無料ブログはココログ

« 【平清盛】第35回感想と視聴率「わが都、福原」 | トップページ | 杏さんin『あさイチ』 »

2012年9月12日 (水)

【GTO】最終回(第11話)感想と視聴率と総評

「さらば鬼塚...生徒全員が涙!最後のグレート授業!」

早くも10月2日(火)21時から、2時間半スペシャルをやるそうです♪

2時間半とは長いですね(汗)

さすが、今期視聴率No1ドラマですね♪(^^)

今度は、バスジャック?

楽しみです♪(^^)

 

最終回の視聴率は、前回の11.7%より上がって、14.3%でした。

初回と第8話の15.1%には届きませんでしたが、それに次ぐ高視聴率で、有終の美を飾りました♪

このドラマは、1998年、反町隆史さん主演のドラマのリメイクでしたが、古く感じませんでした。

前作は平均視聴率28.5%で、最高視聴率は最終回の35.7%でした。

今作の平均視聴率は13.2%で、前作の半分以下でしたが、それでも今期No1視聴率です(^^;)

ドラマの視聴率、全体的に下がってしまっています(汗)

 

皆さん、ご存知の通り、袋田先生役のスギちゃんが、他の番組の収録中、10mの高飛び込みから飛び降りて、骨折。入院してしまいました。

「GTO」最終回の脚本は既にできていたそうですが、まだ撮影してなかったので、出番のないよう脚本を書き換えたそうです。(スポニチより)

折角の最終回、スギちゃん、出られなくなってしまって、残念でした。

ドラマの最後の方で、「袋田先生の筋肉教室」のポスターが写真入りであったので、存在感があって、良かったです♪(^^)

 

最終回は、学苑の改革を推し進める新校長・大門美鈴(西田尚美)が中止にした文化祭を鬼塚先生(AKIRA)がやらせて、生徒達に笑顔を戻そうと頑張りました♪

でも、それを大門校長の息子達、菊地善人(高田翔)と渋谷翔(野村周平)が邪魔をして・・・

見かけは文化祭で派手でスケールが大きそうでしたが、実際は、大門校長の母子の問題のようでした(^^;)

いろいろな生徒の家庭の問題をやってきたので、最後は、菊地の家庭の問題だったのかもしれませんね(^^;)

菊地は大門の実子ですが、離婚した時、別れてしまったようです。

そして、再婚した時の夫の連れ子が、渋谷翔でした。

菊地が苗字が違うのは分かりますが、大門校長と渋谷、どうして苗字が違うのでしょう?(^^;)

前回から急に始まった新校長の無理な学苑改革の話より、第9話までの担任外しの話の方が良かったです。

第8話は、担任外しの真相が分かったので、最高視聴率だったのでしょう。

それでもう終わってしまったような感じで、第10~11話(最終回)の新校長が来てからの話は付けたしみたいでした(汗)

 

一度は教師を辞めてしまった鬼塚先生でしたが、2年4組の担任として復帰しました。

鬼塚に脳動脈瘤が見つかりました。

医師「このまま放置し続けると命の保証はできません。早期の治療をお勧めします」

などと言われたのに、鬼塚は生徒達の事が心配で、治療を受けませんでした。

その後、渋谷に殴られて倒れ、ICUで昏睡状態だったのに、バイクで校長室に突っ込んできたり・・・

まるで不死身のようでした(笑)

あり得ないと思いながらも、あのバイクで突っ込んだシーン、カッコ良かったです♪(^^)

 

話は前後しますが、渋谷は、校長が中止したのにやっていた文化祭をやめさせるために、文化祭に人を沢山連れて乱入。

止めようとした鬼塚を殴りました。

鬼塚を2年4組の皆が「ダチだから」と守りました。

渋谷達は逃げて行きましたが、その直後、鬼塚は血を吐いて倒れてしまいました。

 

渋谷が鬼塚を殴ってこん睡状態と報告を聞き、大門は動揺。

大門「あの子は私の子でも何でもない。あんなできそこない。

 これで私が進めてきた改革も全部台無し。

 それどころか、私は犯罪者の親。

 いいえ、元々、血も繋がってない子よ。

 再婚した相手の・・・夫の連れ子であって、私の子なんかじゃない。私は関係・・・」(ないわ)と言い掛けたところで、桜井理事長が殴りました。

桜井「なんて事言うの?!

