無料ブログはココログ

« 【ATARU】第8話感想と視聴率&サッカー・オマーン戦31.1% | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第8話感想と視聴率&金星の太陽面通過 »

2012年6月 5日 (火)

【平清盛】第22回感想と視聴率「勝利の代償」

「勝利の代償」

『ATARU』でもお伝えした通り、裏のFIFAワールドカップサッカー・アジア地区最終予選『日本×オマーン』(19:30-21:35)の視聴率は、31.1%(関東地区)でした。

そのせいか、今回の関西地区での視聴率は、遂に10%を切ってしまい、9.2%で、最低視聴率でした。

関西地区で、大河の視聴率が10%を切るのは珍しいそうです。

ドラマの舞台、関西ですが、裏のサッカーが高視聴率だったので、仕方ないでしょう。

ただ、いつも視聴率の比較対象にされる関東地区では、前回の10.2%より上がって、11.0%でした。

よく上がりました♪(^^)

ただ、私は、今回のサブタイトルが「勝利の代償」だったので、頼長(山本耕史)と為義(小日向文世)と忠正(豊原功補)の最期までやるだろうと思っていました。

頼長は亡くなってしまいましたが、忠正と為義は処分が決まっただけで、その執行は次回に持ち越されてしまいました。

もっとテンポよく進んで欲しかったです。

保元の乱、皆、敵味方に分かれて戦ったので、今回は、敵になって戦った身内を勝った方についた人達がどう対応するかの比較と、その処分決定まででした。

 

崇徳上皇(井浦新)は、出家しましたが、信西(阿部サダヲ)の案で流罪になりました。

 

頼長は、瀕死の重傷で、父・忠実(國村隼)の屋敷を訪ね、救いを求めました。

でも、罪に問われることを恐れた忠実は門を開きませんでした。

頼長は、「父上・・・」と涙を流し、舌をかみきり絶命しました。

その後、忠実の屋敷の庭に頼長が飼っていたオウムが舞い降り、「チチウエ、チチウエ・・・」と繰り返し鳴いて息絶えました。

忠実は、オウムを抱きしめ、泣き叫びました。

 

オウムをうまく使っていましたね。

忠実、自分が息子を見捨てた癖に、頼長が可哀想でした(^^;)

オウムは創作でしょうけれど、対面を拒まれた事は史実なんですよね(汗)

最後は、興福寺で死去したと、「紀行」で説明がありました。

最後まで、オウムは頼長の分身のような一番の家族のような・・・

オウムは最初に登場した時から、最後まで、ずっとうまく使われていました♪(^^)

忠実は以前、忠通(堀部圭亮)から藤原摂関家の長者の証である家宝・朱器台盤を源為義に盗ませて、頼長に与えた癖に、今度は忠通と共に後白河帝の方について、この人も愛情より勝ち馬に乗る人ですね(^^;)

実際は、後白河帝方についたのでしょうか?

処分は、忠実の荘園も召し上げられる事になってしまいました。

処分から考えて、本当は頼長寄りで、最後だけ裏切ったのでは??

 

敗走した為義(小日向文世)を由良(田中麗奈)が探すよう命じていて見つかりました。

でも、もはや父子の縁はないと言って、義朝(玉木宏)は父・為義と会いませんでした。

為義は、義朝が殿上人となった事を由良から聞かされ、宿願が叶ったと喜びをかみしめました。

 

清盛(松山ケンイチ)は、敗走した忠正を捜すよう命じていて、見つかりました。

忠正は抵抗しましたが、清盛は直接会い、軽い罪で済むように頼むので、今後も平氏のために力添えをしてほしいと説得しました。

やはり清盛は甘いというか、優しすぎますね(^^;)

信西に会い、忠正の罪を軽減してくれるよう、信西に訴えました。

信西は、世にとって最もよい判断をくだすから任せろと答えました。

そして、下された処分は「忠正とその息子達を斬首せよ」でした。

清盛は、信じられないというような、悲しいような悔しそうな表情でした。

 

でも、他の人への処分も厳しかったし、負けた方を殺すのは当然でしょう。

信西の処分は厳しいですが、一貫していると思います。

後で、反乱を起こされても困りますし・・・

元々、反乱分子を一掃するために戦を仕掛けたのでしょうし・・・

 

斬首まで今回、済ませるかと思ったのですが、次回が「叔父を斬る」でした。

勿論、為義も斬首の処分です。

次回、それぞれの処分の執行ですね。

次々回の「清盛の大一番」の方が楽しみです(^^)

