無料ブログはココログ

« なでしこ、準決勝、フランスに勝利♪銀メダル以上確定♪ | トップページ | 【梅ちゃん先生】第18週視聴率最高/大感謝祭応募/第109-113回 »

2012年8月 8日 (水)

【平清盛】第31回感想と視聴率大河最低「伊豆の流人」

レビュー、遅くなってしまって、すみません。

裏にロンドン五輪の女子マラソンの中継(22.5%)があったので、今回の視聴率は悲惨でした。

関東地区で7.8%、関西地区は8.1%でした。

記録のある1989年以降で、最低だった「花の乱」の94年8月14日放送の10.1%(関東)を大幅に下回り、ワースト記録を更新ししたそうです。

この夏の視聴率は、五輪中継に左右され、ドラマの面白さとは比例しない状態になっています。

全然、参考にならないでしょう。

でも、大河の最低記録として残ってしまうのは、残念です。。。

ただ、今までも4年に1度、オリンピックはあったのですが(汗)

尚、来週(8/12)は、五輪・男子マラソン中継のため、お休みで、次回は8月19日(日)です。

   

今回から第3部です。

遂に、頼朝が18歳になり、岡田将生君に代わりました♪

伊豆・蛭ケ小島(ひるがこじま)に流されてから5年が経ちました。

1164年、伊豆の頼朝から始まり、第3部から主役が頼朝に変わってしまったかと思うような始まり方でした(^^;)

思えば、このドラマの初回の冒頭も頼朝から始まりましたね。

ナレーション担当でもあるし、これから頼朝の出番、増えるのかもしれませんね(汗)

北条時政役は、遠藤憲一さんでした。

家人の藤九郎(塚本高史)と、地元の豪族で頼朝の見張り役の伊東祐親(すけちか・峰竜太)と、その娘・八重姫(福田沙紀)と、こちらも豪華キャストです。

まだ、北条政子(杏)は登場しませんでした。

頼朝は、八重姫に一目惚れしたみたいでした♪

八重姫は悲しい逸話が残ってるんですよね。

清盛の最初の妻といい、最初の妻はなかなか幸せになれないですね(^^;)

どちらも最初の結婚の方が愛があったと思うのですが(汗)

当時は、政略結婚の方がうまくいったのかもしれませんね(^^;)

 

清盛は、博多のような港を都の近くに作る計画を兎丸など、平家の皆に説明しました。

後白河上皇(松田翔太)と二条帝(冨浦智嗣)の対立が深まり、清盛はどちらにもいい顔をしていました(^^;)

時子は二条帝の乳母で、その妹、滋子(成海璃子)は後白河上皇の妻で、皇子・憲仁(のりひと)がいます。

対立しているどちらが勝っても、平家は大丈夫なようになっています(^^;)

 

政を行っていたのは二条帝で、後白河上皇は政に関われず、不満が溜まっていました。

11月14日、二条帝に待望の皇子・順仁(のぶひと)様が生まれました。

可愛い赤ちゃんでした♪

滋子と後白河上皇の皇子・憲仁様、大きくなりましたね♪

前回、生まれたばかりだったのに、月日が経ったのをこの子を見て感じました(^^;)

 

後白河上皇は、千体の千手観音を作りましたが、それを収めるお堂がなく、困っていました。

清盛は、それらを収める蓮華王院(三十三間堂)を後白河上皇に献上しました。

後白河上皇は、蓮華王院に大満足。

褒美に、清盛は、嫡男・重盛(窪田正孝)を公卿にして貰いました。

三十三間堂、私も何度か行った事がありますが、清盛が献上した物だったとは(汗)

蓮華王院という名前の方が素敵ですね♪

後白河上皇は、二条帝に蓮華王院を見に来るよう言いましたが、二条帝は行きません。

重盛が、「おそれながら~」と二条帝に父の後白河上皇の願い通り、蓮華王院に行くよう薦めたので、二条帝は怒り・・・

清盛も、後でカンカンに重盛を叱りました。

自分も鳥羽法皇と崇徳上皇の間をとりもとうとした事があったのに、今は立場が変わりました(汗)

親子の仲をとりもとうとするのは青臭いという事でしょうか?

重盛には、父は修羅の道を突き進んでいるとしか思えないようです。

 

2人の溝が深まったまま、二条帝が病に倒れてしまいました。

7月7日、二条帝は、生後8ヶ月位の順仁に譲位。六条天皇が誕生しました。

二条帝「わが子、順仁に譲位する。

 順仁でなければ、上皇の子に譲位する事になろう。

 上皇に政をさせてはならぬ!」

譲位して、僅か20日あまり後、二条帝は23歳の若さで崩御しました。

 

千人の僧を連れて、後白河上皇が弔いに来ました。

後白河「千人の僧がそなたの死を弔ってくれよう。

 打ち鳴らせ!」

これ、どこが悪いのでしょうか?

