無料ブログはココログ

« 【信長のシェフ】第2話感想と視聴率 | トップページ | 【ビブリア古書堂の事件手帖】第2話感想と視聴率 »

2013年1月21日 (月)

【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして前へ」

20日、『平成25年お年玉付年賀はがき』の抽選会が行われ、当選番号が決定しました。当選番号の一覧はこちらです

 

第3回の視聴率は、第2回の18.8%より下がって、18.1%でした。

続落してしまいましたが、まだ高視聴率です♪

次回は、少しでも戻してほしいです(^^)

  

さて、今回も兄の覚馬(西島秀俊)が主役のようでした(^^;)

でも、「江」のように無理に歴史に女性の主役を絡ませて描くより、兄を主役にした方が、八重もリアルに描けるのではないかと思います。

まだこの頃は、覚馬の人生の方がドラマチックで、八重もその影響をかなり受けたでしょうね。

八重は、針のお稽古が疎かだと怒られました。

そして、兄に砲術の稽古をしてもらって、砲術は頑張っていますが、いつも目を瞑ってしまい、怒られてばかりいます。

それを直すコツを川崎尚之助(長谷川博己)が教えてくれました。

尚之助と八重、砲術を通じて、いい雰囲気でした♪֥ϡ

でも、この頃の年齢は・・・(^^;)

 

最初に戻ります。

覚馬が会津に戻って半年が過ぎ、安政4年(1857年)の春、川崎尚之助(長谷川博己)が、会津藩にやってきました。

この時、八重(1845年11月生まれ)は、数えで13歳(満11歳、秋に12歳に)、

覚馬(1828年1月生まれ)は、数えで30歳(満29歳)、

尚之助(1836年11月生まれ)は、数えで22歳(満20歳、秋に21歳に)。

誕生日が来たかどうかで、満年齢は違うので、数え年の方が年齢比較しやすいかも?

尚之助は、八重より9歳年上で、覚馬は17歳年上です。

八重と尚之助の出会った時、満11歳では、まだ結婚は意識しないでしょうね(^^;)

でも、画面では同じ位の年に見えたので、お似合いそうに見えました♪(^^;)

 

八重は、桜の木の上で、砲術の本を読んでいた時、毛虫に驚き、本を落としてしまいました。

そこに丁度、尚之助が通り掛かり、本を拾い上げて、木の上を見て驚きました。

お転婆な女子だと思ったでしょうね(^^)

 

尚之助は、山本家に来て、覚馬に会いました。

覚馬からの文に、会津で蘭学所を開くので、いずれ教授になってほしいと書いてあったので、尚之助はそのつもりで来たの事。

出石藩には、おいとまを貰ってきたので、ひとまず、浪人とのこと。

村医者の3男との事ですが、故郷に戻らないつもりで来たようです(^^;)

尚之助「覚馬さんがやるというなら、蘭学所はできるに違いない。そう思ったものですから。

 グズグズして、また誰かに先を越されてはつまりませんからね」

でも、まだ蘭学所を作る藩の許しも出ていないので早すぎると、覚馬は驚きました。

 

尚之助は、象山の蟄居先に会いにいったそうで、象山から覚馬に伝えろと言われた事を伝えました。

象山「何かをしようとすれば、何もしない奴らが必ず邪魔をする。

 蹴散らして前へ進め!」

 

その言葉通り、覚馬は蹴散らして前へ進もうとしましたが、会津では大変そうでした(汗)

蘭学所開設の許可は、その後、すぐにおりました。

でも、何度、願い出ても、尚之助の教授方就任は認められませんでした。

それどころか、藩の守旧派の人達から、蘭学所の許可も早計だったと言われる始末。

生徒も集まりませんでした。

 

