無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2012年ドラマまとめ&お正月の注目SPドラマ一覧

今、紅白歌合戦を見ています。 ƥ

早いもので、今日で、2012年が終わりです。

振り返ると、今年もブログに追われてしまった1年でした(汗)

以前より明らかに、記事数、少ないんですが(^^;)

最近、筆が遅くなってしまったようです(汗)

それでも、以前より読者は増えたようで、アクセス数は、今年、結構、伸びました。

最近では、12月24日が、楽天・本館のアクセス数、6331HITでした。

『悪夢ちゃん』の最終回と、『平清盛』の最終回で、多かったのでしょう。

最近では、楽天のアクセス、3000HIT前後が多いです。

内容、同じですが、別館の方がアクセス、少ないです。

沢山のアクセス、ありがとうございました♪(^^)

 

今年をドラマで振り返ると、今の秋クール(10月~12月期)が一番、好きなドラマが多かったです。

中でも、一番好きだったのは、『悪夢ちゃん』(平均視聴率11.5%)でした♪

元々、夢の話が好きな上に、私の好きなGACKTさんが出演♪

彼にピッタリの素敵なキャラでした♪

北川景子さんも嵌まり役で、今まででこの役が一番、彼女が素敵に見えました♪

 

今期は、それ以外にもキムタクの『PRICELESS』(平均視聴率17.7%)とか、武井咲さんの『東京全力少女』(平均視聴率7.7%)とか、理屈抜きで楽しいドラマもあって、息抜きできました♪

あと、米倉涼子さんの『ドクターX』(平均視聴率19.1%)、最終回の視聴率が24.4%で、今年の民放ドラマで最高の視聴率でした。

これは大学病院に束縛されないフリーランスの医者という新しい形の医者で、でも、『ブラック・ジャック』に似た感じもあり、楽しかったです♪(^^)

大門未知子も米倉涼子さんに嵌まり役でした♪

岸部一徳さんもいい味、出してました♪

 

遅咲きのヒマワリ』(平均視聴率9.3%)も地方の問題に真剣に取り組んでいて、良かったです♪

最後、ようやく、生田斗真くんが真木よう子さんとくっついて、良かったです(^^)

 

ゴーイング マイ ホーム』(平均視聴率7.9%)は、阿部寛さんと山口智子さんの共演で、期待していたのですが、脚本がとても期待外れでした(汗)

これは初回視聴率が13.0%だったのに、どんどん下がってしまい、最低視聴率は、第9話の4.5%、最終回(第10話)は6.0%でした。

小人の妖精・クーナの話が、びっくりする位、つまらなかったです(汗)

 

MONSTERS』(平均視聴率11.9%)は、それほど視聴率、悪くなかったですが、全10話を予定していたのに、第8話迄で打ち切りになってしまったそうです。(Yahooニュース(週刊朝日)より)

香取慎吾くんと、山下智久くんの豪華共演で、これも期待していたのに、残念でした。

慎吾ちゃんは、どうも作品に恵まれませんね(^^;)

2人が歌う主題歌、『MONSTERS』は好きだったです♪

 

結婚しない』(平均視聴率11.8%)、意外と面白かったです♪

菅野美穂さんと、天海祐希さんの関係、素敵ですね♪

結婚しなくても、こういう友達がいたら、人生、楽しいでしょう♪

そして、どちらも恋人・同棲相手はいて、結婚という形は取らないという結末で、いい感じで着地したと思います♪(^^)

 

夏クールは、ロンドン五輪があって、ドラマはイマイチでした(^^;)

視聴率が一番良かったのは、『GTO』(平均視聴率13.2%)ですが、1位でこの視聴率ですから、皆、低視聴率でした(汗)

『GTO』は、1/2(水)夜9:30~11:30に、『GTO お正月スペシャル(仮題)』をやります。 

私が印象に残っているのは、『ゴーストママ捜査線』(平均視聴率10.9%)位です。

仲間由紀恵さん主演で、子役の君野夢真君が可愛かったです♪

 

春クールは、大野君主演の『鍵のかかった部屋』(平均視聴率16.0%)が平均視聴率1位でした♪

これも面白かったですが、中居君主演の『ATARU』(平均視聴率15.6%)も面白かったです♪

『ATARU』のSPドラマを1/6(日)にやります。

冬クール(1~3月期)で一番視聴率が良かったのは、『ラッキーセブン』(平均15.6%)で、このスペシャルを1/3(木)の夜にやります。

松嶋菜々子さん、『家政婦のミタ』(平均25.2%)に続いて、出演作が視聴率トップになり、ラッキーでした(^^)

この期で私が好きだったのは、『ストロベリーナイト』(平均15.4%)でした♪

その他、お正月の注目SPドラマを一覧で書きます。

 

<お正月SPドラマ一覧>

1/1(火)夜9:00~11:30 『相棒11元日SP』(アリス) テレビ朝日

1/1(火)夜7:20~8:50 正月時代劇『御鑓拝借~酔いどれ小藤次留書~』 NHK総合

1/2(水)夜9:30~11:30 『GTO お正月スペシャル』 フジテレビ

1/3(木)夜9:00~11:30 『ラッキーセブン スペシャル』 フジテレビ

1/4(金)夜9:00~11:00 『鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末』 フジテレビ

1/5(土)夜9:00~11:18 『ダブルフェイス 偽装警察編』 TBS

1/6(日)夜7:00~11:08 『ATARUスペシャル・ニューヨークからの挑戦状』 TBS

1/12(土)夜9:00~10:54 『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』 日本テレビ

 

私は、この中では、『相棒』元日SPと、『ダブルフェイス 偽装警察編』 と『ATARU』が楽しみです♪

『ダブルフェイス 偽装警察編』は、以前、TBSで『ダブルフェイス 潜入捜査編』をやり、WOWOWで続きの『ダブルフェイス 偽装捜査編』をやりました。

そのWOWOWで放送した物をTBSでやります。

その前に、1/3(木)午後4:00から、TBSで『ダブルフェイス 潜入捜査編』の再放送もやります。

前回、見逃してしまった方は、こちらを見てから、1/5(土)の『偽装警察編』を見ると、分かりやすいかもしれません。

潜入捜査編は、闇組織の中で警察の潜入捜査官として生きる森屋純(西島秀俊)が主人公でしたが、今度はエリート警察官ながら実は闇組織のスパイである高山亮介(香川照之)が主人公です。

WOWOWないので、楽しみです♪(^^)

 

また、『JIN -仁-』(1/2(水)~1/3(木)TBS)と、『ラッキーセブン』(1/2(水)~1/3(木)フジ)、連続ドラマを一挙に放送します。

どちらも朝から昼過ぎにかけて2日間でやりますが、私は『JIN -仁-』が楽しみです♪(^^)

 

 

映画『麒麟の翼』、1/3(木)夜9:00~11:30 

これはドラマ『新参者』の続編にあたる映画です。これも楽しみです♪(^^)

 

なんだか、楽しみなドラマや映画が多いですが、帰省したり、同級会など、いろいろ忙しいので、録画し忘れないよう、気を付けたいと思います(^^)

それでは皆さん、今年1年、お世話になりました。

来年も楽天の本館とココログの別館、どちらもどうぞよろしくお願いします♪(^^)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月30日 (日)

【純と愛】前半総評と第12週視聴率&第13週(12/24~12/28)感想

『純と愛』、既に28日(金)で年内は終了し、12月29日(土)~1月3日(木)はお休みです。

来年は、1月4日(金)から始まります。

遅くなりましたが、今週のあらすじと感想、簡単に、前半の総評も含めて書いておきたいと思います。

その前に、一応、再度、総集編等のご連絡です。

12/30(日)夜9時から、NHK総合にて、『梅ちゃん先生』総集編の再放送。

12/31(月)朝7:20~8:48 NHK総合にて、『純と愛』前編総集編を放送。

1/1(火)からBSプレミアムで、『おしん』の再放送もします。

おしん』、懐かしいですね。

子供の頃だったので、全然、覚えていません(汗)

ただ、大ヒットし、世界60ヶ国以上で放送されたのは覚えています♪

1/1(火)~1/4(金)夜6:00~7:30 BSプレミアムで、総集編を放送。

1/6(日)から、BSプレミアムで、毎週日曜日、午前10:00~11:30 1週間分まとめて放送。全297回分全部を1年かけて放送します。

 

さて、『純と愛』、先週(第12週)「さいしゅうけっせん」の関東の週間最高視聴率は、前週の18.1%より上がって、18.3%(12/17(月))でした。

関東は、第7週からずっと月曜が週間最高視聴率です。

エピソードのまとめの週後半ではなく、話が始まる月曜が一番視聴率がいいとは、変わっています(汗)

月曜が一番、爽やかで、展開が進むと、ドロドロしてきて、期待外れの暗い顛末というのが最近、多いような気がします(^^;)

関西は、前週の16.4%より上がって、17.5%(12/17(月))で、やはり月曜が最高でした(^^;)

北海道は、暗い顛末でも結果が知りたいみたいで、金曜か土曜が週間最高視聴率が多いです。

でも、先週の北海道の週間最高視聴率は前週の14.6%より上がって、15.8%(12/18(火))で、この週は、北海道も週の前半が最高でした(^^;)

三連星さん、にょえさん、視聴率情報、ありがとうございました♪(^^)

 

さて、先週、サザンアイランドが壊されてしまったので、今週、純は魂が抜けてしまったようでした。

愛は純の気持ちが読めなくなってしまい、夫婦仲も悪くなってしまいました。

それらを愛のナレーションで愛目線でやったので、今週は愛が主人公みたいで、そんなに不快感はありませんでした。

ただ、正から赤ちゃんが生まれるからと呼ばれて行った時、また、善行と会って、悪口を言われたので、不快でした。

娘があんなにひどい事を言われても、お母さん、なぜいつも守ってあげないのでしょう?

それどころか、後で、家を出て行った純を捜しに、愛が来た時、純と別れろと愛に言って、カチンときました。

結果論として、愛と結婚してから嫌な事が多いかもしれませんが、それは愛のせいではないでしょう。

どちらかというと、純自身のせいと、善行のせいのような気がします。

ただ、晴海自身が本性を言い当てられて、愛が苦手なだけでしょう(汗)

これも何度も繰り返していますが(汗)

 

正に、ようやく本当に赤ちゃんが生まれました。

マリア、生まれる生まれると生まれるサギみたいな事を何度もやったのに、よく家族皆、集まりましたね(^^;)

女の子でしたが、「勇気」ちゃんと名づけました。

皆で赤ちゃんと一緒に笑顔で写真を撮り、純は嬉しかったですが・・・

すぐに、純は善行に悪口を言われ、意気消沈して帰ってきました。

そして、愛と喧嘩。

純が出て行ってしまって、帰ってこなかったので、愛が探し回りました。

純はカイザーオオサキに行きましたが、桐野さんなどが、純は頑張っているだろうから私達も負けられないと噂しているのを聞いて、話しかけられず・・・

偶然、水野に見つかってしまったので、一緒に飲みに行きました。

そして、酔ってしまって・・・

水野と一緒にホテルに行ったかと思いましたが、水野が連れていたのは別の女性。

純は、行方不明になってしまいました。

純は、見知らぬ部屋で目覚めました。

ここ、ホテルとあらすじには書いてありますが、旅館というか、民宿みたいな雰囲気ですね(^^;)

大阪の大正区で、沖縄風でした。

大正区は、沖縄出身の人が多いそうです。

川に飛び込んだのか、純はずぶ濡れで、風邪で高熱で、数日間、眠っていたそうです。

介抱してくれたサト(余貴美子)さんは、とても優しそうでした。

 

年明けからの後半は、このサトさんのホテルに勤める事になるのですが、まだここがホテルという事は分かりませんでした。

まるで沖縄料理のお店みたいでした(^^;)

ただ、この人は面倒見が良さそうで、いい人そうで、沖縄の人っぽいですね。

純の家族は、晴海を含め、沖縄の人っぽくないような・・・(^^;)

この家族が私は苦手です(^^;)

前半は、「まほうの国」を作ろうとして、結局、オオサキもサザンアイランドも夢破れてしまいました。

後半は、サトさんの「里や」が舞台になって、もう少し、庶民的になるのでしょうか?

予告を見る限りでは、「里や」の人は、変人ばかりみたいで、雰囲気が「ちゅらさん」っぽく感じました(^^;)

「ちゅらさん」は好きでしたが、脚本家が違うので、ああいう明るい話にはならないでしょうね(^^;)

純が帰って来て、街頭でHYがカウントダウンライブをしている所で、再会したのは良かったです♪

この曲は、HYの「AM11:00」だそうです。

よくマッチしてドラマを盛り上げてくれました♪

そういう訳で、前半最後の日は、優しそうなサトさんの登場とHYの街頭ライブでの再会で明るくて良かったです♪(^^)

 

前半は救いようのないくらい暗い話が多くて、似たような話を何度も繰り返し、純の家族も愛の家族もイマイチで、あまり馴染めませんでした(汗)

ただ、桐野さんと大先元社長のキャラは良かったです♪

来年からの後半は、もっと明るく、爽やかな話にしてほしいです。

朝見るドラマなので。

そして、同じ話をもうこれ以上、繰り返さないで、話を前に進めてほしいものです。

もう「まほうの国」はいいでしょう(汗)

サトさんの「里や」を、無理に純の「まほうの国」にしようとする展開だけはやめてほしいものです(^^;)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))  14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))  15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」17.8%(12/3月&12/5水) 16.6%(12/3月&12/4火) 14.7%(12/8土)

第11週「やめないでぇ」    18.1%(12/10(月))  16.4%(12/14(金))  14.6%(12/14(金))  

第12週「さいしゅうけっせん」18.3%(12/17(月)) 17.5%(12/17(月))   15.8%(12/18(火))

第13週「きせきのくりすます」

 

先週のドラマ視聴率ランキング(Yahoo TV)

 

公式HP・善行の四字熟語講座(隠忍自重など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第14週の見どころ紹介)

 

公式HP・BKバックステージツアー(『純と愛』ができるまで)

公式HP・HYインタビュー

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

第12週(12/17~12/22)&第11週視聴率

 

【過去と来週の日別あらすじ】

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))

第14週(第78~79回)(1/4(金)~1/5(土))

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月29日 (土)

(ネタバレ)【純と愛】第14週・日別粗筋(1/4~1/5)

『純と愛』、12月29日(土)~1月3日(木)はお休みです。

来年は、1月4日(金)から始まります。

12/29(土)夜8時から、BSプレミアムにて、『梅ちゃん先生』続編SP『結婚できない男と女のスペシャル』を再放送。

前編「半径100メートルの男」、後編「欠点ばかりの女」を続けて放送します。

12/30(日)夜9時から、NHK総合にて、『梅ちゃん先生』総集編の再放送をします。

12/31(月)朝7:20~8:48 NHK総合にて、『純と愛』前編総集編を放送します。

1/1(火)からBSプレミアムで、『おしん』の再放送もします。詳しくはこちらです。

 

第14週は、1/4(金)・1/5(土)の2日間だけの「しんねんのちかい」です。

これは、第14週「しんねんのちかい」の日別あらすじです。

 

<日別あらすじ 第14週(第78~79回)(1/4(金)~1/5(土))> (Yahooテレビより)

第78回[1/4(金)]

夫婦で迎えた初めての正月。純(夏菜)と愛(風間俊介)は、家族を大切にしようと、それぞれの家に挨拶に出向く。しかし待田家では多恵子(若村麻由美)が相変らずの調子で純をたたきのめし、狩野家では善行(武田鉄矢)とケンカしてしまう。疲れ果てて帰ってきた2人は、暮れに世話になった大正区の「里や」にお礼に行く。食堂だと思っていた「里や」がホテルだと、サト(余貴美子)に聞かされ、純はここで働きたいと申し出る。

第79回[1/5(土)]

サト(余貴美子)に紹介されたホテルの面接をいくつか受けた純(夏菜)だったが、なんだかしっくりこない。正(速水もこみち)から電話があり、最近、晴海(森下愛子)が電話のたびに赤ちゃんの名前を決めたかと尋ねてくるのが変だと言う。愛(風間俊介)と共にもう一度「里や」を訪れた純は、大切なものを失くした人ばかりが集まってくるこのホテルに、不思議な懐かしさと居心地の良さを感じ、ここを魔法の国にしてみたいと思う。

 

公式HP・善行の四字熟語講座(隠忍自重など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第14週の見どころ紹介)

 

公式HP・BKバックステージツアー(『純と愛』ができるまで)

公式HP・HYインタビュー

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第1話[10/1(月)]&作品紹介・主要人物表など

第2話[10/2(火)]&初回視聴率

第3話[10/3(水)]「特殊能力」

第4話[10/4(木)]「社長&研修」

第2週感想(10/8月~10/12金)&第1週週間最高視聴率

第3週感想(10/15月~10/19金)&第2週視聴率

第18回(10/20(土))感想と粗筋「純愛の始まり♪」

第23回(10/26金)&第3週視聴率「恐怖の愛ママ登場」

第5週(10/29月~11/3土)&第4週視聴率

第6週(11/5月~11/9金)&第5週視聴率&追加キャスト発表

第7週(11/12月~11/17土)&第6週視聴率

第8週(11/19月~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26月~11/30金)&第8週視聴率

第10週(12/3月~12/8土)&第9週視聴率

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

第12週(12/17~12/22)&第11週視聴率

 

【過去の日別あらすじ】

第1週(1~6回)(10/1(月)~10/6(土))

第2週(7~12回)(10/8(月)~10/13(土))

第3週(13~18回)(10/15(月)~10/20(土))

第4週(19~24回)(10/22(月)~10/27(土))

第5週(25~30回)(10/29(月)~11/3(土))

第6週(31~36回)(11/5(月)~11/10(土))

第7週(第37~42回)(11/12(月)~11/17(土))

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))

 


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「純と愛」 オリジナル・サウンドトラック 【CD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月28日 (金)

紅白の曲順&2年ぶりの岩手旅行♪

紅白歌合戦のトリは、いきものがかりとSMAPです♪

トップは、浜崎あゆみさんとNYCです♪

司会は、嵐と堀北真希さんです(^^)

白組、3つとも、ジャニーズですね(^^;)

楽しみです♪(^^)

その他、紅白の全部の曲順は、こちら(紅白公式HP)です♪(^^)

 

昨日~今日、岩手県花巻市の志戸平温泉へ1泊2日の旅行に行きました。

旅行と言っても、全然、観光しないで、旅館へ滞在して、のんびり温泉と食事を楽しんだだけです。

宿泊先は、『遊泉 志だて』です。

この旅館は、総客室数は28室しかなくて、全室、露天風呂付客室です。

露天風呂付客室なので、宿泊代、少し高いですが、料理もとてもおいしく、お気に入りなので、ここへ泊まるのは、今回、3回めです。

約2年前、2011年1月20日に、ここに旅行に行ったのを、ブログに書いています。

今回もこれと殆ど変りません(^^;)

今回は、予約時に、1人、魚が苦手と言ってあり、魚料理を別の物に変えて貰いました。

東京から新花巻駅まで、東北新幹線・やまびこ号で約3時間。

新花巻駅から旅館まで花巻温泉など温泉地共同の無料送迎バスがあって、そのバスで約30分で着きます。

 

遊泉志だて110118外観.JPG『遊泉 志だて』

前回、2年前に泊まって、その2ヶ月も経たないうちに、東日本大震災がありました。

私達は東北に旅行するのが好きで、松島とか、いろいろ東北を旅行していたので、心が痛みました。

今回、行った岩手県は、大船渡など、津波で大被害にあった地方もあります。

そういう被災地を巡るツアーもありましたが、私達はそういうのは辛いので、行きませんでした。

以前と同じ花巻温泉より更に奥の志戸平温泉の旅館「遊泉 志だて」に泊まり、以前と同じように、どこも観光しないで、ゆったり温泉リゾートを楽しみました。

被災地には行っていないので、私達が行った新花巻から志戸平温泉はどこにも震災の影はなく、お客さんも一杯でした(^^)

ただ、昨夜、「秘密のケンミンSHOW東北スペシャル」で、岩手県大船戸市など、津波被害に遭った所を特集していたのを、岩手県で見て、ちょっと切なく思いました。

 

行く途中の新幹線のグリーン中の中や、今日の無料送迎バスの中で欧米人を見かけました。

でも、中国人らしき人は会いませんでした。

最近、中国人観光客、あまり見かけないような?(^^;)

以前は、あちこちで見かけましたが(^^;)

欧米の人達は東北に旅行するようになってくれて、良かったです♪(^^)

 

私の夫は、雪を見るのが大好きで、毎年、雪を見るために、東北地方に旅行に行きます。

今回は、昨日、新花巻に到着したら雪が降っていました。

雪の中での露天風呂、夫はこれが大好きでこれが一番の目的だったので喜びました♪

私は寒そうで、露天風呂には出ませんでした(^^;)

でも大浴場の中から外の景色が見れて綺麗でした♪

部屋の露天風呂、少しぬるかったですが、これも良かったです(^^)

大浴場の近くに、マッサージチェアが2台あって、無料で使えます。

これが結構、良かったです♪

足の疲れが結構、取れました(^^)

 

昨年の暮れには、青森県に旅行に行きましたが、ガラガラでした(汗)

今回は混んでいて、良かったです(^^)

今年の6月に平泉に行きましたが、今回も一関で新幹線、乗り降りする人が多かったです♪

着実に普通に戻ってきているようで、良かったです♪(^^)

 

今回は、写真、撮りましたが、PCが変わってから、ちょっとソフトが変わってしまって、ブログにアップできるかどうか分かりません(汗)

できたら、後で、写真も少し追加しようと思います。

ただ、今回はリゾート目的で、一切、観光しませんでしたので、観光の写真はないです(^^;)

夫に休みが取れたら、また1月に東北地方に旅行に行きたいと思います(^^)

 

 

いつもコメント、ありがとうございます♪(^^)

いただいたコメントのお返事、大変、遅れていて、すみません。

近日中に書くつもりです。 本当に、すみませんm(__)m

 

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ݤ֥ϡ

  

2012年12月26日 (水)

【PRICELESS】最終回(第10話)視聴率と感想

『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』

最終回(第10話)「30分拡大・一部生放送スペシャル 聖なる夜に起こす最後の奇跡」

生放送って、最後のあれだけ?(^^;)

雪の中で、1週間経っても、魔法瓶のお湯が熱いという実験をしていた・・・

あの場所は、札幌ドームの近くだったようです。

札幌ドームでSMAPのコンサート、やってたようですね?

スマスマの生放送、見なかったので、よく分からないですが(汗)

 

最終回の視聴率は、18.7%(関東)でした。

平均視聴率は17.7%で、今期の民放の連ドラの中では、『ドクターX』に続き、2位でした。

2012年のフジテレビの連続ドラマでは、平均視聴率、最高でした。

瞬間最高視聴率は、午後10時1分に記録した20.8%でした。

 

藤木さん、『平清盛』の最終回と、こちらの最終回、どちらも大活躍でしたね(^^)

折角、1507人、ミラクルの全社員が辞めてきて、金田一の所へ来たのになあ。

榎本は皆で会社、作りましょうと言ったのに、金田一は、新会社を作りませんでした。

とりあえず、皆に名前を書いて貰って、名簿を作成。

ひとまず、帰って貰って、模合さんと彩矢と3人で相談。

ミラクル・エレクトロニクスを立て直そうと頑張りました。

でも、ようやく軌道に乗りかけたら、3人は、またミラクルを去り、ハピネス魔法瓶で一からやり直し。

う~ん。

この展開、どうだったでしょうね?

今回は統一郎が、負けたと自覚して、幸福荘に金田一に会いに来て、腹違いの兄弟だという事と、父の遺言を告白しました。

先代の息子だという事を、統一郎から聞けて良かったです。

統一郎「私は完全にあなた達に負けました」

金田一「いや、負けたって・・・そんなね、勝負してたわけじゃないんだし・・・

 そんな言い方したら、まるで戦ってたみたい」

統一郎「私は戦ってたんです。

 正確に言うと、私は父の言葉と戦ってました」

金田一「先代の言葉?」

先代がおまえは社長の器ではない。社長に相応しいのは金田一二三男だと言ったと告白。

金田一は、自分の腹違いの弟だと、説明しました。

金田一は驚いたものの、今までの仕打ちの理由が分かり、すっきりしたようです。

兄弟喧嘩で良かったと・・・

 

統一郎は幸福荘に泊り、500円払って、翌朝、出て行きました。

統一郎まで急に貧乏になる筈はないと思いますが、マスコミを避けてたのでしょうか?

それとも、金田一のように貧乏体験してみたかったのかな?

理由はよく分かりませんが、あの統一郎が路上生活をしていたみたいでした(^^;)

 

統一郎が行方不明になっている間に、3人はミラクルを立て直そうと頑張りました。

模合さんは工場関係に連絡して、作業復帰を呼びかけ、彩矢は社員達にミラクルに戻るよう説得。

そして、金田一は、広瀬さんの所に資金援助を頼みに行き、その後、ミラクルの商品を置いて欲しいと店を回りました。

でも、どれも皆、なかなかうまくいかなくて・・・

模合さんは、究極の魔法瓶の特許の件もなんとかならないか当たってみました。

それで、統一郎が究極の魔法瓶の特許侵害に関する件、自ら申請を取り下げてくれていた事が分かりました。

そして、ミラクルの特許の出願日が、40年前の初代の魔法瓶から全部10月16日だという事を模合さんは発見しました。

 

ミラクルで究極の魔法瓶を作ったらどうかと3人とも思い、その方向で動き始めたら、段々、軌道に乗って行きました。

広瀬氏はなぜそんなにミラクルに拘るのか、金田一に聞きました。

金田一「俺が拘っているのは人です。いや、実はもっといい魔法瓶、作りたいっていう人達が1507人集まってくれそうなんですよ。

 俺が拘ってるのはその人達で、ハピネスとかミラクルとか実はどうでもいいんですよね。

 なので、もし、1507人が集まる事ができた時に、また相談に乗って下さい」

 

会社の名前、関係ないのだったら、既に、1507人が金田一の所に来たのだから、ハピネスで1507人といい魔法瓶を作れば良かったのに・・・

ミラクルを潰したくない本当の理由は別にあって、後で出てきました。

 

榎本「作ってる人は一緒なんで」とか

模合さんの「ハピネスやミラクルがブランドなんかじゃない。

 皆さんの高い技術力こそがブランドなんです。

 その技術を無駄にしないで下さい」というセリフは良かったです。

辻「このままじゃ、駄目だな。

 ミラクルで出す究極の魔法瓶がハピネスの時と同じじゃまずいだろ?

 あれ以上の性能がないとな」

ようやく工場の関係者もミラクル向けの更に進化した究極の魔法瓶を作ってくれる事になり、56000円で、更に進化した究極の魔法瓶が店頭に並びました。

そこで、ハピネスでなくミラクルになり、店の人は、不思議がり・・・

榎本「作ってる人は一緒なんで」と。

それを金田一が気に入り、見に来ていた能見に同じ言葉を言いました。

能見「まさか究極の魔法瓶、ミラクルから出すとはねえ」

金田一「でも作ってる人は一緒ですからね」

能見「ほう。どこから売るかは関係ないと?