僧侶が弔うため、念仏を唱えて鉦や太鼓を鳴らすのは悪くないと思うのですが(汗)

今でもお葬式ってそうですよね。

比叡山の僧=悪僧?

比叡山の僧たちがする事は何でも悪いということ?(^^;)

 

清盛「相も変わらず、赤子の如きお方にござりますな。

 帝が『親などおらぬ』と仰せになったのも道理。

 あなたさまは手のかかる厄介な赤子にござりました。

 『赤子にこの国を託す訳にはゆかぬ』

 それが亡き帝の悲痛な思いであったと心得ます。

 この平清盛、全身全霊をもって、亡き帝の思いをお守り致す所存!

 お引取り下さりませ」

後白河「読めたぞ。 そなた、朝廷を思うままに操るつもりであろう?

 危ない危ない。 騙されるところであった」

後白河上皇は輿に乗って、笑いながら僧たちと帰りました。

 

それを評価され、清盛は大納言に昇格。

重盛も父を見直したようです(^^)

 

池禅尼(和久井映見)が危篤になり、清盛たちが駆けつけました。

池禅尼に清盛は、大納言に昇ったと報告。

池禅尼「なんと満ち足りた一生か。かように大勢の子や孫に囲まれて」

池禅尼(清盛に)「清盛、後は頼みましたぞ」

池禅尼(頼盛に)「断じて絶やしてはならぬ」

池禅尼は清盛に平家の行く末を託し、頼盛に平家を絶やさぬように告げて生涯を終えました。

やはり清盛はよそ者で、血の繋がった息子は可愛いのかも?(^^;)

 

第3部を頼朝から始め、池禅尼の死を同じ回に入れるというのは、なかなか意味深だったような気がします。

頼朝は池禅尼の恩を忘れず、伊豆国で挙兵した後もその息子である頼盛を優遇し、平家滅亡後も頼盛の一族(池氏)は朝廷堂上人および幕府御家人として存続したそうです。(Wikiより)

義経達には冷酷でしたが、受けた恩は忘れず、いい人ですね(^^)

 

頼朝は、伊豆で、八重姫を抱きました。

今のところ、頼朝、写経三昧で、ちゃんと罪人らしくし・・・

母の形見の笙を吹いて、女と遊び、のんびり楽しそうでいいですね♪(^^;)

でも、八重姫の父・伊東祐親は、京のお勤めで清盛の様子を見ていて、かなり恐れた様子(汗)

これ、その後の祐親の行動のいい伏線になっていたと思います(^^)

 

清盛は、後白河上皇が危ぶむくらい、立派になってきました。

新天皇の六条天皇は赤ちゃんですからね(汗)

代わりに権勢をふるうのは誰でしょう?

次回は、清盛対後白河上皇になるでしょうか?

   

次回は、「百日の太政大臣」。

松田聖子さんが再登場しそうです(^^;)

 

【第31回粗筋】 (YahooTVより)

1164年、伊豆蛭ケ小島。そこに18歳に成長した義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)の沙汰で流罪となった頼朝は、家人の藤九郎(塚本高史)と共にこの島で暮らしていた。一方、清盛は後白河院(松田翔太)と対立する二条帝(冨浦智嗣)の親政の下、朝廷での力を伸ばし、港湾の整備などに乗り出そうとしていた。清盛は二条帝にも取り入りつつ、後白河院にも蓮華王院を献上するなどして、朝廷内でうまく立ち回る。清盛の嫡男・重盛(窪田正孝)はそんな父のやり方に納得がいかず、後白河院のために建立した蓮華王院に参詣するよう、二条帝に進言し、清盛の怒りを買う。そんな中、突然、病の床についた二条帝は、2歳のわが子・順仁(=六条帝)に譲位し、憲仁を抱える後白河院の院政の阻止を図るが、そのまま崩御する。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

[第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

[第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

第29回]10.7%  [第30回]11.4%  [第31回]7.8%

第2~16回までは、第29回から飛んで下さい。全話、レビューあります。

 

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« なでしこ、準決勝、フランスに勝利♪銀メダル以上確定♪ | トップページ | 【梅ちゃん先生】第18週視聴率最高/大感謝祭応募/第109-113回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

予想できた事とはいえ、視聴率は悲惨なことになってしまいました。coldsweats02

普通はオリンピックが終わった後で、第三部に入ると思うのですが、不思議な構成ですよね。

かつての「新平家物語」は第1回が平家納経でした。厳島神社での華麗なる水上のページェント(野外ロケ)から始まり、それから反転して清盛の若き日の物語が始まるという構成をとっていました。奇しくも初回視聴率は同じ17、3%でしたが、アチラは尻上がりでした。