鉄砲を足軽の物と馬鹿にし、槍も刀もまともに使えない腑抜けだと覚馬に言った会津藩士に、覚馬はくってかかり、槍で勝負をする事に。

覚馬が圧勝しました。

でも、誰もいなくなってから、頼母は覚馬を窘めました。

頼母「にしは、鉄砲の強さを言い立てすぎる。

 御先祖代々、弓、槍、刀でご奉公に励んで来たのだ。鉄砲の方が強いど言われれば、腹が立つのも道理であろう。聞く耳を持で。

 声高に言い立てるだけでは、敵が増えるばっかりだぞ」

 

そう忠告されましたが、覚馬は象山の「蹴散らして前へ」を思ったのか、急ぎ過ぎてしまいました。

家老の萱野権兵衛(柳沢慎吾)達に呼ばれ、鉄砲や大筒の必要性を認めず、蘭学所を認めたのも早計だったなどと言われました。

覚馬は、遂に、我慢できなくなってしまいました。

覚馬「古い・・・

 兵制改革の事、蘭学所の事、今一度、殿の御裁可を仰いで頂きとう存じまする」

家老「ただ今、申し伝えた事が主命である」

覚馬「そんな筈はねえ。殿は黒船をよくご存知だ。

 弓矢で戦うだの、蘭学はいらねえなど、おぼしめす筈はねえ。

 あなた方は世界を知らぬ。

 まるで・・・まるで『井の中の蛙』だ」

 

家老達は怒って、覚馬は「禁足」の処分にされてしまいました。

無期限の外出禁止です。

覚馬は、がっかりして、家の中で寝そべってばかりでした。

八重は、尚之助の手ほどきで、弾を作り、覚馬に撃ってと持ってきました。

でも、覚馬は撃ちません。

八重は自分が撃つと撃ちに行きました。

慌てて、覚馬は追いかけました。

勿論、尚之助も♪

八重「私は続けやす。人に笑われてもかまわねえ。

 兄様がもう諦めると言っても、私は諦めねえ。

 鉄砲を極めるまで、一人でも続けやす」

八重、目を瞑らずに撃つ。

実弾が的に命中。

初めての実弾射撃です。

覚馬「当たったな」と笑う。

覚馬「よし、蹴散らして前へ進むんだ」

 

覚馬を支える八重と尚之助が砲術によって、結構、いい感じで仲良くなって、良かったです♪

でも、まだ小学生の年ですから(^^;)

 

次回は、覚馬が結婚するようです。

相手の女性は、うら(長谷川京子)さんです♪

八重との関係はどうでしょうか?

それでは、また♪(^^)

 

【第3回あらすじ】 (Yahoo TVより)

桜の木の上で砲術本を無心に読んでいた八重(綾瀬はるか)は、毛虫に驚き、本を落としてしまう。するとそこに一人の青年武士が通り掛かり、八重の本を拾い上げる。それは、かつて江戸の象山塾で覚馬(西島秀俊)と共に学んだ出石藩士・川崎尚之助(長谷川博己)で、覚馬を援助しようとやって来たのだった。協力者を得た覚馬は、まずは人を育てることが大事だという考えの下、蘭学所の整備を急ぐ。しかし、性急なやり方で藩の守旧派の反感を買い、無期限の外出禁止である禁足を命じられてしまう。失意の覚馬の元に、八重が尚之助に習って作った鉄の玉を持って行き、砲術の指南をせがむ。ひたむきな八重の姿を見て、覚馬の脳裏に象山(奥田瑛二)が蟄居(ちっきょ)先からよこした手紙の一節がよみがえる。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%   [第2回]18.8%   [第3回]18.1%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】八重の桜(前編) [ 山本むつみ ]

   

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【信長のシェフ】第2話感想と視聴率 | トップページ | 【ビブリア古書堂の事件手帖】第2話感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これは綾瀬さんが悪いのではなくて、彼女が俵を担いだり、木の上で本を読んでいたりするのは、いささか無理がありますよね。前回はキャラが違い、今回は年齢が違います。塾が終わったら、すぐ外に駈けだしていくのは、小学生なら自然な行動ですが。(;゜O゜)