 これ、もっと熱いの?」

金田一「熱いですよ」

それで、これも記事にしてくれました。

能見さんは製品よりも作っている人に興味があるそうです。

ようやく、金田一が中井さんではなく、キムタクだと分かりました(^^)

 

ようやくミラクル製の究極の魔法瓶が売れて、社員達も戻ってきたので、金田一は統一郎を捜しに行きました。

そして、一緒に、炊き出しを食べました。

肉をあげたりして、仲良く食べました。

 

模合さんは統一郎にミラクル魔法瓶初号機の特許は今から40年前の1972年10月16日に出されていて、その後、開発された魔法瓶の特許も全て10月16日に出願されていると説明。

1972年10月16日は統一郎の誕生日です。

模合「仕事一筋でミラクル魔法瓶を大きくしてきた先代にとって、ミラクル魔法瓶の成長はあなたの成長でもあったんです」

金田一「先代が愛したミラクル魔法瓶、なくしたくないじゃないですか。

 俺、思うんですけど、あの会社はあなたが守るべきだと思いますよ」

そして、初代の魔法瓶を統一郎に渡しました。

 

クリスマスに神社で夜店が沢山出ている所があって、金田一と模合、彩矢はボール投げをやる事に。

渡された3つのボールの金田一が取ったのは、北別府のサインボールでした。

まさかサインボールをそのまま使っていたとは(汗)

金田一は投げずに貰いました(^^)

これで振り出しに戻りましたね(^^)

そのボールを統一郎にあげました。

兄弟仲良くなれそうで、いい予感(^^)

模合さんが取ったブルドーザー、きっと両太君、喜んでくれるでしょう♪

 

統一郎は、人の名前を覚えるのが苦手でしたが、社員全員の名前を覚えたようです。

1507人を集めて、金田一が新社長として、統一郎を紹介しました。

皆、不満そうでしたが、統一郎は、皆に謝り、頑張りました。

統一郎「この魔法瓶は父が初代のメンバーと作り上げたものです。

 そして、この魔法瓶は・・・私の弟である金田一二三男が皆さんと共に作り上げた魔法瓶です」

弟と聞いて、皆、驚く。

統一郎「私も皆さんと一緒に魔法瓶を作りたい。

 私も皆さんの仲間として、これから一緒に魔法瓶を作らせてもらえませんか? お願いします」

金田一達の協力で、無事、社員達から新社長と認められました(^^;)

でも、3人はミラクルには戻らず、またハピネスで最初から頑張るようです。

とりあえず、1週間温度が変わらない魔法瓶を作ると、金田一が思いつきで言いました。

最後の生放送は、1週間経った魔法瓶を雪の中から掘り起こし、中のお湯を飲んでまだ熱いと実験しているシーンでした。

 

初回から最終回まで、「あるわけねぇだろ、んなもん」が満載の夢のドラマでしたが、ほのぼのとした人間愛は見終わった後、温かくなって良かったです。

久々に当たりのキムタクドラマでした♪(^^)

ただ、最後の生放送は余計だったと思います(汗)

広瀬親子もいい人達で、良かったです。

続編を期待します♪(^^)

 

【最終回あらすじ】

金田一二三男(木村拓哉)、模合謙吾(中井貴一)、二階堂彩矢(香里奈)が暮らす『幸福荘』の前に、榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)たち『ミラクルエレクトロニクス』を退職した全社員がやって来た。社員たちは金田一と約束した魔法瓶事業再開を反故にしたばかりでなく、それまでの大屋敷統一郎(藤木直人)の経営方針にも嫌気がさしたのだ。一緒に働きたいと言う『ミラクルエレクトロニクス』元社員たちだが、すでに金田一の『ハピネス魔法瓶』はなくなっている。とりあえず、金田一たちは集まった元社員の名簿を作ることに。  その頃、『ミラクルエレクトロニクス』の空になったオフィスには、統一郎と財前修(イッセー尾形)だけがいた。絶望を口にする統一郎を財前は何とか助けたいと思うのだが...。  模合は統一郎に会いに行くという金田一を『幸福荘』に引き留め、自ら『ミラクルエレクトロニクス』へ。しかし、社長室には財前しかいなかった。統一郎を助けてほしいと懇願する財前に、模合は困惑してしまう。  模合が『幸福荘』に戻ると、金田一の部屋に統一郎がいた。いったい統一郎は、何をしに金田一を訪ねてきたのだろうか。不安げに見守る模合と彩矢の前で金田一と対峙した統一郎は...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]16.9%  [第2話]18.8%  [第3話]15.2%  [第4話]18.4%

[第5話]15.7%  [第6話]18.1%  [第7話]17.2%  [第8話]20.1%

第9話]17.4%  [第10話]18.7%  [平均視聴率]17.7%

全話レビューあります。第7話以前は8話から飛んで下さい。

 

公式HP・最終回粗筋

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月24日 (月)

【平清盛】最終回(第50回)視聴率と感想・総評

最終回「遊びをせんとや生まれけむ」

最終回の関東の視聴率は、前回の9.2%より少し上がって、9.5%でした。

全部の平均視聴率は、12.0%でした。

これは、記録の残る63年以降で、今まで大河の最低だった94年の『花の乱』の平均視聴率14.1%を下回り、大河史上最低となってしまいました。

中途半端に悪いよりも、却って、記録に残っていいかも?(^^)

よく比較に出されるので、『花の乱』を見たくなりましたから(苦笑)

これで、同じ脚本家・藤本有紀さんの『ちりとてちん』のように、視聴率が悪くてもDVDが売れれば最高なんですが♪

関西地区の最終回の視聴率は8.5%で、平均視聴率は11.6%。

こちらも、過去最低だった85年の『春の波涛』の13.0%を下回り、史上最低でした。

BSプレミアム(日曜 夜6:00~)での関東の平均視聴率は2.6%でした。

尚、最終回のBSプレミアムでの再放送は、12/29(土)昼0:15~で、通常と違いますので、ご注意下さい。

年末年始に「平清盛」総集編を放送します。(公式HPより)

【BSプレミアム】
12/30(日)
 PM6:00~7:00 第1回「武士の世」
 PM7:00~8:00 第2回「保元平治の乱」
 PM8:00~9:00 第3回「海の都」

【総合】
1/2(水) PM5:00~6:00 第1回「武士の世」
1/3(木) PM4:00~5:00 第2回「保元・平治の乱」
       PM5:00~6:00 第3回「海の都」

 

最終回、清盛の死、迫力がありました。

高熱を出して寝ていたのに、突然、起きて・・・

「きっと、わが墓前に、頼朝が首を供えよ!」

そして、バタっと倒れました。

1181年3月20日、享年64歳でした。

平家一門が集まって見守っていましたが、皆、悲しみました。

西行、大活躍(^^;)

清盛が生霊となって、伊勢・二見浦にいた西行に会いに行ったので、西行は清盛の遺言を伝えに、平家の元を訪れました。

西行が清盛の遺言を伝えるシーン、幽霊がのり移った?(^^;)

わざわざ松ケンに変えて、一人一人に伝えました。

印象に残ったのは、時忠と時子への遺言。

時忠には、「時忠がいなければ、平氏は平家になれなかったであろう。

時忠あらずんば、平家にあらず」とのこと。

時忠の言葉、「平家にあらずんば、人にあらず」をもじった言葉でした(^^;)

平家と平氏の違いは・・・

律令制の下では、公的に「平家」「藤原家」など「家」を名乗れるのは、三位(さんみ)以上の上流貴族、すなわち公卿に限られていました。
清盛は1160年に正三位となり、公卿の仲間入りを果たし、平家と名乗れるようになりました。ドラマでは第29回(7月22日放送)より、「平家」を使用しています。(公式HP・よくある質問より)

どこが時忠のお蔭でしょうか?(^^;)

 

時子には、清盛にとって、時子は紫の上だったとの事。

このドラマでは、確かに、子供の頃から知ってたけれど、理想の女性に育てたわけではないですね?(^^;)

でも、源氏物語好きの時子は、きっと嬉しかったでしょう♪(^^)

 

それにしても、人数が多いので、皆に遺言を言うだけでも大変(汗)

最後までよく分からないまま、終わってしまった人が沢山います(汗)

登場人物、多すぎだったではないでしょうか?

 

清盛の死後、壇ノ浦の戦など、駆け足で、各々の死も説明。

これも人数が多いので、結構かかりました(汗)

この辺は、ドラマというよりも説明になっていたような気がします(^^;)

頼盛だけは、清盛の遺言通り、平家の血を守ろうと考え、頼朝の元に行き、平家の血筋を残しました。

義経を頼朝が殺させるところもざっくりやりました。

有名な弁慶の立往生は、青木さん、さすがでした(^^)

弁慶が一人で皆を引きとめている間に、義経は寺に入り、自害しました。

「平清盛」なのに、義経や頼朝の死まで説明があるとは(^^;)

 

最後の方で、1190年、頼朝は上京し、後白河法皇と対面。双六をしました。

頼朝ともやるとは、双六で統一されてて良かったです♪

ただ、あっさりそのシーンは終わり、頼朝がどんな勝負をするのか、知りたかったです。

どちらが勝ったのでしょうか?

その1年あまり後、後白河法皇は亡くなり、頼朝もその7年後に亡くなりました。

ナレーションが自分の死の説明もしたので、ちょっと妙な感じでした(^^;)

 

時子「海の底にも都はありましょう」

死後の海の底で、清盛に言うのはいいですが、

時子が安徳天皇を抱いて入水する時、安徳帝にそう言ったのは気の毒でした。

平家の血が流れていても、天皇なのに、やはり死ななければならなかったのでしょうか?(汗)

 

振り返れば、このドラマ、白河法皇の時代から王家と言われる天皇家も何代も変わって、登場人物が多く、院政もあるので、誰が権力者か分かり辛かったです。

前半は、王家の話が多く、後半は頼朝などの源氏の話が多かったです。

当時、寺院も僧兵を抱えていて力があり、これも分かり辛かったです(汗)

この時代はあまり馴染みがないので、知らない事が多く、分かり辛いですね(^^;)

 

平家だけでも、清盛の子供や孫や家臣など、沢山出てきて、それが子供から大人になって役者も代わり、分かり辛かったです(汗)

もう少し、人物を絞って、分かりやすくしてほしかったです。

前半、埃っぽいとか、身なりが汚いとか、「ワンピース」の真似じゃないかと思う位、海賊王に拘ったり、清盛がいつまでもガキだとか、王家という言葉は適切ではないのではないかとか、いろいろと批判を受けた前半でした。

後半は、身なりも綺麗になり、松ケンの演技も素晴らしくなり、見応えがありました。

でも、前半で視聴率が急落してしまったのを、最後まで挽回する事はできませんでした。

最近のテレビ番組は、ネットやツイッターの評判などもかなり影響し、評判がいいと、とても上がりますが、悪いと逆に、急落しやすいです(汗)

そして、一度、悪いとレッテルを貼られてしまうと、挽回するのが大変です。

そういう意味で、スタートダッシュが大切ですね♪

次回の大河、『八重の桜』は、スタートダッシュ、頑張って下さい。

 

『八重の桜』初回は、1月6日(日)で、74分の拡大版です。

内容は、福島県会津出身で、同志社を創設した新島襄の妻となった八重の生涯を描きます。

先日、『八重の桜』の10分間の番組宣伝を見ました。

ヒロインの綾瀬はるかさん、凛々しくて素敵でした♪

子役の子も可愛かったです♪

ただ、とてもマイナーな人物の話なので、ちょっとレビューを書くかどうか迷います(汗)

とりあえず、初回は書こうと思います。

 

『平清盛』は、なんだかんだで、殆ど1年間、レビュー、続きました(^^)

ご愛読、コメント、どうもありがとうございました♪(^^)

 

【最終回あらすじ】 (Yahoo TVより)

清盛(松山ケンイチ)は熱病に倒れる。生霊となって西行(藤木直人)の元に現れた清盛は、西行との問答の中で、自分の人生の意味を知る。一方、京で倒れた清盛の実際の肉体の方には続々と人が駆け付け、病床の清盛をよそに、口々にこれからの心配事を語りだす。そして、ついに清盛は死ぬ。その後、平家一門の運命は坂を転がり落ちるように変転し、壇ノ浦での滅亡に至る。安徳(貞光奏風)を抱いた時子(深田恭子)は海峡に沈む。海底には平家一門がおり、青龍刀を掲げる若き日の清盛の姿があった。

 

詳細あらすじは、こちら(公式HP)です。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

[第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2% [第12回]12.6%

[第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

[第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

[第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

第29回]10.7%  [第30回]11.4%  [第31回]7.8%   [第32回]10.7%

[第33回]9.3%   [第34回]11.1%  [第35回]10.5%  [第36回]10.1%

[第37回]10.5%  [第38回]14.3% [第39回]9.7%   [第40回]9.6%

[第41回]7.9%   [第42回]8.9%  [第43回]10.2%  [第44回]10.4%

第45回]7.3%   [第46回]10.3% [第47回]10.8%  [第48回]10.4%

第49回]9.2%   [第50回]9.5%  [平均視聴率]12.0%

32回と38回は、レビューありません。 それ以外は全部、レビューあります。

第2~28回までは、第29回から飛んで下さい。

第30~43回は、第44回から飛んで下さい。

 

『八重の桜』公式HP

 


【23%OFF!】【送料無料】平清盛 完全版 第壱集 【DVD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【悪夢ちゃん】最終回(第11話)視聴率と感想「ドリー夢」

「ドリー夢」

最終回の視聴率は、前回の9.8%より上がって、11.2%でした。

裏の松本清張ドラマ『熱い空気』は18.6%で、全日本フィギュアスケート選手権は17.1%でしたが、よく健闘しました♪

『悪夢ちゃん』の全部の平均視聴率は11.5%で、前作『ゴーストママ』の平均10.9%を上回りました♪

平均11.5%は、今期の民放の連ドラの中で5位です(2クールの『相棒11』は除く)

土曜9時は激戦枠ですが、なんとか上位で良かったです(^^)

 

 

最後に登場した結衣子のお父さん、顔が出てこなくて、残念(^^;)

でも、きっと志岐だろうと、私は思います♪(^^)

彩未が「夢みたい」と言ったし、

菜実子が入院していた時の写真に彼も数人と一緒に写っていたから♪

志岐は10年間、古藤教授の手伝いをしてきたと、以前、言いましたね。

結衣子は5年生だから11歳。

志岐は、人物表を見ると、35歳なので、結衣子が生まれる10ヶ月位前は、23歳位?

まだ古藤教授の手伝いを始める前でしょうけれど、大学院生か古藤教授の生徒か何かで、数人でお見舞いに来たのかも?

志岐がお父さんなら、彩未が志岐と結婚すると、彩未が結衣子のお母さんになりますね♪

きっと結衣子もそうなったら嬉しい事でしょう♪

志岐ももしかしたら、結衣子が娘だと知ってたのかも?

だから、一緒にアメリカに行こうとしたり、彩未と結衣子を命がけで守ろうとしたのかも??

勝手な想像ばかりですみません(汗)

 

菜実子の彩未に対する友情、びっくりでした。

菜実子は夢獣となって、2人を守ってくれてたんですね♪

いろいろ、思いがけない事が出てきたので、もう人身売買の話はどうでもいい感じになってしまいました(汗)

とにかく、愛に溢れていて、温かくて、前向きで、面白かったです♪

彩未が保健室に結衣子をおぶって連れて行って、保健室で目覚めたのも良かったです♪

今まで、保健室がよく出てきたので、目覚めるのに相応しい場所でした♪(^^)

ただ、クラスの皆がカーテンの向こうに隠れていたのは、わざとらしくてちょっと・・・(汗)

学習発表会の5年2組のミュージカル、結衣子があまりに音痴で笑ってしまいました♪(^^)

 

いろいろな生徒のその後の彩未の明晰夢、皆、明るい未来でした♪

兄弟が見つけたお金、大金の箱の中に、「ちゃんと届けようね。神様は見ているぞ」と、メモが入っていました♪

志岐達が取ってなくて良かったです♪

  

彩未「その人間の未来は、その人にしか作れないものなのよ。

  だから、あなたは何も恐れる事なんかない。

  悪夢ちゃんは悪夢ちゃんのままで、未来を作っていけばいいのよ。

  私が受け止めてあげるから。どんな悪い夢でも、ちゃんと受け止めてあげるから。

  だから、安心して現実に戻っておいで」

夢王子「いい夢を見たければ、いつでも私をお呼び下さい」

結衣子「本当?」

彩未「お勧めはしないけどね」

夢獣「皆、いるからね。夢の中でも君は一人じゃないよ。

 安心してこの世界の現実を見ておいで」

彩未「それじゃ、戻るよ」

夢王子がペガサスで走って来て、消えて・・・

 

結衣子と彩未は保健室で目覚めました。

目覚めた結衣子の手をしっかり彩未が握っていて、2人、隣同士で寝ていました。

無事、現実の世界に戻ってこれて良かったです。

ちゃんと琴葉も見守っていました。

琴葉も優しくて、いい保険室の先生でした♪

他の先生方の職員室での会話、いつも楽しかったです♪

あらすじはYahooTVを参照し、いいシ-ンを追加で書きます。

 

【最終話あらすじ】(Yahoo TVより)

児童神隠し事件から落ち着きを取り戻した明恵小学校では、冬の学習発表会が近付いていた。彩未(北川景子)は、5年2組で何を発表するか、クラスの児童たちとテーマを決めることに。すると、児童たちから、神隠し事件や志岐(GACKT)の死の真相について知りたいという声が上がり、彩未は困惑する。
一方、結衣子(木村真那月)は、彩未が志岐を殺したと思い込んだショックからこん睡状態に陥り、ずっと眠っていた。万之介(小日向文世)は、意識の世界で生きることが辛くなった結衣子は自ら望んで目覚めないのではないかと考える。結衣子は無意識の世界でも新しい夢を見ているようで、万之介は結衣子が生きている証としてその夢札を引いていた。しかし、このまま眠り続けていれば魂が無意識の世界をさまよったまま、結衣子の肉体が滅びてしまうと思われ、万之介は気が気でならない。彩未は、結衣子を目覚めさせる手がかりを得るために、結衣子の夢札を見る。そこには、シスターマリカ(藤村志保)の姿が映っていた。その内容が不吉な未来を予知していると感じた彩未は、シスターマリカのもとへ向かう。シスターマリカは彩未に、彩未が幼いころに描いた絵の数々を見せて、ある秘密を告白するのだった。
彩未は、過去の自分が描いた絵の中の一枚から、万之介の娘・菜実子との大切な記憶を思い出し、万之介に語る。すると、万之介は、幼いころの彩未から引いた夢札を見せる。そこには、彩未と結衣子を結ぶ、驚くべき映像が映し出されていた。
そんな中、5年2組の児童たちが次々と、結衣子と会ったと言い出す。しかし、結衣子が目覚めた形跡はなかった。
彩未は、無意識の世界をさまよう結衣子を連れ戻すことができるのか!?

 

ここに書かれていない内容は・・・

人身売買は、前の施設長が関係していました。

シスターマリカはそれを知って、施設長を殺してしまい、白いブランコの下に遺体を埋めたそうです。

でも、その後で、彩未の絵を見て驚きました。

マリカが施設長を殺す絵でした。ブランコまで描かれていました。

でも、その絵をマリカは捨てないで、他の彩未の絵と共に取ってありました。

それを彩未に見せてくれました。

結衣子は、無意識の世界に行ってしまい、眠ったままでしたが、その夢札を引いていて、それを見て、彩未はシスターマリカの所へ行きました。

その夢はマリカが聖堂に火をつけ、死んでしまう夢でした。

その夢札を見たので、彩未は鍵を持って行き、マリカを助けることができました。

警察が来て、若いシスターと共に連れて行きました。

今度こそ、しっぽ位、掴みたいものだと、刑事。

これで、人身売買の方は、一件落着しました。

 

でも、結衣子はなかなか目覚めません。

結衣子を見たという生徒も沢山出てきて・・・

結衣子の生霊?

最後は、前述の通り、結衣子を彩未が保健室におぶって行って、彩未の明晰夢に結衣子を連れ込み、説得して、現実の世界に呼び戻しました。

 

菜実子の彩未への友情、切なくなりました。

子供の頃、彩未の見た夢札を古藤が彩未と菜実子に見せました。

大人になって教師になった彩未が、学校の教壇に立っていて、結衣子がミュージカルがいいと言って、音痴に歌いだす映像。

彩未の説明だと、結衣子は菜実子の娘で、菜実子ちゃんはもういないと・・・

これは、とてもショックだったでしょう。

その夢札を古藤教授が取ってあって、今、見せるべきだと思うと、彩未に見せました。

菜実子は、高校生になって自分が難しい病気になってしまった時、その夢札が本当になるよう、菜実子は死ぬ前に子供を産もうとしました。

生まれる前に、結衣子と名前を決め、誰が父親か言わなかったそうです。

入院当時の写真が取ってあり、その中に志岐が数人の人とお見舞いに来て、写っている写真もありました。

そして、校長先生と菜実子のツーショット写真もありました。

校長先生は、実は菜実子の小学校の時の担任だったそうです。

何年かぶりに、突然、連絡があって、病室に呼ばれて会いに行きました。

菜実子から「武戸井 彩未」と書かれた紙を渡されました。

菜実子「武戸井 彩未。先生、その名前を覚えておいて」

校長「この人は誰?」

菜実子「私の一番の親友。

 子供の頃に別れて、向こうには私の記憶がないの。

 でもね、その人は必ず小学校の先生になるから、甘澤先生、見守ってあげて。

 必ず、いい先生になるから。

 そうじゃなきゃ、私が困るのよ」

<回想終わり>

校長「なんだか、よく分からなかったけど、この名前が菜実子ちゃんの形見のような気がして・・・

 そしたら・・・何年かして、本当に、あなたをみつけたの。

 本当に驚いた。

 私が校長に就任した時、教育委員会に頼みこんで、あなたをうちの学校に赴任させて貰ったのよ」

彩未「そんな・・・私は、ずっと菜実子ちゃんに守られていたなんて。

 人を信じてなかった時もずっと守られていたなんて・・・」

校長「菜実子ちゃんの予言は正しかったのよ。

 あなた、この数ヶ月間で、本当にいい先生になったもの」

彩未「・・・」と泣く。

 

校長が去ってから、古藤は彩未に言いました。

古藤「君はラクな羊飼いになりたくて教師になったわけじゃない。

 無意識に教師の道を選んでいたんだ。遠い昔、君が見た夢の通りに。

 それで、結衣子と出会う未来も決まっていたんだ。

 菜実子にとっては、これは悪夢だっただろう。

 自分はこの世にいないと言われたんだから。

 実際に、菜実子が高校生になって自分が病気になった時に、もう長くは生きられない事を悟ったんだ。

 そして、その前に、結衣子を産む決意をした」

<回想>

古藤「その体で子供を産める訳がないだろう」

菜実子「産むのよ。産んで彩未ちゃんに会わせるの。

 そうしなければ、彩未ちゃんは一生、昔を思い出せないかもしれない

 そうなったの、お父さんのせいでしょ?

 ちゃんと結衣子を育てて、彩未ちゃんに必ず会わせてあげて」

古藤「結衣子? 菜実子、おまえはどうなるんだ?」

菜実子「結衣子がいれば大丈夫。

 私は結衣子の中で生きられるから。

 彩未ちゃんにもきっと会えるから」

<回想終わり>

古藤「菜実子は自分で結衣子と名付けた子を産んで意識が戻らないまま、この世を去った」

 

元々は、ユメノスケを欲しいと言った彩未に、家族だからあげられないと断り、代わりに家族をあげると描いてあげた絵が夢獣(ユメノケ)でした。

その夢獣に菜実子がなって、2人を守ってくれていたのでしょう。

だからこそ、なんとしても現実の世界に結衣子を戻さなければならないと、彩未は思ったのでしょう。

最後、志岐が生きていて、父かも? という余韻を残してくれたので、良かったです♪

続編を見たいですが、この視聴率だと微妙ですね(^^;)

私は今期、このドラマが一番、好きでした♪

哲学的なセリフもあり、漫才みたいなセリフもあり、テンポもよくて、楽しかったです♪(^^)

ぜひ、続編を作ってほしいものです♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

[第1話]13.6%  [第2話]10.7%  [第3話]12.9%  [第4話]10.4%  [第5話]12.8%

[第6話]11.5%  [第7話]11.5%  [第8話]11.5%  [第9話]10.4%  [第10話]9.8%

[第11話]11.2% [平均視聴率]11.5%

全話レビューあります。第6話以前は、第7話から飛んでください。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月22日 (土)

【純と愛】第11週視聴率&第12週(12/17~12/22)感想

既にお伝えした通り、来週(第13週)は12月28日(金)迄で、12月29日(土)~1月3日(木)はお休みです。

来年は、1月4日(金)から始まります。

大晦日に、『純と愛』前編総集編を放送。

『梅ちゃん先生』総集編、続編SP『結婚できない男と女スペシャル』もクリスマスと年末に再放送します。

詳しい日程は、こちらです。

 

先週(第11週)「やめないでぇ」の関東の週間最高視聴率は、前回の17.8%より少し上がって、18.1%(12/10(月))でした。

ただ、火曜以降は、(火)15.2%、(水)16.0%、(木)15.1%などで、良かったのは、月曜だけかも?(汗)

オオサキがカイザーに乗っ取られた後で、月曜は、コーラストリオと純と愛がカラオケ。桐野さんが社長を目指すから協力してと、純に頼みました。

この日はまだ明るかったですが、この週は誠と剛の結婚騒動と、善行がサザンアイランドを売る契約をするのを邪魔するドタバタ話で、どんどん暗くなってしまいました(汗)

関西の週間最高視聴率は、前回の16.6%より少し下がって、16.4%(12/14(金))でした。

北海道は、前週の14.7%より少し下がって、14.6%(12/14(金))でした。

関東以外は、どちらも少し下がりました(^^;)

この日の内容は、誠と剛が普段着のまま結婚するのを、皆で懸命に止めました(^^;)

三連星さん、にょえさん、視聴率情報、ありがとうございました♪(^^)

関東の今までの日々の視聴率の一覧を載せているサイトがあります。

日々の視聴率は、こちらをご参照下さい。

 

そして、今週は、宮古島でサザンアイランドが売られてしまうのを、阻止する話。

もう契約が済んでしまったのだから無理だと思うのですが・・・(^^;)

売買契約書に、何か不備はないか調べましたが、分からず、怖い愛ママに電話して聞きました。

一番大事なビーチが晴海の名義で、その売買がもれていたとの事。

プロが買収するのに、こんな初歩的なミスとは(汗)

私でも分かります(^^;)

 

ただ、先週も言いましたが、普通はビーチだけでなく、ホテルの土地等もおじいは娘の晴海に相続させると思います。

いくら娘婿が社長になっても、財産まで相続させないでしょう(^^;)

それはともかく、このドラマでは、ビーチ以外は全部、善行の名義だったらしく、家族皆が反対しているのに、善行の独断で売ってしまいました。

そして、大阪の会社にいい条件で就職できるそうです。

でも、キムタクの『PRICELESS』のように、騙されそうな気がします(^^;)

 

善行は、勝手に晴海の実印を持ち出して、印を押そうとしたりして、卑怯な手を・・・

普通は、勝手に押したら、訴えれば、契約無効になると思いますが?(^^;)

とにかく、純は売らないで、経営再建しようと言い、頑張りました。

お客さんも沢山来てくれて、善行も売らないように気持ちが変わったと思いましたが・・・

それは嘘。

お客さんのいない日にブルドーザーが来て、ホテルサザンアイランドの建物を壊してしまいました。

それを見て、純は阻止しようとしましたが、ダメ。

純は泣きました。

 

家も売ってしまったので、出て行く事になり・・・

ビーチだけ残っても仕方がないので、晴海は売ってしまいました。

それは、向こうの会社に多恵子が入れ知恵したようです(汗)

でも、わざわざ入れ知恵しなくてもよくやる手ですね(^^;)

道路の買収とかでも、全部買収できてないうちに、どんどん道路を作ってしまって立ち退かない家にプレッシャーをかけたりする事がよくあります(^^;)

 

善行は、皆で一緒に大阪に行こうと嬉しそう。

善行は宮古島が嫌いだったようです。

大阪に帰れると、一人、嬉しそうでした。

マリヤは卑怯な手を使ったお父さんが嫌いだと、正と2人で、出て行ってしまいました。

剛も誠の気持ちが分かったから、誠のように放浪の旅に出ると・・・

折角、家族のためにお金がいると思って、ビーチを売った晴海はショック。

家族は、またバラバラになってしまいました。

 

誠はもう少し宮古に残るそうです。

宮古の人は臭わないから。

宮古の人、正直ないい人が多いって事ですね(^^)

それなのに、十何年もここに住んでいて、好きになれない善行、なぜでしょう?(^^;)

前々から、善行、嫌なキャラだと思ってましたが、先週と今週、救いようがないくらい嫌な人でした(汗)

脚本家の遊川和彦さん、子供の頃、父に捨てられたそうで、そのせいか、『家政婦のミタ』といい、父親、嫌な人ばかりですね(汗)

武田さん、よくこんな役、引き受けましたね(^^;)

こんなに救いようがないと、見るのが辛いです(汗)

来週で、前半が終わります。

来週は再び、純がカイザーオオサキに行って、懐かしいメンバーが少し登場♪

これで、カイザーオオサキの皆さんとはお別れでしょう。

予告編の最後で、余貴美子さんが出てきましたね。

彼女のホテル『里や』に、来年1月から純は勤めます。

来年からは心機一転、もっと明るく、救いのある話にしてほしいです。

数少なかったお気に入りキャラの桐野さんと大先社長がいなくなってしまうと、後半、余計に見る気が失せるような・・・(^^;)

