無料ブログはココログ

« 【相棒season11】第9話視聴率と感想「森の中」(前編) | トップページ | (ネタバレ)【純と愛】第12週・日別粗筋(12/17~12/22) »

2012年12月14日 (金)

【ドクターX】最終回感想と視聴率最高♪

『ドクターX~外科医・大門未知子~』最終話(第8話)

「手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」

長いサブタイトルですね(^^;)

これは城之内先生(内田有紀)と屋上で会話した時の大門未知子(米倉涼子)のセリフの一部でした。

最終回の視聴率は、前回の20.1%より更に上がって、24.4%(関東地区)でした♪

これは、8月25日放送の「24時間テレビドラマスペシャル・車イスで僕は空を飛ぶ」の23.8%を抜いて、今年の民放ドラマで最高の視聴率です♪(^^)

「Doctor-X」が放送されたテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠(木曜午後9時~)の中では、渡哲也さん主演の「熟年離婚」の最終回(05年12月8日)の21.4%を抜いて、歴代最高となりました♪(参考ニュース:まんたんウェブより)

昨年の「家政婦のミタ」最終回の40.0%には及びませんでしたが、今年の民放ドラマ最高とはすごいですね。

瞬間最高視聴率は、午後10時1分の29.8%でした。

これは、ドクターXの説明の後、神原(岸部一徳)が移動させられる先生達4人に名刺を渡した場面でした。

ドクターXの正体と、皆が神原の誘いを受けるのか興味があったのかも?

ドクターXは、大門なのか、それとも神原なのか、分かりにくかったですが・・・

最後のPCで英語の説明を読んでいたセリフによると、ドクターXは沢山いるようです。

だから、未知子も神原もドクターXの一人だったのでしょう。

Doctor-Xとは

「成功率や生存率が低く、術式が確立されていない危険なオペに臆する事なく挑戦する医師達がいる。彼らは敬意と皮肉を込めて、こう呼ばれている。『命を天秤にかける悪魔の外科医』、またの名を『Doctor-X』と。

しかし、彼らは無謀なだけではなく、ずば抜けた技術で医学界が二の足を踏む術法を展開させ、救えない命を救ってきたのも真実である」

「ドクターXは、世界に何人もいるのか」

 

マスコミもこの英語の説明を訳して紹介して欲しかったです。

悪意のある「黒いフリー外科医の正体は?」という見出しの記事が雑誌に載ってしまって、第三分院は手術が次々とキャンセルされ、病院、閑散としてしまいました(汗)

これって、極端すぎると思いますが(^^;)

少なくとも鳥井教授の手術は成功したのだから、フリーの医者でも技術力はあるし、内部の人が任せる位だから、私だったらこういう人に手術してほしいと思いますが・・・

その黒い記事を書いたのは、「週刊リアル」の記者、八木(津田寛治)で、彼は本院の勅使河原主任教授(小林稔侍)に頼まれて記事を書いたようです(汗)

後で、お金を受け取りました。

第2弾、3弾の記事も用意しているとの事。

勅使河原主任教授は、神原の説明によると、腹黒い毒島院長(伊東四朗)より10倍腹黒いとの事(汗)

自分の病院の分院を落とし入れる記事を書かせるなんて、ほんと腹黒いですね(汗)

この記事のお蔭で、第3分院の第2外科は直ちに解体される事になってしまいました。

手術を手伝った先生達も飛ばされる事になり、病気療養中の鳥井(段田安則)に代わって、寺山金子(室井滋)から辞令を渡されました。

加地(勝村政信)は年明けから高松の分院へ移動。

原(鈴木浩介)は、旭川の関連病院へ。

森本(田中圭)は、千葉の研究施設で、教授や准教授のお手伝い。

納得できなくて文句を言ったら、金子が切れて、本音を言ってしまいました。

いつも「御意」と言ってた金子が遂に切れて、良かったです♪

「私も困ってんのよ! だって、ただでさえ、外科はさ、人手不足なのに、3人もぱあっといなくなっちゃって、どうしたらいいわけ?

大体さ、本院の教授達は分院を植民地扱いしてて、出世の踏み台位にしか思っちゃいないんだからさ。

いざとなればさ、トカゲのしっぽ切りで、どっかに飛ばしゃいいと思ってんでしょうが、ふざけんじゃないわよ!

