無料ブログはココログ

« 【悪夢ちゃん】第7話視聴率と感想「ブー夢」 | トップページ | 【PRICELESS】第6話視聴率と感想「日本一の貧乏社長、誕生!」 »

2012年11月26日 (月)

【平清盛】第46回視聴率と感想「頼朝挙兵」

「頼朝挙兵」

11月27日(火)のスタパに、塚本高史さん(頼朝の従者、藤九郎 役)が出演予定です。

今夜、さんが「鶴瓶の家族に乾杯」に登場♪

伊豆の頼朝・政子ゆかりの地を訪れました。

番宣、頑張ってますね♪(^^)

第46回の視聴率は、前回の7.3%より上がって、10.3%でした。

10%台に戻って、良かったです♪

 

今回の清盛、皆が反対する福原への遷都を強行しました。

強引で、皆の忠告を聞かず、まるでボケ老人みたいでした(^^;)

物の怪という事なのでしょうけれど(汗)

特に、西行が来てから、清盛が仏を殺せと命じたシーンは、特に。

松ケンの演技はうまかったと思います♪

でも、こんな人が世の中のトップにいると大変ですね(汗)

 

以仁王の平家追討の令旨は、平家に知られてしまいました。

気づくきっかけとなったのが、良かったです♪

清盛の四男・知盛が病で寝ていて、馬が駆け回るのが分かり、何やら都が騒がしい気がすると・・・

この言葉で、時忠が調べたところ、以仁様が令旨を出されて、源氏の兵が2000余り集まっているようだと・・・

更に、真偽を調べて、頼政まで反旗を翻したと分かりました。

夜半、自ら屋敷に火を放ち、一族郎党を引き連れ、園城寺に、はせ参じたとの事。

清盛は、頼政に遷都の説明をしたばかりだったので、頼政が裏切ったと聞いて、ショックを受けました。

清盛「分からぬと申すか? 同じもののふの頼政でさえ、わしの国づくりについてこれぬと申すか?!」

盛国「・・・」

清盛「討ち取れ! 何としても頼政を討ち取れ!

  わしの国づくりを分からぬ者は、この国にはいらぬ!」 

 

頼政どころか、皆、分からないのに・・・(汗)

以仁王は、令旨が平家に知られてしまったと聞いて、驚き、慌てました。

頼政に園城寺に逃げるよう言われて、その通りにしました。

以仁王「すまぬ。あのまま平家の元におれば、穏やかな余生が送れたであろうに」

頼政、黙って、首を横に振りました。

以仁王、謝って、悪い人ではなさそうでした。

頼政達が平家軍と戦い、時間を稼ぎ、その間に、以仁王を逃がそうと頑張りました。

でも、仲綱に矢が命中。

仲綱、頼政と共に建物の中に逃げました。

仲綱「私は嬉しゅう思うております。

  父上が源氏の魂を取り戻して下さった事を。 

 そして、勇ましく戦う源三位頼政のお姿を目に焼き付け、死ぬる事ができます事を・・・」

頼政「仲綱・・・」

仲綱「もはや足手まといになるのみ。お先に・・・御免」

仲綱、短刀で首を切りました。

悲しむ頼政。

部下が、以仁様は無事にお逃がししたと報告に来ました。

頼政「時は十分に稼いだ」

頼政、刀を抜き、腹を切り、切腹。

 

語り<源三位頼政の自害に続き、以仁様が討ち死にあそばれた。

 後に、「以仁王の乱」と呼ばれる戦がこうしてあえなく終わった>

 

頼政、源氏の裏切り者だったのに、最後はカッコ良かったですね。

仲綱も自分の馬の事もあったので、悔いはなかったでしょう。

 

この事は、伊豆の頼朝達の元にも伝わりました。

頼政様が平家についたのは、この日のためだったのだろうと、褒める人もいました。

語り<伊豆に流されて初めて、私は生々しく戦という物を思い出していた。

 私の中で何かが騒いでいた>

 

弓矢の稽古をする頼朝。

なかなかうまくなってきました。

こうして段々、戦が身近に感じ、心構えができてきたでしょう。

 

清盛は、平家の皆も反対したのに、遷都を強行。

内裏や八雀院を作るだけでも2年はかかると言われたのに・・・

清盛「街など後で作ればよい。帝がおわす所が即ち、都じゃ!