 

【第21回粗筋】 (Yahooテレビより)

保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が...。さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ)から下された信じられない沙汰に、清盛(松山ケンイチ)は苦しむ。負けた者にも勝った者にも、つらき結末に、戦士である武士たちは苦悩する。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

第21回]10.2%  [第22回]11.0%

 

公式HP・次回粗筋

 

来年大河『八重の桜』出演者発表(2012.5.30)

 


【送料無料】 NHK大河ドラマ≪平清盛≫サウンドトラック 【CD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【ATARU】第8話感想と視聴率&サッカー・オマーン戦31.1% | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第8話感想と視聴率&金星の太陽面通過 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

鸚鵡が殉死してしまいました。weep

焼け焦げた日記を拾い上げた信西の胸に響く頼長の統治者としての気概…実際、彼の日記にああいう記述があるのですね。

今の政治家に、父が恋しくなったら国会においで。父の魂は議事堂に留まり、お前たちの精勤ぶりを見ている…なんて台詞が似合う人は皆無かと…(\_\;

山本さん、出色のヒールぶりでしたけど、最後に頼長が高潔の政治家であることも演じられて、良かったです。

出家さえままならぬ崇徳院の空しい笑いや、義朝の出世を喜ぶ為義パパの笑顔は素晴らしい場面でしたけど、肝心の平家パートが冗長な感じ。(~_~;)
忠正叔父さんは前々回、清盛と決別するシーンで十分だったと思います。鸚鵡の簡潔にして、心に残る演技?をご覧あれ。主人公に近づくほど、間延びして、退屈になるのはどうしてでしょう。

その辺りが、ショコラさんの仰るテンポ感の喪失に繋がるのかもしれません。

>レッドバロンさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみませんm(__)m

>鸚鵡が殉死してしまいました。

オウムってそういう字を書くんですね。
初めて知りました(汗)
オウムも可哀想でした。

>焼け焦げた日記を拾い上げた信西の胸に響く頼長の統治者としての気概…実際、彼の日記にああいう記述があるのですね。

そうですね(^^)

>山本さん、出色のヒールぶりでしたけど、最後に頼長が高潔の政治家であることも演じられて、良かったです。

山本さんのヒールぶりはほんと、とても素敵でしたね(^^)

>出家さえままならぬ崇徳院の空しい笑いや、義朝の出世を喜ぶ為義パパの笑顔は素晴らしい場面でしたけど、肝心の平家パートが冗長な感じ。(~_~;)
>忠正叔父さんは前々回、清盛と決別するシーンで十分だったと思います。鸚鵡の簡潔にして、心に残る演技?をご覧あれ。
>主人公に近づくほど、間延びして、退屈になるのはどうしてでしょう。
>その辺りが、ショコラさんの仰るテンポ感の喪失に繋がるのかもしれません。

同感です。
崇徳院にもドラマがありましたね。
平氏は、忠正、清盛のただのおじさんで、元々、そんなに仲が良くなかったのに、それをこんなに悲しい形に長く盛り上げて、ちょっと間延び感がありますね(汗)
その上、史実では、清盛は躊躇なく、忠正を斬首したようで、却って、父を斬るよう命じられた義朝の方が刑を軽くして欲しいとの思いが強かったとか・・・
こちらはいろいろあっても、親子ですからね(汗)

次回も清盛が忠正を斬る事より、義朝が父を斬る事の方が余程、辛いと思います。
その辺、主人公贔屓の変な盛り上げ方をしないよう、NHKに願っています(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54882766

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第22回感想と視聴率「勝利の代償」 :

» 【平清盛】第22回感想と視聴率「勝利の代償」 [ショコラの日記帳]
「勝利の代償」『ATARU』でもお伝えした通り、裏のFIFAワールドカップサッカー・アジア地区最終予選『日本オマーン』(19:30-21:35)の視聴率は、31.1%(関東地区)でした。そのせい... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第22回 [日々“是”精進! ver.F]
チチウエ…チチウエ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206030003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第22回 [日々“是”精進!]
  第二十二回「勝利の代償」保元の乱がついに終結。頼長は逃走中、矢で深い傷を負い、崇徳上皇もまたあてどもなく山に逃げのびる。頼長は父・忠実の屋敷に救いを求めるが、門が開... [続きを読む]

