無料ブログはココログ

« 【ゴーストママ捜査線】第1、2話感想と視聴率 | トップページ | 【サマーレスキュー~天空の診療所~】第2話感想と視聴率 »

2012年7月16日 (月)

【平清盛】第27,28回感想と視聴率

第28回の視聴率は、前回の11.7%より少し下がって、11.2%(関東地区)でした。

源義経役、神木隆之介君が演じるそうです。

神木君は、2005年の大河ドラマ『義経』でも滝沢秀明演じる義経の幼少時代を演じており、別作品で成長後の本役を演じるのは極めて異例だそうです。

神木君は9月から登場するそうです。(詳細は、Yahooニュースで)

義経、好きなので、楽しみです♪(^^)

今回、やっと生まれ、義朝が言い残した通り、牛若と名づけました♪(^^)

弁慶(青木崇高)が牛若が赤ん坊の時から常盤達を守っていたとは驚きでした(汗)

橋の上で義経と弁慶が対決して家来になるのが有名なので(^^;)

  

さて、前回は「宿命の対決」で、実質的には「平治の乱」でした。

最後の清盛と義朝の一騎打ちがなければ、とてもいい感じだったのですが・・・

無理矢理、ドラマチックにしようとしたかのような一騎打ちで、逆に興ざめしてしまいました(汗)

負けていた義朝が一騎打ちにしようと仕掛けるのならともかく、平氏は3000騎で圧倒的な優位にあるのに、わざわざ清盛も皆から離れて一騎打ちをするなんて(汗)

その上、義朝を倒して、馬乗りになって太刀で刺そうとしたのに、顔の横の地面に太刀を刺しただけ。

清盛「お前は負けたのじゃ!

 次などない戦に負けたのじゃ!」

と言いながらも、殺さず、逃がしてしまうとは(汗)

 

義朝「源氏は滅びぬ。

 我が身は滅びても、源氏の魂は断じて滅びぬ!

 清盛、また会おう!」

そう言って、髭切りを置いて、馬に乗って去りました。

 

中途半端な一騎打ちで拍子抜けでした(汗)

盛り上げたくて一騎打ちさせたなら、あそこで義朝を殺すべきでしょう。

逃がすなんて大将として甘すぎます。

でも、そうすると、史実と違ってしまうから、逃がしたのでしょう(汗)

 

そして、今回「友の子、友の妻」、

謀反の首謀者である藤原信頼(塚地武雅)は後白河上皇(松田翔太)を頼り、仁和寺に逃げ込みました。

でも、そこへ平氏の軍勢が踏み、信頼は捕らえられ、藤原成親(吉沢悠)と共に清盛邸に連れてこられました。

清盛は、この謀反人たちの処分を任され、長男・重盛(窪田正孝)の義兄である成親は許しました。

でも、信頼に対しては斬首を命じました。

武士の判断により貴族が処分できるほど、時代は変わっていました。

 

義朝は落ち延びて、尾張にいる正清の舅・長田忠致(長谷川公彦)を頼りました。

温かい出迎えに正清は安心しました。

でも、義朝は忠致の背信を悟っていました。

義朝は、忠致に太刀を置いて、風呂に入るよう促され・・・

囲まれていると気づいて、義朝と正清は刺客たちと少し斬り合った後、もう逃げられないと悟ったのか、お互いに刺し違えました。

切ない自害でした。

 

史実は、

『平治物語』では、義朝は馬も失い、裸足で尾張国野間(現・愛知県知多郡美浜町)に辿り着き、政清の舅で年来の家人であった長田忠致と、その子、景致のもとに身を寄せた。しかし恩賞目当ての長田父子に裏切られ、入浴中に襲撃を受けて殺害された。享年38歳。政清も酒を呑まされ殺害された。

『愚管抄』では、長田父子の陰謀を察知した義朝が政清に自らの首を打つよう命じ、斬首した後に政清は自害したとされる。年が明けた正月9日、両名の首は獄門にかけられた。 (Wikiより)

このドラマは、後者に近かったですね。

 

その後、頼朝の処分、清盛は殺すつもりでしたが、池禅尼(和久井映見)は家族思いの息子・家盛の面影を重ね合わせ、助命を嘆願。

清盛は、情に流されるわけにはいかないと拒否。

たとえ、友も子であっても、家盛に似ていても・・・

それでも、池禅尼は断食をしてまでも清盛に助命を迫りました。

そして、遂に、清盛は頼朝を呼び、早く殺して欲しいと言う頼朝に、伊豆への流罪を言い渡しました。

清盛「誰が殺してなどやるものか!