 帝には10日のうちに、福原にお移りいただく」

 

6月、安徳天皇と高倉上皇、中宮・徳子が福原に移られました。

誰もが戸惑い、反発を覚えた遷都を強行したのでした。

 

遷都の情報は伊豆の頼朝の元にも伝わりました。

いろいろな地方で、平家に刃向かう人たちが出てきたそうです。

 

頼朝「武士の世」

太刀・髭切りを持ち、

頼朝「あのお方の目指してこられた武士の世とは何なのじゃ。

 武士の世とは、こうして平家ばかりが良い思いをする国づくりの事なのか?」

頼朝、髭切りを見つめました。

覚悟ができたでしょうか?

 

福原では、西行が来て清盛と、高倉上皇が病に倒れたという話をしました。

清盛は、仮の住まいの方角が悪かったのだろうと。

西行は、心労ではないかと言いました。

移ってきた貴族達は皆、心は都にあって・・・

清盛はムッとしました。

西行「若き日に話し合うた事がありましたな。それぞれの目指す道を。

 その後、私は出家致しました。

 手に入れたい。手に入らぬなら奪いたい。奪えぬなら殺したい。

 そんなドス黒い醜い思いが渦巻いて、やがては国を巻き込んで行く。

 まさに、あの時、恐れていた世の到来。

 その頂きにおられるのは、誰あろうお手前。 

 これがお手前の面白う生きる事にござりまするか!

 お手前の目指した武士の世でござりまするか!」

 

これも面白く生きてるでしょう(^^;)

やりたい放題やって、酒と女も好き放題で・・・(^^;)

悪い意味での面白く生きるですが(汗)

 

清盛、この辺りから、まるで認知症(物の怪)のような感じになってきました(汗)

清盛「よいか! わしに逆らう者は皆、死罪と心得よ!

 ここはわしの世じゃ。 武士が頂に立つ世じゃ。

 わしの目にしか見えぬ、わしの国を作るのじゃ!

 全てを手に入れ、復讐するのじゃ!」

 

文章だけ読むとそれほどではないのですが、松ケンの演技が狂ったような名演技でした(^^)

そして、怖くなって逃げようとする仏御前を「殺せ」と命令。

沢山の弓矢が仏に向けられ、舞子の矢を射られた死がフラッシュバック。

寸前で、盛国が来て慌てて止めました。

 

清盛「う~ん・・・う~ん・・・

 助けてくれ、誰か助けてくれ!

 暗闇ばかりじゃ。ここからの眺めは、果てしない暗闇。

 手に入れても手に入れても光は・・・光には・・・届かぬ」

 

そこへ、忠清が来て、頼朝が挙兵して、平家に従う山木兼隆が討ち取られたと知らせました。

忠清「何という事でござりましょう。

 あの時、殿が命を救った源氏の御曹司」

 

清盛、なぜか這って行き、宋剣を握りしめて、泣く。

語り<清盛の弟、平頼盛が後に私にこう語った。

あの時、我が挙兵がなければ、清盛は暗闇に囚われたまま戻って来られなかったかもしれぬと>

 

清盛、宋剣を差して、顔つきが凛々しくなりました。

武士の魂を思い出したでしょうか?

 

仏御前祇王・祇女姉妹の話は「平家物語」より、清盛に好意的に変えてありそうでした(汗)

ドラマでは、祇王姉妹は、清盛の心変わりを嘆いて、自主的に出て行きました。

平家物語」では、清盛がすぐに追い出してしまうようです(汗)

その後、仏が寂しがっているからと姉妹は呼び出され、仏と清盛の前で舞わされました。

まさか、その後、お気に入りの仏が清盛に殺されそうになるとはびっくりでした(^^;)

舞子と被せ、物の怪の白河院と被せた??