来週、桐野さんの再登場が楽しみです♪(^^)

舘ひろしさんは、紅白で「嵐を呼ぶ男」を歌うそうなので、楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))  14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))  15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」17.8%(12/3月&12/5水) 16.6%(12/3月&12/4火) 14.7%(12/8土)

第11週「やめないでぇ」   18.1%(12/10(月))  16.4%(12/14(金))  14.6%(12/14(金))  

第12週「さいしゅうけっせん」

 

先週のドラマ視聴率ランキング(Yahoo TV)

 

公式HP・元コーラス部対談(後編)

公式HP・各種インタビュー・メニュー

 

公式HP・善行の四字熟語講座(悲愁断腸など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第13週の見どころ紹介)

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第8週(11/19月~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26月~11/30金)&第8週視聴率

第10週(12/3月~12/8土)&第9週視聴率

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

 

【来週と過去の日別あらすじ】

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

『純と愛』前編総集編&『梅ちゃん先生』総集編&続編SP再放送

年末に、『純と愛』前編総集編を放送。

『梅ちゃん先生』総集編、続編SP『結婚できない男と女スペシャル』も再放送します。

 

・『純と愛』前編総集編

12/31(月)AM7:20~8:48 NHK総合 『純と愛』前編総集編

 

『純と愛』、来週(第13週)は12月28日(金)迄で、12月29日(土)~1月3日(木)はお休みです。

来年は、1月4日(金)から始まります。

 

・『梅ちゃん先生』総集編の再放送

<BSプレミアム>

12月24日(月・祝)PM3:00~5:58 「前編」「後編」続けて放送

<NHK総合>

12月30日 PM9:00~10:28 前編「あたらしい朝が来た」

同日     PM10:40~0:08 後編「上を向いて歩こう」

 

『梅ちゃん先生』続編SP『結婚できない男と女のスペシャル』の再放送

<BSプレミアム>

12/29(土)PM8:00~9:49 前編「半径100メートルの男」、後編「欠点ばかりの女」を続けて放送

<NHK総合>

2013年1月14日(月・祝)AM8:15~9:09 前編「半径100メートルの男」

同日 AM9:14~10:08 後編「欠点ばかりの女」

 

『梅ちゃん先生』総集編の再放送の多さにびっくりです。

10月、11月にもBSプレミアムで再放送したばかりです。

毎月、放送してますね(^^;)

人気ありますね♪(^^)

続編SP『結婚できない男と女のスペシャル』、1月14日のNHK総合での放送の前に、年末、BSプレミアムでの放送も決まり、良かったです♪(^^)

紅白の司会は、堀北真希さんと嵐なので、盛り上がりそうです♪(^^)

 

『純と愛』公式HP

『梅ちゃん先生』公式HP

『梅ちゃん先生』グッズ販売(NHKオンラインショップ)

 


【送料無料】梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 2


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「純と愛」 オリジナル・サウンドトラック 【CD】

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【純と愛】第13週・日別粗筋(12/24~12/28)

来週(第13週)は、12月28日(金)迄で、12月29日(土)~1月3日(木)はお休みです。

来年は、1月4日(金)から始まります。

1/4(金)・1/5(土)の2日間だけの第14週「しんねんのちかい」です。

これは、来週(第13週)「きせきのくりすます」の日別あらすじです。

 

<日別あらすじ 第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))> (Yahooテレビより)

第73回[12/24(月)]

失意の中、大阪に戻った純(夏菜)と愛(風間俊介)は、小さなアパートで暮らし始めた。純はすっかり魂が抜けたようで、食欲もなければ労働意欲もまるでない。ふさぎ込む純を、愛が一生懸命元気づけようとしてもまるで喜ばず、むしろ神経を逆なでするような言葉を吐いて愛を怒らせる。一方、善行(武田鉄矢)は張り切って大阪の会社に出社するが、与えられた担当業務は警備と郵便物の受付で、望んでいたような仕事には程遠かった。

第74回[12/25(火)]

純(夏菜)の心の声が聞こえなくなった愛(風間俊介)は、この調子なら外で働けるかもしれないと思い就職面接に行く。だが相変わらず、純以外の人の本性は見えてしまい、そのひどさに就職を諦める。帰宅してみると、純に頼んでおいた洗濯物は放りっぱなし、料理はまずいし、ゴミも捨てていない。怒りをこらえて優しく接する愛に、結婚したことを後悔しているなら浮気でもしてくればと純は言う。耐えきれなくなった愛は出ていく。

第75回[12/26(水)]

破れかぶれで浮気しようとした愛(風間俊介)は正(速水もこみち)からの電話で我に返る。マリヤ(高橋メアリージュン)が出産するので那覇に来てほしいという純への伝言だった。純(夏菜)が行くと、晴海(森下愛子)や剛(渡部秀)、善行(武田鉄矢)までやって来る。難産の末、生まれた赤ちゃんを囲んで一家全員での写真撮影。皆がそろって笑顔になった奇跡的な瞬間だった。だが、またも善行に疫病神と罵られ、純は落ち込む。

第76回[12/27(木)]

純(夏菜)は愛(風間俊介)とケンカをし家を出る。カイザーに行ってみるが、富士子(吉田羊)たちが純の健闘を信じている様子を見て、黙って帰ろうとする。そこで水野(城田優)と会って飲みに行き、やけ酒をあおり泥酔。心配した愛が電話するとなぜか水野が出て、一緒にいると言う。慌てて行ってみると水野と一緒にいるのは別人で、純は携帯を忘れて帰ってしまったのだと言われる。だがそのまま純は、行方知れずになってしまう。

第77回[12/28(金)]

純(夏菜)は見知らぬ部屋で目を覚ます。しばらく寝込んでいたらしい。介抱してくれたサト(余貴美子)に純は事情を話す。一方、心配する愛(風間俊介)を晴海(森下愛子)が訪ね、別れることを考えてくれと言う。純はサトの言葉で、愛は誠(岡本玲)の言葉で、お互いがかけがえのない存在だと思いだす。この相手を失ったらもう何も残らないのだと。何の手がかりもないまま、相手を探しに大みそかの街に飛び出していく2人だが...。

 

カイザーオオサキのキャストも出演しそうですね(^^)

年末最後の日に、後半の主要キャストのサト(余貴美子)さんが登場♪

サト(余貴美子)さんのホテル(旅館?)『里や』で、1月から純は働きそうです(^^)

後半のストーリーと新キャストは、こちらです。

 

公式HP・元コーラス部対談(後編)

公式HP・各種インタビュー・メニュー

 

公式HP・善行の四字熟語講座(悲愁断腸など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第13週の見どころ紹介)

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第1話[10/1(月)]&作品紹介・主要人物表など

第2話[10/2(火)]&初回視聴率

第3話[10/3(水)]「特殊能力」

第4話[10/4(木)]「社長&研修」

第2週感想(10/8月~10/12金)&第1週週間最高視聴率

第3週感想(10/15月~10/19金)&第2週視聴率

第18回(10/20(土))感想と粗筋「純愛の始まり♪」

第23回(10/26金)&第3週視聴率「恐怖の愛ママ登場」

第5週(10/29月~11/3土)&第4週視聴率

第6週(11/5月~11/9金)&第5週視聴率&追加キャスト発表

第7週(11/12月~11/17土)&第6週視聴率

第8週(11/19月~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26月~11/30金)&第8週視聴率

第10週(12/3月~12/8土)&第9週視聴率

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

 

【過去の日別あらすじ】

第1週(1~6回)(10/1(月)~10/6(土))

第2週(7~12回)(10/8(月)~10/13(土))

第3週(13~18回)(10/15(月)~10/20(土))

第4週(19~24回)(10/22(月)~10/27(土))

第5週(25~30回)(10/29(月)~11/3(土))

第6週(31~36回)(11/5(月)~11/10(土))

第7週(第37~42回)(11/12(月)~11/17(土))

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

 


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「純と愛」 オリジナル・サウンドトラック 【CD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月21日 (金)

マヤ歴、世界終焉の日だけれど・・・&冬至のゆず湯

マヤ歴では、2012年12月21日が最後なので、今日、世界は滅亡すると、数年前から言われていました。(マヤ歴図解

でも、今のところ、特に変わったことはありません。

まだ少し21日は残っていますが、このまま、22日も無事、来そうですね♪(^^)

良かったです♪(^^)

大抵の人は、信じていなかったでしょうけれど、実は私は半信半疑で、少し信じてたんです(^^;)

だからと言って、何も準備はしなかったですけど(汗)

だって、大地震が来るとの予言なら準備しようがありますが、世界が終わりじゃ、どこへ逃げても何を準備しても無駄だし・・・(^^;)

ただ、フランスのどこかの地方がそこだけ残って、宇宙人が来て助けてくれるという噂とか、マヤへ行くツアーが盛況とか、いろいろ関連した騒ぎはあったようですね(^^)

オランダでは、現代版「ノアの方舟」を作った人もいたとか(^^;)

いろいろと商魂逞しいですね(^^)

名古屋が残るという噂もチラッとネットで見て、笑っちゃいました(^^)

アメリカ政府は、3日、公式HPで、ただの噂であるとして、終末論を否定したそうです。(Exciteニュースより)

わざわざ政府が公式発表するというのもすごいですね(^^;)

そういう対応もされているようなので、特に、混乱はないようです。

2000年で世界が滅亡するという時の騒ぎを思い出しました。

あの時は、全然、信じませんでした(^^)

とりあえず、明日が無事来たら、私はほっとすることでしょう(笑)

 

滅亡はともかく、今日は冬至なので、ゆず湯

ゆずは毎年、入れるのですが、どう入れるか迷います。

いつもは2つに切って、レモンのように果汁を絞って、紅茶に入れ、カラだけ、細かい目のゴミ袋のネットに入れて、お風呂に入れます。

でも、テレビの中継を見たら、いつもゆずを丸のまま入れてるんですよね。

だから、昨年は、丸のまま入れました。

そうしたら、殆ど、ゆずの香りがしませんでした(汗)

やはり切った方が効き目がありそうな気がするんですが・・・

今年は、ラクをして、入浴剤のゆず湯でいいにしてしまおうかと思っています(^^;)

今年、ゆず、高いので(^^;)

冬至というと、もう一つはかぼちゃ

今夜は、かぼちゃを煮ようと思います(^^)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月20日 (木)

【相棒season11】第10話視聴率と感想「猛き祈り」(後編)

『相棒Eleven』第10話「猛き祈り」(後編)

第10話の視聴率は、前回の17.2%より上がって、17.8%でした♪

年内はこれでおしまいで、次回は、1月1日(火)PM9:00~11:30の元日スペシャルです。

1月2日(水)、1月9日(水)はお休みです。

多分、1月16日(水)から通常通り、3月まで続くと思います。

 

前回の前編で、本館にも別館にも「即身仏」だろうというコメントをいただいていたので、予想通りでした(^^;)

ただ、あまり宗教的にならなくて、良かったです。

かろうど(棺)に入ってからトイレはどうするのか、なぜ3年3ヶ月経ってから掘り起こすのかとか、いろいろ疑問が一杯(^^;)

即身仏について、ちょっと調べてみました。

なぜ3年3ヶ月後に掘り出すのか?

即身仏になるための修行

 

上記などの説明によると、即身仏になるための準備はかなり大変のようです。

ミイラになるのですから、死後、腐ってしまってはいけません(^^;)

そのために、何年も前から修行を積んで、激しい運動や食事制限をして、体脂肪を極限まで減らします。

具体的には、山中を走り回る等の千日単位の厳しい修行を行い、五穀断ちとかで穀物を断って木食行(木の実だけ食べる)を行い、体脂肪を極限まで減らします。

そして、入定直前に漆の汁を飲んで嘔吐し、内臓の腐敗を防ぎ、水分を抜きます。

生きながらにして土中の棺(かろうど)に入り、竹筒での空気を頼りに呼吸。

真っ暗な中で、鉦を打ち鳴らし、読経します。何も食べず、水も飲みません。

事前に断食・断水をしているので、トイレは必要ないのでしょう。

鈴の音が聞こえなくなったら、入定した時です。

3年3ヶ月後に、弟子達が掘り出します。

弟子達が衣を着せ、厨子に安置し、即身仏として祭られます。

 

これを知って、今回の話を見ると少し分かりやすいかもしれません。

 

まろく庵の真智子(柴本幸)の声は、やはり119番してきた女の声と一致しました。

そして、カイトの手の中にあった髪の毛と、茶髪の長い髪のキョンの毛は一致しました。

キョンは、森の中でカイトに襲われて首を絞められたと言いました。

それで、通りかかった生方(山本學)が助けるために、カイトを殴り、自分一人で暴行したと言いました。

カイトは、確かに、女性の首を絞めたと思い出しましたが・・・

でも、それは森ではなく、車の中だったと・・・

 

そして、右京さんは、半年前に癌で亡くなったという庵主・伏木田に興味を持ちました。

近所の人の話だと、去年の今頃、たまたま見かけたら、骨と皮だけになってしまっていて、気の毒だったと・・・

病院には入院せず、往診を受け、内々でお葬式を済ませたと聞いているとの事でしたが・・・

角田課長達が、この辺りの医者と葬儀屋をしらみつぶしに調べた所、誰も往診していなくて、葬儀を取り仕切った葬儀屋も坊主もいない。

役所に死亡届も出ていませんでした。

半年前に亡くなったというのは嘘で、少なくともカイトがこの森を訪れたその日までは生きていました。

右京「カイト君が聞いたという鈴の音。それが伏木田さんが生きていた証だったんです。

 即身仏ですよ」

伊丹「即身仏?」

三浦「ミイラって事か?」

右京「まろく庵の庵主・伏木田辰也さんは、即身仏になるべく、土の中でひたすら命の尽きるのを待っていたんです。まだ死に切れていない事を外へ知らせるための鈴を鳴らしながら・・・」

坂口「だから言ったじゃねえかよ! あいつ、殺しときゃ、良かったんだよ!」

生方「冬二、やめろ! どうやって即身仏に辿り着いたんですか?」

右京「一つは甲斐享の証言。『鈴の音が聞こえる』。

それから部屋で発見した節のくりぬかれた竹筒。

あれは土中の棺から地中へ出して、空気孔の役割をはたした物ですね。

ああ、そうそう、部屋の壁の新聞記事もヒントになりました」

生方「親父さんは苦しんでいる人々を救いたがっていました。

度重なる災厄に見舞われるこの国を本当に憂いていた。

だから、即身仏になる決心をしたんです」

右京「自らの命と引き換えに人々を救う。そういう事でしょうかね?」

生方「人々の苦しみを一身に背負いながら祈り続けて仏になって生まれ変わる。

それが即身仏です。その何がいけないんですか?何が悪いんですか?」

右京「即身仏になるためには、木食行(もくじきぎょう)という、ほぼ断食に近い修行をなさるそうですねえ。

体から徹底的に脂肪をなくさないと、うまくミイラになれない。

文字通り、骨と皮だけになってしまいますから、そのカムフラージュとして、ガンになったと偽り、やがてこの森から姿を消す方便として、半年前に亡くなったと近所に伝えた。

そういう事ですね。

即身仏になるという事は、即ち、自殺。

自殺の善悪についてはあえて言及しませんが、しかし、それを手助けしている皆さんは自殺幇助の罪に問われる可能性があります。

更に言えば、やがて、即身仏となった伏木田辰也さんを掘り起こす事になりますねえ。

それもいささか、具合が悪い。刑法には墳墓発掘を禁じる規定がありますからねえ」

生方「多少は法律に触れる事があるかもしれません。

でも、私達は誰かに迷惑をかけていますか?

無事に即身仏になって人々のために祈る。

それが親父さんの願いです。

私達は、それを手助けしているだけですよ。

自ら飢え、暗い棺の中で一心不乱になって祈り死を待つ。

どれほどの思いがその行為を支えているか・・・分かりますか?

生半可な思いじゃ、到底なしえません。

私は一生、刑務所でいい。死刑だっていい。だから親父さんだけは・・・」

真智子も他の皆も「お願いします」などと、右京さんの前に土下座しました。

右京「皆さんのお気持ちは分からなくもありません。

伏木田辰也さんの思いにも一定の尊敬を抱きます。

しかし、それは僕の個人的な気持ちです。

警察官として法律に触れる行為は見過ごせません」

生方「同じですねえ。甲斐享さんと同じだ」

 

きのこ狩りに来て、地中で鈴の音がするのを奇妙に思ったカイトに、仕方なく事情を説明して

お願いした。でも、聞き入れて貰えず、入定を目の前に控えた親父さんのかろうとを掘り起こそうとしたので、男性4人で暴行してしまいました。

殺そうとしましたが、真智子が止めました。

皆を人殺しにするわけにはいかないから。

 

止めて良かったですね。

自分が即身仏になるために、誰かが殺されたとしたら、親父さんも悲しむでしょう。

仏になれないかもしれませんし(汗)

 

真智子とキョンが2人で、リヤカーとワゴン車で公衆電話の近くへ置き去りにしに行きました。

ワゴン車の中で一度、カイトは目を覚まし、暴行の途中と勘違いして、近くにいたキョンの首を絞めてしまいました。

運転していた真智子は驚いてハンドルを取られてしまい、事故。

お蔭で、カイトはぶつかって気を失い、おとなしくなりました。

カイトを外に置いて、公衆電話から119番へ電話。

カイトは救急車で運ばれ、一命を取り留めましたが、記憶喪失になってしまったのでした。

病室に伏木田さんの幽霊が来て、カイトの顔の上で手を開いて何度か回し、

「申し訳ありませんでしたね」と微笑みました。

カイトも微笑みました。

カイトはそのお蔭か記憶を全て取り戻しました。

でも、鈴の音を聞いた、即身仏の眠っているかろうとの場所だけが分かりませんでした。

そこだけ記憶がすっぽりないとの事。

それはやはり幽霊の仕業でしょうね(^^)

かろうとの場所の記憶だけは思い出させてくれなかったのでしょう。

 

即身仏になるのって、一人じゃできないんですね。

埋めたり、竹筒を抜いて孔を埋め、3年3ヶ月後に掘り出すとか、いろいろと手助けが必要で、それは法に触れてしまう事だったんですね。

今まで知らなかったので、少し興味深かったですが、ちょっと不気味でした(汗)

 

結局、暴行した男性4人は傷害の容疑で取り調べ。殺人未遂まで視野に入れているとの事。

女性2人は自殺幇助で取り調べを受けたが、こちらは微妙。送検されても起訴猶予。或いは不起訴かもしれないとの事でした。

 

今回、一番、面白かったのは、悦子さんが話したカイトとの出会いが嘘だった事。

あんな状況で嘘だったとは驚きでした(^^)

ニューヨーク行きの夜行バスというのは、悦子の好きな映画『或る夜の出来事』のストーリーだそうです。

カイト「俺らが出会ったの、渋谷じゃん。しかも合コン」

酔った悦子をカイトが家まで送って行ったそうです。

普通っぽくて、笑いました(^^)

 

次回は、元日スペシャル「アリス」です。

ゲストは、波瑠、滝藤賢一、藤田弓子、中原丈雄、酒井和歌子 (敬称略)

脚本は、昨年の「ピエロ」同じ太田愛さんです。

楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移と過去レビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]17.3%  [第3話]16.5% [第4話]15.0%

[第5話]15.4%  [第6話]16.4%  [第7話]15.7% [第8話]14.0%

第9話]17.2%  [第10話]17.8%

全話レビューあります。第2~7話は、第8話から飛んで下さい。

 

公式HP・今回のあらすじ

公式HP・元日SPあらすじ

 


[DVD] 相棒 season 10 DVD-BOX II

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪

2012年12月18日 (火)

【PRICELESS】第9話視聴率と感想「最後の戦い-それぞれの思い」

『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』

第9話「最後の戦い~それぞれの思い」

第9話の視聴率は、前回の20.1%より下がって、17.4%でした。

次回は最終回で、30分拡大。一部、生放送だそうです。(公式HPより)

見逃せません♪(^^)

 

金田一、子供の頃、お父さんとたった1回しか会った事がなかったんですね。

次に会ったのは、会社の最終面接で、会いましたが、社長が父だと知らなかったようです。

丁度、就職氷河期でいろいろ会社を受けたけれど落ちてしまって、その一つとしてミラクルも受けて、たまたま受かったとの事。

でも、たまたま受かったわけではなくて、社長が自分の息子だから入れてくれたのでしょう。

でも、たった1回しか会った事がなかったのに、なぜ、社長と考え方が似ているのでしょう?(汗)

それに、統一郎が目の敵にしていたので、もっと何回も会って、キャッチボールとか沢山した事があるのだと思ってました(汗)

たった一度、会った時、一緒に広島カープの試合を見に行き、北別府さんのサインボールを貰ったとの事。

広瀬社長は、昔、友人の先代の大屋敷社長から聞いた話と、金田一から聞いた話と一致したので、金田一が彼の息子だと分かりました。

特許侵害の件で、ハピネス魔法瓶が苦境に立たされたので、2人を引き合わせて、話し合わせましたが、駄目でした。

広瀬「カインとアベルか」

このドラマは、「わらしべ長者」だけでなく、「カイン(ケイン)とアベル」でもあったんですね。

それにしても、まだ試作の段階で、究極の魔法瓶の特許をミラクルエレクトロニクスが取っていたなんて(汗)

真似されては困るので、考えられない事はないですが(汗)

ミラクルの顧問弁護士が幸福荘に来て、特許権侵害だから販売差し止めを要求すると言われて、売れなくなってしまいました。

裁判をするかどうか迷いましたが・・・

向こうは大企業なので、権利関係の弁護士を沢山揃えて、とても勝てないだろうと・・・

確かに、勝てないでしょうね(汗)

ミラクルは訴訟を起こし、その前の仮処分で販売差し止めされてしまいました。

金田一は、訴訟の準備をして、新製品の開発を進めようとしました。

悪い噂は広がるのが早く、ハピネスだけでなく、関連会社の工場も皆、別の物を作る注文も切られ、作る物がなくなってしまい、困ってしまいました。

模合さんは彼らのために他の会社に販売先を捜したようですが、駄目。

過労で倒れてしまいました。

模合さんから、工場の皆さんが困っている事を知らされて、金田一は新製品の開発や裁判を断念。

ハピネスを閉める事にして、ミラクルの方で魔法瓶事業を復活させて、皆を雇ってほしいと、統一郎に土下座して頼みました。

あなたはそれでいいのか、自分の事は考えないのかと統一郎に言われましたが、

金田一は、自分は最初に戻るだけだから何とでもなると・・・

統一郎は驚きましたが、了承しました。

 

統一郎は広瀬氏の所を訪れ、ハピネスでの損失は我が社の利益で挽回すると言いました。

でも、広瀬しはミラクルとも契約を解除すると・・・

統一郎は驚きました。

広瀬氏「統一郎君、君が潰したかったのは、ライバルのハピネス魔法瓶じゃない。

 君が潰したかったのは、弟である金田一君なんだろう?」

瑤子「弟?」

統一郎「・・・」

広瀬さんは中立かと思いましたが、金田一の味方みたいですね♪(^^)

人との関係を大事にするようです♪

 

統一郎は、今まで通り、魔法瓶事業を復活させず、関連会社の皆を別の部署に回す事に。

金田一さんとの約束と違うと榎本は統一郎に言いましたが、ミラクルの社長の自分が決めると・・・

統一郎「あなた達の代わりはいくらでもいるんですよ」

榎本は、自分がミラクル側として関連会社に戻ってくるよう話を勧めていたので、社長のやり方にがっかりしました。

 

榎本は金田一の言葉と統一郎の言葉を思い出して比較しました。

金田一「俺の周りで、代わりのきく人間は一人もいねえからさ」

統一郎「あなた達の代わりはいくらでもいるんですよ」

 

榎本は、統一郎社長のやり方に嫌気がして、ツイッターに愚痴を何度も書いていました。

そして、遂に、神発言。

榎本「俺ら、会社の歯車なんかじゃねえー」

その呟きに社内の人が皆、反応しました。

「だよな」

「榎本、神発言きたー」

「もう我慢の限界だよ」

「やるなら今しかないだろ」とかとか・・・

 

翌朝、金田一達がハミガキ中、榎本が幸福荘に来ました。

榎本「実は俺、会社、辞めてきたんですよ。ミラクル、辞めてきました。

 金田一さんと一緒に働きたくて」

彩矢「いや、ハピネス魔法瓶、もう・・・」

金田一「ないよ」

榎本「分かってます。ちょっと来て貰っていいですか?」

金田一達はハブラシを持ったまま、外へ出ました。

沢山の人が道路を埋めていました♪

榎本「ミラクル全員でやめてきました」

戝前以外の全社員、1507人が、一斉にミラクルを辞め、金田一の所にやってきたのでした。

 

その頃、統一郎の方もカラの会社に驚いていました。

統一郎「金田一だ。金田一の所へ皆、行ったんだ。

 従業員全員にやめられた会社なんて、聞いた事がありません。

 これはもはや会社ではありません」

戝前「従業員はいます。まだ私が残っております」と敬礼。

腰巾着の一人だけではね(汗)

 

これはありえない感じで、ちょっと興ざめしちゃいました(汗)

1500人もいたら、いろいろな考え方の人がいるでしょう。

ローンや子供の受験などで生活の困る人もいるでしょうから、いくら社長が嫌でも、一斉に皆が辞めるなんてありえないと思います。

いくら空気を読んだとしても・・・(汗)

予告編で、榎本が「ここにいる1507人全員で新しい会社を始めましょう」と言ってました。

なるほど、それならミラクルは建物だけになって、中身の実態は金田一の物になるって事ですね(^^)

それも面白いかもしれませんね(^^)

そういう展開はいいので、こんな強引ではなく、もう少しあり得る形で持って行って欲しかったです。

 

来週は、最終回。

前述の通り、30分拡大で、一部生放送です。

直後の「SMAP×SMAP」も一部、生放送だそうです。

兄弟が和解できるのかどうか、会社はどうなるのか、楽しみです♪(^^)

 

【第9話あらすじ】 (Yahoo TVより)

究極の魔法瓶は順調に売り上げを伸ばし、金田一二三男(木村拓哉)、模合謙吾(中井貴一)、二階堂彩矢(香里奈)たちの『ハピネス魔法瓶』は、さらに大きなオフィスに引っ越すことが出来るほどに成長した。しかし、模合と彩矢は新オフィスよりも先に『幸福荘』を出たいと言うのだが、金田一は居心地が良いと離れようとしない。 金田一は、設備投資の礼を言うため広瀬遼一(草刈正雄)を訪ねた。すると、広瀬は事業のことよりも、なぜ広島カープファンになったのかなどと金田一の幼い頃のことを尋ねてくる。疑問に思う金田一に、広瀬は自分もカープのファンなので、今度一緒に観戦に行こうと答えるだけだった。  その頃、大屋敷統一郎(藤木直人)は、財前修(イッセー尾形)を伴って父・大屋敷巌(中村敦夫)の墓参りをしていた。『ミラクルエレクトロニクス』の改革が成功していることを喜ぶ財前に、統一郎はリストラの続行を命令する。さらに、統一郎は、以前、財前が口にしていた『ハピネス魔法瓶』を叩き潰す方法を直ちに実行するようにとも指図した。  早朝、『幸福荘』の金田一たちが朝食を食べていると、財前がスーツを着た男とともに現れて...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]16.9%  [第2話]18.8%  [第3話]15.2%  [第4話]18.4%

第5話]15.7%  [第6話]18.1%  [第7話]17.2%  [第8話]20.1%

[第9話]17.4%

 

公式HP・最終回粗筋

公式HP・サントラCD&ノベライズ本プレゼント応募締切:12月24日(月)23:59迄

 


送料無料■TVドラマ サントラ CD【フジテレビ系ドラマ「PRICELESS」オリジナル・サウンドトラック】12/12/19発売

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月17日 (月)

【平清盛】第49回視聴率と感想「双六が終わるとき」

「双六が終わるとき」

次回は最終回です。

第49回の視聴率は、前回の10.4%より下がって、9.2%でした。

衆院選の開票速報のため、夜7:10~7:55の前倒しの放送になってしまったため、仕方ないでしょう。

選挙結果は、自民大勝、民主大惨敗でびっくりでした。

民主党、惨敗するとは思いましたが、まさかこれほどまでとは(汗)

 

さて、今回、一番、印象的だったセリフは、西行(藤木直人)が堀河局(りょう)に言ったこのセリフ

西行「堀河殿、生きておられたのですか?!」

堀河「失敬な」

 

ほんと失敬ですね(笑)

思っても口に出しては(^^;)

でも、一体、何歳でしょうか?(汗)

堀河局は生没不詳ですが、以前、待賢門院璋子に仕えていたから、もうかなりトシでしょう(^^;)

堀河「こうして恋の歌など詠み交わす世は、もう長くは続かぬやもしれませぬなあ。

 雅の花開いた平安の都はもはや・・・」

西行「では、今宵は存分に楽しみましょう」

堀河「この・・・生臭坊主」

結局、夜通し歌合せをしたのみだったそうです(^^)

歌合せでも、夜通しできるなんて、元気ですね。

私は、もう徹夜はできません(汗)

 

治承5年1月14日、高倉上皇が21歳の若さで世を去りました。

それによって、1年余り、幽閉されていた後白河法皇が復権。戻ってきました。

時子は徳子と会い、清盛の言づてを伝えました。

それは、徳子に後白河法皇の後宮に入っていただきたいという事。

でも、徳子は拒否しました。

徳子「母上、上皇様だけが私の光る君にござります」

それで時子も無理強いできませんでした。

清盛もさすがにすぐ諦め、違う手を考えると。

もはや、そういう手を使う時代じゃないですよね(^^;)

 

そして、清盛が後白河法皇を夜更けに訪れ、双六をして欲しい頼んで、双六をしました。

負けた方は、何でも一つ、勝った方の願いを叶えると約束。

双六をしながら、回想のラッシュでした。

勝負は清盛が勝ちました。

法皇「して、何が望みじゃ?」

清盛「法皇様と平清盛の双六、本日をもって最後としていただきとうござります。

 我ら武士は、王家の犬と呼ばれ、生きて参りました。

 保元の戦も平治の戦も王家・朝廷の命により、武士同士が戦わされて参りました。

 されど、もはや、平安の世は終わりを告げようとしてまする。

 これより先は、武士同士が覇権を争う時代になりましょう。

 武士とは、もはや王家の犬ではござりませぬ」

法皇「・・・さようか・・・もう、さようなところまで辿り着いておったか」

寂しそうな法皇。

 

この望み、よく分かりませんでした。

単に、もうあなたと双六はしないよという事ではないでしょう。

わざわざ清盛の方から夜更けに訪れて、双六やってと頼んだので。

だからきっと、人生に例えた深い意味があるのだろうと思いますが・・・

武士同士が覇権を争う時代だから、もはや、あなたと争ってる場合じゃない。

武士は王家の犬ではなく、法皇が源氏に平家討伐を命じても、源氏も法皇の犬にはならないだろうという意味??(汗)

これは私の解釈で、意味、よくわかりませんでした(汗)

意味はともかく、双六で勝った望みが「2人の双六、本日が最後として欲しい」というのは、雰囲気は洒落てました♪(^^)

 

鎌倉は、着々と町つくりが進んでいるようです。

政子は「源氏の都じゃ。 殿が頂に立たれる武士の都じゃ」と、嬉しそうでした♪(^^)

頼朝は、町の図面を義経と弁慶に見せて熱く語り、仲が良かったです♪(^^)

源氏は、活気に溢れていました♪

 

一方、平家は・・・

清盛も西行から鎌倉が整備され見違えるような町になったという話を聞き、

自分の若い頃を思い出して懐かしく思いました。

この辺りを平家の本拠として作り直そうと思うと、盛国に話しました。

盛国も賛成。

清盛「しかし、暑いのう」

盛国「暑い? 1月にござりまするぞ」

 

清盛は、熱病で寝込んでしまいました。

西行の庵に生霊となって訪れたりして、もはや死に近い?

