無料ブログはココログ

« 【梅ちゃん先生】第77,78回&中間総評 | トップページ | 【ビューティフルレイン】初回プチ感想と視聴率 »

2012年7月 2日 (月)

【平清盛】第26回感想と視聴率「平治の乱」

「平治の乱」

第26回の視聴率は、前回の10.1%より大幅に上がって、13.2%(関東)でした♪

最低視聴率だった前回より3%以上も上がって、すごいです(^^)

第19回(5月13日)の14.7%以来の13%台でした♪

ちなみに、今回、関西では、11.9%だったそうです。

関西では10%を切ったこともあるし、関東より低い事が多いですね(^^;)

某知事の発言が影響しているのでしょうか?(汗)

次回は、遂に、平氏と源氏の対決。

関西も盛り上がって欲しいものです♪(^^)

 

1159(平治元)年12月9日、清盛(松山ケンイチ)が熊野詣でいない留守中を狙って、義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、決起しました。

三条殿にいた後白河上皇(松田翔太)と上皇の姉・上西門院統子(むねこ:愛原実花)は、信頼に先導されて、源氏勢に幽閉されました。

更に、二条天皇(冨浦智嗣)を内裏に軟禁しました。

義朝率いる源氏の軍勢は、三条殿と信西(阿部サダヲ)の館を襲いましたが、信西は既にに逃げていました。

三条殿を抜け出した信西の妻・朝子(浅香唯)は清盛邸にかけこみ、時子(深田恭子)に状況を伝え、信西を清盛(松山ケンイチ)に救って欲しいと頼みました。

時子は驚いて、早馬で清盛に知らせました。

紀伊にいた清盛は、早馬で駆けつけた忠清(藤本隆宏)から事の次第を聞いて驚き、すぐに熊野詣を中止し、都へ戻るよう命じました。

武装していないからと、重盛(窪田正孝)が反対しました。

でも、家貞(中村梅雀)が、密かに用意していた鎧や弓矢を差し出しました。

清盛は安心して、京へ向けて馬を走らせました。

ところが、京の手前の阿倍野で、悪源太(義朝の長男・義平(波岡一喜))の軍勢が待ち伏せしているという噂を聞いて、止まってしまいました。

ここで、止まってしまったのが残念でした。

友を本当に思うなら、多勢に無勢でも行くべきでは?(汗)

悪源太の軍勢はどのくらいいるかとか、援軍を頼むとか、皆で話し合い・・・

悪源太の軍勢の数を調べに出した者は、なかなか戻らず・・・

援軍が到着してから、ようやく出発しました。

本当は、清盛も、重盛の言ったように、信西が滅ぼされた後で信頼と源氏を倒せば、全てが手に入ると思っていたのでは?(^^;)

冷静さは大切ですが、あまりに冷静だったので、「友情なんて嘘では?」と思ってしまいました(^^;)

 

一方、信西は山中を必死に逃げました。

つき従う師光(加藤虎ノ介)らが疲れきっているのを見て、ここに穴を掘り自分を入れて、それぞれ落ち延びよと命じました。

でも、師光だけは逃げませんでした。

それで、信西は彼に法名を「西光」とつけてあげました。

もしも、自分が敵に見つかってしまったら、助けようとしないで隠れて見届けるようにと、彼に命じました。

信西、優しいですね♪(^^)

 

信西も清盛も穴で最初に出会った事を思い出していました。

清盛「俺は誰なんだ~」と、泣き叫ぶ。

信西「誰でもよ~い。誰でもよいから助けてくれ」

このシーン、私も好きでした♪(^^)

そのシーンに掛けて、

信西「清盛殿、助けてくれ」と、この穴の中で言いました。

どのくらい経ったのか、信西が朦朧としていた所へ、清盛が手を差し出して・・・

信西は、「清盛殿♪」と喜んで、その手を握ったのですが・・・

清盛ではなく、敵の手でした。

敵「いたぞ!」

すぐに穴の外に上げられ・・・

信西「我は信西入道ぞ!」と叫んで、自刃しました。

涙をこらえて見守る西光、見つからなくて良かったです。

 

