無料ブログはココログ

« 【悪夢ちゃん】最終回(第11話)視聴率と感想「ドリー夢」 | トップページ | 【PRICELESS】最終回(第10話)視聴率と感想 »

2012年12月24日 (月)

【平清盛】最終回(第50回)視聴率と感想・総評

最終回「遊びをせんとや生まれけむ」

最終回の関東の視聴率は、前回の9.2%より少し上がって、9.5%でした。

全部の平均視聴率は、12.0%でした。

これは、記録の残る63年以降で、今まで大河の最低だった94年の『花の乱』の平均視聴率14.1%を下回り、大河史上最低となってしまいました。

中途半端に悪いよりも、却って、記録に残っていいかも?(^^)

よく比較に出されるので、『花の乱』を見たくなりましたから(苦笑)

これで、同じ脚本家・藤本有紀さんの『ちりとてちん』のように、視聴率が悪くてもDVDが売れれば最高なんですが♪

関西地区の最終回の視聴率は8.5%で、平均視聴率は11.6%。

こちらも、過去最低だった85年の『春の波涛』の13.0%を下回り、史上最低でした。

BSプレミアム(日曜 夜6:00~)での関東の平均視聴率は2.6%でした。

尚、最終回のBSプレミアムでの再放送は、12/29(土)昼0:15~で、通常と違いますので、ご注意下さい。

年末年始に「平清盛」総集編を放送します。(公式HPより)

【BSプレミアム】
12/30(日)
 PM6:00~7:00 第1回「武士の世」
 PM7:00~8:00 第2回「保元平治の乱」
 PM8:00~9:00 第3回「海の都」

【総合】
1/2(水) PM5:00~6:00 第1回「武士の世」
1/3(木) PM4:00~5:00 第2回「保元・平治の乱」
       PM5:00~6:00 第3回「海の都」

 

最終回、清盛の死、迫力がありました。

高熱を出して寝ていたのに、突然、起きて・・・

「きっと、わが墓前に、頼朝が首を供えよ!」

そして、バタっと倒れました。

1181年3月20日、享年64歳でした。

平家一門が集まって見守っていましたが、皆、悲しみました。

西行、大活躍(^^;)

清盛が生霊となって、伊勢・二見浦にいた西行に会いに行ったので、西行は清盛の遺言を伝えに、平家の元を訪れました。

西行が清盛の遺言を伝えるシーン、幽霊がのり移った?(^^;)

わざわざ松ケンに変えて、一人一人に伝えました。

印象に残ったのは、時忠と時子への遺言。

時忠には、「時忠がいなければ、平氏は平家になれなかったであろう。

時忠あらずんば、平家にあらず」とのこと。

時忠の言葉、「平家にあらずんば、人にあらず」をもじった言葉でした(^^;)

平家と平氏の違いは・・・

律令制の下では、公的に「平家」「藤原家」など「家」を名乗れるのは、三位(さんみ)以上の上流貴族、すなわち公卿に限られていました。
清盛は1160年に正三位となり、公卿の仲間入りを果たし、平家と名乗れるようになりました。ドラマでは第29回(7月22日放送)より、「平家」を使用しています。(公式HP・よくある質問より)

どこが時忠のお蔭でしょうか?(^^;)

 

時子には、清盛にとって、時子は紫の上だったとの事。

このドラマでは、確かに、子供の頃から知ってたけれど、理想の女性に育てたわけではないですね?(^^;)

でも、源氏物語好きの時子は、きっと嬉しかったでしょう♪(^^)

 

それにしても、人数が多いので、皆に遺言を言うだけでも大変(汗)

最後までよく分からないまま、終わってしまった人が沢山います(汗)

登場人物、多すぎだったではないでしょうか?

 

清盛の死後、壇ノ浦の戦など、駆け足で、各々の死も説明。

これも人数が多いので、結構かかりました(汗)

この辺は、ドラマというよりも説明になっていたような気がします(^^;)

頼盛だけは、清盛の遺言通り、平家の血を守ろうと考え、頼朝の元に行き、平家の血筋を残しました。

義経を頼朝が殺させるところもざっくりやりました。

有名な弁慶の立往生は、青木さん、さすがでした(^^)

弁慶が一人で皆を引きとめている間に、義経は寺に入り、自害しました。

「平清盛」なのに、義経や頼朝の死まで説明があるとは(^^;)

 

最後の方で、1190年、頼朝は上京し、後白河法皇と対面。双六をしました。

頼朝ともやるとは、双六で統一されてて良かったです♪

ただ、あっさりそのシーンは終わり、頼朝がどんな勝負をするのか、知りたかったです。

どちらが勝ったのでしょうか?