 あの子にとっての母親は、あなたしかいないのよ!

 あの子の心の傷が分からないの?」

それを校長室の外で聞いていた渋谷が絶望して入って来ました。

渋谷「もういいよ。 もう誰も信じない。 全員、ここで死んでもらう」

渋谷は、爆弾を爆発させようとして、止める桜井ともみ合いになり、爆弾が転がりました。

桜井「これ以上、罪を犯させない! やり直すの、大門先生と一緒に。

 私もね、まだやり直しの途中なの。

 でも、間違いに気づけたら、人はその時点からやり直せるよ。

 ね、渋谷君、だから、死んではダメ! 生きてやり直すの」

渋谷「黙れ!」

渋谷、桜井を突き飛ばし、爆弾を拾ってピンを抜き、投げる。

窓ガラスを破って、鬼塚がバイクで入ってきて、投げられた爆弾を掴み、外へ投げ、爆発する。

鬼塚「死んでも何も始まんねえぞ、渋谷」

桜井、安堵。

鬼塚、大門の前に行き、

鬼塚「何が理想の教育だ。てめえの息子一人、面倒見れねえ奴が教育語ってんじゃねえよ。

親ってのはな、子供が一番最初に出会う教師なんだよ。

子供はな、親から最初に愛ってもんを学ぶんだよ。

だから、他人の痛みが分かる、喜びが分かるようなんだ。

そんで、ちゃんと心から笑えるようなるんだよ。

見てみろよ、渋谷の顔。笑ってるか?

泣いてんじゃねえか、ばかやろう!

泣きながら、母ちゃん、母ちゃんって、叫んでんじゃねえか。

なんで振り向いてやんねえんだよ。

なんで、てめえのその手で抱きしめてやんねえんだよ!

学歴とか偏差値とか、てめえの目で見えるものばかりで判断しねえで、子供の心を見ろよ!

頭で考える前にな、てめえの精一杯の愛でぶつかれよ!

こいつに愛を教えられんのは母親のあんたしかいねえんだぞ。

親子が寄り添う時間にな、無駄なんてこれっぽっちもねえんだよ」

渋谷「ううう・・・」と泣く。

大門「翔・・・」

菊地が来る。

大門「善人・・・」

菊地「俺、やり直すよ。自分の道は自分で見つけるから。笑えるように。

 だから、母さんも今度会う時は、笑えるようになってくれよ。

 これ以上、窮屈はごめんだ。

(渋谷を見て)こいつの事、頼んだよ」

大門「ごめんね、善人。ごめん・・・」

 

大門校長、これで反省できたのでしょうか?

菊地には謝りましたが、渋谷にはあんな酷い事を言ったのに謝ってなかったような(汗)

実の子の方が可愛いように見えてしまいました(^^;)

 

「笑顔が大事」

教育には勉強だけでなく、心の教育も必要だから、笑顔が大事というテーマは分かりやすくて良かったです。

生徒が"ダチ"というのは、多分、前作と同じだと思いますが、古く感じませんでした。

こういう熱い先生、今の時代にはいそうもないので、郷愁もあるかも?(^^)

最後は、生徒からもダチだと助けられ、両思いになれて良かったです♪(^^)

 

最初内定していたらしい赤西仁さんは、もっとクールなイメージなので、鬼塚役、AKIRAさんで合っていたと思います。

10/2(火)のスペシャルも楽しみです♪(^^)

  

【最終回粗筋】 (Yahoo TVより)