 真の武士がいかなるものか見せてやる!

 源頼朝を流罪に処す!

 遠く伊豆より、平氏の繁栄を指をくわえて眺めておれ!」

 

これが、後々、響いてくるんですよね(汗)

 

常盤(武井咲)は、生まれたばかりの牛若(のちの源義経)ら3人の息子と共に鬼若(青木崇高)にかくまわれていました。

ある日、常盤は鬼若の反対を振り切り、3人の子を救うために六波羅の清盛のもとに行きました。

清盛と対面した常盤は、自分はどうなってもいいので、子供達の命を助けてほしいと懇願しました。

このドラマでは、やたら清盛を美化していましたが、結局、清盛は、常盤を側女にして、子供達を助けました(^^;)

武井咲さん、「息もできない夏」といい、切ない役です(^^;)

お忙しいですね。

 

嫡男・頼朝を含め、義朝の息子達4人を助けた事が、子供達の代になってから響いてくるでしょう。

戦国時代では考えられない(後に、これを教訓にしたのかもしれませんが)、優しい英断でした(^^)

 

1160(永暦元)年、清盛はついに公卿の座につきました。

それは武士として誰もなしえなかった偉業であり、平氏の朝廷での勢いを増していきました。

清盛、威厳がつきましたね♪

義朝の最期、忠臣・正清との自害で、2人らしくて、良かったです。

つくづく前回の一騎打ちがなければ、気持ちよく繋がったと思います。

今回は、良かったです♪(^^)

 

【第27回粗筋】 (Yahoo TVより)

平清盛(松山ケンイチ)VS源義朝(玉木宏)、とうとう宿命の一騎打ちへ!のちの源平合戦につながる壮大な戦記の序章「平治の乱」、ついにクライマックス! 戦火の中での常盤御前(武井咲)と義朝のラブロマンスにも注目。懐妊した常盤のおなかには、あの牛若丸が...。平氏と源氏の最初の大激突、勝敗はいかに!? 平重盛(窪田正孝)のりりしい戦いにも目がくぎづけです。 

【第28回粗筋】 (Yahoo TVより)

源氏の義朝(玉木宏)は敗れた。京で平氏の清盛(松山ケンイチ)は、尾張の地で義朝が果てたことを知るが、嫡男・頼朝(中川大志)を何としても捜し出せと命ずる。その頃、鬼若(青木崇高)にかくまわれていた常磐御前(武井咲)が、義経を出産する。源氏はついに頼朝・義経の時代へ...来るべき源平合戦に向かって平氏と源氏、ふたつの武家の運命が大きく動き出す!

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

 

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)heart04

« 【ゴーストママ捜査線】第1、2話感想と視聴率 | トップページ | 【サマーレスキュー~天空の診療所~】第2話感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


清盛と義朝の一騎打ちは嘘臭かったですね。(\_\;(殺陣はちゃんとやってましたが、そういう問題ではなくて)

ショコラさんご指摘の通り、義朝は破れかぶれで単騎突入があり得ても、清盛はせっかく絶対優位で戦さを引っ張ってるのに。そんなんで勝負を決めるなら、ハナから大人数を動員する必要なんてありませんよ。(;゜O゜)
と、主人公が絡むと いつもリアリティがなくなります。

平氏を横綱とすると、源氏は新入幕といった感じで。土台、この段階で戦を挑むのは無理なのですよ。平氏は源氏などハシにもかけてなかったのが実態で、平氏が滅んだのは池禅尼さんの温情のせいではありません。