清盛達、途中で援軍が来るまで待ったのが悔やまれます。

実際は、悪源太の軍勢、待ち伏せしていませんでした。

 

12月17日、京に辿り着いた清盛は路上に吊るされた信西の首を見て、がく然とし、泣き崩れました。

清盛は、怒りに満ちた目で、義朝への怒りをぶちまけました。

清盛「これがお前の出した答えならば・・・受けて立とう。

 平氏は源氏を滅ぼす!」

 

義朝は、悪源太が待ち伏せして清盛を討ちたいと言ったのを、許可しませんでした。

清盛が京に着くのを待っていました。

正々堂々としていて、爽やかですね♪(^^)

今こそ、昔の約束を果たして、源氏と平氏のどちらが強いか、勝負しようとしていました。

清盛が主役なので、源氏は悪者の筈ですが、義朝はとても素敵でした♪(^^)

義朝「源氏が平氏を滅ぼす!」

 

次回は、「宿命の対決」

遂に、平氏対源氏の戦いのようです。

 

今回、穴の中での信西が切なくて・・・

義朝がカッコ良くて・・・

信頼は、勝手に念願の近衛大将になり、義朝を播磨守に任じましたが、いかにも小者っぽくて・・・(^^;)

清盛は、信西との友情を強調していましたが、悪源太の軍勢が待ち伏せしているという噂を聞いて阿倍野で止まってしまったので、とても友情を感じませんでした(^^;)

清盛が主役ではありますが、義朝に勝って欲しいと思ってしまいました(汗)

次回の宿命の対決、源平合戦、楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

第25回]10.1%  [第26回]13.2%

 

【第26回粗筋】 (Yahoo TVより)

義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、ついに決起した。後白河上皇(松田翔太)と二条天皇(冨浦智嗣)を幽閉した義朝は、逃げた信西(阿部サダヲ)を追撃しながら、熊野詣で中の清盛(松山ケンイチ)を京で迎え撃つ! 「平清盛」のクライマックス「平治の乱」。2回にわけて源平最初の大激突を描く。今夜は前編。

 

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)

« 【梅ちゃん先生】第77,78回&中間総評 | トップページ | 【ビューティフルレイン】初回プチ感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

前半、クーデターの真っ最中に、後白河上皇が「長恨歌」を口ずさむのに並行して現実の事件が進行してゆく。今回の白眉でした。

性格は変人設定ですが、何しろ姿形が華やかで、とりわけお声が素晴らしいですよね。松田さんが語るだけで、王朝の物語が成立してしまう。

今回の乱の首謀者・信頼はああいう体型ですが、玄宗皇帝に反旗を翻した安禄山がまさにデブチンだったのですね。意識して設定してると思います。その肥満体からは信じられないほど、運動神経が良くて舞踊が上手だったそうで、信頼も上皇と踊ってましたでしょう。二人とも一見、お茶目なデブというキャラなのですが、腹の中にあるものは全然違いました。(;゜O゜)

源氏パートは焦燥感にかられながら兵を指揮している義朝の感じが、父・為義に似てきました。役の幅が広がって、もう千秋センパイとは呼ばせない。(^_^;)

平氏は六波羅でも熊野でも、もたついていましたね。どうして清盛周辺はゆるゆるなの。こんなんで平氏が天下が取れるのが、不思議です。(~_~;)

>レッドバロンさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみません。

>前半、クーデターの真っ最中に、後白河上皇が「長恨歌」を口ずさむのに並行して現実の事件が進行してゆく。今回の白眉でした。

そうですか(^^)

>性格は変人設定ですが、何しろ姿形が華やかで、とりわけお声が素晴らしいですよね。松田さんが語るだけで、王朝の物語が成立してしまう。

松田さんは嵌まり役ですね(^^)
素敵です♪(^^)

