新しい朝が来た」         20.5%(4/7(土)) 19.2%(4/4(水))

第2週「かがやく未来」          20.9%(4/12(木)) 18.2%(4/11(水))

第3週「やるなら、やらねば」       20.6%(4/21(土)) 18.1%(4/20(金))

第4週「ヒポクラテスの乙女たち」    21.0%(4/27(金)) 19.5%(4/26(木))←最高 

第5週「もつべきものは、友」

第6週「次へのステップ」

 

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(梅ちゃん新聞6号)

 

【過去レビュー】

第23、24回(4/27(金)、4/28(土))「のど自慢」

第20~22回(4/24(火)~4/26(木))と第3週視聴率

第13回~16回 (4/16(月)~4/19(木))「受験勉強」&第2週視聴率

第12回(4/14(土))「軽挙猛動」&2週間の感想

 

【来週と今までの日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

第4週(19~24回)(4/23(月)~4/28(土))

 

  

【皆さんのレビュー】

くうさん「ドラマ@見取り八段・実0段」

JAOさん「JAOの趣味日誌」

レベル999さん「レベル999のgoo部屋」

ひじゅにさん「もう・・・何がなんだか日記」

えみりーさん「えみりーの鈴木先生的神経症ブログ」

     

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

(ネタバレ)【梅ちゃん先生】第6週日別粗筋(5/7~5/12)

一昨日、昨日と、ブログ、お休みして、すみませんでした。

梅ちゃんの今週のレビューは、この後、書きます。

これは来週(第6週)「次へのステップ」の日別粗筋です。

  

<日別粗筋 第6週(31~36回)(5/7(月)~5/12(土))> (Yahooテレビより)

第31回[5/7(月)]

医専の2年生になり、梅子(堀北真希)の受ける授業も専門的なものになっていた。解剖学の練習のため臓器の絵を描く梅子。しかし、それを見た父・建造(高橋克実)から「医学の前にまず絵の練習をしろ」とあまりの下手さに言われてしまう。絵の相談に竹夫(小出恵介)を訪ねた梅子は、あかね(宇野実彩子)がキャバレーで歌手をやっていることを知る。そして梅子は、陽造(鶴見辰吾)に、あかねが働くキャバレーへ連れて行かれる。

第32回[5/8(火)]

ある日、梅子(堀北真希)が通う医専に中央医大の男子学生たちが訪ねてくる。そのことを知らない梅子は教室に居残り、必死に板書している。すると男子学生の1人・松岡(高橋光臣)が突然、目の前に。ビックリする梅子に、松岡は構わず「ダンスパーティーを一緒にやる女の子を探しに来た」と言う。雪子(黒川智花)らは乗り気。典子(西原亜希)が「それで得たお金で校舎に窓ガラスをはめよう」と言いだして...。

第33回[5/9(水)]

ダンスパーティー開催に向けて準備を進める梅子(堀北真希)たちだったが、予定していた会場が使えないことになってしまう。そこで梅子は、あかね(宇野実彩子)が歌手として働くキャバレーを訪ね、パーティー会場として貸してくれるよう頼み込む。梅子たちは山倉(満島真之介)に帝都大学の学生にもパーティーに参加してもらうようお願いするのだが、父・建造(高橋克実)にダンスパーティーのことが知られてしまい...。

第34回[5/10(木)]

建造(高橋克実)はダンスパーティーに大反対。しかし、母・芳子(南果歩)が昔ダンスをやっていたことを告白し、梅子(堀北真希)たちにダンスを教えることになる。そんな中、級友・江美(白鳥久美子)がマンホールに落ちてケガをするという事件が発生。どうしてもダンスパーティーに出るという江美に、梅子は困惑する。またそんな折、中央医大の松岡(高橋光臣)からある事を依頼され、梅子は更に困惑するのだが...。

第35回[5/11(金)]