その後の平氏の施策への不満が頼朝への期待に繋がる訳でありまして。半分は清盛が自らがまいた種です。

それにしても 頼朝があれほどの政治的天才になり、義経が稀代の武将に育つとは。やはり千秋先輩、いや、義朝さんの血筋と言うべきでしょうか。(^-^)v

この優秀な二人のお子さんのお陰で、その後、武家の男の子はみんな殺される運命に。良かったのか、悪かったのか。

>レッドバロンさんへ

清盛と義朝の一騎打ち、やはり嘘臭かったですよね(^^;)
殺陣や剣の違い等、うまく描かれてたと満足された方もいらっしゃったようですが(汗)

>ショコラさんご指摘の通り、義朝は破れかぶれで単騎突入があり得ても、清盛はせっかく絶対優位で戦さを引っ張ってるのに。そんなんで勝負を決めるなら、ハナから大人数を動員する必要なんてありませんよ。(;゜O゜)
と、主人公が絡むと いつもリアリティがなくなります。

同感です!(^^)

>平氏を横綱とすると、源氏は新入幕といった感じで。土台、この段階で戦を挑むのは無理なのですよ。平氏は源氏などハシにもかけてなかったのが実態で、平氏が滅んだのは池禅尼さんの温情のせいではありません。

元々、軍勢の数が違うので、悪源太の言う通り、熊野詣でから帰ってくる時になぜ討たなかったのか、本当に不思議です。
あの時点なら勝ち目があったような気がするのですが(汗)

>それにしても 頼朝があれほどの政治的天才になり、義経が稀代の武将に育つとは。

頼朝は政治的天才ですか?
私のイメージは、弟まで利用した後で殺す嫌な奴で、妻に頭が上がらない恐妻家というイメージです(^^;)
義経は好きです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/55204303

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第27,28回感想と視聴率:

» 【平清盛】第27,28回感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第28回の視聴率は、7/17(火)追加予定】源義経役、神木隆之介君が演じることが分かったそうです。神木君は、2005年の大河ドラマ『義経』でも滝沢秀明演じる義経の幼少時代を演... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第28回 [日々“是”精進! ver.F]
清盛、公卿に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207150004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキング ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第28回 [日々“是”精進!]
  第二十八回「友の子、友の妻」清盛は平治の乱の首謀者である藤原信頼を斬首にした。武士の判断により貴族が処分できるほどに、時代は変わっていた。東国へ源頼朝らと落ち延びよ... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #28 友の子、友の妻 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
平治の乱、終結。 源義朝、逃亡…。 [続きを読む]

» 平清盛 第28回「友の子、友の妻」★清盛の慈悲に賭けた常磐(武井咲)のギャンブル成功!? [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第28回「友の子、友の妻」 『友の子、友の妻』というサブタイトルからして、なんかイマイチ・・・。 −◆− 謀反人の藤原信頼(塚地武雅)と成親(吉沢悠)逮捕。 成親は清盛との地縁血縁のおかげで命拾い。 一方、命乞いする信頼(塚地)に対しては「志半ばで無念の死を遂げられた信西殿が浮かばれますまい。」と清盛。 それを言うなら、信西の命により清盛に斬首された忠正(豊原功補)も浮かばれない気がしないでもない。 信頼「おもしろうないのう。」と、場違いでKYな発言。 ... [続きを読む]

» 『平清盛』 第28話「友の子、友の妻」 [英の放電日記]
保元の乱の直前辺りから、別のドラマのように面白くなっている。 しかし、1話ごとに区切って観ると評価は高いが、ドラマの繋がりを考えると、不満(疑問)点は多い。  先週から今週について言うと、清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)の一騎打ち(前話単独で観ても...... [続きを読む]

» 何事もなかったみたいだ、あれほど深かった傷跡も消して(松山ケンイチ) [キッドのブログinココログ]
「浮気な時間はいつだって勝手に流れを変えちまう」(武井咲) でも良かったのだが・・・言わば・・・「平清盛」前篇の終りとも言える回なのでここは主役で・・・。 ここからは・・・2005年の大河ドラマ「義経」に重複していく世界である。 たとえば・・・牛若こと源義経の正室である郷御前は仁安三年(1168年)... [続きを読む]