その1年あまり後、後白河法皇は亡くなり、頼朝もその7年後に亡くなりました。

ナレーションが自分の死の説明もしたので、ちょっと妙な感じでした(^^;)

 

時子「海の底にも都はありましょう」

死後の海の底で、清盛に言うのはいいですが、

時子が安徳天皇を抱いて入水する時、安徳帝にそう言ったのは気の毒でした。

平家の血が流れていても、天皇なのに、やはり死ななければならなかったのでしょうか?(汗)

 

振り返れば、このドラマ、白河法皇の時代から王家と言われる天皇家も何代も変わって、登場人物が多く、院政もあるので、誰が権力者か分かり辛かったです。

前半は、王家の話が多く、後半は頼朝などの源氏の話が多かったです。

当時、寺院も僧兵を抱えていて力があり、これも分かり辛かったです(汗)

この時代はあまり馴染みがないので、知らない事が多く、分かり辛いですね(^^;)

 

平家だけでも、清盛の子供や孫や家臣など、沢山出てきて、それが子供から大人になって役者も代わり、分かり辛かったです(汗)

もう少し、人物を絞って、分かりやすくしてほしかったです。

前半、埃っぽいとか、身なりが汚いとか、「ワンピース」の真似じゃないかと思う位、海賊王に拘ったり、清盛がいつまでもガキだとか、王家という言葉は適切ではないのではないかとか、いろいろと批判を受けた前半でした。

後半は、身なりも綺麗になり、松ケンの演技も素晴らしくなり、見応えがありました。

でも、前半で視聴率が急落してしまったのを、最後まで挽回する事はできませんでした。

最近のテレビ番組は、ネットやツイッターの評判などもかなり影響し、評判がいいと、とても上がりますが、悪いと逆に、急落しやすいです(汗)

そして、一度、悪いとレッテルを貼られてしまうと、挽回するのが大変です。

そういう意味で、スタートダッシュが大切ですね♪

次回の大河、『八重の桜』は、スタートダッシュ、頑張って下さい。

 

『八重の桜』初回は、1月6日(日)で、74分の拡大版です。

内容は、福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描きます。

先日、『八重の桜』の10分間の番組宣伝を見ました。

ヒロインの綾瀬はるかさん、凛々しくて素敵でした♪

子役の子も可愛かったです♪

ただ、とてもマイナーな人物の話なので、ちょっとレビューを書くかどうか迷います(汗)

とりあえず、初回は書こうと思います。

 

『平清盛』は、なんだかんだで、殆ど1年間、レビュー、続きました(^^)

ご愛読、コメント、どうもありがとうございました♪(^^)

 

【最終回あらすじ】 (Yahoo TVより)

清盛(松山ケンイチ)は熱病に倒れる。生霊となって西行(藤木直人)の元に現れた清盛は、西行との問答の中で、自分の人生の意味を知る。一方、京で倒れた清盛の実際の肉体の方には続々と人が駆け付け、病床の清盛をよそに、口々にこれからの心配事を語りだす。そして、ついに清盛は死ぬ。その後、平家一門の運命は坂を転がり落ちるように変転し、壇ノ浦での滅亡に至る。安徳(貞光奏風)を抱いた時子(深田恭子)は海峡に沈む。海底には平家一門がおり、青龍刀を掲げる若き日の清盛の姿があった。

 

詳細あらすじは、こちら(公式HP)です。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

[第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2% [第12回]12.6%

[第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

[第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

[第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

第29回]10.7%  [第30回]11.4%  [第31回]7.8%   [第32回]10.7%

[第33回]9.3%   [第34回]11.1%  [第35回]10.5%  [第36回]10.1%

[第37回]10.5%  [第38回]14.3% [第39回]9.7%   [第40回]9.6%

[第41回]7.9%   [第42回]8.9%  [第43回]10.2%  [第44回]10.4%

第45回]7.3%   [第46回]10.3% [第47回]10.8%  [第48回]10.4%

第49回]9.2%   [第50回]9.5%  [平均視聴率]12.0%

32回と38回は、レビューありません。 それ以外は全部、レビューあります。

第2~28回までは、第29回から飛んで下さい。

第30~43回は、第44回から飛んで下さい。

 

『八重の桜』公式HP

 


【23%OFF!】【送料無料】平清盛 完全版 第壱集 【DVD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【悪夢ちゃん】最終回(第11話)視聴率と感想「ドリー夢」 | トップページ | 【PRICELESS】最終回(第10話)視聴率と感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

双六を持ってこられた時の頼朝の、かすかな上目遣いに怪訝そうな表情をするシーン、後白河院を警戒する心持ち…セリフのない場面も良かったですね。

と、各所に細かい演出の冴えがあったドラマでしたが、肝心の主人公が魅力に欠け、不安定でした。
やっと落ち着いたのが、妄執と老害でこれ以上壊れなくなった最晩年では…(~_~;)