中央医大の松岡(高橋光臣)が建造(高橋克実)に会いにきた姿を目撃する信郎(松坂桃李)。信郎は梅子(堀北真希)が結婚するのではと早とちりし、気が気でない様子。一方、建造は、残業を理由に帰りが遅い姉・松子(ミムラ)を心配し問い詰めると、松子は入院している会社の上司・真田(平岳大)を見舞いに行っていたと告白する。怒り心頭の建造。しかし、松子は自分の事は自分で判断できると言い返してしまい...。

第36回[5/12(土)]

梅子(堀北真希)は、ダンスパーティーに家族全員が来てほしいと言うが、建造(高橋克実)だけは「誰が行くか」と冷たく断ってしまう。そしていよいよ迎えたダンスパーティー当日。母・芳子(南果歩)、祖母・正枝(倍賞美津子)、松子(ミムラ)は、そろって会場へ向かう。信郎(松坂桃李)も、パーティーのことが気になって、しかたなく、しぶしぶパーティーに参加する。そんな中、どうしても建造に来てほしい梅子は...。

 

公式HP(来週の粗筋)

公式HP(梅ちゃん新聞6号)

 

【過去レビュー】

第23、24回(4/27(金)、4/28(土))「のど自慢」

第20~22回(4/24(火)~4/26(木))と第3週視聴率

第19回(4/23(月))「見間違い」

第17,18回(4/20(金)、4/21(土))「合格?」

第13回~16回 (4/16(月)~4/19(木))「受験勉強」&第2週視聴率

第12回(4/14(土))「軽挙猛動」&2週間の感想

第11回(4/13(金))「ついでの求婚」

第10回(4/12(木))と第1週視聴率&レビューについて

第9回(4/11(水))&クドカン来春朝ドラ脚本決定

第8回(4/10(火))「買出し」

第7回(4/9(月))「カロリー」

第6回(4/7(土))&第1週の感想

第5回(4/6(金))&堀北さん明日土スタ出演♪

第4回(4/5(木))&第3回視聴率20%♪

第3回(4/4(水))「戦災孤児と復員兵」

第2回(4/3(火))&初回視聴率好発進♪

第1回(4/2(月))&主要人物表「新しい朝が来た」

 

【今までの日別粗筋】 (Yahooテレビより)

第5週(25~30回)(4/30(月)~5/5(土))

第4週(19~24回)(4/23(月)~4/28(土))

第3週(13~18回)(4/16(月)~4/21(土))

第2週(7~12回)(4/9(月)~4/14(土))

第1週(1~6回)(4/2(月)~4/7(土))

 


【送料無料】梅ちゃん先生(1) NHKドラマガイド


《メール便なら送料無料》【CD】SMAP /さかさまの空《DVD付限定盤》:NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」主題歌<2012/4/25>

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

2012年5月 2日 (水)

週間レビュー予定表(5~6月)&5月3日梅ちゃんレビュー休みます

4月に2012年春クールのドラマを見て、これから6月末までのレギュラーレビューを決めました。

『梅ちゃん先生』は、今まで通り、木曜と土曜日に書きますが、

明日(5/3(木))は日帰りで出かけるので、お休みします

先週(第4週)の週間最高視聴率は、4/28(金)の21.0%(関東)で、最高視聴率でした♪(^^)

5/5(土)は、梅ちゃん、書く予定です。

よろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

 

<5~6月 週間レビュー予定表>

日 『三毛猫ホームズの推理』

月 『平清盛』、『ATARU』

火 『鍵のかかった部屋』

水 休み (その他の記事や、コメントのお返事など)

木 『梅ちゃん先生』

金 (『カエルの王女さま』?)