» 『平清盛』 第28話「友の子、友の妻」 [英の放電日記]
保元の乱の直前辺りから、別のドラマのように面白くなっている。 しかし、1話ごとに区切って観ると評価は高いが、ドラマの繋がりを考えると、不満(疑問)点は多い。  先週から今週について言うと、清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)の一騎打ち(前話単独で観ても...... [続きを読む]

» 【平清盛】第28回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
源氏の義朝(玉木宏)は敗れた。京で平氏の清盛(松山ケンイチ)は、尾張の地で義朝が 果てたことを知るが、嫡男・頼朝(中川大志)を何としても捜し出せと命ずる。 その頃、鬼若(青木崇高)にかくまわれ...... [続きを読む]

» 平清盛 第28話「友の子、友の妻」 [shaberiba]
お前がおらぬこの世で・・ 俺はこの先も生きてゆかねばならぬ・・・! 武士が頂に立つ世を切り開いてゆかねばならぬのだ--!(涙) 義朝の子、頼朝に叫ぶ清盛----。 でもソレは友義朝に向けて-叫んでいたのですね。 ダダ漏れする親友義朝の死を嘆く清盛の思いに ---泣きましたわ~~(涙)... [続きを読む]

» 平清盛 #28「友の子、友の妻」 [昼寝の時間]
公式サイト 落ちのびる途中の義朝親子と正清。頼朝がはぐれた理由は、髭切を探すため [続きを読む]

» 「平清盛」第28話。 [Flour of Life]
「平清盛」第28話の感想です。今週はとうとうあの人が退場です。うう…カムバーック!正清ーっ!!(<そっちかよ) [続きを読む]

» 平清盛 第28回 「友の子、友の妻」 [青いblog]
清盛 「お前がおらぬこの世で、武士が頂に成る世を築いていかねばならぬ」「乗り越えてこその武士じゃ!」「その時こそ思い知れ!指をくわえて眺めておれ!」 こういうの、クサイですか…? 私はここ、感...... [続きを読む]

» 平清盛 第28回 友の子、友の妻 [レベル999のgoo部屋]
『友の子、友の妻』 内容 ついに一騎討ちにて、義朝(玉木宏)に勝利した清盛(松山ケンイチ) 「武士とは勝つことじゃ。いかなることをしてでも、勝ち続ける事じゃ」 義朝は、頼朝(中川大志)らとともに東国へ落ち延びようとしていた。 だがその途中、頼朝がはぐれ、 ...... [続きを読む]

» 「平清盛」 第28回、友の子・友の妻 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第28回、友の子・友の妻。 平治の乱が終わり、戦後処理に入ります。 友の子・源頼朝と友の妻・常盤についての話。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男28義朝自害!清盛は頼朝と常盤御前を殺さず指を咥えて武士の繁栄を見ていろと処分を下した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第28話は平治の乱に敗れた義朝は東国へ落ち延びるが途中で頼朝ははぐれてしまった。一方首謀者の藤原信頼らの処分は後白河上皇が処分を清盛に一任し、清盛 ... [続きを読む]

» 『平清盛』 第28回「友の子、友の妻」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ謀反のトップとして追われる信頼は、仁和寺に逃げ込んでいました。彼には、ひいきしてくれた後白河上皇なら許してくれる、という期待があったのです。しかし、意味ありげに「長恨歌」をうたった上皇は、平氏の武士団に信頼を捕らえさせました。そして、すぐに処刑されたのです。重盛の義兄の成親は、特別に許されました。いっぽう、義朝は息子たちや正清とともに、東国へ向かっていました。しかし、頼朝ははぐれ、朝長は負傷で倒れ、義平は北国へ去ります。その後、正清の縁者の長田忠致をたよって尾張に逗留した... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第28話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
敗戦の将--------------。いよいよ義朝最後の時。ずっと併走して、源氏と平氏の戦いを見せてくれた義朝の存在はとても大きかった。ここまでお疲れ様でした、玉木さん♪敗軍になった源氏... [続きを読む]