語り<治承5年1月27日、平清盛は熱にうなされ、悶え苦しんでいた>

(終わり)

 

次回は最終回です。

最終回は、清盛の死と、平家の滅亡。あとどの辺までやるのでしょうね?

予告編では、弁慶が沢山の矢で射られるシーンがありました。

義経の死もやるでしょうか?

最終回、見逃せません(^^)

 

【第48回あらすじ】 (Yahoo TVより)

治承5年、平家は憂鬱(ゆううつ)な年明けを迎える。平家を悪行三昧と忌み嫌う風潮が、国中に行き渡っていた。そんな折、清盛(松山ケンイチ)の頼みの綱だった高倉上皇(千葉雄大)がわずか21歳で世を去ってしまう。朝廷でのよりどころをなくした清盛の前に後白河法皇(松田翔太)が現れ、力を失いつつある清盛を挑発する。一方、鎌倉の頼朝(岡田将生)の下には、梶原景時(浜田学)をはじめ、続々と武士たちが集う。頼朝は彼らを御家人と呼び、新たな"武士の世"の政治制度をつくり始めていた。頼朝の国造りを漏れ聞いた清盛は、亡き義朝と誓い合った武士の世が、頼朝によって引き継がれていることを知り、うれしく思う。清盛は後白河法皇と対峙(たいじ)し、これより先は朝廷に力はなく、武士同士が覇権を争う世になると語る。

頼朝は鎌倉で東国武士による新たな政治を始めていた。そのウワサを西行(藤木直人)から聞いた清盛は頼朝との決戦に備えるが、突然の熱病に侵され意識を失う。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

[第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2% [第12回]12.6%

[第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

[第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

[第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

第29回]10.7%  [第30回]11.4%  [第31回]7.8%   [第32回]10.7%

[第33回]9.3%   [第34回]11.1%  [第35回]10.5%  [第36回]10.1%

[第37回]10.5%  [第38回]14.3% [第39回]9.7%   [第40回]9.6%

[第41回]7.9%   [第42回]8.9%  [第43回]10.2%  [第44回]10.4%

第45回]7.3%   [第46回]10.3% [第47回]10.8%  [第48回]10.4%

[第49回]9.2%

32回と38回は、レビューありません。

それ以外は全部、レビューあります。第2~28回までは、第29回から飛んで下さい。

第30~43回は、第44回から飛んで下さい。

 

公式HP(最終回あらすじ)

 


【23%OFF!】【送料無料】平清盛 完全版 第壱集 【DVD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

自民大勝、民主歴史的な大惨敗、円安・株価回復

12月16日の衆院選の結果、自民党は294議席を獲得し、予想以上の大躍進でした。

民主党は57議席で、前回の230から4分の1位に減らす大惨敗でした。

駄目だろうとは思いましたが、まさかこれほどまでとは(汗)

野田内閣では、8人の現職閣僚が落選してしまいました。

藤村修官房長官(大阪7区)や城島光力財務相(神奈川10区)、樽床伸二総務相(大阪12区)や田中真紀子文部科学相(新潟5区)、三井辨雄厚生労働相(北海道2区)、小平忠正国家公安委員長(北海道10区)、中塚一宏金融相(神奈川12区)、国民新党の下地幹郎郵政民営化相(沖縄1区)の8人です。

田中真紀子さんも落選とは驚きました。

新設の大学を認可しないと言って騒動を起こした件は、記憶に新しいです(汗)

当選したのは4閣僚だけで、野田内閣への厳しい有権者の審判が下りました。

藤村官房長官は、小選挙区で自民党候補に敗れた上、比例でも復活できず、現職の官房長官が落選するのは、1947年に官房長官制度が創設されて以来、初めてだそうです。

仙谷由人副代表も落選。

57人のうち、30人が比例当選で、小選挙区での当選は27人しかいません。

菅直人元首相も小選挙区で敗れましたが、比例で復活当選したそうです。

菅さんは、福島の原発事故の際の対応が酷かったので、落ちて当然だと思いましたが、比例で復活。

名簿の順番は国民が決めるわけではないので、比例というのも善し悪しですね。

衆院解散を決めた野田首相は、惨敗を受けて、代表辞任を表明しました。

 

衆院選(小選挙区)の投票率は、59.32%で、戦後最低だった1996年の59.65%を下回り、戦後最低となりました。

前回の09年は69.28%で、10%以上、下がってしまいました。

師走で忙しい人が多かったのでしょうか?

関心がなかったわけではないと思うのですが??

投票率が低いと、組織票がある所が有利ですね。

これらも自民・公明に有利に働いたかもしれません。

 

日本維新の会は、54議席で、第3党になりましたが、思ったほど票が伸びませんでした。

どことくっつくとか、直前でゴタゴタしてましたし・・・

第三極は、小さい党が乱立して、風を起こす事ができませんでした。

投票率が低いと、こういう党は厳しいでしょう。

 

とにかく、自民党の大勝を受けて、一夜明けた今日は、金融緩和期待で、円安が加速。

円安になった事で、株価も大幅反発しました。

日経平均株価の午前終値は、前週末比156円43銭高の9893円99銭。一時9900円台を回復し、1万円を超えていた4月4日以来8カ月ぶりの高値水準となりました。

このまま、景気が少しでも上向いてくれればいいですが・・・

安倍氏は、経済政策を重視していらっしゃるようなので、期待しています。

 

<選挙結果>

衆議院選挙結果2012年12月縮小.png

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

 

2012年12月16日 (日)

【悪夢ちゃん】第10話視聴率と感想「タイ夢」

【第10話の視聴率は、12/17(月)追加予定】

副題「タイ夢」

ラテ欄「予知夢が現実に!貴方は愛する人を殺せますか?」

第10話の視聴率は、前回の10.4%より下がって、9.8%で、初めて10%を切ってしまいました(汗)

裏の松本清張ドラマSP「十万分の一の偶然」は、18.2%で、「ワンピース エピソード オブ ルフィ~ハンドアイランドの冒険~」は、14.2%でした。

これらに食われてしまったかもしれません。

次回は、最終回、見逃せません♪(^^)

 

最後、銃が水鉄砲だったシーンで、私も泣いてしまいました(^^;)

志岐、とても素敵でした♪

恨まれる事なんて大した事ではないなんて、究極の愛ですね♪֥ϡ

結衣子が見た予知夢のように、彩未に殺される前に、自分で海に飛び込みました。

でも、本当に死んでしまったのでしょうか?

警察も船に乗っていて、すぐに沢山、来たのだから、すぐに落ちた志岐を救ってほしいものです。

でも、そういう感じはありませんでした(汗)

 

翌朝、行方不明だった子供達が皆、一緒に学校へ帰ってきましたが、結局、彼らはどこにいたのでしょう?

やはり、聖堂のどこかへ隠されていたのでしょうか?

 

悪夢の通り、彩未が志岐を殺してしまったと思い込んでしまった結衣子は気を失ってしまいました。

子供の頃の彩未と同じような状況になってしまいました。

彩未は数日間、眠った後で、目覚めた時は今までの記憶をなくして、笑わない子になってしまったそうですが、結衣子はどうなるでしょう?

 

次回は最終回。

時間延長はないみたいですが、とても楽しみです♪(^^)

 

この後、「Yahooテレビ」のあらすじを紹介。

その後のあらすじを私が書きます。

 

【第10話あらすじ】(Yahooテレビより)

明恵小学校の児童が次々と行方不明になる事件はマスコミで大きく報道され、児童と教師たちの不安は高まる。彩未(北川景子)は、結衣子(木村真那月)を手に入れたいと暴走する志岐(GACKT)が人身売買の闇組織と組んで誘拐事件を起こしていると考える。児童養護施設"夢見る羊の家"へ向かった彩未はシスターマリカ(藤村志保)を訪ね、闇の組織について教えてほしいと頼むが、何も答えてもらえない。
自分の力で結衣子を守り、いなくなった子供たちを見つけ出そうと奔走する彩未。そんな中、結衣子は彩未に「志岐さんには会わないで」と懇願する。彩未はうなずくが、なぜ結衣子がそんなことを言うのか分からなかった。
その後まもなく、万之介(小日向文世)の研究所にいた結衣子がさらわれる。結衣子を連れ去ったのは、闇組織の手先だった。彩未は、志岐が闇組織と関わっていることを確信し、手がかりをつかむために結衣子の夢札を見る。
その夢に出てくるのは、船の上でシンデレラのような格好をした彩未と、夢王子。二人はダンスをしていたが、その途中で彩未が履いていたガラスの靴のヒールが折れてしまう。その途端、彩未は貧しい姿に変わり、夢王子は片方のガラスの靴を彩未から取り上げようとする。彩未は靴を取り返すために、夢王子の頭の上に大きなカボチャを振り下ろす...。
それは、彩未が結衣子を守ろうとして志岐を殺してしまうという未来を予知した悪夢だった。彩未と志岐が会ったら夢が現実になってしまうと思った結衣子は、彩未に志岐と会わせてはいけないと必死に止めようとしていたのだった。
彩未は、夢札の内容から志岐が結衣子を連れて船で海外に向かおうとしていることと、二人が乗る船を突き止め、その船に乗り込む。
結衣子を救うため、命がけで志岐との戦いを決意した彩未。結衣子の悪夢が予言した通り、彩未は志岐と船の上で対峙することに。彩未は、結衣子を守ることができるのか!? そして、子供たちを連れ去った人身売買の闇の組織は、彩未の過去とも深いことが明らかに・・・

 

<その後のあらすじ>

船の上で、予知夢通り、彩未と志岐が対峙しました。

彩未「子供達を返して!

 ここまで来たらあの子と私だけで十分でしょ」

志岐「子供達の居場所は僕にも分からない。」

彩未「シスターマリカが隠しているんじゃないの?」

志岐「なぜそう思うんだ?」

彩未「夢に見たからよ。私が」

志岐「フッ。やっぱりな。君も予知夢が見れるのか」

彩未「そうよ。私も悪夢ちゃんだったのよ。昔はそういう力を持っていたみたい。

 今は明晰夢の中で、あの子が見た悪夢を受け継ぐのが精一杯だけど。

 長い間、そんな力を忘れていた。そのお蔭で目覚めていても私は人の心が見えなくなっていた。

 そうでなければ、あなたを好きになんてなってなかった」

と泣き、かぼちゃと同じ色の重りを振り上げる。

志岐「嬉しいよ。好きだと言ってくれて。

 さあ・・・時間だ」

流れ星が数個、流れる。

志岐「さようなら」

海に落ちる志岐。。。

 

春山達、刑事が来て、彩未を連れて行きました。

結衣子は琴葉から彩未が警察に連れて行かれた事と、志岐が海に落ちた事を聞き、気を失ってしまいました。

夢の通り、彩未が志岐を殺したと思い込んでしまいました。

 

警察にて、彩未が事情聴取されている所へ山里が来て、真相を話しました。

彩未に真相を伝えるため、彼は船に乗っていなかったそうです。

彼の話だと、志岐はトミーに脅されていたそうです。

(回想)

前回、トミーが出した提案、断ると志岐は言いました。

トミー「志岐先生、私はお願いしに来たのではありません。

 あなたがする事を説明に来ただけなんです」

彩未の写真を志岐の前に捨て、

トミー「もし、あなたが断るなら、同じ説明をその先生にしなければならない。

 そして、その先生も断れば、あなたと同じように、消えてもらうしかありません」

(回想終わり)

さすが、選択の余地はなかったようです(汗)

彩未「嘘よ。私のためにあの人が?!」

山里「先輩は奴らの条件を受け入れて、仲間になったふりをしました。

 あなたの学校の生徒を行方不明にする事で組織は先輩に圧力をかけたんです。

 古藤結衣子を早く連れて来なければ、学校中の子供をさらうと」

彩未「どうしてそれを言わなかったの?」

山里「あなたに言えば、むやみやたらに動くだろうと。

 下手に動けば、奴らは平気であなたを消してあの子をさらうだろうと。

 それに・・・あなたに何を言っても、あなたはもう自分の言う事を信じないだろうとも言っていました。

 あなたに警戒心を植え付けるために、尾行させたのは私達です。

 先輩は一旦、奴らの仲間になったかのように見せかけて、あの子を守り切ろうとしたんです」

春山刑事「それで誘拐したのか?」

山里「はい。その時、あなたが先輩を殺す夢札を見てしまい、先輩は計画を変える事にしました。

 警察の目の前で自分が死ねば、組織は古藤結衣子を諦めて、手を引かざるを得なくなるだろう。

 そのヒントをあの予知夢が教えてくれたと」

春山「それで我々を呼んだのか、あの船に」

彩未「私が行く事は確信していたの?」

山里「先輩は確信してましたよ」

(回想)

志岐「武戸井彩未とは、そういう人間だ。

 本来は生徒のためなら命も投げ出すような、そんな無鉄砲なところがある先生なんだ。

 その本性に一番に気づいたのが・・・おそらくこの僕だ。

 それだけが僕の自慢かな」(と笑う)

(回想終わり)

山里「先輩は本当にあなたが好きだったんです。大切だったんです。

 だから、自分があなたに恨まれる事なんて、大した事でも何でもないと。

 そう言っていました。

 それより、あなたと結衣子ちゃんを引き離してはいけない。

 あの2人は夢研究の宝だ。研究者としても、我々は全力であの2人を守り抜かなければならない。

 それが自分の使命だと言っていました」

 

翌朝、どこからか生徒達が帰ってきて、学校にずっと待機していた先生達は喜びました。

彩未も遅れてきて、近藤七海(大友花恋)を見つけ、抱きしめて喜びました。

琴葉に電話して、結衣子の意識がまだ戻らない事を聞き、家に寄ってから行くと伝えました。

そして、自宅のベッドの上で志岐の銃を見つけ、鏡に向かって試しに撃ってみました。

水が飛び・・・水鉄砲でした。

 

(夢の回想)

夢王子「馬車がカボチャになって、夢から覚めたか? シンデレラ。

 君はそこで現実に気づけばいい。さようなら」

(回想終わり)

彩未は泣きながら、水鉄砲を何度も撃ち、泣き崩れました。

<終わり>

 

GACKTさんに相応しい、カッコいい死ではありましたが、志岐のいない最終回なんて、寂しいです。

誰かに助けられていて欲しいです。

彼なりに、結衣子と彩未を守ろうとしてたんですね。

結衣子、記憶をなくしても、予知夢を見れる能力をなくしてもいいので、長い夢から早くさめて欲しいです。

次回は最終回。

見逃せません(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1話]13.6%  [第2話]10.7%  [第3話]12.9%  [第4話]10.4%

[第5話]12.8%  [第6話]11.5%  [第7話]11.5%  [第8話]11.5%

第9話]10.4%  [第10回]9.8%

全話レビューあります。第6話以前は、第7話から飛んでください。

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

選挙に行きました&「家政婦のミタ」再放送始まりました

お蔭様で、今日は、すっかり元気になりました♪(^^)

「家政婦のミタ」の再放送が今日から始まりました。

関東地区だけかもしれませんが、今、やっています。

今日は、PM2:00~4:00で、明日からは、PM3:55~4:53で、毎日やります。

今、朝ドラ「純と愛」を書いている遊川和彦さんの脚本で、昨年10月から放送され、平均視聴率 25.2%、最終回視聴率40.0%を記録したドラマです。

楽しみです♪(^^)

 

今朝、夫が出勤する前に、衆院選の投票に車で連れて行ってもらいました。

我が家の近所は選挙のポスターも貼ってないし、選挙カーも来なくて、誰が立候補しているのかもよく分かりません(汗)

12日に新聞に入った選挙公報を見て、誰にいれるか、決めました。

11時現在、投票率は14.03%で、前回の2009年の同時刻と比べて、7.34ポイント下回っているそうです。(詳しくは、Yahooニュースで)

皆さんもぜひ投票に行って下さい。

 

ところで、選挙に行くために、いつもより30分早く起きたのですが、フジテレビで「はやく起きた朝は・・・」をやっていて、驚きました。

松居直美さんと磯野貴理子さん、森尾由美さんが出演するトークバラエティーです。

おそく起きた朝は・・・」を、昔、よく見てたんですよね。

朝9時半からやっていた時。

10年以上前でしょうか?

でも、放送時間が昼過ぎに変わってしまって、それから全然見なくなってしまって・・・

放送時間帯って大事ですね(^^;)

それがいつのまにか、「はやく起きた朝は・・・」というタイトルに変わって、早い時間に変わってたんですね。

今、調べてみたら、2005年4月から6時半に変わっていたそうです。

この時間帯に移って、もう7年以上経つのに、全然知りませんでした(汗)

曜日は、ずっと日曜日です。

なんだか、とても懐かしかったです♪(^^)

たまには、早く起きるのもいいですね(^^)

ちょっと違う時間に起きたり、ちょっと違う道を歩いたりすると、意外と新発見する事ってあるのかもしれませんね(^^)

 

これから、「悪夢ちゃん」のレビューを書きます♪

コメントのお返事、遅れていて、すみません。

「悪夢ちゃん」のレビューを書いてから、お返事書きます。

いつも沢山のコメント、ありがとうございます♪(^^)

 


★歳末特価《送料無料》家政婦のミタ DVD-BOX(DVD) ◆25%OFF!


【送料無料】衆議院選挙の手引(平成24年) [ 選挙制度研究会 ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月15日 (土)

【純と愛】第10週視聴率&第11週(12/10~12/15)感想

12/17(月)のスタパに城田優さん(水野役)が出演予定(録画)です。

12/24(月)AM10:05~11:54、「とっておきサンデー増刊号~2012年末スペシャル~」に、夏菜さんと風間俊介さんが出演します。日曜ではなく、月曜なのでご注意下さい。(公式HPより)

 

今日は、頭痛と喉痛、寒気がして、部屋の中なのに、マフラーを巻いて、毛糸の帽子を被っています(^^;)

勿論、暖房もつけてます。室内は25度です。

先程、甘酒を飲みました。甘酒は点滴のように栄養満点と以前、テレビで聞いたので♪

 

今週も突っ込みたい事だらけでした(汗)

一つ、良かったのは、桐野さんがカッコ良かった事♪(^^)

宿泊部長になったのですが、頑張って結果を出して、このホテルの社長を目指すそうです。

コーラスのトリオもそれに協力するとの事で、同期の仲、いいですね(^^)

そういう仲間・友人が私も欲しいものです♪

桐野さんにコーラストリオとのカラオケに呼ばれ、次期社長に純を指名するから協力してと頼まれました。

愛君、歌がとてもオンチでした(^^;)

後日、純もオンチだと分かりました♪

この辺は良かったんですが・・・

 

父の善行がホテルサザンアイランドを売ってしまうという事で、わざわざ大阪に来て、純のホテルで契約を交わそうとしました。

大阪に出てくるのはともかく、なぜわざわざ純の勤めるホテルに泊まったのでしょう?

純に知られたら反対されて邪魔されるのは、分かり切った事なのに。

その上、剛と誠までこのホテルに泊まっていて・・・

普通、バレないように別のホテルに泊まるでしょう(汗)

ドラマ的なご都合主義みたいで、最初から話に乗れなかったです(汗)

そして、誠と剛が結婚するというのも、最初から無理な話で・・・(^^;)

剛は、働いているのでしょうか?

母にお金をせびっている所しか印象になくて、まともに働いている所を見た事がありません(汗)

そして、誠も母と揉めてヤケクソで結婚を考えたようで・・・

オオサキの乗っ取りの件を知って、ママみたいな弁護士にはなりたくない。

事務所も継がないと宣言したら、殴られて、たまたま家に遊びに来ていた剛と結婚すると言ったようです。

ウエディングドレスすら着ないで、皆に邪魔される前に、このホテルで結婚式を挙げようと急いで・・・

本当に結婚するのなら、結婚式より入籍をすればいいのに。

2人で、私服で結婚式の真似事をしたって何の意味もなくて・・・

元々、本気じゃなかったからでしょう(汗)

マリアがまた生まれると同じ手を使って、結婚式を妨害しようとしたり、同じようなエピソードが一杯(汗)

余程、ネタがないのかな?(^^;)

結局、誠は剛を愛してなかったようで、晴海から、本当に剛を愛しているのかと尋ねられたら逃げてしまいました。

こちらは、以上。

 

今週は剛と誠の結婚騒動と、善行がホテルを売ってしまう契約を阻止する事のドタバタでした。

結局、今日(土曜)、善行は契約書に署名・捺印してしまいましたが、まだ来週にこの騒動は続くようです(汗)

来週のあらすじを読みましたが、来週の話だけで十分。

今週の話はなくても良かったような気がします(^^;)

今週は、捺印の邪魔をするのに、また愛がわざとコーヒーを零したり、これもどこかで見たようなエピソードでした(汗)

 

それにしても、契約書って何の契約書なのでしょう?

ホテル・サザンアイランドの会社の売買でしょうか?

自宅も売るとの事だったので、土地・建物も含めて、売るのでしょうか?

だとしたら、元々は晴海の父・おじいの物だったでしょうから、土地や建物は遺産相続で、晴海の物になっているのが普通じゃないでしょうか?

善行に相続させるという遺言書がない限り、通常は、妻と血の繋がった子供に相続されると思います。

おばあはきっと先に亡くなったのでしょう。全然、純の思い出に出てこないので(汗)

借金の抵当に入っているとしても、晴海の物なら勝手に売れないと思います。

晴海は売るのを反対しているので、善行が売れるのが不思議です。

会社名義になっているのでしょうか?

それにしても、自宅まで??