2年4組の担任として復帰した鬼塚英吉(AKIRA)に脳動脈瘤が見つかる。医師からこのまま放置すると命の保証はないと知らされるも、生徒たちのことが心配な鬼塚は、弾間龍二(城田優)にも病状を明かせない。 一方、学苑の改革を推し進める新校長・大門美鈴(西田尚美)は、教師だけでなく生徒たちにもポイント制の導入を宣言。このポイント制により、文化祭を間近に控えているにも関わらず、学苑の生徒たちから笑顔がなくなってしまう。冬月あずさ(瀧本美織)は、話しかけても校長から配布されたタブレットに集中している生徒たちの姿に、心が見えなくなってしまう危機感を覚える。同じく、職員室内でも自身の評価を上げるため、他の教師のマイナスポイントを報告しあうという足の引っ張り合いのような状況に。 そんななか、2年4組に大門の息子・渋谷翔(野村周平)が編入してくる。鬼塚らは、翔がクラスを監視する役割を持って編入したことに動揺を隠せない。その日の放課後、中庭で楽しそうに文化祭の準備を進める鬼塚と生徒たち。その様子を物陰から渋谷が見ていて...。 翌日、渋谷の報告を受けた大門校長が、文化祭の廃止を決定。それを知った鬼塚は、大門に抗議するが、「学苑再建のために無駄な時間をさく猶予はない」とにべもなく断られ、「(気に入らなければ)別の職場をお探しください」と言われてしまう。

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1話]15.1%  [第2話]13.3%  [第3話]12.3%  [第4話]13.9%

[第5話]11.5%  [第6話]12.1%  [第7話]13.5%  [第8話]15.1%

[第9話]11.6%  [第10話]11.7%  [第11話]14.3%   [平均視聴率]13.2%

 


【送料無料】24karats TRIBE OF GOLD(CD+DVD) [ EXILE TRIBE ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【平清盛】第35回感想と視聴率「わが都、福原」 | トップページ | 杏さんin『あさイチ』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

超が付くほどお久しぶりになりました(^_^;)
今回は、数ヶ月間も長くブログ休んでしまいましたが、ようやく帰って来れました。


さて、今回のGTOドラマについては、私も高く評価できると思います。

原作漫画を知ってるからこその見解なんですが、
どちらかといえば、反町さん主演の元祖版よりも、今回の方が、より原作に近い感じの
内容になってたんちゃうかな…と、私は思いました。

一例として、その昨日の最終回の内容も、あの原作漫画の最終章のやつが
元になってたようで、それ、「反町版」では制作されてなかったんですよね…

いずれDVDが出たり、再放送とかされるようなことがあれば、
積極的に? もう一度しっかり見てみようと思います。

そして、AKIRAさん、お疲れさまでした。
実は、私と同い年なんですよね…(^_^;)

>クマトラ2003Vさんへ

ほんとお久しぶりです(^^)
コメント、ありがとうございます。

「GTO」、関東では昔のを昼間、再放送していました。
殆ど、見なかったのですが、最終回だけ半分位見ました。
前作も最終回は文化祭で、鬼塚が意識不明で入院してました。
だから、少し似ていました。
最後に、教頭先生が校長に指名されるところも一緒でした(^^)
原作漫画の最終章、知らないですが、もしかしたら、ドラマ最終回の文化祭の話と両方合わせて組み立てたのではないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/55641471

この記事へのトラックバック一覧です: 【GTO】最終回(第11話)感想と視聴率と総評:

» 【GTO】最終回(第11話)感想と視聴率と総評 [ショコラの日記帳]
「さらば鬼塚...生徒全員が涙!最後のグレート授業!」早くも10月2日(火)21時から、2時間半スペシャルをやるそうです♪2時間半とは長いですね(汗)さすが、今期視聴率No1ドラマ... [続きを読む]

» GTO (第11話 最終回・9/11) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジ系ドラマ『GTO』(公式)の最終回『さらば鬼塚生徒全員が涙!最後のグレート』の感想。なお、原作の藤沢とおる氏の漫画『GTO』は未読、反町隆史主演ドラマ『GTO(1998年)』と映画版『GTO(1999年)』は...... [続きを読む]

» GTO 第11話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『さらば鬼塚生徒全員が涙!最後のグレート』 内容 紆余曲折の末、学苑に復帰した鬼塚(AKIRA) 大門校長(西田尚美)の思惑は、鬼塚、桜井(黒木瞳)つぶし。 大門校長は、教師だけで無く生徒にもポイント制を導入し、 監視カメラだけで無く、監視員も多数配置す...... [続きを読む]

» GTO  11話 最終回 簡単感想 [昼寝の時間]
公式サイト 原作未読です。ドラマ前作も見ていません。 勅使河原の 「あんたのよう [続きを読む]

« 【平清盛】第35回感想と視聴率「わが都、福原」 | トップページ | 杏さんin『あさイチ』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31