松ケンがけっして下手な役者でないことは、晩年の清盛の演技でよく判りましたけれど、ドラマ的にはもう手遅れですよね。

逆に、後白河院役の松田さん、いつまでも永遠の青年のような後白河院を演じきり、彼以外があのスタイルでやってたら、破綻していたでしょう。あの方の姿や声の艶っぽさに匹敵する人は、まずもう、二度と出て来ないのではないか、と思うほどです。

問題もあるのですが、キャスト的には出演者のほとんどがトクをしたドラマでした。(ほぼ全滅状態だった去年とは、そこが違います、ドン!!)
(・∀・)
ショコラさんも 一年間 お疲れ様でございました。

>レッドバロンさんへ

確かに、脇役は印象深いキャラが多く、このドラマに出演して得した俳優さん、多いでしょう(^^)
松ケン、最初の頃は、次の仕事がないとか、酷いネットのニュースを流されましたが、最近はCMもしてますし、彼にとっても得になったと思います(^^)
後白河院役の松田さん、素敵でした♪
どうして最後まで、老けメイクをしなかったのか分かりませんが、松ケンだけが老けメイクと演技だったような?(^^;)
時子も最後まで若々しくて、苦笑しました(汗)
堀河局とか登場したので、いいのかもしれませんが(^^;)

1年間、毎回のように、コメント、ありがとうございました(^^)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56386707

この記事へのトラックバック一覧です: 【平清盛】最終回(第50回)視聴率と感想・総評:

» 【平清盛】最終回(第50回)視聴率と感想・... [ショコラの日記帳]
【最終回の視聴率は12/25(火)追加予定】最終回「遊びをせんとや生まれけむ」年末年始に「平清盛」総集編を放送します。(公式HPより)【BSプレミアム】12/30(日) PM6:00~7:00 第1... [続きを読む]

» 【平清盛】第50回 「遊びをせんとや生まれけむ」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1181年1月清盛(松山ケンイチ)は熱病で死のフチにいた。源氏との決戦に勝利し頼朝 (岡田将生)の首を墓前に供えよと叫び清盛は世を去る。 4年後、時子(深田恭子)は「海の底にも都はある」と壇ノ浦に入...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」最終回 [日々“是”精進!]
  最終回「遊びをせんとや生まれけむ」1181年1月、清盛は熱病で死の淵にいた。源氏との決戦に勝利し、頼朝の首を墓前に供えよと叫び、清盛は世を去る。4年後、一門の運命は坂をころ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 #50 遊びをせんとや生まれけむ [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
いよいよ最終回。 清盛の死、そして平家の滅亡。 [続きを読む]

» 平清盛 #50 最終話「遊びをせんとや生まれけむ」 [昼寝の時間]
公式サイト 鎌倉にて。一人写経をする頼盛に。西へと逃れた平家一門は壇ノ浦あたりで [続きを読む]

» 平清盛 第50話(最終回)「遊びをせんとや生まれけむ」 [坂の上のサインボード]
 平清盛が病に倒れたのは、治承5年(1181年)2月末ごろ。福原京から平安京に還都して3ヵ月後のことだった。同年閏2月に入るとますます病状は悪化をたどり、やがて危篤状態に陥ったという。『平家物語』の「入道死去」によると、清盛は発病以来、湯水ものどをとおらず、身体の熱いこと火の如くだったと伝えている。病床の清盛の口から出る言葉は「あた、あた(熱い、熱い)」だけで、あまりの熱さのため水風呂につけて身体を冷やそうとしても、たちまち水が沸き上がって湯になってしまい、筧で水を引いて注ぎかけても、熱した石に水を... [続きを読む]

» 「平清盛」第50話。 [Flour of Life]
あそびを〜せんとや〜うまれ〜けむ〜1年間続いた「平清盛」も今週で最後です。 [続きを読む]

» 『平清盛』 最終話「遊びをせんとや生まれけむ」 [英の放電日記]
よい最終回だったような気がする    ………西行、大活躍?  前回のラストで、清盛の生霊?が西行のもとに現れた。  ≪なぜ、西行?≫と思ったが、なるほど、イタコ(口寄せ)の役目だった。  一門、それぞれにやさしい言葉をかける。 「維盛、資盛…そなたたちは亡き重...... [続きを読む]