次回は、「宿命の敗北」

残りは、あと4回です(12/23(日)迄)。

 

【第46回あらすじ】 (Yahoo TVより)

平清盛(松山ケンイチ)は反乱を起こした源頼政(宇梶剛士)を攻め落とし、以仁王(柿澤勇人)を自害に追い込む。事態を憂いた清盛は都を福原に移す。400年続いた京の都を離れることに一門や貴族の間にも不満は高まるが、清盛は耳を貸そうとしない。清盛の暴挙を知った源頼朝(岡田将生)はついに挙兵を決意。伊豆の領主・平家勢の山木兼隆(中村竜)に攻め入る。その知らせは清盛に届くが、その時清盛は武士の心を忘れていた。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

[第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2% [第12回]12.6%

[第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

[第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

[第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

第29回]10.7%  [第30回]11.4%  [第31回]7.8%   [第32回]10.7%

[第33回]9.3%   [第34回]11.1%  [第35回]10.5%  [第36回]10.1%

[第37回]10.5%  [第38回]14.3% [第39回]9.7%   [第40回]9.6%

[第41回]7.9%   [第42回]8.9%  [第43回]10.2%  [第44回]10.4%

第45回]7.3%   [第46回]10.3%

32回と38回は、レビューありません。

それ以外は全部、レビューあります。第2~28回までは、第29回から飛んで下さい。

第30~43回は、第44回から飛んで下さい。

 

公式HP・次回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【悪夢ちゃん】第7話視聴率と感想「ブー夢」 | トップページ | 【PRICELESS】第6話視聴率と感想「日本一の貧乏社長、誕生!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56198053

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】第46回視聴率と感想「頼朝挙兵」:

» 【平清盛】第46回視聴率と感想「頼朝挙兵」 [ショコラの日記帳]
「頼朝挙兵」11月27日(火)のスタパに、塚本高史さん(頼朝の従者、藤九郎役)が出演予定です。今夜、杏さんが「鶴瓶の家族に乾杯」に登場♪伊豆の頼朝ゆかりの地を訪れました。番... [続きを読む]

» 平清盛 第46回 頼朝挙兵 [レベル999のgoo部屋]
『頼朝挙兵』 内容 平家打倒の令旨が以仁王(柿澤勇人)により発せられた。 その令旨は、伊豆の頼朝(岡田将生)のもとにも届けられる。 だが、平家の武力に臆する頼朝。 それを見てとった政子(杏)時政(遠藤憲一)らは、 頼政(宇梶剛士)も挙兵すると奮起を促し、頼...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第46話  [またり、すばるくん。]
第四十六回「頼朝挙兵」 視聴率10.3%   [続きを読む]

» 【平清盛】第46回 「頼朝挙兵」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
平清盛(松山ケンイチ)は反乱を起こした源頼政(宇梶剛士)を攻め落とし、 以仁王(柿澤勇人)を自害に追い込む。事態を憂いた清盛は都を福原に移す。 400年続いた京の都を離れることに一門や貴族の間...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」第46回 [日々“是”精進!]
  第四十六回「頼朝挙兵」1180年、以仁王の令旨を知った平清盛は激怒し、以仁王、源頼政らを捕らえ、鎮圧する。そして清盛は、安徳天皇のための都として、福原への遷都を強行する... [続きを読む]

» 「平清盛」第46話。 [Flour of Life]
「平清盛」第46話を見ました。テレビ欄のサブタイトルはアレだったけど、内容はすごかったです…! [続きを読む]

» 平清盛 第46回 「頼朝挙兵」〜助けて、だれか助けてくれ。暗闇ばかりじゃ [平成エンタメ研究所]
「助けて、だれか助けてくれ。暗闇ばかりじゃ。ここからの眺めは果てしない暗闇。手に入れても手に入れても、光には届かぬ!」  すごい!  これまでも大河ドラマは権力者の最後の姿を描いてきたが、これほど無惨で残酷で、狂気にあふれ、哀しい姿があっただろうか。  ...... [続きを読む]