来週のネタバレを見ると、ビーチ部分は晴海の所有のようです。

そこだけなのが、不思議です(汗)

とにかく、善行が売る契約書に署名・捺印してしまったので、純はショックで・・・

それでも、まだ阻止する方法があるかもしれないと僅かな期待にかけて、カイザーオオサキを辞めて、おじいの「まほうの国」を守りに、宮古島へ行くようです。

来週は、宮古島が舞台のようです。

綺麗な景色だけが楽しみです♪(^^;)

 

そうそう、先週の週間最高視聴率、関東は、前週の17.3%より上がって、17.8%でした。

17.8%の日は、12/3(月)と12/5(水)の2日ありました。

関西は18.1%より下がって、16.6%で、12/3(月)と12/4(火)の2日が同じでした。

北海道は、前週の15.4%より下がって、14.7%(土)でした。

関東だけ上がりました。

三連星さん、にょえさん、視聴率情報、ありがとうございました♪(^^)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))   14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))    15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」17.8%(12/3月&12/5水) 16.6%(12/3月&12/4火) 14.7%(12/8土)

第11週「やめないでぇ」

 

先週のドラマ視聴率ランキング(Yahoo TV)

 

公式HP・元コーラス部対談(前編)

公式HP・夏菜×風間俊介 ドラマ中盤対談

 

公式HP・善行の四字熟語講座(邪知暴虐など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第12週の見どころ紹介)

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第8週(11/19月~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26月~11/30金)&第8週視聴率

第10週(12/3月~12/8土)&第9週視聴率

 

【来週と過去の日別あらすじ】

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

 

【送料無料】 NHK連続テレビ小説「純と愛」 オリジナル・サウンドトラック 【CD】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【純と愛】第12週・日別粗筋(12/17~12/22)

今日は、頭痛等で体調がイマイチで、2時間ほど寝てました。

12/17(月)のスタパ城田優さん(水野役)が出演予定(録画)です。

これは、来週(第12週)「さいしゅうけっせん」の日別あらすじです。

 

<日別あらすじ 第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))> (Yahooテレビより)

第67回[12/17(月)]

純(夏菜)と愛(風間俊介)がサザンアイランドへ行ってみると、すっかり明け渡し準備は整っていた。実家に帰ってみると、そこもすでに売られて引っ越しの準備中だ。純は、まだ諦めないと宣言し、愛と一緒に契約書の不備を見つけようとするが、分からない。しかたなく多恵子(若村麻由美)に相談すると、ビーチだけは晴海(森下愛子)所有のままだから、晴海さえ売らなければ、このリゾート計画は成立しないと教えてくれる。

第68回[12/18(火)]

肝心のビーチ部分が晴海(森下愛子)の所有で、このままでは契約違反になると知った善行(武田鉄矢)は仰天する。ビーチを売るように晴海に言うが、晴海は拒む。純(夏菜)は愛(風間俊介)と共に作った再建計画書を見せ、債権者に説明し、家族全員で頑張って借金を返そうと提案する。晴海のためにも考え直してほしいと言うと、やっと善行は折れて立ち去ろうとするが、愛は善行が晴海の実印を盗むつもりなのを見抜いてしまう。

第69回[12/19(水)]

善行(武田鉄矢)が考え直すつもりがないと知って、純(夏菜)は善行を無視することにする。そして昔のようにホテルを客でいっぱいにし、再建の可能性を債権者たちに示そうと提案する。清掃し飾ったホテルは、かつてのようなにぎわいを見せ、客も楽しそうだった。様子を見に来た善行に、晴海(森下愛子)は家族みんなでやり直そうと頼むが、善行は、どうしてもここを売って大阪へ行くと言う。すると晴海は、離婚を切り出し...。

第70回[12/20(木)]

晴海(森下愛子)が離婚を切り出したことで家族の間はギクシャクし、ショックを受けた善行(武田鉄矢)は姿をくらまし連絡がつかなくなってしまう。純(夏菜)たちが心配していると愛(風間俊介)が飛んできて、善行が入水自殺しようとしているという。あわてて皆で行ってみるが、善行の心を読んだ愛は狂言だと見抜き、深みにはまった善行を助け出す。気がついた善行を必死に説得する愛。ついに善行は家族でやり直そうと言うが...。

第71回[12/21(金)]

家族でやり直そうという善行(武田鉄矢)の言葉を、今度こそ純(夏菜)は信じてみようと思う。再出発の祝いをしようと善行が提案し、久しぶりに愛(風間俊介)や誠(岡本玲)も含め家族みんなが狩野家に集まる。だが善行の言動に疑問を感じた愛がホテルに行ってみると、そこでは善行の指示で業者が備品を運び出していた。やってきた純たちが非難するが善行は動じない。家も売られてしまった晴海(森下愛子)は善行に従うと言う...。

第72回[12/22(土)]

善行(武田鉄矢)の策略に、はめられたと知った純(夏菜)は、ホテルの一室に立てこもり抵抗を試みるが、すでに解体準備は整っていた。やって来た重機の前に立ちふさがる純だが、善行に排除され、サザンアイランドは、とうとうガレキの山になってしまう。おじいの魔法の国は消えてしまったのだ。怒りや失望で家族はバラバラに去ってしまい、純と愛(風間俊介)もひとまず大阪へ戻ることに。失意のどん底に突き落とされた純は...。

 

 

公式HP・元コーラス部対談(前編)

公式HP・夏菜×風間俊介 ドラマ中盤対談

 

公式HP・善行の四字熟語講座(邪知暴虐など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第12週の見どころ紹介)

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第1話[10/1(月)]&作品紹介・主要人物表など

第2話[10/2(火)]&初回視聴率

第3話[10/3(水)]「特殊能力」

第4話[10/4(木)]「社長&研修」

第2週感想(10/8月~10/12金)&第1週週間最高視聴率

第3週感想(10/15月~10/19金)&第2週視聴率

第18回(10/20(土))感想と粗筋「純愛の始まり♪」

第23回(10/26金)&第3週視聴率「恐怖の愛ママ登場」

第5週(10/29月~11/3土)&第4週視聴率

第6週(11/5月~11/9金)&第5週視聴率&追加キャスト発表

第7週(11/12月~11/17土)&第6週視聴率

第8週(11/19月~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26月~11/30金)&第8週視聴率

第10週(12/3月~12/8土)&第9週視聴率

 

【過去の日別あらすじ】

第1週(1~6回)(10/1(月)~10/6(土))

第2週(7~12回)(10/8(月)~10/13(土))

第3週(13~18回)(10/15(月)~10/20(土))

第4週(19~24回)(10/22(月)~10/27(土))

第5週(25~30回)(10/29(月)~11/3(土))

第6週(31~36回)(11/5(月)~11/10(土))

第7週(第37~42回)(11/12(月)~11/17(土))

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

 


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「純と愛」 オリジナル・サウンドトラック 【CD】(12年12月05日発売)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月14日 (金)

【ドクターX】最終回感想と視聴率最高♪

『ドクターX~外科医・大門未知子~』最終話(第8話)

「手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」

長いサブタイトルですね(^^;)

これは城之内先生(内田有紀)と屋上で会話した時の大門未知子(米倉涼子)のセリフの一部でした。

最終回の視聴率は、前回の20.1%より更に上がって、24.4%(関東地区)でした♪

これは、8月25日放送の「24時間テレビドラマスペシャル・車イスで僕は空を飛ぶ」の23.8%を抜いて、今年の民放ドラマで最高の視聴率です♪(^^)

「Doctor-X」が放送されたテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠(木曜午後9時~)の中では、渡哲也さん主演の「熟年離婚」の最終回(05年12月8日)の21.4%を抜いて、歴代最高となりました♪(参考ニュース:まんたんウェブより)

昨年の「家政婦のミタ」最終回の40.0%には及びませんでしたが、今年の民放ドラマ最高とはすごいですね。

瞬間最高視聴率は、午後10時1分の29.8%でした。

これは、ドクターXの説明の後、神原(岸部一徳)が移動させられる先生達4人に名刺を渡した場面でした。

ドクターXの正体と、皆が神原の誘いを受けるのか興味があったのかも?

ドクターXは、大門なのか、それとも神原なのか、分かりにくかったですが・・・

最後のPCで英語の説明を読んでいたセリフによると、ドクターXは沢山いるようです。

だから、未知子も神原もドクターXの一人だったのでしょう。

Doctor-Xとは

「成功率や生存率が低く、術式が確立されていない危険なオペに臆する事なく挑戦する医師達がいる。彼らは敬意と皮肉を込めて、こう呼ばれている。『命を天秤にかける悪魔の外科医』、またの名を『Doctor-X』と。

しかし、彼らは無謀なだけではなく、ずば抜けた技術で医学界が二の足を踏む術法を展開させ、救えない命を救ってきたのも真実である」

「ドクターXは、世界に何人もいるのか」

 

マスコミもこの英語の説明を訳して紹介して欲しかったです。

悪意のある「黒いフリー外科医の正体は?」という見出しの記事が雑誌に載ってしまって、第三分院は手術が次々とキャンセルされ、病院、閑散としてしまいました(汗)

これって、極端すぎると思いますが(^^;)

少なくとも鳥井教授の手術は成功したのだから、フリーの医者でも技術力はあるし、内部の人が任せる位だから、私だったらこういう人に手術してほしいと思いますが・・・

その黒い記事を書いたのは、「週刊リアル」の記者、八木(津田寛治)で、彼は本院の勅使河原主任教授(小林稔侍)に頼まれて記事を書いたようです(汗)

後で、お金を受け取りました。

第2弾、3弾の記事も用意しているとの事。

勅使河原主任教授は、神原の説明によると、腹黒い毒島院長(伊東四朗)より10倍腹黒いとの事(汗)

自分の病院の分院を落とし入れる記事を書かせるなんて、ほんと腹黒いですね(汗)

この記事のお蔭で、第3分院の第2外科は直ちに解体される事になってしまいました。

手術を手伝った先生達も飛ばされる事になり、病気療養中の鳥井(段田安則)に代わって、寺山金子(室井滋)から辞令を渡されました。

加地(勝村政信)は年明けから高松の分院へ移動。

原(鈴木浩介)は、旭川の関連病院へ。

森本(田中圭)は、千葉の研究施設で、教授や准教授のお手伝い。

納得できなくて文句を言ったら、金子が切れて、本音を言ってしまいました。

いつも「御意」と言ってた金子が遂に切れて、良かったです♪

「私も困ってんのよ! だって、ただでさえ、外科はさ、人手不足なのに、3人もぱあっといなくなっちゃって、どうしたらいいわけ?

大体さ、本院の教授達は分院を植民地扱いしてて、出世の踏み台位にしか思っちゃいないんだからさ。

いざとなればさ、トカゲのしっぽ切りで、どっかに飛ばしゃいいと思ってんでしょうが、ふざけんじゃないわよ!

(毒島の白衣に)御意御意って持ち上げてりゃ、どいつもこいつも毒島もいい気になりやがって!」

毒島が来て、またいつも遜った態度に変わりました(汗)

 

未知子は・・・

金子「大門さん、あなた、今日の5時で契約終了」

勿論、契約更新して貰えませんでした(汗)

 

八木が第2弾のもっと酷い記事の原稿を病院に持ってきてコメントを欲しいと言いましたが、未知子は相手にせず、去りかけた時に、彼は血を吐いて倒れてしまいました。

丁度、居合わせたスタッフが手術室に運び、加地達が手術を・・・

でも、彼が例の記事を書いた記者でもっと酷い記事を書こうとしていると知って、応急処置だけして、手術せず、別の病院へ回す事にしました。

でも、未知子が入って来て、手術をしました。

そういうキャラだから想定通りでしたが、この後の八木の行動も知りたかったです。

それでも、酷い記事を書くのかどうか・・・

結局、それはやらず、この手術を見て、毒島は未知子の父を思い出したようです。

毒島も今回はそんなに悪い人ではありませんでした(^^;)

未知子の父のお墓参りに行きたいので一緒に行ってくれと言われましたが、未知子は断りました。

 

麻酔科医の城之内博美(内田有紀)も、名古屋の救急救命センターへ移動の辞令。

近くに35年ローンでマンションを買ったばかりで、娘の舞ちゃんも順番待ちでようやく保育園に入れて、友達もやっとできたのに・・・と未知子に愚痴を言いました。

今まで皆で助け合ってうまく回っていたのにと・・・

大門「100人医者がいて、優秀な医者が10人。その10人が他のカバーまでしてたらミスも起きるし、そのうち、過労死しますよ。駄目な医者助けてる場合?

患者助けるのが医者でしょ?

そんな大学病院に命預けられますか?

手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」

博美「あなたみたいに自信のある医者ばかりじゃないの」

未知子「自信なんてありません。武器ならあるけど。

絶対失敗できないという危機感だけが・・・私の武器です」

 

「私、失敗しませんから」といつも言っていましたが、絶対失敗できないという危機感はあったんですね(^^)

人間的な面も知れて良かったです。

 

未知子にフリーになればいいのにと誘われ・・・

結局、瞬間最高視聴率だった神原に誘われた時に、彼の誘いを受けました♪

博美もフリーになって、この地へ残るようです♪

ベビーシッターもしてくれるから♪(^^)

未知子と一緒に手術ができて良かったと思いましたが・・・

未知子はどこか海外に修行に行くみたいでした。

結局、加地と原は辞令の通り、高松と旭川へ。

森本は、実家の病院は継がず、千葉の研究施設にも行かず、海外に留学して大門先生みたいな医者を目指すとの事。

毒島院長は、勅使河原の策略で、今回の責任を取らされて、懲戒免職になってしまいました(汗)

その勅使河原も院長選から外されてしまったそうです(^^;)

結局、誰もいい思いをした人はいなかったみたい(汗)

未知子は豪華客船の上でくつろいでいたら神原から電話がかかってきて、302号室の大金持ちの人の手術を頼まれ・・・

「助けたら借金全額返済かもよ?」と言われて、すぐに治療に向かいました。

結局、腸閉そくですぐに手術が必要とか・・・

中国語もできてすごいですね(^^)

まだまだ、「ドクターX」は続編ができそうな雰囲気でした(^^)

ぜひ、また続きが見たいです♪

元々は、私は米倉涼子さんがちょっと苦手でしたが、このドラマの大門は米倉さんがはまり役だったと思います。

とても素敵でした♪

こういう医者がいたら、私も彼女に担当してほしいです(^^)

大学病院の問題点やフリーの医者という今風なドラマで素晴らしかったです♪

脇役も名役者さんが揃っていて、見応えもありました。

平均視聴率、今期一番も納得です♪(^^)

特に、神原(岸部一徳)のキャラが好きでした♪(^^)

岸部さん、「相棒」抜けてしまいましたが、こちらでも当たって、結構、運、持ってるかも?(^^)

繰り返しになりますが、続編を期待します♪

 

【最終回(第8話)あらすじ】 (公式HPより)

第二外科部長・鳥井(段田安則)の肝門部胆管ガン手術が行われている手術室に現れた未知子(米倉涼子)は、鳥井が書いた同意書を土方(山本耕史)に突きつけると、手術室から追い出し、いつも通りの集中力で手術に挑む。そんな未知子を、助手として支える加地(勝村政信)や森本(田中圭)たち。
 一方、大勢のプレスが集まる見学室で怒りに震える毒島院長(伊東四朗)の前に、本院の勅使河原主任教授(小林稔侍)が突然姿を現す。勅使河原は、土方ではなく、フリーランスの未知子が執刀していることに苦言を呈する。
 その瞬間、鳥井の患部から想定外の多量出血が...! たまりかねた毒島は手術室に乱入、未知子からメスを奪おうとするが、未知子は毒島には目もくれず、タイムリミットわずか1分半という驚きの術式を強行。未知子と毒島、二人の緊迫の作業が始まる! 果たして、手術は無事成功するのか!? 鳥井の命は...!?

 術後、勅使河原は一部始終を見ていたプレスに口止めをするが、ある週刊誌に暴露記事が掲載されてしまう。記事で未知子を「黒い女医」と断じたジャーナリストの八木(津田寛治)は、その続報として、大学病院の腐った院内政治についても発表すると毒島に宣言。それに対し、毒島は...!?
 記事の影響で転院や手術のキャンセルを申し出る患者が続出し、院内は大混乱。未知子は自宅謹慎を命じられ、第二外科は解体の危機に...!? そんな中、ある人物が未知子の前で吐血し、倒れてしまい...!?

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]18.6%  [第2話]17.6%  [第3話]17.4% [第4話]17.1%

[第5話]17.7%  [第6話]18.6%  [第7話]20.1% [第8話]24.4%

[平均視聴率]19.1%

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月13日 (木)

【相棒season11】第9話視聴率と感想「森の中」(前編)

『相棒Eleven』第9話「森の中」(前編)

関東エリアのみ、今回の「森の中」(前編)を12月19日(水)PM3:57~4:53に再放送します(公式HPより)

第9話の視聴率は、前回の14.0%より大幅に上がって、17.2%でした♪

かなり引き延ばし感があったような気がしたんですが、視聴率は大幅に上がったので、良かったです♪

「相棒パン」の第2弾、両方、食べました♪

写真も撮ったのですが、新PCへうまく写真が取り込めなくて、映像、断念します(汗)

ヤマザキの「二色ビスケパン」(ミルクティークリームとレモンティーゼリー)(定価120円税抜)と、「薄皮ミルクティークリームパン(5個入り)」(定価145円税抜)の2種類あり、両方、近所のスーパーで買って食べました。(写真と詳細説明はスタッフブログで)

昨年の第1弾の相棒パンよりは、甘さ控え目で、あれよりおいしかったです♪(^^)

どちらかというと、小さいのが5個入りの方が、少しずつ食べられていいです(^^)

これは、普通のクリームに、ちょっと紅茶の味がするという感じです(^^;)

 

さて、今回の第9話、カイトが何者かに激しい暴行を受け、意識不明のままで救急車で運ばれ、生きるか死ぬかの状態に。

なんとか、一命は取り留めましたが、記憶喪失になってしまいました。

駆けつけた恋人の悦子の話だと、カイトはキノコ鍋を作るため、山奥にキノコ狩りに出かけたとのこと。

その時に、なんらかの事件に巻き込まれたらしい。

女性が、公衆電話から通報してくれたそうですが、名前も言わず、誰が通報したのか分かりません。

携帯電話の時代に、わざわざ公衆電話からかけ、名前も言わなかったので、第三者ではなく、きっと事件関係者なのだろうと推理。

カイトは警察手帳を持っていたので、警視庁に連絡が行き、右京さんはすぐに駆けつけたのでした。

人目につきにくい場所にカイトが放置されていたので、救急車がくるまでカイトを見つけられたくなかったのだろうとのこと。

看護師が右京さんにカイトの指に絡みついていた長い茶色の毛をくれました。

もしかしたら、何かの手掛かりになるのではないかと思って、保管しておいてくれたそうです。

気の利いた看護師ですね(^^)

その鑑定を米沢(六角精児)に頼みました。

捜査一課の伊丹達が自主的に事件を捜査。

勿論、右京さんも捜査に加わりました。

殺人事件じゃありませんが、次長の息子なので、捜査一課の精鋭に捜査させろと、内村部長が命令。既に捜査している伊丹達は精鋭でないと怒りました(汗)

中園参事官は、右京は捜査一課のどんな精鋭よりいいと♪(^^)

 

という訳で、今回、カイトは病室のベッドで寝ていただけで、捜査は捜査一課の伊丹達3人組と右京さんがやりました。

寺脇さんが降りた時の後半3ヶ月を思い出しました(^^;)

あの時も右京さんがいろいろな人と組んで捜査しました。

 

カイトとの出会いを悦子が説明。

マイアミ発ニューヨーク行きの夜行バスで出会ったそうです。

座席の事でもめ、大喧嘩。

それがきっかけで、恋が芽生えたそうです。

 

それにしても、カイトの家族が誰もお見舞いに来ないとは(汗)

甲斐次長は忙しくて来ないのは分かりますが、母と兄が海外にいて来ないというのは納得できませんでした。

海外にいても、生きるか死ぬかだったら、母親なら何を置いても駆けつけるのでは?

それとも家族皆、冷たい家庭??(^^;)

カイトは、家族が来ないので、家族はいないのか悦子に聞いて、ちょっと気の毒でした(涙)

その代わりに、いつものレギュラー陣がお見舞い(^^;)

角田課長達とか、幸子さんとか・・・

そして、謎の男も来て・・・

記憶喪失のカイトは、どなたか聞きましたが、名前を言わずに去りました。

どうやらカイトを殺しに来たようですが、記憶喪失だったので、やめたようでした(汗)

良かったです♪

カイトがただ一つ、覚えていたのは、「鈴の音が聞こえる」という事だけ・・・

 

キノコ狩りに行ったのだから、森の中だろう。

それも例の公衆電話に近い所だろうと、右京さんは推理。

近くで、きのこ狩りができる所、「まろく庵」に伊丹達と右京さんは聞き込みに行きました。

この庵の人達が犯人なのですが、今回は、まだカイトを襲った理由は分かりませんでした。

カイトを殺しに病院に来た男もここの1人でした。

 

右京さんはトイレに行くふりをしてあちこち調べました。

いろいろな記事の切り抜きが貼ってあるのと、半年前に癌で亡くなったという庵主・真知子の父の写真も貼ってありました。

長い竹も見つけました。 中がくりぬいてあり、先が見えます。

お嬢こと、真智子(柴本幸)に見つかってしまいました。

 

外に止まっていたワゴン車のライトの周辺が壊れていて、サビはありませんでした。

中を見せて欲しいと頼みましたが、断られました。

真智子は、1週間位前に狸が飛び出してきて、事故してしまったと言い訳しました。

 

おとなしく4人は帰りましたが、皆、119番通報した声は彼女に違いないと。

芹沢は真智子の声を録音したそうです。

これは声紋判定すればいい証拠になるかも?(^^)

茶髪の女の髪がカイトの手の中にあった髪ではないかと・・・

捜査一課のトリオも、今回はちゃんと的を得ていました♪

 

順番前後しますが、右京達が行く前に、病院に殺しに来た男・冬二が、まろく庵に帰って来て、皆にカイトの記憶喪失を伝えました。

生方(山本學)は、暴行を真知子が止めたので、彼女は皆をも救った、殺人犯にならなくてすんだと言いました。

でも・・・

冬二「そのお蔭でおやじさんが危険にさらされてんじゃねえか。いいのかよ、それで」

生方「おやじさんは、なんとしても守る。守らなきゃならねえんだ」

 

おやじさんというのは、記事と一緒に貼ってあった半年前に癌で亡くなったという庵主・真知子の父の事でしょうか?

本当は生きている??(私の予想です)(^^;)

とにかく、この人達、そんな悪い人に見えません。

何を隠しているのでしょう?

そして、鈴の音とは?

右京さん達は、一度も鈴の音を聞きませんでした。

 

とにかく、来週の解決編が楽しみです♪

カイト、次回で記憶が戻ってほしいものです(^^)

 

【第9話あらすじ】 (公式HPより)

享(成宮寛貴)が瀕死の状態で病院に運び込まれた。恋人の悦子(真飛聖)によると、享は悦子にキノコ鍋を作るため山奥にキノコ狩りに出かけたらしいが、なんらかの事件に巻き込まれたらしい。何者かに激しい暴行を受け、意識不明のままで予断を許さない状況だ。右京(水谷豊)は伊丹(川原和久)ら捜査一課と捜査を開始する。

 大けがをしている享を119番通報をしたのは女性。しかし、自分の名前も告げず、公衆電話からの通報であることがわかった。どうやら身分を知られたくなかったようだが、ということは、第三者ではなく事件の関係者である可能性が高い。右京は病院の看護師から受け取った享の指に絡みついていた長い茶色の毛の鑑定を米沢(六角精児)に依頼する。

 生死の境をさまよっていた享だが、幸いにもなんとか意識を取り戻したのだが...。
 享はただ一つ、「鈴の音が聞こえる...」としか口にしない...。

 享から証言を得られなければ捜査を続けるしかない。右京と伊丹らは享が発見された郊外の現場へ行き、119番通報に使われた公衆電話を調べる。そこを糸口に右京は独自の推理を展開、キノコ狩りとの関連から森の中への捜索を開始する...

 享はなぜこれほどまでの暴行を受けたのか? 森の中で手がかりは見つかるのか...右京の名推理が光る!!

ゲスト:柴本幸 山本學 ウダタカキ 梶原ひかり 相葉裕樹 末広透 尾高杏奈

脚本:輿水泰弘

監督:安養寺工

 

【視聴率推移と過去レビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]17.3%  [第3話]16.5% [第4話]15.0%

第5話]15.4%  [第6話]16.4%  [第7話]15.7% [第8話]14.0%

[第9話]17.2%

 

公式HP・プレゼント締切:12月18日(火)24:00

(映画「相棒 X DAY」前売券を50組100名さまにプレゼント)

 


[DVD] 相棒 season 10 DVD-BOX II

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月11日 (火)

【PRICELESS】第8話感想と視聴率20%超え♪

『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』

第8話「さよなら...そして、ありがとう」

第8話の視聴率は、前回の17.2%より大きく上がって、20.1%でした♪

遂に、大台の20%を超えました♪(^^)餭

「ドクターX」第8話の20.1%と並び、今期の連続ドラマの最高視聴率です♪

最終回は、12/24(月)の予定なので、あと2回です。

 

今回も15分拡大でしたが、引き延ばし感はなく、充実した内容だったと思います♪

大事な業務提携候補の担当者の接待に、バッティングセンターと炊き出しとは、さすが金田一らしかったです(笑)

今回は、出て行ってしまった彩矢がミラクルエレクロニクスに戻り、そして、ハピネス魔法瓶に再度、戻ってきました。

瑤子が仕事でハピネスに来て、金田一と瑤子と彩矢の三角関係も、仕事を通じて描きました。

瑤子は、金田一の心に彩矢がいる事に気づいて、自分から振りました。

やはりハピネスは瑤子ではダメですね。

彩矢でないと、なんか雰囲気が違いますね(^^;)

戻ってくるだろうというのはミエミエですが、ほっとしました♪(^^)

面白かったですが、20%台とは驚きました。

 

最初に、戻ります。

彩矢は、幸福荘を出て行ってしまいました。

でも、金田一はなかなか彩矢が出て行った事に気づかず、気づいても、すぐ帰ってくると捜しに行きませんでした(汗)

彩矢は、カプセルホテルに泊まったようでした。

沢山、荷物を持って歩いている時、偶然、大屋敷統一郎が車で通りかかって彩矢を見つけ、ミラクルエレクトロニクスに戻らないかと、誘いました。

統一郎のアシスタントで、給料など雇用条件は見直すとの事。

「余計なお世話かもしれませんが、あなたは金田一から必要とされなくなったんじゃないですか?

よく考えてみて下さい。私は今、あなたの力を必要としてるんですよ」

始めは断りましたが・・・

金田一と瑤子が楽しそうに仕事の話をしているのを見て、余計に自分はいらないと思ったのか・・・

自分からミラクルに行って、ミラクル入社を決めました。

 

辻さんの工場の真空炉が壊れ、究極の魔法瓶の生産ラインがストップしてしまいました。

新しい機械の導入には3000万円かかるとの事。

困った金田一と模合は、広瀬社長に設備投資を頼みに行きました。

広瀬社長は、ベトナムの大企業・SEインダストリーが日本の家電メーカーと業務提携したいと担当者が来日していて、その担当者が君達の魔法瓶に興味を抱いていると言いました。

もし、彼らと君達が業務提携したら、私も投資してもいいし、もっと多額の投資をしてもいいと。

金田一は業務提携したいと即答。

彼が出席するというレセプション・パーティーに早速、出席しました。

 

担当者のクェン・アン・シン(川平慈英)は、ベトナムとアメリカのハーフで、貧しい家の生まれでアルバイトから幹部に迄、出世した苦労人です。

広瀬社長の会社が業務提携の調整役で協力していて、瑤子がハピネス魔法瓶の担当として、一緒に仕事をすることになりました。

 

レセプション・パーティーでは、金田一と模合、瑤子が一緒に出席。

ミラクルから統一郎と戝前、彩矢が出席し、会場で金田一達と会いました。

ミラクルも業務提携を狙っています。

パーティーでは、金田一はシンに、顎にケチャップがついていると告げただけ(汗)

遅れを取ったと残念がり、接待で挽回しようとしました。

ミラクルは、シンさんにお金のかかる最上級の接待をしました。

日本一の料亭に連れて行ったりして・・・

でも、ハピネスはそんなお金はありません。

ハピネスが接待できるチャンスは2回だけ。

模合「接待は金の問題じゃないよ。 大事なのは思いやりという事だ。

 これはミラクルの先代から教わった接待の基本だ。

 相手の立場に立って、どうやったら相手が喜んでくれるか、それを考える。

 金をかけるか、かけないかは関係ない」

 

金田一は、シンと握手をした時、野球だこがあったからきっと野球が好きに違いないと勘違いして、バッティングセンターへシン達を連れて行きました。

でも、それは勘違い。本当はゴルフをしてできた物でした(汗)

シンは空振りだらけ(汗)

でも、金田一のアドバイスで最後にはホームランを打って、気持ちよく終われました。

そして、もう1回の接待は、レストランの予約を瑤子がした筈でしたが、本店と支店を間違えていたらしく、予約が取れていなくて、店の前で困ってしまいました。

シンは、料理には興味がなく、あなたの好きな物に興味があると。

「あなたが一番おいしいと思ってるお店に連れて行って下さい」

それで金田一は考えて・・・

なんと、炊き出しに連れて行ったのでした。

寒い中、一緒に普通に並んで、1杯のうどんを食べました。

シンは怒らず、「ウォンクヮイ」(おいしい)と言って、食べました。

そして、子供の頃を思い出しました。

彼は、貧乏な家で生まれ、両親は働きづめだったが、お金がなく、家族はいつもおなかをすかせていた。でも、ある日、屋台のおばさんがフォーをご馳走してくれました。

うどんがそのフォーに似ていたようで、思い出したようです。

シン「この炊き出しは、懐かしくて、とてもあったかい。

 金田一さん、本当にありがとう。

 あなたの気持ち、いただきました」

 

金田一は狙って連れて行ったわけではないので、ついてましたね(^^;)

人によっては、こんな所と怒ってしまう人もいるでしょう(汗)

シンはハピネス魔法瓶と提携しようと思いましたが・・・

その情報をどこからか知った戝前が統一郎に報告。

統一郎は知り合いの政治家?の桂山先生に電話。

裏工作で、提携を横取りしました(汗)

それを知って、彩矢は批判しました。

でも、統一郎は、違法な事はしていないし、ビジネスは結果が全てで、プロセスは関係ないと。

それで、彩矢は、今ならあなたと金田一さんの違いを答えられると言いました。

経営者としての2人の違いを、その前に彼に聞かれていました。

彩矢「ビジネスでは、結果が全てっていうのも正しいのかもしれない。

 でも、それじゃあ、金田一さんは満足しません。

 あの人にとっては、プロセスも重要なんです。

 そこに関わる人とか、その人の思いとか、そういうことを大事にする人なんです。

 だから、沢山の人が金田一さんについていこうって思うんです。

 経営者としては、社長のやり方が正しいのかもしれません。

 でも、やっぱり私は、あの人のやり方が好きです。

 短い間でしたが、お世話になりました」

そして、社員証を外しました。

 

金田一は、シンさんからミラクルに決まったと謝られましたが、悔しそうではなく、笑顔でした。

シンさんと心が繋がり、いつかまたチャンスを貰えるかもしれませんね。

 

瑤子から振られ、金田一はミラクルの前に行きました。

偶然、彩矢が荷物を沢山持って出てきました。

金田一「あんまりいないんじゃない? 同じ会社、2回クビになる人」

彩矢「今回は違います。自分から辞めたから」

 

ようやく、彩矢がハピネス魔法瓶の新事務所に初めて行きました。

早速、無駄な備品を指摘♪

3人が揃って、皆、嬉しそうでした♪

やはりこの3人がベストメンバーですね♪

壊れた機械の設備投資の3000万はどうするのか気になります。

最後に、戝前が言ったハピネス魔法瓶を潰す方法も気になります。

魔法瓶そのものという事は、生産できなくするのでしょうか?