(毒島の白衣に)御意御意って持ち上げてりゃ、どいつもこいつも毒島もいい気になりやがって!」

毒島が来て、またいつも遜った態度に変わりました(汗)

 

未知子は・・・

金子「大門さん、あなた、今日の5時で契約終了」

勿論、契約更新して貰えませんでした(汗)

 

八木が第2弾のもっと酷い記事の原稿を病院に持ってきてコメントを欲しいと言いましたが、未知子は相手にせず、去りかけた時に、彼は血を吐いて倒れてしまいました。

丁度、居合わせたスタッフが手術室に運び、加地達が手術を・・・

でも、彼が例の記事を書いた記者でもっと酷い記事を書こうとしていると知って、応急処置だけして、手術せず、別の病院へ回す事にしました。

でも、未知子が入って来て、手術をしました。

そういうキャラだから想定通りでしたが、この後の八木の行動も知りたかったです。

それでも、酷い記事を書くのかどうか・・・

結局、それはやらず、この手術を見て、毒島は未知子の父を思い出したようです。

毒島も今回はそんなに悪い人ではありませんでした(^^;)

未知子の父のお墓参りに行きたいので一緒に行ってくれと言われましたが、未知子は断りました。

 

麻酔科医の城之内博美(内田有紀)も、名古屋の救急救命センターへ移動の辞令。

近くに35年ローンでマンションを買ったばかりで、娘の舞ちゃんも順番待ちでようやく保育園に入れて、友達もやっとできたのに・・・と未知子に愚痴を言いました。

今まで皆で助け合ってうまく回っていたのにと・・・

大門「100人医者がいて、優秀な医者が10人。その10人が他のカバーまでしてたらミスも起きるし、そのうち、過労死しますよ。駄目な医者助けてる場合?

患者助けるのが医者でしょ?

そんな大学病院に命預けられますか?

手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」

博美「あなたみたいに自信のある医者ばかりじゃないの」

未知子「自信なんてありません。武器ならあるけど。

絶対失敗できないという危機感だけが・・・私の武器です」

 

「私、失敗しませんから」といつも言っていましたが、絶対失敗できないという危機感はあったんですね(^^)

人間的な面も知れて良かったです。

 

未知子にフリーになればいいのにと誘われ・・・

結局、瞬間最高視聴率だった神原に誘われた時に、彼の誘いを受けました♪

博美もフリーになって、この地へ残るようです♪

ベビーシッターもしてくれるから♪(^^)

未知子と一緒に手術ができて良かったと思いましたが・・・

未知子はどこか海外に修行に行くみたいでした。

結局、加地と原は辞令の通り、高松と旭川へ。

森本は、実家の病院は継がず、千葉の研究施設にも行かず、海外に留学して大門先生みたいな医者を目指すとの事。

毒島院長は、勅使河原の策略で、今回の責任を取らされて、懲戒免職になってしまいました(汗)

その勅使河原も院長選から外されてしまったそうです(^^;)

結局、誰もいい思いをした人はいなかったみたい(汗)

未知子は豪華客船の上でくつろいでいたら神原から電話がかかってきて、302号室の大金持ちの人の手術を頼まれ・・・

「助けたら借金全額返済かもよ?」と言われて、すぐに治療に向かいました。

結局、腸閉そくですぐに手術が必要とか・・・

中国語もできてすごいですね(^^)

まだまだ、「ドクターX」は続編ができそうな雰囲気でした(^^)

ぜひ、また続きが見たいです♪

元々は、私は米倉涼子さんがちょっと苦手でしたが、このドラマの大門は米倉さんがはまり役だったと思います。

とても素敵でした♪

こういう医者がいたら、私も彼女に担当してほしいです(^^)

大学病院の問題点やフリーの医者という今風なドラマで素晴らしかったです♪

脇役も名役者さんが揃っていて、見応えもありました。

平均視聴率、今期一番も納得です♪(^^)

特に、神原(岸部一徳)のキャラが好きでした♪(^^)

岸部さん、「相棒」抜けてしまいましたが、こちらでも当たって、結構、運、持ってるかも?(^^)

繰り返しになりますが、続編を期待します♪

 

【最終回(第8話)あらすじ】 (公式HPより)

第二外科部長・鳥井(段田安則)の肝門部胆管ガン手術が行われている手術室に現れた未知子(米倉涼子)は、鳥井が書いた同意書を土方(山本耕史)に突きつけると、手術室から追い出し、いつも通りの集中力で手術に挑む。そんな未知子を、助手として支える加地(勝村政信)や森本(田中圭)たち。
 一方、大勢のプレスが集まる見学室で怒りに震える毒島院長(伊東四朗)の前に、本院の勅使河原主任教授(小林稔侍)が突然姿を現す。勅使河原は、土方ではなく、フリーランスの未知子が執刀していることに苦言を呈する。
 その瞬間、鳥井の患部から想定外の多量出血が...! たまりかねた毒島は手術室に乱入、未知子からメスを奪おうとするが、未知子は毒島には目もくれず、タイムリミットわずか1分半という驚きの術式を強行。未知子と毒島、二人の緊迫の作業が始まる! 果たして、手術は無事成功するのか!? 鳥井の命は...!?

 術後、勅使河原は一部始終を見ていたプレスに口止めをするが、ある週刊誌に暴露記事が掲載されてしまう。記事で未知子を「黒い女医」と断じたジャーナリストの八木(津田寛治)は、その続報として、大学病院の腐った院内政治についても発表すると毒島に宣言。それに対し、毒島は...!?
 記事の影響で転院や手術のキャンセルを申し出る患者が続出し、院内は大混乱。未知子は自宅謹慎を命じられ、第二外科は解体の危機に...!? そんな中、ある人物が未知子の前で吐血し、倒れてしまい...!?