土 『梅ちゃん先生』

 

上記の通り、『梅ちゃん先生』以外は、原則として、ドラマの放送の翌日に書きます。

ただ、体調の悪い時や用事のある日などは、次の日に延ばす事もあります。

『平清盛』は、日曜当日の深夜にできあがる日もあるかもしれません。

ご了承ください。

金曜日、一応、『カエルの王女さま』にしてありますが、迷っています。

ミュージカルっぽいので、書き辛いというか・・・(^^;)

その感動をなかなか言葉で伝え切れないので(^^;)

一応、なるべく書きたいと思っています。

これからもよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

   

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
にほんブログ村 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

祝♪別館、最高アクセス♪ありがとう♪(^^)

昨日(5/1(火))の『ショコラの日記帳・別館』の1日のアクセス、これまでの最高の6824HITでした♪餭

沢山のアクセス、ありがとうございました♪֥ϡݤ֥ϡ

GW期間中、下がると思ったのに、その前日のアクセスも5666HITで、逆に、いつもより増えているようです♪

最近は旅行中でも、スマホなどからアクセスできるからでしょうか?

ただ、携帯からのアクセス数は、この数字には含まれていないらしいので、家でパソコンやってる人が多いのかも??ѥ

よく分かりませんが、ドラマが特別な回ではなかったのに、びっくりです(^^)Ӥä

どうもありがとうございました♪(^^)֥ϡ

 

ちなみに、今までの別館の最高は、2012年3月31日の4670HIT/日(『カーネーション』最終回の日)でした。

楽天でのこれまでの最高は、2011.6.27(月)の5849HIT/日(『おひさま』の春樹の戦死と、『JIN』の最終回のレビューを書いた日)です。

遂に、これも超えました♪(^^)餭

 

最近、楽天の本館より別館の方がアクセス数、上回っています。

やはりTBがないのが痛いのかな?(^^;)

 

<GW中のアクセス数比較>

        楽天・本館   ココログ・別館

4/28(土)   1749 HIT    2552 HIT

4/29(日)   1711      2264

4/30(月)   2869      5666

5/1(火)    3885      6824

(楽天は携帯も含み、ココログは携帯を含まない)

 

ココログは、それぞれの記事へのアクセス数が分かります。

それによると、別館では、特に、『三毛猫ホームズの推理』へのアクセスが多く、三毛猫ホームズの推理』第3話のレビューだけで、昨日迄3日間で4811HITアクセスがありました。

ホームズ初回レビューへのアクセス累計、昨日までで5388HITなので、それに迫る勢いです。

なぜか、私のブログ内では、ホームズが一番人気♪となっています。ǭ

次に、『春ドラマ視聴率一覧と初期総評(2012年4~6月期)』で、5339HITです。

 

『ATARU』初回も一緒にジャニ系ドラマ比較を書いたせいか、アクセスが多く、累計4335HITです。

『ATARU』第2話レビューへのアクセスは、893HITでイマイチでした(汗)

 

『鍵のかかった部屋』もコンスタントにいいです。

ドラマが人気があるからでしょう♪(^^)

 

これからも、『三毛猫ホームズの推理』と『ATARU』と『鍵のかかった部屋』は、レビューを続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします♪(^^)

基本的に、ドラマの放送日の翌日、レビューを書いています。

『梅ちゃん先生』も木曜と土曜に書いていて、『平清盛』も翌日書いてますので、よろしくお願いします。

月曜は、『平清盛』と『ATARU』と2本あって、少し苦しいですが、このまま頑張ります♪(^^)

 

楽天の『ショコラの日記帳・本館』と、ココログの『ショコラの日記帳・別館』、内容は殆ど同じで、楽天で書いて、別館にコピーしています。

最近、ココログの方もいただくコメントが増えてきましたが、まだ楽天の方がコメントは圧倒的に多いです。

コメントのお返事、遅れ気味ですみません。ܤ

これからも本館・別館、どちらもよろしくお願いします♪(^^)֥ϡ

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

にほんブログ村

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年5月 1日 (火)

【鍵のかかった部屋】第3話感想と平均視聴率1位に♪

「盤端の迷宮」(原作:『狐火の家』)