» 平清盛 第28回「友の子、友の妻」〜醜きことにまみれようと必ずこの世の頂に立つ! [平成エンタメ研究所]
 義朝(玉木宏)の死。 「正清、もう木登りはおしまいじゃ」  精根尽き果て、諦念がいっぱいで、哀しくて、実にドラマチックだ。  鎌田正清(趙?和)も「もう木登りはおしまいじゃ」のひと言で、義朝が死のうとしていることを理解した。  だから抵抗して脱出する道よ...... [続きを読む]

» 平清盛9 [Nothings gonna change my love for you]
今回は、平治の乱の敗者への仕置き。 おおよそ史実通りに事が進みます。後白河が相変らずかっこよく描かれていました。 信頼は仁和寺に避難していた後白河を頼っていきます。厳しく叱責されると思いきや、後白河はねぎらいの言葉と食事を与える。そして後白河は信頼と成親に対して今様を披露する。 信西が忠告のために後白河に贈った「長恨歌」を今様風に歌い上げた後白河、その横には信頼をにらみ付ける信西の嫁兼後白河の乳母。 信頼はぴんと来ないが後白河は国を危うくする王にはなりたくないと一言。 それを待ってたかのよ... [続きを読む]

» 平清盛 第28回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
こちらも急ぎ感想となりますが でも今日もよかったよ!!!視聴率上がるといいですね~~~、ホントにそう思うっ!!!頼朝がよかったですね!!!池禅尼さんじゃなくても この子... [続きを読む]

» 平清盛9 [Nothings gonna change my love for you]
今回は、平治の乱の敗者への仕置き。 おおよそ史実通りに事が進みます。後白河が相変らずかっこよく描かれていました。 信頼は仁和寺に避難していた後白河を頼っていきます。厳しく叱責されると思いきや、後白河はねぎらいの言葉と食事を与える。そして後白河は信頼と成親に対して今様を披露する。 信西が忠告のために後白河に贈った「長恨歌」を今様風に歌い上げた後白河、その横には信頼をにらみ付ける信西の嫁兼後白河の乳母。 信頼はぴんと来ないが後白河は国を危うくする王にはなりたくないと一言。 それを待ってたかのよ... [続きを読む]

» 平清盛、嬲り殺しになった長田父子!! [函館 Glass Life]
「正清、木登りはお終いじゃ!!」、その一言で義朝が死を覚悟したと悟った 正清。 何とも美し過ぎる主従関係です 義朝は武士として潔く死のうとしたのでしょうが、清盛は違います。 美しく死ぬより生き続ける方が苦しいとhellip; 義朝にとっては千載一遇のチャン...... [続きを読む]

» 平清盛、嬲り殺しになった長田父子!! [函館 Glass Life]
「正清、木登りはお終いじゃ!!」、その一言で義朝が死を覚悟したと悟った 正清。 何とも美し過ぎる主従関係です 義朝は武士として潔く死のうとしたのでしょうが、清盛は違います。 美しく死ぬより生き続ける方が苦しいとhellip; 義朝にとっては千載一遇のチャン...... [続きを読む]

» 平清盛【第28回】NHK大河ドラマ [だらだらぐーたらぐだぐだ日記]
友の子、友の妻  「そなたに沙汰を申し渡さねばならん。が、その前に、源氏重代の太刀、髭切じゃ。かの戦にて、そなたの父義朝と一騎討ちとなった。その折に、義朝が残していった。お前はそれで気が済むだろう。ただ一心に太刀を振り回し、武士として生き、武士として死んだ。そう思うておるのだろう。だがオレはどうだ。オレはこの先も生きてゆかねばならぬ。お前がおらぬこの世で、武士が頂に立つ世を切り開いてゆかなければならぬのだ。それがいかに苦しいことかわかるか。いかに虚しいことかわかるか。だがオレは乗り越える。乗り越え... [続きを読む]

« 【ゴーストママ捜査線】第1、2話感想と視聴率 | トップページ | 【サマーレスキュー~天空の診療所~】第2話感想と視聴率 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30