>今回の乱の首謀者・信頼はああいう体型ですが、玄宗皇帝に反旗を翻した安禄山がまさにデブチンだったのですね。意識して設定してると思います。その肥満体からは信じられないほど、運動神経が良くて舞踊が上手だったそうで、信頼も上皇と踊ってましたでしょう。二人とも一見、お茶目なデブというキャラなのですが、腹の中にあるものは全然違いました。(;゜O゜)

運動神経が良くて舞踊が上手だったので、上皇に気に入れらたのでしょうね。
芸術に秀でてないと上皇には気に入られないでしょうから(^^)
ゲイのお相手だったかもしれません(汗)

>源氏パートは焦燥感にかられながら兵を指揮している義朝の感じが、父・為義に似てきました。役の幅が広がって、もう千秋センパイとは呼ばせない。(^_^;)

千秋先輩も良かったですね♪
のだめも好きでした♪
松ケンとは違って、玉木宏さんは評価が上がったようで、仕事も一杯ですね♪
先日の「鍵のかかった部屋」の最終回は、義朝のように気の毒なキャラだったです(汗)

>平氏は六波羅でも熊野でも、もたついていましたね。どうして清盛周辺はゆるゆるなの。こんなんで平氏が天下が取れるのが、不思議です。(~_~;)

まるでドラマの時間合わせのように、ゆるゆるでしたね(汗)
悪源太に攻撃させなかったのが、平氏の敗因じゃないですか?(^^;)

平氏は源氏を滅ぼす!

という一週間後に、
警官の源氏が飲酒事故を起こして逃走したあげく逮捕されました。

どなたか分かりませんが、お返事、遅くなってしまって、すみません。

>警官の源氏が飲酒事故を起こして逃走したあげく逮捕されました。

そうなんですか。
そのニュース、知りませんでした(^^;)
偶然とはいえ、タイミングが悪かったですね(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/55106062

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第26回感想と視聴率「平治の乱」:

» 【平清盛】第26回感想と視聴率「平治の乱」 [ショコラの日記帳]
「平治の乱」第26回の視聴率は、前回の10.1%より大幅に上がって、13.2%(関東)でした♪最低視聴率だった前回より3%以上も上がって、すごいです(^^)第19回(5月13日... [続きを読む]

» 【平清盛】第26回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、ついに決起した。後白河上皇(松田翔太)と 二条天皇(冨浦智嗣)を幽閉した義朝は、逃げた信西(阿部サダヲ)を追撃しながら、熊野詣で 中の清盛(松山ケン...... [続きを読む]

» 平清盛 第26回 平治の乱 [レベル999のgoo部屋]
『平治の乱』 内容 信西(阿部サダヲ)に不満を抱く藤原信頼(塚地武雅)と義朝(玉木宏)は結託。 信頼らが、後白河上皇(松田翔太)二条帝(冨浦智嗣)を内裏に幽閉後、 義朝の軍は、信西の館・三条殿に火を放ち、攻め込んでいく。 わずかに早く脱出した信西は、難を...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #26 平治の乱 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに平治の乱。 平氏対源氏、宿命の対決! きっかけは信西。清盛は熊野詣で留守…。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第26回 [日々“是”精進!]
  第二十六回「平治の乱」1159年、信西のもとで不遇にあった義朝は藤原信頼と結託、ついに決起する。義朝は後白河上皇と二条天皇を奪い幽閉した後、三条殿に火を放つ。義朝の... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第26回 [日々“是”精進! ver.F]
源氏と平氏の、対決へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207010002/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラ... [続きを読む]

» 平清盛、戦を待っていた義朝!! [函館 Glass Life]
鬼のいぬ間に一方的に始まった平治の乱、最大の武士集団・平家が いないのですから義朝が勝つのは当たり前 ドラマでは重盛も清盛に同行していた様に描かれていましたが、実際 は六波羅に重盛は居たのです。 そもそも熊野へ行くのに大軍を擁する必要がありません。 棟...... [続きを読む]

