無料ブログはココログ

« 【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして前へ」 | トップページ | 【相棒season11】第13話感想と視聴率「幸福な王子」 »

2013年1月23日 (水)

【ビブリア古書堂の事件手帖】第2話感想と視聴率

「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」

昨日の午後から体調が悪く、寝込んでしまいました(汗)

コメントのお返事、遅れていて、すみません。

今日は、起きていますが、イマイチなので、セリフ抜きで、失礼します。

第2話の視聴率は、初回の14.3%より下がって、12.2%でした。

「LAST HOPE(ラストホープ)」第2話は、初回の14.2%より下がって、11.9%でした。

似た動きですね(^^;)

  

「ビブリア古書堂の事件手帖」の第2話、まさか、本自身が欲しかったわけではなくて、栞の紐のスピンが欲しかったとは、びっくりでした。

最近の文庫本には、スピンがついていない物が多いという事も知りませんでした。

篠川栞子(剛力彩芽)は、本の中身だけではなくて、本全般について詳しいんですね(^^)

本は何で構成されているか、パーツを五浦大輔(AKIRA)に聞きましたが、彼もスピンを思いつきませんでした。

女子高生らしい少女(水野絵梨奈)が「せどり屋」の志田肇(高橋克実)の自転車にぶつかって、倒れた所から、小山清の『落穂拾ひ』だけ盗んだのは、その本が欲しいと思ったわけではありませんでした。

ぶつかってしまって、自分が持っていた手作りのケーキのようなお菓子の包みにつけてあった造花の飾りが取れてしまい、それを付けるために紐が必要でした。

お菓子を入れていた紙袋はエンジ色で、『落穂拾ひ』のスピンもエンジ色でした。

そのお菓子は、いつも近くのバス停に来る男子高校生が誕生日だったので、あげるつもりで、バスが来てしまいそうだったので、急いでいました。

その紐を引きちぎろうとしましたが、意外にしっかりついていて、取れず、少女は通りかかった笠井菊哉(田中圭)に鋏を貸してほしいと頼みました。

返された鋏に水滴がついていたのは、保冷剤に触れたからでした。

笠井もせどり屋で、近くで、志田と待ち合わせていました。

それで五浦大輔(AKIRA)が栞子の指示のもと、笠井にその時の様子を聞きに行ったり、バス停にいた男子高校生をバス停で待ち伏せして、少女の名前や事情が分かりました。

そうまでして、お菓子をプレゼントしたのに、振られてしまって、受け取って貰えず、残念でした。

男子高校生、断るにしても、あの断り方は、残酷だったような気がします(^^;)

「おまえには祝われたくない」と言ったとのこと。

それに、聞きに来た大輔を少女へのストーカーだと思ったくせに、簡単に、名前と連絡先を教えてくれました。

最低の奴ですね(^^;)

むしろ、振られて良かったかもしれません。

少女の名前は、小菅奈緒でした。

  

盗まれた小山清の『落穂拾ひ』は、そんなに珍しい本ではありませんが、志田さんにとっては、大事な物でした。

盗まれたために、なぜ大切なのか、説明があり、それによって、彼が元、ホームレスだったとか、栞子のお母さんが家にタダで住まわせてあげたとか、分かりました。

今も、志田さんは栞子の家に住み、食事を作ってくれたり、掃除などいろいろな家事をやってくれているそうです。

栞子が家事をしないとは、びっくりでした(^^;)

見た目は、おしとやかそうで、料理とか上手そうに見えるのですが(^^;)

お母さん、どうしたのでしょう?

死んだようではなく、お母さんの事は「禁句」と言った雰囲気でした(汗)

公式HPの人物表には、母の千恵子(安田成美)は「消息不明」と書いてあります(汗)

一昨年、お父さんが亡くなってしまって、栞子が後を継いだとの事なので、今、両親共にいなくて、この家は志田さんと栞子と弟の文也(ジェシー)の3人暮らしのようです。

  

志田さんは、元は会社員でしたが、会社が倒産。

再就職先が見つからず、家族も出て行ってしまいました。

家のローンも払えなくなり、家を出てホームレスに。

その時、なんとなく、『落穂拾ひ』の本を持ってきて、それ以来、何度もこの本を読み、これが自分のお守りのようになったとのこと。

 

大輔は代わりの同じ本を古書店で買おうとしましたが、丁度、志田に会い、止められました。

代わりのきかないお守りでした。

 

名前と連絡先が分かったので、大輔と栞子は彼女を「CAFE甘庵」に呼び出しました。

でも、彼女は来ませんでした。

その後、彼女は客のふりをして、ビブリア古書堂に現れました。

本を買おうとしましたが、定価よりあまりに高いので、びっくり。

古書店に馴れていないので、きっと小菅奈緒さんだろうと、栞子は言い当てました。

奈緒に本を返してくれるよう頼みましたが、この時は「返せない」と言って、返してくれませんでした。

でも、栞子は、きっと彼女はまた来るだろうと言いました。

「返さない」ではなく、「返せない」と言ったので、返す意思はある。

きっと本を読んでいるのだろうと。

 

その通り、奈緒は数日後、本を返しに来ました。

志田さんにお詫びだと、小さな箱を差し出しました。

その中には、爪切りと耳かきが入っていました。

この本の中の最後の贈り物と一緒でした。

彼女も志田さんと同じように、爪切りと耳かきをプレゼントされただけでぶつ切りに終わっている終わり方が気に入ったようです。

確かに、奈緒のようにプレゼントを断られるかもしれないし、そういう先の事が書かれていないので、どういうようにも取れて、願望を抱けますね(^^)

振られてしまった奈緒にも志田さんは思いやってくれて、奈緒も救われた事でしょう♪

盗んだ人も盗まれた人もいい人で良かったです♪(^^)