» 平清盛 第22回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
まずは大河とは関係ないですが、ザックジャパン、最終予選の初戦、3-0ですかね、おめでとうございます!!(^^)連れ合いはこちらをずっと見ておりましたがわたしはもうね 今日はね ... [続きを読む]

» 平清盛【第22回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
勝利の代償  「播磨守清盛。そなたの叔父 平忠正とその子、長盛、忠綱、雅綱、道雅の処分が決まった。死罪じゃ。今のべた罪人どもを、斬首せよ」by信西(阿部サダヲ)。 うわ~~~~、戦後処理引っ張るのか…。2週にわたらせるのか…。鬱展開引っ張らなくてもいいのに…。うわ~~~~~~~~~~~~~んっ!!! いやぁ、信西の腹黒さ、ここに極まれりだわね。「この信西に任せるがよい。古今の例にのっとり、また先を見据えて、世にとって最も良き断を下そうぞ」なんて言っておきながらのこのお沙汰…。ここまで「計画通り」... [続きを読む]

» 平清盛 第22話 感想「勝利の代償」 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
平清盛ですが、藤原頼長(山本耕史)と平忠正(豊原功補)の二大ネチラー最後の回かと思いきや、忠正はまだまだネチネチと粘ります。逃げ惑う頼長の周章狼狽は、古今和漢に比類なき才を誇り悪左府とまで呼ばれた男の見る影もありませんが、大急ぎで持ち出した万巻の書籍だけが頼長の矜持の余韻を残してはいます。 頼長の首に矢が刺さってしまいますが、リアルに血も出ており、かなり衝撃的な展開です。 それなのに、この頼長をしばらく放置して、清盛(松山ケンイチ)と源義朝(玉木宏)の青春スターによる友情ごっこのシーンになってし... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #22 勝利の代償 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
保元の乱の終わり。 それは次の修羅の道への始まり [続きを読む]

» 平清盛 第22回 勝利の代償 [レベル999のgoo部屋]
『勝利の代償』 内容 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の戦い。。。保元の乱。 清盛(松山ケンイチ)義朝(玉木宏)のついた後白河帝が勝利し戦いは終結。 崇徳上皇だけでなく、上皇についた頼長(山本耕史)らは、逃走を始める。 一方、清盛、義朝は、武士の...... [続きを読む]

» 【平清盛】第22回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が…。 さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ) から下された信じ...... [続きを読む]

» 平清盛 #22「勝利の代償」 [昼寝の時間]
公式サイト 逃亡中に矢に首を射抜かれた頼長。うう、痛そう。洛中を逃れた崇徳院は、 [続きを読む]

» 平清盛、義朝は大出世したのです!! [函館 Glass Life]
?宇治か近江国に退いて東国からの援軍を待つ。 ?崇徳上皇を奉じて東国に下り東国武士を招集する。 ?先手を打って皇居に夜討ちをかける。 為義が献じた三つの策がことごとく拒否されます 京都育ちのお坊ちゃま・頼長には京都から離れて戦う気などなかったの でしょう...... [続きを読む]

» 平清盛 第22話「勝利の代償」 [坂の上のサインボード]
 保元元年(1156年)7月11日、崇徳上皇(第75代天皇)方と後白河天皇(第77代天皇)方に分裂して武士たちが戦った政争、後世にいう「保元の乱」は、一時は上皇方の勇者・源為朝(鎮西八郎)の奮戦によって苦しめられたものの、天皇方の源義朝が放った火によって白河殿が焼け落ち、崇徳院ならびに上皇方の参謀・藤原頼長が敗走。合戦開始からわずか4時間で天皇方の圧倒的勝利に終わった。  合戦の勝利を受けて朝廷は、その日のうちに藤原忠通を藤原氏長者とする宣旨を下し、早くも論功行賞が行われた。これを取り仕切って... [続きを読む]

» テレビ見なくなった情強のおまいらが最期に見たドラマってなによ [【嫌】 ニュー速 【儲】]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/06/13(水) 22:20:07.76 ID:mlcn08Bb0 ?PLT(12000) ポイント特典愛菜ちゃん、主演ドラマでソロ初主題歌http://www.sanspo.com/geino/news/20120613/oth12061305050008-n1.html... [続きを読む]

« 【ATARU】第8話感想と視聴率&サッカー・オマーン戦31.1% | トップページ | 【鍵のかかった部屋】第8話感想と視聴率&金星の太陽面通過 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31