無料ブログはココログ

« 今年のゆるキャラ1位「バリィさん」 | トップページ | 【平清盛】第46回視聴率と感想「頼朝挙兵」 »

2012年11月25日 (日)

【悪夢ちゃん】第7話視聴率と感想「ブー夢」

副題「ブー夢」

新聞ラテ「ドラキュラの呪い!?学校やめる腹黒教師」

第7話の視聴率は、前回と同じ11.5%でした。

貝原先生(濱田マリ)、酷くないですか?

前回、志岐が予知夢を見れる人がいるとマスコミに公表。

でも、その人物が誰か、まだ隠していました。

それを結衣子を借りる脅迫に使うとは(汗)

予知夢者が誰か、学校内でも話題になって・・・

クラスの皆は、彩未ではないかと予想しました。

今回は、結衣子の苦悩を主に描きました。

貝原先生、いつも同じ夢を見るので気になって、自分の方から志岐の研究所へ行きました。

その結果、予知夢が恐ろしい内容だったので、見るかどうか彩未先生と相談してくるようにと志岐に言われ、見ないと断る事もできたのに。

見ると決意。

結衣子の悪夢の夢札を見て、夢に出てきた10年前の教え子・村沢直也に会いに行きました。

彼が死ぬという予知だろうと知った途端に、知らない方が良かったと予知夢を見た人を「私にとっては人殺しも同じ」と責めて・・・

まるで八つ当たりみたいでした(汗)

無理矢理、予知夢の夢札を見せたわけではないのに・・・

ここまで言うのは、結衣子が予知夢を見ていると知らないからなのでしょうけれど、

子供の結衣子が貝原先生が怒っているシーンを見てしまったから、本当に気の毒でした。

結衣子は、志岐に頼まれて、彩未にもう頼ってはいけないと思って、志岐に協力しているだけなのに。

予知夢、見たくなくても見てしまう結衣子には全然、罪はないですね。

むしろ苦しいだけ。

でも、辛い結末だと、こういうように、後で言いがかりをつける人は、きっと少なからずいるでしょう(汗)

それが優しそうな貝原先生というのは、残念でした。

 

前半は志岐が警察に協力して、記憶喪失で、殺人事件の重要参考人の男の予知夢を見て、犯人一味の摘発に協力しました。

これは、予知夢のお蔭で犯人逮捕のいい手掛かりになったと感謝されました。

志岐は、人助けだと、結衣子にも琴葉にも言いましたが・・・

当然、感謝される事ばかりではないですね。

後半、貝原先生の悪夢で、切ない結果となってしまいました。

今までは、窓から飛び降りて死ぬような予知夢でも、未来を変えて死なないように彩未がしてきましたが、さすがに病気だと変える事ができないのでしょうか?(^^;)

 

夢に登場する人が、予知夢のお蔭で、10年前の教え子の村沢直也だと知った貝原先生は、彼に連絡を取り、彩未と一緒に、病院にお見舞いに行きました。

彩未は病室の外で待っていました。

彼は、いろいろな管に繋がれ、頭の血管が切れて倒れたと、笑って言いました。

 

直也「先生、あの約束覚えてますか?」

貝原「うん。勿論」

直也「ホントに?

 僕、約束通り来年から教師になる予定なんです。

 でも、そんな大事な時期に倒れちゃって、悔しいですけど」

貝原「先生、そのことを聞いてものすごく嬉しかった」

直也「先生は今でも独身ですか?」

貝原「あれから結婚して、小学2年生の娘もいる」

直也「何だ。それじゃ、僕、知らない間に振られてたんですね」

貝原「先生が今でも独身だったら、きっとあの約束を後悔してると思うよ」

直也「そんなことないですよ。

 先生・・・会いに来てくれてありがとう」

 

会ってみたら、彼は重そうな病気で、悪夢だと、お葬式の祭壇に彼の写真が飾られていたので、彼の死を暗示。

貝原は、会いに行くまで、自分が何度も夢に見ていたのが直也だと分かって喜んでいたのに、一転、暗くなってしまいました。

帰る途中、貝原は彩未に言いました。

 

貝原「夢の写真、彼だったよね。

 助からないのよね。死ぬのよね、あの子。

 私の夢は、虫の知らせだったのかしら?

 それなら、あの予知夢は何?

 私にどうしろっていうの?

