無料ブログはココログ

« 【ビブリア古書堂の事件手帖】初回感想と視聴率 | トップページ | 【相棒season11】第12話感想と視聴率「オフレコ」 »

2013年1月16日 (水)

【ラストホープ】初回感想と視聴率

『LAST HOPE』第1話「死なせない、ただ一人として...見放された患者たちの最後の砦」

初回の視聴率は、14.2%(関東地区)でした。

相葉君が医者なんて、大丈夫だろうか?と見る前は心配でしたが、元町医者との事で、意外と合っていました♪(^^)

でも、診察中でも、会議中でも3時になるとおやつを食べるとは、滅茶苦茶なキャラ設定ですね(^^;)

診察中の患者さんが怒るのは当然だし、会議中だと上司や先輩が怒るのも当然でしょう。

でも、そのおやつの「ストロベリーチョコレートロール」が、患者の治療法に役立ちました。

これは毎回、おやつが治療法に役立つのでしょうか?

でないと、「食べるな」と言いたくなります(^^;)

嵐の主題歌、良かったです♪(^^)

今回は、初回という事で、人物紹介が中心でした。

帝都大学医学部付属病院に新設された日本初の高度先端医療センターが舞台で、そこに集められた6人の医師が中心でした。

こんなに皆の過去の回想を入れなくても、今回はメインの波多野卓巳(相葉雅紀)と橘歩美(多部未華子)くらいに絞った方が良かったのではないでしょうか?

皆を一気に紹介しようとして、いろいろな人の回想が多すぎのような気がしました(汗)

皆、一癖も二癖もある人ばかりのようです(^^;)

先進医療らしいですが、「ドクターX」の方が先進医療っぽく見えました(^^;)

やはり、あのドラマには及ばないですね(^^;)

先進医療だと自由診療になってしまって、とても高いというのは知っていましたが、混合診療が認められていないとは知らなかったです。

一部でも自由診療を使えば、本来、保険適用となる検査、入院費用までも全額自己負担になってしまうそうです

これは、酷いですね。

厚生労働省、ぜひ、混合診療を認めて欲しいです。

今の時点では、先進医療特約付きの医療保険に入っていた方がいいかも?(^^;)

それが今回、一番、印象に残りました(^^)

今回の主な患者は、4つの臓器にがんが発症した「同時性4重複がん」の患者・宮本孝介(佐藤祐基)さん。

重複がん」というのは、同じ時期、もしくは1年以内に異なる臓器にがんが存在し、別個に発がんした物の総称だそうです。

宮本さんは、肝臓と直腸、肺、膵臓の4つの臓器に腫瘍がありました。

そのうち、肝臓がんは心臓にまで入り込んでいて、直腸がんは体の深い位置にあり、この2つが手術も大変そうでした。

その上、1年前に心臓のバイパス手術を受けていて、長い手術だと耐えられません。

そのせいか、15も病院をたらい回しにされたとの事。

ここが最後の希望、ラストホープ(LAST HOPE)でした。

4つもがんがあると言っても、遠隔への転移は伴っていないので、きっと最善の治療法があるはずだと、卓巳は言いました。

高度先端医療センターの医師達で、症例を報告しあって治療方針を相談。

難しくて治療は無理だからホスピスを紹介した方がいいという医師もいましたが、卓巳と歩美は治療すべきだと・・・

卓巳がおやつの「ストロベリーチョコレートロール」の作り方よりヒントを得て、「超低温循環停止法」を提案。

人工心肺に切り替えて患者の心臓を冬眠状態にすれば、臓器へのダメージも最低限に抑えられるとの事。

そして、研究医の古牧利明(小日向文世)の発案で、分子標的薬を使う事に。

古牧先生、まだ未承認の研究中のものにしか興味がないようで、面白かったです♪(^^)

分子標的薬はもう臨床が認められてしまったので、興味がないようでしたが、それも資料の最後に加えてくれてあって良かったです♪(^^)