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]18.6%  [第2話]17.6%  [第3話]17.4% [第4話]17.1%

[第5話]17.7%  [第6話]18.6%  [第7話]20.1% [第8話]24.4%

[平均視聴率]19.1%

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【相棒season11】第9話視聴率と感想「森の中」(前編) | トップページ | (ネタバレ)【純と愛】第12週・日別粗筋(12/17~12/22) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56320073

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドクターX】最終回感想と視聴率最高♪:

» 【ドクターX】最終回感想と視聴率最高♪ [ショコラの日記帳]
『ドクターX~外科医・大門未知子~』最終話(第8話)「手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」長いサブタイトルですね(^^... [続きを読む]

» ドクターX〜外科医・大門未知子〜第8話(終)★勅使河原(小林稔侍)は10倍腹黒い!! [世事熟視〜コソダチP]
ドクターX〜外科医・大門未知子〜第8話(終) LAST OPE. 「手術場には、馴れ合いも、助け合いも、 御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」 最終回の視聴率は驚異の24.4%!! 驚きの数字です。 −◆− 土方(山本耕史)を排除して鳥井(段田安則)の手術がスタート。 ステーキ屋ではこれまで顔出ししなかった本院の勅使河原主任教授(小林稔侍)が見学室に現れ、土方ではなくフリーの大門が執刀していることを忌々しげに見つめます。 手術室ではアラート! 鳥居教授が想定外... [続きを読む]

» ドクターX〜外科医・大門未知子〜 最終回(第8話)の感想 [オタクと呼ばないで]
テレビ朝日系で放送された「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」最終回(第8話)の感想など最終回の視聴率は24.4%だったとのことで、幅広い層から支持があったようですね。続編を作るなら、院内政治はそこそこに、手術中心のストーリーにして欲しいものです。麻酔科医の城之... [続きを読む]

» ドクターX~外科医・大門未知子~(終) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 24.4%・・・前回(20.1)より さらば大門未知子!! 最終オペ絶対失敗しません [続きを読む]

» ドクターX~外科医・大門未知子~ 第8話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
2012.12.13放送 LAST OPE. 「手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」 ラテ欄「さらば大門未知子!!最終オペ絶対失敗致しません」  第二外科部長・鳥井(段田安則)の肝門部胆管ガン手術が行われている手術室に現れた…... [続きを読む]

» ドクターX〜外科医・大門未知子〜 ope.8(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『さらば大門未知子!!最終オペ絶対失敗致しません 内容 加地(勝村政信)らの協力で、 鳥井(段田安則)の手術を行う事になった未知子(米倉涼子) 戸惑う土方(山本耕史)に未知子は告げる。 「私、失敗しないので」 動揺し怒り震える毒島(伊東四朗) そこに本院の主...... [続きを読む]

» ドクターX 外科医・大門未知子最終話(12.13) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
大門未知子@米倉涼子は鳥井教授@段田安則のオペに成功するが、 土方@山本耕史ではなく、フリーランスの未知子が執刀したことが 本院の勅使河原主任教授@小林稔侍の不興を買った上、 勅使河原に雇われたジャーナリスト八木@津田寛治の記事で 未知子が黒い女医・ドクターXであるとスクープされ、第三病院は患者激減 解体されることになった第二外科に元凶の八木が患者として運び込まれたが、 未知子は最後まで患者を救う姿勢を変えず、 そんな未知子の姿に加地@勝村政信や毒島院長@伊東四朗らも感銘を受けたと 毒島院長は解雇、... [続きを読む]

» レジデント~5人の研修医 (第9話・12/13) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBS系ドラマ『レジデント~5人の研修医』(公式)の第9話『決断の日』の感想。 なお、出演者のファンや面白いと感じた方が読むと不愉快かも?ご了承の上… 辛いとか切ないとか… それぞれ...... [続きを読む]

» ドクターX~外科医・大門未知子~ 最終回 [のほほん便り]
「手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。助けなきゃいけない病人がいるだけ」とは、さすが、ヒロイン、大門未知子(米倉涼子)らしい、心意気。 「さらば大門未知子!!最終オペ絶対失敗致しません」 って、医療ウェスタンらしく、当然のように、孤高の姿で去って行きましたね。 最終手術は、いろいろな人物が見守る中で。いったんは、ピ~ンチ!もあったけれど「私、失敗しないので」の言葉通り、難局を乗り切って、無事、成功。 でも、手柄は横取りされ、週刊誌にリークされ、その記者が今度は、患者... [続きを読む]

« 【相棒season11】第9話視聴率と感想「森の中」(前編) | トップページ | (ネタバレ)【純と愛】第12週・日別粗筋(12/17~12/22) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31