無料ブログはココログ

« 【梅ちゃん先生】第20週視聴率&第21週(8/20~8/25)感想と粗筋 | トップページ | 祝300万HIT通過、ありがとう♪(^^) »

2012年8月27日 (月)

【車イスで僕は空を飛ぶ】感想と視聴率&24時間TV高視聴率

「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(25日PM6:30~26日PM9:09)の全放送時間(26時間39分)の平均視聴率は17.2%(関東地区)でした。

全35回のうち、歴代5位タイ(1位は05年の19.0%)の好視聴率だったそうです。

瞬間最高視聴率は39.1%で、これは26日PM8時57~58分で、チャリティーマラソンでプロレスラーの佐々木健介・北斗晶ファミリーがゴールした場面でした。

26日夜にAKB48の東京ドーム公演を中継した時間帯を含む「PART9」枠の平均視聴率は23.9%でした。

尚、関西地区では全放送時間平均17.1%(歴代3位)、瞬間最高は26日午後8時59分に39.9%をマーク。

どちらの地方も24時間マラソンが好きなようです(^^;)

<参考ニュースはこちら

                    * * *

前夜の24時間テレビ・ドラマスペシャル『車イスで僕は空を飛ぶ』の平均視聴率は、23.8%(関東地区)でした♪

視聴率も内容も素晴らしかったです♪(^^)

お涙頂戴の感動ドラマはあまり好きではないのですが、ニノ(二宮和也君)が好きなので、このドラマ見ました♪(^^)

「車イスで空を飛ぶ」とは、そういう意味だったんですね(汗)

山の上の崖から、海に飛び降り自殺しようとしたのでした(^^;)

もっと夢のある「飛ぶ」かと思ったので、実は暗い意味合いで驚きました。

ただ、この崖のシーン、泣いてしまいました(^^;)

   

長谷部泰之(二宮和也)は、チンピラに追われて逃げ、隣のビルに飛び移ろうとして、転落。

脊髄を損傷し、車イス生活を余儀なくされてしまいました。

それまで別居していた母・はる子(薬師丸ひろ子)と二人暮しを始めましたが、はる子が過労で倒れて、入院してしまいました。

その上、入院費が払えず、母は行方不明に。

「存在自体が迷惑な自分」に嫌気がさした泰之は、自殺を決意。

どうせなら皆に迷惑をかけて死んでやろうと、山へ出かけたのですが、その途中の迷惑って、車椅子で外出するには普通の事で(汗)

道を渡るのに、数人に歩道橋を車イス運んで貰ったり、駅員さんに電車に乗せて貰ったり・・・

こんなの仕方ない事で、全然、迷惑じゃないですね。

死ぬつもりなので、手ぶらで山登りに出かけたら、登山道でタイヤが石に引っかかって動かなくなってしまい、浮浪者のような人が車椅子を押してくれたり・・・

登山客が沢山いて、皆が自殺するのではないかと心配して、ぞろぞろついて来たり・・・

面白かったです♪(^^)

結局、死なないで戻ってきて良かったです。

「助けて」と言える事が大切ですね。

日本には優しい人が沢山いるので、声を出せば、きっと助けてくれるでしょう♪

 

安田顕さん、最近、医師役、多いですね。

「SPEC」、「ビューテイフルレイン」に続き、3本めです(^^;)

 

はる子さん、最初は息子にたかってダメな母親かと思いました。

でも、息子の泰之が脊髄損傷で歩けなくなってから、愛情が分かり、いい母親でした♪

 

はる子が付き合っていた井原製作所の社長・井原(光石研)、嫌な男ですね。

自分の会社がいくら資金繰りが大変とはいえ、はる子の息子の障害者手当ての申請書をコピーして、これを担保にお金を借りようなんて。

さすがに、はる子はこれだけはダメだと死守してくれました。

泰之の父はDV男だったようだし、はる子さん、男運のない人ですね(^^;)

これがきっかけで、はる子は井原と別れました。

はる子は、まだ泰之の足が治るかもしれないと信じていて、国から貰える障害者手当ての申請をしませんでした。

とりあえず申請して、もし、歩けるようになったら貰うのを辞めればいいのに(^^;)