通常の抗がん剤はがん細胞だけでなく健康な細胞も痛めてしまいます。

でも、分子標的薬はがん細胞だけを狙いうつ事ができるそうです。

「がんを小さくすれば手術ができる」

「使用するなら遺伝子診断をすればいい」

「患者にマッチした分子標的薬を選ぶ事ができれば狙いうちの精度はかなり高まる」

それで、分子標的薬を使用し、肺と膵臓の腫瘍は消えました。

残りは、問題の肝臓と直腸です。

心臓のために、この2つの手術を同時にする事に。

片方は手術ロボットを使ってする事になりました。

ガンダム好きという伏線もありましたが、導入したばかりのロボットで、うまく操作できるのでしょうか?(汗)

いくら性能のいいロボットでも、動かす人の技術が問題なような気がします(^^;)

でも、このドラマではそういう事は話題にも上りませんでした。

費用、保険が認めらず、自由診療になってしまって、総額700万円かかるとの事。

700万もかかると大変ですが、皆、なんとしても受けたいでしょうね(^^;)

それで助かるのなら。

でも、手術直前に分子標的薬の副作用で、心タンポナーデになってしまいました。

緊急手術をし、続けて、がんの手術もする事に。

手術ロボットを使って、肝臓と直腸の2つの手術を同時にし、なんとか、無事、成功しました。

また4年後、彼女と一緒にワールドカップに行けるといいですね♪(^^)

彼女は、まだ婚姻届を出してなかったようですが、これで迷いなく出せるでしょう♪

とてもベタなお話でしたが、温かくて、希望のある話で良かったです♪(^^)

どんな患者でも直そうとして、マシンと呼ばれ、笑わないけれど、優しそうな歩美、医療訴訟を起こされているようです。裁判の行方、気になります。

そして、卓巳のお父さんは、本当は波多野邦夫(平田満)さんじゃないのかな? 本当の両親は事故で亡くなったかな?

卓巳が子供の頃、受けた手術の執刀医は、センター長の鳴瀬哲司(高嶋政宏)さん??

古牧さん、回想、息子の祭壇がある所で、息子のビデオを見て、息子は死んでないとか言ってましたが・・・

明らかに死んでいそうなので、クローンでも作るつもりでしょうか?

時々、入った回想の意味がよく分からなかったです(^^;)

皆、過去、ドラマチックなようで、これからの展開、楽しみです♪(^^)

【脚本】 浜田秀哉

【主題歌】 Calling / 嵐

【第1話あらすじ】 (Yahooテレビより)

町医者だった卓巳(相葉雅紀)は、訳あって帝都大学医学部付属病院に新設された高度先端医療センターで総合医として働き始める。ある日、四つの臓器にがんが発症した「同時性4重複がん」の患者・孝介(佐藤祐基)と婚約者の理沙子(佐藤江梨子)が助けを求めて来院してきた。2人は15の病院で治療は不可能と宣告されたという。卓巳や脳神経外科医の歩美(多部未華子)らチームのメンバーは、わずかな可能性を信じ治療法を探す。

【主要キャスト】

<主役>
波多野卓巳 (29)・・・相葉雅紀(嵐)
帝都大学医学部附属病院 高度先端医療センター勤務。総合医。

<帝都大学医学部附属病院 高度先端医療センター メンバー>

橘歩美 (27)(多部未華子)救命医出身。脳神経外科医
高木淳二 (42)(田辺誠一)心臓外科・消化器外科医
萩原雪代 (29)(小池栄子)血液内科医。バツイチ。子供がいるが親権は元夫に有り。
副島雅臣 (33)(北村有起哉)神経眼科医
古牧利明 (58)(小日向文世)帝都学医学部先端応用医学研究室教授、兼附属病院高度先端医療センター研究医
鳴瀬哲司 (52)(高嶋政宏)高度度先端医療センター・センター長
倉本茂 (60)(菅原大吉)高度先端医療センター・副センター長
時田真希 (25)(桜庭ななみ)外来担当看護師
今井麻衣 (35)(江口のりこ)看護師

<その他>

波多野邦夫 (62)(平田満)『波多野診療所』を営む開業医。卓巳の父。元外科医。
宇田朋子 (34)(前田亜季)『文朝出版』雑誌記者。

<第1話ゲスト>

宮本孝介・・・佐藤祐基

森田理沙子・・・佐藤江梨子

公式HP・第1話あらすじ&おやつスウィーツ紹介


★速達便★初回盤A+初回盤B+通常盤セット■嵐 CD+DVD【Calling/Breathless】13/3/6発売


◆メール便は送料無料◆嵐/Calling/Breathless[CD] 2103/3/6 発売(通常盤)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【ビブリア古書堂の事件手帖】初回感想と視聴率 | トップページ | 【相棒season11】第12話感想と視聴率「オフレコ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56556815