綾瀬さんも無難にこなす以上の演技が出来るはずもなく、早くこの年代を通過させて上げたい気持ちです。(*'-')上手な子役は幾らでもいるのに、主役の過早な投入は昨今の大河の悪弊と言うべきです。

その分、お兄ちゃんの覚馬が頑張ってました。暴走しそうになると、お父っつぁんと家老の頼母がブレーキを駈けますし。大人がちゃんと描けているので、安定性がありますね。この水準を保ちつつ、後は感動させて欲しいですね。
(^-^)/

> 主役の過早な投入は昨今の大河の悪弊

全くその通りだと思います!!!

> レッドバロンさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみません。
コメント、ありがとうございます。

>これは綾瀬さんが悪いのではなくて、彼女が俵を担いだり、木の上で本を読んでいたりするのは、いささか無理がありますよね。
>前回はキャラが違い、今回は年齢が違います。塾が終わったら、すぐ外に駈けだしていくのは、小学生なら自然な行動ですが。(;゜O゜)
>綾瀬さんも無難にこなす以上の演技が出来るはずもなく、早くこの年代を通過させて上げたい気持ちです。(*'-')上手な子役は幾らでもいるのに、主役の過早な投入は昨今の大河の悪弊と言うべきです。

11歳位から大人のキャストが演じるのはどう見ても不自然ですよね(汗)
なのに、なぜか、最近の大河ではそれが普通になってしまいました(^^;)
本当に、昨今の大河の悪弊だと思います(汗)
視聴率を気にせず、もう少し子役でいくべきだと思います。

>その分、お兄ちゃんの覚馬が頑張ってました。暴走しそうになると、お父っつぁんと家老の頼母がブレーキを駈けますし。大人がちゃんと描けているので、安定性がありますね。この水準を保ちつつ、後は感動させて欲しいですね。(^-^)/

はい♪ 同感です♪(^^)

>: CHARADEさんへ

コメント、TB、ありがとうございます。
本当に、最近の大河、大人の主役を早く投入しすぎですね(^^;)

>CHARADEさん

ご賛同ありがとうございます。いや、余りに懐かしいタイトルなので思わず、食いついてしまいました。

スタンリー・ドーネン監督、オードリー・ヘップバーン、ケイリー・グラント主演、雪のメジューヴ(スキー場)から始まる、最高に洒落たサスペンス+ロマンの映画でした。あの頃は良かったdash(溜め息)

リメイクされた方は 全然知りません。

>レッドバロン さんへ

CHARADEさん宛てではありますが、私もお返事させていただきます(^^)

「CHARADE」というオードリー・ヘップバーン主演の映画、私も昔、好きでした♪
私も新しいリメイクは見てないような気がします。
見たのに、忘れたのかな?(^^;)
とにかく、オードリー・ヘップバーンのは良かったですね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56595896

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして前へ」:

» 【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして... [ショコラの日記帳]
20日、『平成25年お年玉付年賀はがき』の抽選会が行われ、当選番号が決定しました。当選番号の一覧はこちらです。第3回の視聴率は、第2回の18.8%より下がって、18.1%でした。続落... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第3回 [日々“是”精進!]
  第三回「蹴散らして前へ」桜の木の上で砲術本を無心に読む八重。毛虫に驚いた拍子に本を落としてしまう。そこへ若き武士が通りがかり、その本を拾い上げる。それは江戸から覚馬... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 #03 蹴散らして前へ [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
鉄砲を学ぶことが決まった八重。 それを教える覚馬も緊張の面持ち。 [続きを読む]

» 八重の桜 第3話「蹴散らして前へ」 ~山本覚馬と八重~ [坂の上のサインボード]
 八重の生まれ育った山本家は、会津藩砲術指南役を務める家でした。山本家は、八重の祖父にあたる山本左兵衛の代より砲術指南の家柄となったようです。八重の生家の辺りは、家禄が百石~百五十石クラスの藩士たちの屋敷が立ち並んでおり、山本家もそんな中級クラスの家柄でした。山本家の祖先は、2007年の大河ドラマ『風林火山』の主人公で、あの武田信玄に仕えた軍師・山本勘助だという説があるそうです。系譜をたどれば、会津藩祖の保科正之に仕えた、武田家ゆかりの山本道珍なる人物にいきあたるそうで、その道珍の祖先が山本勘助だと... [続きを読む]