» 平清盛 第26回「平治の乱」〜信西の首と平安ヤンキー「我が名は鎌倉悪源太」 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第26回「平治の乱」 「平治の乱」「信西自刀」、それなりに盛り上がるはずなのに、どうしてこうもメリハリの無い展開になるのかなぁ?? 平清盛(松山ケンイチ)vs 源義朝(玉木宏)の”一騎打ち”に至る次週『宿命の対決』への、”つなぎエピソード”になってしまったせいかなぁ。 −◆− 「平治の乱」勃発。 義朝(玉木宏)は「信西が化けておるかもしれぬ」として、女・子供も情け容赦なく殺すよう指示。 主流派になれずに謀反を起こすのは小沢一派も同じですが、女・子供に矢を射かける義朝... [続きを読む]

» 平清盛 第26回 途中から見ましたm(__)m [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
やっぱり大河、間に合わなかったですが(^^;)途中からですけど 今日はリアルタイムで見ました!って・・・ こういう状況では視聴率アップの助けにはなりませんかね(^^;)信西さんが今... [続きを読む]

» 平清盛 第26話「平治の乱」 [坂の上のサインボード]
 平治元年(1159年)12月4日、平清盛は次男の平基盛、三男の平宗盛ら一門を引き連れて熊野詣に赴いた(ドラマでは長男の平重盛も同行していたが、重盛の名が見られるのは軍記物語の『平治物語』のみで、史料として比較的信憑性が高いとされる『愚管抄』の中には重盛の名は見られない)。『愚管抄』によると、このとき同行していた侍・郎等はわずか15名ほどだったという。一行が紀州路を田辺あたりまで進んだとき、六波羅からの早馬が京の危急を知らせてきた。その内容は、藤原信頼と源義朝とが結託して兵を起こし、後白河上皇(第7... [続きを読む]

» 『平清盛』 第26回「平治の乱」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ平治元年12月、ついにnbsp;争乱が勃発しました。後白河上皇は、信西におくられた「長恨歌」絵巻をみていて、ちょうど安禄山の反乱のところ。そこへやって来た信頼は、上皇に避難をすすめます。同時に、上西門院のもとへも正清が。信西の妻の朝子は、ただならぬ気配を感じ、ひとり抜け出しました。こうして上皇や門院は、反乱軍に幽閉されます。しかし、後白河上皇は悠然と絵巻物を読み続けました。平氏の館に駆け込んだ朝子は、夫を助けてくれるよう懇願。ただちに伊藤忠清が、熊野の清盛一行に... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第26話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
平氏か、源氏か-----------!?ついに全面対決となった清盛と義朝の戦い。信西もまた今までの独裁のツケを払う時が来てしまったよう。熊野詣でに出た清盛の不在を狙っての襲撃。義朝は... [続きを読む]

» 『平清盛』 第26話「平治の乱」 [英の放電日記]
今回は平治の乱の前半部分だが、私が日本史に疎いせいかその背景がわかりにくかったが、それはさておき、今回の主題は信西の最期。 1信西と清盛の友情……「おれは誰なんだ?」「誰でもよ〜い」  信西(阿部サダヲ)の窮地に、「平清盛は断じて友を見捨てぬ!」と駆けつ...... [続きを読む]

» 平清盛【第26回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
平治の乱  「おそれながら、信西入道を救い出したところで、平氏にとって益があるとも思えませぬ。あの賢きお方は、平氏と源氏を使える限りに使い、うまく手綱を操ってあの地位までのぼり、思うままに政を行ってまいりました。すなわち、信西殿がおられる限り、武士が頂にのぼれることはないと存じます。このまま動かず、信西殿が滅ぼされたのちに、中納言様を討ち、源氏を倒せば、全てが手に入りましょう」by平重盛(窪田正孝)。 この「平清盛」はあくまでも信西とは友情で結ばれているというスタンスでいきたいようなので仕方がな... [続きを読む]

« 【梅ちゃん先生】第77,78回&中間総評 | トップページ | 【ビューティフルレイン】初回プチ感想と視聴率 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31