もう既に、機械が壊れて、そういう状態に陥ってますが(汗)

予告編で、模合さんが「特許権侵害って、それ、どういう事ですか?」と言ってたのが気になります。

究極の魔法瓶、辻さんの所が開発したけれど、ミラクルが持っている特許を一部、使ってた??

残り、あと2回。

楽しみです♪(^^)

 

【第8話あらすじ】 (Yahoo TVより)

『ハピネス魔法瓶』を立ち上げ、オフィスも用意した金田一二三男(木村拓哉)たち。鞠丘貫太(前田旺志郎)、両太(田中奏生)たちもオフィスに来て、模合謙吾(中井貴一)にあきれられながら喜ぶ金田一。だが、そこには二階堂彩矢(香里奈)の姿は無かった。そんなオフィスに辻義人(志賀廣太郎)が訪ねて来る。辻は、古い機械が壊れて魔法瓶の生産が完全にストップしたことを金田一に報告。新しい機械導入にはかなりの資金が必要になる。  金田一は資金援助を広瀬遼一(草刈正雄)に頼む。しかし、広瀬もすぐさま承諾できる金額ではない。だが、広瀬はベトナムの大企業が日本の家電メーカーとの業務提携を模索しているという情報を金田一に与える。さらに広瀬は、もし金田一たちが業務提携できたら協力を惜しまないと告げ、自分の会社が調整役を行っているレセプションパーティーに金田一を招く。また、そのパーティーには大屋敷統一郎(藤木直人)も出席することを教えた。  金田一たちが『幸福荘』に帰ると、彩矢が出て行ったと一厘(夏木マリ)に教えられる。金田一は、すぐに帰ってくると動じない。だがその頃、彩矢は統一郎に『ミラクルエレクトロニクス』で働かないかと誘われていた。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]16.9%  [第2話]18.8%  [第3話]15.2%  [第4話]18.4%

第5話]15.7%  [第6話]18.1%  [第7話]17.2%  [第8話]20.1%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】フジテレビ系ドラマ「PRICELESS」オリジナル・サウンドトラック [ 佐藤直紀(音楽) ]

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月10日 (月)

【平清盛】第48回視聴率と感想「幻の都」

「幻の都」

次回、NHK総合での放送は、選挙の開票速報のため、夜7:10~7:55の前倒しになります。(公式HPより)

お見逃しなく♪

第48回の視聴率は、前回の10.8%より少し下がって、10.4%でした。

遷都というのは、よく聞きますが、還都というのは、珍しいですね。

清盛は、念願の福原遷都を果たしましたが、あちこちから不満が多く、たった半年で還都しました。

 

各地で源氏が蜂起。寺社勢力にも謀反の兆しが見えていました。

福原では病に倒れた高倉上皇が快方に向かう様子がなく、清盛が見舞いに行くと、徳子が上皇の心労を告げ、上皇の病の理由が遷都にあるのではと訴えました。

公卿達も「先の棟梁、小松殿重盛卿、ご存命の折はまだ秩序が保たれていた」と愚痴を言ったり、「今、平安京が四方八方から攻められたら、どうするのか」と不安にかられます。

藤原兼実は、都を京に戻すべきと強く主張。

時忠は、

「まもなく福原に新しい内裏ができまする。

我ら平家が作り上げた新しき都。捨てる事など断じてござりませぬ」

と反論しましたが、平家の棟梁の宗盛は黙って聞いていました。

その後、宗盛は、福原に一門を集め、清盛に還都を申し出ました。

宗盛「父上、何卒、都還りをなさって下さりませ」

清盛「還都せよと?! 福原を捨てろと申すか?!」

宗盛「はい」

宗盛は、ふがいない自らの半生を省みながら、自分の役目は、今父上をお諫めする事だと涙ながらに訴えました。

さすがの清盛も返す言葉がなく、遂に京への還都を決めました。

小兎丸は、仲間とここに残って、父の志を守ると言いました。

語り<11月29日、清盛は遂に本拠地として10年あまりを過ごした福原を後にした。

 清盛の夢見た福原の都は、僅か6月で幻となった>

 

皆が反対だった遷都を急いで強行してしまったので、還都もやむをえなかったでしょう。

徳子にまで還都を勧められてしまいましたし・・・(汗)

宗盛も公卿達に愚痴をいろいろ言われて、棟梁として還都を勧めるのが役目と思ったようです。

たった半年で、清盛の夢は潰えてしまいました。

清盛だけ福原に残るのではなく、清盛も都に帰ってきたようです。

 

その後も反乱は収まらず・・・

語り<12月28日、南都(現在の奈良)の僧侶が京に攻め入ると聞いた清盛は、重衡に命じ、その鎮圧に向かわせた。風の強い夜であった>

 

東大寺の伽藍を含む南都の寺が全て焼き尽くされ、灰塵に帰したとの事。

公卿たちは呆れ返り、いろいろ噂しました。

「入道め。まだ懲りておらぬか」とか

「わざとではあるまい。火が風に煽られて・・・」と味方したり・・・

藤原兼実は、東大寺創建の折の聖武帝の詔の一節を出して、嘆きました。

<東大寺創建の折の聖武帝の詔の一節>

「若し我が寺興復(こうふく)せば 天下興復し 我が寺衰弊(すいへい)せば 天下衰弊す」

 

兼実「世に平家のある限り、天下の乱れは収まりますまい」

 

平家一門も暗い表情で話し合いました。

清盛が来て、やはり重い表情。

皆は、わざとではなく、風が強すぎたのだろうと・・・

清盛「それこそが、もはや運が尽きたという事よ。

 天は平家を見放したのじゃ」

 

そこへ、重衡が鎧を着たまま、やって来ました。

重衡、謝ってから言い訳するかと思いましたが、全然、次元が違いました(汗)

事の重大さが全然、分かってなくて、自慢げで、清盛に褒めて貰いたい様子(汗)

重盛「父上、重衡、南都を攻め、悪僧の首、四十九を討ち取り、また一人を生け捕りにしたでござります!

思いがけず、火が風に煽られ、伽藍を焼き尽くしてしまいましたが、な~に、天もお許し下さりましょう。

我らが焼いたは、仏にあらず! 仏を盾に狼藉を働く不埒者どもにござります。

これを抑えられるは、我ら平家のみ。

どこにも劣らぬ強き武門の我らをおいてほかにはおらぬと、世に示しましてござります!」

清盛「・・・」(暗い顔で沈黙)

清盛、ようやく立ち上がり、暗い表情のまま、重衡の元へ・・・

清盛「ようやった・・・ようやった」

重衡「はっ!」と礼をして嬉しそう♪

 

さすがの清盛も、前回の維盛の時とは違い、もう怒る気力もなかったですね(汗)

こんな常識知らずのお子さまでは(汗)

清盛自身、弁慶が頼朝に説明した通り、若い頃、神輿を射てしまったので、文句も言えないかも?(^^;)

とにかく、これにより、更に、平家は辛い状況に追いやられそうです(汗)

 

今回はやたら昔の回想シーンが多かったです。

残り、あと2回ですが、これだけ最近、回想をやると、最終回は、回想がないのかもしれませんね?

次回は、「双六が終わるとき」

高倉上皇が亡くなり、再び後白河法皇が現れ、没落途中の清盛を挑発するようです。

この2人は双六が好きですが、頼朝は双六はしないでしょうね?(^^;)

次回は、清盛が倒れるか?

 

立派な頼朝や義経と違って、平家の若い力はもはや皆、武士としてお粗末みたいですね(汗)

今回も「武士の世」でまとめていましたが、頼朝の説明はピンとこなかったです(汗)

忠清が言った通り、平家はもはや、武門ではなく、清盛の目指した「武士の世」(実態は「平家の世」)は武士ではできない事でした。

清盛を始めとして、平家は今まで、宋との貿易を進めたり、港を作ったり、橋を造ったり、舞いや歌を習ったりして、手柄を立てると、位を上げて貰ったり、公卿にしてもらったり、娘を天皇家に嫁がせ、平家の血を継ぐ天皇を立てるという方法で、武士が頂点に立つだけの平家の世を築きました。

忠清は切腹せずに済んで良かったです。

でも、再び、戦いとなると、もはや武門でない平家は、まともに戦えない状態ですね(汗)

清盛ですら宋剣を振り下ろせないし・・・

重盛の早い死、本当に残念でした。

 

頼朝は、東国を着々とまとめあげ、手柄を立てた人には所領を与えたりして、「武士の世」を目指しています。

こちらは、本当の意味の「武士の世」ですね。

 

今回は重衡の究極のKYぶりが良かったです♪

純粋すぎて、怒れないですね(苦笑)

義経も純粋ですが、こちらはとても戦上手で・・・

でも、清盛を描くドラマなので、義経の死まで描くかどうか・・・

あと2回。 どこまで描くのか、気になります♪

 

【第48回あらすじ】 (Yahoo  TVより)

富士川の戦いで敗戦し、忠清(藤本隆宏)も斬れずに尻もちをついた清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、棟梁(とうりょう)・宗盛(石黒英雄)からの、福原から京への還都の申し出だった。宗盛の涙ながらの訴えに、清盛もついに折れざるを得なくなる。安徳天皇(貞光奏風)を迎えた最初で最後の五節の会が福原で行われ、そのうたげを最後に、京への還都が行われる。還都の知らせを聞いた頼朝(岡田将生)は、清盛が何を求めて武士の世を目指しているのか分からなくなる。頼朝は、清盛の過去を知る弁慶(青木崇高)に、若き日の清盛のありようを聞く。そして、故意に神輿(しんよ)に向けて矢を放った若き清盛のことを聞き、清盛の目指す世も、父・義朝が目指し、今の自分が目指す世も同じものであることに思い至る。そんな中、南都・興福寺を攻めた平家軍の火が、東大寺の伽藍(がらん)を焼失させてしまう。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

[第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2% [第12回]12.6%

[第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

[第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

[第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

第29回]10.7%  [第30回]11.4%  [第31回]7.8%   [第32回]10.7%

[第33回]9.3%   [第34回]11.1%  [第35回]10.5%  [第36回]10.1%

[第37回]10.5%  [第38回]14.3% [第39回]9.7%   [第40回]9.6%

[第41回]7.9%   [第42回]8.9%  [第43回]10.2%  [第44回]10.4%

第45回]7.3%   [第46回]10.3% [第47回]10.8%  [第48回]10.4%

32回と38回は、レビューありません。

それ以外は全部、レビューあります。第2~28回までは、第29回から飛んで下さい。

第30~43回は、第44回から飛んで下さい。

 

公式HP(次回あらすじ)

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月 9日 (日)

【悪夢ちゃん】第9話視聴率と感想「皆夢」

副題「皆夢」

第9話の視聴率は、前回の11.5%より下がって、10.4%でした。

裏の『フィギュアグランプリファイナル2012』(23.2%)や、土曜ワイド『タクシードライバーの推理日誌』(14.6%)に食われてしまったかもしれません。

前回の最後、生徒達の前で

彩未「授業の前に、先生から皆さんに訂正してお詫びする事があります」

と言って終わったのに、その続きはありませんでした(^^;)

続いているようで、続いていなくて、新しいエピソードが始まりました。

今回は、いろいろなネタふりが多かったですね。

連続児童誘拐事件と、誘拐された子供達が海外に養子縁組されて売られてしまうという闇の商売。

それと繋がるのか、彩未が出した課題「自分の一番遠い記憶」というのに合わせて結衣子が描いた白いブランコの絵。

これは悪夢ではなく、結衣子の夢に初めて夢獣(ユメノケ)が登場した時の夢に出てきたとの事。

このブランコに夢獣がいて、「ここに来てはダメ」と言って・・・

彩未は、それは今回の事件の予知夢だったのではないかと言いましたが、もしそうだとしたら、とても先の夢でしたね(^^;)

彩未もそのブランコをどこかで見た記憶がありました。

自分が8歳まで暮らした児童養護施設にあったのではないかとのこと。

それを確かめようと、児童養護施設「夢見る羊の家」を訪ねました。

そこで、昔、面倒を見てもらった女性・シスターマリカ(藤村志保)と再会。

彼女は、今では施設長になっていました。

彼女は、大人になって変わったはずの彩未をすぐに彩未だと気づきました。

とても、忘れがたい子だったから。

描いた絵が次々と本当になっていって・・・

シスターマリカの方から、認知神経学者である古藤教授に連絡して、来て貰ったそうです。

彩未は、彼女に、結衣子の描いた絵を見せ、このブランコがここになかったか聞きました。

かつてはあったそうです。

でも、施設長の家になってしまって、その施設長もなくなり、今は聖堂が建っているとの事。

その聖堂の中に誘拐された子、一時的に隠されていないでしょうか?(妄想です)(^^;)

若いシスター(能世あんな)がマリカを呼びに来て、彩未もちらっと会いましたね。

結衣子が見た夢の中に出てきた女性はマリカの顔でしたが、能世さんの事ではないでしょうか?

能世さんは、芸能事務所「Kids talent models Agency」の関係者のようです。

この事務所が児童誘拐・養子ビジネスに関係していそうです。

 

結衣子の夢では、アザラシが人間に変身して、セルキーかと思いましたが、タクシーの事だろうという事になりました。

セルキーとは、スコットランド北部オーニー諸島に伝わる妖精で、人間に変身するアザラシの事。

人間を誘惑し、子供を作って、いずれは海に帰るそうです。

変身した綺麗な若い女性は、年取ったマリカの顔になって・・・

 

志岐はセルキーの説明を聞いて、人間を誘拐し、新しい戸籍を作って海外に養子として売る象徴かと言いました。

彩未は「きっとあのお婆さんも何かの象徴なのよ」

シスターの象徴かと思うのですが?(^^;)

でも、セルキーじゃない、タクシーだという方向にいきました。

誘拐犯が夜、変身してタクシーで現れると・・・

夢の中の月本奈央は塾の鞄を持っていたので、塾の帰りにタクシーに乗せてはいけないと、彩未は言いました。

それで、琴葉と貝原先生と相談して、麦山先生達、男の先生に塾の帰り、見張って貰いました。

寒い中、何日もご苦労さまでした。

奈央の両親はどちらも医者です。

いつもは父か母が車で迎えに来てくれるのですが、ある日、どちらも急患でこれなくなり、タクシーで帰ってと、奈央に電話がありました。

麦山が見ている前で、奈央は手を挙げてタクシ-を拾って去ってしまいました。

麦山は慌てて、彩未に連絡。

彩未は怒り、奈央の家に電話しました。

タクシーは自宅とは逆の方向に走って行き、奈央は不安になって、引きこもりの兄にメールで連絡。

この兄が妹を助けるために、パソコンで頑張ってくれました♪

車のナンバーや今、通り過ぎた場所を奈央からメールして貰い、パソコンで仲間に呼びかけたようです。

タクシーの前に、ヒーロー達が沢山現れ、道を塞いで、止めました。

琴葉のバイクに彩未も乗り、2人も駆けつけました。

琴葉がレディースだったとは(汗)

琴葉、奥が深いキャラですね♪

そして、沢山のヒーロー達が、タクシーから奈央を救い出しました♪

引きこもりでも妹を救えて、兄こそヒーローです♪

 

これで誘拐事件は一件落着したかと思われましたが、末端の運び屋を一人捕まえたくらいでは、真相には辿り着かないと刑事。

養子を巡る人身売買は、国際的なシンジケートによるもので、日本人の養子は特に人気が高くて、儲かるとの事。

誘拐された児童の顔写真が載っていたHPから調べられないのでしょうか?

英語だったから、海外で手を出せないのかな??

 

ここから話が違う方向に展開してきました。

志岐の研究所に、トミー・リー(川平慈英)とその手下達が訪れました。

トミー「先生はある少女を手に入れたがってますよね。

我々もその少女にとっても深い興味を抱いているんです。

我々の仕事は出資する事です。まあ、投資です。

新しいビジネス、新しい研究。あらゆる未来の可能性に大金をかけるんです。

志岐先生には、なんとしてもその少女を手に入れて貰いたい。

そうすれば、我々が先生の望む環境で無制限に出資します。

口は出さず、お金は出すんです。

先生とその少女はですね、ぜひ世界で活躍して貰いたいな。

我々のネットワークは世界中にあります。いかがですか?」

志岐は笑いました。

 

これ、いかにもマフィアみたいだったし、話があまりにもうますぎるので、裏がありそうですよね?(汗)

志岐、こんな話に引っかかるとは思えないですが(汗)

 

明恵小学校の各クラスから1人ずつ、児童が行方不明になってしまいました。

警察に「連続児童行方不明事件本部」ができ、マスコミが学校前に殺到しました。

 

結衣子は自分が誘拐される夢を見ました。

前回、バクを古藤教授が壊してしまったので、夢札は志岐の所でしか見られません。

危ないので、ここにいた方がいいと、志岐は言いました。

次々と誘拐されるのは、きっと犯人が古藤結衣子を捜しているからだと。

彩未「いや、この子は連れて帰る。私が連れて帰ります」と結衣子の手を握りました。

 

そして、彩未の家で2人が寝ている所へ、志岐が入って来ました。

古藤家が襲われた。危ないから結衣子を渡せと。

でも、彩未は志岐を信じず、渡しません。

志岐は「俺を信じろ。信じてくれ」と言いましたが、彩未は信じませんでした。

志岐は、銃を出して、結衣子に向け、彩未が結衣子の前に立ちはだかり、守りました。

彩未「この子は誰にも渡さない。この子は死んでも私が守って見せる!」

 

以前は信じた時もあったけれど、今は信じていないとの事で、「彩未VS志岐」という構図で終わりました。

 

でも、私は志岐を信じています。

GACKTのファンだからという事もありますが、志岐が主犯なら別に小学校の生徒を次々と誘拐する必要はないでしょう。

今、古藤教授のBAKUは壊れていて、ただでさえ、志岐の所で夢札を引いていたのだから、いくら一緒にアメリカへ行きたいと言っても、こんな派手な誘拐事件を起こす必要はない気がします。

志岐が断ったので、トミー達が暴走して事件を起こしたのではないでしょうか?

とにかく、前半の養子のための誘拐事件と、トミーが登場後の誘拐事件は、別物のような気がします。

後半はトミー達が予知夢の見れる子を捜して次々と誘拐し、その一人として、古藤結衣子を誘拐しようとしているのではないでしょうか??

なんだか、話がいろいろな方向に広がり、頭の中がゴチャゴチャです(汗)

私の予想は、かなり的外れかもしれません(汗)

 

最終回は、12月22日の予定なので、あと2回です。

次回、「最終章」との予告だったので、今回から3話続けての話なのでしょうか?

今は志岐は敵みたいな描かれ方ですが、志岐は彩未の夢王子なので、最後は、彩未と志岐がハッピーエンドになってほしいです♪(^^)

 

【第9話あらすじ】(Yahoo TVより)

彩未(北川景子)は、自分の過去の真実と向き合い、前向きな性格を取り戻す。

そんな折、結衣子(木村真那月)が授業中に描いた「白いブランコ」が、なぜか自分が育った養護施設と関係していることに気付く。そして、子供たちが次々と姿を消す謎の現象が起こるが、その鍵が施設にあることも。実験道具である結衣子を失った志岐(GACKT)は、またも不穏な行動に走る。謎の集団神隠しの黒幕は志岐なのか?

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1話]13.6%  [第2話]10.7%  [第3話]12.9%  [第4話]10.4%

[第5話]12.8%  [第6話]11.5%  [第7話]11.5%  [第8話]11.5%

[第9話]10.4%

全話レビューあります。第6話以前は、第7話から飛んでください。

 



悪夢ちゃん夢事典 / 鏡 リュウジ 協力

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪

【純と愛】第9週視聴率&第10週(12/3~12/8)感想

遅くなってしまって、すみません。

今日は、風がきつくて、洗濯物が飛んでしまいました(汗)

下の部屋の人のは、布団が飛んでいました(汗)

12/17(月)のスタパに城田優さん(水野役)が出演予定(収録は12/10(月)で、録画放送)です。

大先社長、役員会で、社長を解任されてしまって、お気の毒でした。

でも、中津留総支配人の言うのも尤もな気がしました(汗)

今週は、合併により変わっていくホテルと、ホテルを守ろうとする大先社長と純たちの奮闘を描きました。

桐野富士子さんが噴火して、ようやく十字架を下ろせて、本性を出せました。

大先、桐野、純と、愛も協力して4人で頑張りましたが、カイザー側の中津留総支配人と愛ママ・多恵子に、負けてしまいました。

ホテル名、オオサキプラザホテルから、「カイザーオオサキプラザホテル大阪」に変わりました。

大先社長は、オオサキカイザーホテルだと思っていたようで、話が違うと反発しましたが、それは序の口でした(汗)

大幅なリストラをして、ロビーも椅子が減って暗くなり・・・

ブライダル部門もなくして、外注に任せる事になり・・・

何度もちょこっと出ていた常連客の正司花江さんがようやくセリフが出てきて、受難。

毎日、パンを買って、ロビーで食べていたそうですが、椅子が減って、いられなくなってしまいました。

追い出しムードですね(汗)

確かに、パンを買うだけのお客さんは、上客ではないかもしれませんが、彼女は亡くなったご主人に出会ったのがこのホテルでプロポーズも結婚式もこのホテルだったとの事。

ご主人との思い出に浸りにここに来ていたのでした。

社長も桐野さんも名前をちゃんと知っていました。さすがです(^^)

リストラされてしまった米田部長や露木部長などがカイザーの味方の多恵子をロビーで襲いました。

以前もお客さんだった人が純を恨んでロビーで襲いましたが、ホテルの人間がこんな人の多い所で襲うとは(汗)

この騒ぎにまきこまれて、花江さんも倒れてしまいました(汗)

 

ようやく大先社長が逃げないで死ぬ気で闘うと決意しましたが、もう遅かったようです。

愛が作ってくれた改革案を持って、純から贈られたスーパーマンの服を、ワイシャツの下に着て、役員会に臨みましたが・・・

その改革案は審議されず、逆に、中津留総支配人から緊急動議を提案されてしまいました。

中津留「大先信一郎社長の解任を求めます。

 賛成の方の挙手を願います」

大先「何、言ってるんだ、総支配人」

皆、挙手しました。

驚く大先。

多恵子「もう、どうしようもないみたいですね、社長。

 あ、新社長は中津留さんかしら? きっと」

中津留「・・・」

 

これは、会社の乗っ取りではよくある事だと思います。

背後に、株主の同意をより多く集めてこそ成り立つのですが、ちゃんと多恵子が手を回してあったようです(^^;)

 

廊下のエレベーター前に、大先と中津留がいます。

大先「ちょっと待ってくれよ、総支配人。

 一体、どういう事なんだよ。君はオオサキがどうなっても構わないのか」

中津留「あんたなんかより、私の方が何倍もオオサキを愛している。

 ペエペエの営業だった私をずっと可愛がってくれた先代の恩に報いるためにも、2代目がどうしようもない社長でも必死で支えてきたんだ、こっちは!

 オオサキの危機をいくら訴えても聞く耳持たなかったくせに。

 今更、こんなものを出して!(と改革案の書類を捨てる)

 被害者面しないで下さい」

大先「・・・」

 

中津留さんの言う事も尤もな気がします。

中津留さんも噴火したみたいで、ようやく本音が分かりました。

ホテルへの愛があったようで良かったです♪

大先社長、以前、総支配人と多恵子が何やら吊るんでいると知っていたのに、ここまで想像していなかったみたいで、迂闊でしたね(^^;)

失って初めて、その大切さに気付くというのは、よくある事だと思います(汗)

 

大先は、スーパーマンになれなかったと、純と桐野さんに謝りました。

純は「私も辞めます」と言いました。

大先「ダメだ! 君は残ってくれ。

 俺はどうしようもない馬鹿だ。

 今までこのオオサキのためにやれる事が一杯あったのに、カッコつけて、ヘラヘラ笑って、何もしてこなかった。

(純の前に跪き)でも、君は絶対に諦めないで、このホテルを皆が泊まりたくなるような『まほうの国』にしてくれ。

 その時は・・・俺が最初の客になるから。頼む」と礼(土下座する)

 

大先社長、中津留たちを責めないで、ちゃんと反省して、いい人でした(^^)

 

大先社長が解任されてしまった事は、純もとてもショックだったようです。

急に、父のホテルが心配になり、実家に電話しました。

でも、なぜか留守電でした。

その留守電に純は喋りました。途中から泣きながら・・・

「あのさ、お父ちゃん、ホテルの経営者って、すごく大変だと思うけど、すごい辛いと思うけど、頑張って頑張って、うちのホテル、立て直して下さい。あの・・・

今まで文句言ってきたけど、謝るからさ。 お願いします。お願いします!

お願いします。お願いします・・・」

泣きながら、何度も「お願いします」を繰り返しました。

 

父のホテルも危なそうですね。

今週はオオサキの沈没でしたが、来週はサザンアイランドの沈没でしょう(汗)

 

今日は久々に面白かったです♪(^^)

哀愁を帯びた社長、舘さん、素敵でした♪(^^)

昨日からの桐野さんの変身ぶりも素敵でした(^^)

水野さんのダンテの言葉も良かったです♪

「人を支える力は3つあります。

希望を持つ事。 信じる事。 そして、愛する事」

 

ようやく、純が父の気持ち、苦労を少し分かったようで、謝ったので、今回、後味も良かったです。

来週も波瀾万丈のようです♪

どうか似た展開ではなく、新展開を期待します♪(^^)

 

先週(第10週)の視聴率は、関東では、前週の18.1%より下がり、17.3%(11/26(月) )でした。

関西は、前週の16.8%より上がって、18.1%(11/26(月))で、

北海道は、前週の16.7%より下がって、15.4%(12/1(土))でした。

関東と北海道は下がりましたが、関西は上がりました。

三連星さん、にょえさん、視聴率情報、ありがとうございました♪(^^)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西         北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))   16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月))  16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))  14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))  15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」

 

先週のドラマ視聴率ランキング(Yahoo TV)

 

公式HP・舘ひろしさん・インタビュー

公式HP・タイトルバック原画・絵本担当、荒井さんインタビュー

 

公式HP・善行の四字熟語講座(一陽来復、起死回生、乾坤一擲など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第11週の見どころ紹介)

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第7週(11/12~11/17)&第6週視聴率

第8週(11/19~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26~11/30金)&第8週視聴率

 

【来週と過去の日別あらすじ】

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

 

応援クリック、よろしくお願いします♪

2012年12月 8日 (土)

(ネタバレ)【純と愛】第11週・日別粗筋(12/10~12/15)

12/17(月)のスタパ城田優さん(水野役)が出演予定(録画)です。

これは、来週(第11週))「やめないでぇ」の日別あらすじです。

 

<日別あらすじ 第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))> (Yahooテレビより)

第61回[12/10(月)]

カイザーとの合併後、改革が進み皆が戸惑っているなか、富士子(吉田羊)だけは平然と仕事をしていた。純(夏菜)が、そのことをただすとカラオケに誘われる。カラオケボックスで富士子は、今は実績を積み上げ、このホテルの社長になって理想のホテルをつくると言う。協力してくれと言われ喜ぶ純。一方、宮古の実家とは連絡がとれず、ホテルも休業している様子で、純の不安は募る。ある日、客のクレーム対応で客室へ行った純は...。

第62回[12/11(火)]

純(夏菜)が客のクレーム対応に行ってみると、そこにいたのは善行(武田鉄矢)だった。純が問いただしても、善行は、なぜ大阪に来たのか言わない。愛(風間俊介)に心を読んでもらおうとしても、うまくかわされてしまう。出かける善行を追いかけようとするが、ちょうど晴海(森下愛子)や正(速水もこみち)たちが来て、混乱の中で逃げられてしまう。どうやら善行は、実家とホテルを売り払い大阪移住を計画していると分かるが...。

第63回[12/12(水)]

善行(武田鉄矢)は宮古島の自宅とホテルを売る契約に押印しようとするが、愛(風間俊介)がコーヒーをこぼして契約書をダメにしてしまう。晴海(森下愛子)や正(速水もこみち)を交え、家族で話し合って思いとどまらせようとするが、善行は言うことを聞かない。それならば、とにかく善行を見張って、ホテルから出かけるのを阻止しようということになり、剛(渡部秀)を呼び出すが、なんと剛は近くの部屋に女性と泊っていて...。

第64回[12/13(木)]

剛(渡部秀)と誠(岡本玲)が突然結婚すると言いだす。謙次(堀内正美)に尋ねると、どうやら多恵子(若村麻由美)とケンカした誠が意地を張っているらしい。千香(黒木華)がホテルを辞めようとしているのを純が慰留している間に、剛たちはチャペルで結婚式を挙げようとする。それを阻止しようとすると、今度は善行(武田鉄矢)の部屋に契約先の相手がやって来て、ホテルを売る契約を取り交わそうとする。八方塞がりの純だが...。

第65回[12/14(金)]

剛(渡部秀)と誠(岡本玲)の結婚式はマリヤ(高橋メアリージュン)の偽出産騒ぎで休止となる。実家・ホテルの売却契約も、怖がり屋の善行(武田鉄矢)に愛(風間俊介)が亡くなったおじいの声色で電話をかけると中止になりかかる。だが、どちらもすぐにバレてしまう。怒って式を続けようとする誠に晴海(森下愛子)が、本当に剛を愛しているのかと尋ねると誠は逃げてしまう。一方、純は改めて善行に売却の撤回をお願いするが...。

第66回[12/15(土)]

善行(武田鉄矢)はすでに契約を結んでいた。激しく善行をなじる純(夏菜)。おじいのホテルは売られてしまったのだ。だが愛(風間俊介)は純を励まし、奇跡を信じて宮古島に行くべきだと言う。純は迷った末、カイザーオオサキ退職を決意する。仲間が慰留するなか、辞表を受け取った富士子(吉田羊)は、前社長から託されたプレートを渡し、オオサキの精神を持って行けという。不退転の決意で宮古島に乗り込む純と愛だったが...。

 

 

カイザーオオサキプラザ大阪となってしまったホテルに続いて、純の実家のホテルサザンアイランドも危機。

そして、純もホテルを辞めてしまうようです。

剛と誠が結婚??