第3話視聴率は、前回の16.5%より下がってしまい、14.4%でした。

GW期間中だし、裏の『お試しかっ!&中居正広の怪しい噂の集まる図書館合体3時間SP』が高視聴率だったので(20:05まで16.4%、20:05~21:48は15.8%)、それに少し食われてしまったかもしれません。

でも、前日の『ATARU』第3話は、もっと急落して10.9%だったので、

第3話までの平均視聴率、『鍵のかかった部屋』(平均16.56%)が『ATARU』(平均16.34%)を抜いて、1位になりました♪(^^)餭

おめでとうございます♪(^^)

 

さて、今回、密室の謎解きは単純で、動機が中心のお話でした。

相武紗季さん、こういう悪女の役、嵌まり役ですよね(^^)

出てきた瞬間に、この人が犯人だと思いました(笑)

それにしても、芹沢さん、警察に犯人と疑われてしまって、お気の毒でした(笑)

今回、初めて、警察も出てきました。

警視庁捜査一課刑事部刑事の鴻野 光男(宇梶剛士)さんが事件解決後、

鴻野「榎本ってのは、一体、何者なんだ」と仲間に呟きました。

泥棒でなければいいですが(^^;)

これからこの鴻野刑事、度々、登場するでしょうか?

たまには警察も出てきた方が、事件物としてはリアルですね♪

 

プロ棋士・竹脇(ゆうぞう)がビジネスホテルの一室で殺害されました。

彼が最後に電話した相手が芹沢豪(佐藤浩市)だったので、鴻野刑事達が来て、アリバイ等、聞かれてしまいました(汗)

芹沢さんは竹脇から不正の相談を受けていたそうです。

でも、守秘義務があるので、詳しい事は警察にも言いませんでした。

犯行時刻のアリバイも、芹沢は証明できなかったので、榎本径(大野智)に電話して、密室の殺害事件の謎を解いてもらうことにしました。

 

密室と言っても、被害者がチェ-ンをかけただけだったし、犯人もいかにも女流棋士で竹脇の恋人の来栖奈穂子(相武紗季)と分かっていましたが(^^;)

来栖は、後輩の女流棋士の稲垣真理(山下リオ)と協力して、不正を行っていたのでした。

携帯電話と将棋のソフト「激指」を使って。

被害者の竹脇さんはそれに気づいて、証拠の携帯を取り上げ、来栖に恋人になるよう強要。

来栖は、竹脇のホテルの部屋に行って、ナイフで刺して殺害。

自分の携帯を取り返して、鍵をかけて、逃げました。

刺された後、竹脇はドアチェーンをかけて、竜王戦で差された「激指」でも発見できなかった一手「1六桂」を指しました。

榎本「竹脇さんがドアチェーンをかけ、竜王戦の盤面を守ったのは、犯人が携帯を持ち去ったというダイイングメッセージを遺すためだったんです」

来栖が来る直前まで、竹脇は竜王戦を携帯で見ていたのでした。

その中の手を盤に再現しておいたのでした。

 

来栖は榎本達とその部屋に入った時、盤面から駒を一つ取り、鴻野刑事から怒られて、盤の外に駒を置きました。

元あった場所に置かずに。

それが自白みたいなものだと、榎本は言いました。

 

彼女はプロになれるかもしれない大事な一戦で、榎本が言った通り、不正を行おうとしていました。

青砥純子(戸田恵梨香)が、客席から出て行った稲垣真理の後をつけて、パソコンで「激指」でその勝負を再現し、次の一手を来栖に伝えようとしているのを確認。

「激指」の手を来栖に伝える事ができなかったので、来栖は実力で戦い、敗れてしまいました。

 

青砥「私、来栖さんには正々堂々と勝負して欲しかったんです。

 絶対に勝てるって信じてたから」

来栖「分かったような事、言わないで。

 あなたみたいに、正論を振りかざす女を見てると、イライラする。

 順調に弁護士になれたあなたに、私の気持ちなんて分かる訳ないでしょ!