» 『平清盛』最終回「遊びをせんとや生まれけむ」★高熱で氷が蒸発!! [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』最終回「遊びをせんとや生まれけむ」 「都落ち」「立ち往生」など、慣用句の勉強にはなりました。 (「都落ち」だと思った”指原”の場合は、「焼け太り」かもしれないなぁ・・・平清盛と関係ない。) −◆− 壇ノ浦の戦いを間近に控えた頃、鎌倉に亡命した頼盛(西島隆弘)と頼朝(岡田将生)が会話。 頼盛は「平家は一蓮托生」だと述べております。 NHKはAAAを贔屓してるから、裏切り者扱いしないようです。 そんな場面から、毒々しい赤色の『平清盛』という題字が出て、OP曲は省略し... [続きを読む]

» 平清盛 第50回(最終回)遊びをせんとや生まれけむ [レベル999のgoo部屋]
『遊びをせんとや生まれけむ 内容 治承5年1月。清盛(松山ケンイチ)は、熱病にうなされていた。 やがて清盛は“わが墓前に、頼朝が首を供えよ”と残し。。。 それから4年後、平家は西国へと。。。。 敬称略 楽天ブログ版 第50回(最終回)  ... [続きを読む]

» 平清盛 最終回感想 [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
ついに最終回となりました。あの、まず書いていいですか。エンディング、・・・何のタイタニック?(^^;)と思った方は少なくないと思うのですが(^0^;;)いや〜〜、海賊王に俺はなる!、で... [続きを読む]

» 『平清盛』 最終回「遊びをせんとや生まれけむ」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ 西行の庵にあらわれた清盛は、自分でもなぜここに来たのかわからぬ、と困惑します。しかし、清盛は同時に平家の館で、一門に囲まれて最期のときを迎えていました。熱に浮かされながら、時子や息子たちの前で立ち上がった清盛は、大声で命じます。「わが墓前に、頼朝の首をそなえよ!」と。ついに清盛は息を引き取り、みなは泣きくずれました。後日、平家の館に清盛の弔いにきた西行は、清盛の姿に変身します。そして、居並ぶ一門の者たちに、遺言として感謝の言葉などを残しました。清盛の死は平家滅亡の始まり... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」 第50話(最終回)... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
平家は常に一蓮托生-------!!ついに今年の大河も最終回。総括は最後に。生霊となってまで、西行の元に現れた清盛。それで清盛の死期を悟った西行。だが、再び福原に都をと考える清... [続きを読む]

» 平清盛 最終回「遊びをせんとや生まれけむ」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『平清盛』ついに最終回(第50回)です。 大河ドラマが終わると、いよいよこの一年も終わりやなぁ・・・との思いが強くなります。 [続きを読む]

» 平清盛 第50回 「遊びをせんとや生まれけむ」 [青いblog]
「最早これまで」 「問答無用!」 この二つの言葉を一度でいいから人生のどこかで違和感なく使ってみたいんです。 無理かなぁ? 歴史物、時代劇のかっこ良さ、醍醐味って、この二つの言葉が使えるからだ...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」最終話 [またり、すばるくん。]
最終回「遊びをせんとや生まれけむ」 視聴率9.5%   [続きを読む]

» 平清盛 最終回「遊びをせんとや生まれけむ」〜わが墓前に頼朝が首を供えよ! [平成エンタメ研究所]
「わが墓前に頼朝が首を供えよ!」  これが清盛(松山ケンイチ)の最期の言葉。  この言葉の後にバタリと倒れ、絶命する。  何という最期だろう。  これまでの大河ドラマの主人公の最期って、枯れて眠るように死んでいくものが多かった。  自分の人生に満足し、穏や...... [続きを読む]

» 平清盛 #最終話50 [義風捫虱堂]
#「遊びをせんとや生まれけむ」 感想は一言で済んだ。。。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男の最期わしは時代を変えた!例え身が滅びようともその魂は一門を超えて受け継がれた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」最終話は清盛が熱病で危篤状態の中西行の前に清盛が現れ、生霊として西行に一族に遺言を託した。その直後清盛は頼朝の首を墓前に供えよ!と遺言を残して絶命 ... [続きを読む]

» 平清盛 総評 [坂の上のサインボード]
 2012年NHK大河ドラマ『平清盛』の全50話が終わりました。ブログで大河ドラマのレビューを始めて4年、私自身の率直な感想をいえば、近年(今世紀)の大河作品の中では三本の指に入れてもいいほど優れた出来だったと思っているのですが、世間の評価はどうも違ったようで、大河ドラマ歴代最低の視聴率だったようです。歴史ドラマといえどもドラマである以上、大衆娯楽ですから、視聴率をひとつの指標として評価することは間違っていないと思います。ですが、高視聴率=名作で低視聴率=駄作というレッテルの貼り方は、いささか短絡的... [続きを読む]

« 【悪夢ちゃん】最終回(第11話)視聴率と感想「ドリー夢」 | トップページ | 【PRICELESS】最終回(第10話)視聴率と感想 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30