» 『八重の桜』第3回「蹴散らして前へ」★覚馬(西島秀俊)筋肉ムキムキ!! [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第3回「蹴散らして前へ」 覚馬(西島秀俊)が誰も居ない日新館・西洋砲術指南所で「これがパトロン。鉛弾と火薬を強紙で包んである。弾込の時はまず・・・」などと”エア講義”して、本格開所にむけてイメージトレーニング。 山川与七郎(12歳?-玉山鉄二)、幸之進(東武志)、鉄之助(白石朋也)が”エア講義”を不思議そうにこっそり覗き見。 初回の『鳥撃ち』の時に、八重(鈴木梨央)とともに演習所に入り込んじゃった与七郎、幸之進、鉄之助が、相変わらずつるんでるのね・・・。 鉄之助は... [続きを読む]

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 [昼寝の時間]
公式サイト 落とした本を拾う・・・なんという少女マンガチックな出会い(笑)。 覚 [続きを読む]

» 【八重の桜】第3回 「蹴散らして前へ」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
桜の木の上で砲術本を読みふける八重(綾瀬はるか)。毛虫に驚いた拍子に本を落としてしまう。 すると、そこへ一人の青年武士が通り、本を拾い上げる。 それは江戸から覚馬(西島秀俊)を支えにやって来た...... [続きを読む]

» 八重の桜 第3回 蹴散らして前へ [レベル999のgoo部屋]
『蹴散らして前へ』 内容 安政4年。帰国した兄・覚馬(西島秀俊)から、覚悟を決めるよう促され、 ついに八重(綾瀬はるか)は、砲術の勉強を本格的に始める。 ある日、八重が木の上で砲術の本を読んでいたところ、 毛虫に驚き、本を落としてしまう。 そこに偶然にも...... [続きを読む]

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」〜「古い。あなた方は世界を知らぬ。まるで井の中の蛙だ」 [平成エンタメ研究所]
 尚之助(長谷川博己)は言う。 「会津は頑固ですから」  頑固なうえに、会津は葵紋の使用を許された御親藩の保守。  東北の地にあり情報も入りづらい。  だから、江戸で新しい世界を見てきた覚馬(西島秀俊)と衝突するのは当然であろう。  新しいことをしようとす...... [続きを読む]

» 蹴散らして前へ [西徂庵]
八重の桜 第3話 覚馬の回だった。。。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 第3話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
開国か否か-----------!?揺れる日本。その時代に夢をみた兄妹。会津で蘭学所を開くことにした覚馬。準備は着々と整ったよう。兄の指導を受けることになり、女子としての針仕事もあり... [続きを読む]

» 「八重の桜」 第3回、蹴散らして前へ [センゴク雑記]
大河ドラマ「八重の桜」。第3回、蹴散らして前へ。 何かを始めれば必ず邪魔する者が現れる。 蹴散らして前へ進むのだ。 今回は、邪魔をされた話。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人3八重は自ら見様見真似で実弾を作り見事的を狙って実弾を命中させた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第3話は八重は裁縫よりも砲術本を読む事に夢中になっていた。そんな中若い武士が通りかかり本を拾い上げる。その人こそ後に夫となる尚之助だった。尚之助 ... [続きを読む]

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 まずは、あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 八重の桜 三話・蹴散らして前へ あらすじと感想 西島さんの肉体美 [テレビ好きのキッチン便利グッズ館]
 八重の桜  リピ、決定です  綾瀬はるか、がかわいい、ってのもありますが  西島秀俊さんがとっても素敵! 「あらすじ」  桜の木の上で砲術本を無心に読む八重(綾瀬はる ... [続きを読む]