 偉そうに説教しないでよ!

 言っとくけど、私、あなたと友達になったつもりはないから。

 ただ、竹脇が芹沢さんに何を話していたのか知りたかっただけ」

 

自分の不正の事を竹脇が芹沢に話したのではないかと、来栖は心配してたのですが・・・

芹沢が竹脇から不正の事で相談を受けていたというのは、アダルト・サイトから多額の不正請求を受けていたという内容でした(笑)

それも竹脇さんにとっては恥ずかしい事かも知れないので、守秘義務で誰にも話さないというのも仕方ないですね(^^;)

来栖にとっては、余計な心配でした(^^;)

 

今回は、青砥が憧れていた女性棋士が犯人だった上に、前述の通り、酷い事を言われて落ち込んだ回でした。

それでも彼女の弁護をしたいという青砥、優しいですね♪(^^)

屈折した悪女の役、相武紗季さんにピッタリなので、分かっていても面白かったです♪(^^)

毒島竜王役で、原作者の貴志祐介さんが登場したのも、良かったです♪(^^)

 

次回は毒グモに芹沢さんが、咬まれてしまう???

楽しみです♪(^^)

 

【第3話粗筋】 (Yahooテレビより)

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)と刑事・鴻野(宇梶剛士)とともに、プロ棋士・竹脇(ゆうぞう)が殺害されたホテルの一室にやってきた。そこはビジネスホテルで、竹脇は背中を包丁で一突きにされドアを頭にして倒れていたという。現場は、窓もドアも施錠されチェーンまでかけられた密室で、室内には携帯用の将棋盤、棋書、将棋新聞、飲みかけのコーヒーカップが残されていた。  榎本は、部屋を開けた時ドアが遺体に触れたかどうかを遺体発見者のスタッフに尋ね、スタッフはチェーンがかかっていたため遺体までは届かなかったと証言した。  そこへ、来栖奈穂子(相武紗季)が入ってきた。鴻野は竹脇の恋人だという奈穂子に遺留品の財布などを見せ、それが竹脇のものだと確認させた。そんなとき、奈穂子は何気ない様子で将棋盤にあった駒をひとつ動かした。遺留品のなかに、携帯電話やパソコンがなかったことを不審に思った鴻野が聞くと、どちらも持っていなかった、と奈穂子は答えた。そんな折、奈穂子が最近話題の棋士だと気づいた純子は盛り上がる。  竹脇からの最後の通話相手だったことから、芹沢豪(佐藤浩市)が事情聴取されたため、今回の事件の真相を調べることになったのだ。  後日、純子と奈穂子が榎本の会社にやってきた。いつもの「備品倉庫室」でホテルの部屋の模型を完成させていた榎本は、事件の最大の謎はドアチェーンがかかっていたことだと話し・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.3%  [第2話]16.5%  [第3話]14.4%

 

【主要キャスト】

榎本径(大野智)(30)東京総合セキュリティ勤務。鍵オタク

青砥純子(戸田恵梨香)(26)芹沢のアシスタント。フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

芹沢豪(佐藤浩市)(50)フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士

水城里奈(能年玲奈)フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書

<第3話>

鴻野 光男(宇梶剛士)警視庁捜査一課刑事部刑事

来栖 奈穂子(相武紗季)女流棋士三段・竹脇の恋人

中野 秀哉(忍成修吾)棋士四段

稲垣 真理(山下リオ)女流棋士一級・菜穂子の後輩

竹脇 伸平(ゆうぞう)棋士五段・被害者

谷 二郎(児玉頼信)棋士八段

毒島 薫(貴志祐介)棋士竜王(特別出演)←原作者

 

公式HP(貴志祐介さん竜王役出演感想)

公式HP(第4話オンエア前クイズ) ←応募期間 まだ未定

 


【送料無料】狐火の家


初回盤+通常盤セット[5/9出荷]■嵐 CD+DVD【Face Down】12/5/9発売

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30