また結婚式で逃げる??(^^;)

来週も波瀾万丈です♪(^^)

 

公式HP・舘ひろしさん・インタビュー

公式HP・タイトルバック原画・絵本担当、荒井さんインタビュー

 

公式HP・善行の四字熟語講座(一陽来復、起死回生、乾坤一擲など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第11週の見どころ紹介)

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第1話[10/1(月)]&作品紹介・主要人物表など

第2話[10/2(火)]&初回視聴率

第3話[10/3(水)]「特殊能力」

第4話[10/4(木)]「社長&研修」

第2週感想(10/8~10/12金)&第1週週間最高視聴率

第3週感想(10/15~10/19金)&第2週視聴率

第18回(10/20(土))感想と粗筋「純愛の始まり♪」

第23回(10/26金)&第3週視聴率「恐怖の愛ママ登場」

第5週(10/29月~11/3土)&第4週視聴率

第6週(11/5月~11/9金)&第5週視聴率&追加キャスト発表

第7週(11/12~11/17)&第6週視聴率

第8週(11/19~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26~11/30金)&第8週視聴率

 

【過去の日別あらすじ】

第1週(1~6回)(10/1(月)~10/6(土))

第2週(7~12回)(10/8(月)~10/13(土))

第3週(13~18回)(10/15(月)~10/20(土))

第4週(19~24回)(10/22(月)~10/27(土))

第5週(25~30回)(10/29(月)~11/3(土))

第6週(31~36回)(11/5(月)~11/10(土))

第7週(第37~42回)(11/12(月)~11/17(土))

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

 


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「純と愛」 オリジナル・サウンドトラック 【CD】(12年12月05日発売)

 

 

今週(第10週)のレビューは、この後、書きます。

コメントのお返事も大幅に遅れていて、すみませんm(__)m

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ 

 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月 7日 (金)

【ドクターX】第7話感想と視聴率20%超え

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』

新聞ラテ「最終章!!送り込まれた刺客!?」

次回は早くも最終回です。

その前に、12月8日(土)14時30分 ~ 16時30分 『緊急特番!最終回まで待てない!!ドクターX 特別編』を放送します(地方によって違う時間だったり、放送しない所もあります。新聞やテレビの番組一覧等で放送時間、ご確認下さい)

今までの放送を名シーン満載のダイジェストで振り返るほか、最終回の見どころもひと足先にご紹介! これを見れば、いまからでも最終回に追いつける、必見の120分です。

(以上、公式HPより)

第7話の視聴率は、遂に20%を超えて、20.1%でした(関東地区)。

勿論、これまでの平均視聴率は、今期の連ドラの中でトップです♪(^^)

 

今回の話も面白かったです♪

土方教授とは、『新撰組』を思い出しました(^^;)

山本耕史さんは、NHKの『新撰組』で土方役でしたね(^^)

本院から、若きスター医師・土方幾也(山本耕史)が赴任してきました。

鳥井教授(段田安則)の教え子で海外経験豊富な生体肝移植の権威ですが、鳥井教授は嫌っていました。

鳥井教授は、最初、自分が癌である事を認めず、論文を書く事に夢中でした。

認めたくない気持ちは分からなくもないですが、癌はどんどん進行してしまうんですよね(汗)

最初、大門未知子(米倉涼子)から手術を勧められた時は、病気じゃないと偽って、拒否していましたが・・・

未知子、何度、断られても、手術を勧めて、優しいですね。

「そんな事より早く切らないと死んじゃうんだよね。

命より論文だの名誉だの・・・

皆、とち狂ってるよ」

 

論文に命がけだった鳥井教授でしたが、病状が悪化し、遂に、未知子に手術を依頼し、同意書を書きました。

その同意書を未知子は毒島院長(伊東四朗)に渡し、自分が執刀すると告げました。

でも、毒島院長は、その同意書を隠し、新たに奥さんに同意書を書かせ、土方に手術させると。

反発する未知子をクビにしてしまいました。

でも、その同意書を未知子が院長に渡すところを森本光(田中圭)が見ていました。

口止めされていましたが、皆に告げ、第二外科の医者、皆で自筆の同意書を捜し、見つけました。

第二外科の皆、鳥井教授の論文を手伝ったり、同意書を捜したり、優しかったです♪

そして、鳥井教授の希望通り、未知子が手術できるよう、院長に逆らって頑張りました。

 

鳥井の手術はもう切れる状態は過ぎてしまって、生体肝移植しかなく、放っておくと余命半年。

浮気相手は、肝臓提供を拒否。

やっぱりね(^^;)

悪口ばかり言っていた奥さんの鳥井 七々子(岸本加世子)が肝臓を提供しました。

愛なのか、中学生の息子を医学部へ進学させるためか分かりませんが、どうしても鳥井教授に生きてほしいようです。

でも、鳥井教授が土方が嫌いだと言って、未知子に頼むと言って同意書を書いて渡したのを奥さんも見たにもかかわらず、院長の策略に乗って、土方のオペの同意書を書いてしまいました。

いろいろしがらみがあるようです(^^;)

奥さんと愛人との対比とか、

医学者として名誉を優先するか、命を優先するか・・・

患者に告知するか、病状をごまかすか・・・(鳥井は癌の専門家なのに)(^^;)

執刀医も加地先生(勝村政信)から土方に代わって、未知子に代わりました。

無理矢理、未知子に代えてしまったわけですが、報道関係者も呼ばれて見学室に来ていたし、どうなる事やら?

手術が成功すれば、それでメデタシメデタシという事にもならないでしょう(汗)

来週は、最終回ですが、どうなる事やら?

 

鳥井教授の話も面白かったですが、神原 晶(岸部一徳)も元は医者だったんですね。

医師免許剥奪とは、過去に一体、何があったのでしょうか?

本物のドクターXは、本当は晶さん?

まさかね(^^;)

ナレーションで、いつも大門未知子(米倉涼子)の事を「またの名をドクターX」と言ってますものね(^^;)

いつも麻雀をやっている仲間も皆、外科医みたいですね。

未知子の莫大な借金は、どうしてできてしまったのでしょう?

父の病院が潰れたのは?

いろいろ謎が沢山、残っているので、その解決、楽しみです♪(^^)

 

【第7話あらすじ】 (公式HPより)

肝門部胆管ガンを発症している第二外科部長の鳥井(段田安則)は、毒島院長(伊東四朗)や事務長の金子(室井滋)の前で、未知子(米倉涼子)から一刻を争う病状だと指摘されたにもかかわらず、病気であること自体を認めず、国際会議での論文発表に向け、執筆に没頭する。本院から、若きスター医師・土方幾也(山本耕史)が赴任してくると決まったいま、鳥井は自分の命に代えてでも論文発表を成功させ、外科部長の座を死守する覚悟だった。
 土方を呼び寄せた張本人の毒島は、そんな鳥井の病状を知りつつも、本人の意思を尊重するとして、静観するそぶりをみせる。同じく鳥井の病状を知った加地(勝村政信)と原(鈴木浩介)は、他の医師らには口外しないことを決意。そして、未知子を除く第二外科の医師らは、一丸となって鳥井の論文作成に協力する。
 刻一刻と病状が進行する中、執念で論文を書き終える鳥井。ところが、国際会議出発の日、病院関係者や妻の七々子(岸本加世子)に見送られる中、ついに倒れてしまう...!
ストレッチャーに乗せられ、検査室へと担ぎ込まれた鳥井は、そのまま入院することに。そして、自分のために開かれた緊急カンファレンスに自ら出席し、腹をくくって加地に執刀を依頼する。加地は、ガンは進行しているものの患部の切除は可能と診断し、鳥井を安心させる。それに対し、未知子は切除できる時期はもう過ぎたと異議を唱えて...!?

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]18.6%  [第2話]17.6%  [第3話]17.4% [第4話]17.1%

[第5話]17.7%  [第6話]18.6%  [第7話]20.1%

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【相棒season11】第8話視聴率と感想「棋風」&東北地震M7.3

今日(12/7)夕方の地震、長く揺れて、怖かったです。

こちらは、大きな揺れではなかったですが、M7.3で、東北では震度5弱だった所もあったようです。宮城県に1mなど、東北の太平洋沿岸に津波警報が出ています。 ご注意を

『相棒Eleven』 第8話「棋風」

第7話の視聴率は、前回の15.7%より下がって、14.0%でした。

残念ながら、今期では最低視聴率です(汗)

裏の『FNS歌謡祭2012』は19.9%だったので、これに食われてしまったかもしれません。

 

今回は、将棋電脳戦に関わる殺人事件。

将棋を題材にしたのは、season7の第6話「希望の終盤」以来でしょうか?

電脳将棋というと、『鍵のかかった部屋』第3話「盤端の迷宮」を思い出しました。

あれは、女流棋士2人がグルになって、隠れて将棋ソフトを使って、ズルをしていたのですが、今回はそういうせこい話ではなく、堂々と人工知能が、プロ棋士の名人に挑む話でした。

題材はこちらの方が良かったです♪

 

「将棋の手の数がこの宇宙に存在する粒子の数より多いってご存知ですか?」

将棋はチェスと違って、相手から取った駒をまた使えますからね。

それにしても、粒子の数より多いとはびっくりでした。

 

「そんな中、人間はどうやって答えに近づいていくのか。

まだまだ謎だらけの人間の思考回路を研究しているんです」

将棋や人工知能のうんちくを学べて、良かったです♪

 

電脳将棋の開発者で人工知能研究者の安西教授(木下政治)が、研究室で殺害されました。

犯人として、次の対局相手の時田名人(竹財輝之助)と将棋連盟会長・曾根崎(園田裕久)が疑われました。

でも、真犯人は、一緒に電脳将棋を開発していた篠田彩子(旧姓:坂口)(高野志穂)でした。

安西教授は研究費に苦労していて、研究費を得るため、時田名人との電脳戦をわざと負けるので研究費を出すよう、将棋連盟会長・曾根崎に持ちかけました。

曾根崎は断りましたが、安西は諦めませんでした。

でも、彩子は電脳戦に勝つ事が大事で、曾根崎にわざと負けないよう懇願。

曾根崎は、将棋の勝負より人工知能の開発が目的だったので、これを拒否。

電脳将棋チームから外れるよう彩子に言いました。

逆上した彩子は、曾根崎を殺してしまいました。

そして、電脳戦をやりました。

この殺害はベタな話ですが、特に異論もなかったです。

研究室にあった将棋の駒の並びが重要でした。

殺される直前に、曾根崎が来て、コマを一つ動かしたのですが、彩子はそれを知らず、殺害時に駒が落ちてしまったので、その前の土曜日の駒の状態に戻してしまったのでした。

それに、曾根崎が来た時までは将棋盤に傷はありませんでした。

 

ただ、どうして時田名人にそこまでして勝ちたいのか、12年前の対局のリベンジに関連する事が突っ込みだらけでした(汗)

殺人までして実現した電脳戦、最後の48手は、コンピュータの手ではなく、彩子自身が考えた手で、負けてしまいました。

彩子は、どうしても自分の手で時田を打ち負かしたくなったようです。

負けてしまいましたが、悔いはないとの事でした。

時田もこの手が彩子の手だと分かったようです。

時田「あの手を見て、懐かしい気持ちになりました。

 彼女の将棋が好きだったんですよ。

 1つ、間違えれば負けるかもしれない場面でも、怯むことなく、踏み込んでくる。そんな棋風が」

 

好きだったのは棋風だけでしょうか? 12年前。

時田「あの子が弱くなると、僕、面白くないんですよね」との事でしたが・・・

12年前、わざわざ探偵みたいな事までして、彩子の彼氏の2ショット写真を撮って(^^;)

どうやら彩子の彼氏、山口は、別の女性とも付き合っていたよう・・・

時田はその写真を山口がバイトしていた喫茶店のマスターに見せ、彩子と別れさせるよう、マスターに頼みました。

大きなお世話です(汗)

いくら勝負が終わってからとはいえ、別れを切り出す日まで指定するなんて(汗)

もし、予定通り、対局が終わっていたとしても、もし、彩子が負けたら、負けた上に恋人に振られて、やはりショックです(汗)

彩子の事を思って別れさせるのなら、普通は、対局が終わってからマスターに話せばいいだけの事。

それなのに、対局前に話して、対局が終わる予定の次の日以降に別れろと・・・

そんなの指定したところで、守らない事の方が多いでしょう。

盤外戦術と思われても仕方ないです。

でも、山口も別れをメール1本で済ませたり、バイト先のマスターに言われたぐらいで、別れたのだから、大して、彩子の事を好きでもなかったのでしょう(汗)

もう一人の方が本命だったのかも?(^^;)

3年前に再会した時に、山口は、当時、マスターから別れるよう言われて、マスターは時田から2人を別れさせるよう言われたと、彩子に言いました。

きっと勝負に勝つための時田の盤外戦術だったのだろうと、時田のせいにしました。

でも、もし、そうだったとしても、山口が彼女に別れのメールを出した訳で、彼に盤外戦術という資格はないような?(汗)

彼女を好きなら、マスターに言われても別れないでしょう(汗)

どうでも良かったから、言われた通りに言われた日に別れのメールを打ったのでしょう。

負けてしまった事を自分のせいにされたくなかったので、時田のせいにしたくて、そう言ったような気がしました(^^;)

彩子も彩子で、こんなダメ男の言う事を鵜呑みにするなんて(^^;)

12年前の事は、突っ込みたい事だらけでした(汗)

 

棋風と人生をかけた説明の会話は良かったです♪

右京「将棋には棋風という物があり、指す人の癖や拘り、信念が現れる。

棋譜を見ただけで、誰が指した将棋か分かると聞いた事があります。

彼女の場合、相手が誰であろうと、真向から勝負する棋風でした。

その意味では、彼女は自らの棋風から逃れられなかったのでしょうね」

享「選択枝は粒子の数ほどあっても。結局は自分の生き方でしか生きられない」

右京「そして、その生き方が安西教授、そして、自らも不幸にしてしまった」

幸子「なんだか、残念ですね」

 

大筋は良かったですが、ちょっと残念なお話でした。

 

【第8話あらすじ】 (公式HPより)

勝つのは、人類の頭脳か、コンピューターの人工知能か!?
 注目を集める将棋界の時田名人(竹財輝之助)と将棋ソフトとの将棋電脳戦が実現した! 世紀の対局を前に、将棋ソフトの開発者で人工知能研究者の安西(木下政治)が、研究室で遺体となって発見されてしまう。切れた蛍光灯を取り換えようとしたときに転落しての事故死と思われたが、右京(水谷豊)は現場で不審な点を発見し...。

 将棋連盟会長・曾根崎(園田裕久)は、時田名人がコンピューターに負けてしまうのではないかと恐れていたとして容疑者として浮上。が、曾根崎は新聞社主催のパーティーに出席していたと写真を見せ、伊丹(川原和久)らにアリバイを主張するのだが...

 右京と享(成宮寛貴)の捜査で事件は思わぬ方向へと展開していく...。

ゲスト:高野志穂 竹財輝之助 園田裕久 木下政治

脚本: 金井寛

監督: 近藤俊明

 

【視聴率推移と過去レビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]17.3%  [第3話]16.5% [第4話]15.0%

第5話]15.4%  [第6話]16.4%  [第7話]15.7% [第8話]14.0%

 

公式HP・プレゼント締切:12月11日(火)24:00

(ノベライズ9上と9中をセットで30名にプレゼント)

 


相棒 season9 上 (朝日文庫) /ノベライズ

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月 6日 (木)

【PRICELESS】第7話視聴率と感想「大逆転」

『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』

第7話「大逆転」

第7話の視聴率は、前回の18.1%より下がって、17.2%でした。

このドラマ、1回おきに高視聴率で、その順番だと今回は低視聴率の順番でしたが、その割に、今までほど下がらなかったので、良かったです(^^)

今回は、なぜか15分拡大でしたが、拡大しなくても良かったような内容でした(汗)

次回も、なぜか15分拡大です♪

最終回は、12月24日(月)の予定なので、あと3回です。

そろそろクライマックスでしょう♪

次回は、一層、面白い事を期待します♪(^^)

 

それにしても、冒頭、究極の魔法瓶が殆ど全部売れ残って置く所がないからと、いきなりリサイクルショップに出してしまったのには驚きました。

結局、1個だけ売れてたんですが。

1個定価6万なのに、全部(199個)で8万とのこと(汗)

あまりに早く諦めすぎじゃないですか。

彩矢はパソコンができるのだから、普通は、ネットショップを出すか、ネット・オークションで売るでしょう。

置き場所は、マスターの藤沢さんに頼むか、広瀬社長に頼めばいいのに。

リサイクルショップに売って、トラックで運ばれて行った直後に注文の電話がかかってきて、トラックを追いました。

この映像を見せたかったのでしょう(汗)

パソコンじゃ動きがなくて、映像的につまらないですからね(^^;)

こんなにすぐに諦めて売ってしまうと、究極の魔法瓶に対する思い入れがないように見えてしまいます。

初代の魔法瓶は、捨てられたのをゴミ置き場から、わざわざ持ってきたのに(^^;)

その売り払った中心人物は彩矢なんですが、金田一、もっと強く止めて欲しかったです。

注文の電話が来る前に。

今回は彩矢が悪者で、気の毒でした(^^;)

彩矢、工程表を作って、少しでも安くしようと頑張りました。

頑張っているのですが、そのやり方は大屋敷社長のやり方に似ていて、合理的で・・・

これが一般的なやり方なんですが・・・(^^;)

 

経済誌の記者の能見 実(香川照之)が、究極の魔法瓶を買ってくれて、「ネクストONE」というコラムに究極の魔法瓶の記事を書いてくれたので、その直後から注文が殺到しました。

新聞に載って売れるのは、よくありますが、6万もする魔法瓶がいきなり飛ぶように売れるようになるものでしょうか?

いくら、彼が「ネクストONE」というコラムで取り上げた商品はヒット確実と評判が高くても、1個、6万円ですよ(汗)

あまりにもできすぎというか・・・ (^^;)

今回はそういう、いかにもできすぎと偶然に頼った展開が多かったので、イマイチでした(汗)

 

注文がこなしきれなくなって、いろいろな社長さん達に頼んだけれど、注文をこなしきれない会社があって・・・

その相馬工業を切るか、切らないかで、彩矢と金田一が対立しました。

でも、間で社長さん達の本音を聞いて活躍したのは模合さんなんですよね。

金田一は理想論を言っただけで・・・

金田一「できないから切り捨てるなんて、一番簡単な事じゃん。

 あの会社の方が技術力が高いからとかさ、別の会社の方が売り上げが上がるからとか、切り捨てたり、乗り換えたりんなこと言ってたら、きりねえっつうの。

 折角、仲間になったんだから、絶対、皆でどうしていけばいいのか考えていった方が絶対、楽しいだろ」

彩矢「金田一さんが作った会社、続けられなくなるんですよ?」

金田一「何? らしくないね。ハアー、どうすりゃいいんだ」

 

相馬工業が仕事が遅れがちだったのは、旋盤にガタがきていて、作業効率が悪くなっていたのでした。

それを模合さんが一緒に飲みに行って聞き出して、他の業務提携した社長さん達とも飲みに行って、要望や愚痴を聞きだして、もう一度、金田一と作業プランを練り直しました。

そして、相馬工業は余所の2社から旋盤を借りられる事になりました。

どこも切らずに済んで、仲良しグループで皆で魔法瓶を作って良かったですね・・・って話?

なんだか、今回は話にキレがないような気がしました(汗)

ハピネス魔法瓶、早くも事務所を借りられました。

結局、彩矢は自分が会社に必要がないような気がして、幸福荘からも出て行ってしまいました(汗)

飲み会から先に帰ってしまった時、追ってきたのは模合さんであって、金田一ではなかったですね(^^;)

どうやら、彩矢は金田一が好きなのようなので、金田一が止めれば、出て行かなかったかも?

彩矢はどこに行くのでしょうか?

 

次回も15分延長。

今回と違って、意味のある拡大になっている事を期待します♪(^^)

 

【第7話あらすじ】

金田一二三男(木村拓哉)たちの『ハピネス魔法瓶』が作った"究極の魔法瓶"は返品の山。『幸福荘』の金田一、模合謙吾(中井貴一)、二階堂彩矢(香里奈)の狭い部屋に押し込まれてしまう。作った分、全てが戻ってきたかと思われたが、彩矢は1個足りない事に気がついた。  次の日、金田一たちは魔法瓶をリサイクルショップに売り払うことに。リサイクルショップのトラックに魔法瓶を積み込んでいると、金田一に電話がかかってくる。なんとそれは、魔法瓶の注文だった。実は、その日の経済誌に"究極の魔法瓶"の記事が書かれていた。書いたのは、この男が記事にした商品は売れると言われている能見実(香川照之)。その噂通り"究極の魔法瓶"の注文が殺到する。金田一は、この注文をこなすために元『ミラクル魔法瓶』の下で魔法瓶製作に関わっていた工場の社長たちを集めて業務提携を頼み込む。  『ミラクルエレクトロニクス』の大屋敷統一郎(藤木直人)は、財前修(イッセー尾形)から金田一たちの動きを知らされるが動じない。統一郎は寄せ集めの経営者での金田一たちの計画は必ず破綻すると読んでいた。それでも財前は榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)を呼んで金田一たちを探らせる。  金田一のもとに能見が来た。今回の記事に感謝する金田一に、能見は"一時的な成功は派閥を生み、その結果組織がバラバラになることもある"と忠告するるのだが...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]16.9%  [第2話]18.8%  [第3話]15.2%  [第4話]18.4%

第5話]15.7%  [第6話]18.1%  [第7話]17.2%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】フジテレビ系ドラマ「PRICELESS」オリジナル・サウンドトラック [ 佐藤直紀(音楽) ]

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月 4日 (火)

【平清盛】第47回視聴率と感想「宿命の敗北」

第47回の視聴率は、前回の10.3%より少し上がって、10.8%でした♪

1180年、源頼朝が打倒平家を掲げて挙兵。

清盛は、すぐに孫の維盛(井之脇海)を総大将、忠清(藤本隆宏)を軍師に任命し、頼朝追討を命じました。

今回は、有名な「富士川の戦い」がありました。

維盛は、忠清の忠告も聞かず、日の悪い日に慌てて出陣したり、戦場で兵糧不足だというのに、士気をあげるため、遊女を連れて来いと命じ、酒宴を開いたり、逆に、士気を下げる事ばかり・・・・

挙句に、水鳥が飛び立つ音を聞いただけで、源氏の大群が来たと怯えて敗走して、情けなかったです(汗)

水鳥が飛び立つ音を聞いただけ慌てふためき敗走という逸話は有名ですが、真偽はいろいろあるようです。

 

この水鳥の羽音に関する各本の異同を一覧にすると以下のようになる。

  • 『源平盛衰記』...日付なし、平家軍は水鳥の羽音に驚き慌てて逃げ去る。
  • 『平家物語』...10月23日、平家軍は水鳥の羽音に驚き慌てて逃げ去る。
  • 『山槐記』...10月19日、平家軍は水鳥の羽音に驚き、自ら陣営に火を放って撤退した。
  • 『吾妻鏡』...10月20日、平家の諸将は包囲されるのを恐れていたところに水鳥の羽音がしたので撤退した。
  • 『玉葉』...10月18日、羽音の記述はない。開戦前に平家側数百騎の兵が源氏に逃亡したため平家は撤退をした。
  • 『吉記』...日付不明、羽音の記述はない。敵の軍勢が多いのをみて撤退した。撤退時に敵からの放火と疑われる火災が起こり、それにより混乱があった。

なお、『玉葉』のみ源氏の総指揮官を武田信義としている。また、『吉記』は開戦前に官軍に対して使者が送られたが使者を送った元が頼朝か武田か不明としている

(以上、Wikiより)

 

敗走後、清盛は維盛を殴って怒りましたが、それだけ。

忠清は、打ち首になり、気の毒です(汗)

死ぬつもりだったので、最期に忠清は清盛に言いたい放題、言いました。

「平家はもはや武門ではござりませぬ。

殿ご自身が、もはや武士ではありませぬ」

と痛烈に清盛を批判。

清盛は怒って、宋剣を手にして、自ら、忠清の首を斬ろうとしました。

でも、抜いた剣は錆びつき、清盛は剣の重さに耐えられず、尻餅をついてしまいました。

一門が絶句して見つめる中、清盛の心の中には父・忠盛(中井貴一)の言葉が蘇りました。

忠盛「己にとって生きるとは何かを見つけたとき、心の軸ができる。

 心の軸が体を支え、心を支えるのだ」

清盛は、今、心の軸を失っていました。

<終>

 

結局、忠清は打ち首に処されるのでしょうか?

悪いのは彼ではなく、総大将の維盛でしょう(汗)

悪口は本当の事なのだから、真摯に受け止めて欲しいものです。

でも、「禿(かむろ)」までいたくらいだから、悪口を聞く耳は持たないのでしょうね(汗)

剣が錆びつき、重さに耐えられず、打ち首すらできない清盛と、孫の失態で、武門ではなくなってしまった平家の象徴がよく表れていたと思います。

 

『平家物語』では、清盛は激怒し、維盛を流罪、忠清を死罪にするよう命じたが、盛国の執り成しで許されたそうです。(Wikiより

忠清、死罪にならないみたいで、良かったです♪(^^)

 

武士の世を作るのは、頼朝ですね(^^;)

二千騎という大軍を率いた上総広常(高杉亘)が来た時、頼朝を侮るような高飛車な態度に、頼朝は去るよう命じ、威厳がありました♪

その毅然とした態度に広常は感服して、頼朝に従いました。

維盛とは逆に、周りの忠告もよく聞きました。

富士川の戦いで勝ったのに乗じて、一気に京に兵を進めようとしましたが、時政たちから鎌倉に戻り、足元を固めることが先決であるとの進言を受け、聞き入れました。

維盛とは大違いでした。

清盛は、維盛ではなく、嫡男の宗盛あたりを派遣してほしいものでしたが・・・

清盛が、戦争も知らない維盛を大将にしたのは、頼朝の軍を舐めていたのでしょうか?

ただ、宗盛も頼りないので、結果は同じだったかもしれませんが(汗)

 

富士川の戦いの前に、頼朝は石橋山で敗戦して逃げました。

頼朝達数人は洞窟に身をひそめ、隠れていると、敵方の武将・梶原景時(浜田学)はあえて頼朝達を見逃してくれ、九死に一生を得ました。

これ、どうして見逃してくれたのでしょうか?