でも、治らないのに治ると、バカみたいに信じる気持ち、分かります。

それを馬鹿にして笑った井原を、泰之は両手で叩きました。

井原は怒って、仕返ししようとしましたが、車椅子の障害者を殴ったら何と言われるか分からないと、殴るのをやめました。

障害者に対する周りの態度も興味深かったです。

最初の脊椎損傷のきっかけとなったチンピラ達も、車椅子の泰之には、殴りませんでした(^^;)

もう泰之の顔すら覚えてなくて、あの時のまま、進歩のない生活を送っていました。

 

泰之は、事故後、変わりました。

一度は落ち込み、自殺しようとしましたが、「助けて」という一言が言えて、逆に、人を助けたいと思うようになりました。

歩けなくなって、逆に、彼は、充実した生活を送るようになったのでした。

良かったですね♪(^^)

心理カウンセラーへの第一歩を歩き出しました。

 

話は戻りますが、必死に時給のいい深夜のバイトと昼間のバイトと掛け持ちして、過労で倒れてしまったお母さん。

はる子「歩けない息子の足、引っ張っちゃ、ダメだね」と言い、泣いてたのに、

入院費が払えないと、勝手に退院して行方不明になってしまいました。

その後、どうしているのかと思ったら・・・

自殺しようとしていたそうです。

泰之の最初のカウンセラーの相手は、自殺未遂の母、はる子でした。

このおかあさん、好きです♪(^^)

息子は、車イスですが、仕事も見つけたし、心理カウンセラーもするようになって、結構、頼りになるかもしれません(^^)

これから、母子で仲良く暮らして欲しいものです♪

 

あと、病院の売店の店員だった加藤久美(上戸彩)、息子を死なせてしまった過去があったようですが・・・

彼女と泰之、お似合いだと思います♪

はる子とも仲良しだし、ぜひ結婚して欲しいものです(^^)

 

幼い石井大輔(鈴木福)君は、ガンで余命僅か。

星を見るのが好きで、流星が見られるのを楽しみにしていましたが、生憎、曇ってしまい、見られませんでした。

次に、見られるのは5年後とのこと。

「その頃は中学生だね」と、久美は言いかけましたが、まずいと思って後悔・・・

泰之は「その頃は、チ○コに毛、生えてんな」と言い、笑いを呼びました。

大輔君は自分が抗がん剤治療を受けてると知っているので、きっと長生きできない事も知っているのでしょうね。

星が綺麗に見える田舎の病院に転院していきました。

泰之と久美が見送りましたが、もう二度と会えないかもしれないと思うと辛いものがありました。

 

このドラマは不幸な人が多かったです。

同じ脊椎損傷の佐山タケヒロ(池松壮亮)、リハビリ、模範生で、就職先も決まって、順風満帆で病院を退院しましたが・・・

泰之の携帯に電話してきましたが、泰之は出ないで切ってしまいました。

でも、後で聞いたら、その直後に自殺してしまったようでした。

あんなに上から目線だった彼にも悩みがあったんですね。

後遺症が思ったより酷くて、仕事に穴を開ける事が多く、クビになってしまったそうです。

泰之は電話に出なかった事を後悔して・・・

そんな繊細な心の持ち主の泰之に、カウンセラーの南英明(伊勢谷友介)が目をつけ、グループカウンセリングに誘ってくれました。

グループカウンセリングに久美も誘われて、泰之は久美の秘密も知りました。

久美が参加する会に泰之も誘ったなんて、南さんは2人を結びつけようとしていたのでしょうか?