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 [D☆エディション]
何かを始めようとすれば何もしないやつらが必ず邪魔をする。 蹴散らして、前へ進め――。 今回、象山が語った言葉です。 先を進む者は理解されず、それでも進まないといけない。 今 ... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「八重の桜」 第3回「蹴散らして前へ」感想 [空色きゃんでぃ]
開国か否か!日本が揺れている! ぷるんぷるん! 八重もおにいちゃんに鉄砲を教わることに! かっちょいい(*´∀`*) 撃つとき目瞑っちゃう八重。わかる~撃ったことないけどw 目玉くりくり綾瀬はるか可愛いw 覚馬お兄様は失礼な侍と決闘! 鉄砲撃ちは下に見られてたんですね(´゚ω゚`;) ... [続きを読む]

» 泣くな、はらちゃん第1話 & 八重の桜第3話(1.19-20) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・泣くな、はらちゃん第1話 私生活の鬱憤を漫画にぶつける越前さん@麻生久美子、 そんな越前さんの鬱屈した気持ちを直撃し、暗くなっている漫画の中の世界を救おうと、 漫画の登場人物はらちゃん@長瀬智也が活躍する話らしい 岡田惠和脚本だったか。小説か漫画が原作かと思った。 主人公の鬱屈した想いが漫画に反映され、 漫画のキャラが自分たちの世界に不安や不満を感じる・・・ コミカルなシーンもあったけれど、全体的にどんよりした内容だったなあ 『シェアハウスの恋人』と同じ印象を受けた。 『シェアハウス』の主人公も言... [続きを読む]

» マッチョ、マッチョマ~ン、だけんじょ、凝視せねばならぬものはならぬのです(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
現在の銃には弾丸があり、弾丸には薬莢がつきものである。 しかし、そうした形式が発明されたのは天保七年(1836年)頃であり、実用段階に達したのが弘化七年(1847年)頃で、普及したのは安政五年(1858年)頃になる。 これによって坂本龍馬はガンマンになることが可能になったのだ。 それまでは基本的に弾... [続きを読む]

» 『八重の桜』第3話 [何がなんだか…ひじゅに館]
第3話『蹴散らして前へ』 尚之助との出逢いを取り持ったのは毛虫!? 女であるために砲術を習うことを邪魔されていた八重。 それを切り開いてくれた覚馬は蘭学所を開く夢を阻まれる。 そんな覚馬に...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第3話 [もう…何がなんだか日記]
第3話『蹴散らして前へ』尚之助との出逢いを取り持ったのは毛虫!?女であるために砲術を習うことを邪魔されていた八重。それを切り開いてくれた覚馬は蘭学所を開く夢を阻まれる。... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「八重の桜」第3回「蹴散らして前へ」 [真田のよもやま話]
蹴散らせ!蹴散らせ!立ちふさがるものは木端ミジンコにいい~!・・あ、でもほら、守旧派の権化ってのがレーズンビートルみたいな会津藩でひたすら改革開国派みたいな感じの覚馬兄様ですけど、大丈夫なんですかねええ。このままのキャラ設定で突っ走ってたら山本兄妹は藩を裏切って討幕派に寝返りそうな勢いですけど・・・(汗)... [続きを読む]

» [八重の桜] NHK大河第3回「蹴散らして前へ」 [窓の向こうに]
出演 市川実日子(山川二葉) 風間杜夫(林権助、会津藩大砲奉行) 柳沢慎吾(萱野権兵衛、会津藩家老) 津嘉山正種(神保内蔵助、会津藩家老) 六平直政(黒河内伝五郎、武芸師範) 小泉孝太郎(徳川慶喜) 公式サイト http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/story03/... [続きを読む]

« 【信長のシェフ】第2話感想と視聴率 | トップページ | 【ビブリア古書堂の事件手帖】第2話感想と視聴率 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31