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラストホープ】初回感想と視聴率:

» 【ラストホープ】初回感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
第1話「死なせない、ただ一人として...見放された患者たちの最後の砦」初回の視聴率は、14.2%(関東地区)でした。相葉君が医者なんて、大丈夫だろうか?と見る前は心配でしたが... [続きを読む]

» ラストホープ (第1話・1/15) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『ラストホープ』(公式)の第1話『死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦』の感想。 意外に楽しめたぞ! 特に期待していなかったのが良かったのか、意外...... [続きを読む]

» ラストホープ [のほほん便り]
ゴッドハンド・ドクターならぬ、チーム・個性派の面々が、難病患者の最後の砦になって難しい病気を直してみせる物語 サブタイトル「死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦」は、まさにドンピシャ みなさん、大いに事情アリなご様子。 ただ、あまりにも人数が多く、事情がテンコモリで、1クールで解決するのでしょうか? ってのが懸念で ドクターたるもの。こんなにもハジケてて(主人公は、診療中でも平気で3時のおやつしちゃうし)イイの? ってあたりがドラマで、ご愛嬌?! (^^;... [続きを読む]

» ラストホープ THE LAST HOPE #01 [ぐ~たらにっき]
『死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦』 [続きを読む]

» ラストホープ 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦 内容 帝都大学医学部付属病院に高度先端医療センターが設置された。 各診療科ごとに分かれていた先端医療を集約した施設だった。 とはいえ、 センター長を務める鳴瀬哲司(高嶋政宏)が集めた医師は、クセ...... [続きを読む]

» ラストホープ〜「臨床が通用するかどうかは君たちの腕にかかっている!」(笑) [平成エンタメ研究所]
 多部未華子さんと小池栄子さんで『GM〜踊れドクター』(TBS)を思い出してしまった。  ドクターたちがいるセットもそっくりだったし。 『踊れドクター』は総合診療医療で<病気の原因>を探る物語だったが、この作品は次の段階の<病気の解決>をする物語のようだ。 ...... [続きを読む]

» ラストホープの相葉雅紀、なんちゃって多部未華子、紫の薔薇の田辺誠一、地所を見に行く桜庭ななみ、夢の共演サトエリA子、みんなまとめて取材しちゃうぞ(前田亜紀) [キッドのブログinココログ]
なんだろう・・・月9比較で300%増しくらいの火9キャストの充満感・・・。 息苦しいほどにキャラがひしめき合っています。 もう、誰の何を見ていいのやら・・・唖然としますな。 もう、誰か助けてくださーーーいと叫びたくなりましたよ。 しかも・・・いかにも海外ドラマのパクリ系ですがなにか・・・と開き直った... [続きを読む]

» ラストホープ第1話 & 相棒11第12話(1.15-16) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・ラストホープ第1話 大学病院の医師が他の病院が見放すような重症の患者をも 最後まで諦めず、救っていく姿を描くドラマ どうやら主要キャラは皆暗い過去を抱えているみたいですね。 医療ドラマでありながらサスペンスの雰囲気が漂ってました。 数々の医療ドラマがこれまで放映されてきたし、 視聴者にマンネリ感を与えないための演出だったのかもしれませんが、 アンバランスな感じがしました 相葉雅紀の軽そうな声がドラマの雰囲気に噛みあってなかったな。 医師たちが患者を救っても感動できるのかどうか。もうしばらく様子見。... [続きを読む]

» ラストホープ - 相葉雅紀 多部未華子 [新ドラマQ]
ラストホープ 火曜 21:00 フジテレビ 2013年1月15日~ [キャスト] 相葉雅紀(嵐) 多部未華子 田辺誠一 北村有起哉 桜庭ななみ 平田満 高嶋政宏 小日向文世 ほか [スタッフ] ...... [続きを読む]

« 【ビブリア古書堂の事件手帖】初回感想と視聴率 | トップページ | 【相棒season11】第12話感想と視聴率「オフレコ」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31