 私には何をしてやれるのよ?」

 

さすがに病気だから、今までのように予知夢を変える事ができないのでしょうね?(^^;)

時々、お見舞いに言ってあげればいいのではないかと思いますが(^^;)

彩未はそんな平凡な事は言いませんでした(汗)

彩未「貝原先生。仏教の世界に、こういう説話があります。

旅人となって現れた仏様に、自分は何もしてあげられないと思った兎は、自ら火に飛び込んで自分を食べてもらおうとするんです。

あの予知夢の原形も、それと同じではないでしょうか。

先生は、吸血鬼となった教え子に自らの命をささげていました。

それは、自分には何もしてあげられなくても、その教え子の中で永遠の存在となりたいとする願望だと思います」

貝原「願望・・・」

彩未「相手に食べられるという事は、相手の肉となり、永遠に残ろうとする事ですから。

 吸血鬼は、また永遠に生き続ける存在です。

 先生にとって、あの青年がまさにそうなるでしょう。

 あの予知夢は、そういう意味なんだと思います」

貝原「あなたって残酷ね。

  永遠に教え子の中に残ろうとする。 

 それこそ教師の強欲ね」

 

どうしてこれが残酷なのか、よく分からなかったです(汗)

 

貝原は、志岐の元に行き、更に、自分の絶望をぶつけました。

貝原「見なければよかった。

 私にはもう、あの子に未来を示す事もできない。

 そんな夢なら見ない方がマシだった」

志岐「本当に知らない方が良かったんですか?」

貝原「誰が見たのか知りませんけど、残酷な人ですよ。

 人には知らない方が生きて行ける事が沢山あるんじゃありませんか?

 あんな悪夢を見せるなんて意味が分かりません。

 無理やり意味をつけるとしたら、私にとっては人殺しも同じですよ!」

そう言って泣きました。

その姿を隣の部屋で、マジックミラー越しに見ていた結衣子は、ショックを受けました。

結衣子と一緒にいた山里が慰めました。

山里「気にする事はない。 君のせいじゃないよ。

  死ぬ前に会えただけでも感謝してほしいくらいだ」

 

私もそう思います。

結衣子を無理矢理、拉致して来た時はとんでもない奴だと思いましたが、この慰めは良かったです♪

 

貝原の「人殺し」という言葉に反応して、彩未はまた子供の頃の続きを少し思い出しまし

た。

菜実子「人殺し! 彩未ちゃんがママを殺したくせに! 人殺し!」と泣く。

困った顔の幼い彩未ちゃんが可愛かったです(^^)

 

彩未は、校長先生に辞表を出しました。

校長「何かあったの?」

彩未「私には教壇に立つ資格がありません。

 私が教師を続けてきたのは、私の強欲です」

 

自分は人殺しだと思ったからでしょうけれど、強欲というほどではないような・・・(^^;)

そういえば、麦山先生が見た夢も食べられる夢でした。

「僕がしゃぶしゃぶにされて、子供達に食べられてしまう夢」

これも、貝原先生が吸血鬼の生徒に血を吸われるのと同じで、説話の兎と同じですね。

子供達の肉となり永遠に残りたいという・・・

強欲なのは、貝原と麦山では?(^^;)

元々は、自分から頼んだ事なのに、彩未の事も予知夢者の事も残酷呼ばわりして、2人を傷つけ、貝原先生の方が残酷でした(^^;)

 

とにかく、今回は結衣子がとても可哀想でした。

公式HPの次回の粗筋によると、次回は、ようやく古藤教授が、彩未の過去を教えてくれるようです。

本当に殺してしまったのか、真相が楽しみです(^^)

 

【第7話あらすじ】 (Yahooテレビより)