» 平清盛 #46「頼朝挙兵」 [昼寝の時間]
公式サイト 感想メインで書きます。 行家から以仁王の令旨を受け取った頼朝。勢い立 [続きを読む]

» 『平清盛』第46回「頼朝挙兵」★壊れた清盛が、仏(木村多江)を「殺せ〜〜」 [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』 第46回「頼朝挙兵」 清盛(松山ケンイチ)の爺メイクが凄いですね。 削げ落とした松山ケンイチの顔に生えた髭や眉毛の灰白色と、すすけた老班が相まって、凄いのなんのって。 ”ウォーフ中尉”の特殊メイク並みに手間暇かかってるのと違う?? メイクもさることながら、松山ケンイチの熱演も凄い。 −◆− 仏御前(木村多江)を侍らせて余裕をかましている清盛(松山ケンイチ)に、源三位頼政(宇梶剛士)が自らの屋敷に火を放って退路を断ち、一族郎党を連れて以仁王が居る園城寺に馳せ参じた旨... [続きを読む]

» 平清盛 第46回「頼朝挙兵」感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今日は神木君は最初にちらっと出て来ただけでしたがよ〜〜〜〜〜〜〜やくっ!! よ〜〜〜〜〜〜やくっ!!! 千葉雄大君の台詞を聞けました!ところで、最初にちと脱線させてくだ... [続きを読む]

» 「平清盛」 第46回、頼朝挙兵 [センゴク雑記]
大河ドラマ「平清盛」。第46回、頼朝挙兵。 誰にも理解されない清盛。もののけ化が極まる。 そして、ついに源頼朝が挙兵する。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 #45 頼朝挙兵 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに源頼朝立つ。 一気に打倒平家の動きが加速する。 [続きを読む]

» 平清盛 #46 [義風捫虱堂]
#「頼朝挙兵」 [続きを読む]

» 平清盛 第46話「頼朝挙兵」 [坂の上のサインボード]
 「以仁王の乱」や祇王と仏御前の逸話については、全話の稿でほとんど述べてしまったため(参照:第45話その1・その2)、今回は福原遷都について。  平家の軍事力によって「以仁王の乱」は、発覚から10日あまりという短さで鎮圧されたが、この乱が銃爪となってか、平清盛はある大きな決断をした。鎮圧から4日後の治承4年(1180年)5月30日、とつじょ安徳天皇(第81代天皇)の福原行幸が発表されたのだ。世にいう「福原遷都」である。いうまでもなく福原には清盛の別荘があり、その近くには清盛の手によって大輪田泊... [続きを読む]

» 『平清盛』 第46回「頼朝挙兵」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ 令旨をみても立とうといわない頼朝に、しびれをきらした政子も声をかけます。しかし、頼朝は「清盛どのの平家は、にわかな軍勢の勝てる相手ではない」と慎重な発言。が、源三位頼政も参加すると聞いて、顔色が変わりました。都では、知盛の病気見舞いに上洛していた清盛が、上機嫌で頼政に福原遷都を語っています。その頼政は、清盛のいないときに、影のある笑みをもらしました。知盛の病は、回復にむかっていて、まずは清盛も安堵します。しかし、知盛は「都に軍馬が集められていると噂があります」という心配... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男46以仁王討たれるの報に清盛の暴走を止めるべく頼朝は挙兵を決意した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第46話は以仁王の令旨で頼朝は挙兵を決意した。その頃福原で都づくりに徹していた清盛も以仁王の令旨を知り源頼政が反旗を翻し、以仁王と戦うもあっけなく ... [続きを読む]

« 【悪夢ちゃん】第7話視聴率と感想「ブー夢」 | トップページ | 【PRICELESS】第6話視聴率と感想「日本一の貧乏社長、誕生!」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31