実は、梶原景時は、元は、源氏の家人のようです。

これが、結果として、後に大きく影響しました(^^;)

 

その後、頼朝の元に続々と源氏武士が決起して集まってきました。

義朝が居をかまえた鎌倉を源氏の本拠地とし、頼朝軍は態勢を整えました。

鎌倉に入った頼朝のもとを政子が訪ねてきました。

でも、平家軍が駿河へ入ったという報が届き、政子とろくに話す暇もなく頼朝は出陣を命じました。

富士川を挟んで、頼朝の源氏軍と維盛の平家軍が対峙しました。

甲斐源氏の二千騎と合流し、数を増した源氏軍とは対照的に、平家軍は兵糧不足に悩み、四千騎の大軍が半分に減っていました。

また平家軍に合流するはずの軍勢たちは源氏に阻まれて、なかなか加勢できず・・・

兵糧不足にも悩み、追いつめられた維盛は兵の士気をあげるため、遊女を連れてこいと命じました。

一方、清盛は内裏の速やかな完成を祈願するために、厳島神社を訪れていて、戦の事より、遷都の事で頭が一杯。

福原に内裏をつくり、自分の血を引く帝をたてて政をおこなうことを、友である義朝の子に見せてやると、佐伯景弘(温水洋一)に清盛は語りました。

富士川では遊女と共に酒宴に興じていた平家軍は、水鳥が飛び立つ音を敵襲と間違え慌てふためき、総崩れとなってしまい、敗走しました。

簡単に勝った頼朝は、逆に平家のあまりの弱さに失望。

清盛と対峙すべく京に兵を進めるように命じました。

でも、時政たち重臣から、鎌倉に戻り、足元を固めることが先決であると進言を受け、聞き入れました。

 

頼朝挙兵の知らせは奥州平泉の九郎義経へも届きました。

義経は、藤原秀衡(京本政樹)に願い出て、兵を借りて、弁慶と共に、駆けつけました。

頼朝も九郎義経との再会を喜びました。

今回は再会だけでしたが、今後の義経の活躍も楽しみです♪(^^)

 

次回は、「幻の都」

あと、残り3回です(12/23(日)最終回予定)。

 

【第47回あらすじ】

治承4年、頼朝(岡田将生)が挙兵。清盛(松山ケンイチ)は高倉上皇(千葉雄大)の名の下に追討令を発する。頼朝は石橋山で敗戦するも、各地で次々と反平家の武士たちが立ち上がる。この事態にも清盛は動じず、周囲の反対を押し切って福原への遷都を進める。同じころ、頼朝の元へは上総広常(高杉亘)ら有力な武士が次々に集結。頼朝は、父・義朝の悲願である"本物の武士の世"をつくることを胸に誓う。10月20日、駿河富士川で、平家方の維盛(井之脇海)・忠清(藤本隆宏)軍と、源氏方の武田信義(永沢俊矢)軍が布陣するが、維盛軍は水鳥が飛び立つ音を聞いただけでおびえて敗走する。清盛は激怒するが、忠清はそんな清盛自身がもはや武士ではないと、痛烈な言葉を放つ。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

[第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

[第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2% [第12回]12.6%

[第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

[第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

[第21回]10.2%  [第22回]11.0%  [第23回]11.6%  [第24回]12.1%

[第25回]10.1%  [第26回]13.2%  [第27回]11.7%  [第28回]11.2%

第29回]10.7%  [第30回]11.4%  [第31回]7.8%   [第32回]10.7%

[第33回]9.3%   [第34回]11.1%  [第35回]10.5%  [第36回]10.1%

[第37回]10.5%  [第38回]14.3% [第39回]9.7%   [第40回]9.6%

[第41回]7.9%   [第42回]8.9%  [第43回]10.2%  [第44回]10.4%

第45回]7.3%   [第46回]10.3% [第47回]10.8%

32回と38回は、レビューありません。

それ以外は全部、レビューあります。第2~28回までは、第29回から飛んで下さい。

第30~43回は、第44回から飛んで下さい。

 

公式HP(次回あらすじ)

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012流行語大賞:スギちゃん「ワイルドだろぉ」年間大賞

今年話題になった言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞とトップテンが、昨日(12月3日)、発表されました。

年間大賞、お笑いタレントのスギちゃん(39)の「ワイルドだろぉ」に決まったそうです。

やはりという感じで、納得でした(^^)

スギちゃん、今年は高飛び込みで骨折して大変でしたが、骨折のニュース、大々的に報道され、却って、あれが一層の宣伝になったような気もします。

年間大賞、おめでとうございます♪(^^)

「流行語大賞にトップテン入りしたお笑い芸人は翌年には消える」というジンクスがあるらしいですが、どうでしょうね?(^^;)

スギちゃんは「ジンクスは打破できます!"ワイルドだろぉ"はきょうを機に連発しないようにして、正月番組から新ネタをやります」と、生き残りへ自信を見せたそうです。

新ネタ、楽しみにしています♪

来年も頑張って下さい♪(^^)

その他のトップテンの新語・流行語大賞は以下の通りです。

 

<第29回(2012年) 新語・流行語大賞 トップテン一覧>

【年間大賞】 「ワイルドだろぉ」(お笑い芸人 スギちゃん)

【トップテン】

・iPS細胞(京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥さん)

・手ぶらで帰らせるわけにはいかない(ロンドン五輪代表 松田丈志さん)

・爆弾低気圧(株式会社ウェザーニューズ)

・東京ソラマチ(東武タウンソラマチ株式会社)

・終活(週刊朝日編集部/故・金子哲雄さん)

・LCC(ピーチ・アビエーション株式会社/エアアジア・ジャパン株式会社/ジェットスター・ジャパン株式会社)

・維新(日本維新の会代表代行 橋下徹さん)

・近いうちに・・・(内閣総理大臣 野田佳彦さん)

・第3極(第3極を構成する皆さん)

 

ロンドン五輪での競泳リレーでの松田選手の言葉、「(北島さんを)手ぶらで帰らせるわけにはいかない」は私も感動しました♪

メダルが取れて、良かったです♪(^^)

政治関係、3つもありますね。

野田総理の「近いうちに・・・」、約束を守って、急に衆議院を解散させました。

もっと早くから解散日を公表すれば良かったのに、その辺のかけ引き、政治は苦手です(汗)

「維新(の会)」、大阪維新の会が、日本維新の会に代わって、今も総選挙の台風の目でしょう。

「第3極」も「日本維新の会」だけでなく、「日本未来の党」とか、いろいろ出てきて、どうなる事やら?

第3極の総選挙での躍進が楽しみです♪

「爆弾低気圧」、いろいろ被害をもたらして、大変でした。

山中伸弥さん、ノーベル賞が取れて、良かったです♪

iPS細胞、今後、さまざまな形で研究が進んで、早く臨床に使われる事を期待します。

これを使った手術をしたとかいう詐欺師も出てきて・・・(汗)

いろいろな形で、注目されました(^^;)

「東京ソラマチ」、東京スカイツリーと共に、5月22日開業しました。

展望台とその周辺、商業施設一帯を指すネーミング。

私は、まだ東京スカイツリー、見た事がないです(汗)

一度は、見に行きたいものです。

「終活」とは、人生の最期を自分の望むように自分で準備すること。

金子哲雄さんは、生前から自分の通夜や葬儀・告別式、墓の準備を万全に進めていたそうです。

「LCC」は、格安航空会社を意味するLow-Cost Carrier(ローコストキャリア)の略称。

航空業界の規制緩和を機に、ANA、JALといった大手航空会社が相次いでLCCに本格参入したことから、今年はLCC元年と呼ばれたそうです。

格安航空会社が増えている事は知っていましたが、LCC元年は知りませんでした(汗)

最近、航空業界も格安化が進んでいますが、安全性だけは大切にしてほしいものです。

 

私的には、やはり一番の流行語は、スギちゃんだったと思います。

後は、「iPS細胞」と「爆弾低気圧」が印象に残っています。

「維新」と「第3極」は、今、総選挙前で、まさに、注目されている最中です。

選挙の結果で、また流行語ができるかどうか注目しています♪(^^)

 

【参考ニュース】

スギちゃん流行語大賞に!生き残りへ「正月番組から新ネタ」(スポニチアネックス)

<スギちゃん>流行語大賞の翌年消えるジンクス「払拭できる!」(まんたんウェブ)

第29回〔2012(平成24)年〕新語・流行語大賞一覧

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2012年12月 3日 (月)

【悪夢ちゃん】第8話視聴率と感想「マイ夢」

副題「マイ夢」

第8話の視聴率は、前回と同じく、11.5%でした。

裏の『法医学教室の事件ファイル』は、15.5%でした。

これも面白かったです♪

『悪夢ちゃん』の最終回は12/22(土)の予定で、あと3回です。

彩未が子供の頃、友達の母親をホームから突き落としたというのは、彩未の夢でした。

それは、予想していた人もいらっしゃったので、想定内でしたが、まさか、あの母子が古藤教授の妻子だったとは(汗)

私は密かに、彩未と結衣子は姉妹では?と予想してたのですが、残念ながら2人に血の繋がりはありませんでした(^^;)

結衣子は、彩未の友人の菜実子の娘でした。

それにしても、あんな子供達(彩未は当時4歳。菜実子はもう少し上?)に、友達の母(自分の母)を突き落とすという悪夢の夢札を見せるなんて。

子供だから、映像で見せられたら、本当の事だと思ってしまうのは仕方ないと思います。

 

彩未が教師を辞めると話し、その理由は、自分が人を殺したと思い出したからと言ったので、古藤教授がようやく、それはファンタジーだと、昔の事を説明しました。

 

彩未は4歳の頃、予知夢を見ていて、古藤教授はその噂を聞きつけて、彩未のいた養護施設に見に行きました。

彩未の夢札を引きたくて、彩未の心を開かせるため、自分の娘の菜実子を使ったそうです。

それで、家族同様に親しくなり、あの悪夢を見てしまいました。

駅のホームで、詩都子を突き落とす夢。

この夢札を子供の彩未と菜実子に見せてしまいました。

いくら、この当時、古藤教授が予知夢を信じていなかったとはいえ、自分の母を彩未が突き落とす映像を見せられたら、菜実子がどう思うか・・・

子供だから、予知夢でなかったとしても、ショックでしょう(汗)

子供に見せた事が、とても信じられなかったです(汗)

その映像を見た数日後、詩都子は線路に落ちた見知らぬ子供を救おうと線路に降りて、子供はホームに戻せたものの、自分は間に合わなくて、亡くなってしまいました。

彩未と同じくらいの女の子で、彩未のように見えてしまって、思わず助けに降りてしまったのでは・・・つまり彩未への思いが彼女の背中を押したのかもしれないとの事で・・・

でも、その前に夢札を見た夢の方を彩未も菜実子も現実と思い込んでしまいました。

事故現場を見てないのだから、夢の通りになったのだろうと思うのは、自然です(汗)

菜実子「人殺し! 彩未ちゃんがママを殺したくせに! 人殺し!」と彩未を責め・・・

彩未はショックで倒れてしまいました。

それから数日間、彩未は眠り続けたそうです。

目を覚ました時には、古藤教授や菜実子の事を忘れ、記憶を失って、愛想笑いを浮かべるだけの笑わない子になってしまいました。

それから、古藤教授は責任を感じて、夢札を引くような研究はやめていたそうです。

でも、菜実子も病気で亡くしてしまい、亡くなる前に生まれた孫の結衣子が悪夢に怯えるようになってしまいました。

それで、また夢札を引くようになったそうです。

彩未「私をまた利用するために?」

古藤「結衣子を助けられるのは、君しかいない。

 君を助けられるのも結衣子しかいないと思った」

彩未「私を助ける?」

古藤「消し去った記憶を取り戻さない限り、君は一生、本当の自分を受け入れる事はできない。

 そうしなければ、人を信じる事も心から笑う事もできないだろう。

 いつかその事を思い出した君に、私は言いたかったんだ。

 『大丈夫。これは夢だよ』と」

彩未「あれは私の夢・・・

 そんな、私が悪夢ちゃんだったなんて。

 その事を悪夢ちゃんは知ってたの?」

古藤「あの子は知らない。何も知らずに、今も大好きな彩未先生が助けに来てくれるのを待っている。

 私じゃ、駄目なんだ。

 今のままでは、いつ結衣子も昔の君と同じ悲劇に遭わないとも限らない」

彩未「・・・・」

 

これは、彩未のためでもあるような事を言っていますが、自分の孫のためが中心で、孫を助けるために、また彩未を利用しているような気がしてしまいました(汗)

結衣子には全然、責任はないですが・・・

でも、彩未は結衣子が菜実子の子と知って、親近感を覚えたみたいでした♪

 

志岐は、結衣子に一緒にアメリカに行かないか誘いました。

志岐「僕がここにいたのは、君がいたからさ。

 大丈夫。 人間の無意識に国境はないから」

そこへ、彩未が来て、

彩未「科学者の欲望にでしょ」

結衣子が喜びました。

結衣子「彩未先生♪」

彩未「どうして学校に来ないの? 先生を困らせたいの?

 それとも、このアメリカンヒーロー気取りのロリコンと、標本にされるフィギュアの国に行きたいの?」

 

それでも、結衣子は自分の事より、悪夢を見てしまった樋口杏奈(春名風花)の心配をしました。

結衣子「彩未先生、助けて。 樋口さんを助けて」

彩未「え? 見ちゃったのね? 悪夢を」

 

それで、結衣子の悪夢の夢札を見て・・・

杏奈が自分の父親の樋口 猛(近江谷太朗)をホームから突き落とす夢。

それに出てくる猛の服を洗う目の赤い女は?

彩未「あれは、バンシーだ。

 アイルランドに伝わる死を予告する女の妖精。

 バンシーが泣くと、必ず死者が出る」

猛は、レム睡眠行動障害で、夢の中で何かの記憶に動かされています。

その映像を母親の樋口紀子(雛形あきこ)が映像に撮ってくれて、見ました。

猛がいつも繰り返す仕草(パントマイム)は、弓矢を引いているようにも見え、オリンピックのボルトのポーズのようにも見え・・・

結局、バンシーそっくりの女は、高級クラブの女、坂東志織(原幹恵)で、猛は彼女に入れあげて、会社の金を使い込んでしまいました。

それが上司にばれて、上司は口止めの見返りに自分を大切にしろと2人に要求。

邪魔に思ったバンシー女が彼を酔い潰して、猛が上司を自宅に連れて行き、練炭自殺に見せかけて殺しました。

猛のパントマイムは、ガムテープで窓の隙間に目張りをする動作でした。

志織は、練炭自殺に見せかけて邪魔な男を何人も殺した疑いがかけられていたようです。

でも、証拠がなくて・・・

 

一方、夢は杏奈が父を突き落とす夢でしたが・・・

彩未の子供の頃の夢のように、彼女が押すとは限らない。

彩未が夢を見て、ユメノケに猛の深層心理、無意識の世界へ連れて行くよう指示。

その夢で、電車の時間も「8:03」と出てきて・・・

夢を頼りに、妻の紀子が猛を殺そうとしていたのを、彩未がホームで止めました。

彩未「そんな事をしても杏奈さんを助ける事になりません。

 子供が切り開く未来を勝手に暗くしないで下さい」

杏奈が琴葉と共に反対側のホームにいて、猛と似たポーズをしました。

ボルトのポーズです。

彩未「杏奈さんは世界のトップになると言っています」

こちらのエピ、ほのぼのとまとめましたね♪

結局、猛は自首して、バンシー女も捕まりました。

志岐は、また警察に貢献してしまいました(^^;)

結衣子は、杏奈が父を殺さなかったので、ほっとしました。

 

話は前後しますが、ネットで予知夢者の写真が公開されてしまったそうで、顔はモザイクでぼかしてあるものの、結衣子ではないかとクラスで噂になってしまいました。

結衣子は学校を休みました。

彩未は予知夢者は自分だと、生徒達に言いました。

それで騒がせてしまったので、学校をやめると言いました。

でも、強い杏奈に影響を受けて、結衣子も強くなって、学校に出てきました。

彩未も教師を辞めない決意をして、「辞表を撤回させて下さい」と校長に言いました。

彩未「私が納得できませんでした」との事。

校長は、納得して辞表を破ってくれました♪

 

本当に教師を辞めるとは思いませんでしたが、似たような結衣子の夢で過去を克服して、納得できて良かったです♪

それにしても杏奈は強いですね♪

このキャラ、好きでした♪

父が捕まっても杏奈は学校に来て、結衣子も来たので、彩未は何か決意したようです。

彩未「授業の前に、先生から皆さんに訂正してお詫びする事があります」

<終>

 

何を訂正するのでしょうか?

結衣子が予知夢者だと言うのでしょうか?

それとも、ただ教師を辞めるのを辞めたと言うだけでしょうか?(^^;)

後者のような気もします(^^;)

 

12/22(土)までの予定なので、あと3話です。

まさにクライマックスですね♪

楽しみです♪(^^)

 

【第8話あらすじ】 (Yahoo TVより)

「私には教壇に立つ資格がありません」と、学校に辞表を出した彩未(北川景子)。彼女は、甘澤校長(キムラ緑子)から「辞めるなら教師として理由を生徒に納得させなければならない」と言われる。
強盗殺人事件を解決した予知夢の映像がネットで出回ってしまい、その映像にはモザイクのかかった結衣子(木村真那月)の顔が映っていた。5年2組では、結衣子が予知夢の主ではないかと噂が広がる。彩未は生徒たちに、世間を騒がせた妙な夢を見るのは結衣子ではなく、自分だと告げる。
結衣子は志岐(GACKT)の研究所にとどまったまま、登校しなくなっていた。彩未は万之介(小日向文世)に結衣子の転校を勧め、自分も教師を辞めることを知らせる。そして「私は人を殺した」と、幼い頃の忌まわしい記憶を告白するのだった。それに対して万之介は、彩未の過去について驚くべき事実を口にする。
一方、琴葉(優香)は、5年2組の生徒・杏奈(春名風花)の顔にアザができているのを見て彼女が親から虐待を受けているのではないかと疑い、家庭訪問をする。杏奈の母・紀子は琴葉に、杏奈の父・猛が夢遊病のように、眠ると無意識のうちに体が動いて家族に暴力を振るうのだと打ち明ける。猛は、眠るたびに見る悪夢に悩まされていた。琴葉は、志岐の研究所に杏奈と紀子を連れていく。志岐は、猛の夢を映像化することを勧めるが、杏奈は拒否。杏奈に同調した結衣子は、杏奈に関する悪夢を見る。その夢は、杏奈が見知らぬ女にそそのかされて父親を殺してしまうという内容だった。杏奈を助けたいと思うものの、彩未の力が借りられない結衣子は、どうすることもできず...。
忌まわしい彩未の過去が、ついに明らかになる! その過去に隠されていた、彩未と結衣子を結びつける驚くべき接点とは!?

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1話]13.6%  [第2話]10.7%  [第3話]12.9%  [第4話]10.4%

[第5話]12.8%  [第6話]11.5%  [第7話]11.5%  [第8話]11.5%

全話レビューあります。第6話以前は、第7話から飛んでください。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

中央道トンネル内崩落 事故原因は?

山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで発生した事故、天井板の崩落という国内で初めてのケースで、複数の死者を出す惨事となってしまいました。

何の前触れもなく、突然、落ちてくるなんて、怖いですね。

運悪く直撃してしまわれた方、とてもお気の毒です。

トラックに乗っていて閉じ込められて、「助けて」と電話かけてきた運転手の方、ようやく見つかったようですが、死亡が確認されたようです。

電話を受けた方もショックでしょう。

本当にお気の毒でした。。。

私は、秋に諏訪大社に参拝旅行に行った時に、あのトンネルを通ったので、他人事ではありませんでした。

謹んで、お悔やみ致します。

 

なぜ崩落は起きたのか。

専門家は、東日本大震災等の地震の影響で、ひずみが発生した可能性を指摘。

天井を吊っていた鋼鉄製の金具の腐食が原因に繋がったとの見方を強めているそうです。

下記のニュースによると、昭和52年にできたトンネルで、もう35年も前に作られたようなので、金具かどうかはともかく、全体的に耐久性もそろそろ危なくなってきていたのでは?(^^;)

 

今夜のテレビのニュースによると、こういう構造のトンネルは、全国各地に沢山あるそうです。

しっかり点検して、2度と同様の事故が起こらないよう、補強工事とかしてほしいものです。

 

Yahooニュースより】

中央道トンネル内崩落 事故原因は? 鋼鉄製金具腐食か?

山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで発生した事故は、天井板の崩落という国内で初めてのケースで、複数の死者を出す惨事となった。なぜ崩落は起きたのか。専門家は東日本大震災の影響でひずみが発生した可能性を指摘。天井をつっていた鋼鉄製の金具の腐食が原因につながったとの見方を強めている。

 「天井が『ズドン』と落下し、下敷きになった車から炎が上がった。(天井は)中央で割れてV字のようになっていた」。間一髪で難を逃れた男性会社員(37)はこう証言する。

 中日本高速道路によると、天井は路面から約4・7メートルの高さに位置。強化コンクリート製の天井板をトンネル最上部から延びた直径約2・4センチの金具でつり下げて固定している。

 天井板は1枚の幅が5メートル、奥行き1・2メートル、厚さ8センチで、重さ約1・2トン。道路の中心を境に、左右に1枚ずつ連続して設置され、それぞれの板は金属板で連結。崩落した範囲から推定すると、計約150枚が落下したとみられる。天井板は昭和52年12月のトンネル完成当時から使われていたといい、大手ゼネコンの大成建設と大林組が設置した。

 天井裏の空間は換気ダクトの役割を果たしており、中心部分には、きれいな空気と汚れた空気を分けるコンクリート製の中壁(重さ約1・4トン)が連続して設置されていた。構造的に中心が重くなっており、天井がV字型に折れた要因につながったとみられる。同社の金子剛一社長らは、国内の高速道路で天井板が崩落した事故は過去になかったとしたうえで、天井板をつり下げている金具の劣化を示唆。しかし劣化の原因については「調査中で分からない」とした。

 トンネル工学に詳しい大阪大の谷本親伯名誉教授は、「しみ出した地下水などによって金具が腐食し、天井の重みに耐えられなくなった恐れがある」と指摘。車の排ガスに含まれる窒素や亜硫酸ガスなどには金属の腐食を促す作用もあり、天井裏の金具にダメージを与えた可能性のほか、「固定するボルトが緩んでいた可能性も否定できない」と説明する。

 平成8年2月に北海道の豊浜トンネルで崩落した岩盤が路線バスを直撃、乗客ら20人が死亡した事故では、地震で緩んだ岩盤の隙間に地下水が浸透。凍結して亀裂を押し広げたことで崩落が起きた。

 防災システム研究所の山村武彦所長は、「東日本大震災や翌日に発生した長野県北部地震で生じたひずみが、事故に影響した恐れもある」と指摘。「トンネル事故で火災が発生し、煙が充満すると、救助は非常に困難になる。全国的なトンネルの調査が必要だ」と指摘した。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

できれば、クリック、よろしくお願いします

2012年12月 1日 (土)

(ネタバレ)【純と愛】第10週・日別粗筋(12/3~12/8)

これは、来週(第10週)「すーぱーまん」の日別あらすじです。

来週は、大先社長(舘ひろし)の危機(汗)

合併で、ホテルが大きく動きそうです(汗)

 

<日別あらすじ 第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))> (Yahooテレビより)

第55回[12/3(月)]

オオサキとカイザーグループの合併交渉も大詰め。秘書になれという大先社長(舘ひろし)の誘いを一度は断った純(夏菜)だが、このままだとブライダルも外部委託になると知り、交渉の場に同席することにする。席上、大幅な合理化策をなんとか撤回させようとする大先だが、カイザーの代理人である多恵子(若村麻由美)は、これまでの放漫経営を指摘し、大先の責任を厳しく追及する。会議後、大先は純だったらどうするかと問うが...。

第56回[12/4(火)]

純(夏菜)は、オオサキの再建案を考えるが良い案が浮かばない。一方で米田部長(矢島健一)や露木部長(や乃えいじ)たちはリストラの恐怖におびえていた。ふと実家が心配になった純は善行(武田鉄矢)に電話し、ホテルの経営は大変だが、なんとか立て直してほしいとお願いする。善行は起死回生の策があるといって電話を切る。純は大先(舘ひろし)に、リストラや外部委託なしで、従業員が給料半分で頑張る再建案を提示するが...。

第57回[12/5(水)]

大先社長(舘ひろし)はオオサキの理念を守るため、自分を社長に残すという条件で合併契約書にサインする。しかし改装工事と並行して組織の統廃合とリストラは容赦なく進行し、米田(矢島健一)たちは閑職に追いやられる。ある日、大先が純(夏菜)の家を訪れ、万策尽きて弱気になっているのを愛(風間俊介)に見透かされてしまう。いよいよ新装オープンの日となるが、ホテル名はいつの間にか、カイザーオオサキになっていて...。

第58回[12/6(木)]

大先社長(舘ひろし)がカイザーオオサキというホテル名は約束が違うと抗議しても、突っぱねられてしまう。純(夏菜)はフロント勤務を命じられ、大先と引き離される。組織改革は急速に進められ、リストラ候補の米田(矢島健一)・露木(や乃えいじ)たちは嫌がらせのような扱いを受け、不満が爆発。リストラ実行者である多恵子(若村麻由美)を囲み乱闘状態になる。その騒ぎに巻き込まれ常連客(正司花江)がケガをしてしまい...。

第59回[12/7(金)]

オオサキの理念が書かれたプレートを外されそうになったのを見て、大先(舘ひろし)は本気で闘うことを決意し、純(夏菜)や富士子(吉田羊)に協力を依頼する。富士子はこれまで抑えてきた熱い思いを解放し積極的に戦列に加わる。しかしすぐに良案が浮かぶでもなく手詰まりのところへ愛(風間俊介)が現れ、リストラを必要としない改革案を示す。仲間を説得し、社員の総意となった改革案を持って、大先は役員会へ乗り込んでいく。

第60回[12/8(土)]

役員会で大先社長(舘ひろし)は、愛(風間俊介)が作ったオオサキ再生案を提示。世界一のホテルを作ると訴えるが、多恵子(若村麻由美)にあえなく却下され、中津留(志賀廣太郎)が提案した緊急動議で社長も解任されてしまう。全ての闘いに負けた大先は、一緒に辞めると言う純(夏菜)を制し、このホテルを「魔法の国」にしてくれと言い残して去る。ホテル経営の厳しさを思い知った純は、実家の善行(武田鉄矢)に電話するが...。

 

 

NHKネットクラブ「純と愛とたすけあい」(12月1日(土)のトークショー詳細)

NHKネットクラブ「純と愛・ファンミーティング」(12月28日(金)の応募詳細)

 

NHK・ドラマトピックス(後半新キャスト&後半ストーリー)

 

公式HP・善行の四字熟語講座(危急存亡、深謀遠慮など)

公式HP・来週のあらすじ

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第10週の見どころ紹介)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第1話[10/1(月)]&作品紹介・主要人物表など

第2話[10/2(火)]&初回視聴率

第3話[10/3(水)]「特殊能力」

第4話[10/4(木)]「社長&研修」

第2週感想(10/8~10/12金)&第1週週間最高視聴率

第3週感想(10/15~10/19金)&第2週視聴率

第18回(10/20(土))感想と粗筋「純愛の始まり♪」

第23回(10/26金)&第3週視聴率「恐怖の愛ママ登場」

第5週(10/29月~11/3土)&第4週視聴率

第6週(11/5月~11/9金)&第5週視聴率&追加キャスト発表

第7週(11/12~11/17)&第6週視聴率

第8週(11/19~11/23金)&第7週視聴率

第9週(11/26~11/30金)&第8週視聴率

 

【過去の日別あらすじ】

第1週(1~6回)(10/1(月)~10/6(土))

第2週(7~12回)(10/8(月)~10/13(土))

第3週(13~18回)(10/15(月)~10/20(土))

第4週(19~24回)(10/22(月)~10/27(土))

第5週(25~30回)(10/29(月)~11/3(土))

第6週(31~36回)(11/5(月)~11/10(土))

第7週(第37~42回)(11/12(月)~11/17(土))

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

 


NHKドラマ・ガイド【1000円以上送料無料】純と愛 連続テレビ小説 Part1/遊川和彦/NHK出版【100円クーポン配布中!】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)


« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30