ショコラさんの視聴者代表としての疑問の一つ、重盛が二条帝になぜ意見をしていけないのか?
後白河院と滋子さんの間に生まれた重仁親王を東宮に立てようとして流された時忠は平家の一門でした。(ちなみに平治の乱の首謀者の信頼は後白河院の寵臣でした!?) 二条帝と後白河院の仲が険悪になったのには、平家の責任もある訳でありまして。

親子仲良くったって、お前が言うか(怒)ひょっとしたら政権簒奪を図る黒幕は後白河院そのものではないのか、と二条帝側が不信感を募らせるのは当然と思われます。

制作者・脚本家が平治の乱以降を何となく描いていて、実は構造的には理解していない証拠だと思います。時折、そういう浅さ、未熟さが出ますね。
難しい歴史の話は除いても、もう少し盛り上げようがあるような気がしますが。^_^;

>レッドバロンさんへ

>予想できた事とはいえ、視聴率は悲惨なことになってしまいました。
>普通はオリンピックが終わった後で、第三部に入ると思うのですが、不思議な構成ですよね。

ほんとですね。
その上、8月12日はお休み。
いっそのこと、五輪期間中は全部お休みにしてしまって、その後で第3部にした方が良かったと思います。

>かつての「新平家物語」は第1回が平家納経でした。厳島神社での華麗なる水上のページェント(野外ロケ)から始まり、それから反転して清盛の若き日の物語が始まるという構成をとっていました。奇しくも初回視聴率は同じ17、3%でしたが、アチラは尻上がりでした。

そうなんですか。
「新平家物語」、私は見てないです(汗)
尻上がりに視聴率が上がったなんて、内容、良かったんですね(^^)

>ショコラさんの視聴者代表としての疑問の一つ、重盛が二条帝になぜ意見をしていけないのか?
>後白河院と滋子さんの間に生まれた重仁親王を東宮に立てようとして流された時忠は平家の一門でした。(ちなみに平治の乱の首謀者の信頼は後白河院の寵臣でした!?) 二条帝と後白河院の仲が険悪になったのには、平家の責任もある訳でありまして。
>親子仲良くったって、お前が言うか(怒)ひょっとしたら政権簒奪を図る黒幕は後白河院そのものではないのか、と二条帝側が不信感を募らせるのは当然と思われます。

なるほど☆(^^)
説明、ありがとうございます♪(^^)

>制作者・脚本家が平治の乱以降を何となく描いていて、実は構造的には理解していない証拠だと思います。時折、そういう浅さ、未熟さが出ますね。
>難しい歴史の話は除いても、もう少し盛り上げようがあるような気がしますが。^_^;

今回も親子の関係に絞っていたような気がします。
このドラマ、いつも親子関係、家族愛に持っていこうとする事が多く、そいう視点ではマンネリ気味かも?(汗)
史実はいろいろ入っているようですが、それをどういう視点でまとめるか、難しいですね(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/55380391

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第31回感想と視聴率大河最低「伊豆の流人」:

» 【平清盛】第31回感想と視聴率大河最低「伊... [ショコラの日記帳]
「伊豆の流人」レビュー、遅くなってしまって、すみません。裏でロンドン五輪の女子マラソンの中継(22.5%)があったので、今回の視聴率は悲惨でした。関東地区で7.8%... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第31回 [日々“是”精進! ver.F]
清盛、大納言に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208050004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキン... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第31回 [日々“是”精進!]
  第三十一回「伊豆の流人」1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝がいた。5年前、清盛によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎とともに暮... [続きを読む]

» 『平清盛』 第31回「伊豆の流人」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ長寛二年(1164年)、伊豆の蛭ヶ小島に流されていた頼朝は、静かに蟄居していました。監視役の豪族で、伊豆に勢力をもつ伊東祐親は、この流人を厄介者あつかいしています。しかし、頼朝自身は、かつて源氏の嫡男として京で過ごした日々さえ忘れるような気分。そのころ、京では清盛が宋との交易拡大を本腰で計画していました。ただし、一門の者たちも理解できず、まして古式典礼を重んじる公家たちは無関心。そんなとき、二条天皇に順仁親王が誕生しました。後白河院は、ますます政治の舞台から遠ざかり、多数... [続きを読む]

» 【平清盛】第31回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。 5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎 (塚本高史)とともに暮らして...... [続きを読む]