タケヒロが久美を好きだと言っていたのですが、告白できないまま、死んでしまいました。

久美の心を癒せるのは、やはり泰之だと思います♪(^^)

 

半身不随になって、「終わった人生」ではなく「始まった人生」。

事故直前の語りも良かったです。

「そういえば、これが自分の足で走った最後だった。

クソみたいな俺の人生から逃げるために」

逃げられて良かったです♪(^^)

 

どん底の不幸な人だらけのドラマでしたが、根底は人間愛に溢れていて、温かいドラマでした♪

二宮君も上戸さんも素敵で、何より薬師丸さんの名演技が光りました♪(^^)

24時間テレビの実話を元にしたドキュメントドラマでしたが、

丁度、もうすぐ「パラリンピック」なので、そういう意味でもいい時期だったと思います。

苦難を乗りこえて、事故前より幸せに生まれ変われる事もあるという、前向きな、いい見本でした♪(^^)

  

【原作】 長谷川泰三 『命のカウンセリング』(あさ出版)

【脚本】 寺田敏雄

【演出】 佐久間紀佳

 

【粗筋】 (公式HPより)

チンピラ崩れのダメ男・長谷部泰之(二宮和也)は転落事故により脊髄を損傷し、
車イス生活を余儀なくされる。
絶望の中、泰之は幼い石井大輔(鈴木福)と売店の店員・加藤久美(上戸彩)、
同じ脊椎損傷の青年(池松壮亮)、カウンセラーの南英明(伊勢谷友介)らに出会い、
次第に打ち解けていく。
彼らとの出会いから、泰之は真剣にリハビリに取り組み始める。
だが大輔に残された命はあとわずかだった。

さらに久美も突然、病院から姿を消してしまう。
実は彼女も悲しい過去を背負っていた。

やがて退院した泰之は、母・長谷部はる子(薬師丸ひろ子)と二人暮しを始めるが、
はる子が過労で倒れてしまう。
「存在自体が迷惑な自分」に嫌気がさした泰之は、自殺を決意する。
果たして泰之は自分の人生をどう切り開き、どう未来を見つめていくのか--。

 

【主要キャスト】

長谷部 泰之 - 二宮和也(嵐)

加藤 久実 - 上戸彩

佐山 タケヒロ - 池松壮亮

小宮山 直哉 - 安田顕

石井 大輔 - 鈴木福

井原 卓夫 - 光石研

西崎 耕太 - 高橋努

江端 美乃里 - 金澤美穂

南 英明 - 伊勢谷友介

長谷部 はる子 - 薬師丸ひろ子

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【梅ちゃん先生】第20週視聴率&第21週(8/20~8/25)感想と粗筋 | トップページ | 祝300万HIT通過、ありがとう♪(^^) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/55521581

この記事へのトラックバック一覧です: 【車イスで僕は空を飛ぶ】感想と視聴率&24時間TV高視聴率:

» 【車イスで僕は空を飛ぶ】感想と視聴率&24... [ショコラの日記帳]
「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(25日PM6:30~26日PM9:09)の全放送時間(26時間39分)の平均視聴率は17.2%(関東地区)でした。全35回のうち、歴代5位タイ(1位は05年の19.0%)の... [続きを読む]

» 24時間テレビドラマスペシャル「車イスで僕... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
クソみたいな俺の人生から逃げるために------。24時間テレビのスペシャルドラマを見ました(^^)ニノのドラマだし、楽しみにしてました♪元ヤンで、どうしようもない人生を送ってい... [続きを読む]

» 【車イスで僕は空を飛ぶ】日本テレビ24時間テレビ35「愛は地球を救う」ドラマスペシャル [ドラマ@見取り八段・実0段]
さっきの俺みたいに、助けてって言えばいいんじゃないんですかね。 そういうのって、死ぬほど恥ずかしくて情けないことなんですけど 結果、死なないから。 大丈夫なんですって。 今日を生きたら明日は...... [続きを読む]

» 24時間テレビ35 SPドラマ「車イスで僕は空を飛ぶ」 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
日テレ『24時間テレビ35』(公式)内のスペシャルドラマ『車イスで僕は空を飛ぶ』』(公式)の感想。 ここは、ドラマの感想です。実話ベースのドラマではありますが、あくまで一本のフィクションのドラ...... [続きを読む]

« 【梅ちゃん先生】第20週視聴率&第21週(8/20~8/25)感想と粗筋 | トップページ | 祝300万HIT通過、ありがとう♪(^^) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31