今回も栞子の推理力にはびっくりでした♪

温かい終わり方で、志田さんや栞子の家族の事も少し分かって良かったです♪

次回も楽しみです♪(^^)

 

【第2話あらすじ】 (Yahoo テレビより)

篠川栞子(剛力彩芽)は、小山清の『落穂拾ひ』を盗まれ気落ちする「せどり屋」の志田肇(高橋克実)を五浦大輔(AKIRA)に紹介した。すると、志田はあいさつもせず本を盗まれたときの状況を話し始めた。  志田は古書堂へ来る前、ある寺に用があり自転車で向かった。ところが着いたとたんに腹痛がし、荷物を残したままトイレへと駆けだした。そのとき、音がして振り返ると女子高生らしい少女(水野絵梨奈)と自転車が倒れているのが見えたので、戻って声をかけた。しかし、少女は見向きもせず自分の紙袋の中身を確かめていた。志田は気になったが、自転車を起こしておいてくれと頼むとその場を立ち去った。トイレから戻ると、『落穂拾ひ』だけが紛失していた。少女が盗ったのは間違いないと志田は言う。  栞子は、少女が『落穂拾ひ』を盗った理由こそが少女を探す鍵になると言い、自転車とほかの本はどうなっていたのかと聞く。自転車も本もその場に放置されていたが、本は仲間の笠井菊哉(田中圭)が拾い集めてくれていたと志田は答えた。また笠井は、寺からバス停へと走り去る少女を目撃していたという。  栞子の提言で笠井と会った大輔は、あの日、笠井が少女に頼まれハサミを貸していたと聞く。さらに、バス停まで走った少女が、バスには乗らなかったとの証言も得た。それを聞いた栞子は、少女が盗むのは『落穂拾ひ』でなければならなかったのだと言う。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]14.3%   [第2話]12.2%

  

公式HP・「落穂拾ひ」(小山清)の説明

公式HP・次回あらすじ

  


【送料無料】ビブリア古書堂の事件手帖(1) [ 三上延 ]


☆【30%OFF】 300ピース 落穂拾い/JAN4977389250530 【ジグソーパズル】

  

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして前へ」 | トップページ | 【相棒season11】第13話感想と視聴率「幸福な王子」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56606202

この記事へのトラックバック一覧です: 【ビブリア古書堂の事件手帖】第2話感想と視聴率 :

» 【ビブリア古書堂の事件手帖】第2話感想と視... [ショコラの日記帳]
「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」昨日の午後から体調が悪く、寝込んでしまいました(汗)コメントのお返事、遅れていて、すみません。今日は、起きていますが、イマイチなので... [続きを読む]

» 「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話 [日々“是”精進!]
  第二話栞子は、小山清の『落穂拾ひ』を盗まれ気落ちする「せどり屋」の志田肇を大輔に紹介した。すると、志田はあいさつもせず、本を盗まれたときの状況を話し始めた。志田は古... [続きを読む]

» ビブリア古書堂の事件手帖 第2話 [レベル999のgoo部屋]
『なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか 内容 ある日のこと、せどり屋の志田肇(高橋克実)が駆け込んでくる。 “小山清の落穂拾ひ”を盗まれたと栞子(剛力彩芽)に告げる。 腹痛でトイレに駆け込んでいる間、女子高生らしき少女(水野絵梨奈)に 持って行かれたというのだ...... [続きを読む]

» ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第2... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか---------!?小山清の『落穂拾ひ』が盗まれた。だが、それほどの高価な値がつく本ではない。なのに何故その本を女子高生は盗んだのか?「売るためで... [続きを読む]

» 『ビブリア古書堂の事件手帖』 第2話「落穂拾ひ・聖アンデルセン」 [英の放電日記]
「想像してみてください」 「お誕生日、おめでとう」 「お前になんか言われたくねえよ、ば〜か」  傷つきますよね。  あ、冒頭のフレーズの使い方、違いました。 栞子の推理法のひとつだと思うが、何か、企業の新システムのプレゼンテーションに使わるような切り口み...... [続きを読む]

» 【ビブリア古書堂の事件手帖】 第2話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
この短編集は比較的手に入れやすく、それほど高価というわけではありません。 ところが、なぜか何者かによって持ち去られてしまいました。 売ってお金に換えることが目的だとは思えません。 また、どうし...... [続きを読む]

» ゴリ9「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話★サラリーマン風の男子高生(浅香航大)が悪い [世事熟視〜コソダチP]
「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話 なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか 光り取り窓などから”ビブリア古書堂”に日差しが差し込み、1秒ごとに「本」が日光で焼かれて行ってる・・・。 本が悲鳴を上げてるのが聞こえてきそう・・・。 可哀想な本たち・・・。 心が痛む・・・。 −◆− 志田(高橋克実)が腹を下して寺の便所に駆け込もうとしたときに、自転車が倒れて、女子高生(水野絵梨奈)がゴソゴソやっていて、我慢できずに便所に行って帰ってくると小山清の『落ち穂拾ひ』だけが無くなっていたという前回... [続きを読む]

» ビブリア古書堂の事件手帖 第2話:なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか [あるがまま・・・]
爪切りと耳掻き・・・(; ̄ー ̄)...ン? 【落穂拾ひ】のお話の中で出てくるらしいから仕方ないけど、プレゼントとしては 微妙なチョイス… この作者がこれを書いた時代とは感覚が違うだろうから仕方ないとして、 本を持ち去った謝罪の意味で、あの女子高生が志田さんにプレ...... [続きを読む]

« 【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして前へ」 | トップページ | 【相棒season11】第13話感想と視聴率「幸福な王子」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31