» 平清盛 第31回 伊豆の流人 [レベル999のgoo部屋]
『伊豆の流人』 内容 伊豆・蛭ケ小島に流罪となって、5年。 青年となった頼朝(岡田将生)は、藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。 かの義朝の子どころか、武人とは思えぬ面相を持って。。。。。 一方、清盛(松山ケンイチ)は、宋との取引の円滑化を図るため、...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 「平清盛」 #31 伊豆の流人 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
流石に先週の件があるから、延長はせず行うんですね、今週は。 さて第3部です。源氏の反撃が始まります。 岡田頼朝も本格登場です。 オープニングも清盛の弓のシーンが、舞をさすシーンに変わりましたねぇ。見とれてしまいました。... [続きを読む]

» 平清盛 第31回「伊豆の流人」〜赤子にこの国を託すことなど出来ぬ! [平成エンタメ研究所]
 後白河上皇(松田翔太)とつかず離れずの一定の距離をとっていた清盛(松山ケンイチ)。  しかし今回、敵対宣言! 「手のかかる厄介な赤子にこの国を託すことなど出来ぬ!」  すると後白河上皇も。 「危ない、危ない。あやうくダマされるところであった」  こうして...... [続きを読む]

» 平清盛 第31話「伊豆の流人」 [坂の上のサインボード]
 後白河上皇(第77代天皇)と二条天皇(第78代天皇)の確執が深まるなか、平清盛は政治的には二条帝自ら政治を行う親政を支持していた。清盛が後白河院政を支持しなかったのは、ひとつには妻の時子が形式的にせよ二条帝の乳母になっていたからであろうが、もうひとつの理由は、『愚管抄』に清盛をして「後白河院ノ御世ニテ世ヲシロシメスコトヲバイカガトノミ思エルケルニ」と記していることからも分かりるように、内心では後白河院の帝王としての資質に疑問を抱いていたからに違いない。それでも清盛は、二条だけに肩入れするこを避け、... [続きを読む]

» 平清盛 第31回 「伊豆の流人」 [青いblog]
フハハハハハって!!!!!!!!!!!笑 暴走族みたいだったな~~、最後の乱入… 毎度終わり頃に盛り上げてくれる。 後白河上皇、結婚して大人になったのかとおもいきや、これっぽっちも立ち直ってな...... [続きを読む]

» 平清盛 第31回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
ついに・・・最低視聴率を更新してしまいましたが(^^;)この日はわたしはごめんなさい、マラソンは見てなかったんですが!・・・大河も途中から見ました・・・m(__)mいや〜〜・・・でも... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第31話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
第3部開幕--------!!ついに源氏側の成長も見られるこの3部がやってきました!!平治の乱から5年。成長した頼朝は流罪となった伊豆にて写経の毎日。藤九郎という側近と共につつま... [続きを読む]

» 平清盛13 伊豆の流人 [Nothings gonna change my love for you]
第31回 2012.8.5放送予定 「伊豆の流人」 1164年、伊豆・蛭ケ小島。そこに18歳に成長した源義朝の子・頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)によって流罪となった頼朝はここに流され、家人の藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。一方、清盛は、後白河上皇(松田翔太)と対立する二条天皇(冨浦智嗣)の親政のもと、朝廷での力をのばし、港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。清盛は二条天皇に取り入りつつ、後白河上皇にも蓮華王院(三十三間堂)を献上するなど、朝廷内でう... [続きを読む]

» 『平清盛』第31話>赤子 [何がなんだか…ひじゅに館]
第31話『伊豆の流人』 「はい、ひとしきり」by藤九郎 成長した源頼朝登場。 状況を説明する頼朝自身のナレーションを補足して まるで舞台劇の様に一人語りする藤九郎。 その芝居がかった様子...... [続きを読む]

» 『平清盛』第31話>赤子 [もう…何がなんだか日記]
第31話『伊豆の流人』「はい、ひとしきり」by藤九郎成長した源頼朝登場。状況を説明する頼朝自身のナレーションを補足してまるで舞台劇の様に一人語りする藤九郎。その芝居がかった... [続きを読む]

» 平清盛14「絶やしてはならぬ」 [Nothings gonna change my love for you]
池禅尼がついに亡くなってしまいましたね。 彼女の「断じて絶やしてしはならぬ」は清盛に向けて言ったのか、頼盛へのことばだったのか。。。。 彼女は何を絶やしたくなかったのでしょうか? このドラマ的には「武士の世への道筋」ではないでしょうか? 最初の方は観ていなかったのですが、このドラマの忠盛さんも武士の権力上昇、権益保全を考えていたのなら、「武士の世への道筋」は、 武力の行使者としてのカリスマ的に最初は源義家親子が開き、 忠盛さんが経済的基礎を固め、為義さんが武ばったところを見せ... [続きを読む]

« なでしこ、準決勝、フランスに勝利♪銀メダル以上確定♪ | トップページ | 【梅ちゃん先生】第18週視聴率最高/大感謝祭応募/第109-113回 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30