「私は人殺しだ...」封印していた子供の頃の忌まわしい思い出に苦しめられる彩未(北川景子)。一方、志岐(GACKT)は、連続女児連れ去り事件を解決する手がかりとなった結衣子(木村真那月)の悪夢の映像を発表したことで注目を浴びるようになる。夢分析のエキスパートとして名声を得た彼は、自分の研究所を開く。世間では、事件を解決した予知夢を見たのは一体誰なのかと話題となっていた。彩未は、結衣子の夢札を勝手に引いて利用した志岐を問い詰める。それに対して志岐は、結衣子を連れてきて自分の研究に協力してほしいと要求。「もし協力しなければ結衣子が予知夢を見る少女だと世間に公表する」と彩未を脅迫するのだった。
志岐の研究所に、刑事の春山が、ある強盗殺人事件の重要参考人(合田雅吏)を連れて訪れる。犯行現場近くで頭を殴られて倒れていたという重要参考人は、記憶を失っていた。春山は、彼の夢札を引けば記憶を取り戻す手がかりが映り、事件解決につながるのではないかと志岐に相談する。
彩未の様子に異変を感じ、自分に原因があるのではないかと思い始める結衣子。そんな中、結衣子は、山里(和田正人)によって志岐の研究所に連れ去られてしまう。結衣子を自分の協力者にしたい志岐は、結衣子に「予知夢を見る能力を必要とする人間のために使った方がいい」「これからは私が彩未先生の代わりに君の力になる」と説得。
まもなく、彩未と万之介(小日向文世)が、結衣子を迎えにくる。しかし、結衣子は「ずっとここにいる」と、志岐の研究所に残ることを決意する。
そんな中、貝原(濱田マリ)が、志岐の研究所を訪れる。彼女は志岐に、何度も同じ夢を繰り返し見ていることを打ち明ける。その夢には貝原の知らない人物が出てくるのだが、夢を見るたびにその人に会わなくてはいけない気がするのだという。貝原の話を聞いていた結衣子は、貝原の夢にまつわる悪夢を見るように。その夢は、貝原が吸血鬼にかみつかれるという内容だった...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1話]13.6%  [第2話]10.7%  [第3話]12.9%  [第4話]10.4%

第5話]12.8%  [第6話]11.5%  [第7話]11.5%

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 今年のゆるキャラ1位「バリィさん」 | トップページ | 【平清盛】第46回視聴率と感想「頼朝挙兵」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56191281

この記事へのトラックバック一覧です: 【悪夢ちゃん】第7話視聴率と感想「ブー夢」:

» 【悪夢ちゃん】第7話視聴率と感想「ブー夢」 [ショコラの日記帳]
【第7話の視聴率は、11/26(月)追加予定】副題「ブー夢」貝原先生、酷くないですか?前回、志岐が予知夢を見れる人がいるとマスコミにばらしてしまいましたが、その人物はまだ隠して... [続きを読む]

» 【悪夢ちゃん】第7話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
あなたって残酷ね。 永遠に教え子の中に残ろうとする。 それこそ教師の強欲ね。 悪夢ちゃん 第7話       今回は大きくは2つの話に分れています。 分れていると言っても、ちゃんと繋...... [続きを読む]

» 悪夢ちゃん #07 [ぐ~たらにっき]
『ドラキュラの呪い!?学校やめる腹黒教師』 [続きを読む]

» 悪夢ちゃん~サイコパス大戦~浮世がいやになる残酷な事実は子供に伝えないという考え方もげっ(北川景子) [キッドのブログinココログ]
サイコパスの定義はあいまいなものだし・・・そもそも、人間の精神状態を人間が定義することには無理がある。 誰かが「異常」と指摘したことを51%の人間が追認すれば「異常」が確立すると考えるようなものだ。 残りの49%は「本当にそうなのか」と疑問に感じつつ沈黙する必要があるわけである。 それでも・・・言葉... [続きを読む]

» 悪夢ちゃん (第7話・11/24) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
日本テレビ系ドラマ『悪夢ちゃん』(公式)の第7話『ブー夢』『(ラテ欄)ドラキュラの呪い!?学校やめる腹黒教師』の感想。原案の恩田陸氏の小説『夢違』は未読。 久し振りに夢は描かれたが… こ...... [続きを読む]

» 悪夢ちゃん 第7話 [レベル999のgoo部屋]
『ブー夢 「ドラキュラの呪い!?学校やめる腹黒教師 内容 志岐(GACKT)は、“夢札”を開発したと公表する。 結衣子(木村真那月)の夢により、事件が解決したと。 注目を受けることになった志岐は研究所を手に入れるのだった。 事態を知った彩未(北川景子)は、志...... [続きを読む]

» 「悪夢ちゃん」悪夢メモリ7結衣子が志岐の研究に協力!彩未はこれまで偽っていた自分にケジメを付けるために教師の辞職を決意した [オールマイティにコメンテート]
「悪夢ちゃん」第7話は志岐に予知夢を公表された彩未と結衣子は志岐に結衣子の存在を公表されたくなければ研究に協力するように脅迫された。迷う彩未だったが、無関係を装うも自 ... [続きを読む]

» 悪夢ちゃん(7) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 11.5%・・・前回(11.5)と同じ ブー夢 [続きを読む]

« 今年のゆるキャラ1位「バリィさん」 | トップページ | 【平清盛】第46回視聴率と感想「頼朝挙兵」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31